掲示板に戻る 全表示 最新100 新着表示 関連ページ 索引 メール受信 保存
[PR]ググって1000ポイント当たる[PR]
超能力を持つ人いますか?@あねっくす
1 名前: 前スレ427 投稿日: 2004/11/17(水) 10:51 [ KOtQP2Yo ]
前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094007129/l50
世の中には不思議な力を持った人がいます。
当スレは、力を持った人達が雑談をしたり、悩みを分かち合ったりするスレです。

427はいちおうご相談には目を通しますが、かならずお答えできるとは限りません。
ご了承ください。

2 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/17(水) 12:21 [ mqQetQ6I ]
2get!
あの.....お邪魔します
427さん お久しぶりです。
以前にご相談させて頂いた者です。

又、ROMらせていただきます。

3 名前: sage 投稿日: 2004/11/17(水) 12:41 [ Otsf0Dp. ]
テンプレ一部使っていただきありがとうございます。
願いかなってこのような場所ができて幸せ(笑)

4 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/17(水) 12:45 [ Otsf0Dp. ]
名前をsageにしてしまったorz
気を付けます…

5 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/17(水) 14:02 [ nQk5iH9A ]
こういうスレもあったのね。
過去ログ読ませていただきます〜。

6 名前: bluebird(前スレ427) 投稿日: 2004/11/17(水) 15:58 [ KOtQP2Yo ]
HN使うことにします。bluebirdということでお願いします。
>前スレ959さん
それで指輪を付けられたとのことですが、それもそのご縁の神さまが付けるようにと
959さんに指示をだされたのです。そしてその指輪には、その神さまのエネルギーが
入りました。

7 名前: bluebird(前スレ427) 投稿日: 2004/11/17(水) 15:59 [ KOtQP2Yo ]
sageわすれました。

8 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/17(水) 18:26 [ Otsf0Dp. ]
>>6
bluebird様
あちらでいただいたレスなも、まとめてこちらで返信してよろしいでしょうか。
あのスレを早く消費しすぎて迷子が出ても切ないので。

「やはりあなたの神様でしたか…」というのが正直な感想(笑)
お会いできて幸いでした。
bluebird様の神様は、たくさんのお仲間をお持ちなんですね?
私にも伝えたいことがあったなんて…しばらく気付かずにすいません。
でも、しかと受け取りました。

最初に前スレに書き込んだ時、祈るような思いで最後に確かこう書きました。
「心にいつも花を咲かせ、人には花束を差し出したい」
それが、いろいろな方の力を借りて、生きる上での一つの指針、誓いになった気がします。

花束を渡したい人が、私には幾人かいます。
心の花を大切に、人を大切に、そうやって行きます。
一人じゃないって本当ですね。
私にはたくさんの人の仲間がいますし、神様も手を貸してくれているみたいです。
幸せ(笑)

指輪はいつもつけるのが苦手なので、今日の誓いを胸に、首飾りを買ってきてしまいました。
うーん、神様はこちらの首飾りにはいらっしゃらないかな?(汗)
まぁ、神様に力をいただいた指輪は精一杯大切にするとして、人間としての誓いを籠めた首飾りにもそれなりに意味があるかな…

今日は悩みを抱えている友人(例の彼とは別の方ですが)のために、お守りを購入してきました。
簡単にはいかないだろうけど、いい方に進みますように。

9 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/17(水) 18:40 [ Otsf0Dp. ]
長文で申し訳ありませんが、もう少し。

神様は、神様のご意志でいらっしゃったのか…不思議なことだ。
と、思いました。
しかしそれより不思議だったのは、

>「同じ仲間なのだ。戻ってきたのだ、あなたは」
という言葉。
同じ仲間…戻る…私のことでしょうか?

いずれにせよ、分かるべき時には分かるのでしょうし、分からなくてもいいなら気にすることはないのでしょうね。
気には留めますが。
bluebird様から何かヒントがあれば聞きたいとは思いましたが、特に必要なければよろしいです。

いろいろお伝えいただきありがとうございます。

10 名前: 前スレ939 投稿日: 2004/11/17(水) 18:42 [ he660EG2 ]
>bluebird(前スレ427)さん
スレ立てお疲れ様でした&先日はお世話になりました。

>8=前スレ959さん
あちらに書き込もうとしましたが、規制中なのでこちらにて失礼します。
>ちなみに恋愛対象ではないですよ。
ごめんなさい。私の勘違いのようですね。

もし前スレ968さんと前スレ969さんがこちらにいらっしゃったら、あちらに
書けなかったレスをしたいと思いますが、しばらくROMに戻りますね。

11 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/17(水) 20:45 [ KOtQP2Yo ]
>>8
エネは指輪だけのようですね。神様のご意志でいらっしゃったのは、8さんが深い縁
のあったかただからです。「仲間」というのは、私の仲間、という意味です。

12 名前: 8 投稿日: 2004/11/17(水) 23:51 [ Otsf0Dp. ]
>>11
わかりました。
指輪、大事にします。
首飾りも同様に。
bluebirdさまの仲間ですか!
小さく愚かな私ですが、是非に。
遠くの地から、幸せと健康とを祈ります。
いつか何かお返しできる日がきたら、絶対お返しします。

すぐにお返しできない誰かから親切をうけたら、別の人にお返しする。
…そんな信念がありますゆえ、しばらくは誰へともなしにお返ししましょうかね(笑)


>>10
謝らないで下さいね…。
「恋愛」という言葉からも、考えさせられましたし。
うまく表現できませんが、そんな何かを心配させるような弱さを、私が持っていたのではないでしょうか。

お姑さんに「朝日のイメージ」で対するというアイディア、素敵だなーと、尊敬してます。
なんか応援しかできないですけど…
お話していただいて、感謝です。

13 名前: 前スレ939 投稿日: 2004/11/18(木) 08:45 [ z7tLqJ4I ]
>>12
褒められると照れるわーポリポリ
前スレで12さんがお書きになった
>いつも心に花を咲かせ、人に花束を差し出したい。
実はこの言葉がヒントになりました。
花を咲かせるには、水と、栄養たっぷりの土と、光が必要だから、私が一番
イメージしやすいのが光だっただけなのよ。
むしろヒントを下さった12さんに感謝しています。

前スレが読めなくなる前に(ご本人がいらっしゃるかは分かりませんが)。
>前スレ968さん
私にもテレパスな友達がいまして今まで色々あったのですが、その人が
私の意志を尊重(実は生暖かくヲチ)してくれるから、交流を保って
いられるのだと思います。
もしお父様からの干渉がキツイと感じたら、「私を信用してくれていないようで、
悲しい。困った時は相談するから、見守って欲しい」と一言仰ってみては
如何でしょうか?
どのお宅でも、大抵のお父様は娘から嫌われる事をとても恐れていますので、
効き目があると思いますよ。

>前スレ969さん
上記の友達曰くですが「力をコントロールしないと、酔っ払いが人込みに紛れた
時に感じるような、大音量の雑音が聞こえてウザイ」らしいです。
さて前スレ969さんは、聞こえる声を「これは本物かな?」と疑っていらっしゃる。
姑は聞こえたら即行動(一方的に相手に怒る)なので、「行動に移す前に疑う」
969さんは、多分大丈夫だと思いました。
目安として、ある特定の人物の、特定のマイナス思考しか聞こえない時は、
華麗にスルーしてみては如何でしょうか?
例えば、頭の中で元気になれる歌を思い出して歌うとか、運動するとか。

…以上、こういう方法もありますよ。という事をお伝えしたかったので、
書かせていただきました。
それでは名無しに戻ります。
bluebirdさん。場所をお借りしてごめんなさい。
これからも頑張って下さいね。

14 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/18(木) 08:46 [ z7tLqJ4I ]
すみません。sageを書きわすれました。

15 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/18(木) 09:14 [ 6.Fpw1N6 ]
>>13
>姑は聞こえたら即行動(一方的に相手に怒る)なので、「行動に移す前に疑う」
969さんは、多分大丈夫だと思いました。

場所借りてくださってかまいませんよw。
たとえばこの姑さんの場合なのですけど。仮に悪口を言われているのが聞こえたとして
それをご本人に問いただして、どうなるというのでしょう?
私も関わりある人の不穏な感情などを感じることありますけど、そういう行動にはでません(笑)。
こちらに生霊として来てるようなら処理したり、とか、その程度で、知らん顔して
すごしますけど。ふつう「おとな」だったら、そうしますよね。
そのー、能力あるない以前に、常識的なおとなとしてどう行動するか、をまず、、冷静に
考えられたほうがいいのですけどね、姑さんも。

16 名前: 13 投稿日: 2004/11/18(木) 18:20 [ z7tLqJ4I ]
>15=bluebirdさん
>ふつう「おとな」だったら、そうしますよね。
実は私の前にターゲットになっていたのが、舅にとって一番仲が良い弟の奥さん
(=姑にすれば義妹)で、ここ数年は私と、私の実母が被害者リストに加わりました。
しかし、手塩にかけて育てた我が息子(私の夫)からは「統失だろう」と疎ましく
思われ、それが面白くない姑は更に私や実母への攻撃に拍車をかける、と
いう悪循環…。夫に内緒にすると後日夫が怒るので、全て話すヘタレな私。_| ̄|○

姑は例の能力と信仰心の厚さ故に、選民意識が非常に高い人です。
そして「私(姑)は良い人間」である事を、全然疑いません。
更に「声が聞こえる=私の能力は間違いない=文句を言わねば」という思考
パターンの奥底には、「嫁(私)が私(姑)を嫌っている」という間違った
思い込みが存在している様子。(※私とて、内心ウザイとは思っています)
まぁ、私が出来る事はもっと能力を積んで、お金も稼いで、「万一の場合は
有無言わさず病院へ連行するのが嫁の勤め」と覚悟を決めています。

bluebirdさん、お気遣いありがとうございます。
取りあえず今日は良い天気だったので、自分が住む街の中心にある高いビルに
登り、「みんなが幸せでありますように」と電波を流して、スッキリしました。
姑に対して正当法が通用しないのなら、今後は搦め手で行きます。 ^ ^

17 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/18(木) 20:17 [ 6.Fpw1N6 ]
夫さんがクールに見てくださってて、助かりますねw。
信仰心・・・といっても、、どうもなにかはき違えておられるような。能力にプライド
をお持ちなのでしょうか。もっと、あのー、、(卑屈なかんじではなく)謙虚に、感謝
するようなお気持ちが自然に出てくるような信仰心を培っていけたらいいのですが。
選民ですかー(汗)。選民ねー(汗)。どなたに「選ばれた」かたなのか存じませんが
、仮に「選ばれた」としてもですねー、日々の想い、心で、霊層など簡単にアップダウン
しますし、「選ばれた」なんて、言い切れないものだと思うのですが。
「礼を失しないように」とメッセージが来ました。13さんに対してです。お姑さんでは
なくて、、ごく日常接しているかたたちに対して、そういうことをお気をつけください、
とのことです。

18 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/18(木) 20:49 [ KqVnJHIE ]
>>13さん
霊感があると言われてから、自分なりに色々調べました。
その中に、低級霊は嘘をつくとかいうのがあって、
自分もこの可能性があるなと思いました。
お尋ねしたかったのですが、神々しい方なので、躊躇していました。
携帯からなのでとりあえずこれで(^^)/~

19 名前: 13 投稿日: 2004/11/19(金) 06:39 [ L2H7a1Es ]
>17=bluebirdさん
>「礼を失しないように」とメッセージが来ました。
これはとても当たっています。
多分この件で姑を見下しているだろうし、元々内面が悪いので…反省。

>能力にプライドをお持ちなのでしょうか。
恐らくは、とてもプライドが高く、だけどそのプライドの高さを満たすだけの
基準に(姑自身が)達していないため、人より優れている物(=能力)に縋るの
ではないか?と、推測しています。
それと年齢的(60代)なものと、本来の性質(頑固)が重なって、更に悪化させて
いるのだろうか?と思えます。
(自分が傷つくのは人一倍嫌だから、能力に依存する。だけど、他人を傷つけても
気にも留めない点において、むしろ傲慢な人かも)
柔軟性がある人なら直接的な行動を避けるでしょうし、自信があればそんな能力に
縋る事なく、他人と協調していけるでしょう…多分。
もし姑が自分の心の闇の存在を直視出来れば、事態は変わるでしょうけれども、
(信用してない)嫁の言葉など、拒否されるのが関の山かと。ホント難しいですわ。

20 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 06:42 [ L2H7a1Es ]
>18=前スレ969さん
理由は違えども、私もまたbluebirdさんに相談する身ですので、どうか
同じ高さで見ていただけると嬉しいです。

21 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 06:51 [ L2H7a1Es ]
それにしても、首を絞められている感じだけはどうにかならないかしら…。

22 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 07:42 [ Oh9oDn2g ]
>>21
すこし祈らせていただきました。どうでしょう?続くようなら、再度対処のお願いを
してみます。

23 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 07:49 [ Oh9oDn2g ]
>>19
お姑さんに対する洞察は当たっていると思います。
言葉で諌めても、、たぶんもうムリな段階にすでに入っておられます。
13さんの家庭に来る被害を最小限に抑えることだけに腐心されるほうがよろしいかと。
「軌道修正」と来ました。なんの軌道かというと、人生に対する考え方についての
軌道、みたいな。修正を掛けて行きなさい、これから、とおっしゃっています。
もうひとつ。「軌道を正せ」と来ます。神さまの目からご覧になると、今現在
13さんの軌道が少しずれている。それを正しなさい、と。

24 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 08:38 [ L2H7a1Es ]
>bluebirdさん
ちょうど>19を書き終えた後から首に違和感(以前から時々なる)があったの
ですが、8時前くらいから首が少しばかり楽になりました。
家事の切れ間にこちらを覗いていますが、bluebirdさんのレスに驚きました。
本当にありがとうございます。
…出来れば、自力で処理すべき事なのだろうから、その力を私が身に付ける
必要性を実感します。

なお、>「軌道修正」については、今まで私は自分の力(といっても、対人向けでは
なかったため)を封じていましたが、それがこの度の事態の悪化を招いたと
思いますので、善き方向に向けて発揮する必要があるかと思います。
>「軌道を正せ」に関しては、職業面で一つ心当たりがあります。
今まで事務職だったのですが、この先(姑対策を兼ねて)金銭面で今のままだと
行き詰まる事に気づいています(パート程度ではとても追いつかない)。
一つ、頭の中に思い浮かぶ職業があるのですが、学校へ入り直さないとならず、
神様に「大金を下さいーー」とお願いしている最中です。勉強もしますが…。
ただ、今までの私の職歴を思い返すと突拍子もない発想なので、「これで良いのか?」
という疑問も若干感じています。
もし、宜しければbluebirdさん、この件について観ていただけますか?

25 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 08:42 [ L2H7a1Es ]
何故か急に首が楽になったような気がします。(一人実況は空しい(藁)

26 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/19(金) 08:58 [ T0YynImc ]
私もここ2日くらい楽ですね。
ちょっと気持ちを入れ換えたせいもあるのかな…(仕事に対して)
最終的に転職の事も考えてたので楽になって良かった…。
思えば冬季闘争もあるし気持入れ換えたのは
結果的に良かったかも。
再発しないのを望むばかりです。

27 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 09:03 [ Oh9oDn2g ]
一人実況、ありがとうございますw。

>今まで私は自分の力(といっても、対人向けでは
なかったため)を封じていましたが、それがこの度の事態の悪化を招いたと
思いますので、善き方向に向けて発揮する必要があるかと思います。

はい。そうしてください。それをする時期が来ました。

で、お仕事の件ですが。たしかに今のままではマズイようですね。しかし、学校に
入り直すほうの選択は、避けられたほうがよろしいかもしれません。
あらたに勉強し直している時間はないかもしれないです。ですから、今現在の職より
ペイの良いものを探されたほうがいいかも。時間を多く割くことになってもそっちの
ほうがいいかもしれません。過去の職歴が活かせるような方向で。

28 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 09:54 [ L2H7a1Es ]
>26=前スレ969さん
体調が楽になって良かったねー。

>27=bluebirdさん
一人実況が「外れたもの」でなくて良かった。外れていたら恥ずかしい。
頭からこびりついて離れない職種は、取りあえず横に置いておくとして、
当面コールセンター辺りでパートする事を検討してみます。(時給がいいのよ)

>それをする時期が来ました。
対自然なら全然問題ないのですが(気候の急変を少し和らげる程度・ただし
自分が住む街近辺限定)、対人となると難しいです。
上手く言えないのですが、「救って欲しい」と願いながら生きている人、同様の
思いを抱きながらもすでに亡くなった人はいますが、私は「自らを救おうとしない人を、
他人が救う事は出来ない」と思っています。 私の場合、姑が良い例です。

例えば姑が「今『(姑が信仰する宗教の定義による)善行を積めば、死後救われる』」と
信じているのに、私が姑に「今のやり方では、死後間違いなく私や私の子に執着して
悪影響をもたらすだろうさ」と言うのは、もし私の考えの方が正しくても、姑が
それで救われないのは、ある意味当然の話で(※真実は死ななければ分からない)。
なので、姑を例にすると「信じたい物を信じるのが良し。その結果がどうであれ、
必ず自分で納得して受け取るように。(死後彷徨われても、上に上げる手伝いは
しませんよ)」と思ってしまいます。

この冷淡さがある限り、相手を問わずに力を発揮する事を躊躇います。
あくまでも、より良く生きようとする人に向けてならともかく…。

29 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 10:52 [ Oh9oDn2g ]
>私は「自らを救おうとしない人を、
他人が救う事は出来ない」と思っています。 私の場合、姑が良い例です。

はい。それで結構です。無差別に力を発揮する必要はないですし、そのようなことは
しないでください。これは「冷淡さ」ではないです。相手のかたはそのようなことを
選ばれたのですから、それはそれでよいのです。耳を傾けてくれそうなかたであれば
一度は少しお話しをされてみるのも良いでしょうが、お姑さんぐらいのレベルになると
ハナシも無駄になり、かえって態度を硬化させてしまうことになるでしょうから、そ
ういうかたには手を出す必要はありません。
あなたはもうお姑さんに対する霊的な対処ができるようになりました。そのようにして
くださいました。お姑さん経由でいろいろ飛んでくるはずですが、それらについて対処
できるようになっておりますので、今後はご自身で対処してみてください。

「恬淡」と来ました。無欲であっさりしていること。
最終的には、それを目指してください。しかし生活面は、それはそれで現実的に努力
も対処もなさってくださいね。それは生きる人間に等しく課せられた、一種の修業でも
あるのです。

30 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 12:10 [ L2H7a1Es ]
>29=bluebirdさん
重ね重ねお気遣い頂き、本当にありがとうございます。
>今後はご自身で対処してみてください。
何か感じた時は、とにかくしてみます…偶然なのか、今日はよく感じます。

>「恬淡」と来ました。無欲であっさりしていること。
真っ先に良寛様を思い出しました。
あんな風には生きられないけれど、清濁合わせて飲み干せる人になれたら…と思います。
欲がある事を否定せず、欲にばかりに捕らわれず、欲を持っている自分を楽しめるような。
この先羅針盤代わりになるようなアドバイスを下さり、ありがとうございます。

ところで、もし私がターゲットから外れた場合、すでに被害を受けている
私の母と、義理叔母(舅の弟の奥さん)へと流れるのでしょうか?
実母は姑以上に霊感が強く(無宗教のためか、被害者は出ず)、方や義理叔母は
実は私が幼少の頃にとても可愛がって下さったご夫婦(故人)のたった一人の
娘で、その方が亡くなる前に「○○(叔母)の事を頼むね」と頼まれています。
(見合いではなく偶然だったのですが、私は夫との縁が強いみたいですね)
bluebirdさん。私が彼女達を守るために何が出来るかを、教えていただけますか?

31 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 12:57 [ Oh9oDn2g ]
実母さまと義理叔母さまにも、同様に対処ができるようになっています。
トライしてください。
「結界」
結界を掛けられるようにする。
と来ましたので、、ご本人とお住まいに結界掛けてみてください。
ご自宅やご家族にも掛けてみてください。

32 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 16:06 [ njGl0sMs ]
>31=bluebirdさん
お手数を煩らわせているのに、レスが遅くなり申し訳ありません。
取りあえずしめ縄と塩と反射鏡でイメージしてみました。
実際に結界をかけた事がないので、これで効き目が出るか分かりませんが…。

33 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 18:34 [ Oh9oDn2g ]
>>32
はい。できておりますよ。その調子です。

34 名前: 32 投稿日: 2004/11/19(金) 19:03 [ njGl0sMs ]
>33=bluebirdさん
アドバイスありがとうございます。
お陰様で首が絞められているような感じは取れました。
(のど仏が疼くのに、溜まったエネルギーの昇華が上手く出来ない(鬱))
もしかすると結界は当面、起きている間はコンスタンスに張る方がいいでしょうか?

もう一つ、先程アドバイスを頂いた「恬淡」の解釈にもし不足がありましたら、
面倒かと思いますが、ご指摘のほどお願いします。
「無欲であろうとする事に捕らわれる事」も、欲の一つのような気がして、
それならいっそ、自分の闇(欲)は無限である事を認めた方が近いような気が
しましたが、どうも私は(力は恬淡っぽいのに)俗人丸出しで、恥ずかしいです。

35 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/19(金) 19:12 [ njGl0sMs ]
あれ?波のようにのど仏がすっきりしたり、疼いたりしています。

bluebirdさん。先程アドバイスを頂いた進学の件ですが、子どもが発達障害の
疑いがあるので、私が進学出来るかどうかはさておき、子どもの世界を広げる
ために、私自身が勉強を続けたいと思います。
もし、未だに頭に浮かぶ職業と本当にご縁があれば、将来携わるかもしれないし、
ご縁が無くても「それはそれで良し」と、気楽に行きたいと思います。
何故かご報告したくなって、長々と書き込みました。

36 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 19:39 [ Oh9oDn2g ]
32さんの結界は非常に強いものとなっています。頻繁に張る必要はありません。なにか
どうしても張り直しをしたほうが良いかな、という気がしたときだけ張り直してください。
まず、大丈夫だとは思いますが。

>「無欲であろうとする事に捕らわれる事」も、欲の一つのような気がして、
それならいっそ、自分の闇(欲)は無限である事を認めた方が近いような気が
しましたが、

「恬淡」の解釈はあれで良いそうです。無欲であろうとすることに捕らわれている
かもしれない、という意識さえどこかにあれば、それでいいんです。

>どうも私は(力は恬淡っぽいのに)俗人丸出しで、恥ずかしいです。

わたしだって俗人ですよw。ごくふつうの人間です。

>子どもが発達障害の疑いがあるので、

わたしをサポートしてくださっているとてもお力の強い神さまがいらっしゃるのですが
そのかたが、それを切ってくださいました。霊的な背景がありました。たぶん好転して
いきます。この霊的な背景はお姑さんとは関係ありません。

>私が進学出来るかどうかはさておき、子どもの世界を広げるために、私自身が勉強
を続けたいと思います。

そうですね。お勉強そのものはとても良いことです。

37 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 19:41 [ Oh9oDn2g ]
>あれ?波のようにのど仏がすっきりしたり、疼いたりしています。

これは霊的な背景のものではなく、32さんのエネルギー調整をしてくださっていて、
そのために起こっています。心配の必要はありません。霊的な悪いものはすでに
切れています。

38 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/19(金) 19:43 [ 4g3VmYqo ]
やっとパソコンから書き込むことが出来ます。
bluebirdさん、スレ建てお疲れ様&ありがとうございました。

さて。今日また感じてしまいました。仕事自体に対しては感じませんでしたが。
同じフロアに4人で仕事をしているのですが、
昨日は一人がお休みで3人だったのです。
どうも、4人集まるとこういう現象が起きやすような気がします。
元々、初めは「いい感じ」を受けていたのに、「わるいもの」に変わったのも
一人が別のところから異動になって同じフロアにやってきてからです。
私が思うのは私をのけた3人が集まると波動とか念とか守護霊さまとか
よくわからないけれど、そういうものがぶつかってしまうのではないかと。
こういう解釈はどうなのでしょうか?

39 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/19(金) 20:01 [ Oh9oDn2g ]
>>38
どうもその同フロアの3人さんは、ほんのすこしだけ、それぞれがちょっと「良くない」
ところへの繋がりをお持ちのようです。そして3人揃うと、、それらが結託して増幅
を掛けて、969さんに攻撃を仕掛けてくるようです。
小さなものでも、多く集まると、悪影響を大きくすることができます。
それで対処法なのですが、、もう対処してくださいました。たぶん明日からは大丈夫と
思います。
なにか変化ありましたら、またお知らせください。状況によって再びの対処があるかも
しれません。

40 名前: 36 投稿日: 2004/11/19(金) 20:02 [ njGl0sMs ]
>36-37=bluebirdさん。
先日から今日にかけて導いて下さった事、本当にありがとうございます。

>どうしても張り直しをしたほうが良いかな、という気がしたときだけ張り直してください。
ありがとうございます。何か感じたら、その都度処理していきます。

>この霊的な背景はお姑さんとは関係ありません。
霊に関係あるかは分かりませんでしたが(あっても不思議ではなかった)、
私の子は姑にとって真実愛おしい対象なので、関係ないとの事で安堵しました。
子がまだ幼い(7歳以下)なので、様々な影響を受けやすいだろうな、と
以前から思っていました…どうか好転しますように。
bluebirdさんと神様に対し、心の底から感謝いたします。
微力ですが私に出来る何かはありますか?出来ればお礼をしたいです。

「恬淡」の解釈と、のど仏の件についても、ありがとうございます。
すみません。もう時間切れなので、明日また改めて参ります。
bluebirdさんに素敵な出来事が起こりますように。心よりの感謝を込めて。

41 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/19(金) 20:29 [ 4g3VmYqo ]
>>39=bluebirdさん
対処してくださって、ありがとうございます。
また変化がありましたら報告させていただきます。
攻撃を受けつけないような強い自分になりたいと思う今日この頃です(^^;

42 名前: 36 投稿日: 2004/11/20(土) 08:52 [ 6ctSyjG2 ]
>bluebirdさん。
昨日はお力添えをいただき、心より感謝しております。
あれから一晩経ちましたが、肩と首がとてもスッキリしています。
のど仏は弱い疼きがあるものの、ここまで体調が楽なのは久しぶりです。
なお、部屋を見渡すと隅々まで、透明な湖の中にいるような感じがします。
実は部屋にお札があって、毎日塩・米・水を捧げていますが、塩が
固まっていたのが不思議でした。(昨日晴れていたので湿気が理由ではないです)

今まで話せませんでしたが、自分が霊媒体質っぽいような気がして、でも
嫌な感じがしたら「私の気のせい」と思い、はね飛ばすようにしてきました。
ですが、力を開放するとその分寄ってくるような気がします。
亡くなった人を供養する力があるかどうかはさておき、私が恐れているのは
それをする事で、姑のようになってしまうのではないか?(姑がそれを実践している)
そして、家族に思わぬ悪影響を与えてしまうのではないか?という事です。
…今生きて、「この状態をどうにかしたい」と本気で思う人には、何か出来る
事があるかもしれないですが、もし亡くなった人の気持ちが伝わった時は、近所にある
お寺を紹介して「あそこで上げてもらうといいよ」と伝えるのが精いっぱいです。

ずるいけれど、私は守らねばならない家族を優先して、上記のやり方を割り切って
していこうと思います。
ところで、「嫌な感じ」には反射鏡をイメージしてはね飛ばす事は出来ますか?
引き続き長々と質問しましたが、どうぞよろしくお願いします。

43 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/20(土) 08:56 [ 6ctSyjG2 ]
↑40でした。 昨日から名前間違えていたなんて全然気づかなかったわ。
bluebirdさん、ごめんなさい。_| ̄|○

44 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/20(土) 10:24 [ DZJEUpQM ]
>>42
塩が固まったのは、そこに邪気を封じ込めたからです。
霊媒体質は霊媒体質だと思います。寄ってくる件ですが、、なにもされなくても実は
すでに寄ってきていますw。力を発揮するほうがいい、というのは、そのためです。
祓ってください。祓う力が付きました。付けてくださいました。
亡くなったかたの供養は今はしないでください。とりあえず祓いに専念。
あなたとご家族の祓いをまず重点になさってください。
反射鏡のイメージで大丈夫です。

姑さんのようにならないためには、自分自身の心を常に見失わないこと。自分を
冷静に観察する目を失わないようにすること。自分をごまかさないでください。

45 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/20(土) 10:39 [ DZJEUpQM ]
>>前スレ969さん
メッセージがきました。
「紅と白。紅白のものを持ちなさい。エネルギーを入れる」と言われています、ある
神さまが。
なにか適当なものはありますか?ひとつのものに紅と白の色が付いているものが良い
そうです。和紙などで、紅白のものを用意されて、それを適当な大きさに畳まれたら
よいかもしれません。それがお札になります。自室の壁の高いところに貼ってください。

46 名前: 42 投稿日: 2004/11/20(土) 14:04 [ 6ctSyjG2 ]
>44=bluebirdさん
>なにもされなくても実はすでに寄ってきていますw。
いやぁぁぁぁぁっ。ささやかでいいから、人並みな人生を過ごしたいのに。(涙)
というのはさておいて、やっぱりでしたかw

>祓う力が付きました。付けてくださいました。
ありがとうございます。
祓う言葉は「こっちに来るなぁぁぁっっ」が気に入ったので、当面はこれでいきます。

>亡くなったかたの供養は今はしないでください。とりあえず祓いに専念。
>あなたとご家族の祓いをまず重点になさってください。
アドバイスありがとうございます。それでは早速試してみます。

>自分をごまかさないでください。
ばれていましたね…。姑の存在は、おそらく反面教師の意味を持つのだと思います。
さて、自分の先祖(父方)が小金持ちだったのですが、身内とのトラブルが絶えず、
何故か(生前最も可愛がってもらった)私に影響があるのは感じていました。
私はそれらをリセットして解放するために存在しているように思います。
ですが、リセットするためには「私が小金持ちの状態」になる必要があるみたいで、
でも「産まれてこの方ずっと貧乏な私に、(そうでなくてもこの能力を持て余して
いるのに)小金持ちになれと?更に人間関係で揉まれろというのか?」という
思いがあって、ずっと躊躇っていました。
ですが最近、将来の姑と子どもの事を考え、開き直る事にしました。
「そうなる必要性があるなら、かかってこい。私は自分の運命に負けたくない」と。
そうした結果が、縁に導かれてこの度bluebirdさんにお世話になる事になった
のでしょうか? 本当にご迷惑ばかりお掛けして、申し訳ないです。
すっかり見抜かれているので、長文ですがカミングアウトしました。

47 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/20(土) 16:31 [ DZJEUpQM ]
42さん
いやぁぁぁぁぁっ、って言って無関係に済むのなら、わたしだって、そういう人生を
歩みたいです(笑)。

>私はそれらをリセットして解放するために存在しているように思います。
ですが、リセットするためには「私が小金持ちの状態」になる必要があるみたいで、

そのとおりだそうです。

「鮎のように」
すいすいと泳ぎなさい、とw。世渡りをね。それができる人です。

48 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/20(土) 17:00 [ SfM/errg ]
>>45=bluebirdさん
早速貼ってみました。
今日は仕事が休みなので、変化の確認とかは出来ないんですが(汗
ありがとうございます。よろしくお願いします。

寝ている間に本スレは落ちてしまったようですね。
最後まで読めなくて残念。。。

49 名前: 42 投稿日: 2004/11/20(土) 17:18 [ 6ctSyjG2 ]
>47=bluebirdさん
>いやぁぁぁぁぁっ、って言って無関係に済むのなら、わたしだって、そういう人生を
歩みたいです(笑)。
私の想像以上に難儀なお立場だと思います…けれど、↑に不謹慎にも笑ってしまいました。

>そのとおりだそうです。
>「鮎のように」
>すいすいと泳ぎなさい、とw。
ありがとうございます。心の中にあった靄が固まり、確信になりました。
先祖(曽祖父)が望んでいたのは「お金を集め、幸せになる事」だったと思うの
ですが、どうやら途中でコケてしまったようです。
だから、私がすべき事は小金を得た時、溜める時、殖やす時、そして使う時に
心からの感謝と、私の周囲にいる人たちや「私が手放すお金を手にする人たち」へ
「みんなが幸せでありますように」と願いを込めていき、それで曽祖父や曽祖父の
周囲にいた人たちの思いを浄化していけるような気がします。
お金絡みの縁である事と、お金の性質そのものが「経済の血液」であるのなら、
私を経る事で少しでも綺麗な血へと変えていけるよう、願いを込めていきます。
多分私がしないと、私の子孫へと繰り越されるでしょうから、頑張ってみます。

ちなみに鮎の別名の一つには、私の名の一文字が入っています。
「喧嘩っ早い魚」である事も、偶然かもしれないけれど、嬉しいです。
とても細やかなお心遣い、本当にありがとうございました。
bluebirdさんをお見守りになる神様にも、心からの感謝を。

50 名前: 42 投稿日: 2004/11/20(土) 17:33 [ 6ctSyjG2 ]
追記。お札の昔の姿は一本の木。そして小銭は金属の塊だったでしょう。
貨幣に様々な人の念が籠もっていても、本来は自然界に存在していた物。
私に少しばかり自然に干渉出来る力が与えられている事は、偶然ではなかったのかも
しれない、とようやく今気づきました。

51 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/20(土) 17:57 [ 6ctSyjG2 ]
独り言ですが、私の曽祖父のように「その人がやり残した事」は、その人が最も
可愛がった人や、受信しやすい子孫へと受け継がれていくのでしょうか。
その人がたとえ、それを子孫に伝えたいと思わなかったとしても。
これがカルマと言われたら、「へぇー(×3)」ボタンを連打したい今日の私。

52 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/21(日) 01:47 [ qGitZsAQ ]
42さん
>私がすべき事は小金を得た時、溜める時、殖やす時、そして使う時に
心からの感謝と、私の周囲にいる人たちや「私が手放すお金を手にする人たち」へ
「みんなが幸せでありますように」と願いを込めていき、それで曽祖父や曽祖父の
周囲にいた人たちの思いを浄化していけるような気がします。

そのとおりだそうです。

>「喧嘩っ早い魚」である事も、
>私に少しばかり自然に干渉出来る力が与えられている事

偶然ではないです。

>その人が最も
可愛がった人や、受信しやすい子孫へと受け継がれていくのでしょうか。

そういう場合もあるそうですが、42さんの場合は違います。
42さんの場合は、神さまがそれをさせようとお思いになりました。

「鮎のように、すばやく、しなやかに、進みなさい」と来ました。
「きれいな紙を用意しなさい(色については指定ありませんでした)。それを畳んで、
玄関の出入りするあたりの壁。高いところに貼りなさい。お札にします」とおっしゃいました。
よろしかったら、用意なさってください。神さまが10体お入りになります。
用意されると、それを見て、神さまがすぐに入ってくださるそうです。

53 名前: 42 投稿日: 2004/11/21(日) 08:37 [ vvAM9lGQ ]
>52=bluebirdさん
アドバイス通り、先程用意しました。(子どもの折り紙から綺麗なのを拝借)
ちなみにこれは、一定の時期(例えば節分の日)に交換する方がいいですか?
もし出来ましたら、ご教授お願いいたします。

ちなみに子どもにも変化が現れました。
嘘を全くつけない子だったのですが(それはそれで育てやすかった)、昨日
「自分(子)が意識的に、事実とは違う話をする」事を初めてしました。
嘘をつかれたのだから、本来はやんわり叱るべきなのでしょうけれど、
今は「嘘をつく練習をしている」と思い、「ふーん。そうなんだ(ニヤニヤ」という
反応をしたら、ばつが悪そうな笑顔をしました。
子の中にある扉が、観音開きになったような…そんな感じがします。
私の方は、のど仏が疼く度に「祓いたまえ、清めたまえ」と言うと、スッとします。
のど仏がセンサーのような感じになっています。

昨夜、寝ぼけている状態の時「鏡と剣と勾玉」を神様(神棚?)に飾るイメージが
思い浮かびました。
そして、今までお世話になった友達や知人にも結界を張る力を得たような(その人が
悪用するなら、私が取り上げる事も出来るような)気がしました。
ずっと以前に偶然ですが、銅鏡のレプリカ(金メッキ)を気に入って購入して
いたので、これを飾るべきかどうか考えていますが、如何でしょうか?
…何だかbluebirdさんの手をずっと煩らわせてしまっている状態と、きっと
ROMしているであろう、今現在お困りになっている方に申し訳なく思います。
気軽に相談する雰囲気を壊してしまい、ごめんなさい。

54 名前: 42 投稿日: 2004/11/21(日) 08:45 [ vvAM9lGQ ]
>42さんの場合は、神さまがそれをさせようとお思いになりました。
ここを読んで、「やっぱり私の力は私のためにある訳ではない」と思いました。
授かったというよりは、「お預かりしている」と思います。
なので、私も悪用したら力を取り上げられるか、悪用した反動を受けねば
ならないように思えてなりません。

55 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/22(月) 19:10 [ 4NlI4LlQ ]
会社に行ってきました〜。
ご報告させていただきます。でも、御札を貼ったところから。
お札を貼ってから、右肩辺りがぽかぽかすることがありました。
でも、なぜか怖いときもありつつ。これは、付き合ってる人が怒っていたのかも?
それで、出社する前から怖い感じがあって、その状態で会社に行ったのですが、
頻繁に「怖い感じ」はするものの、気付いたらその「感じ」が消えていると
言う感じで(わかりますかね?w)、また怖くなって、また消えているという感じでした。
いつもなら、ずっと怖い感じが続いたままなので、これは新しいパターンでした。
退社すると大体怖い感じは消えるのですが、それは今日も同じでした。
わかりにくい文章で申し訳ありません(汗
「怖い感じ」を消してくれているのかな、という気がしました。

56 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/22(月) 22:40 [ oIJNV/JU ]
a

57 名前: 42 投稿日: 2004/11/23(火) 11:23 [ M60TltEc ]
>bluebirdさん
お忙しくてレスが出来ないだけならいいのですが、何となく不安が過ります。
もし私を手助けしてくれた事で、何か負の影響がbluebirdさんに伝わってしまったの
なら、申し訳なさばかりを感じます。
bluebirdさんがご無事でありますよう、神様にお願いします。 
手助けしていただいたのに、私が微力でごめんなさい。

58 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/23(火) 23:24 [ BDjdLuJE ]
>>57=42さん
私が言う事ではないと思うけど、心配されているようなので。。。
私は特に心配はしてませんよw
bluebirdさんはご無事だと思います。
bluebirdさんへは直接アクセスできないと前おっしゃってました。
多分なにか別のご事情があるのだと思います。
もしくは、ここに書き込む動機付けみたいなものが今はないのだと思います。

59 名前: 42 投稿日: 2004/11/24(水) 07:37 [ Ye1SNh.o ]
>58=前スレ969さん
了解しました。
初めての事なので戸惑っていました。
それでは、お言葉に甘えてのんびりしてみますね。
アドバイスありがトン。

60 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 08:01 [ RftoCkys ]
おはようございます。ちょっとお出かけしてまして、レスできませんでしたw。
私は負の影響など受けません。そんなヤワな人間ではありません(笑)。受けそうなら
こんなお話しをこんなオープンな場でやりません。受けなくなったから、やっている
のです。


お札ですが、とくに一定の時期に交換する必要はないです。でももしも汚れが気に
なってくるようでしたら、新しいのを用意して「こちらにお移りください」といって
お取り替えされたらよいかと思います。

お子さんの件は42さんのなさった対応でよかったと思いますよw。

>昨夜、寝ぼけている状態の時「鏡と剣と勾玉」を神様(神棚?)に飾るイメージが
思い浮かびました。

はい。あなたは実際にそれらを「受け取られ」ました。鏡のレプリカを飾ってください。
それが受け取った鏡になっています。
剣も持っています(目に見えませんが)。それでも祓うことができるはずです。
あなたの脚に入っています。左脚。使ってみてください。
勾玉もあるのですが、、その勾玉が降りることのできるものをゲットされたほうがよろ
しいでしょう。勾玉の形の石などがよいかも。石はお好みで。

>そして、今までお世話になった友達や知人にも結界を張る力を得たような(その人が
悪用するなら、私が取り上げる事も出来るような)気がしました。

はい、そのとおりです。

>…何だかbluebirdさんの手をずっと煩らわせてしまっている状態と、きっと
ROMしているであろう、今現在お困りになっている方に申し訳なく思います。
気軽に相談する雰囲気を壊してしまい、ごめんなさい。

いいんですよ。お安いご用です。べつにこうしたレスも時間はほどんと掛かっていません。
瞬間的に来るので。どうしても私とのやり取りを続ける場合は、かなりマニアックw
というか、、突っ込んだハナシになってきますので、そのあたりはどうぞ気になさら
ないでください。

>ここを読んで、「やっぱり私の力は私のためにある訳ではない」と思いました。
授かったというよりは、「お預かりしている」と思います。

非常に正確に捉えておられます。「預かり」なのです。

>なので、私も悪用したら力を取り上げられるか、悪用した反動を受けねば
ならないように思えてなりません。

はい。過去に何度もそういう人が私の周りに出現しました。でも極端に怖がる必要
はありませんので。そのことは、、神さまが42さんに直接ご警告なさったのです。
脅かすためではありません。42さんに残っていただきたいからです。

61 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 08:07 [ RftoCkys ]
>969さん
>「怖い感じ」を消してくれているのかな、という気がしました。

そうですね。お札に入られた神さまが祓ってくださっているのです。
969さんは42さんみたいに祓いの力は今後もたぶん付きません。やはり「適性」という
ものがあって、「適性」をお持ちのかたでないと、さしあげることができないのです。
でもべつに祓いができないからマズイ、とか、良くない、というのではないです。
適材適所、というかんじでしょうか。

62 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/24(水) 08:50 [ h/G3Cj2U ]
おはようございます!
またお会い出来て良かったです。
こんなことを言うのは気がひけるのですが、
bluebirdさんがカキコなさってる時間帯に偶然かいなか、
怖くなるんですが、邪霊の影響でしょうか?

祓いは仕方ないですね。
少々力不足でも、それにりにやっていこうと思います。
それにこうして助けられているわけですから
ありがたいことです。

63 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 09:09 [ RftoCkys ]
>>62
それは邪霊ではないと思うのですが(^_^;)。書き込みすると、相手のかたに光が届く
のです。光によるものと、邪霊などによるものとの、感覚の違いを意識して感じ取る
ように訓練なさってみてください。
光が強すぎてコワイかもしれないです。このところ、とても強くなっているので。
お出かけしてた期間に、さらに強くなりました。

64 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/24(水) 09:37 [ 1np/VODA ]
>63
そうなんですか。難しいですね。
以前みていただいた時は
身体中を何かがかけめぐるという感じでした。
怖くもなく、ただ駆け巡るという感じです。
もっと感覚を細かく観察してみようと思います。

今回のお出かけは霊的なものでしょうか。
世の中には不思議な事があるものですね。

65 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 10:50 [ RftoCkys ]
>>64
>怖くもなく、ただ駆け巡るという感じです。

そのときの光より、いまは30倍ぐらいになってるみたいです。
それで、以前の「駆けめぐる」かんじですが、、わたしから光が行って、その行った
光を969さんの中で「めぐらせて」くださった神さまがおられたようです。
だから「めぐった」んですね。
今回はそのお働きがなかったので、光が身体をめぐらず一点に集中してしまった。
どこに集中したかというと、胃のあたりのチャクラ。なぜ胃のあたりのチャクラに
集中したのかというと、、どうも969さんはそのあたりに少し問題があったみたいで
、そのためのようです。
その胃の辺りに「なにか」居ましたね。そんなに悪いものではなかったのです。
人霊さんが5体居ました。以前からそこに居たわけではなく、ごく最近、そこに入った。
969さんがわたしとネットを介して接触しているのを、その人たちは知っていて、それ
で光のおこぼれに与れるのを期待して。
それで、その人たちが居る胃のあたりに集中して光が行ったんですけど、あまりに強すぎて
その人たちも怖く感じたらしいです。そしてその感情を969さんが感じ取ってしまった。
それに実際969さんにも、強すぎたみたいです。
で、今回のこの書き込みでは、「このレスによって光が969さんに届いても、969さんに
ちょうど必要な強さになり、身体をその光が巡るように」と祈って送信してみます。
で、胃の辺りにいた人霊さん5体は、ちゃんともう成仏なさいましたので、ご心配なくw。

>今回のお出かけは霊的なものでしょうか。

直接霊的なものではないのですけど、、そこで霊的なイベントが起こって、結果として
わたしの光が強くなった、、というかんじです。

66 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/24(水) 11:44 [ EYpNPAmE ]
お邪魔します。始めまして。
全スレからずっとROMしていました。
私は能力など全くない凡人なので、ここに書き込む資格などないかも
知れません。しかし、bluebirdさんには神様がついていらっしゃるとのことで、
bluebirdさんに質問があります。もしよろしければお答えください。
たとえば、bluebirdさんのように神様がついていらっしゃって、
他人を助けたりすることをされる方が実際いらっしゃいますが、
時々、そのような方にコンタクトを取りたくても
とれない場合があるのですが、それはその神様が選択なさっていると考えて
いいのでしょうか?もし、そうであるなら、その選択はどのような基準で
なされているのですか?
たとえば、必要性がない場合(自分で解決できることや困難を乗り切ることが
その人のカルマの解消になるとか)とかはわかるのですが、それ以外の場合、
神様の好き嫌いによる選抜というのもありうるのでしょうか?
例えば、「この人間は、根性が悪いので放っとこう助ける必要はない。」
とかあるのでしょうか?
こんな質問自体神様に失礼なことは重々承知なのですが、
かなり気にしています。実は私は、「すばらしい人」ということばには程遠い
俗人であります。だから、神様とかそのような方たちとかから見放されているのでは
と思うことが多々あり、どういう生き方をすればいいのか現在とても
悩んでいるのです。
こんなスレ汚しなことを書き込んで申し訳ないです。
答える必要がないと神様がおっしゃっているならそのままスルーして下さい。

67 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/24(水) 12:00 [ v80ylFjA ]
bluebirdさんじゃないけど。
>66さん
ご自分ではそうは思ってないようですが、
あなたのその謙虚さはとても素晴らしいですよ。
66さんの文を読んでて思いました。

68 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/24(水) 12:08 [ h/G3Cj2U ]
>>65
チャクラについては全くなにも知らないので
またどんな意味をもつのか調べてみたいと思いました。
なぜ胃なのか気になります。
体内に霊がつくという事があるのですね。
5体も…^^;
全然きづきませんでした…。
肩の辺りには霊的なものを感じるのですが
胃の辺りにはなにも。
ともかく、また助けていただきました。ありがとうございました。
今回は、前回ほどは怖くなかったと思います?
駆け巡りは残念ながら体感できませんでしたが^^;。

69 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 13:34 [ RftoCkys ]
>>66さん

>私は能力など全くない凡人なので、ここに書き込む資格などないかも
知れません。

いえ、そういうことにはどうぞ拘らずにお書きください。

>必要性がない場合(自分で解決できることや困難を乗り切ることが
その人のカルマの解消になるとか)とかはわかるのですが、それ以外の場合、
神様の好き嫌いによる選抜というのもありうるのでしょうか?

神さまの好き嫌い・・・というかですね・・神さまは一瞬にして、「そのかた」の奥
深くまで、過去世まで、あらゆることまで見て取ってしまわれます。
その見たことによって、やはり「好ましい」と思われる場合もありますし、「好ましくない」
と思われる場合もあるようです。

>例えば、「この人間は、根性が悪いので放っとこう助ける必要はない。」
とかあるのでしょうか?

それはあります。

>こんな質問自体神様に失礼なことは重々承知なのですが、

いえ、そんなことないですよ。そういうことを話したい、と思っておられます。

>実は私は、「すばらしい人」ということばには程遠い
俗人であります。

みんな俗人ですよw。わたしだって、ふだんの生活してる姿は、ふつうの俗人ですし。

>だから、神様とかそのような方たちとかから見放されているのでは
と思うことが多々あり、どういう生き方をすればいいのか現在とても
悩んでいるのです。

あなたは見放されていませんよ。しかし「見放されていない」というのは、「なにも
かもがラクにうまくいく」ということとイコールではないんですね。
また見放されていない、とここで言われたから、「じゃぁ、なにも考えなくていいんだ」
とか「見放されてないからなにをしても大丈夫なんだ」と思うと、、それもまた「違う」
ということになってきます。

70 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 13:39 [ RftoCkys ]
>>68
>なぜ胃なのか気になります。

胃のあたりがですね、、やっぱり「弱い」みたいですね。そこから入り易いみたいです。

>体内に霊がつくという事があるのですね。
5体も…^^;
全然きづきませんでした…。

今回の5体のかたたちは、けっして969さんに悪さをしようとして付いていたんでは
ないのです。なんというのか、、969さんを「乗り物」にして、わたしに接触したかった
かたたちみたいなんです。
だから胃のあたりから入り易かったから胃から入ったけど、そこでおとなしくされて
いたようですよ。
悪意を持ったり、害をなしたりするご霊さんたちではありませんでした。
そのかたたちは救われたかったのです。

>駆け巡りは残念ながら体感できませんでしたが^^;。

たぶん、光に慣れてこられているのだと思います。

71 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 13:46 [ RftoCkys ]
>969さん
胃そのものが身体として「わるい」という意味ではないのです。
胃のところのチャクラが大きく開きすぎ?なのかな。問題あるような場所に行ったとき
にはたぶん、閉じる必要があるのだと思うのですけど、、うまく開閉ができない?
ような。そのため、そこのオーラというか、エネルギー的な防御に問題が生じて
いちばん入り込みやすい場所になってしまってるみたいですね。
胃のあたりのチャクラに向かって(目には見えませんが見えなくていいです)「問題
のある場所、またはケースにはきちんと閉じることができますように。胃のあたりの
オーラが常に厚くなり、霊的な防御がうまくいきますように」と思ってください。

72 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/24(水) 14:27 [ BnUbWlC2 ]
>>70-71=bluebirdさん
ご教授ありがとうございます。
早速祈ってみようと思います。

bluebirdさんの感じがわかってきたような気がします。
今日は(も)、同じフロアの3人のうちの一人が休んでいて
そこからの感じる要素とかもないので。

73 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 15:11 [ RftoCkys ]
42さんにメッセージきました。
「ありがとう」
結界を張っていただいてありがとう、と言っておられます。42さんが結界を張った方の
守護霊さんだそうです。お礼を申しあげたかった、と言っておられます。

74 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 15:21 [ RftoCkys ]
969さんにメッセージ来ました。
って、、カンケイないですけど、、、HN付けられませんか?(^^;)そろそろ。
いかがでしょう?w

「安全な場所を確保しなさい」
これはお家のことではなく。職場ですね。職場で、ご自分のデスクとイスを含めた
自分だけ、自分専用のスペースに結界を張ってください。
張った中の床、机、イスに浄化エネルギーを封入してください。
そう思えば、それができるようになっています。
やってみてください。

75 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 15:44 [ RftoCkys ]
66さんにメッセージ来ました。
「困ったことがあるのなら、書きなさい」
とこれは66さんのご先祖さま10人が、言ってこられています。
なにかおありでしたら、どうぞ。

76 名前: くるり(前スレ969) 投稿日: 2004/11/24(水) 15:55 [ V6DqQR2. ]
HN付けてみました(^^)
結界ですか!
今日はうってつけの日だと思うのでやってみたいと思います。
また変化がありましたらご報告させていただきます。

77 名前: 66 投稿日: 2004/11/24(水) 16:14 [ EYpNPAmE ]
66です。
bluebrid様
先程のレスに対してお礼の返事を書き込もうとしたら、
75番を見つけました。
ホントにここに書いていいのでしょうか?
非常にややこしい話しで、とても長くなります。
大元の話は一つなのですが、それが飛び火した形で
もう一つ問題があり、大きく二つあるのですが。
また、ココに書くことによってbluebird さんにもなにか影響が
出るかもしれません。
書き込んでいいのなら書き込みます。
話が長いのでupできるのはもう少し後になります。

78 名前: 花束 投稿日: 2004/11/24(水) 16:21 [ uJL3yYu. ]
前スレの最後と、本スレの最初でご相談したものです。
力を持っているけど病んでいる友人の件で。
自分に関連した言葉からハンネを選んで、ハンネでは初カキコ(笑)

bluebirdさん、おかえりなさい〜
眩しいです。
私もがんばるぞー

現実は牛歩ですが、私はまったりやっています。
例の友人や他の友人が苦しいのが切ないですが。

近況報告とおかえりコールでした。

79 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 16:22 [ RftoCkys ]
>>77
それを書いてください、と言われています。お差し支えなければ、お書きください。
わたしには影響は出ません。
できれば急げ、とご先祖さまはおっしゃっています。
ご先祖さまからのメッセージがわたしに降りてくる、というのは、要するに、神さまが
ここに書いて良い、と許可を出してくださっていると解釈してください。

80 名前: 66 投稿日: 2004/11/24(水) 17:21 [ EYpNPAmE ]
bluebird様
66です。
できるだけ簡潔に書きます。

ある団体からスト−カーされてます。
スト−カーだけではなく、自宅も盗聴盗撮
されているようです。
当事者しかわからないような電話内容
家でおこなった行動等を全くしらない人から
すれ違い様にほのめかされたり、
私の癖などをすれ違い様にされます。
日替わりでつきまとわれます。
毎日です。また、近所、職場、子供の学校関係
で何やら私の悪い噂を流されているようです。
これは証拠がありませんが。
このような症状の精神病(統合失調症)があるのですが、
レコーダーやビデオなどを持ち歩くことにより、
病気でないと私自身確認できましたし、
関係妄想という病気にしても余りにも偶然の頻度が高すぎます。
神様やご先祖様は私がウソをいっているのではないし
これらが事実であることはわかってらっしゃると思います。
また、これらは、私の実家の家族、夫の実家の家族をも
巻き込んでいます。

このことにより、最初私はかなり精神的に参ってしまいました。
ただ、だんだん冷静になり、その原因になったであろうことや
誰がしているのかがわかってきたので、いまではほとんど元の
精神レベルまで戻ることができました。
しかし、姑が私の言うことをこのことを全く信じてくれません。
もともと姑とはあまりいい関係ではなかったのですが、
これらのことが原因で大げんかし、家族崩壊寸前までいきました。
なんとか、立て直そうという方向に持って行けました。
それでもまだ、いろいろと問題が山のように残っていて、
前途多難です。

私が主な原因の問題(家族のこと)は私が播いた種でもあるので
自分で刈らねばならないと思います。だから、できるだけの
努力はするつもりですが、もう一つの問題は私の手に負えません。
できることはやりました。
それで、どうすべきか迷っていて、ついに藁をも掴む思いでオカルト版
関係をうろうろし、これからどうやって生きようか、どうしたらもっと
強くなれるか、迷ってここにたどり着いたというわけです。

非常に簡潔に書きましたのでわからないことがあれば質問して下さい。

81 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 17:55 [ RftoCkys ]
>>80
その団体は、霊的に観ると邪神、邪霊の巣です。現実として現れている現象はストーカー
行為でしょうが、その裏には霊的な攻撃が隠れています。
病気ではありません。ご家族を巻き込むのにも理由があります。
どうもその霊団は、あなたとご主人を別れさせたいようです。最終目的はそれなんです。
なんで別れさせたいのかというと、あなたとご主人というカップルは、ある霊的な使命
を帯びており(もちろん今現在は気付かれていないでしょうし、その内容は分からなくても
いいんです)それをするにはお二人が「夫婦」であることがもっとも有効なんです。
だから別れさせたい。それを妨害したいし阻止したい。
それで姑さんは、じつはその霊団から操られています。あなたとうまくいっていないから
その役目にうってつけ。話して分かる相手だと思わないでください。信じてもらう必要
などありません。もう姑さんに入っていたものは処理しました。でも処理しても、あなた
を「理解」できる人ではないんです。だから冷静に、振り回されないように気をつけて
ください。
それで、できるかぎりの霊的処理を行いました。あとは様子を見てください。なにか
ありましたら、すぐに書き込みしてください。

82 名前: 66 投稿日: 2004/11/24(水) 17:55 [ EYpNPAmE ]
bluebird様
66です。
実はココは職場でアクセスしています。(仕事しろ!!)
もう帰宅しなければなりません。
今自宅ではネットつなげてませんので
次ここに来るのは明日になります。

83 名前: 66 投稿日: 2004/11/24(水) 18:07 [ EYpNPAmE ]
bluebird様
入れ違いでした。
80番読みました。
なんてお礼を言ったらいいかわかりません。
感謝してもしきれません。
ありがとうございました。
bluebird様と神様に大変感謝しております。
なんだかとても興奮しており言葉がでてきません。
とりあえず帰って落ち着いたらよく考えてから
また明日朝にでもお礼やその他のレスをupします。
本日はこれで。お礼のみにて失礼します。
ありがとうございました。

84 名前: 42 投稿日: 2004/11/24(水) 18:33 [ Ye1SNh.o ]
>>60=bluebirdさん
良かったわー、私の考えすぎでしたね。
>私は負の影響など受けません。そんなヤワな人間ではありません(笑)。
あはは(恥ずかしいー)、本当にそうなんですね。一安心しました。w
お札と子どもへの対処の件(他にも鏡と勾玉)についても、アドバイスを下さり
ありがとうございます。 勾玉は気になる物があるので、明日購入します。

>剣も持っています(目に見えませんが)
「持っているつもり」で試してみましたが、果物ナイフくらいの大きさを感じます。
これは「今のおみゃーさんの力ではこの程度の大きさだよ」と言われているような
気がします。 
頂ける物はどんな物(悪い物はイヤン)でもOKなので、有り難く頂戴します。

>どうしても私とのやり取りを続ける場合は、かなりマニアックw
というか、、突っ込んだハナシになってきますので、そのあたりはどうぞ気になさら
ないでください。
はい、了解しました。 

>神さまが42さんに直接ご警告なさったのです。
ご警告を頂けるようになるなんて…とても有り難い事だと思います。
ですが、私の本質は「にちゃんねらー+ヒキ」なので、これを忘れないように
心に留めておきたいと考えています。
せっかく来て下さった神様達には申し訳ないけれど、これを忘れると暴走しそう。(苦笑)

85 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 18:33 [ RftoCkys ]
>>花束さん
メッセージが来ました。
「あしたから、はじまる。
 訓練。
 意識下で行われる。
 その心づもりだけしておきなさい。」
以前にメッセージを降ろされた守護神さまからです。
眠ってる間になにかの訓練がはじまるそうです。
記憶にもほとんど残らないはずです。
トライしてみてください。

86 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/24(水) 18:39 [ RftoCkys ]
>>84さん
42さんもそろそろHNをw。

>これは「今のおみゃーさんの力ではこの程度の大きさだよ」と言われているような
気がします。

そうだそうです。だんだんに慣らして、うまく使えるようになったら、その剣がだんだんと
大きくなっていくのだそうです。
 
>せっかく来て下さった神様達には申し訳ないけれど、これを忘れると暴走しそう。(苦笑)

なんだか「暴走していいよ」と神さまが小声でおっしゃっているような(笑)。
いい意味での「暴走」ですね(^_^;)。

87 名前: 42 投稿日: 2004/11/24(水) 18:39 [ Ye1SNh.o ]
>>73=bluebirdさん
>42さんにメッセージきました。
伝えて下さった事、本当にありがとうございます。
私が苦しい時に励ましてくれた友人達(しかしテレパスばかりって…。多分私が
サトラレチャソだからなんだろうな)がいて、「彼らに何か出来ればいいな」と
何時も思っていました。
やっと彼らに出来る事が一つ出来て、とても嬉しいです。

88 名前: 42改めアヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/24(水) 18:51 [ Ye1SNh.o ]
調子に乗って、HNつけてみました。

>>62=くるり(前スレ969)さん
くるりさんの文章を読むと、晴れ上がりの虹が思い浮かぶんですよ。
「あーっ、いいなーーーっ。光のイメージを読み手に与える事が出来るなんて」と
心から羨ましく思っております。
そんな私の愛読書は西原理恵子(何故今書く?空気嫁と一人突っ込み)

>>78=花束さん
いらっしゃーい。私がこちらに来るきっかけになって下さった方なので、
心よりお待ちしておりました。
これからも一つよろしくお願いします。

>>66
つい数日前に、私も姑と宗教絡みでbluebirdさんにお世話になったばかり
なんですよ。
66さんに、周りを取り巻く暗やみを祓う力が目覚めますように。

89 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/24(水) 19:05 [ Ye1SNh.o ]
○ 雨上がり
× 晴れ上がり  間違えてしまったよママン

>86=bluebirdさん
>そうだそうです。
ありがとうございます。まるでCPさくらのケロちゃんのようだ…。
(オタ発言失礼しました)

>なんだか「暴走していいよ」と神さまが小声でおっしゃっているような(笑)。
えっとー、四輪の仮免許の時、初めて路上に出た私に先生が「周囲に合わせて
走ってごらん」が仰り、それを良い事に70キロを出して後でこっぴどく怒られた
クチなので、暴走は面白そうだけど……ここはあえて我慢します。(w

90 名前: 前スレ969 投稿日: 2004/11/24(水) 19:17 [ E9EPtiEI ]
アヒャヒャさん、
ありがとうございます。
自分は幼稚なのでそのせいでしょう。と困った発言をしてみるw
今日は携帯からの書き込みばかりで文章力も一段と下がっていましたし。
(元々こんなものですがw)
会社には一応ネット環境があるのですが、監視下にあるのでうかつに
私用には使えないのですよ。こわーい人たちがログをとっているのですw
色々大変そうですが、頑張ってください。
アヒャヒャさんはお子さんのことを「子ども」とよんでらっしゃいますよね。
「子供」ではなく「子ども」です。
お子さんのことを大事になさっているのですね。それでは。

91 名前: くるり 投稿日: 2004/11/24(水) 19:18 [ E9EPtiEI ]
以前のが残ってました。↑上のはくるりです(^^;

92 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/24(水) 23:16 [ Ye1SNh.o ]
>90=くるりさん
やーね。最近涙もろいらしく、目頭が熱くなっています。
優しいお言葉ありがトン。

職場に年上でイヤーな人がいた場合、お腹の中で「もしかして更年期でっか?」と
独り言を思うのも有りかも…と書いてみます。(男性にも更年期があるらしい)
けれど、くるりさんのはそんな可愛いレベルではないのでしょうね。スレ汚しスマソ

93 名前: くるり 投稿日: 2004/11/24(水) 23:53 [ E9EPtiEI ]
>>92=アヒャヒャさん
職場の人たちはみんないい人ばかりですよ(^^)
私は好意さえ感じています。
それなのに、「怖い感じ」とか「怒り」とかが私の感情とは別のところから
やってくるのです←この表現あほっぽいですねw
「邪霊」に吹き込まれているのか、と思った所以もこの事からです。
もっとも納得いかなかったのは、彼氏にプロポーズされたときの
「うん」と答えた後に襲ってきた「怒り」です。
彼氏から誘われるときなんかもこれと同じ類のものを感じるのです。
主にメールで誘われるのですが、メールが来たことに気付かなくても
その感じがして、後からみるとその時間帯に誘われている、ということが
多々ありまして。
でも今日bluebirdさんとやり取りをしていて、
この感じは私が悪いものだと決め付けているだけで、
本当はそうじゃないのかもしれないと思うようになってきました。
そうであってほしいです。

94 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 02:22 [ 3fPeU6Gk ]
>>85
bluebirdさん
お伝えいただきありがとうございます。
神様が、言葉で私がそれを知ることを許可してくださったことにも、感謝いたします。
日付がかわったので今日からですね(笑)

訓練は、まさに記憶にも残らないような予備訓練(?)をここ一週間していたので、いよいよ本番が始まるのでしょうか?
心積もりし、意識下で、まったり頑張ります(笑)

あ、あれから時々、指輪が助けてくれるような気がします。
私のすることを、補助してくれるような、時には導いてくれるような。
でも頑張るのは、あくまで自分なんだなーって思ってます。
私を一人にしない全てに感謝。

>>88
アヒャさん
こちらこそよろしくです。
アヒャさんに起こっている静かだけど、ドラマチックな日常、ネットごしに応援しています。
すると、なんだか好きになってるから不思議です。
貴女とご家族と、何よりお子さんに、よい毎日と未来がありますように。

95 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 07:40 [ TytyQr1. ]
おはようございます。

>くるりさん
>>それなのに、「怖い感じ」とか「怒り」とかが私の感情とは別のところから
やってくるのです←この表現あほっぽいですねw

あほっぽくないですよ(苦笑)。こういうことは実はだれにでも頻繁に「起こっている」
ことなんです。ただみんなそれを意識化できないだけ。それに気づけるくるりさんは
とても敏感で、それでいて、ある意味冷静な部分も持っているんです。

>「邪霊」に吹き込まれているのか、と思った所以もこの事からです。

「吹き込まれて」いるんではないんです。くるりさんに「入れられて」いるのではなく
くるりさんがそれをサトッテしまうんです。邪霊の持つ感情を、感じ取ってしまった。
それは邪霊が意図してやったら「吹き込み」なんですけど、邪霊は意図してなくて、
というかうっかりしてて(爆)くるりさんに「読みとられて」しまったんです。
じつはくるりさんのほうが、そこで活動してた邪霊よりも「うわて」だったのですよ(笑)。
といっても、邪霊にもいろんなレベルのものが居ますので、いつもくるりさんが「うわて」
になれるとは限りません。

>もっとも納得いかなかったのは、彼氏にプロポーズされたときの
「うん」と答えた後に襲ってきた「怒り」です。
彼氏から誘われるときなんかもこれと同じ類のものを感じるのです。

これは、くるりさんの感情ではありません。くるりさんと彼氏との結婚を邪魔したいと
思っている邪神がいます。
その邪神の感情をダイレクトにくるりさんが感じ取っている。
ここでもその邪神は、それをくるりさんに「吹き込もう」としているわけではないのです。
しかしくるりさんのセンサー?wが優れているので、それを感知してしまったんです。

その彼氏との結婚はよいと思いますよ。
「邪神の影響をわたしも彼も、わたしたちの家族も受けないようにお願いします」と
毎日神さまにお願いしてみてください。

96 名前: 66 投稿日: 2004/11/25(木) 08:50 [ .2eDzOh2 ]
>bluebird様
昨日は私の問題に対していろいろと対処してくださって
ありがとうございます。

>その団体は、霊的に観ると邪神、邪霊の巣です。
そうなんですか。
やってる行動をみるとマトモじゃないとは
思ってましたけど。でも中にはほんとにいい方も
いらっしゃるんですよ。なんか複雑です。

>あなたとご主人というカップルは、ある霊的な使命
を帯びており(もちろん今現在は気付かれていないでしょうし、その内容は分からなくても
いいんです)
私たち夫婦の指命についてはあまり考えないことにします。
いつかわかる時がくるのでしょうね。
そういうことを聞くと、簡単に別れてはいけないんだと
思います。また、私は旦那に対して結構わがまま放題な
ところがあり、それをずっと受け止めていてくれた主人に
対して改めて感謝ということでしょうか。
姑に対しては結婚当初から確執があり、
それが今回で大爆発したという感じです。
どこの家でもよくある嫁姑問題ですけど、
この頃特に姑の発言は異常でした。
何となく納得です。
姑に対しては、がんばってうまく立ち回るように
します。
ところで、数日前に姑の夢を見たのですが、
その夢が、私が馬乗りになって姑をナイフのようなもので
刺すという場面なのです。この夢はただの夢なのか、
予知夢なのか(あり得ないと思うが)、私の抑圧された
隠された願望なのか、それとも前世の姿の一場面なのか?
夢の内容が内容だけに考え込んでしまいました。
意味があるなら教えていただけると
有り難いです。ただの夢であってほしいです。

昨晩は頭痛がひどくまた、胃のあたりがむかむかと
非常に体調が悪かったのですが、たぶん風邪ですよね。
それから、就寝前布団でフワフワとした不思議な感じ、ちょうど
適量のお酒を飲んでほろ酔い気分と言う感じでしょうか。
そんな感じがずっとしてちょっと怖かったです。

昨晩はbluebirdさんのところに降りていって下さった
ご先祖さま10人のことを思い、お水とお酒を差し上げました。
10人分のコップ用意できないし、後でたくさん洗うの面倒と思い、
お水一つお酒一つにしてしまったけど(このあたり思いきり俗人でしょ)
お礼のつもりなんです。

bluebirdさん、神様、そして10人のご先祖様達に感謝。

そして、これをROMしていて心配してくださった方たちに
対して感謝します。

97 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 09:49 [ TytyQr1. ]
>66さん

>>やってる行動をみるとマトモじゃないとは
思ってましたけど。でも中にはほんとにいい方も
いらっしゃるんですよ。なんか複雑です。

邪神や邪霊が後ろに居るとどんなに「いいひと」そうに見えても、結果的にあちらの
都合の良いように「使われてしまう」場合があります。その人は「いいひと」ではある
けど洞察力のある人ではありません。そういう意味では自業自得。
べつに邪険にする必要はないですが、、まぁ、そういう人なんだな、って思っておく
ことは必要かも。そういう人は、余程本人が真剣に変わるつもりになり、実際に変わらないと
同じことを繰り返します。べつの邪なものの影響もかんたんに受ける可能性あり。
ほどほどにお付き合いしましょう(苦笑)。

>私たち夫婦の指命についてはあまり考えないことにします。
いつかわかる時がくるのでしょうね。

はい。考えなくていいです。わかる時も(少なくとも生きている間は)きません。
意識下で行われる役目です。ですから考えずに、ごくふつうに生活し、ごくふつうに
人生を歩んでください。それだけでいいんです。

>そういうことを聞くと、簡単に別れてはいけないんだと
思います。

はい。別れないように努力してください。

>姑に対しては結婚当初から確執があり、
それが今回で大爆発したという感じです。
どこの家でもよくある嫁姑問題ですけど、

たいていの場合は「どこの家でもよくあるヨメ姑問題」なんですよ。ここをロムされてるかた
で、「あらやだ、うちも66さんちみたいな理由でうまくいかないのかしら?」とか思わないで
ください(爆)。66さんケースは滅多にないことです。ふつうは「よくあるヨメ姑問題」に
過ぎません。アヒャヒャさんのケースも特殊。

>この頃特に姑の発言は異常でした。
何となく納得です。

その「異常さ」を覚えておいてください。操られると、そんなふうになるんだ、っていう
とっても良い「見本」でございます(笑)。

>ところで、数日前に姑の夢を見たのですが、
その夢が、私が馬乗りになって姑をナイフのようなもので
刺すという場面なのです。この夢はただの夢なのか、
予知夢なのか(あり得ないと思うが)、私の抑圧された
隠された願望なのか、それとも前世の姿の一場面なのか?
夢の内容が内容だけに考え込んでしまいました。

これがですね、「教えられない」とおっしゃいます。自分で考えなさい、とおっしゃっています。
なので、いろいろと考えてみてください。
リアルには起こりませんよ。その点はご心配なく。ただ霊的な意味はある夢です。

>昨晩は頭痛がひどくまた、胃のあたりがむかむかと
非常に体調が悪かったのですが、たぶん風邪ですよね。

風邪ではなく、祓いを行っていました。わたしが(笑)。すいませんね、きつかったですか?
でも、これであなたの中も完全にクリーンになりました。
66さんの中にも悪いものが入り込んでいたんです。

>それから、就寝前布団でフワフワとした不思議な感じ、ちょうど
適量のお酒を飲んでほろ酔い気分と言う感じでしょうか。
そんな感じがずっとしてちょっと怖かったです。

これは祓いが終わって、軽くなったから、それを体感されたんですよ。たくさん入ってたです。
なので、怖くないですw。

>ご先祖さま10人のことを思い、お水とお酒を差し上げました。
10人分のコップ用意できないし、後でたくさん洗うの面倒と思い、
お水一つお酒一つにしてしまったけど(このあたり思いきり俗人でしょ)

それでじゅうぶんです。ご先祖さまはそのお気持ちを受け取っておられます。

98 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 09:57 [ TytyQr1. ]
>花束さん

>訓練は、まさに記憶にも残らないような予備訓練(?)をここ一週間していたので、

そうですw。よくご存知で(笑)。

>いよいよ本番が始まるのでしょうか?
心積もりし、意識下で、まったり頑張ります(笑)

はい、本番でございますw。まったり頑張ってください(笑)。

>でも頑張るのは、あくまで自分なんだなーって思ってます。

そうですよ。自分がなにかを意図し、やろうとするから、サポートもできるのであって、
なにもしようとしない人にはサポートもしようがないですね。
神さまの助けを得たから、なにもかも(努力せずとも)うまくいく、というのはただの
「かんちがい」にすぎません。

99 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 10:56 [ wtxSe0A. ]
>>95=buluebirdさん
レスをありがとうございます。
敏感というか、そういうものに波長があってしまったのでしょうか?
邪霊・邪神の類で本当に良かったと思います。
お祈りします。
惑わされないようにしたいと思います。

100 名前: 66 投稿日: 2004/11/25(木) 11:13 [ .2eDzOh2 ]
bluebird様

昨晩の頭痛と胃のむかつきは悪いものを祓って下さって
いたんですね。
ホントにありがとうございます。
悪いものがたくさん入っていたと聞いて、
そのうちのいくつぐらいが私自身が引き寄せたもの
であったのかと思います。
自分でコントロールできないぐらいネガティブな感情に
なることもよくあり、そういう感情が悪いものをより
引き寄せていたと思います。
せっかくクリーンにしていただいたので
また、悪いものが来ないように生きなければと思います。
でももう遅いかも。今朝も例の団体の攻撃にあったので
小声で「あほか!」と言ってしまいました。
これもネガティブなことですよね。もう止めよう。
もうこれ以上自分で汚さないように気をつけます。

夢の意味もいろいろ考えてみます。
旦那との使命については何も考えず、ただ、一緒に
またーり人生をあるいていこうと思います。

いろいろ、ありがとうございました。
また、状況がかわりましたら書き込みます。




>はい。考えなくていいです。わかる時も(少なくとも生きている間は)きません。
意識下で行われる役目です。ですから考えずに、ごくふつうに生活し、ごくふつうに
人生を歩んでください。それだけでいいんです。

そうします。

101 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 12:56 [ TytyQr1. ]
>花束さん

「あちらに行ってはいけない。こちらに戻ってきなさい」
どこか邪なところから、誘惑?が来てるみたいですよ。だいじょぶですか?意識化できる?
それでね、意識化できたら、その邪なラインを自分で「切って」ください。
そして二度と繋がらないようにしてください。
それができるようになっています。やってみてください。そして、ここに報告してください。

102 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 13:08 [ TytyQr1. ]
>敏感というか、そういうものに波長があってしまったのでしょうか?

いえ。センサーが優れているので、感知できるのです。ほんとうにまるっきり波長
が合ったら、「意識する」ということはできません。「別のところからやってくる」
というのが、「意識している」状態です。
意識できなくなると、取り込まれる場合があります。だからそういうことに気をつけて
ください。感覚を磨く、というか。「いまのこの感情はほんとうに私のものなのか」
「私のものでないとしたら、どこから来ているか」を常に考える。
くるりさん、それができます。

103 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 13:31 [ IeUnznhM ]
>>102 bluebirdさん
わかりました。
せっかくなので感覚を磨いてみようと思います。
ゆっくりになると思いますが…。
ありがとうございます。

104 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 14:14 [ TytyQr1. ]
>今朝も例の団体の攻撃にあったので
小声で「あほか!」と言ってしまいました。

いいですよ、それぐらい言っても(笑)。そのようなことをされて怒りを感じるのは
当然のことです。怒っていいんですよ。抑え込まないでね。
ただし「怒っている自分」を常に意識すること。「怒ってる自分」を見ている、もう
ひとりの自分が居る、というかんじで。怒りに埋没しないように気をつける。
そんなかんじで怒りに呑み込まれなければ、いいですよ、怒ったって。

それで、もっともタチの悪い邪神、邪霊は完全に居なくなりました。ところがですね
嫌がらせをしてる人たちは霊層が非常に低くなってしまっている(66さんにそんなこと
するから、当たり前ですけど)ため、邪霊が居なくなったのを幸い、べつの低級霊が
入り込み始めています(強力な邪霊だったので、低級霊はそれまで入り込めなかった
いまや、邪霊が居なくなり、そして彼らは低級霊にとって最適な住みかwなので、次々に
入り込むのです)。そして彼らは魂低いままなので、いままでの意識の延長線上で、
嫌がらせを続けようとしています。
それら低級霊がすぐに祓われるようにお願いをしました。

これで様子を見てみてください。なにかありましたら、またお知らせください。

105 名前: 66 投稿日: 2004/11/25(木) 15:37 [ .2eDzOh2 ]
>>104 bluebird様
66です。

さらにありがとうございます。

「空いた場所に低級霊が入り込む」ですか。
なんと言ったらいいのか。
いたちごっこになりそうじゃないですか?

bluebirdさん。いくら神様がついていらしても
霊界とアクセスするとやはり疲れるのではないでしょうか?
無理なさらないで下さいね。
私に対する嫌がらせはもう数カ月も続いていますし、
すっかり馴れていますので、私は大丈夫です。
問題が完全に解決できるに越したことはないですが、
これからの生き方について方向性を見い出すことが
出来ただけでも有り難いと思っていますので、
無理なさらないでくださいね。
またーり進行でいいですから。

106 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 16:37 [ 3fPeU6Gk ]
朝からココに、うまくアクセスできなくて焦っていましたが、自己解決しました。
まずは、ほっ

>>98>>101
bluebirdさん

訓練初日から難題ですね…

>あちらに行ってはいけない

もしかして「夢占い」のことかしら?
オカルト板に来たわりには、オカルトにあまり興味のない私にとって、夢占いは唯一興味があるんですよ。
で、二年くらい本を読んだり、知識を貯えていたんです。
ずっと不器用で、人の診断ができなかった。
でも数日前、ふとしたきっかけで、急にスラスラ診断できるようになったんですね。
それで、腕試しをしたくて、ひとつ掲示板で夢診断のレスをしてみようかな…
なんて思ったのが今日でした。

夢診断自体は悪いものではないと思うのですが、夢診断を利用して他人を暴くのは「害」かもしれない。
たとえその意味を相手が知りたがっていたとしても。
…と、どこかで思ってはいたんです。

でも、自分の「今まで出来なかったものが、急に出来る気がしてきた」という変化を、本当かどうか確かめてみたいというエゴがありました。

私、間違っていたかもしれません。
邪なものに呼ばれていましたか?
(うーん、だとしても、私の弱さが招いた結果だなぁ)

「自分の良さを知るために、他人を踏み台にしてはいけない」
と脳裏に浮かびました。
私じゃない誰かから説教された気分です。
これからじっくり反省しよう。

夢占い自体を封印すべきなのか、使う時期と必要がある時を待つべきなのか、これから考えたいと思います。
私の邪が、まだ切れていませんでしたら、教えてくださいませ。
ほかの心当たりはありませんが、また意識してみます。

107 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 16:48 [ TytyQr1. ]
>>66

>「空いた場所に低級霊が入り込む」ですか。
なんと言ったらいいのか。
いたちごっこになりそうじゃないですか?

そういうもんなんですよ。だから、いくら祓いをしてもらっても、ご本人の心境(この場合は
嫌がらせをしてる人たちの心境)が変わらなければ、いたちごっこなんです。
いろんなところにいろんな邪な存在がいますから。出しても出しても、また低いものを
惹きつけて入れちゃうんですよ。

ただね、ワタクシ、じつはいろーんなことができるので、ちょっとモニョなことwをやってみ
ました。せっかくなんで、実験をさせてください(笑)。いえ、決してあちら側に危害
を加えるようなことではありません。どの程度のことが、どれぐらいできるか、をわたし
自身もちょっとチェックしてみたいのです。
効果あったらいいなー。。。またどんなかんじか書いてくださいね。モニョなメソッドを
たくさん持っているのです。ご報告に応じて、いろいろやってみるから。

>霊界とアクセスするとやはり疲れるのではないでしょうか?

ふつうはそうみたいです。でもわたしはちょっと違うんです。
だから気になさらなくていいですよ〜。祓いとかも家でお茶碗洗いながら、煮物作り
ながらできちゃうから(爆)。←しかし、エエ加減にはしてないですよw。

108 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 17:07 [ TytyQr1. ]
>>106
夢診断自体は悪くないです。それは良いのです、っていうか、、わたしの能力が
入っちゃったみたいです。

>夢診断を利用して他人を暴くのは「害」かもしれない。
たとえその意味を相手が知りたがっていたとしても。

いや、ご本人が同意のうえで、知らせてさしあげるのは構わないと思いますよ。
わたしもここではなく、クローズされた空間で夢診断やってますし。

>でも、自分の「今まで出来なかったものが、急に出来る気がしてきた」という変化を、
本当かどうか確かめてみたいというエゴがありました。

いや、確かめてください。できるようになっても、ある程度の経験とか訓練とかが必要
です。

>邪なものに呼ばれていましたか?

夢診断を行おうとした掲示板がまずい、ということなのです。
夢診断そのものでなくて、「場」がまずい。
つまり汚れた「場」なのです。その「場」の邪が呼んでいました。
汚れた場のなにがまずいのかというと、、花束さんがダメージを受けてしまうわけです。

よろしかったら、ここの掲示板でされてみたらいかがでしょうか?
ここはかなりクリーンな「場」にしてあります。

>「自分の良さを知るために、他人を踏み台にしてはいけない」
と脳裏に浮かびました。

これはわたしの守護神さまからですね。って・・・107カキコで「実験させて・うふ♪」って
言ってるアテクシがどうこう言えた立場じゃござーませんが(大笑い)。

要するに上の言葉を常に心に置きなさいね、ということだそうです。これはわたしにも
向けられている言葉です。ありがとうございます。
それを意識してやる、意識しないでやるのとでは、「やる」ことは同じでもずいぶん
霊的には変わってくるんです。
とても大切なことです。

>夢占い自体を封印すべきなのか、使う時期と必要がある時を待つ
べきなのか、これから考えたいと思います。

いえ、使ってください。神さまから許可を得て、花束さんにその能力が入ったのです。
守護神さまは、「使っていいんだけど、これが注意事項だよ」と、おっしゃりたかった
そうです。

>私の邪が、まだ切れていませんでしたら、教えてくださいませ。

切れています。二度と繋がらないようになっています。この試験は合格(笑)。

109 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 17:07 [ 3fPeU6Gk ]
>そして二度と繋がらないようにしてください。

「夢占いをしたい」という欲で、他人を踏み台にするのは嫌だ。
それを切ることは、できる。
私に踏み台にされた人、ごめんなさい。

でも「他人の期待に添いたい」という欲がある…
こんな欲も、本当はきっとくだらない。
差し出すべき花束は、期待に添って、私が好かれるための道具じゃないんだから。

でも友人に「夢占いしてよ」って頼まれたら、きっと私はしてあげたくなる。
断ると相手が残念そうな顔をすると思うと、断る言葉が浮かばなくなる。

悩めよ、自分。
こんな小さな問題で、難しいと思ってる(笑)

しばらく悩みます。
何か必要があれば、言葉をください。
真剣に受け取りますから。

110 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 17:14 [ 3fPeU6Gk ]
うをををを!
悩んだことは無駄じゃなかったけど、合格もらってるっ(驚)

やった場所が悪かったですか。
納得しました。

お借りした力は、大事に使わせていただきます。
当たるので自分でも驚いていました。

今日はいろいろなエゴに気付きました。
すべての欲を捨てるのではなく、悪いことに気付いた数だけ、ゆっくり捨てていけばいいんですね。

本当に、ありがとうございました。
いつかとびきり綺麗な花束を作り、みんなに、あなたに捧げられますように。

111 名前: 66 投稿日: 2004/11/25(木) 17:15 [ .2eDzOh2 ]
>>107
bluebird様
66です。
>モニョなメソッドを
>たくさん持っているのです。

ドラえもんのポケットの様ですね。
それでは安心してお任せいたします。
よろしくお願いします。
ではまた報告させていただきます。

112 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 17:41 [ 3fPeU6Gk ]
連投に近いことしてすいません(汗)
これで区切りにします。

自分のために他人を踏み台にしてはならないが、そうするときは意識すること。
力はお借りしたものであること。
使うには訓練が必要であること。
よい場とわるい場があること。
わるい場を避けるのは、自分を守るためであること。
ここをお借りして夢診断してもいいこと。

いろいろ教えていただきました(涙)
どれも有り難いです。
bluebirdさんの胸をお借りして、この良い場で花束の夢診断をさせていただこうかな。
私は未熟だから間違うかもしれないけど、致命的なミスで依頼者に迷惑をかける前に、bluebirdさんがなおしてくれそうですし(笑)←他力本願ダメですか?

でも、本当に夢診断はしてみようと思います。
皆さんへ、私のささやかな恩返し。
夢占いは、ちょっとスレタイの「超能力」とは違う気もしますが…スレの本来の能力を失わない程度の頻度の依頼であれば、丁寧に対処するつもりです。

…では、気になる夢があれば呼んでください。
私の訓練でもあるので、精度はまだまだたりないかもしれませんが、それでもよろしければ(笑)

113 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 18:10 [ TytyQr1. ]
>66さん
「心配しなくて良い」
だそうですw。これは、、ある神さまからのご伝言です。

114 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 18:31 [ jGT7lNVM ]
>>93=くるりさん
うわ〜、事情を知らなかったとは言え、外したレスをしてしまい失礼しました。
私は霊的な事は相変わらず分からないのですが、彼氏とますます仲良くなれますように。

115 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 18:40 [ jGT7lNVM ]
>>112=94=花束さん
>94で嬉しくなるようなお言葉をいただき、ありがとうございます。
さて、夢占いをなさるとの事なので、面白そうなネタを書きます。
勿論、bluebirdさんや他の方々を優先していただくとして…、もしお時間に
余裕がありましたら是非お願いします。
なお、↓は私の夢です。(あまりに特徴的だから、そのままコピペしました。
どこに書き込んだかが一発でばれてしまう所がミソ(藁)

7 :本当にあった怖い名無し :sage :04/11/12 08:17:03 ID:H1Lb38vX
(前略)
【夢をみた時期】 昨日の早朝
【その他】 実は過去に何度か見た夢ですが、あまりリアルでなく、恐怖もなかった。
【夢の内容】
時はフランス革命の時代(所謂恐怖政治の頃)らしい。
私は誘導されて断頭台に立つが、恐怖はあまり感じない。
(淡々として「何時かは死ぬのだから、まぁいっかー」というノリ)
すでに二人が刑に処され、「次は私の番だな」と思いながら、小太鼓の音を聞く。
サクッと終えた後、体から自分がスーッと抜けて「さて次はどんな楽しい事を
しようかな?」と思いながら何処かへ行こうとする。
ここで目が覚めましたが、妙に頭の中がクリアになったような爽快感が
ありました。(こんな夢なのに、この感じ方が不思議でならない) (後略)

……もしかすると、先週からの怒濤の出来事を意味していたのだろうか?と
ふと思う私。 もしそうだとするならば、夢占いは奥が深いですね。

116 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 18:46 [ jGT7lNVM ]
>花束さん
実はすでに診断済みなのですが、今ふと思い浮かんだので書きました。
なので、「もし興味が出ましたら」でOKなので、診断無しでもいいですよ。

117 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 19:09 [ 3fPeU6Gk ]
>>115>>116
アヒャヒャさん

興味はありありなのですが、その夢解きは別の方の解説までリアルタイムでみてしまってます(笑)
不思議な縁ですね。
というのも…

実は私も同じ頃、「首をかかれるならそれまでか」と思いながら、織田信長に首をばっさりはねられ「妙にさっぱりした」という夢を見たのです。
そこで、某所のアヒャヒャさんの書き込みを目にして、解説がくるのを心待ちにしていました。
「同じ首をはねられる夢だ!」とね。
(その時の私は、今より、夢解きが苦手だったので、自分では解釈しませんでした)

きっとこの怒濤の出来事を指していると思います。
私の夢もそうでした(笑)
彼の地でされた診断は間違っていないと思うので、あえて私がする必要はないかとも思うのですが…
書けることがあって、書いた方がいいように感じたので、やります。
(…最初はやらない予定だったのですが、何かが私を突き動かしました。なんだろう。笑)

夢の中の「死」は、精神的な生まれ変わりです。
「首」は感情と理性が交わるところ・中枢を支えるところ、という意味があります。
感情と理性の間にあるわだかまりを断ち、新しいアヒャヒャさんになる暗示です。
当たり前のように続いた恐怖から、楽しさへの革命がおこっています。
それはアヒャヒャさんだからこそできた、革命ですね。

118 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 19:48 [ jGT7lNVM ]
>117=花束さん
丁寧に解説をしていただき、ありがとうございます。
某所での解説を疑っていた訳ではなく、むしろ「へぇー(×3)」と納得して
いました。
単に今の私に夢のストックが無かったので、面白半分(ネタ要員)に書きました。
けれど、不思議ですね。
まさかあれを花束さんがご覧になっているとは夢にも思わなかったし、ましてや
同じような夢をご覧になっていたなんて、私の想像を遥かに超えています。
革命か………今までの価値観があっさり崩壊しても、ちゃんとお腹は空くし、
眠れるから、全然不安を感じないです。(母は強し、とはよく言ったものだわ)

この事は恐らく、花束さんに「もっと自信を持ってもいいんだよ♪」という意味が
込められているような気がします。
花束さんに直接夢解きをお願いする人は、きっと花束さんが思うほど
(「花束さんから答えが得られなくても別にいいや」と思うような)深刻さを
あまり持たない、気軽なノリで聞いてくるのではないか?という気がします。
「私は何となくそう思った」だけで、根拠は全く無いですが、こういう感想も
ありますよ、という事をお伝えしたくなったので、書きますね。

それにしても、ホント不思議ですね。@へぇーボタン連打中

119 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 20:00 [ jGT7lNVM ]
あちらに書き込めたら、改めて夢解きをして下さった方にお礼を述べられるのに、
規制中(自力で解除しようとして失敗しました_| ̄|○)故、ここから
感謝の意を捧げます。
なんなのよ、PROXY規制なんて。うちは違うのにっ! スレ汚しスマソ

120 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 20:02 [ jGT7lNVM ]
あちらに書き込めたら、改めて夢解きをして下さった方にお礼を述べられるのに、
規制中(自力で解除しようとして失敗しました_| ̄|○)故、ここから
感謝の意を捧げます。
(※何度かレス代行を依頼した事がありますが、別の人に悪用されたので、その方に
ご迷惑をかけたくないです)
なんなのよ、PROXY規制中だなんて。心当たりは全く無いのにっ! スレ汚しスマソ

121 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/25(木) 20:03 [ jGT7lNVM ]
あれ?二重書き込みになっている。 失礼しました。

122 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 20:10 [ F6tifZlM ]
bluebirdさん
勝手に今日のご報告です。
今日の怖かった率は3割ぐらいでしたw
前からなのですが、喉元あたりに前面から押し寄せてくる感じがあるのですが、
「怖かった感じ」とは別にそれを2,3度感じました。
これは以前色々調べていたときに、「邪霊は前から、正霊・神は前面から感じる」
とあって、それを意識しだしてから感じるようになったので、
それに影響されているのかもしれません。
いつもは退社すると比較的楽になるのですが、今日は退社してからも
退社してからの方がいっそう強く、何かを感じます。
「怖いもの」ではありません。なにか胸騒ぎです。
でもこうして書いている間は治まっています。

123 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 20:11 [ F6tifZlM ]
×これは以前色々調べていたときに、「邪霊は前から、正霊・神は前面から感じる」
○邪霊は背面から、正霊・神は前面から
ですね。すみません。

124 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 20:34 [ TytyQr1. ]
>花束さん

夢診断オールオッケーです。突き動かされたのは神さまです。ここをオブザーブしてく
ださっている神さまが居られて、そのかたがそのように思わせておられました。
それに、夢診断能力だって、超能力の一種ですがな(笑)。

>今日はいろいろなエゴに気付きました。
すべての欲を捨てるのではなく、悪いことに気付いた数だけ、ゆっくり捨てていけばいいんですね。

そうなのです。欲だって使いよう、なんです。考えてくださいねー。わたしだって、
いまもたくさん宿題が出されるんですよ〜(汗)。考えて考えて考えて、答えを言ったり
あるいは言葉や感情がわき上がってきたり、それらをすべてご覧になって、ひとつひとつ
段階を上っていくんです。一回間違えたからといって、叱られたりはしません。
しかし何回も注意を受け、それでも改まらなかったら、非常に厳しい処置をお取りになる
こともあります。

それで「踏み台」にするということについて、もうすこし。
踏み台にするというのは、その人の上を踏んで、踏ませていただいてこちらが上の段階
に行っているのに、、その踏み台はそのままそこに放置する、というかんじで捉えて
ください。つまりその人にお世話になったのに、お礼も言わずあるいは、誠意もみせず
という態度、ということです。
「おかげさまで」という気持ちを忘れない。自分でなにかそのかたのお役に立つことが
あるのなら、それを提供させていただく。自分になにも提供できることがなければ、提供
できることを必要とされている他のかたへ、お礼の気持ちをこめて、それを無償でさせて
いただく。
具体的にいうと、そんなかんじです。

125 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 21:17 [ TytyQr1. ]
>くるりさん
>これは以前色々調べていたときに、「邪霊は背面から、正霊・神は前面から感じる」
とあって、それを意識しだしてから感じるようになったので、
それに影響されているのかもしれません。

くるりさんの場合はそれで合っているようです。それを参考になさってください。
しかし、どなたの場合も上のように感じるということではないようです。

>いつもは退社すると比較的楽になるのですが、今日は退社してからも
退社してからの方がいっそう強く、何かを感じます。
「怖いもの」ではありません。なにか胸騒ぎです。

怖いもの、悪いもの、ではありません。くるりさんのハートチャクラから神さまが
お入りになりました。3体の神さま。その感覚を「胸騒ぎ」と感じておられるのです。
くるりさんの守護神さまになられます。

126 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 21:34 [ F6tifZlM ]
>>125=bluebirdさん
嘘のように、先ほどまでの胸騒ぎが消えてきました。
7割程度まで消えています。
ハートチャクラですか。なんだか、じわじわ温かい感じがします。
「粒子が細かい温かい気」みたいなものです。
私がこういうことを感じ出して、フロアに一人のひとが異動になって
やってくるまでw 頻繁に感じていたものです。
私はこれを「愛」だと勝手に解釈していましたw
神様・・・ありがたいことです。
でも、資格がなければすぐに出ていかれるのですよね?
なんか、不安です(^^;

bluebirdさんとお話をしていると自分がこういった事に関して
無知なことがよくわかります。
お勉強するつもりですが、ちょっと時間がかかります。
スローな私ですがw、お許しください。

127 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 21:42 [ TytyQr1. ]
>ハートチャクラですか。なんだか、じわじわ温かい感じがします。
「粒子が細かい温かい気」みたいなものです。

はい、それで合っています。3体のかた、みなさまそういう感じの気をお持ちなのです。

>私がこういうことを感じ出して、フロアに一人のひとが異動になって
やってくるまでw 頻繁に感じていたものです。

このときは、今日入られたうちの1体の神さまが、くるりさんにエネルギーだけ送って
おられたそうです。そのときから見守られていたんですよ。
くるりさんは、過去世で、その神さまとご縁がありました。

>私はこれを「愛」だと勝手に解釈していましたw

「愛」も含まれていました。ほかにも数種類のエネルギーが入っていたのだそうです。

>でも、資格がなければすぐに出ていかれるのですよね?
なんか、不安です(^^;

あまり緊張しなくてもだいじょうぶですよ。改めるべき点があれば、教えてくださる
はずです。
くるりさん、そのハートチャクラあたりに向かって、心の中でお話し掛けしてみてください。
コンタクトを取らせていただけるかもしれません。

128 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 21:54 [ F6tifZlM ]
>>127=bluebirdさん

>このときは、今日入られたうちの1体の神さまが、くるりさんにエネルギーだけ送って
おられたそうです。そのときから見守られていたんですよ。
くるりさんは、過去世で、その神さまとご縁がありました。

私はてっきり生身の人間からくるものだと思っていました。
前にも書きましたが、付き合いだした直後だったので。
実際、後から聞いた話なのですが、彼氏が好きだという私の体の部位が
この感じに包まれたことも頻繁にありましたし。

>そのハートチャクラあたりに向かって、心の中でお話し掛けしてみてください。
これは・・・なにを話し掛けてよいのやら。少し悩ませてくださいw

129 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/25(木) 22:06 [ TytyQr1. ]
>これは・・・なにを話し掛けてよいのやら。少し悩ませてくださいw

やっぱ「対人関係」の基本は挨拶からでしょう!(笑)
ご挨拶して、、質問したいことがあったら尋ねてみられたら?

130 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 22:22 [ F6tifZlM ]
>>129=bluebirdさん

難しいです(汗。感じることしかできないし、しかも感覚も磨かれてないので。
声が聞こえる、とかならわかりやすいのですが。
でも私の場合、声が聞こえても対処できなくなりそうなので
このままでもいいかなという気もします。

とりあえずなぜ入られたのか訊いてみました←失礼な質問?
お答えは、よくわかりません(^^;

131 名前: くるり 投稿日: 2004/11/25(木) 22:44 [ F6tifZlM ]
>>bluebirdさん
今日も色々とご教授いただきましてありがとうございました。
今は背中の肩辺りが冷たく細かい粒子で覆われています。
これを私は「心配」と解釈していますw
私は善人とはいえないので、なんだか心配ですが
できるだけ心を綺麗にしていたいと思います。それでは。

132 名前: 花束 投稿日: 2004/11/25(木) 23:52 [ 3fPeU6Gk ]
>bluebirdさん

踏み台については、私も考えていました。
このままでいいのか。
今も、これから先も。
>>124のお陰で、はっきりと成すべきことが分かりました。
まずは感謝。私を持ち上げてくれた方へ。
そして文字を書いたことで、私にいくぶんの責任も生まれたように思うので、それも誠意を持って清算する必要があったような。
そしてクリーンにしてから、必要があれば、また何かを成すべきだと思いました。

迷っていたのですが、某所で実質最後の診断と、お礼を述べてきました。

診断は名指しで頼まれたたのですが、断ることも容易であったように思います。
する前に「私はいかがいたしましょう?」と問いました。
「為せ」とあったように思い、はじめると…なぜか体が痛い。
「こりゃ、聞き間違ったかな」と思いながら診断を終えると、今度は体の中に「暖かいミスト状の滝」が、あらわれました。
頭の上から、座っている臀部までを洗い流すような感覚でした。
この感覚も結構長く続いたなぁ。
これは例によって例のごとく、bluebirdさんか私の神様が私を助けているんだな…と思いながら、投稿しました。

アヒャヒャさんをの夢を見たときは、何も痛くなかったのに、あそこではあんなに痛いなんて…
しかも、その痛みに最初は、ちっとも気付かないなんて、私ってなんて鈍感なんだろう。
あそこの人達は、本当に良い方達なのに、「場」はあまり良くないのだろうな、と実感…

神様、お助けいただきありがとうございました。
bluebirdさん、お導きありがとうございました。
感謝してもしたりない(笑)
どこかで無料奉仕して少しずつお返しします。

>>118
アヒャヒャさん、ありがとうございます。
私は、こう文章で見ると、堅い人間ですが…
かなり気楽でアッパラパーな人間です(笑)
でも、少し自信もって、相手の期待を過剰に受け取らないよーに気をつけますね。
こちらこそ、みせていただいて感謝です。

133 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 08:54 [ JmeUqSHQ ]
>66さん
「心配しなくて良い。明るい未来が待っている」
ときのうと同じ神さまが再度言っておられます。

134 名前: 66 投稿日: 2004/11/26(金) 08:56 [ 0baQFD1Q ]
>>113
bluebird様

>「心配しなくて良い」
だそうですw。これは、、ある神さまからのご伝言です。

ありがとうございました。
わかりました。
しばらくはのび太君のように
bleubirdさんと神様に頼り切ってしまいますが、
よろしくお願いします。

今朝なんですが、例の団体の人(もしくはそれに協力している人、
この辺、きちんと確認していないのでよくわからないのです。
全くの私の勘違いとういこともありえるのですが。
このごろ被害妄想ぎみなので。)
と出会ったのですが、いつもの態度とは違い、逃げるように私から
去っていきました。これも効果のひとつでしょうか?

135 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 09:21 [ JmeUqSHQ ]
>>134
>いつもの態度とは違い、逃げるように私から
去っていきました。これも効果のひとつでしょうか?

はい、そのようでございますw。
ご報告ありがとうございました。ちょびっとだけ自信がつきました(笑)。
あのでも、ひょっとして、、、もっと、その人に「愛想良く」してもらいたいですか?(^_^;)
うぅ、そこまで芸の細かいことは、ちょっと能力超えてますんで、ご勘弁を。

136 名前: 66 投稿日: 2004/11/26(金) 09:41 [ 0baQFD1Q ]
>>135
bluebird様

>あのでも、ひょっとして、、、もっと、その人に「愛想良く」してもらいたいですか?(^_^;)
うぅ、そこまで芸の細かいことは、ちょっと能力超えてますんで、ご勘弁を。

いえいえ。
そのような(団体の)方達とはもう関わりたくないので
それでいいです。
ありがとうございました。
また何かありましたら報告します。

137 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 10:00 [ JmeUqSHQ ]
>くるりさん
>今は背中の肩辺りが冷たく細かい粒子で覆われています。
これを私は「心配」と解釈していますw

はい、「心配」です。守護神さまが心配されています。くるりさんの人格wとかじゃ
なくて、霊的な防御の面をです。敏感なかただけに、すこしご心配だそうです。
もちろん守護神さまがたが守ってくださっています。くるりさんも、でも注意して
感覚を澄ませて、生活するようにしてくださいね。極度に不安を感じる必要はない
ですが。

138 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 10:12 [ JmeUqSHQ ]
>花束さん
>今度は体の中に「暖かいミスト状の滝」が、あらわれました。

神さまが悪いものを浄化してくださいました。

>しかも、その痛みに最初は、ちっとも気付かないなんて、私ってなんて鈍感なんだろう。
あそこの人達は、本当に良い方達なのに、「場」はあまり良くないのだろうな、と実感…

感じ取らせてくださったんです。それらを経験させられたのです。実感がともなうと
納得できるでしょ?神さまはよくそういうことをなさいます。

>相手の期待を過剰に受け取らないよーに気をつけますね。

そうですね。「自分が主」でありすぎてもいけないし、「相手が主」でありすぎても
いけない。本来は神のみこころに照らして、どうするのが一番良いか?を考えるべき
なんだと思います。
自分が評価を得たいため、ではまちがい。「相手のため」のはずが、いつのまにか「すりか
わってしまう」ことがあります。
あと相手に極度に依存させたり、相手の霊性を高める方向にいかないのもまずい。
本来自分の人生は自分で切り開くというのが原則です。
しかしいろいろなことが生きていくうえではあるので、助けを必要としておられるかた
に神さまは手を差し伸べようとしておられます。
しかし、それはその人自身がすべきことをなさっている場合において、なのですね。
自分の怠慢を棚にあげて「助けてくれ」は通用しません。

夢診断を含めたアドバイス的なことも同じです。
相手の霊的な向上を助ける、というのを第一の目標に掲げる。
その夢の診断を聞かせることが相手の向上に繋がらないのであれば、不満な顔をされても
聞かせてはいけないのです。
そうしたご判断はやはり神さまにしていただくのが一番良いので、診断前に神さまに
伺いをたてるようになさると良いわけです。

そもそも神さまのみ力というのが、超能力の種というか、オリジンなのですね。
ですから、みこころにかなった使い方をするのが大前提となります。
もちろんずれた場合は、ご注意が来ます。それで反省し、改めればオッケー。しかし
度重なる注意も聞き入れない、という場合は、「取り上げ」ということが起こり得ます。

139 名前: くるり 投稿日: 2004/11/26(金) 10:46 [ cQyk86QE ]
>bluebirdさん
昨夜はありがとうございました。
あれから、はっかあめ舐めてるように胸がすーっとしたりしていたのですが
今朝は会社に着いてから胸の辺りが熱くなって驚きました。
この感覚は初めてです。(今は消えてますが)
あれから色々考えてみて神様がこられた理由がなんとなくわかったような気がしました。
アドバイスありがとうございます。
邪霊・邪神に負けないように(笑)、頑張ります。

140 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 10:54 [ JmeUqSHQ ]
>>139
>今朝は会社に着いてから胸の辺りが熱くなって驚きました。
この感覚は初めてです。(今は消えてますが)

それは私のエネルギーのようです。意識下でやっているため、言われて初めて分かる(爆)。
私のエネがくるりさんのハートにダイレクトに入りました。
それは「光」です。

141 名前: くるり 投稿日: 2004/11/26(金) 11:19 [ cQyk86QE ]
>>140=bluebirdさん
今もちょっと暖かいです。
bluebirdさんのエネルギーだったんですね。
以前とは感じ方が変わっています。
これはまさに『光』ですね。まるで日光浴をしているようです。

142 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 17:31 [ JmeUqSHQ ]
>花束さん
「華(はな)」
華やかな雰囲気を身につけなさい。
・・・とメッセージ来ました。

143 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 17:33 [ JmeUqSHQ ]
>66さん
「克己心を持つように」
だそうです。自制心ということですね。

144 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 17:35 [ JmeUqSHQ ]
>くるりさん
「花瓶に花を生けるとよい」
だそうです。

145 名前: 花束 投稿日: 2004/11/26(金) 17:40 [ fJAJnD0g ]
>>138
bluebirdさん

神様っていい先生ですね(笑)

138の文章を、朝から、何度も読み返しています。
読むたびに何かを学んでいるような…。
亀の歩みですね。

神様は私に「源」となる種を撒き、どのように育つか見ていらっしゃるのですね。
私がアホなことを続けたら、どうぞそれは摘み取ってください。
でも、教えられたことは、逃さないで学びたいという欲もあります(笑)
ちゃんと育てたい。

最近いろいろな夢を見ます。
「スピードを出すな、怪我はしないが、失敗をする」
という内容でした。
ゆっくり種を育めとのお達しですかね。

くるりさんと、66さんの状況が好転していることを、喜ばしく思っています。
私よりも余程辛い状況なのに、お二人はひとに頼りすぎず、助けに感謝し…
素敵な人だなぁ、と感じながら。

146 名前: 花束 投稿日: 2004/11/26(金) 17:45 [ fJAJnD0g ]
投稿したら、bluebirdさんがいたー(笑)
華…ですか。
最近、ちょっとそのへんおろそかだったかも。
神様を心配させてしまった。
近々、髪でも切ろう。
それから、綺麗な色を身につけよう。

精神的にも、「落ち着こうかな」と思っていたのですが、
華やかな色合いを心に咲かせたいですね。

お伝え頂きありがとうございました。

147 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/26(金) 21:15 [ JmeUqSHQ ]
>アヒャさん
「繰り返していることがあるだろう。
 それがなにか気付きなさい」
だそうです。

148 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/26(金) 21:28 [ jEgipcLA ]
うがっ

149 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/26(金) 21:29 [ 0o56HPEk ]
>147=bluebirdさん
あぁぁ、つい2chへ逃避していました>やっぱりバレていましたか。
「やってみそ♪」というイメージが思い浮かぶのですが、人間(私)の
傲慢さを突きつけられる内容なので、ついつい娯楽へと(ry
神様、私は次世代(我が子ではない)の育成をしたいです…。

150 名前:投稿日: 2004/11/26(金) 23:00 [ CNKG0zy2 ]
bluebirdさん はじめまして
最近こちらを見つけてずっとROMしていました。
私は特別な能力も何もなく場違いなような気がしていましたが、
お話ができたら・・・と思い書いています。
前に一度、霊視をしてもらった方に血縁関係の方のよくない念がついていると言われました。
それでも、自分の心を強くすることでそれが入らないように出来るから
あまり考え込まなくてもよいということでした。

考えないように過ごしているつもりですが、時々感情が押し寄せてきて
これは私の感情なのかその念のせいなのかなどと考えてしまいます。

明るい方に進みたいのに道を見つけられなくなったみたいです。
こんな孤独も私自身が選んだものなのでしょうか・・・。
なんだかまとまらなくてすみません。

151 名前: くるり 投稿日: 2004/11/27(土) 03:48 [ RDeyIRqs ]
>>144=bluebirdさん
メッセージをお伝えいただきまして、ありがとうございます。
花、早速買ってきたいと思います。お仏壇にも供えたいと思います。
私はあんまりそういう豊かな生活(?)(笑)に興味がない方なので
神様が「心に花を」と仰っているのかも。アクセサリーとかも苦手だし。
(肌が被れるのです)

>>146=花束さん
あたたかいお言葉をありがとうございます。
奇遇ですが、昨晩(おとといですか)、
あなたのことをとても「いい人だな」と感じていました。
スレたてご提案もありがとうございました。
お礼を言おうと思っていたのですが、機会がなくこれまで来てしまいました。

私の場合、なにやら変なのですが、こうなってしまうと
「ああそうですか」と言う感じで日常生活には問題なく過ごしています。
元々、こういうことは普段人と会話を交わすぐらいは、支障が出ません。
「私変だなー」と思いましたが、実際、幻覚を見たことがある人が
身近にいまして、それを見たときは「私、全然大丈夫だ。私のほうこそ
この人よりしっかりしなければいけない」なんとなく、支えにならなければ
いけない。と思いました。その人は体の病気が原因でそうなっていました。
私よりずっと頭のいい人でしっかりしているので最初は私のほうが「この人
の言ってることが理解できていないのかもしれない」と思いましたが。

突然ですが、今日のご報告〜。
今日の「怖かった率」はやはり3割ぐらい?
でも、今日は今も怖い(笑)。これは、邪神関係ですかね?
会社では、「怖くても大丈夫」感が働いて気にならなくなってきました。
「怖い」のはなんでだろう、なにか悪いことが起こるんじゃないのか、
だれかなにか問題を抱えているんじゃないのかな、と言うのが
ちょっと、気にかかる要因だったんですね。
問題を抱えていない人はいない、とは思うのですが。
やたら「怖く」なるとどうしても気になってしまいますよね。
明日もいい日でありますように。それでは。

152 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 09:18 [ z4nhwU36 ]
>>149
アヒャさん。気付かないといけないことは、それではないみたいですよ。

153 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 09:22 [ z4nhwU36 ]
>>150
菫さん。その感情はどうもご親戚?のかたの生き霊みたいです。しかし生き霊だけで
これだけのパワーはでないのであって、それはその生き霊を利用している邪霊がバック
に居るみたいなかんじです。
対処をお願いしてみました。また変化などありましたら、聞かせてください。

154 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 09:36 [ z4nhwU36 ]
>>151くるりさん。
>花、早速買ってきたいと思います。お仏壇にも供えたいと思います
あのね、お花を飾ると、そこにお花の精霊さんが来てくださるそうです。その精霊さんが
あなたのためにお働きくださるそうです。これは守護神さまのお計らいです。
ですから、たくさんでなくていいので、切り花を絶やさないようにされるといいですよ。
もちろん枯れたら、捨ててください。そして新しい花を飾る。花の種類はなんでもお好きな
もので。そのお花の精霊さんが来てくださいます。仲良くしてくださいw。
そして「華」のメッセージが来た花束さんも同様です。同様になさってみてください。

>「私変だなー」と思いましたが、実際、幻覚を見たことがある人が
身近にいまして、それを見たときは「私、全然大丈夫だ。私のほうこそ
この人よりしっかりしなければいけない」なんとなく、支えにならなければ
いけない。と思いました。

くるりさん、ぜんぜん変じゃないですよ(爆)。あなたのそのしっかりした文章を
読むだけで分かる(大笑い)。

>その人は体の病気が原因でそうなっていました。

体の病気ぷらす霊的原因があります。
でもその人へは対処のお許しがでないので、わたしはなにもできません。すいません。

>私よりずっと頭のいい人でしっかりしているので最初は私のほうが「この人
の言ってることが理解できていないのかもしれない」と思いましたが。

いわゆる頭のよしあし(IQとか)と、「変」ということとは別ですw。
頭よくても「変」になるひと、いますよ。

>今日は今も怖い(笑)。これは、邪神関係ですかね?

はいそうですね。実際にくるりさんに影響は来ていませんが、邪神があなたを狙って
います。しかし守護神さまが守ってくださっています。
くるりさんのセンサーが優れているので、実際の影響がなくても、その邪神の悪意
みたいなものを感じてしまっているんです。

結界を掛けなさい、と言われています。自宅に。「自宅に結界を掛ける」と思えば、
掛けられるようになりました。さらに、かなり強い結界です。
自宅以外の場所で長時間すごすときがあれば、その場所に行ったときにも、すぐに
結界を掛けるようにしてください。「わたしがこの場にいる時間、結界をお願いします」
と思ってください。

155 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/27(土) 10:49 [ TA/GPdVg ]
>152=bluebirdさん
今は時間に余裕がないので、出来れば数日お時間を下さい。
宿題、宿題、久しぶり〜♪(お弁当、お弁当、嬉しいな♪のノリ)
わったしの頭は真っ白けーナニイッテイルンダカ、ワタシハ_| ̄|○

156 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/27(土) 11:11 [ TA/GPdVg ]
「今回だけは特別」というイメージと共に思い浮かんだ言葉を書きます。
「力を使いたくない気持ちは分かるが、有る(持つ)のに『出来れば
使わないで日常を送ろう』と思うのは良くない」
bluebirdさん、何か関係ありますか?
(外出するので、レスは明日の夜以降になります。気にかけて下さっているのに
ごめんなさい)

それとここを読んでいる人たちへ伝言らしいです。
私にはその意図は分かりませんが、多分読まれる方に委ねた方がいいのでしょうね。

「何時でも何時でも、(梟の神が恵みをもたらした者が)酒を造った時は
酒宴のはじめに、御幣やお酒を私(梟の神)に送ってよこします。
私も人間たちの後に坐して
何時でも
人間の国を守護っています。
    と、梟の神様が物語りました。」
出典:梟の神の自ら歌った謡「銀の滴降る降るまはりに(『アイヌ神謡集』より)」

157 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/27(土) 12:30 [ ypkTyjRQ ]
bluebirdさんに質問です。あほな質問でしたらすいません。
守護霊や神様はその人の感情や自然の力を使ってメッセージを送っているのかな、
と感じるのですが、霊的なことを何も感じることの出来ない人は、
霊的なメッセージと単なる妄想?をどうやって見分ければいいのでしょうか。
色んなスレッドを見ると「自由な心を持つこと」ということを良く目にしますが、
自由な心とは「囚われない心を持つ」と同義なのですか?
たとえば私は寝る前に自問自答をすることがあるのですが、その中の結論として
「するべきことをせよ」や「期待をするな」、「囚われるな」、「他人と自分を比べるな」
などと出てくるのですが、どれがメッセージなのか妄想なのか分からなくなります。
しかも頭に浮かんだそれらのことにこだわりすぎるのは逆にそれに囚われているのでは?
とも思っていたり…。やっぱり変ですね。
すいません。

158 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 13:17 [ z4nhwU36 ]
>アヒャさん
宿題については「急ぎで」などの指定がないかぎり、ゆっくり考えていただいて構い
ませんです。上のことばは「アヒャさん自身の思い」みたいです。下の言葉はとくに
伝言ということではないようですが、ほんとうの神さま(梟のお姿をときどきとられる
神さまのようです)のメッセージの言葉みたいです。

159 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 13:32 [ z4nhwU36 ]
>>157さん
正しい霊的なメッセージというのは、じつは滅多に降りてくるものではないのです。
繋がる場所がどこか、というのも問題ですし、そこへ安定して繋がることができる人
なのかということも問題となってきます。ですから、わたしもここにメッセージとして
書き込んでいますけれども、あくまでも参考として捉えてください。
それを聞いて、取り入れるも取り入れないも、ご本人の自由です。自由意思に委ねられて
います。

ごく稀にメッセージを「受け取る宿命の人間」が居るのです。わたしはたまたま
そういう人間だったのです。そしてこういうことははっきり書かせていただいたほうが
よろしいと思いますので書きますけれども、157さんは霊的メッセージを取られる宿命
は持っておられませんし、今後もそのような能力が発現することはなさそうです。

自問自答で出てくる言葉については157さんの「思い」ですね。「思い」だって大切
なことなのです。まず自分で考えること。メッセージを取ることのできるわたしですら、
考えることを課されます。かんたんに答えが得られるわけではありません。とくに
個人的な内容に関しては。
「思い」については、浮かんだ言葉について考えて、良いと思われたらそのようになされ
ばよいし、あまり良くない、とか、今の自分には合わないな、と思われたら、そのように
しなければよいだけのことなのです。
自問自答自体は良いことです。そうしたことも大切なんですよ。自らを振り返る、省みる
という点において。
「囚われる」ということについても、一般的にどう、なんてこと論じられないです。
個別にその都度の状況において、「囚われている」「囚われていない」ということが
起こってくるわけです。ですから、これも自問自答しながら、自分で考え判断して
いきましょう。
「自由な心を持つ」という、、それについてはですね。たぶんそれに類することを書く
かたはいっぱいいらっしゃるかもしれませんけど、、非常に言葉としては抽象的です
よね。だからこれも157さんが「そうしたい」と思われるのであれば、生活している中で
その都度判断するのです。
こういうときに、こういう心を持つことは「自由な心を持つ」ということになるのだろうか?
とね。自分で、そういう試行錯誤を繰り返し、考えることによって、みんな成長して
いくのです。

160 名前:投稿日: 2004/11/27(土) 14:18 [ DnfpLx7k ]
>>153 bluebirdさんへ
昨日、書き込んだあとになんだかすーっと軽くなったような感じがしました。
朝は10時すぎに起き、ごはんを食べようとしていたら居間で何かがカタッと落ちる
音がしました。お昼過ぎに母親が帰ってきましたがうまく話すことも出来ませんでした。
(私は本来なら母のことが大好きなのですが最近では面と向かっては負の感情が出てきてしまい
それを後悔して・・・のくりかえしです。)
bluebirdさんのお返事を読んでやっぱりまだついていたんだっていう思いと
対処してくださってありがとうございますっていう思いと私の祈りだけでは
とれていなかったことに対する自分の弱さとどうして私にばかり?っていう思いと
・・・涙が止まりませんでした。

最近、部屋の中でかたかたと音がなるのが少し気になっていましたが
そういうものの影響だったのでしょうか。

このままだと母にこのことをいつか言ってしまいそうでした。
私は甘えすぎているのか、弱いからこういったことになったのでしょうか・・・?
まだうまくまとまりません、また何か変化があったら書かせてください。
(そういう変化は自分の心の中だけにあらわれるものなのでしょうか?)

161 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 15:03 [ z4nhwU36 ]
>>160菫さん
かたかた音がしたのは、悪いものではなく守護神さまにそちらに行っていただいていた
のです。菫さんが書き込みされる前からその現象があったのは、わたしの魂のほうで、
菫さんの書き込みを予見していたらしく(意識には上っていません)、その時点で守護神
さまに様子を見に行っていただいていたようです。

>私の祈りだけでは
とれていなかったことに対する自分の弱さとどうして私にばかり?っていう思いと

このレベルのものは、ふつう祈りだけでは取れません。ですから、べつに菫さんが弱い
というわけではありません。
「どうして私にばかり?」ということには今の時点では答えてはいけない、といわれます。
菫さんがなにか気付かなければいけない点があるようです。

お母さまの件は、上の文面だけでは具体的には分からないのですが、霊的なものがある
ようです。しかしそれはお母さまが(霊的に?)悪いという意味ではありません。
お互いにその母子関係を通して学んだり、気付いたりする必要があるようです。
この霊的なものは、さきのものとは全く別のものです。
良い方向に向かわせたいのであれば、母子関係をご自身なりに整理して、できるだけ
冷静に考えてみてください。

162 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 15:46 [ z4nhwU36 ]
>くるりさん
これからの変化を楽しみなさい。あなたは大きく変わっていきます。
外と内、見えない世界と見える世界、それらを「つなぐ役割」をにないます。

・・・とメッセージ来ました。

163 名前:投稿日: 2004/11/27(土) 16:04 [ DnfpLx7k ]
>>161 bluebirdさん
>このレベルのものは、ふつう祈りだけでは取れません

いつの間に、こんなことになってしまったんだろうという思いです。
それはやはり、私の今までの生き方に問題があったとも思います。
父への嫌悪感がいつまでも消えないのです。本当に愛されているのか
子供の頃から疑問ばかりで・・・。
どこにでもある問題を大げさにとらえているだけかもしれません。
でも今更、父との関係をよくするというのは無理なことにも思えます。
それが母との関係に影響しているのだとも思います。

父方と母方の親戚などを見ていると全く明るさが違うように見えます。
母を守らなければ・・・という思いが小さな頃からあったのに最近では
悲しませてばかりでした。

時間がかかっても良い方向に向かえるようにしたいです。
今回、対処していただいて、これから心強く進まなければと思います。

話は変わるのですが、bluebirdさんは木の精霊とかも見えますか?
以前木の精霊が守ってくれいると言われたことがあるのですが・・・
それらしき木はまだ見つけていませんが何か気になっています。
本当ならばいつかその木に会いたいと思っています。

bluebirdさんにどうしたらこのお返しができるのか分かりません。
まだまだ今の私では何もできませんが、良い方向に向かって、きれいな
光を届けられたらと思っています。

164 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 16:19 [ z4nhwU36 ]
>>163菫さん
生き方というよりもですね、、、気づきが必要なんです。気づきというのは、だれも
手伝ってあげることができません。自分で気付かなければ意味がないんです。
自分でそこへ到達しないと、納得できない。深い部分での変容が起こりません。
人から言われて、気づいた気になっても、それは「深い」ところへ入り込めない。
浅い変化に留まってしまったり、変化できなかったりします。
だからご自分で考えていただくしかないのです。

木の精霊さんですが、たしかに過去、菫さんを守っておられたようです。しかし今は
居られません。なにかの理由があります。それもご自身で考えなければなりません。
3年前?ぐらいから、離れてしまわれました。思い出してみてください。そのころ
なにかなかったか。

165 名前:投稿日: 2004/11/27(土) 17:18 [ DnfpLx7k ]
>>164 bluebirdさん
気付き・・・なんだかぐさっときました。
到達できるものなのですか?考えても考えてもいつも堂々巡りで・・・。
(多分まだ入り口さえつかめていません)

3年前は確かに色々ありました。以前やめた仕事にまた戻り、一人暮らしをはじめました。
(一年ほどで帰ってきました)いろいろあって結局分かれた人と偶然会い、
少しだけ一緒にもいました。そして最後に会ったのがちょうど3年前の今
くらいだと思います。

何かに気付き、しっかりとできれば精霊さんは戻ってきてくれるのでしょうか?
なんだか悲しいです。

さっき、ふと思ったのですが・・・。気付かなければいけないこと。
”私は愛されている”ということ? ふと、そう思いました。
まだまだ他にも気付かなければいけないことはあるのでしょうけど
これもそのうちのひとつかな・・。

166 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/27(土) 18:10 [ z4nhwU36 ]
>>165菫さん
かなりきついことも書きますが、おそらく書かなければなにをどう捉えたらよいのか
お分かりにならないかもしれませんから、書いてみますね。ヒントだけ。
その3年前の恋人さんとの関係において、、どうも良くない言動をなさったようです。
そしてそのため守護霊さまが、菫さんから離れてしまわれました。
木の精霊さんは、離れていった守護霊様が菫さんの小さなころから、頼んでサポートしていただいて
いたかたです。あなたはたくさんサポートされたのです。その精霊さんも「もういやだ」
とおっしゃっています。
まずほんとうに感謝できていますか?
あまり細かいことはいいたくありませんが、その精霊さんに「戻ってきてくれますか」
ではなく、「戻ってきていただけますか」と言うべきではないでしょうか?

というより、まず戻ってきていただかなければならないのは、守護霊さまです。
守護霊さまは、菫さんが反省されるかどうか、また日々の言動をご覧になって、戻って
よい段階になれば、戻ってくださいます。
精霊さんについてはなんとも言えません。だって精霊さんというのは、人間を守るのが
本来のお仕事ではないのです。本来のお仕事以外にわざわざ引き受けてくださっていた。
そのかたに、もう一度と、お願いになるのなら、よほどの改心が必要といえましょう。

3年前のご自身の言動をよく思い出されて、そして反省なさってください。ここに
書かれる必要はありません。反省できたかどうかは、いつもだれか必ず見ておられます。
というか守護神さまはそのために行っておられます。
菫さんを守るため、ではないのです。
菫さんが本気で魂を立て直そうとするのかどうか、査定するために。
査定が終われば、こちらに戻ってこられます。

あなたはまず、守護霊さまに戻っていただけるような人となるのが目標です。

167 名前:投稿日: 2004/11/27(土) 19:23 [ DnfpLx7k ]
>>166 bluebirdさん
守護霊さままで離れてしまわれていたなんて・・・。
申し訳なく、情けない思いです。
木の精霊さんのことも、守られていると聞いて、感謝というよりはただ嬉しかったのです。
周りの人にも守護霊さまにも精霊さまにももっと感謝して生きていきます。

彼とのことで反省すべき言動・・・。
もうここで離れなければだめだと思い(いつも待ってばかりでした)
番号を変えそのまま連絡をしませんでした。
今年になって彼の状況を知り、自分のしたことを後悔もしましたが
私には彼を支える力もなければ彼をひきつけられる魅力もないと思い
結局何もできませんでした。(今からだって支えられるのならそうしたい
と思っています。)
彼とはこのままもう会わずにいるほうがいいのだと思っていました。

まだよく分かっていません。そもそも彼と(お互い前のような気持ちではないと分かっていたのに)
戻ったのがだめだったのか、私は待つべきだったのか。
もしかしたら全然違う人のことかもしれません。
でもそれからは、恋人とよべる人はいません。

今与えられている環境に感謝して、日々のことをしっかりと生きていきます。
内側からきれいになりたいと思っています。
たくさん、アドバイスをいただきありがとうございます。
またお話していただけますか・・・?

168 名前: 157 投稿日: 2004/11/27(土) 20:56 [ YDw0ww6U ]
短いお礼になってしまうのですがお許しください。
言いたい事が沢山あるのにどうしても文章になりません。ごめんなさい。

bluebirdさん本当にありがとうございました。
bluebirdさんのお言葉によって、私の中にある霊的な考え方に
一区切りと言いますか、整理がついたような気がします。
また新たなスタート、と言う気持ちです。

bluebirdさんにお会いできて本当によかったです。ありがとうございました。
bluebirdさんやこのスレッドにいる皆さんの心が健やかであるように願っております。

169 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/27(土) 22:37 [ S8EBmTc. ]
精霊

170 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/27(土) 23:18 [ DnfpLx7k ]
sage

171 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 00:44 [ aV1yr5No ]
守られるということについて。
どなたにも目には見えませんが、守ってくださるご存在が居られます。なにごともなく
ても、それがじつは大変なご守護である場合があります。事前に察知されて手を打って
くださるのです。だからなにも起こらない。その目に見えない、自分では察知
できない次元でお働きくださるすべてのかたがたに対して、できれば毎日心の底から
(口先ではだめです。そんなことが分からないとお思いでしょうか?)感謝する、
「ありがとうございます」という。それは当然といえば、当然のことなのです。
不平不満をおっしゃるまえに、まず自分の在り方をよく考えることも大切です。
自省と感謝、です。よく言われることですが。
守りが外されるとき、というのは、そうでもしないと、その人が気付かないからです。
また守りが外される前には、なんらかの形で複数回注意なり、警告なりがあるのです。
ふつうの人には神さまのお声は聞こえません。
でも日常のちょっとしたことから、神さまや守護霊さまは常に導こうとされます。
目にした印刷物であったり、身近な人の言葉であったり。
そのようなことに敏感であろうとしてください。
安易に人に聞く前に。
でもどの人のどの言葉が「導きの言葉」なのか分からないと言われるかたもいらっ
しゃるかもしれません。
それは「あなた」が判断することです。
言われて、あるいは読んで「これはわたしにも当てはまるし、こういうことに気をつけよう」
と思われたら、そうされたらよいし、そう思わない言葉であれば、無視したらよいのです。
自分でまず判断しようとすること。自分でまず考えること。

間違ってもいいし、失敗してもいいのですが、まず自分でやってください。
それをやらずに、判断力が付くとでもお思いですか?
まず理性で判断してください。自分で自分の問題を整理して考える。
事情を知らない人にどのように説明すればよいか、を考えると、整理できてくるもの
なんです。
整理して考えられないから文章にできないのです。文章にしてください。ここに書か
ずとも、自分でノートに書き出して、考えてもいいわけです。
その上での質問です。

菫さんのご質問はこれ以上は受け付けられません。

172 名前: 花束 投稿日: 2004/11/28(日) 03:09 [ OFvynq6Q ]
髪は、自分で切りました。
まずまずうまくいきました。

切り花はまだ買ってませんが、近々仲良くなれそうな花を探して我が家にお連れします。
bluebirdさんに花の精のお話を聞く少し前から、「サボテンとお話してみたい気分」にかられ、家にいる生命力豊かなサボテンくんに毎日話し掛けています。
少しずつ仲良くなれてるような…気のせいかもしれないような…
さて、サボテンとお花は仲良くなれる…かな?どきどき

自分の課題なのでご相談するのは控えますが(しなくてもバレてるかもしれませんが。笑)…私には本当に日々課題があるようです。昨日まで予想もしなかったことを考えさせられるので、本当に驚きます。

自分が未熟なことを思い知り、それでも出来ることは何か考える。
毎度のことながら、なかなか簡単にはいきません。
正直、「煮詰まった気持ち」を振り切るために、髪を切ったのでした。
今は、「華」のある自分につながる行為でもあった、と思ってますが(笑)
課題、少しずつ進めています。

>>156
アヒャヒャさん
フクロウの話、友人にさせていただきました。
フクロウのぬいぐるみを持っている人です。
彼女にとって、特別なぬいぐるみだったので、何か思うところがあったようです。
良いお話をありがとうございました。

>>151
くるりさん
ささやかなどういたしましてと、ありがとうございますを伝えます。
くるりさんの部屋と気持ちのお花が、綺麗であることを想像しています。
(超能力はないので、想像力。笑)

>菫さん
bluebirdさんの重い言葉に、ぐさっときている人間がここにもいます。
菫さんの課題が、菫によって、解けますように。
私にも、勉強の機会をありがとうございました。
一緒に失敗しながら、問題を整理していきませんか?

173 名前: 花束 投稿日: 2004/11/28(日) 03:28 [ OFvynq6Q ]
>>168
157さんに感謝をこめて

私も>>157と似たような疑問を持っていたのです。
私は「はっきり聞いた」ことが、たった一回しかありません。
その時はbluebirdさんの神様がいらしたそうです。
私にくるアドバイスは、非常に自問自答に似ています。
(最近少し違う気もするのですが、見分けられないほどに私は未熟です)
でもbluebirdさんから157さんへの答え(>>159)を聞いて、
「自問自答でいいんだ。それも自分を成長させる材料だ。今までだってずっとそうだったやんか〜」と思うことができました。
自分で気付けばいいんでしょうけど、結局助けていただいてばかり(汗)
読んでいらっしゃるかわかりませんが、私にも知るべきことを知るチャンスをくださって感謝なのです。

…素朴な思いを伝えるつもりが、たいした長文になってしまいました。
(かえってビックリさせてしまうかも…すいません)

そして、
bluebirdさん、貴重な言葉を、貴重なお時間の中、ありがとうございました。
取捨選択をするのは「自分」…それを忘れず、学べるものはなんでも学びます。
では、明日の自分の課題にわくわくしつつ、おやすみなさい。

174 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 09:09 [ aV1yr5No ]
>花束さん
サボテンさんにも、サボテンさんの精霊さんが来ておられます。
3体来ておられます。なかよくしてくださいw。
お花ともなかよくなれますよ。

くりかえしますが、自問自答はとても大切です。それを経ずに、自己を「深めていく」
ということはできません。人生というのは「自己を知るプロセス」でもあるのです。
自分に生起する事象を通して、自分で「自己」を知ろう、とする。
それを続けてください。あなたの周囲のあらゆるものは、あなたにとっての最適な教材です。
それを軽く考えないでください。

175 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 09:31 [ aV1yr5No ]
自己を知ろうとし、気づきが得られ、気づくことによって、その人は変容する。
その繰り返しで、その人の霊性は向上していきます。
自己のそうした作業の繰り返しがなければ、霊性は向上いたしません。

わたしは、ふつうではできないようなことを「起こす」許可を神さまからいただく
ことがあります。
この掲示板ですでに起こっていますよね。これは神々さまの許可がでたからできること
なのです。
神々さまの許可がいただけて、そのような現象が起きる人もいらっしゃれば、起きない
人もいらっしゃる。
その違いはなんなのか?
神々さまは、その方の通ってきた道筋、考え方、言動、霊性、過去世、あらゆることを
見抜かれます。そして「この者には許可してよい」と思われたなら、わたしを通じて
「それ」を起こされます。
棚ぼたではないのですよ。
果実を得る人は、果実を得るだけの「積み重ね」を持っているのです。

176 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 09:48 [ aV1yr5No ]
神々さまは、人にラクをさせるために、奇蹟を起こされるのではありません。
世を良くする、人々が自己を深める、そのようなことが大きな目標としてあるわけですね。
それに沿った生き方をすれば自然と、そのかたの霊性は向上し、また周囲に良い影響を
及ぼしていけるようになります。
その人達を後押しするために、わたしを介して能力付与をしていかれます。

177 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 10:06 [ aV1yr5No ]
しかし最初の能力付与はあくまでも「お試し期間」と捉えてくださいw。
神さまも、そのかたが「その能力に耐えうるかどうか」をまず試されます。
それを得て、その人はそれをどう使うのか?
得たことによって、どのような心理変化があるか?
その他いろいろご覧になります。
ご覧になったうえで、お取りあげされる場合もありますし、さらに次の段階の能力
が付与される場合もあります。

神さまは、霊的に良い状態でない者に、力を与えようとはなさいません。
霊性にかかわりなく、その人間の身の丈をはるかに超えた能力を与えるような所は、
あるいは、その人間の在り方をはるかに超えたご利益が与えられるような所は
神以外のものの力が働いている、とお考えください。

このスレは超能力とタイトルに付いているので、能力開発系のことに興味がおあり
だったり、伝授、グッズなどを通してそれらの世界に関わっているかたも来ておられ
るかと思います。
伝授、グッズにもよいものがあります。わたしもそれらを使用し、さらに高めて活用
したりしています。
ですから、それらを否定しているわけではないのです。よいものがあれば、使っても
構わないのです。
しかし、こういう世界は非常に腐りやすい面があります。
「かつてよかったもの」が、ある時点から「よくないもの」に反転してしまう場合も
あります。霊的な悪影響がそちらに及んで(そしてそれに対処をすることができなくて)。
もちろん最初から「よくないもの」も存在します。
これらについて具体的なことは一切書けません。
書けませんが、、やはりお選びになるときは慎重に。また「かつてよかったもの」でも
波動がおかしくなっていないかを、、常に気をつけて見ておかれる方がよろしいかと
思います。

178 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 10:13 [ aV1yr5No ]
たとえば、非常に良くないグッズ、仮にAという商品があったとします。
Aを所持している人は、大勢居る。そしてAを通して、霊的な悪影響がまき散らされている
とします。
そのAを所持している人は全員同様に悪影響を受けてしまうのか、というと、じつは
そうではありません。
悪影響の度合いは人によって違う。
あまり受けずに済む人が確実に存在して(しかし少数です)、その人たちの場合は、
守護霊さま、そのほかサポートのかたがたが、その悪影響をうち消すようなお働きを
してくださっているわけです。守りが堅い人、と言えます。
守りを堅くしていただくにはどうするか。

やはり人としてまっとうに生きていく努力が必要なんです。

179 名前: 157 投稿日: 2004/11/28(日) 10:25 [ w0Yw1Cug ]
>173
ここだけは見てますwこのスレッドを見ると何か気持ちを新たにすることが出来るのです。
「神との対話」と言う本を読んでいた時のような感じです。

正直言ってしまうと、感謝の言葉を言ってもらえるとは思いませんでした。
感謝の言葉を聞きたくてやった事は感謝されず、そういうことを考えずにやった事が感謝される。
不思議に感じます。もしかしたらそういうものなのかもしれません。
私の場合いつも何かを期待してしまうというタチなので、期待はずれに終わるといつも苛立ちます。
自分でもわかっているんですよね、自分で出来ることを精一杯やってないからこそ無駄に期待するんだと言うことが。

そんな中で自問自答を繰り返し、たどり着いたのが>>157に書いたように「期待するな、目の前のやるべきことをせよ」だったんです。

花束さんへ。
私こそありがとうと言いたいです。あなたのおかげで私は自分の思いが間違っていなかったと思えます。
もちろん年を経るうちに考え方は変わるでしょうが、今はこの気持ちで前を向いて、胸を張って歩いて行きたいと思います。

「私でないものが在るからこそ、私が私で在る事が出来る。
だから、周りのものに感謝をしなければならない」そう感じる今日このごろです。

180 名前: 花束 投稿日: 2004/11/28(日) 10:53 [ OFvynq6Q ]
おはようございます。
>>174-177を読ませていただきました。

昨晩「書こうかな?いや、わざわざ書いて自分を“見せる”より、強く想おう、考えよう…神様は見ていらっしゃるんだから」
と考え、書かなかったことを書きます。

私の、「思い」に対してbluebirdさんは、レスをくださったように思うからです。

私の「意識下の訓練」は、まさに私に「力」を与えた意味を考えさせるものでした。
(他にもいくつか課題は考えられますが)

私はここに初めてカキコした時、
「私には力はない。そしてこれからも得ることはないだろう」
と考えていました。
「力」のない人生に、私は満足でした。
しかし今の私は、小さな力をお借りしています。
日常は変わらず、過ぎていきます。
でも意識下では、何かが続いていました。

「夢についてすら、分からないことが沢山ある…霊的な夢と、そうでない夢…しっかりと見分けられない。私の夢について言えることはほんの“一部”だ」
…なんと身の丈にあった「力」なんでしょう(笑)
これからもっと、経験も失敗もチャレンジも勉強も、必要です。

そして、「私が、為すべきか、為さぬべきか」を常に問い掛けられます。
私は答えに毎回迷いますが、「為す」べきときも、「為さぬ」べきときも、「間違える」ときも…
それらが全て在ることは、良く分かります。

私より力のある方に「何を思うか」も変化しました。
今まで力が何もなかったから、「そーいう人もいるんだな」で済ませていた、済ますことが簡単だった部分。
今は、それが出来ません。
片足の爪先だけかもしれませんが、私も「そーいう人」だから。

力ある人に、嫉妬した心もありました。
「それだけのものがあれば、ここで苦しんでるこの人を…助けられるかも」と。
でも私より、苦労なさっている方だと思うにつけ、そう思う自分が小さく未熟に感じました。

でも昨日は、そんか嫉妬の心とサヨナラして、寝ることができました。
「力はあるべき場所に、あるべき大きさである」
「私に出来ないことをしている人々に、私ができるのは“感謝”だ。出来ないことを、してくださるのだから。彼らにもまた苦しみがあるにもかかわらず」
「…原点に戻ってきたな、私は力ある人に、いかに接するべきか悩んでいた…忘れかけていたけど。ようやく少し分かった。少し」

「誰かを助ける」ということは、「力で助ける」ことではないのですね。
「力」を持たない素晴らしい人が沢山いて、私はそのいろいろな方に助けていただいたのだから。
弱い私が、精一杯寄り添うこと、手伝うこと、助けになろうと努力すること…
力があろうと、なかろうとすることの答えは、同じだった。

ようやくそう思える。
足が立っている。
小さな力を得ることで、見失いかけていた。
こんなに簡単に、見失いそうになっていた。
力が弱いことよりも、ずっと未熟だったのは「心」でした。

181 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 10:56 [ aV1yr5No ]
157さん
「ここに来ることは決まっていた。」
とメッセージ来ました。

>感謝の言葉を聞きたくてやった事は感謝されず、そういうことを考えずにやった事が感謝される。
不思議に感じます。もしかしたらそういうものなのかもしれません。

はい、そういうものなのですw。
なぜならあなたの言動に、触れるものすべてに、あなたのその時の霊的状態、波動
思考、感情など「すべて」が入るからです。
なにか期待してそれをやれば、「なにかを期待している157さんの波動」がその言動
に入り込んでしまいます。人はそれをいちいち意識化はしませんが、「なんとなく」
それを重く感じてしまったりすることがあります。

目の前のやるべきことをやってください。
できれば、多くを期待せず、淡々とそれをやってください。
あなたは神の手足となります。

182 名前: 花束 投稿日: 2004/11/28(日) 11:12 [ OFvynq6Q ]
訓練があることを、予告してくださったことを、深く感謝するばかりです。
私がより自覚的に学べるよう、「力」に振り回されないよう、予告してくださったのですね…
ありがとうございました。
誰かを傷つけたり、自分を傷つけたりする前に、気付かせていただきました。
いろいろな方のお陰です。

>>178も読みました。
日々、行いを考えて、自分の課題を整理しなければ…ダメになるのだと思います。
せっかく私を信頼して、神様が許可なさった力を、悪いものに変えてしまうことは簡単なのでしょう。
まっとうに生きる「努力」…たかだかまっとうに生きるのに、努力がいるの、よく分かります…(笑)
ほんと、頑張らなきゃ。
神様、サボテンさん、傍にいてくださって、感謝です。
涙がでそうだ。

bluebirdさん、いろいろ感謝です。
また今日の課題をがんばります(笑)

183 名前: 花束 投稿日: 2004/11/28(日) 11:19 [ OFvynq6Q ]
>157さん
>>179を読む前に>>180を投稿していた私。

>「私でないものが在るからこそ、私が私で在る事が出来る。だから、周りのものに感謝をしなければならない」

この部分と同じことを考えて自分も書いていたので、驚きました。
なんという偶然(笑)
不思議ですね。
学びあってるんですね、私たち。

184 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 14:20 [ aV1yr5No ]
>不思議ですね。学びあってるんですね、私たち。

そうですよw。ここは「そういう空間」になっています。
それぞれの課題は違います。歩む速度も違います。それは比較しなくてよい。でも、人さまの
書かれることも、自分に引きつけて考えるようにするのです。
自分だったら、どうするか?
どう書くだろうか?
ここからなにを気づけばいいのか?
「ひとごと」と思わないようになさってください。「ひとごと」も見せられているのです。
「ここに来ている」とは「そういうこと」です。見たことによって成長してください。

185 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/28(日) 14:57 [ aV1yr5No ]
>>180花束さん
>力ある人に、嫉妬した心もありました。
「それだけのものがあれば、ここで苦しんでるこの人を…助けられるかも」と。

そのように思うこと自体は「わるく」ないのです。そう「思う」こともひとつの通るべき
ポイントだったわけですね。
それで。
「苦しんでいる人」を見るのは、、つらいですよねw。心の優しいひとほど、そう思う。
助けてあげたい、と思う。救ってあげたい、と思う。
それはそれでよいのです。
また現実的な部分で、自分なりに助ける方策があるのなら、それをしてさしあげたら
良いのです。

しかし、そのポイントを過ぎたら、今度は視点を変えなければなりません。
その苦しみはいったいなんのためなのか?
という視点です。

じつは苦しみの原因は霊的な視点からは、いろいろあります。その人になにかを気づかせる
ためだったり。あるいはその人はそのプロセスを通ることによってなにかの贖いをしている
のかもしれない。あるいは神さまはその人をいずれ大きな役割の者としてお使いになるご予定
で、並はずれた苦しみをその人に課しているのかもしれない。
そうした判断は、人間にはできないんです、究極のところ。

そうしたなにかの目的があっての苦しみを、人間の浅い知恵でもしも取り除いては、
かえって神さまのお邪魔、その人の霊的成長のお邪魔をしているということになります。
またそういうことがあれば、またすぐに、神さまは同じ苦しみを課されるか、べつの
形の苦しみに変えて課されるか、なさいます。

>「人を助ける」ということは、「力で助ける」ことではないのですね。

力が必要なこともあり、力がなくても助けることができることもある。
要するに、自分にそのとき、できる範囲のことを、差し支えのない程度で、しずかに
行ったらそれでよいのです。
力を与えたほうがよいかどうかは、神さまが判断なさいます。

>「力」を持たない素晴らしい人が沢山いて、

持たないなりに「なにをするのか」「どうするのか」「どう生きるのか」を見ておられますよ。
なぜふつうは「強大な力」が持てないのか。
持っていたら、努力しなくなるからです(笑)。じつにかんたん。
力を持つことの魔力?を甘くみてはいけません。それでどれほどの人間が魂を落として
いくことか。

186 名前: くるり 投稿日: 2004/11/28(日) 21:36 [ KY9CALU2 ]
>>154=bluebirdさん

お花を土曜日に買ってきて飾りました。
手にとった途端うきうきしたりしてw
精霊さんがいらっしゃってくださるんですね。
嬉しいです。

>体の病気ぷらす霊的原因があります。
でもその人へは対処のお許しがでないので、わたしはなにもできません。すいません。

いえいえ。とんでもないです。
元々、その人はとても強く優れた人です。
これまでもその人なりにカルマ(?)を解消してきた人です。
私はきっと大丈夫だと信じています。

>はいそうですね。実際にくるりさんに影響は来ていませんが、邪神があなたを狙って
います。しかし守護神さまが守ってくださっています。

ありがたいことです。
土曜日はお仕事をしていたんですが、14時ぐらいから2回ぐらい?
また「光」をいただきました。ありがとうございます。
その後、また守護神さまの気を感じて、
守護神さまがまだ私の中でいてくださっていることがわかり一安心いたしましたw

>結界を掛けなさい、と言われています。自宅に。「自宅に結界を掛ける」と思えば、
掛けられるようになりました。さらに、かなり強い結界です。
自宅以外の場所で長時間すごすときがあれば、その場所に行ったときにも、すぐに
結界を掛けるようにしてください。「わたしがこの場にいる時間、結界をお願いします」
と思ってください。

自信はないのですが、やってみました。

>>162
>これからの変化を楽しみなさい。あなたは大きく変わっていきます。
外と内、見えない世界と見える世界、それらを「つなぐ役割」をにないます。

と言うメッセージをお伝えいただきましてありがとうございます。
どんな風に変わってくるのか楽しみです。わくわくします。

187 名前:投稿日: 2004/11/29(月) 01:34 [ BLDTcveQ ]
bluebirdさんへ
自分を、与えられた命を、身体を、意志を大切にします。
同じように、周りの人たち、自然、物も大切にします。

彼との恋愛の中でのよくない言動については全く思いもよらないことなのかもしれません。
でも今の私が思っていることは上に書いた言葉です。
彼と離れて様々なことがあり、たどり着いた思いです。

私は色んなことが知りたくて生まれてきたのだと思うのです。
悲しみも、苦しみも、そんな感情を知りたかった。そう思っています。
そしてこれからは、暖かい愛情や喜び、楽しみの中で生きていきたい。
深い感情の中で生きていきたい。
これは、私の中で柱となる思いです。

これまでのこと一つ一つに感謝をこめて生きます。
ここに導いてくださった方たちにも、bluebirdさんにも本当に感謝しています。
取り乱した文を書いてしまいましたが、たくさんの時間とアドバイスをいただきありがとうございました。

>>172 花束さんへ
同じように感じていただき、言葉をくださり、ありがとうございます。
優しい言葉に涙が出ました。
>”菫によって、解けますように”
素敵な言葉をありがとうございます。
菫は、欲しいと思い探していたら、いつの間にか(季節外れでしたが)庭に咲いてくれた花です。
私にとってとても大切な花です。
花束さんからの言葉、本物の花束が話しかけてくれたような気持ちになります。
いつか、私の夢も診断していただけたら嬉しいです。

今日は不思議なくらいに彼と別れた時期を思い出させることがありました。
でもやはり今は前に進むことを考えます。

188 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/29(月) 06:45 [ OmfFvd1Y ]
>くるりさん
お花の精霊さん、来ておられます。結界もちゃんと掛けることができています。
感じ取られましたように、光がその時間に行っていたようです(自覚なしw)。

189 名前: 66 投稿日: 2004/11/29(月) 08:16 [ .9iBHxrQ ]
>>143
bluebird様
返事が遅れて申し訳ありません。
メッセージありがとうございます。

>「克己心を持つように」
だそうです。自制心ということですね。

私にたいする注意ですね。
気を付けます。

190 名前: 66 投稿日: 2004/11/29(月) 09:18 [ .9iBHxrQ ]
bluebird様
土日出かけていたので、読んでいないスレッドをゆっくり読みました。
皆さんの書き込みやその返答は、それらが私に直接当てたメッセージで
はないのだけれども、その中から、
自分はまだまだ、「気付き」が足りないと感じました。
それに気付かないかぎり本格的な好転はないのでしょうね。

この苦しみは必要な苦しみなのかもしれません。
自分で悩んで、苦しで、試行錯誤してみます。
時間がかかるかもしれませんが。

>私の対してメッセージを書いて下さった、アヒャヒャさん、花束さん。
返事が遅れてごめんなさい。
暖かいことばありがとうございます。

191 名前: 花束 投稿日: 2004/11/29(月) 10:24 [ OKlgvhkM ]
このスレをあけるたびに、じわわわ〜と暖かいのが不思議です。
おはようございます。

>bluebirdさん
力を持つことの魔力(>>185)とありましたが、ロードオブザリングを思い出しました。
善良だったはずの人すら、力(指輪)の魔力に負けそうになる描写がたくさんあります…
もとより、あの指輪は邪なものなんでしょうけども。
(一説には「核の象徴」として見ることもできるとか)
そういえば、一緒に見た友人と
「この指輪、こえー。まじ、いらねぇー!(笑)」
と叫んだ覚えがあります。

でもいくら「いやあぁぁぁ」と言っても、強い力を持ち己と戦っている方がいるんだなぁ、と知るほどに…
その方たちが、なんと苦労しているんだろうかと思います。
私なんかの苦しみと比較にならないものを背負ってくださり、こうして助けてもくださる。
本当に本当に、無理はなさらないでくださいね。
(ちっとも無理しているようには見えないのですが、それもまた不思議で…絶対に苦労してらっしゃるのに)

>菫さん
あわわ、引用していただいて気付いたのですが、私…呼び捨てをしていたのですね。
失礼いたしました。
すみません。
それをマイナスにとらえず、良いお話をお聞かせ下さりありがとうございました。
救われます。
菫とは、意外にも強い花だと知りました。
ちなみに、夢占いにおける咲いている菫は「高貴で可憐」という意味なんですよ。
夢占い、機会があれば、させていただきますね。

192 名前: 花束 投稿日: 2004/11/29(月) 10:32 [ OKlgvhkM ]
課題について。

心が整理されてきてから、周りの全てへの興味が開かれてきたように感じます。
もともと好奇心は旺盛なのですが、それらを吸収する準備ができてきたような。
良い土壌はスポンジのようだと言いますが、自分がスポンジになった気分です。
スポンジになって吸収したことが、あらゆる場面で(もちろん夢占い)にも生きるように思います。
こんなに新鮮な気持ちは、十代の頃以来かもしれない。
絶対忘れたくなかった気持ちが、薄れていたのかと、ふと淋しい気分にもなりますが…
今のスポンジ状態が、すごく楽しいです(笑)

あとは、いくつかの不義理を解消して、身の回りを綺麗にしたいなぁ…

193 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/29(月) 19:05 [ gJO/WhtQ ]
>>158=bluebirdさん
宿題の答えはまだ見つかりません。(恐らく無意識に避けているみたい)
「これが間違いでもいい」と思いながらも今している事は「考えたくない時は、
無理しない」、出来ない自分をあるがままに受け入れる事にします。
そのうち小さなきっかけで気づくかもしれないから、それまでのお楽しみにします。

上手く言えませんが、自分に無い能力(素質は有ったかもしれないけれど)を
柔軟に受け入れる人間ではないようです。
だから、bluebirdさんから
>「アヒャさん自身の思い」みたいです。
と指摘された時、心から安堵しました。
自分に限界がある事に対する安堵。
それは、「自らの能力を過信してしまった姑のような生き方をしない自分で
ある」という確認が出来たからだと思います。

今、私が進んでしたい事をしています。
私が知る範囲の人たちに結界を張りまくっています。
もっとも、かつて私に危害を与えた人たちは除外していますが(w
そうしているうちに、「この世で産まれた人は全て、『幸せになりたい』と
思って産まれてきているだろうな(新生児のお顔はみなお地蔵様のようだし)。
なのに、何処で間違えたのかしら?何時忘れたのかしら?」と悲しくなりました。
すると見慣れた風景なのに、所々に歪みを感じるようになりました。
それは、「上手く殻を破れないまま放置された、一つの樹木の種」のように見えます。

194 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/29(月) 19:16 [ gJO/WhtQ ]
長文ですが、続きです。

それらを考えるうちに、「それでは今の私が出来る事は何だろう?」と
思うようになり、今日、高い建物の上に登り「みんなが幸せになりますように」と
怪電波を流してしまいました…何となくしたくなったので、行動してみました。
直接何かに働き掛ける事が難しくても、祈る事なら何時でも出来る。
そして、今は殻が固くても、その中にはしなやかな「幸せの素」が詰まっている
のだと、信じながら…。
(幸せにするのはホントは自分の努力次第なのだけど、その気力がない人も
きっといるだろうから、一生懸命に生きているその人にも小さな声でエールを送りたい)

新聞のチラシの裏に書くような内容ですが、これが「お試し期間」の私の
成果です。わはは、大した事ない内容ですね。

195 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/29(月) 19:26 [ gJO/WhtQ ]
>172=花束さん
あの話がお役に立ったようで、嬉しいです。
あの話が好きだから、あの時「何となく書きたくなった」のかもしれないです。
お友達に「梟の神様の謡」の全文をお勧めしたいくらいです。>良い話ですよ

先日、花束さんに夢解きをして頂いた中で、頭の隅から離れない言葉が
>楽しさへの革命がおこっています。
なんですよ。
どうせなら、私一人だけではなく、より多くの方(もし楽しんで頂けるのなら)と
楽しみを分かち合いたいな、と思います。
…今思い浮かぶのが、上記の怪電波なのですが、そのうちにもっと楽しい何かが
思い浮かぶかもしれない。
そういう想像をする時は、とてもワクワクしてきます。
宿題はそっちのけ、なんて、まるで小学生並ですね。

196 名前: くるり 投稿日: 2004/11/29(月) 20:20 [ Kzk.dxP. ]
>>188=bliebirdさん
レスをありがとうございます。
精霊さん、いらっしゃってますか。
花のイメージからなんなくかわいらしいお姿を想像してしまうわたし。
結界もちゃんとかかってますか。本当に自信がないのですが。

今日の「怖さ」はかなり高めでした。
「怖さ」というより、「なにか企んでますよ〜。」系のものを多く感じました(笑)。
これは彼氏に誘われるときと似ている感じです。(←彼氏にはとても悪いと
思いますが、そういうものを感じていつもビクついていましたw
それが単にCDを貸してくれようとしている、
とか他愛のないものだったりしたこともあるので、
内心「これしきのことであんなに邪悪な念を出していたのか!」
とかなり可笑しかったのですが。・・・彼氏からの念だと思っていた頃の話です。)

最初にbluebirdさんにお声をかけてもらったとき、夢を見ました。
髪は茶髪のセミロングでストレート。デパートみたいなところで「どうも〜」と
ご挨拶しました。なんとなく、bluebirdさんですか?と思ったのですが、
守護の方を通してでないとお会いできないんですよね。
でもなんだかあれから「もしかしたら?」と思い、一度お聞きしたかったので
書いてみました。

197 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/11/29(月) 23:52 [ 0xG1.auY ]
本当に花かざっただけで精霊さん来てくださるの??
私精霊さんにあってみたいよ!
気配でも感じてみたいし
なんかメッセージでもいいから感じたいよ!
部屋には花の精の置物おいてるけどどうなんでしょう?

198 名前: 花束 投稿日: 2004/11/30(火) 05:58 [ FeoQtgOQ ]
>アヒャヒャさん
怪電波って、ちっとも怪しくないですよ(笑)
そんな言葉からも、アヒャヒャさんの明るい人柄を感じますけど。
高いところに登って…って、きっと見晴らしの良い、素敵な場所なんだろうなぁ。

梟の神様の謡…ぐぐってみました。(2ちゃんの基本?w)
そしたら、とても素敵な詩と物語に出会いました。
いつか本で手にしたいと思いました。
ふくろうは、厳しくも、あわれみ深い神様なのですね。
また、ふくろうの神様が、人間に何かを教える時「夢」を使うのも印象的。
私は前も書いたのですが、「霊的な夢」を見分けられないのです。
しかし、神様が夢を見せるシステムを、ほんの少し垣間見せていただいたような…ヒントをいただきました。
今度は、私自身の勉強になりました。
本当に感謝です。

>くるりさん
私には正解が分からないので、bluebirdさんのレスを待ってからお話しますが…
その夢、直接bluebirdさんじゃなくても、興味深い内容のように思われます。
また後で、必要なら書きますね(笑)

199 名前: くるり 投稿日: 2004/11/30(火) 09:36 [ /xOMn.t6 ]
>花束さん
私も花束さんからじわわーあたたかいものを感じます(笑)
夢の内容をかなり端折って書きましたが
そう言われると気になります(笑)
またおひまな時にでもお聞かせください。

200 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 20:16 [ c.Xs7hiM ]
>>192
花束さん。準備が出来はじめています。身の回りも綺麗にしてください。

201 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 20:22 [ c.Xs7hiM ]
アヒャさん
そうですね、避けてるみたいですねw。ムリしなくていいです、この場合は。期が
熟するまで待ってください。
歪みが感知できるようになったのです。アヒャさんの祈りは、そのやり方でいいです。
そういう気持ちになったときに、そのようにしてみてください。

「機械に慣れ親しむ」と来ました。なにかお心あたりあるでしょうか?

202 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 20:28 [ c.Xs7hiM ]
くるりさん
「企んでますよ」系がいましたね。処理をお願いしてみました。いかがでしょうか?

>髪は茶髪のセミロングでストレート。デパートみたいなところで「どうも〜」と
ご挨拶しました。なんとなく、bluebirdさんですか?と思ったのですが、
守護の方を通してでないとお会いできないんですよね。

ちょとアタクシの外見とは違うようですが(笑)。これはですね、どうもくるりさんの
守護神さまが、そのような外見をとられて、出てこられたようです。
実際にはそういう外見ではないかたのはずですが、、くるりさんに親しみを感じて
ほしいと思われて、そのような格好をされたようです。

203 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 20:36 [ c.Xs7hiM ]
>>201
期でなくて「機」が熟する、でしたね。えへへ。誤字訂正。

204 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 21:05 [ c.Xs7hiM ]
「かつてないことが起こる。」
とメッセージがきました。社会情勢?海外?近いうちに。

ってこれだけじゃ、なんのことか分かりませんが。ていうか、なんにでも当てはまる
かもしんないですが。でも、いちおう書くように、と言われますので書いてみます。

205 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 21:25 [ c.Xs7hiM ]
アヒャさん
「とぐろを巻くものが屋根の上に乗っている」
とぐろを巻くもの、、って蛇?蛇のような邪悪なもの。結界の上が破られている。
アヒャさんの自宅。といっても、アヒャさん宅は集合住宅?もしも集合住宅だったら
屋根というか、天井と上の階の床の間に、「それ」が居るようです。
結界補修してください。やりかたは自分で考えて。

206 名前: くるり 投稿日: 2004/11/30(火) 21:52 [ 11PAERM. ]
連投すみません。しかもただのご報告です(^^;

今日はとても楽でした!
昨晩からかすかに右肩が熱かったので(今もとても熱い)
紅白の御札の神様が守ってくださったのかも!
ありがとうございました。

207 名前: くるり 投稿日: 2004/11/30(火) 21:55 [ 11PAERM. ]
あ、いつのまにか、スレがすすんでいたんですね(汗)
ごめんなさい〜(汗汗)

208 名前: くるり 投稿日: 2004/11/30(火) 22:03 [ 11PAERM. ]
>>202=bluebirdさん
ええ、ばっちりでした。本当にありがとうございました(感謝)
夢のお方は守護神さまだったんですね。
親しみを感じて欲しいと思われて、っていうのとても嬉しいです。
教えてくださってどうもありがとうございました。

209 名前: 花束 投稿日: 2004/11/30(火) 23:11 [ FeoQtgOQ ]
>>200
bluebirdさん

了解しました。
いくつかの小さな不義理は早々に解消したのですが…お片付けを残してました(笑)
神様、お待たせして申し訳ありません。
お伝えいただきありがとうございました。

かつてないこと…ってなんでしょうね。
なんとなく怖いような…。
いいことだったら嬉しいのですが。

>くるりさん
くるりさんの守護の方でしたか。
なんだか素敵な方…。

髪の毛の「茶色」は、おおらかで強い、大地の色ですね。
「見知らぬ人に親しげに話しかける」くるりさんは、新しい事態を受け入れる準備ができているのです。
「デパート」は、くるりさんの仕事場をあらわしています。
デパートにあるであろう「たくさんの商品」は、可能性や才能の例えになる場合が多いです。
端折った部分によって詳しい意味は違ってきますが、おおまかに…
・仕事場の変化
・未知の良いものを受け入れる
という夢です。
どちらの意味でも、現状と符合する面が多く思えたので、思わず「興味深い」と言ってしまいました。
気になるようなら、詳しくお聞かせくださいね。
もういちどみてみますので(笑)
みせていただいて感謝です。

210 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/11/30(火) 23:18 [ Nj0ud67Y ]
>205=bluebirdさん
夕方くらいから、背中がウズウズするな…と感じていましたが、あらま。
ちなみに集合住宅です。(w
今は眠いので、大きな傘をさすイメージを広げてみます。>ご近所の方ごめんね

その他のレスは明日致します。取り急ぎ失礼します。

211 名前: bluebird 投稿日: 2004/11/30(火) 23:27 [ c.Xs7hiM ]
66さん
「一見良くないことが起こるかもしれないが、それは良くなる前のしるし」
と来ました。

212 名前: くるり 投稿日: 2004/12/01(水) 00:28 [ aTXb9Z1. ]
>>209=花束さん
夢占いをありがとうございます。
端折った部分と言うのは、私はベビーカーを引いているのです。
中には前ここで話した病気になった私の身近な人が
(赤ちゃんぐらいの大きさになっているのでしょう)乗っているのです。
それで、そこではバーゲンをしているはずなのですが、人がいないのです。
商品は服がズラーっと並んでいます。そんな中で、守護の方とお会いしました。
そこで、「どうも」とご挨拶をして、私は階段を上っていくという夢です。
仕事に関係あるのですか。
私はその頃から転職を考えていました。
なんだかなにかに「やめろ」と言われているような気がして。

>blubirdさん
続けてお話を聞いてもらって申し訳ありません。
最初に訂正です。熱いのは、「右肩」ではなく、「左肩」でした(^^;。
それで、さっき、ベッドで守護神さまに一生懸命話し掛けながら
うとうとしてしまっていたのですが、胸の辺りのすーすー感が、
胃の辺りまで下がっていき、本当に意識をなくしかけた頃
頭に「うはっ」(笑)という息を吐きかけるようなものが聞こえました。
金縛りと同じような感覚だったので、「やめてください」と思わず言いました。
それで、またうとうとしていたんですが、今度は脳裏に
多分胃の辺り?に、茶色の毛皮で羽根突きの羽根のような形をしたものが
見えました。また金縛りのような感覚に陥りそうでしたので、急いで起きました。
これは、守護神さまと関係あるのですか?
それとも、私の中にまた変なものがいるのですか?
それを徐霊してくださったとか?
すみません、安易に聞いてしまって。

213 名前: 花束 投稿日: 2004/12/01(水) 03:43 [ /rEqIE7E ]
勉強のための本を読んでいたら、やおら涙が出てきました。
そんな夜です。こんばんは。
普通なら恨むような相手を、いとおしげに包む言葉を書いた人がいる…
なんてすごい人だろう。
頭の垂れる思いです。

>くるりさん
「ベビーカーの中の知人」…少し判断に迷うところですが、一般に知人は自分自身の分身なんです。
自分自身の、幼さ・純粋さ・病…を意識して歩くくるりさんの姿かな、と思いました。
「バーゲン」は、目標の設定が低めであったことを示しています。
「人がいない」のは、どこかに置いてきてしまったんでしょうか?
そのような職場では、転職を考えたのも無理はないかもしれません。
商品(可能性や才能)にも手をつけていませんもんね。
「ズラーっと並ぶ服」…さぞきらびやかだったんだろうなぁ(笑)
「服」は、日々の気分の象徴、身にまとえば自分を安心させてくれるもの。
今までは、毎日の気持ちの持ちようでもって、孤独を耐えてきたのかもしれません。
今回のくるりさんは、服を選ぶでもなく守護の方に親しげにご挨拶。
これが変化のきっかけかな?
「階段を昇る」のは、よい意味です。
デパートを職場とするなら、職場でのステップアップと解釈するのが妥当でしょうか。
信頼を得たり、給与が上がったりするかもしれません。
階段をあがるのに、ベビーカーは邪魔じゃありませんでした?
邪魔じゃなかったなら、「未熟な自分」を受け入れてステップアップしているのでしょう。
いつの間にかなくなっていたのかな?
だとしたら、その問題はお預けで、またの機会に考えることになると思います。

えーと…
「ベビーカーの知人」が、その方そのものを指していた場合ですが、近々その方から頼られることがあるかもです。
その場合は、無理のない範囲で助けて差し上げてくださいね。

長々と失礼しました。
私も未熟なもので間違いもあるかもしれませんが、心にハマる部分があれば参考にしてくださいね。

214 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 05:39 [ LRLwemjs ]
くるりさん
>頭に「うはっ」(笑)という息を吐きかけるようなものが聞こえました。

これは祓いに行ってくださっていた、神さまの息です。息で祓おうとされていたのです。

>それで、またうとうとしていたんですが、今度は脳裏に
多分胃の辺り?に、茶色の毛皮で羽根突きの羽根のような形をしたものが
見えました。

これが悪いもの、ですね。

この時の祓いは、くるりさんの守護神さまではなく、もっと祓いのお力の強い神さま
が行っておられました。もう祓われています。
ちょっと強くて、わるいもの、がそちらに行っていたので。
でもそのお力の強い神さまもいつも、くるりさんを気に掛けてくださっているので、
なにかあったら、すぐに駆けつけてくださるはずです。

215 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 06:19 [ LRLwemjs ]
「ことさらに言葉にせずとも、よい場合がある。」
と、来ました。
これはここをロムしたり、参加されている人々全員にたいして、来たもののようです。
べつに書き込みをするな、という意味ではありません(笑)。ただ書き込みをしなくても
じつはこちらに来られているかたがたの、意図、心理、さらに深い部分というのは
見通されているようです。ですから、かならずしも書き込みなさらなくても、神さまが
そのかたの変容を見守っておられる、というか、、そのような意味として捉えていただければ
よろしいかと。

216 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 06:23 [ LRLwemjs ]
「柵が設けてあり、その柵を越えたものしか、書くことができない」
とも来ました。なにか目にみえない(霊的な)柵?があるそうで、その柵を越えるというか、
越える許可が出た人でないと、じつは書き込みできなくなってるんだそうです。

217 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 07:58 [ LRLwemjs ]
ことさらに信じようとしなくてよい。
参考にしなさい。
自ら選びなさい。
それは自由である。

・・とこれは、ここのスレ幹事になってくださっている神さまからです。

218 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 07:59 [ LRLwemjs ]
困ったことがあったら相談してよい。

・・・と、これも幹事の神さまからです。

219 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 08:01 [ LRLwemjs ]
こつこつと、営々と努力せよ。
無駄なことは何一つありはしない。
無駄からさえも学べる。
手間を惜しむな。

幹事神さまからです。

220 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 08:04 [ LRLwemjs ]
その先を見よ。
その先になにがあるか。

221 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 08:05 [ LRLwemjs ]
留まることをするな。
淀みをつくるな。
つねに清浄であれ。

222 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 08:14 [ LRLwemjs ]
飛んで火に入る夏の虫
のごとく
悪意を持ち
飛び込んできて
そのまま消滅させられる存在が
どれだけ居ることか。
見せてやりたい。
驚くほどだ。

「飛び込んでくる」というのは、このスレに、ということだそうです。
邪な霊的存在のこと。

223 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 08:31 [ Zk/bu86c ]
>210の続きです。
>bluebirdさん
先日実家へ行った時、母からご近所に住む方が自殺なさっていた(私は面識ないけれど、
母が一時世話になった)と聞きました。
イメージすると、その人は「上がりたくなさそうな感じ」がしました。
「心残りが沢山有るだろうな」と思ったのと、私は上へ上げる力が無いので、
「それでは気持ちが少しでも安らかになるように…」と思いながら、その人の
家の周囲に結界と、その家の中に上へと向かう真っ白(塩)な、ら旋の柱を
イメージで置いてみました。
その方と今回の件は関係あるのかどうか分からないけれど、昨夜ふと思い出しました。
「私がした事は余計なお世話だったのかも」と今にして思います。

さて、昨夜は結界の盲点を教えてもらえたので、立体的に結界を張ってみました。
そして教えてくれた存在に対するお礼として、大きな両手でそれを包んで小さくし、
「元の持ち主の所へ戻りなさい」と命令しながら投げてみました。
よりによって、神棚の上に来ていたようなので、神棚の周辺に結界を再度かけて。
そして周囲にいる残りのカスを取り払うのに(爆弾のような)勢いのある白い光で
祓ってみました。眠いから、やり方が乱暴になっていました。

今朝は背中の疼きが無いので、いなくなったみたいです。

224 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 08:36 [ LRLwemjs ]
「飛ぶ」ことを諦めるな。

この「飛ぶ」は文字どおりの意味ではなくて、「飛躍する」という意味。
営々とした努力がある程度蓄積されなければ、「飛躍」に繋がらない。
その蓄積の過程では、成果が目に見えないため、モチベーションが下がるが、そこで
諦めてはいけない、というような意味だそうです。

225 名前: 66 投稿日: 2004/12/01(水) 08:41 [ DGA8xayk ]
>>211
bluebird様
メッセージありがとうございました。

>「一見良くないことが起こるかもしれないが、それは良くなる前のしるし」
と来ました。

わかりました。
何が起ってもあまり動揺せずに冷静でいようと思います。

近況を報告します。
私を取り巻く環境、特に身近かな環境(自宅付近、職場)
はゆっくりと好転しているような感じですが、
移動中などかなりの嫌がらせ攻撃を受けます。
適当に対処(無視)しているのですが、
時々反撃したい衝動にかられ、実際に反撃してしまいます。
なかには、訳もわからず協力させられている人もいるはずなのですが、
私には区別がつかないので、そういう相手を傷付けてしまっていると思います。
前にいただいたメッセージの「自制心を持つ」とはそう言う意味も
含まれていると考えて、できるだけ攻撃には無視、無反応で対抗しようと
思っています。

現実問題として、いろいろと課題が山積みですが、
できるとこから解決しようと
がんばってます。ゆっくりですが。
最大の困難である姑のことは一番後回しになりそうです。

226 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 08:50 [ Zk/bu86c ]
>>201=bluebirdさん
>機が熟するまで待ってください。
了解しました。
リアルでも赤点飛行なのにこの体たらく。神様お怒りかな?」と思っていたので、
一息つきました。
祈りの方法もOKが出たので、改めて気合いを入れつつ楽しみながらさせていただこうと
思います。

>「機械に慣れ親しむ」と来ました。
以前から子どもが楽譜に興味を持っていたので、子ども用の楽譜で初めて教えました。
とても簡単な事なら私でも教えられるのですが、子どもが私の想像以上に興味を
示したので驚きました。
bluebirdさんにお世話になって以来、子どもの、周囲に対する関心が急激に広まり、
スポンジのように吸収するので、その成長ぶりに驚きながら振り回されています。
子どもが音楽のセンスが有るかどうかはさておき(私は無かったので期待せず)、
この先、子どもの成長を(不器用ながらも)サポートしていきたいと思います。
改めてbluebirdさんと神様に厚く御礼申し上げます。

227 名前: 花束 投稿日: 2004/12/01(水) 09:10 [ dfpwbQXo ]
bluebirdさんの、誰へともなく書いてくださった伝言…
全て私あてかしらと思うくらい(←それも不遜ですが)心にささりました。
言葉にして聞いて、納得するということは、なんだか「ずっしり」きますね(笑)
ちょっとだけその「ずっしり」が怖い気もしますが、確実に別の部分が軽くなりました。
ありがとうございます。

>困ったことがあったら相談して良い

…もしかしたら相談するかもしれません。
ちょっと考えて、相談する方を選んだら、時を改めて書きます。

228 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 09:13 [ Zk/bu86c ]
bluebirdさんに対して、とても失礼に当たるであろう事を書きます。

実はbluebirdさんと神様によって与えられた力を得た時、疑問に思いました。
私が「自然への干渉が出来る力」を得た時、孤独を代償として受け取りました。
(人間の波長は荒く、自然の声を聞こうと思ってもかき消される事が多いため)
「なのにこの度、代償無しに力を得たけれど、この先どのような代償を払うのだろうか?」と。
正直な話、家族を失いたくないですし、悪影響を与えたくないです。
もしそれらが犠牲になるくらいなら力を放棄したいし、折角私を守って下さる事に
なった神様達がその結果、私からお離れになったとしても致し方ない、と。

けれど、昨夜から今朝にかけてお書きになったbluebirdさんのレスを読んで
「この方は神の御杖代なのだ」と、ようやく理解しました。
文が飛躍してしまいますが、今は「何が代償なのかを問う」事を止め、
流れに任せてみたいと思います。

それにしても、「力を得たアテクシ」が無闇に良い人ぶるのは偽善なんですね。
生死を問わず、相手に害を為そうとする者にまで手を差し伸べようとしていた
私がアフォなんですよ…と結界が破られた事を知った時、真っ先に思いました。

229 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 09:24 [ Zk/bu86c ]
>>198=花束さん
レスが遅くなってしまい、ごめんなさい。
とても丁寧なレスを頂いたので、実は恐縮していました。
そして「梟の神様は、花束さんに知って欲しかったんだ」と思いました。
私にとっては「ただの好きな話の一つ」にしか過ぎなくても、こうして花束さんの
お役に立ったのなら、梟の神様はさぞお喜びになった事だと思います。
(梟の神様が私を守って下さっている訳ではないので、あしからず)

霊的な夢と、そうでない夢の区別は難しそうですね。
(私のような素人にはチンプンカンプンな世界です)
どうぞ根を詰めたりするような、ご無理をなさらないで下さいね。

230 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 10:26 [ LRLwemjs ]
アヒャさん
結界方法はそれでよいです。

>その方と今回の件は関係あるのかどうか分からないけれど、昨夜ふと思い出しました。
「私がした事は余計なお世話だったのかも」と今にして思います。

関係あるそうです。余計なお世話でした。それによって、「呼び込んで」しまったらしいです。

>その家の中に上へと向かう真っ白(塩)な、ら旋の柱を
イメージで置いてみました。

これがまずかったです。これが呼び込みの道となった。ではなぜ、アヒャさんちに
来たのか?そのかたの家は無事です。
まずいやり方だ、ということを知らせるため、アヒャさんちに同じことを神さまが
なさいました。それによって、蛇がやってきたのです。
しかし上のことは、絶対だめな方法かというとそうではない。
霊層が余程高い人間ばかり集まっている家族の家ならば、上の方法は問題ありません。
邪なものは、その道を通ることができません。
でも、ふつうはこの方法では邪を呼び込みます。

>そして教えてくれた存在に対するお礼として、大きな両手でそれを包んで小さくし、
「元の持ち主の所へ戻りなさい」と命令しながら投げてみました。

これもまずいです。この存在が、そこらへんに居そうな、「ちょっとわるい」ぐらいの
ものなら、これでオッケー。
しかし、今回のはそんなレベルのもんじゃありません。
アヒャさん、やられてもオカシクなかったです。
神さまがカバーしてくださいました。だから無事だったのです。

>神様お怒りかな?」と思っていたので、

神さまは滅多なことではお怒りになりません。ご注意はされますけど。ご注意も1回
だけでなく、何回もアプローチを変えて行っておられます。あまり不安がらないでください。

>今は「何が代償なのかを問う」事を止め、流れに任せてみたいと思います。

ほほほ(汗)。うまいハナシには罠がある(爆)・・・ですね、ふつうは。
少なくとも、わたしを中継して「さしあげているもの」、そのものには「代償」は
ございません。あとで「代金」を請求されたりすることはありませんw。
代償が要るんだったら、こんなスレで、こんなことやってませんてば(汗)。
自分でhpでも立ち上げて商売してますがな(苦笑)。

神々さまのご厚意によるものは、本来無償で与えられます。

しかしさきにも少し関連したカキコがあったかと思うのですが、、「それを与えてよい
人なのかどうか」は当然チェックされるわけです、事前に。
与えられた後も、「それに耐えうる人か」というチェックは常に入ります。
「それをどのように使うか」も見ておられます。

もしもここでさしあげる同等のものが、金銭で購えるものでしたら、むしろ金銭で入手
するほうがずっと「らく」でしょう(笑)。
無償であることには、無償であることの重みというものがあります。
神のみ力をいただくことの重み。

>それにしても、「力を得たアテクシ」が無闇に良い人ぶるのは偽善なんですね。

「そうですよ。よく気づきましたねw」と、、幹事神さまがおっしゃっています(苦笑)。

231 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 10:33 [ LRLwemjs ]
66さん、よかったら、そろそろHN付けてください。

>前にいただいたメッセージの「自制心を持つ」とはそう言う意味も
含まれていると考えて、できるだけ攻撃には無視、無反応で対抗しようと
思っています。

はい、その解釈でけっこうです。

現象としては、未だ続いていると思うのですが、いま現在霊的背景にチェックがいれ
られています。現象も人物も同じであっても霊的背景が変わってくる、ということが
あるのです。いまその最中。つねに見守られていますから、もうちょっと我慢してください。

>最大の困難である姑のことは一番後回しになりそうです。

はい。それでいいです。

232 名前: くるり 投稿日: 2004/12/01(水) 11:38 [ YV13/9KM ]
>213=花束さん
みてくださってありがとうございました。
結論だけいうと吉夢のようなので嬉しいです。
情報後出しですみませんが、商品は一応手にとりました(汗
でも買わなかったんですよね。
人がいないというのは孤独ということなのですね。
確かにもっと与えられた仕事に止まらず
スキルアップしなければ認められないのではないかという焦りがあります。
ベビーカーは最後どうしたのかよくわかりません。
まだ引いていたような気がしますが。
ありがとうございます。
また仕事で変化がありましたらご報告させていただきます。

233 名前: くるり 投稿日: 2004/12/01(水) 11:39 [ 8z27ByF. ]
>bluebirdさん
ありがとうございました。
数々のおことばが身に染み入ります。
私なりにゆっくり考えていこうと思います。
祓っていただいた神様にお礼を申しあげます。

234 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 12:07 [ LRLwemjs ]
外のことは、内のことと連動する。

外に生起する現象は、じつはその人の内面に生起する微細な変化と連動しているのだ、
という意味だそうです。

235 名前: 花束 投稿日: 2004/12/01(水) 12:45 [ /rEqIE7E ]
>くるりさん
人がいないからといって、「孤独」というわけではないんです。
守護の方も、人込みではお会いしにくかった気がしますし(笑)
一人でバーゲンの服売場へ行って〜…という意味を掘り下げていたら、そんな言葉が出てきました。
商品を手に取って買わなかったのは、当時迷いがあったことを言ってるんでしょうね。
ステップアップは、もう始まっているかもしれません。
「吉」な夢ですよ。
守護の方と会う夢なんて、大吉じゃないかなぁ。

236 名前: 花束 投稿日: 2004/12/01(水) 12:51 [ /rEqIE7E ]
>外のことは、内のことと連動する。

実は相談を書き込もうとしたのですが、柵に阻まれました(笑)
神様の柵か、私自身の柵か、詳細はわかりませんが…まだ相談するべきではないようです。
でも上記の言葉をヒントに、少し頑張れそうです。

237 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 13:16 [ LRLwemjs ]
花束さん、勘がよろしいですね(にっこり)。
あなた自身の柵だとおっしゃっています。
もうすこし頑張ってみてください。

238 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 14:21 [ LRLwemjs ]
ことさらに疑うこともよくない。
なぜなら、根拠のない猜疑心は魂を汚すから。
疑いつつも、しかしここに書かれていることに興味のある人は、判断を保留しながら
淡々と読み流していただいて構わない。
それでも、言葉は魂に届く。

239 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/01(水) 16:10 [ psRI56T6 ]
>>238
bluebirdさんの書き込みを拝見して、
以前2chで見た言葉を思い出しました。
こんな言葉です。

『たまみがく為生まれし事を思え
つらく悲しき淵に立つ時
いやいやのことでも勇み喜べ
我たまみがく為生まれかわりし事思い
うらみつらむことなかれ
我生まれし事はすべてたまみがく為と思え』

240 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 17:08 [ Zk/bu86c ]
>230=bluebirdさん
不躾なレスをしてしまったこと、改めてお詫び申し上げます。
さて、「してはならなかった事」だと教えていただいた後、不謹慎ですが
自分に笑ってしまいました。
ロクに知識も無いのに、感性だけで暴走するな…という事なんでしょうね。
不遜な発言ですが、もし私が神様と同じ立場なら「ホントに藻前はバナナか
アボカドか?と小一時間」と言うでしょう。
でも、私は体で覚えるタイプなので、暴走したのに、むしろすっきりしました。

「カバーして下さった神様、ごめんなさい。当面は自粛するからお許しを」と
思っていたら、歪みが見えなくなりました。
しばらくの間は見えないままだと思いますが、もし見えたままだとしても、
またきっと同じような場面に出くわしたら、懲りずに無謀な事をしでかすと思います。
(普段は猜疑心でセーブしているのであって、感性が暴走したら突っ走るだろうから)
それにしても
>そのかたの家は無事です。
その方やご家族に害が及ばなくて、本当に良かったです。

241 名前: ねこじゃらし(66) 投稿日: 2004/12/01(水) 17:19 [ DGA8xayk ]
>>231
bluebird様
66です。「ねこじゃらし」と呼んで下さい。

>つねに見守られていますから、もうちょっと我慢してください。
ありがとうございます。
私もこの頃、神様がずっと見ていて下さると思って行動しています。

242 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/01(水) 17:37 [ Zk/bu86c ]
続きです。

>ご注意も1回だけでなく、何回もアプローチを変えて行っておられます。
神様、私は出来が悪いけれど堪忍してね。
と誤魔化そうとする点が我ながらセコさを感じます。
そういえば、昨夜、咽のセンサーが疼き、額にグリグリとした感触がありました。
今、想像してみましたが「もしかすると神様が指を私の額に当て『分かったかい?
このドアホ』と思っていたのかしら?」というイメージしか思い浮かびませんでした。

>神々さまのご厚意によるものは、本来無償で与えられます。
もしかすると自然へ干渉出来る力の代償としての孤独ではなく、「単に私が
切り替えが出来なかっただけじゃない?」と思いました。
それを勘違いしたまま、うん十年が経過しただけではないか?とも。_| ̄|○
取りあえず、切り替えスイッチを作るイメージをしてみます。
アドバイスありがとうございます。

>無償であることには、無償であることの重みというものがあります。
私の場合は、「(私が置かれている立場上)必要であるにもかかわらず、
私の性格的に最も苦手とするジャンル」が与えられているような気がしました。
一に勉強。二に勉強…ですね。

>「そうですよ。よく気づきましたねw」と、、幹事神さまがおっしゃっています(苦笑)。
幹事神様。暖かな目でお見守り下さり、ありがとうございます。

なお、報告が二つあります。
一つは「機械に慣れ親しむ」で真っ先に思い浮かんだのが、子どもがキーボードに
興味を示している事ですが、もう一つは「パソコンの勉強をやり直したいな」と
思っている事を見透かされているような気がしました。

二つ目は、今日の夕方に彩雲を見ました。
見ているうちに何故か日本を中心とする東アジアの地図(雲の形は似ても
似つかなかった)を連想し、日本がある場所には淡い彩雲が、東南アジア
(ベトナム・タイ・シンガポール・フィリピン・マレーシア近辺)には
鮮やかで美しい彩雲がありました。
最初はその美しさに畏れを感じましたが、何故か「(彩雲の有無にかかわらず)
来年は良い年になりますように」と思えてきました。
…何となく書きたくなったので書きました。

243 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 17:58 [ LRLwemjs ]
>>239
この者とともに歩め

とメッセージ来ました。
「この者」というのは、bluebirdのことだそうです。

244 名前: 157 投稿日: 2004/12/01(水) 18:37 [ 4t7n9Lfw ]
>>239さん
どうしてもお礼が言いたい。
良い言葉をありがとう。

245 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 19:26 [ LRLwemjs ]
157さん、よろしかったらHNお付けください。

246 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 20:15 [ LRLwemjs ]
>>240アヒャさん
>ロクに知識も無いのに、感性だけで暴走するな…という事なんでしょうね。

いや。あなたは経験を積まされています。失敗をわざとさせるように仕向けられる
ことだってあるんです。今回のはそれです。

>「カバーして下さった神様、ごめんなさい。当面は自粛するからお許しを」と
思っていたら、歪みが見えなくなりました。

これはね、幹事神さまがそれらの歪みを取り去ってくださったのです。幹事神さま
じつはほかのお仕事に従事されるようになりましたので、べつの神さまと今日、交替
されたのですけど、、アヒャさんへの「餞別」?としてそれをやってくださいました。
神さまがなさったのです。

247 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/01(水) 20:23 [ LRLwemjs ]
>>242アヒャさん
>そういえば、昨夜、咽のセンサーが疼き、額にグリグリとした感触がありました。
今、想像してみましたが「もしかすると神様が指を私の額に当て『分かったかい?
このドアホ』と思っていたのかしら?」というイメージしか思い浮かびませんでした。

これはですね、意識下でやっていたので、言われるまで気づきませんでしたけど、アタクシが
アヒャさんのところへ出張していたらしいですw。懲らしめの為ではありません(笑)。
ちょっとアヒャさんの魂の同意を得て、魂の組み替えを行っていました。

>もしかすると自然へ干渉出来る力の代償としての孤独ではなく、

いえ。それは代償です。その捉え方で合っています。

>私の場合は、「(私が置かれている立場上)必要であるにもかかわらず、
私の性格的に最も苦手とするジャンル」が与えられているような気がしました。
一に勉強。二に勉強…ですね。

はい。これもその捉え方でけっこうです。

>見透かされているような気がしました。

ええ。見透かしておられましたよ、元幹事神さまが。

>二つ目は、今日の夕方に彩雲を見ました。
見ているうちに何故か日本を中心とする東アジアの地図(雲の形は似ても
似つかなかった)を連想し、日本がある場所には淡い彩雲が、東南アジア
(ベトナム・タイ・シンガポール・フィリピン・マレーシア近辺)には
鮮やかで美しい彩雲がありました。
最初はその美しさに畏れを感じましたが、何故か「(彩雲の有無にかかわらず)
来年は良い年になりますように」と思えてきました。
…何となく書きたくなったので書きました。

はい。書く必要がありました。そして実際にそのようになるでしょう。

248 名前: 239 投稿日: 2004/12/01(水) 22:34 [ fDGi3PY6 ]
>>243
bluebirdさん、
お言葉、確かにお受け致しました。
ありがとうございます。
ともに歩むには、あまりにもおぼつかない足取りの私ですが、
こうしてお言葉を頂戴出来たのも何かの縁だと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

>>244
157さん、↓の501さんが書いて下さった言葉です。
『言霊について教えてください』
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1084726398/
何故かどうしてもこの言葉を誰かに伝えたくなったのです。
言葉の良さを共有できたことを嬉しく思います。
ありがとうございます。

249 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 07:49 [ 116aKWUU ]
ことごとく
覆る。
過去の因習。
見ていなさい。

250 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 07:51 [ 116aKWUU ]
かつての所業
暴かれ
すべて精算。
逃げ隠れできず。

251 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 07:52 [ 116aKWUU ]
「とんでもないこと」のように
思うか。
「とんでもないこと」が
じつは
本来の在り方。

252 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 07:54 [ 116aKWUU ]
実際の神は
想像よりも
はるかに厳しく
はるかに温情にあふれる。

253 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 08:03 [ 116aKWUU ]
戸惑う群衆
迷妄の中に留まるな。

254 名前: 前スレ705 投稿日: 2004/12/02(木) 08:04 [ ESETZVbA ]
bluebirdさん、このスレの皆さまへ

前スレの流れから、ずっとロムしていました。
横レスになりそうなので、ずっと控えていたのですが、お礼だけでもと
思い、書き込ませて下さいね。

前スレ最後の流れで、こういった場をつくって下さり、心から
感謝しています。勉強させていただいています。ひとうひとつあげていくと
長文になってしまいますが、bluebirdさんの言葉を始め、このスレに書かれている
言葉全てに感謝!です。ありがとうございます。

あと、前スレにいらして、あの場を作っていただいた方、ひやかさずに突っ込みも
いれずに私の書き込みを許してくださった方々、この場を借りましてお礼させて
下さい。ありがとうございました。(bluebirdさん、書き込まれてる方々、失礼いたしました)

255 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 08:05 [ 116aKWUU ]
緑あふれ
慈愛にみちた世界が
すぐそこにある。
門は狭い。
その門をくぐれ。

256 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 08:09 [ 116aKWUU ]
前スレ705さん、HN付けてください。
なお、今までも今後もときどき来られたかたにHNを付けるようにと申しあげますが
これはわたしが言っているのではありません。
神さまがそうおっしゃっています。

257 名前: 前スレ705 投稿日: 2004/12/02(木) 08:15 [ ESETZVbA ]
今、リロードしてみたら、bluebirdさんがいらしていたんですね。
おはようございます。
モロに横レスでごめんなさい…。
HNは、少し考えてみます。ごめんなさい。失礼しました〜(恥

258 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 08:18 [ 116aKWUU ]
緑がなくなる。
大地が剥き出しになる。
大気の汚れが閾値を超え
地表に出ていられない。

259 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 11:26 [ 116aKWUU ]
「とんでもないこと」と
思う人間と
それを受け入れて生きる
人間と、
ふたつに分かれる。

260 名前: 157→アリーシャ 投稿日: 2004/12/02(木) 11:26 [ LHif.ovk ]
どうも157です。ちょっと恥ずかしいですが、HNを付けてみました。
このHNは夢の中に出てきた言葉で、私とまったく関係ない単語
だったので気になっていまして。この機会にちょうど良いので拝借しました。
あ、女性っぽい名前ですが私は男性です(汗
わかりづらかったらアリでもなんでも省略して呼んでいただければと思います。

私も感謝の言葉をいいたいです。
このスレッドに来てからというもの、毎日に起きる全ての出来事が自分の成長に
繋がっているんだと言うことが感じられてとても新鮮です。
このスレッドの書き込みの全てが成長になりうると言うbluebirdさんの言葉は事実でした。

昨日などはちょっとした人助けのようなものをしたのですが、なぜか
この出来事が神様がくれた贈り物のような気がしました。
出来事としては簡単だったんです。でもそれが逆に「君にはこの位からが丁度いい」
といわれているような感じがして、頭が下がりました。
ただ、問題はその後。(性懲りも無く)お礼を期待していた自分に、私の期待を見透かすかのような
ものが返ってきた時は、「やはり全てお見とおしなのですね」と思わず笑ってしまいました。

私は来年に社会人になるというまだまだ未熟な存在です。
無駄な期待はしない、驕らない。自分の出来る精一杯の努力をする。
私は常に自分の価値観を確かめていきたいです。

われ生まれし事はすべてたまみがく為と思え。やっぱりいい言葉だ(しみじみ)

261 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 11:27 [ 116aKWUU ]
さらに言うなら
受け入れるにしても
表面だけをなぞる者と
深くそれを魂に浸透させる者とが
出てくる。

262 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 11:32 [ 116aKWUU ]
アリーシャさん
>この出来事が神様がくれた贈り物のような気がしました。

はい。贈り物でした。

>出来事としては簡単だったんです。でもそれが逆に「君にはこの位からが丁度いい」
といわれているような感じがして、頭が下がりました。

そのとおりですw。よく捉えてらっしゃいますね。

>ただ、問題はその後。(性懲りも無く)お礼を期待していた自分に、私の期待を見透かすかのような
ものが返ってきた時は、「やはり全てお見とおしなのですね」と思わず笑ってしまいました。

わたしも笑ってしまいましたし、幹事神さまも笑っておられます。
そうやって気づけただけでもよいのです。
魂の癖は一朝一夕には取れません。根気強く、なんども同じような状況におかれ、何度も
練習を重ねるうちにだんだん取れていきます。
焦らず、怠らず、少しずつ、ですねw。

263 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/02(木) 15:39 [ d7hmcB6o ]
連投すいません。まだ私も詳しくは分からないのですが
チベットの僧侶である「テンジン・デレク・リンポチェ」と言う方が
中国政府に不当に死刑を執行されそうになっているのですが、皆さんご存知でしたか?
恥ずかしいことに私はまったく知りませんでした。今色んなスレッドに書き込まれているみたいです。
TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN(TSNJ)と言うサイトでこの方の死刑執行
の中止を求める嘆願書を書いて欲しいと訴えています。

TSNJ緊急行動:チベット人僧侶テンジン・デレク・リンポチェの死刑執行中止をもとめる緊急行動にご協力ください。 
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://www.geocities.jp/t_s_n_j/savetenzin/index.html

2chでのスレッド
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1101253419/l50

今私が出来る事として、どうしてもこのスレッドに書いておきたかった。

264 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 16:38 [ 116aKWUU ]
生死を超えた世界がある。
生死を軽んじてはならない。
しかし生死のみに拘ってもいけない。

265 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 16:41 [ 116aKWUU ]
慈悲心を持て。
我が身をその人の身におきかえて
考えよ。
しかし目先だけのことに
とらわれず
その人の魂の成長を
助けよ。

266 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 17:14 [ 116aKWUU ]
十字架の中央に位置するもの。
違う性質、違うベクトルを
統合するもの。
それが現れた。

267 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 18:14 [ 4dr9Z9p2 ]
>>246=bluebirdさん
>あなたは経験を積まされています。
「あの姑の嫁をしている私って偉いじゃん」と、バカな事を真っ先に思いました。(w
冗談はさておき、ホントに自覚ないです。あるいは分かっていないだけかも。

>失敗をわざとさせるように仕向けられることだってあるんです。今回のはそれです。
体で覚えるタイプ(私)には、むしろ有り難い経験だと思いました。
教える側はさぞ大変かと思いますが…。

>幹事神さまがそれらの歪みを取り去ってくださったのです。
お札に向かい、改めて先の神様と、新たな神様にお礼を申し上げました。
思いが届くと良いな。

先にお守り下さった神様は、何となく静閑な空間がお好きな方のような
気がしましたので、気が引けていました。
(我が家は山手線の高架下並に五月蝿い)
新たに来て下さった神様は、やはり何となくですが人間の騒音にあまり関心が
なさそうな気がしますが、それでも神様にとって少しでも居心地良く感じられるよう、
私は出来る範囲で試行錯誤していきたい…と思っています。

>アタクシがアヒャさんのところへ出張していたらしいですw。
あらま。あの時理解できていれば「ようこそお越し下さいました」とご挨拶…
出来たかどうかは分かりませんが、何となく惜しい気がします。(わはは
そうか、暴走を懲らしめる為では無かったんですね。…安心しました。

今日の明け方「南・南(ry」と合計8回声が聞こえたような気がしたので、家から
南の方角にあるコンビニで買い物してみました。
…と書いてみましたが、どうやら意味が違うような気がしてきました。
もし、「南の国へご招待♪」なら喜んで参りますのに。
声を思い出す度に旅行へ行きたくなってきて、今(顔がにやけつつ)困っています。
沖縄の美しい海のイメージ付きでなくて、本当に良かったわ。(w

268 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 18:39 [ 4dr9Z9p2 ]
bluebirdさんがお書きになった>258のイメージを緩和できるかどうかは
分かりませんが…。

どんな大都市であっても、アスファルトの下には役目を忘れ眠り続ける大地が
あります。
彼らは、日の光を浴びる事で本来の役目(豊かな恵みを育む)を思い出し、
時間とともに活性化していけるだけの余力を未だに残しています。
眠らせてしまったのは私たち人間なのですが、どうか時々でいいから「大地はただ
眠っているだけで、力を失ったわけではない」事を、思い出して下さい。
そして、名も知らぬ草花が大地を守ろうとしている姿を見守って下さいね。

どんな大都市でも太陽の光が差し、雲が見え、雨や雪が降り、風が吹くように、
例え何処へ行ったとしても、自然は私たちのすぐ近くにいます。
ただ、彼らは人間から支配される事を嫌うので、もし「自然が身近に感じられたら」
付かず離れずの距離を保つようにして頂けたらいいな、と思います。

bluebirdさん。
bluebirdさんの意図とは全く違う事を書いてしまい、ごめんなさい。
どうしてもこれだけは書かずにはいられませんでした。

269 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 18:54 [ 4dr9Z9p2 ]
>263=アリーシャさん
はじめまして。
素人意見で誠に申し訳ないですが、中国政府が裁判を終えているにもかかわらず、
その方が今も生存なさっているというのであれば、そして海外でもその方を
助け出すよう動いている方々がいらっしゃるのなら、中国政府的にはその方を
死刑にするよりも、諸外国からの圧力を期待しているような気がします。
(「中国=即裁判=判決当日に刑執行」というイメージがあります)

ご紹介されたHPやメール等を読むには、私の語学力が無さすぎて泣きたく
なるのですが、分かる範囲で目を通した上で、「個人情報が漏れない」と
思えましたら、微力ですが協力したいと思います。

270 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 19:01 [ 116aKWUU ]
>>267
>今日の明け方「南・南(ry」と合計8回声が聞こえたような気がしたので

「南の国」らしいです。それでこれ以上は教えるな、と。アヒャさんがこれからさきを
「受け取るように」しなさい、といわれています。そしてそれをここに書きなさい、と
これも課題です。

>>268
いや(汗)、あの、メッセージは「わたしの意図」ではありません。
あまり解説をしないので戸惑われたかもしれませんが、メッセージは予知のばあいも
あり、警告のばあいもあり、祈願のばあいもあります。
例のメッセージは当然「警告」にあたるものです。ですから、アヒャさんが書いて
くださったことはそれで良いのです。アヒャさんが書かれたとおりなんですよ。
今後もなにか書きたい、捕捉したい、というときには遠慮なく書いてください。

警告メッセージは、、けっこう強烈だったりするので、びっくりされるかもしれません。
わたしも送信前にさんざん確認を取るのです。しかし送信しなさい、と言われる。
ちょっとこちらでは推し量り得ない理由があるらしいのです。
またなにを書き込もうと結局は、読むかたのそれぞれの解釈に任されています。
ですので、いたずらに不安がらず、日常は日常としてきちんと送ってくださいね。

そしていちおう念のために申しあげますが。
ほんとうに重要な予言?というのは、公表されることはありません。
ですから、ここにもし予言が書かれたとしても、たいして重要ではないものばかり、と思って
いてください(笑)。

271 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 19:09 [ 4dr9Z9p2 ]
268の追記。
「大地」と書いたけれど、ほんの地下数メートル程度のイメージです。
地下深く(例えば震源地)まで及ぶほどの影響力を、人間が持つ事は難しい
ような気がします。
地震のエネルギーがケタ違いなので…少なくても私は地震を止める事は出来ないです。
せいぜい、毎年、私が住まう地区やその周辺の豊作を願い、それを叶える
ために、少しばかり天候の急変を緩和する程度の力しかないです。

その土地を心から愛し、気候の変化を柔軟に受け止め(他人に自らの力を誇示せず)、
「自然も動物も人間も同じ一つの命にしか過ぎない」と思える人々がその土地に
多く住むほど、その土地では安定した作物の生産をし続けていけるように思います。
気候の安定さは、自然界に住む動物達の生息数を適正に保つ働きにもつながっていきます。

…とずいぶん長い独り言を書いてみました。

272 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 19:39 [ 4dr9Z9p2 ]
>270=bluebirdさん
あらま、行き違い(しかも余計なお世話じゃーん(藁)になりましたね。

>そしてそれをここに書きなさい、とこれも課題です。
了解しました。
「何が出るかな?何が出るかな?♪」と楽しんでみます。
沖縄に行きたい…でもこれは違うような気がします。
それにしても、やっぱり近くのコンビニでは無かったんですね。_| ̄|○

>今後もなにか書きたい、捕捉したい、というときには遠慮なく書いてください。
これも了解しました。
実はお恥ずかしい話ですが、これらを書いた一番の理由は人手不足である事を
何処かで訴えたかったのですよ。
私と同じような力を持つ方々が、おそらくはご高齢のためここ数年で何人かが
お亡くなりになっているようです(私とは生涯面識なし)。
だけど、基本的にはその土地(日本だけに限らず)には「守ろうとする人」が常時
数人はいてくれたのに、力が世襲制でない事と、自然に感心を持つ人が激減した
現状に頭を抱えていました。
私一人(だけではないけれど)で全国をカバーする事は絶対に無理な話。
その土地を守るには、その土地に住み、その土地の空気を吸い、水を飲まなければ
ならないのです。
「その土地が、その人を育てる事に意義があるから」という理由からです。
bluebirdさんが私に力を預けて下さったように、私が何方かに伝える事が出来れば
良かったのですが…。

bluebirdさんの書き込みに反応しながらも、心の中では「もしかすると、
ここをROMしている人の中に『自然と交流できる人』が現れるかも知れない」と
思いました。
もし反応する方がいても、いなくても、私にとっては、こちらに書く事が
必要だったのかもしれないので、どうか深刻に受け止めず、
サラッと受け流して下さいね。>ROMの皆様
長文で、しかも騒ぎ立ててしまい、本当にご心配おかけしました>bluebirdさん

273 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 20:19 [ 116aKWUU ]
>私と同じような力を持つ方々が、おそらくはご高齢のためここ数年で何人かが
お亡くなりになっているようです(私とは生涯面識なし)。
だけど、基本的にはその土地(日本だけに限らず)には「守ろうとする人」が常時
数人はいてくれたのに、力が世襲制でない事と、自然に感心を持つ人が激減した
現状に頭を抱えていました。

アヒャさんのおっしゃるとおりだそうです。
で、これには深いワケがあります。しかしさすがにここにそれを書くわけにはいかない
のです。減るのは減るだけのワケがあります。それにはきちんと神さまのご意図が
働いております。ですから徒に心配しないでください。
かなり根本的な「変化」が起ころうとしています。

274 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 20:31 [ 116aKWUU ]
遠くを見ずに
近くを見よ。
足元の一歩を
おろそかにしてはならない。

275 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 20:37 [ 116aKWUU ]
遠くからやってくる。
とても遠いところから。
見たこともないもの。
それが、人々を
掻き分けて進む。

276 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/02(木) 20:39 [ 116aKWUU ]
遠い空からも
やってくる
見たこともないもの。
掻き分ける「それ」を
焼き尽くす。

277 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/02(木) 21:10 [ E3Iy4qh. ]
今さっき光を感じて空を見ると、その光は煙とともに一瞬で流れていきました。
飛行機でもなく流れ星でもなく、ロケット花火の巨大版?のような・・・。

278 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/02(木) 21:27 [ 4dr9Z9p2 ]
>273=bluebirdさん

>ですから徒に心配しないでください。
>かなり根本的な「変化」が起ころうとしています。
了解しました。
「お手柔らかにお願いします」と神様にお伝え下さいませ。

279 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/02(木) 21:30 [ RmWoZtCo ]
>アヒャヒャさん。
こちらこそはじめまして!
レスありがとうございます。いきなり「なるほどー」と思ってしまいました。
私は泣けてくるぐらい認識力、先見の明に欠ける人間なので
アヒャヒャさんの書き込みを見るほどに自分の暴走具合に後悔また後悔…。
中国ならどんな事でも裏があると見ていいのでしょうね。

しかも。私の後のbluebirdさんのレスが止めを刺しているようだ(汗

>生死のみにこだわってもいけない
すいません、こだわってしまいました。

>目先のことだけにとらわれず
すいません、とらわれてしまいました。

bluebirdさんのレスを考えると、
もしかしたら彼は生死についてはすでに超越しているのかもしれないと思いました。
自分の世界観と他人の世界観は違うことを教えられたような気がします。

とはいえ、日本は中国のこういう所、報道しませんね。
まぁ靖国問題でワーワーやってるのにこれ以上仲を悪くする事など出来るはず無いか。

>bluebirdさん
やっぱり贈り物だったんですね。とても嬉しい事です。

>焦らず、怠らず、少しずつ、ですね
はい。肝に銘じておきます。
でも、いきなり暴走してごめんなさい(泣)

280 名前: 239 投稿日: 2004/12/02(木) 21:45 [ vKotxCck ]
ここに書き込まれた言葉を拝見していると、
私の心の中を今まで出会った素敵な言葉たちが
駆け巡ります。

『はじめに言葉ありき
言葉は神とともにありき
言葉は神なりき』

281 名前: くるり 投稿日: 2004/12/02(木) 22:48 [ byCDC0ng ]
前スレ705さんと被りますが、私も一言だけお礼を。
一生懸命この板の幹事の神様にも祈ったのですが、一応(笑)。
今日も神様に邪神を祓っていただきました。ありがとうございます。
(邪神の念を感じた後、このスレを開けて幹事の神様にお願いしたら、
左肩から強い「怒りパワー」が出て、邪神の念を感じなくなりました。
左肩が筋肉痛になりそうでしたw 今はやはり熱いです。)
私は邪神・邪霊にやられやすい性質のようなので
これからちょっと身を潜めようと思います。
守護神さまも心配しておられるようなので(笑)。
bluebirdさん、ありがとうございました。いつでもいつでも感謝しています。
とかいいつつ、また泣きつくことがあるかも知れませんが(^^;。

282 名前: ももんが 投稿日: 2004/12/03(金) 03:51 [ n0niL.7I ]
みなさん、初めまして。
いきなりHNで恐縮ですが「ももんが」と申します。よろしくお願いします。
わりと気を感じるタチでして、ネット越しでも多少はわかります。
bluebirdさんがスゴイ方だとわかるだけに、このスレはとても勉強になります。

「とんでもないこと」って確かに何かおこりそうですね。身近なところでも
最近、妙に日差しがまぶしく感じられるし、気温が上昇しているせいか、
昨年から「カエルの大合唱」も聞こえなくなりました。地震も多いです。

私はノストラダムスの予言は「外れた」んじゃなくて「回避された」んだと思っています。
bluebirdさんの>>171「守られるということについて」にあるように・・・
「とんでもないこと」が起こるかどうかより、やっぱり「人の問題」ですよね。
「この世的な執着心」が多くの人の波動を汚していると感じます。
もちろん目の前のことを頑張ることも大事でしょうけど。
どんな結果になっても私自身は潔さを保ちたいです。小心者ですが・・・
失礼しました。

283 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/03(金) 08:15 [ SRciEqxM ]
>>282ももんがさん
おはようございます。

>私はノストラダムスの予言は「外れた」んじゃなくて「回避された」んだと思っています。

そうらしいです。

>「とんでもないこと」が起こるかどうかより、やっぱり「人の問題」ですよね。
「この世的な執着心」が多くの人の波動を汚していると感じます。

そうですね。人の想念の集積というのは、ものすごい力を持っています。
それが穢れたものであれば、その穢れのパワーも大きなものになる。
そして穢す原因の多くはまさに「この世的な執着心」であって、ですからそれを自覚し
注意していくほうがよい。自覚するためには、やはり自分の思考、感情などを観察
する癖を付けていくのが、とりあえずは良いかと思うのですね。
いきなり瞑想というのは、ちょっと。瞑想そのものが悪いわけではありませんが、指導者
なしに自己流で行うと危険な場合があります。

ではこの世の執着とか、欲心とかをすべて取り去るというのも(ごく特殊な修業をしている
かたは別として)、一般のかたにとっては、土台ムリだし、そこまでする必要もないわけです。
欲を適正な範囲にコントロールして、生きていければ良いわけですね。

284 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/03(金) 11:01 [ SRciEqxM ]
>ももんがさん

今までいろいろなことをしてきただろう。
そろそろ卒業しなさい。
新しい段階に入る。

・・とメッセージきました。

285 名前: ねこじゃらし 投稿日: 2004/12/03(金) 11:41 [ B44.Fi1U ]
>bluebird様
長文失礼します。

「自分が変わらなければ、相手も変わらない。」
この言葉が、少し前からずっと心のなかにあります。
ここしばらくの間、いろんなことを考えていました。
今までの人生や懺悔すべきこと。そして今置かれている状態になった現実世界
での原因であろうことについて。

Bluebirdさんには私の問題に対していろいろと霊的な対処をしていただきまし
た。このことで思ったことなのですが、邪なものが祓われたとしても、その人
間の感情、意識が直結して、急によいものに変わるというわけではないという
ことです。
私のなかにもいたというたくさんの悪いもの、それを祓っていただいたわけで
すが、だからといって、私自身が急に、すばらしい考え方をする人間になった
と言うわけでは全くなく、意識としては昔のままで、相変わらずネガティブな
物の考え方をするし、特に、私に対して嫌がらせをしてくる人たちに対する
復讐心などは心から消せずにいます。
(私が復讐する必要はないことなどわかっているのですが。)
そうなってくると、後は私自身の問題だと思うのです。
もう根本的な原因となる邪神はいないということなら、これから、私自身が
どう思いどう行動するかによって、周りの環境がそれについてくるように
なるのかと。
「自分が変わらなければ、環境も変わらない。」ですね。

Bluebirdさんが私に対して何か行うことはもうなくて、ただ、時々霊的背景の
チェックをするだけなのでしょうね。
神様が見守って下さっているということは同時に私の行動も査定しているとい
うこと。正しく生きていれば、状況が悪くなればそれなりにちょこっと助け舟
出して下さるでしょうし、そうでなければ放っておかれるのでしょうね。
きっとそう言うことなんだろうなという結論に勝手に達してしまいました。
具体的に何をどのように行動したらよいかまではまだ考えられないのですが。
とりあえず、はやく復讐心とはおさらばしたい。これが一番苦しいので。

ただ、まだ不安なのでもう少しここにいさせて下さい。
「気付き」足りないことがあるならおっしゃって下さい。
もう少し、お話しさせてください。

追記
神様からのメッセージの「一見よくないことがおこる・・・」ですが、
よくないことはまだ起っていないようです。ちょっと怖。

286 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/03(金) 12:09 [ SRciEqxM ]
>ねこじゃらしさん
全く申し分ありません。書いておられることは、そのとおりです。それをあなたは
自ら考え、自ら気づかなくてはなりませんでした。

>よくないことはまだ起っていないようです。ちょっと怖。
これね、もう起こっちゃいましたw。ひじょうに微細なものに留めてくださったようです。

287 名前: ねこじゃらし 投稿日: 2004/12/03(金) 15:50 [ B44.Fi1U ]
>>286
bluebird様
お返事ありがとうございます。

>それをあなたは自ら考え、自ら気づかなくてはなりませんでした。

私が気付いたというより気付かされたのだと思います。
神様やbluebirdさん、そしてココにいる人たちの書き込みによって
「気付かされた」と思います。
カンのするどい人ならもっと早く気付いていたのでしょうが、
やっぱり私凡人なので、時間かかってしまいましたw。
やっと壁一つ越えたと言う感じですね。
「気付い」たあとは、「行動」せねばなりません。
またこれが困難かと思われ・・「頑張れ!私」

神様、bluebird様、そして皆様、
大変感謝しております。

>>よくないことはまだ起っていないようです。ちょっと怖。
>これね、もう起こっちゃいましたw。ひじょうに微細なものに留めてくださったようです。
いったい何だったのかよくわからずです。
神様、微細なもので留めて下さって本当にありがとうございます。

288 名前: 花束 投稿日: 2004/12/03(金) 16:02 [ vIxB8iTc ]
今日、シクラメンの鉢を買ってきました。
これからシーズンだというのに、何故か処分品のコーナーにいらっしゃいました。
花屋さんが親切に、元気に育てるコツなどを教えてくださいました(笑)
たくさんの薄紫の花が、まるで花束みたいに咲いています。
家まで帰る途中、私もうきうきしました。
これからずっと仲良くします。
切り花も何か買ったら、サボテンとシクラメンが喜ぶのかな?
でも、しばらくシクラメンさんがうちに馴染むまで、お話したりしながらこのまま過ごそうかと思います。

相談しようと思っていた問題は、精神的には解決の方向性を見いだしつつあります。
あとは行動…できるかな。
ちょっと怖いけど、大丈夫です。

289 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/03(金) 18:17 [ SRciEqxM ]
>>287ねこじゃらしさん
>カンのするどい人ならもっと早く気付いていたのでしょうが、
やっぱり私凡人なので、時間かかってしまいましたw。
やっと壁一つ越えたと言う感じですね。

早ければいい、ってもんでもないですよw。気づいたことを「身につける」というか
「血肉にする」ほうが大切です。
自分のペースで進むのです。それがいちばん確実です。

290 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/03(金) 18:21 [ SRciEqxM ]
>花束さん
そそくさと
片づけず
じっくりとそれを
眺めなさい。
いろんな角度から
見なさい。
手にとって
見なさい。
遠くから
見なさい。
一度なにかで覆って
見なさい。

さて
なにが見えてくるでしょう。


・・・とメッセージです。「それ」というのが花束さんが今抱えておられる問題
のようです。

291 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/03(金) 18:39 [ ExE3ZYTA ]
>>270=bluebirdさん
>「南の国」らしいです。それでこれ以上は教えるな、と。アヒャさんがこれからさきを
>「受け取るように」しなさい、といわれています。

これが神様の意図なのかどうかは分かりませんが、本日面白い事がありました。
いつものように書店へ行き、探し物(ある人物に関係する歴史本)を探している
うちに、何の気なしに手を伸ばした本が、ハワイ王朝最後の女王に関係する物でした。
探し物はマニアックな内容なので、今日は探すのを諦め、この本を買いました。

以前からフラには興味があったのですが、彼女の名は知っている程度です。
ですが「そういえば、この方も『南の国』に関係するわね」と思い出したので、
外れて元々の覚悟で報告します。
フラを習得するのは庶民にとっては高嶺の花なので、今はもっぱら空想で
楽しんでいます。(w

292 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/03(金) 18:56 [ ExE3ZYTA ]
>>279=アリーシャさん
まずは、ドンマイ。
私も失敗ばかりしていますよ。(先日暴走したばかりだし(w)
私もこちらに書き込んでいらっしゃる皆さまと同じく、bluebirdさんや
神様からヒントを授けてもらっている身です。
だから、どうぞお気にならさずに、ね。

>中国ならどんな事でも裏があると見ていいのでしょうね。
中国に限らず、かもしれないですね。
偉そうな事を書いていますが、私の場合その手の情報源が2chヌー速+なので、
どこか偏見に満ちていると思います。(TVでニュースとして流さない事件を探すには便利)

…その方が無事に中国から国外退去(亡命?)になるといいですね。

293 名前: ももんが 投稿日: 2004/12/04(土) 01:28 [ p/Bqz0iw ]
>>284 bluebirdさん
メッセージ有り難うございます。考えています。
私には「いろいろなこと」も含めて全てが大事です。
3ヶ月ほど前から、すでにいくつか変化は感じていまして、
イヤ、遡ってみれば今年は「激動」でした。
流れのままに「気がついたら卒業していた」という感じになるかもです。
とりあえず単に「流される」ことは避けたいですが・・・

294 名前: 239 投稿日: 2004/12/04(土) 17:03 [ 9p.Vzvx. ]
「天は自ら助くるものを助く」という言葉がありますが、
周りの助言を聞き入れず、気付こうとしない人に対しては
どのように接すれば気付いてもらえるようになるんだろう。
自身が変わるにしても、限度があると思うのですが…。

295 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/05(日) 01:56 [ fHEMo65s ]
本来人は、天にも神にも他人にも依存することなく、
自分自身をのみを信じて生きることが出来るんでしょうね。
そしてそれが真に自覚できた人なのだと思います。

296 名前: 花束 投稿日: 2004/12/05(日) 06:32 [ ZmukTF0M ]
>>290
bluebirdさん

貴重なメッセージ、ありがとうございました。
私なりの方法を使って、角度を変えてみたり、距離を変えてみたり、じっくりと考えてみました。
きっとまだ途中ですが、だんだんと整理され、見えてきたものがあるような…

「どのように愛するか」という問題。
私が「無意識でする暴力」への気付き。

問題について、どのように行動するべきかは、考えれば考えるほど分からなくなってしまいました。
でも、それで良いように思います。
いつか分かればそうすればよいし、分からなければ考え続ければいいからです。

愛とは、相手の魂にとって一番いいことだと思う。
私には、魂が見えないので、それを「相手の本質」であると考えるようにする。
本質を無視することは、たとえ一見正しいことでも、暴力になるのだと思う。
だから、私は「見る」必要があったのだ。
むげに暴力をふるわないように…

どうすればいいのか?の答えは、自分と相手を見る作業の中にあるのですね。
安易に答えを求め、時には暴力的な行動をとった自分がいました。
(これからも同じ失敗をしないとは限らない、この怖さ…その時は、出来るだけ早く気付きたい)

最後に強く思う言葉は、ここには書かずに胸の中に留めます。
そして、この気付きをくれたすべてに、感謝いたします。

297 名前: ついな 投稿日: 2004/12/05(日) 09:46 [ ympSBlrU ]
みなさま、はじめまして。
2chの時からロムさせていただいていました。

えと、bluebirdさんの紹介で、教えていただいて
拝見していたのですが皆さんのすごく気づきの速度
が早いことに驚かされます。

本当にこちらはいい雰囲気ですね!!
また書き込みさせていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

298 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/07(火) 09:19 [ Qnp2ZVoE ]
今朝方、まるで回転ベッドのように地面がゆっくりと何度も回る夢を見ました。
(「そんな事はありえない。これは夢に違いない」と突っ込みながら)
そうしたら、南から来た大きくて細長いエネルギーが海底からスッと
海上へ抜けたような気がして、揺れが収まりました。

昨日、「寝る前に2ch地震+を見た影響があるかも」と最初は思いました。
けれど気になったので、気象庁のHPで調べたところ、12月1日午後11半くらいに
京都付近で地震があり、昨日起きた北海道の地震も同じような時間であった事を
知りました。

京都というか、琵琶湖は「人間に例えると、子宮の場所にある湖」と以前聞いた事を
ふと思い出し、「これの事かしら?そうだとすると、ずいぶん大きなお産だったのね」と
思いましたので、試しにこちらに書いてみます。
反面、今朝は栃木方面が揺れているから、違うような気もします…。

299 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/07(火) 10:07 [ Qnp2ZVoE ]
>>294=239さん
初めまして。
あなたが望むような答えになるかどうかは分かりませんが…。

>周りの助言を聞き入れず、気付こうとしない人に対しては
>どのように接すれば気付いてもらえるようになるんだろう。

「何故気づこうとしない」のかはその人によって理由が違うと私は思います。
共通して言える事は「気づきたくない」という抵抗感の強さかも。
もし「気づきたくない」という選択をその人が(無意識でも)しているのなら、
他者からの影響を受け入れる事はかなり難しいかと。

そういう人を変えようとしても、抵抗されるのがオチだろうから、そんな時間や
エネルギーを費やすくらいなら「自分を変える方が早い」のかも知れない。
ただし、その人が選択した結果は、その人自身が受け入れなければならない。
もし誰かに尻拭いをさせようとするならば、それを拒否すればいいんですよ。
かつてその人が周囲の人の気持ちを拒否したのと同じように、「自分のお尻は
自分で拭いてね♪」と。

私の例だと姑だろうな。せめて普通の嫁姑関係なら良かったのにねー。
私は彼女を変えようとなんて思わない。無駄な時間を費やしたくない。
ただし、家族に悪影響を与えないためにも、為べき事を考えていくのは
止めないけれどもね…という実に冷たいレスになってしまいました。

自らを変えようと決心し、行動する人のみが、自分自身の変革を可能とするのだと
私は思います。

300 名前: 239 投稿日: 2004/12/07(火) 11:10 [ WX/yMako ]
>>299
アヒャヒャさん、ありがとうございます。

気付こうとしない人が他人だったらどれだけ楽か。
これが実の親(父親です)だとそういうわけにもいかない…。
直接生活に関わってくるだけに、尻拭いの拒否は難しい。

母や子供の助言に耳を貸さず、大事なことも家族には言わずに
勝手に決定して突っ走った挙句、父は色々なものを失いました。
仕事も家もお金も、父の手から零れていく様子がよく見えます。
気付かないのか、気付きたくないのか
もう何度も同じことを繰り返しているのです。

私自身はトラブルもいい話のネタになると、
逆に面白がってる部分もあるけれど、何度も続くとさすがに…。
大事に至らずに何とかなっているので、運は良さそうな気がしますが。

助言もアドバイスも、それを生かせるがどうかは
結局受け手の問題なんですよね。

301 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/07(火) 12:00 [ Qnp2ZVoE ]
>300=239さん
そうか、239さんのお父さんの事だったのね。
それでは一般論でひと括りにするのは乱暴以外の何者でもないですね。
誘導しますので、まずは一通りROMしてみては如何でしょうか?
(※以前お世話になったスレですが、今はROMのみしています)
詳しい事は分かりませんが、何となく↓のスレが該当しそうな気がします。

回復を願う自己愛性人格障害者被害者スレ@カルテ6
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1101068929/

302 名前: 239 投稿日: 2004/12/07(火) 22:29 [ VM7PX8M. ]
>>301
アヒャヒャさん、何度もありがとう。
紹介のスレ、見てきました。
濃い人たちがたくさんいらっしゃいますね。
仕事で関わりのある困った人がぴったり当てはまりました。
意外なところで対処法が分かって嬉しいです。

父には当てはまる項目がなくホッとしました。
親に向かって言うのも何ですが、いい人なんですよね。
何故そのいい部分を上手に生かさないのか
見ていて非常にもどかしいのです。
非情でなければ生きていけないけど、
非情なだけじゃ生きてる意味がないんですよね。
こういう悩みですら、おそらく何らかの学びなのでしょう。
人生は奥が深いですね。

303 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/07(火) 23:09 [ Qnp2ZVoE ]
>302=239さん
それはスマソ>誘導先ミス
お父さんが例のスレの加害者側でなくて、本当に良かったわ。
「もしかして?」と疑った理由は、お父さんが何か重要な事を決めるのに、
家族に相談しないのは、他者の目を気にしているのでは?、と思えたからでした。
(どのような結果が出るか? どれほど家族を巻き込むのか?という配慮が
足りないだけなのかもしれないですね)

「いい人」というのは何でしょうね。
例えば、私にとって都合が良いだけの人?
所謂道徳的な生き方を実践している人?
私と波長が合う人?
冬の夜長に考えるネタを提供して下さった239さんに感謝します。

思い浮かんだ事は、他人から愛されるいい人と、そうではないタイプのいい人が
世の中にいるような気がします。
例えるならば、新庄のような突き抜けた野球バカは前者なんでしょうね。

304 名前: 花束 投稿日: 2004/12/08(水) 04:34 [ MhIEzno. ]
239さんにとって深刻な問題に、私が勝手に共感的なレスをすることを、お許しいただけたら幸いです。

私の父も、いい人ではあるのですが、駄目な人で…本当に「うん、うん」って思いながら読んでました。
いい人だし、賢い人なのに、人間的にどこか欠落しているというか…。
具体的に言うと、人間的な感情を理解するのが極端に苦手。
(共感能力が低いのかな?)
実にロボットめいたところがあって、母は苦労してます。

受け手の問題というのは、確かにあるんだろうなって思います。
簡単に分かってくれる人もいれば、なかなか分からない人もいる。
そして、絶対に分かることができない人もいるのかもしれない。
分かってくれるかもしれないからこそ、しつこく伝えようとするんだけど、あまりに相手の障壁が高いと、げんなりしてしまうんですよね。

自分を消耗しすぎず、そんな父と一緒に、成長できたらなーって思うんですけど…
実際、一緒に住んでるときは、なかなかそんな余裕がありませんでした。
消耗して、彼を恨みたい心地にすらなってしまう。
恨むほどに、父の心根が悪いわけではないのに。
純粋だからこそ、腹立たしいといいましょうか。

なんだか自分の懺悔みたい(笑)
一緒に歩みたいですねって伝えたくて、つい書きました。
お仕事も、ご家庭も、無理をしないで続けてくださいね。

305 名前: 花束 投稿日: 2004/12/08(水) 05:32 [ MhIEzno. ]
それから、「いい人」について、アヒャヒャさんにつられて考えてみました。
なにげなく使っている言葉について考えていると、何か気付きがあるような…

「いい」があるってことは、「悪い」があるってことでしょうか。
いい・悪いを決めるのって、誰なんだろうなぁ…ってところから思索は始まりました。

思いつく限りあげてみると…四つくらいあるのかな。
自分自身をいいと思えるか?
特定の相手からいいと思われるか?
不特定の他人からいいと思われるか?
神様がいいと思われるか?

私、神様はきっと、すべての人をいいとお考えだと思うんです。
人はつい、良い悪いの判断を日常的にしてしまうんですけど、
神様の見ておられる「よさ」に、人間でありながらも共感できたら幸せだな…と思います。
考えなしになんでも「よかれ」と思うのは、人間でありながら神様の真似をしすぎだと思うので、ちゃーんと考えた上で分かりたい…とも思う。

でも、人間が身勝手に決める「よさ」に意味がないかというと、そうでもないんじゃないかな、とも感じる。
性格や容姿や能力の魅力も、きっとわけあって与えられたもので、
それをどのような形の「よさ」に発展させていくかが問題なんだろうなって思うから。
人間は、神様に比べたら不完全だけど、何かしら「よさ」を感じる能力があるからこそ、
「よいものになりたい」と思うこともできる。

「よさ」は、単一の次元では語れないし、絶えず変化していく。
すべての人は「いい」のだけれど、全ての「よさ」は磨く余地があるんじゃないかと。
そして磨いた「よさ」の中に、「かなりよい」とか、「まだまだ」というレベルがあるのではなく…
「よさ」に気付き、磨くことそのものが、大切なんじゃないかなって思いました。

突き抜けた魅力のあるカリスマは、「よさって何だろう?」って考えるとき、いいヒントをくれますよね。
本人にはそれ故の辛さもあるのでしょうが。
何にせよ、人間って不完全だなー…と思いながら、キーボードを休めます。
皆様が、ご自分のよさに気付かれますように。

長文で、ごめんなさい。

306 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/08(水) 08:03 [ cGPXMI7g ]
しばらく不在にしてまして、来れませんでした。すいません。
「ついな」さんに留守をお願いしてましたw。留守のお願いというのは、、このスレの祓いを
お願いしてたんです。ありがとうございました。
レスについては、のちほど書かせていただきます。とりいそぎ、ごあいさつのみ。

307 名前: 239 投稿日: 2004/12/08(水) 10:39 [ gfZuDH1Y ]
>>303 アヒャヒャさん
>>304-305 花束さん
一緒に考えて下さってありがとうございます。

「いい人」の定義は…難しいですね。
何の気なしに使った言葉ですが、
もうちょっと掘り下げて考えるべきなのでしょう。
父は「仕事人」としてはいい人。
この場合仕事が出来るといった意味での「いい人」で、
有能という言葉で置き換えられるかと。
では「家庭人」としてはどうかというと、
悪い人ではないのだけど…といった感じです。
仕事人として生きることで、家庭を犠牲にしてきた部分がありました。
両立するのは難しいことだと、仕事を持つ今になって思えば分かるのですが
もっと幼い頃は寂しく感じていたと思います。
家族でも見る人の立場によって、捉えたかは違ってくるでしょう。
父と母を見ていると、何だか悲しくなるのです。
夫婦って何だろう?

花束さんのお言葉に、何度も頷いてしまいました。
原田宗典さんという作家の本に「優しくってすこし ばか」という
タイトルのものがあるのですが、言葉そのものが私の父にすごく当てはまる気がします。
言葉は聞く耳を持たない人には届きにくいけれど、
伝えることを諦めてしまうことは、変わる可能性を諦めることなのでしょうね。
幼い頃から叱られる度に「呆れたら何も言わない。何か言ってくれるうちが華」
と母に言われたものですが、この歳になってやっと実感として分かるようになりました。

「よさって何だろう?」で、金子みすゞさんの詩が思い浮かびました。

私と小鳥と鈴と

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

不完全だからこそ、他のもののよさに気付くことが出来るのだと思います。
何だかとりとめもなくなってしまってごめんなさい。

308 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/08(水) 12:00 [ cGPXMI7g ]
>>298アヒャさん
>そうしたら、南から来た大きくて細長いエネルギーが海底からスッと
海上へ抜けたような気がして、揺れが収まりました。

「それ」は起こったようです。しかし、地震と直接の関係はないようです。
なにかが「生まれ」ました。

309 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/08(水) 12:27 [ cGPXMI7g ]
>>307
239さんのお父様の場合、その「家族を困らせてしまう言動」に霊的なものは関わって
いません。したがって、なにかそこに変化をもたらしたい場合、「現実的」な対応
が必要となってくるでしょう。
尻拭い・・等については、その都度、家族といえども、どの程度なら許容できるか、
などのすり合わせみたいなことをしていくことが必要かも。
もちろん、そういうのも、239さんにそうしたい意思があれば、ということです。

拒否は難しくても、「この尻拭いをしている私はこう思っている。決して喜んで
やっているわけではない」ということを、239さんが意思表示したいのならば、意思表示
すべきではないでしょうか?それによってお父様の行動は変わらないかもしれない。
言ったところで無視されるかもしれない。でも、「あなた」としての感情をきちんと
率直に説明するのもひとつの方法です。もうされているかもしれませんが。
そのときに「おためごかし」wで、「これはお父さんのためを思って言っている」とは
言わないほうがいいかもしれません。
あなたがどう思うか、思っているのか、を表現するんです。

お父様はじっさい「いいひと」です。そして「いい部分を生かし切れて」いません。
しかし、それはお父様の課題なんですね。だれもそれを「かわって」あげることは
できません。
それも表現してみるのもひとつの方法です(もうされているかもしれませんが)。
「お父さんがイイ部分を生かし切れていないのを見るのが、わたしはとてももどかしい」
でも「それでも、いろいろな尻拭いを不本意にさせられる結果になっていることは、
いやなのだ」とか、そんなかんじで。

あなたがお父様を「どう見ているか」ということを率直に話す。
「尻拭いをさせられることについて、どう思っているか」を率直に話す。
しかし、押しつけない。
お父様は「自分が意見されている」というかんじが、たぶん面白くないんです。
自分のやってることが「うまくいってない」ことが分かるから、よけい面白くない。

でも、身内であっても、「これ以上はむり」という「限界」はあるはずで、もしも
その限界まで突っ走られるんであれば、こちらも覚悟を決めますよ、ということは
ほのめかす、みたいな(笑)。

310 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/08(水) 17:12 [ DHIujH8c ]
>307=239さん
bluebirdさんがお戻りになったので、感じた事をレスしますね。

「北風と太陽」の話ではないですが、将来への予測を楽観的に考えられる場合
(コートを脱いでも暖かい)は、案外自分の今の状態(コートを着ている)を
変える事は容易いかもしれないなぁ、と思いました。
変化への強い抵抗感は、何かに対する恐怖なのかもしれない、とも。
こればかりは239さんのお父さんが胸襟を開かない限り、周囲には伝わらないですよね。

「いい人でありたい」という気持ちの元が、もし「周囲から受け入れられたい」の
であれば、人間にとっては切り離せない欲の一つですよね。
もしそうなのであれば、「周囲から『いい人だと評価される』ために、
今は何が不足しているのか?」と、欲を更に深めてもいいように思えます。
ただ、お父さんが家庭より仕事が優先になりがちなご家庭の場合は、ご面倒で
しょうけれども、子どもから進んで交流していく方が、家庭円満なのかな?と、
私のアフォな子を横目で見ながら思います。(うちの子的には 父>>母(私))

それにしても、私の父は欲の塊のような人間なので、花束さんのように239さんに
そっと寄り添いながら考えていく事が出来ないみたいです。
だけど、堪忍して下さいね。

311 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/08(水) 17:26 [ DHIujH8c ]
>308=bluebirdさん
>「それ」は起こったようです。しかし、地震と直接の関係はないようです。
>なにかが「生まれ」ました。

「もしかすると、私は受け取り損ねたのかもしれない」と思いました。
夢みた感じでは、私を含め特定の誰かに害をなすわけでも無ければ、喜びを与えたり、
干渉するわけでも無さそうな…あまり人間には関心が無いような無機質な感じでした。
もし「それ」が自然に関係する力なら、受け損なったとしても納得出来ます。

312 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/08(水) 17:36 [ DHIujH8c ]
>310の記入漏れです
8行目の「周囲」→239さんのご家族
10行目の「周囲」→お父さんを取り巻く全ての人(あるいはご家族を除いてる?)
12行目の「周囲」→「239さんのご家族」という意味を、お父さんが分かってくれると
           いいですね。

313 名前: 239 投稿日: 2004/12/08(水) 23:30 [ QVyFPwRk ]
>>309 bluebirdさん、ありがとうございます。
尻拭いが必要となった原因が顕在化した時点で
言いたいことは全て伝えました。
が、果たしてちゃんと届いているかというと…。
母から言われるよりも、娘どもから言われた方が堪えるみたいですが。
今後同じようなトラブルを持ち込まれたとしても、
もう物理的に対処不能なので、同じ轍を踏まないよう
手は打ってあります。
次はきっと↓してしまうだろうなぁ…。
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ
「あなたのため」という言葉、
本当は「自分のため」が隠れていますよね。
突き詰めていくと結局、
人は自分のためにしか動けないのかもしれない。
相手のためにと思ってしたことも、
最終的には自分の許へ戻ってくるような気がします。

>>310
>>312 アヒャヒャさん
「変化」ということに対して、今更…と思う気持ちが
根っこにあるような気がします。
年齢的なこともあるでしょうし、
女子供の言うことなんぞ素直に聞けるか!的な部分もあるかと。
子供から交流…。
こういう時、娘じゃなくて息子なら
「男同士の話」なんて流れになるのかしら。
娘相手だと、どうしてもいい格好がしたいみたいで
「心配しなくていい」で終了ですからね…。
話をする、というのが基本で最大の対処法のようなので
根気よく続けていけたらと思います。
何度も暖かいお言葉をありがとうございます。

314 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/09(木) 06:01 [ 0PT4uYKY ]
>>313
少なくともお父様は、239さんから言われたことを記憶されていますし、いちおうの
理解をされてるみたいです。そういう意味では「届いて」います。
たしかにお母様から言われるより、239さんから言われるほうが、堪えるというか(笑)
効果はあるみたい。お父様はお母様からずっと「なにか言われ続けている」のかしら、
ひょっとして?それにたいする感情的な反発があるみたい。だからお母様からなにを
言われても、ハナから受け付けない、みたいなところがあるかも。
そのお父様の問題は、夫婦の関係の問題みたいなかんじがするです。夫婦としての関係
がもつれてしまっている。
でも親とはいえ、夫婦の関係の問題に、子供はけっきょく立ち入れないですよ。
巻き込まれるでしょうけど、境界線をはっきり引かないと、ただただ無駄に時間も
手間も心配も費やすだけになりそう。
そして239さんを「巻き込みたがっている」のは、、お母様のほうではないのでしょうか?
なぜ子供を巻き込むのか?
お母様も「自分の持つ問題」に直面したくないのです。
「わるいのはお父さんなのよ」ということで、味方を作りたいんじゃないのかなぁ。
穿ちすぎな見方でしょうか。

>「あなたのため」という言葉、
本当は「自分のため」が隠れていますよね。

そうです(笑)。そこに気をつけてください。ほんとは239さんが気をつけるよりも
お母様がそこに気をつけたほうがいいんですが。
問題を現実に「起こしている」のはお父様ですが、、じつはお母様の内面にもかなり
「問題がありそう」なかんじがします。

「自分のため」なのに「あなたのため」と言い張るのは、とても「ずるい」ことです。
「こんなこと、わたしはしたくない」と潔く言うほうが、よほど「すっきり」します。

315 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/09(木) 08:25 [ T.QAYDlg ]
>>307
239さん
原田宗典さんの小説って、静かでいいんですよね。
「優しくって すこしばか」は彼の小説ではじめて読んだもので、もしかしたら一番すきかも。
でも彼の小説って、どこか父親へのルサンチマンが強くて辛くなるのが多かったなぁと記憶してます。
金子みすゞさんの詩、書き出してくれてありがとうございます。
すごく素敵で、何度も読んでしまいました。
おもわず声に出したくなる詩ですね。
こないだ詩をメールしてくれた友人に送ろう…(笑)

>>297
ついなさん
お祓いしてくださってたんですねー。
(いわれないと分からないのが切ないなぁ)
ありがとうございますm(__)m
ずっと言いたかったんですけど…
こんにちは。そして、よろしくおねがいします(笑)
挨拶だけだから、書くか迷いまくりで、遅くなりました。

>bluebirdさん
おかえりなさい。お疲れさまでした。
お気付きかもしれませんが、239さんあての文章で、しっかり勉強させていただいてます。
「はっ!なるほど、これはウチもかも」と思ったり(笑)
例の問題は、相手も巻き込んで少し回復の方向にいけそうです。
ただ、まだ何か足りないなーって気がするので、それを見定める必要があるのかな…と。

316 名前: 花束 投稿日: 2004/12/09(木) 08:28 [ T.QAYDlg ]
ハンネ入れ忘れたーっ
は、花束でした(笑)

317 名前: 239 投稿日: 2004/12/09(木) 10:17 [ iMYp1rvY ]
>>314
bluebirdさん、ありがとうございます。

あぁ、私の言ったことは「届いて」いるのですね。
届いて、それからどうするかは父次第ですね。

> お父様はお母様からずっと「なにか言われ続けている」のかしら、
> ひょっとして?それにたいする感情的な反発があるみたい。だからお母様からなにを
> 言われても、ハナから受け付けない、みたいなところがあるかも。
>
全てお見通しですね。仰るとおりです。
母は父に対して小言が非常に多いです。
母の言うことは正論だと思うのですが、
正論であるがゆえに余計反発してるように見えます。

父と母を見ていると夫婦って何だろうと本気で不思議です。
少なくとも母は父を嫌っています。
夫婦関係の問題が絡んでいるから、事態が余計拗れていることも
子供は何となく分かっているのです。
だって、母が本気で巻き込まれたくないと思うのなら
父と離婚すればいいのだから。
もう何年も離婚すると言い続けてますが、一向に実行される気配はないです。

> お母様も「自分の持つ問題」に直面したくないのです。
> 「わるいのはお父さんなのよ」ということで、味方を作りたいんじゃないのかなぁ。
> 穿ちすぎな見方でしょうか。
>
いえいえ、穿ちすぎなんかじゃないですよw
性格は正反対かもしれないけど、実は似たもの夫婦なんだと思います。
父も母も目の前の問題に立ち向かうのではなく、
逃げてしまうところは同じです。
「わるいのはお父さんなのよ」は口癖みたいなものです。
末の妹は母と同じように父を毛嫌いしてます。。。

> 「自分のため」なのに「あなたのため」と言い張るのは、とても「ずるい」ことです。
> 「こんなこと、わたしはしたくない」と潔く言うほうが、よほど「すっきり」します。
>
成人した今は言わなくなりましたが、母から
「子供のために離婚しないんだ」と言われることが実はすごく嫌でした。
子供である自分の存在が足枷になってるのかと思うとすごく悲しかった。
でも、今思えば「子供のため」というよりも、
「経済的安定」のために離婚しなかったのでしょう。
そして、それはきっと今も変わらないです。

>>315 花束さん
原田さんの著書は小説とエッセイで印象がかなり違いますね。
この方も父親との関係はかなり壮絶なものがあります。
だから、原田さんの書かれる物語で私小説に近いものには
ちょっと惹かれてしまう部分もあります。

金子みすゞさんの詩は
平易な言葉を使って書かれていますが、奥深くて素敵ですよ。
子供の視線と深い母性を感じます。

318 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/09(木) 11:34 [ 0PT4uYKY ]
>>304花束さん
>いい人だし、賢い人なのに、人間的にどこか欠落しているというか…。
具体的に言うと、人間的な感情を理解するのが極端に苦手。
(共感能力が低いのかな?)
実にロボットめいたところがあって、母は苦労してます。

じつはですね。
239さんのケースは現実的な対処が必要なケースです。霊的な障害などはないです。
でもそうした現実的な対処や気づきによって、ご両親が霊的に成長することもあり得る
し、成長しないこともあり得る(本人さん次第)というかんじです。
でも花束さんのご両親のケースはちょと違うです。
はっきりと霊的にそう仕組まれている、みたいなところがあるんです。
問題を起こしておられるのはお父様に「見えます」が、じつは本当の問題を持っている
(持っていた)のはお母様です。
お母様は過去世で、お父様とそっくりな人でした。
そのそっくりなお父様といっしょに暮らして苦労することによって、「共感能力」を
養っているんです。逆の立場で「経験してる」というか。ですから、その能力の学び
が完全に終わらないと、現実的な対処をいくらしても、なにも変わらないはずです。

それで
>消耗して、彼を恨みたい心地にすらなってしまう。
恨むほどに、父の心根が悪いわけではないのに。
純粋だからこそ、腹立たしいといいましょうか。

と率直に書いておられます。
じつはその学びは主にお母様に課せられたものなんですけど、じつは花束さんにも
課せられているわけですねw。

さて、これで花束さんはお父様に対して(あるいはお母様に対して)の「新たな視点」を
得ました。そして新たな視点を得て、あなたがどのように感じ、考え、話し、行動するかを
神さまがご覧になっています。

319 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/09(木) 19:37 [ .9fRGSC2 ]
>239さん
>花束さん
私は外野ですが、「ガンガレ!」と応援させて下さいね。
今抱えている悩みが、少しでも好転しますように…。

>bluebirdさん
素人目には同じように見えるのですが…、奥が深いのですね(感嘆)。

320 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/10(金) 04:43 [ Q1RhUCUc ]
>>317
>少なくとも母は父を嫌っています。

もっとお母様の奥をみるとですね、、、じつはお母様がいちばん嫌っているのは「自分自身」
なんですよ。ただそれを自分では絶対認めたくない。だから周囲のだれかを嫌って
その深いところの気持ちをごまかしているのです。
嫌うから、お父様に小言を言ってある種の「攻撃」を加えているわけなんですけど、
だからといって、それはなんの解決にもなってないわけですね。
見当違いのことをやってるわけですから。
ほんとに嫌いなのは自分なんですから。その矛先を自分に向けたくないから、人を
なんとしてでも悪者にして、攻撃せずにはいられないのです。

お父様は、意識されていないでしょうが、そのご夫婦の関係にある意味「風穴を開ける」
ためにトラブルを起こしておられる面があるみたいです。
というのは、、辛抱できなくなってきてるのは、じつはお母様ではなくて、お父様の
ほうなんですよ。ほんというと。

>もう何年も離婚すると言い続けてますが、一向に実行される気配はないです。

お母様は本気で離婚するおつもりなんて、ないのです、さいしょから。
でもお父様は深いところで、それを考えはじめておられるようです。

>成人した今は言わなくなりましたが、母から
「子供のために離婚しないんだ」と言われることが実はすごく嫌でした。

はっきり言わせていただくと、お母様は人にそうやって責任転嫁するタイプの人なんです。
自分がしたくないからしないだけなのに、人に恩を着せている。

ま、でもご両親の問題なのですから、必要以上に巻き込まれないようにされたほうが
よろしいですよ。できるだけ感情的にもならないようにね。
ご両親の問題はご両親が引き受けることであって、子供のあなたが必要以上に
引き受けることはないですし、その問題に関して、あなたには責任はまったくありません。

そしてできれば、もうすこし深くとらえてみましょう。
あなたはそのご両親を選んで生まれてこられました。
生まれる前から知っていたんです。ご両親がそういうお人柄だということを。
さて、なぜあなたはそのご両親を選ばれたのでしょう?

321 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/10(金) 09:35 [ Q1RhUCUc ]
>>305花束さん
>でも、人間が身勝手に決める「よさ」に意味がないかというと、そうでもないんじゃないかな、とも感じる。
性格や容姿や能力の魅力も、きっとわけあって与えられたもので、
それをどのような形の「よさ」に発展させていくかが問題なんだろうなって思うから。

そうなんですよね。
それで「特定の相手からいいと思われるか?不特定の他人からいいと思われるか?」と
いみじくも書いておられますけど、まさにここ。
他人(もしくは知人)のよい評価を得るために、いろんな度を超した操作をしようと
するヒトというのが世の中にはおられたりするわけです。
そうなると、まずいわけですね。
純粋に「よくあろう」としているのではない。
他者から「よくみられる自分」を得るという「報酬」をむりやり「もぎりとる」(爆)
みたいなw。

巧妙にそれをやられると、一見したところ、そのひとはただの「よいひと」に見えます。
しかし心根はそうではありません。
心根は神さまにははっきりと見えるのです。
ごまかせません。
ヒトはごまかせても。
隠すこともできません。
過去のことであってもすべて「記録」されています。

「神の目」はあまねく行き届いています。
何人もそれから逃れられません。
その「神の目」に対して
謙虚であってください。

322 名前: 239 投稿日: 2004/12/10(金) 22:24 [ xEGpODtY ]
>>320
bluebirdさん、何度もありがとうございます。

仰るとおり
夫婦の問題に子供は立ち入るべきではないですね。
親子関係とはまた別の関係があって、
それは夫婦でしか解決できないですね。
父にとっても母にとってもいい流れになることを
ちょっと離れた場所で見守ること…ができるといいな。

思いがけず人生相談になってしまいました。
一緒に考えて下さった皆さんにも深く感謝してます。
ありがとうございます。
両親を私が選んだ理由とは関係ないかもしれないですが、
私自身はどうも仲裁役になることが多い気がします。
今の仕事もトラブル処理が中心です。
その辺に何かあるのかな?見当違いだったりして…。

このスレを拝見して以降、何だか自分の周りの世界が
自分が思っているよりもずっとずっと広いことに
改めて気付かされた気がします。
突然世界が広がり、迷子になったような心細さと同時に
何だか非常にわくわくした気分も感じています。
亀のような歩みだとは思いますが、
これからもこちらで勉強させていただけたらと思っておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします。

323 名前:投稿日: 2004/12/11(土) 00:24 [ mUyqJWMM ]
こんばんは。お邪魔します。

こちらを読んでいて、家族の問題って結構あるんだな・・・と改めて思いました。
あれ以来少しずつ、両親に対して心に余裕を持って接することができるようになっています。
色々と学ぶことがあります。
親もまた人として”完璧”ではないのだなと思うと色々なことを受け入れられそうです。

湧き上がる感情を、常に「本当に自分の感情?」と思うようになってから
「これは違う」と思うものや、もしそうでも自分のものとしたくないものは
すぐに排除するようにしています。
”感情を常に違う視点から見る”ということにたどり着けたことに感謝しています。

母を大好きな自分に戻れて良かった。
今ではもう、いてくれるだけで”感謝”です。

私はまだまだ心が浅いと感じていますが、いつか深いところに辿りつきたい。
(まだ書き込んではいけないときかもしれませんが、報告をしたかったのでお邪魔しました。失礼いたします)

324 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/11(土) 07:18 [ BJ892FOw ]
>>322
239さん、HNを付けてくださいと、神さまがおっしゃっています。
>何だか自分の周りの世界が自分が思っているよりもずっとずっと広いことに
改めて気付かされた気がします。

そうですよ。とても広い。そして深い。
物質のみ、表面のみを見て生きていては、そこへ到達できない。
あなたはもっと「深い存在」なんです。

325 名前: 花束 投稿日: 2004/12/11(土) 08:15 [ zHHaRAMo ]
仲裁役…自分も何故か多いかも(笑)
239さんと共通点を見いだしては、「似てるかも、私もがんばろ」と、秘かににやにやする私(*´∀`)

>>319
アヒャヒャさん、応援の言葉ありがとうです。
アヒャヒャさんがここにいてくれるだけで、私はガンガン頑張れる気がしますけど、直接言われるのも、なんだかとてもいいものです。
私の悩みっていつも「直接苦しいのは自分じゃない」系が多いんですよ。
だから、あんまり苦しくないといえば、ない。
心配いらないですよ。
でも、心配していただいたことは、嬉しいです。

これって、悪くいえば「おせっかい型」(w
だから、巻き込まれすぎないように、とらわれて自滅しないように…という賢さと強さをまず育てなきゃいけなくて…。
そして優しさや、人間としての大きさが必要だ、と。
(だけど、自分、ちっちゃスギ…という現実だったり)

応援の力をエネルギーにします。
ほんとに、ありがとうございます、ね。

326 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/11(土) 08:36 [ 8GdI0sE6 ]
>325=花束さん

>私の悩みっていつも「直接苦しいのは自分じゃない」系が多いんですよ。
…それは、花束さんが(そう感じられる方も含めて)共感性が高い方だから。
相手の苦しみを見ていられないほど「分かってしまうような気がする」からなの。
不本意ながらも周囲に巻き込まれてしまい(あるいは自ら渦中に飛び込み)、
苦しい事も多いでしょうけれども、とても素敵な長所だと思いますよ。

>そして優しさや、人間としての大きさが必要だ、と。
この言葉、心にずっしりと来ました。
小学生が大学生の勉強の基礎の基礎を習うように、死ぬまで「完成」を
目指していく、不完全な生き物(人間)である事を改めて突きつけられた
ような気がして。

「でも、それでもいいじゃないの。
『完成』出来なくても、もし昨日できなかった事を今日出来たらそれは嬉しい」で。
…とまだ寝ぼけている頭で自分を励ます私(アヒャ

327 名前: 花束 投稿日: 2004/12/11(土) 08:43 [ zHHaRAMo ]
最初の239さんあての文章に>>322のレス番を入れ忘れ…独り言風味になってました。
まぁ、ほぼ独り言だったんですけど、突然な感じにしてしまいすみませんでした。


>bluebirdさん
>>318を本当に何度も読みました。
bluebirdさんに何か言葉をもらう前は
「もし次の言葉があるなら、今度はどんな学びがあるだろう。何か吸収できるかな?わくわく」
って感じなのですが、いざ教えられると
「本当は自分で気付かなきゃならないことを、教えてもらうまで分からなかった…せめて、この気付きを無駄にしちゃいかん」
と思います。
それくらい納得するものがあるというか…
何故、遠く顔も見知らぬ私のことを、そこまで見通すことが出来るのか、正直不思議です。

>はっきりと霊的にそう仕組まれている、みたいなところがあるんです。
>お母様は過去世で、お父様とそっくりな人でした。
そのそっくりなお父様といっしょに暮らして苦労することによって、「共感能力」を養っているんです。

こういうことを「真実である」と考えるための、学問的な下地を大学時代に勉強して本当に良かった(笑)
(ちなみに、キュブラ・ロスなどの著作です。神秘的だけどアカデミックです)
実は父がこういう世界観に否定的で、私も疑いから入る人間でした。

だから、
「いたずらに疑うのは良くない」とか
「無理に信じるのではなく、分かる部分があるなら取り入れなさい」
というメッセージが、bluebirdさんから出ていた時、自分にも向けられているものだろうなーって思ってました。

驚いてはいますけど、だいぶ分かる気がします。
いえ、きっとそうなんだろうって、納得する自分がいます。
(だからって、人にまで無理に信じてもらう必要はないから、私が分かっていればいいんだろうな…とも思ったり)

思わずこんなことを書いてしまいました。
長くなりますが、本題を次のレスで書きます。

328 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/11(土) 09:01 [ 8GdI0sE6 ]
こちらの住人さん達は、何となく現在子育て中の方があまりいらっしゃらない
ような気がするので、僭越ながら私が子育てをして感じた事を。

生まれてまもない赤ちゃんですら、一人一人違った「個性」があるんですよね。
私の子を例にしますと、まだ生後二ヶ月にもならない頃、遊びに来てくれた友達の
お子さん(2歳前後)が歩いている姿を見て、何か感じる物があったようです。
彼女達が帰宅したその日の夜に、いつものように私が抱き上げると怒りながら泣いて、
足をジタバタさせました。(その後しばらくの間、これが続きました)
「自分も歩きたいっ!歩けるのっ!(まだ首が坐っていないのですが…)」と言いたげに。
この勝ち気さにビビったヘタレ(親業初心者)な私。
それから成長した今も、本人の根っこに勝ち気さがあります(まさに一生物)。

親やら兄弟やら親戚やら、周囲の友達や近所の人や見知らぬ通りすがりの人まで。
成長するとともにつれて、様々な人たちとの関わり合いで、少しずつ「自分の色」が
周囲の人の好みに染められていくような違和感を経て、やがて「自分を染め直す」
作業を始められる方がいらっしゃると思います。
あまりに濃い色がついたら、綺麗に染め直す事は難しいかもしれないけれど、
「それ」を活かした模様にする事なら出来るような気がします。

生まれてまもない頃の「心」という袋は小さかったけれど、様々な経験を経て、
自ら破れた部分を繕う作業を積み重ねた結果、どの方の心も、生まれた頃に
比べて大きな袋になっていると思います。

出来る範囲で自分の好みの色に心を染め直す事や、繕う事でより大きな袋に
していける力(気力)を持ち続けられるのなら、その人の中にある
「しなやかな柔軟さ」が、今置かれている状況を改善するヒントを生み出すような
気がします。  …長文スマソ
(元ネタは「お父さん物語(平田弘史作)」ですが、紛失したのでうろ覚えのまま
書きました)

329 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/11(土) 09:02 [ 8GdI0sE6 ]
真面目なお話なのに、割り込んでしまってスマソ>花束さん

330 名前: 花束 投稿日: 2004/12/11(土) 09:15 [ zHHaRAMo ]
幼い頃、耳が聞こえない時代がありまして…私は母に多大な迷惑をかけました。
その時代にまともに他人と関係を作れなかったによる障害は、結構長きに渡ったと思います。
でも、一番大変だった時代の記憶はありません。
母はしょっちゅうその頃の話をしますが。
だから私は、
「その時の記憶は私にはないから、その苦労はお母さんの為にあったんだよ。
いいママになれるように、人一倍苦労して修業したんじゃない?
成果あってか、なかなかいいお母さんだと思うよ(笑)」
なんて言うんですけど。

母の人生が、母の学びのためにあったとすれば…
彼女は学びの多くの部分を消化しているように思います。
幼い頃不当ないじめにあい、妹や親との確執を随分と乗り越え、必死で子どもを愛して…旦那との関係に悩み続ける、そんな母。
…頑張ってたな、と…誉めたいくらい。

私は両親を「愛してる」と声高らかに言えるようなまっすぐな人間じゃなくて、何度も親にぶつかり、親を否定してきました。
だけど、やっぱり、私も親を選んだんだろうと思っています。
この親と一緒に苦しもうと。

思うことは、母も父も、愛され足りないんだろうな、ということ。
そのわり、私のことを愛しながら育ててくれた。
私に成長が必要なように、彼らにも成長が必要なんだけど…
でも、まず愛されること、共感されることを、魂が欲しているように見える。

私の親は、ときどき私の大事にしているものを奪おうとするんですが…
そこはもう大人なので、自分で守りながら、
親のことを、包んであげたいと思う。
ちょっと、いきなりは難しそうなんで、理想は…なんですけど。

私は、あの不完全ながらも一生懸命でいてくれた両親に、生きるための手助けをしてもらった。
だから、出来れば今度は、私が不完全ながらも、両親の親になってあげたい。
(なんか変かもしれないですけど、ね。笑)

神様、どうぞ、私のここから始まる道程を見ていてください。
無様な失敗もするかもしれないけど、私には何か役目がある気がするから、それを少しずつ果たします。

長くなりましたが、思いのたけを綴ることができて、本当に良かった。
自分の文字に嘘をつかぬよう、生きていきます。

331 名前: 花束 投稿日: 2004/12/11(土) 09:24 [ zHHaRAMo ]
>アヒャヒャさん
割り込むだなんて、そんなっ(笑)
よい話をありがとうです。
自分あてのレスも、子育ての話も、感じることがあったので…また時を改めて(考える時間をとってから)レスするかもしれません。

では、連投スマソでした

332 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/11(土) 09:50 [ BJ892FOw ]
>>327花束さん
>実は父がこういう世界観に否定的で、私も疑いから入る人間でした。

疑いから入っていただいてかまわないですよw。疑っていただいても、否定していただ
いてもかまわないわけですが、、なんていうの、、「闇雲に否定する」みたいな人が
いるじゃないですか(苦笑)。ああいうのはまずいかもね、ぐらいのニュアンスとして
捉えてください。

>「無理に信じるのではなく、分かる部分があるなら取り入れなさい」

無理すると、それが「遊離」してしまうんです。我が事として統合されないというのか、
血肉にできないというのか、「分かったようで、じつは分かってない状態」になると
でもいうのか。
ですから結局のところ、その人はその人に「分かる部分」しか「取り入れることはできない」
んです。

>彼女は学びの多くの部分を消化しているように思います。

はい。消化しておられます。でもまだ終わってはいません。

>だけど、やっぱり、私も親を選んだんだろうと思っています。
この親と一緒に苦しもうと。

そうですね。「世の苦しみを味わう」ために。

>私に成長が必要なように、彼らにも成長が必要なんだけど…
でも、まず愛されること、共感されることを、魂が欲しているように見える。

はい。花束さんなりにできる範囲のことを誠意をもってすればよろしいのです。
しかし「愛する」「共感する」ということについては、誤解しないでください。
それは「相手の人に気に入られるためになにかする」ということではありません。
「相手のかたの魂の成長」ということが究極の目的です。
ですから、相手の要求を鵜呑みにする、とか、相手がこちらの大事なものを奪おうと
したときに抵抗しない、とか、そういうことは意味しません。
共感する、といっても、相手の「偽りの感情」に共感してはいけません。
ほんとうの思いをごまかすために、人間って、いろんな言い訳をしたり、周囲になすり
つけたりするもんなんですよ(苦笑)。
その本来の深い部分から出てきたのではない感情に、巻き込まれてはいけないんです。
で、往々にして、そういうときにかぎって、「共感」されないと、、、そういうタイプの
人は、「あなたは冷たい」だとか、ごたごた言ってこられたりしますw。
そういう場合、その人には「同情されたい、気をひきたい」という欲求があるわけですね。
その欲求に「乗る」ことは「共感」ではありません。

ま、でもそういうのも「世を渡るスベ」としては必要ですけどね(笑)。
世間的には、そういう、、ソーシャル・スキルはそれなりに「使う」必要はあるんだけど
魂の成長という視点からみると、それはほんとはまずいんだよ、と。
意識していただければ、と思います。
またまた誤解なきように念をおしますが、、ソーシャル・スキルが必要ないと言って
いるわけではありません。しかし、そういう世の「しがらみ」、体裁ばかりにこだわる
姿勢にどっぷり「浸かって」しまうと、魂は成長を止めてしまいますよ、ということを
言いたいのです。

世間から遊離せず。しかし世間の垢に染まらず、ってかんじです。

333 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/12(日) 07:51 [ .yJuAS8o ]
>>323菫さん
「過ちを認めなさい。
 どのような過ちをしたか考えなさい。
 自分で考えなければならない。
 自分を良く見てもらおう、と思う気持ちを捨てなさい。
 良くある自分、を演出しなくてよい。
 その構えを取らない限り
 あなたは変わらない。」
とメッセージ来ました。

334 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/12(日) 13:00 [ .yJuAS8o ]
たまにはちょっと変わったことやってみましょう(笑)。
下の図に、良いエネルギーを入れてみます。
なにかご感想などあれば、お願いします。

##########
##########
##########
##########
##########

335 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/12(日) 15:17 [ tFWXvet. ]
>bluebirdさん

面白そうだ〜と思う間もなく、まずあくび続出でした(眠さからくるあくびではなく)
自分で水晶を当てて浄化していたときや、気持ちのいい神社に行ったときにでる(この頃、ともに
サボりがち…うぅぅ泣)あくびと同じかんじです。それとともに、左後頭部がチリチリきて、
胸あたりが細かくトキトキきました。最初のあくび連続は、こうして書いてて少しやみましたが、
カラダがぽわ〜んと暖かくなってきたみたいで。特に肩から背中にかけて…。

このところ、部屋に篭って仕事は溜め勝ち(年末で詰まっているのに!)、自分が滞っているので
それを表すかのごとく、部屋も滞り勝ち、そうなると心が沈むという以前からなかなか
改めることができない(してもすぐ戻ってしまう)クセ。こうなるとすぐにネガティブループに
なってしまいます(泣)11月は今までの反動のように第1週あたりから23日あたりまで重くて鬱々、
過去のネガティブなことが繰り返し思い出されることが多かったのですが、23日の午後に、太陽の光の
帯が南の窓に差したとたん、「今までの重さは、鬱々はナニ?」というほど軽くなったのですが。
その後は、12月の6日をさかいに意識は楽になってるのに、自分の今までのクセ(仕事、時間の使い方)
でダイナシにしてるな〜とずっと感じていたのです。
でも、こうして書いていると(あれ、今度は右後頭部がちりちりきた)、やっぱりアップダウンしつつも
コツコツ日々を過ごしていくしかないんだ…と実感してます。これから久しぶりに外に出て、空気を吸ってこよう
と思います。
ありがとうございました〜(ハート

あっ、ハンドルネームつけました。前スレの705です。よろしくお願いします。

336 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/12(日) 16:54 [ tFWXvet. ]
>bluebirdさん

ごめんなさい。連投となってしまいますが、書き表し方が変だったところの
訂正です。
>あくびと同じかんじです。…というのは、眠さではなく私にとって浄化系という
例えです。この頃滞ってる肉体という実感があったので、テキメンだったような…。

あと、以前張って下さった結界があらためて実感できたことを思い出しました。
12月の6日は、前スレで示していただいた亡くなった女性の月命日だったのですが、
その日は午後の3時に女性の息子であり、私と長いあいだ付き合っている彼の部屋で
(7月から9月までは毎月そこでやっていたのですが、10.11月はそれぞれ時間の
都合がつかず、個人でやっていました)やることになっていて、私は午後になって花を
選ぶために外出したのですが、歩いていると奥歯が急にものすごく痛くなり、それとともに、
以前書いた>意識化に上ってくる女性 からされた過去のいやなことが思い出されて。
というのも、この女性とのことは10年越しで、昨年関係は断ったのですが彼女は
亡くなった女性と以前関わりがあったので(なおかつ彼の友人なので)、月命日を彼の
自宅でやるときには、どうしても顔をあわせることになるのです。ずいぶん自分の中では
長い間、自問自答し、また年齢も同じで反面教師として考えさせられることの多かった女性だった
のですが…(長くなってしまったので、省略します。)
自分では、普通の歯の痛みとあきらかに違うこの痛みは、かつて生霊を飛ばされた
経験があったので(去年やそれ以前)すが、私は彼女に会いたくないという自分の
心が痛みを作り出したのか、それともそんなネガティブな過去のことを思い出すから
邪気やそこらの霊(?)にちょっかいだされてるのかと(歩いているバス通りは事故や
ヘンな事件が結構あるので)思い、花を購入して自宅に戻ったら、傷みがすぅっと
ウソのようになくなったのです。そのときは急いでいたので、はっきり自覚しなかったのですが、
その後、彼の家に向うので外出すると、急に痛みが襲ってきて…特に家に着いてからは
あまりの鋭い痛みに泣きそうになってしまいました。それは彼女が来てから、お経をあげ、
お線香を…というあいだに治まりましたが…。
なにか、うまく表せていないと思いますが、自宅に戻っても相変わらず歯が痛いと
なれば、これはもうまったくの偶然で私の気のせいだ、歯が悪いんだ、冷えたんだ
と思うところなのですが、あまりに顕著だったので、もしかしてなにか霊的なもの、
それも邪なもので、張って下さった結界のおかげで弾かれた…?と思ってしまった
次第です(なんか、自分でもすごく電波なこと書いてるかもですが)

何もなくてあたりまえ、私もついそんな風に過ごしてしまいますが、何もない裏には
どれだけの目が見えない助けがあることが、ということに気付かせてもらっています。
ただ、現実的に時間に追われると(それも自分の責任なのですが)、直ぐに忘れてしまう
ヘタレではありますが、また今日から積み重ねて行こうと思っています。


bluebirdさん、このスレ住民の皆さんのやりとり、ありがとう。自分の今のことだったり、
過去の確認だったり、考えてきたことの確認だったり…。
住民のそれぞれの方の人生から紡がれる言葉、ありがとうです。
何だか、とってもありがとうなんです。この気持ち、うまく表せないんですが…。

337 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/12(日) 16:58 [ tFWXvet. ]
>bluebirdさん

なんか、改行が少なくて、むちゃくちゃ読みにくい文章、すみません。
これから気をつけますね(恥泣き

338 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/12(日) 20:38 [ BrC4AZgI ]
>>334=bluebirdさん
夏の日の入道雲のような、「何かに変換できる」エネルギーを感じました。
これは、きっと見る方によって違うイメージが湧くようされていると、
私は思います。

339 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/12(日) 21:07 [ .yJuAS8o ]
>>338アヒャさん
鋭いですねー、あいかわらず(笑)。
そのとおりみたいです。見るかた、それぞれに応じたエネルギーがあの図から発せ
られています。

340 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/12(日) 21:15 [ .yJuAS8o ]
>>336琴月さん
その女性がなにか邪なものへの繋がりを持っておられました。ご本人はそのことを
知りません。以前からです。それで、彼女のことをイメージしたり思い出したりする
だけで、その邪なものに琴月さんも繋がってしまう。だから歯が痛くなる。
それで、守護神さまが、その彼女と邪との繋がりを切ってくださったようです。それは
お経を上げているときに、切ってくださってます。
自宅に戻って痛みがなくなったのは、結界によるものです。

>何もない裏には
どれだけの目が見えない助けがあることが、ということに気付かせてもらっています。

まったくそのとおりですねw。

341 名前: 花束 投稿日: 2004/12/13(月) 02:19 [ qZGlQWMA ]
今日は、驚くほど素晴らしい日でした。
今から寝るので、明日詳しく報告します。

スレのみなさんに感謝します。
まわりの色々にも感謝。
そして神様に、ほんとうにありがとうございますと伝えたい。

342 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/13(月) 10:15 [ rsrF3IAk ]
アヒャさん
「戸を閉めなさい」と来ました。
戸は、文字どおりの「戸」の意味ではなくて、、、おうちに「なにか」目に見えない
良くないものが入り込んでますよ、の意味。
結界が破れています。それがどこなのかを探して、修復してください。
3カ所破れています。破る原因を作ったのは、アヒャさんだそうです。その原因も
考えてみてください。

343 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/13(月) 10:17 [ hleLOTMI ]
おはようございます。あまりにもくっきりとした光を
投げかけてくれる太陽に、ここ数ヶ月、思わず心の中で手を合わせてしまう、
今日もそんな天気です。こんな朝を迎えると、「ああ、やっぱり時間の使い方が
きちんとできてくれば、日々の瞬間瞬間を集中して味わえるのに!」と後悔しつつ、
(昨日書いた繰り返しです…)これから死に物狂いで仕事せねば〜なトホホな私ですが…。


>>340 bluebirdさん

ありがとうございました!
>守護神さまが、その彼女と邪との繋がりを切ってくださったようです
…そうだったんですね。6日を境に、彼女に対する感情がとても楽になっているのが
自分でも感じていたのですが、そんなことがあったのですね。思い起こせば、
歯痛といった肉体に来るもの以外でも、ここ10年おかしく思うことは沢山あったのですが、
(あ〜また長くなってしまうので省略です)そう感じたり、思ったりする私がおかしいのだ、
と自分を追い詰め、素直に感じることを全て押さえこみ、結局自分の感覚全てが信じられなくなる
元凶になった人でした。ただ、それだけ私のあいまいな部分や、ここで書かれていた「いい人であろうと
する自分」や「相手の正体を見極めずに手助けしてしまうと、どうなるか」そのほか
山ほどの自問自答をする反面教師の相手ではありましたが…。
あれから彼女のことを思い出すことはあっても、それはとても淡々としたもので、
疑問点というものは残っても、すぐさまそれが感情に繋がるということがありません。
本当に自力では及ばないものが、あるのだなぁと実感しています。>邪なものとのつながりを切る

>自宅に戻って痛みがなくなったのは、結界によるものです。
私のような鈍感な人間でも、さすがにあれはわかりやすい形でした。感謝です。
…と同時に、わかってないこと気付いてないことなんて、もぉ細かいことなんて
山ほどあるんでしょうね…あらためて感じました。>目に見えない助け

取り急ぎ御礼のみとなってしまいますが、ありがとうございました。
重ねて守護神さまが
まだいらっしゃることに(相当呆れてるとは思いますが)…ほっ(感涙

>花束さん
前スレの最後でしたか、書き込まれた言葉、
>心にいつも花を咲かせ、人には花束を差し出したい
ずっと響いています。ただ、すぐに停滞してしまうトホホな私ですが。
私もぉ花を咲かせるずっと以前で、かちかちで干からびた土に、まず水をやり
(私の場合は自分の感じる感覚を、自分で認める、というところからですが)
これから耕して、植物が育つ土壌を作り、それから種を蒔いて…と
とても長い道のりですが…。この言葉は、とても励みになっています。
いつか、あらためてお礼を、と思っていました。

>今日は、驚くほど素晴らしい日でした。
…ワクワクっていうのか、なんか、こうして書いてるだけで、ニッコリ
してしまいます。読むの楽しみにしています。


心にいつも花を咲かせ、人には花束を差し出したい

344 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/13(月) 10:24 [ hleLOTMI ]
あっ、bluebirdさん、いらしてたんですね。(カキコしてて
わかりませんでした。ごめんなさい)
おはようございます。ありがとうございました!(なんかリアルだと
ワクワクな半面、気恥ずかしい私)それでは、また〜!

345 名前: 花束 投稿日: 2004/12/13(月) 13:58 [ qZGlQWMA ]
>>334の図形は「頭がすっきり」するような感じがしました。
頭の中にある、ゴミは自分でなんとかしないとならないから消えないんですけど、ホコリがなくなる感じでしょうか。
人によって、イメージが変わるんですね。
不思議なことに、琴月さんのレス(>>335)を読んでる時に私まで「体がぽかぽかして、眠くもないのにあくび」が出たり、
アヒャヒャさんのレス(>>338)を読んでる時には何故か「ヘソの下辺りから、何か沸き上がるような感じ」がしました(笑)
シンクロなのか、思い込みなのか分かりませんが、気分的にはいいものなので、楽しみました。
本当に面白いなぁ…
そして、鈍感なりに効果が感じられて嬉しいかぎりです。

信じられないくらい幸せな気持ちになったことは、例の悩みが解決したことです。
例のといっても、ここではまだ具体的にお話したことはないのですが…
これを機会に、少し説明をしたうえで、この喜びを書き綴りたいと思います。

琴月さん、>>343で、背中を押してくれてありがとう。…かなり照れたけど嬉しかったです。
かなーりだめ人間な私ですが、こうしてエネルギーをくれる人がいるから、少しずつ進めます。
自分に花を咲かせるって、セルフケアでもあると思うんです。
休むことも大事に、自分を愛してくださいね(笑)

>>326>>328
遅くなりましたが…
>アヒャヒャさん
ここ数日、アヒャヒャさんについて思うことを温めていたら、それが卵から孵ったので伝えます。
自然と仲が良くて、普通気付かないようなことを気付いている感じがします。
責任を果たすために、精神に自由さや奔放さをあえて住まわせているのかな…とか。
アヒャヒャさんの子育てで思うことは、まだ子育てをしていない私にも考える手助けになります。
自然みたいな厳しさを内に秘めたアヒャヒャさんだからこそ、優しさも深いなぁ…と、最近思うようになりました。
雛みたいな考えですが、書かせていただきましたです。

では次のレスで本題を。

346 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/13(月) 14:40 [ rsrF3IAk ]
>>343琴月さん
>そう感じたり、思ったりする私がおかしいのだ、
と自分を追い詰め、素直に感じることを全て押さえこみ、結局自分の感覚全てが信じられなくなる
元凶になった人でした。

この部分などは、、わたしもずっと「そういう人生」だったなー、と思い出して苦笑
してしまいました。こうした「感覚」が分かる人、のほうが少ないのですよ。
だから「自分のほうがおかしいのだ」と思ってしまう。だれに話しても否定されるから
です。
自分の感覚が絶対、と思いこむことも危険ではありますが。でも判断は保留したままで
いいので、そのときの感覚というものを記憶しておけばいいんですよね。
いずれ分かる日が来ます。それが正しかったか、間違っていたか。部分的に正しい場合
だってあるかもしれない。多くの人にとっては「そう」であっても、たまたま自分に
関するときだけ「ちがう」場合だってあるかもしれない。

>ただ、それだけ私のあいまいな部分や、ここで書かれていた「いい人であろうと
する自分」や「相手の正体を見極めずに手助けしてしまうと、どうなるか」そのほか
山ほどの自問自答をする反面教師の相手ではありましたが…。

そうですね。その過去があるから、現在の気づきもあるわけです。
きつい体験であっても、それがいつか大切な「気づき」に繋がる場合もあるわけです。

347 名前: 花束 投稿日: 2004/12/13(月) 14:42 [ qZGlQWMA ]
悩みというのは、同居中の親友についてでした。
「何があっても好き」なんて思える、希有な相手です。
助けてもらったことも何度あることか…
抽象的な表現になりますが「孤独な太陽」のような人で、個性的でちょっと浮き世離れしてるけど、とても輝いてるんですよね。

しかし、最近は病気のせいもあって、まるでその輝きが失せたかのようでした。
精神的なことも病気にかかわっているらしいのですが、悩みも苦しみも、いっさい私には話さないつもりのようでした。
ずっと話し合い、時々支え合い、一緒に素晴らしい時代を過ごした相手が、
殻の内側でさも辛そうに生きているの間近で見ていると…
「今は待つとき?それとも助けるとき?」
と、終わらない自問自答が始まります。

今回は、ただのおせっかいではなく、多少「私のせいで苦しんでいるかな?」って部分もあったので、余計どうしたもんか…って感じだったんですよ。
まぁ、他人同士で一緒に住んでるわけですから、いろいろあって当然っちゃ、そうなんですけど(苦笑)

でも、bluebirdさんはじめ、ここの皆様や、友人達に支えられ、
「自己満足で積極的な援助をするより、自分の内側を確実によいものにしよう」と、思うようになりました。
ただ待つのではなく、内側で積極的に活動するというか…
分かりやすく動くばかりが援助じゃないんだなー…というような気持ちで。

親友の病気は、すぐには治らない。
だから、この状態で一年とか過ぎることもザラにあると思ってました。
ところが…

昨日は「明日からまた具合が悪いかもしれないけど、今日は少し話す」と、親友が声をかけてくれました。
なんのそれしき…って思われるようなことかもしれませんが、それがすごく楽しくて、有意義でした。
一緒に歌ったり、最近考えていたことを綴ったスケッチブックを見せたり、生活上の要望を聞いたり、お互いに思っていたけど言えなかったことを言ったり…

親友が、いつも私なんか耐えられないような苦しみを背負いながら、愚痴も言わずに生きてるのを、本当に偉いと思っていることを伝えられた。
「自分なんてだめだ」って思っていた心に、少しは響いているといいな。

それから、私のしてるちっぽけな親切に、過大なくらい(でも素直に)感謝してもらえた。
なんか、これから一年分くらいエネルギーもらっちゃいました。

親友の病気が治ったわけじゃないから、喜ぶのはおかしいんですけど…昨夜は特別に嬉しかった。

私はたいした努力もしてないのに、ふって湧いたラッキー(=親友が一晩だけ話す元気が出たこと)で、私の悩みが解決してしまって…逆に申し訳ないくらい。
神様が、「この問題はここまで。次のこと頑張れよ」って言ってるんでしょうか…?(笑)
次もがんばります。
だから、親友の病気が治るようにお祈りさせて下さい…と、そんな気持ちです。

みなさんに支えられたおかげで、この日まで、いろいろ感じ考えることができました。
感謝いたします。
またこれからも、よろしくおねがいします。

348 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/13(月) 15:21 [ rsrF3IAk ]
>>347
これは花束さんが意識下で「なんか」されています。神さまは手出しをなさっておられ
ません。その親友のかたにですね、、エネルギーを送っておられました。ずっと。
「内側で積極的に活動するというか…」これ、ですね。まさにこの部分。

>神様が、「この問題はここまで。次のこと頑張れよ」って言ってるんでしょうか…?(笑)

そうですねw。

349 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/13(月) 17:17 [ hleLOTMI ]
仕事のメールを送って、ひと息ついたとき、ふと思い立ってここを開いて
みました。ナンバーを見て、あっ誰かカキコしてるワクワクってかんじで
いつも開きます。ここ、開けるとぽっかり暖かいんです。

>>345の花束さんの書き込みがあり、あっと思ったとたん、
まずは小さなゲップからはじまり、咳がはじまり、体内の滞りを吐き出すように
嘔吐感がはじまり、うわ、なにこの強力な浄化作用は〜、水晶や神社(どちらも
自己流でやったり行ったりしだしたものなのですが、以前bluebirdさんに浄化として
続けて大丈夫と言われてやってると、このような体感がくるんです。それにしても、
私がここのところサボってたこともあるのですが)とよく似た体感が激しくキました。
で、読み進めてとっさに思ったのは、
花束さん、エネルギー増幅させてる?のかも?って。なんと言えばよいのでしょう。気持ちいい共振作用を増幅させてるような…。
そんな風に思って、もう一度あの図形の感想を読んだかんじを確めてみました。

アヒャヒャさんのを読んだとき、初めてのときの実感は胸から胃にかけて小さくトキトキ
だったのが、花束さんのを読んだ後だと、みぞおちあたり(?)がぐぐんとくるんです。
これって私の勝手な暗示?とかも思ったのですが、花束さんの1行目を目にするや
始まったので、増幅っていうのも思い込みだけではないかんじです。

ただ、あまりに激しいのと(気持ちいいんですが)、天気が素晴らしかったのと
>自分に花を咲かせるって、セルフケアでもあると思うんです。
 休むことも大事に、自分を愛してくださいね(笑)

のレスに後押しされ(セルフケアってまだ慣れてないんです 泣)
外に散歩に出ました。1時間ほど前に帰宅したばかりです。
その間中、ほとんどあくびだらけで、カラダがすっきりしました。
とても気持ちのいい風も、感じることができました。おかげさまです。
ホントに心身ともにすっきり、シャキ〜ンです。
で、あくびして歩きながら、色々なことがふっふっ浮かんできました。
あの体感には、自分でびっくりしたので。

何かが増幅させて感じさせて下さってるらしい。
花束さん、あのスレの幹事の神さま、その場にいた(ロムってたかカキコしてたか
→私はそのとき、とっとと散歩にでてしまってわかりませんでしたが)どなたか、
その他目に見えない方々、守護の方々…結局、その全部かしらん…とか思って1時間ほどぷらぷらして、
帰宅してお茶飲みながら、仕事前にまたふとここを覗きたくなって…。
そしたら、bluebirdさんと花束さんの書き込みが。
あれ、って思って時間を見ると、ほぼ、私が浄化の体感でびんびん感じてたときです。
うぅぅぅ〜ん、このスレ、なんだか不思議すぎです(感嘆


…で、おふたりの、読んだとたんに、目が潤んできて…。
今は、うまくまとめることもできませんが…。

とり急ぎ、御礼のみですが…。bluebirdさん、ありがとうございます。
私は、そうbluebirdさんに言ってもらえているけれど…bluebirdさんは…
とかふと思っただけで、もぉ何かちゃんと書けないというか(言葉にできないというか)。
また、落ち着いて、仕事も終わらせてから書き込んでみます。


>花束さん、本当によかったですね。
もっと沢山書きたいけれど、今は取り急ぎ御礼のみで、ごめんなさい。
貴女のとても幸せな気持ちが、私の体感にびしばしきてたのかも。あの図形で
感じた体感を、増幅させたような。
それほど、その親友の方との一件が大きかったのだろうと感じます。
彼女と貴女が光るものを交感するというか、交流するイメージが、一瞬溶け合うイメージが
しました。なんか、人間関係でのそういうことって、最も喜びが大きいと思うんです。
…あ〜時間が迫ってるので、またゆっくりカキコさせてくださいね。

お花、こっちにまで降ってきましたよ〜。

350 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/13(月) 20:44 [ rsrF3IAk ]
>>349琴月さん
>アヒャヒャさんのを読んだとき、初めてのときの実感は胸から胃にかけて小さくトキトキ
だったのが、花束さんのを読んだ後だと、みぞおちあたり(?)がぐぐんとくるんです。
これって私の勝手な暗示?とかも思ったのですが、花束さんの1行目を目にするや
始まったので、増幅っていうのも思い込みだけではないかんじです。

増幅されてますね、ふたりとも。意識下でわたしがしたらしいです。言われないと
分からないw。意識下でいろんなこと、やってるらしいのですけど。言われたら確認
取ってみる、みたいにしてるので。なにかありましたら、書き込みしてください。
わたし自身のパワーがいま増幅してるので、それが花束さんとアヒャさんに波及した
みたいなかんじです。
で、アヒャさんと花束さんも意識下でいろいろ行っているのです。
アヒャさんは、琴月さんに祓いをしました。
そして花束さんは琴月さんにエネルギーを送りました。
書き込みを経由して。このスレでは、そのようなことが起こっています。

351 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/13(月) 22:23 [ qdcGgUnE ]
>bluebirdさん
取りあえず家の結界が破れたところを補修してみました。
……今、とても眠いです。
原因だと思われる事が幾つかありまして、こちらにご報告するのには
まずそれらを整理しないと読みにくい文になると思うので、少しお時間を
下さい。

>花束さん
やーねっ、私はそんな高値がつくような商品じゃないわよ。照れるじゃないの。(笑)

352 名前: 239→環 投稿日: 2004/12/14(火) 00:40 [ mMGV.8RE ]
皆様、こんばんは。

>>324
bluebirdさん、何だか恐れ多い気がしますが
HN付けてみました。
以降「環」でよろしくお願いします。
こちらにこられてる皆様、改めましてよろしくお願いします。

>>334の図形は、暖かい感じを受けました。
見た目そのままですが、よく耕された畑で
これから成長が始まるようなエネルギーを感じました。
ちょっと胸の辺りがさわさわしますが、
この感覚はいいことが起こる前に感じるものによく似ています。
記号の羅列に見えるのに、不思議ですね。

>>花束さん
私も共通点が多いかも…と思いながら
書き込みを拝見させていただいてましたよ。
>「直接苦しいのは自分じゃない」系が多い
↑はまさに「あなたは私ですか?」状態ですw
でも自分が大切に思ってる人が苦しんでいるのを見るのは
ある意味自分が苦しいよりも辛いですね。
だから>>347の書き込みは何だか嬉しくて嬉しくて。
「何があっても好き」だと思える存在、すごく素敵だと思います。
どうかどうか、これからの未来が明るいものでありますように。

>>アヒャヒャさん
すっかり亀レスですが、励ましの言葉をありがとうございます。
ひとりじゃないから頑張れることってたくさんありますね。
アヒャヒャさんには何故かビタミンカラーのイメージがあります。
子育てのお話も興味深いですね。
これからは今までとはまたちょっと違った目で
赤ちゃんやこどもを見ることが出来そうです。

>>琴月さん
素敵なHNですね。
秋の夕暮れ、夕日の赤は残っていない濃紺の空に
細く細く光る月のイメージがぱっと浮かびました。
鈍感な私は琴月さんの鋭さに驚かされるばかりです。

>>菫さん
ゆっくりでも歩くことを止めなければ
求めるところへ着実に近づいていけると思います。
昨日より今日、今日より明日。
悩みながらも一緒に「その場所」を目指せるといいな。

ここに来ることができてよかった。
皆さんに出会えてよかった。
出会いの持つ力って、スゴイ!
長文書き込み、失礼しました。

353 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/14(火) 08:51 [ JuFrJW.. ]
>>351アヒャさん
結界は補修されました。

354 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/14(火) 08:56 [ JuFrJW.. ]
>>352環さん
>よく耕された畑でこれから成長が始まるようなエネルギーを感じました。

はい。このスレはまさに「よく耕された畑で」あり、「これから(みなさんの)成長
が始まるような」エネルギーを発しています。あの図形にそういうエネルギーが
入って、スレ全体にも広がっています。

355 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/14(火) 20:16 [ /1fIhdGE ]
>353=bluebirdさん
穴の補修できたかどうかは、bluebirdさんからのお返事で確認しています。
レスありがとうございます。

昨日の眠気から先にお話します。
こちらにお書きになった皆さんのレスを読むうちに、とても眠くなりましたので
昨夜は取り急ぎの返事のみさせていただきました。

多分(無意識のうちに)、bluebirdさんの図に反応された方(レスの有無に
かかわらず)の力が、どんどん私に流れ込んでいたようです。
私はキャパを超えると自動的に眠るので、昨夜の時点では全然それに気づかず、
今日改めて体内を点検すると、「私以外の、複数の方の力」が入り、それが混沌と
している感じがします。

>338を書いた時は「面白そうだから書いてみるテスト」というノリだったのですが、
その後のスレの流れを読むほど、
「私は無意識ながらも他の方をサポートしていた。その分、等価交換として
その方のエネルギーが私に流れ込んだのではないか?」と思えてきます。
改めて、338を書く際、不快な感情を抱いていなかったという幸運に感謝します。

356 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/14(火) 20:37 [ /1fIhdGE ]
さて、本題です。
穴が開いた理由を検討してみたところ、個別に書くと長くなるので、
思い当たる節を箇条書きにしました。
もし何かお気づきになった事がありましたら、ご指摘の程お願いします。>bluebirdさん

1.今月に入ってから、数回姑から電話がくる。(ND対応なので確認済)
何となく出たくなかったので、居留守を使う。
実母に連絡したら、実母にも無言電話が数回有り。(NDではないので確認出来ず)
当面の対応策を検討する。(しばらく姑の事を考えていました)

2.私が気に入っている温室の結界張りもどきをしている。
ただし、総合病院がとても近い場所なので「頼られる可能性大」
けれども、温室の花や木がキャパを超えているようなので、何か手助けをすべく、
只今試行錯誤中。

3.大黒天(目に入って以来、ふと気になった)の二面性について愚考してみた。
…暗黒神という側面があるので、それを考えるうちに「喚んでしまった」のかも。

4.以前書いた「梟の神」がもたらす「金の滴・銀の滴」が「希望と喜び」の
ような気がしたので、クリスマスが近いのでちょっと調子に乗って、自分が
住む街の上空からそれらを降らせるイメージを送っています。
さすがに梟のイメージでは気恥ずかしいので、モナーサンタAAを使用。

もし外れていたら、また考えてみますね。

357 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/14(火) 21:17 [ JuFrJW.. ]
>>355アヒャさん
>「私は無意識ながらも他の方をサポートしていた。その分、等価交換として
その方のエネルギーが私に流れ込んだのではないか?」と思えてきます。

そうだそうです。

原因ですが、まず2番。頼られています。キャパはたしかに超えている。ほかの方法を
考えなさいとおっしゃっています。

それと4番。降らせていること自体はわるくないのですが、これは今の時点のアヒャさんの
キャパを超えているんです。やめたほうがいいですね。

1と3は関係ありません。
原因は2と4だけのようです。

358 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/14(火) 21:18 [ /1fIhdGE ]
>>347=花束さん
お友達が…もし鬱系だったとしたら、もしかすると一番喜ばれる態度は
「いつもと変わらない、さり気ない態度」かもしれない、と思います。
(私はメンヘル板も読むので、そこから得た情報なのですが…)

お友達は、もしかすると「新たな価値観を構築中かしら?」と、感じました。
今までの価値観では乗り越えられない壁を、乗り越えるためにも必要な強さを
得るために。
花束さんとは違う成長速度だけど、その方に合う速度でゆっくりと、確実に。
お友達が良い方向へ向かいますように…。
(>345で頂いたレスの返事を考えていたのですが、恥ずかしいくせに、
「今の私なら、東京タワーでも駆け登れちゃうよ?イイヨー(・∀・)」と。
…こんな事を書ける自分を、穴掘って埋めちゃいたい心境)

>>350=bluebirdさん
琴月さんに祓いをしたという自覚は全くないのですが、もし琴月さんにとって
少しでもお役に立てたのなら、とても嬉しいです。
これから先も、それを必要とする方に、私が出来る範囲で出来たらいいな…。

>>352=環さん
>ひとりじゃないから頑張れることってたくさんありますね。
偶然かもしれないけれど、今最も真剣に読んでいる本に、同じような事が
書かれてあって、この言葉の深さに改めて思いを馳せています。
お互いに背負う物こそ違うけれども、重圧にめげずに頑張りましょうね。

359 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/14(火) 21:34 [ /1fIhdGE ]
>357=bluebirdさん
早速のレス、ありがとうございます。

4.の方は一時お預け(私の器が大きくなってからのお楽しみ)として、
2.の方で苦戦を強いられています。
一般的な考えの持ち主なら「交換できる植物なんかよりも、私を救ってよ」
なんだろうし、私の策なんて簡単に見抜かれるだろうから。
…と、ここまで書いて、妙案が思い浮かびました。

「人間の感覚」で考えるから、見抜かれる。
もし「私が樹になったつもり」でサポートしてみたら、もしかすると人間の
波長と合わないかもしれない、と。(草花は後回し)
私が持つ人の波長を一時外して、樹の波長を思い出し、それを温室の木へ
転送する…という方法では、今の状況を改善できるでしょうか?

360 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/14(火) 21:51 [ JuFrJW.. ]
>私が持つ人の波長を一時外して、樹の波長を思い出し、それを温室の木へ
転送する…という方法では、今の状況を改善できるでしょうか?

はい。それでよいみたいです。トライしてください。

361 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/14(火) 22:45 [ /1fIhdGE ]
やってみましたー。
こんな感じでいいのでしょうか?>bluebirdさん

362 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/14(火) 23:04 [ JuFrJW.. ]
そんな感じでいいそうですーw。

363 名前: sage 投稿日: 2004/12/14(火) 23:06 [ ibQ/uH8g ]
みんな、みんな、本当にありがとう。
心に根を張るような、どっしりとした感謝が、胸にいっぱいです。
一緒に喜んでくれたことも、アドバイスも、涙が出そうなくらい嬉しかった。

この気持ちはまた温めて、卵から雛が孵ったらレスをしたためます(笑)
今すぐ長文のお礼を書きたいくらいなんですが、温めた方が、きっと意味のあることを言えるので。

例の図形なんですが、「畑」なんですねー(納得)
このスレも確かに豊かな土壌のようだ。
ところで…(話を戻して申し訳ないのですが)
私には「フィルター」にも感じられます。
見ているときはもちろんですが…あんまりあの図形を眺めたせいか、
あの図に似たものをイメージすると、自分にくる空気が澄むように感じられるんです。
例えるなら、フィルター?みたいな。

見えないものってたくさんあるんだなって、実感するこのごろ。
一人だったら気付かなかったかもしれない。
でもきっとある。
時々、あることが分かるのが嬉しい。
私の祈りに、少しでも意味があったことが嬉しい。
気付かせてくれたことに感謝。
みなさんと会えて感謝。


星とたんぽぽ
金子みすゞ

青いお空のそこふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

364 名前: 花束 投稿日: 2004/12/14(火) 23:18 [ ibQ/uH8g ]
ぎゃーっ
名前欄にもメール欄にもsageって書いてしまった(泣)

花束です。
あー、どじだー

えーと、環さんも彼女にレスなさってましたが…
菫さんが、ここんとこずっと気になる私です。
なんか書きたいけど、何を書いていいんだか分からない。
なんか気になる、ひっかかる…って感じです。

というわけで、また彼女からいらしたときに、何か言えることがあればレスしてみようかな…と思う。
私は霊的な洞察力はないけれど、真面目に気持ちをあたためて言葉を紡ぎたい。
何か力になれるかもしれないし、なれないかもしれない。
それでもよければ、またここでお会いしたいな…とか。

365 名前:投稿日: 2004/12/14(火) 23:57 [ 2rjhCGao ]
>>323
bluebirdさん
メッセージを、ありがとうございます。
お礼が遅くなりましたが・・・、すぐにはお返事できませんでした。
色々と考えていました。見たくない自分の姿を探し出さなければいけない。
でも構えをとることが出来れば、わたしは変わることができる。そう思いました。
その言葉に向き合いたいと思っています。
心の奥底に、本当の自分を閉じ込めてしまっているようだと今日思いました。

>334の図を見て・・・私もあくびが連続で出ました。皆さんのレスを読みながらだったので
連鎖反応かもしれませんが・・・。
何か見たい、感じたい、と思っても残念ながらわたしはそれだけでした。

>352
環さん
メッセージ、とても嬉しかったです。ありがとうございます。
私はまだまだはるか後ろのほうですが・・・きちんと自分に向き合って
ゆっくりとでも進みます。
HN、すてきだなと思いました。
宇宙で、あたたかな色を抱えた”わっか”がゆっくりとゆっくりと回転しているような
イメージが浮かびました。

366 名前:投稿日: 2004/12/15(水) 00:21 [ rZN/DJEw ]
>364 花束さん
今、書き込むと・・・花束さんのメッセージが・・・。
嬉しかった、ありがとうございます。
みなさまのお心遣いが嬉しいのと同時に不思議な気もしています。
周りからはいつも結構放っておかれるような私なのに・・・。

皆さんの進む速さがうらやましいけれど、諦めずにちゃんと歩きます。

花束さんに夢占いをしてほしくて、ここに書けるような夢を見たいと
ずっと思っているのですが、なかなか見れるものではないですね(^^)

367 名前:投稿日: 2004/12/15(水) 00:26 [ rZN/DJEw ]
>花束さん
続けてすみません。
花束さん、充分力をいただいてます。
まだありのままの私にはなりきれていないし
どこか取り繕うところもあると思うけれど・・・。
少しずつ、お話させてください。

368 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/15(水) 08:01 [ gkeDC2xk ]
>>365菫さん
>見たくない自分の姿を探し出さなければいけない。

まず「自覚する」ことが重要なんです。たとえばさきに「母を大好きな自分に戻れて
よかった」ということを書かれていましたが、そういうことは書かなくて結構です。
お母様のどんなところが嫌いなのか。そのときの自分の心の底を覗くんです。
それを書いてください。
こう思えるようになった、よりも、このような心理状態だった、ということを書いて
ください。心のたどるプロセスをもっと細かく見るんです。
「好きな自分に戻れた」では、途中のプロセスが見えず、だいじなところを完全に
すっとばしているんですよ。それでは変われない。

で、そういう作業をここに書くのもあれだったら、ご自身でノートにでも書き出して
、でもよいわけです。

369 名前: 花束 投稿日: 2004/12/15(水) 10:03 [ HhgQR4rc ]
「問題は解決しようとしているが、危険をおかしている。焦ることを止め、足場を作るべき」
「時間やお金を失うことを不当に思っている」
これは、私自身のことなんですけど…もとはといえば、夢に教えられました。
(ちなみに一個目は少し前で、二個目は今日の夢)
朝、自分の夢を解くと、自分の狭量さを再認識して、軽〜くショックをうける私(笑)

夢って、そんないいものばかりじゃないんですけど、夢を見せるのも自分自身なので、自分にとって不可能な課題は提示しないそうです。
私は、夢の懐の深さと、厳しさと、優しさが好きです。

>菫さん
なんと、同じ時間に書き込みしてましたか。
逆に私が相談にのっていただくこともあるかもしれませんが、今回は私から菫さんに触れさせてください。
菫さんの中に、「蓋」か「栓」があるとするなら、そこを少し触れるような感じで。

ご苦労なさってますでしょう?
そんな感じがします。
ちょっと「お疲れ様、がんばったね」と言われたいけど、言ってくれる人がいない日常なのかな…
本当にお疲れ様って思うし、頑張ってると思います。

家族の問題っておっしゃってましたけど…ほんとに、簡単じゃありませんよね。
うちの親なんて結構な年ですが、未だに自分の親(私からみたら祖父母)の文句を言います(笑)

答えを焦る必要はないと思います。
怪我(=苦労)があるとして、それを化粧で綺麗に見せるのも一種の努力だとは思うんです。
でも膿をいっぱい出したあとで、適切な治療をして、一年かけて綺麗な肌に戻ったとしたら、その方がいいんじゃないかな。
それに傷口に化粧は、しみますでしょう、きっと。

頑張ってるのに、報われなくて、辛い思いをされてるんじゃないかなー…って思ってたんです。
頑張っていること、とても微力ですが、ここから感じてますから。
時には、頑張らない日があってもいいから、その怪我をじっくり治療なさってください。
治療は痛い時もあるかもしれませんが、痛い時は誰かを頼ってもいいんじゃないかと思います。
頼っても痛いもんは痛いんですが、お見舞いしてもらえると嬉しかったりとかありますもん。

ゆっくり進むとおっしゃってましたが、それが一番大変で、一番いいと思います。私も。
例の親友が昔、
「その世界は不思議で、小さかったもの大きくなり、大きいものが小さくなる。
目的地に辿り着こうとすれば、いつまでも着かないが、
開き直って回り道の寄り道をすれば、目的地に着いてしまう」
という物語を作っていました。
私たちは、本当はそういう世界に住んでいるのかもしれません。

全体的に的外れだったら、申し訳ないです。
でも、一緒にゆっくり進むのだっ!って気持ちだけは伝わるかもな…と思って書きました。

370 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/15(水) 10:49 [ gkeDC2xk ]
>「その世界は不思議で、小さかったもの大きくなり、大きいものが小さくなる。
目的地に辿り着こうとすれば、いつまでも着かないが、
開き直って回り道の寄り道をすれば、目的地に着いてしまう」
という物語を作っていました。
私たちは、本当はそういう世界に住んでいるのかもしれません。

その親友さんはふしぎなかたですね〜。
そのとおりなのです。
「目的地」はある。でも「目的地につく」ことが本当は目的ではないのです。
「つくまでのプロセス」を見ることが、隠された目的。
親友さんは、このスレをご覧にならないでしょうか?
花束さんが書き込みをされているから、よびにくいでしょうか(苦笑)。
気が向いたらで結構ですので、お声を掛けてさしあげてください。

目的を達成することばかりにとらわれないでください。

371 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/15(水) 11:50 [ gkeDC2xk ]
琴月さん。

「そとから帰ったあとに
 手を洗い、口をすすいで
 お参りをしなさい。
 挨拶だけでよい。」
とメッセージ来ました。

372 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/15(水) 13:17 [ zo.4o3Ck ]
>>371 bluebirdさん

メッセージ、ありがとうございます。
ちょっと、シンクロに近い(?)ものがあったので、書いてみます。

昨夜から仕事で徹夜だったのですが、12時前になってさすがにお腹が
すき、突如ネギたっぷりのラーメンが食べたくなって、長ネギを買いに、
外出したのでした。(いつもなら、なければガマンするか、冷蔵庫にあるものを
適当に食べるのに…)八百屋に行くと、大好きなフリージアの鉢植えが格安で
出ていたので、やった〜!と思い購入。ちょっと散歩して戻ってきて、まずフリージアを
自室の先住民(ポトスやパキラその他)に紹介し、名前は帰宅途中に思い浮かんだ名称を
つけ(観葉植物は去年引っ越してきて依頼のルームメイトというか、皆名前がw)
この部屋にも「新しい子が来たんでヨロシクです〜」と紹介(部屋にまで紹介したのは
初めてですが)。
その後、とっととねぎラーメン作って、かきこんで、ここを見たところ、
えぇぇぇぇ〜!でした。帰宅してすぐに手は洗ったのですが、なぜが水をふくんで
最初に吐き出し、その後は喉がかわいて1杯飲んで…だったのですが、
メッセージを読んだとたん、マジにやりなおしましたw
手はひじから水につけて(以前これであくびでたので)、口をゆすいで…。
目をつぶって守護の方(?)やその他目に見えない方々(?)、このスレ、うぅ〜んそれでは
>お参り、挨拶、
として、足りないのかも…と思い、西方向に張ってある御札(浄化として反応がある近くの
神社のものです)お参りというか…。
思いつくままに、やってみましたが、こんなかんじでいいのでしょうか…。


>アヒャヒャさん
浄化、ありがとうございます。
今、仕事途中なんで、終わったらゆっくりレスさせて下さい。
浄化以外でも、このレスでのアヒャヒャさんの言葉そのものが、いつも響いてます。
特に、自然のことに関して感応してしまうというか。ありがとう。

>花束さん
>環さん、
ありがとうございます。
また、時間があるときゆっくり書かせてくださいな。

住民の方々、今までカキコしている方々、最初からひとうひとつ感じたことって
沢山あるんです〜。書きたぁぁぁい、でも今は取り急ぎ。

せわしくて、ごめんです。失礼しました〜。

373 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/15(水) 13:48 [ zo.4o3Ck ]
…と仕事終わってから、ゆっくり心を落ち着けてから、書かせてもらおう…とか
思ってたのですが、ずっと気になっていることをひとつだけ。

>菫さん

貴女の書き込みは、最初からとても気になっていました。
私には能力なんてないし、自分が今まで生きてきたことからしか
言えないけれど。何だかほんの少し似てるんですよね。私の生育家庭というか
家庭環境というか。
もしかして、真性長女さん(私の勝手な造語です。上にお兄さんがいないという意味)
ですか?お父様とお母様のご両親(菫さんにとっては祖父母にあたられる)との関係とか、
お母様とお父様のご実家の葛藤とかありましたか?
小さなときからお母様を守ろうとしていた貴女。
もしかしたら、子供としてのびのびと育つ時期に、大人の色々な思惑が刷り込まれて、
無理してこられたのかも、と。
健全に自我が育つ時期に、多種多様な刷り込みをやられると(多かれ
少なかれ誰にでもあるとは思いますが。感じやすい子供の場合は、テキメンにやられるような)
自分らしさや感情をだすときに、わからなくなったり。
子供としての自分を、大人になってからとりもどそうとしたり(おそらく、人によって色んな出方します)
親(特に母親)にとっての、いい子、いい娘だったときが長かったのかも…。
なんて、感じたりしていましたが、もし全く違ったら私の勝手な思い込みなんで、
スルーして下さいね。

菫の花は、私が借りてる築ウン十年のアパートの庭や狭い路地に、溢れるほど生えてます。
アパートの住民が自転車を置いたりするところにまで、種が飛んでいて、時期になると
とても可憐な紫色の花を咲かせてくれます。とてもけなげで、でも強い花で。
私は大好きです。今住んでるところを選んだひとつに、この菫の
存在は大きかったです。

何か、まとまりがつかない文章で、ごめんなさい。
それでは、また。

374 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/15(水) 14:59 [ gkeDC2xk ]
>>372琴月さん
琴月さんの場合は、敏感なので、ひじから下を流水でながすほうがいいみたいです。
ごあいさつは 西方向のお札に向かってされたら良いそうです。

375 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/15(水) 15:17 [ zo.4o3Ck ]
仕事中、ふと頭に浮かんで、もしかして?今日は15日だぁっ!
と、やっと気がつき、それならやっぱり>挨拶、お参り
はあの神社さんか〜と思って、今度ははっきりと自覚をもって
手と口を水で清め、さっきは頭を下げて心の中で、だけだったのですが、
あらためて、神社参拝と同様に、やってみました。
月初めの1日と、半ばあたりの15日は、あの神社へ行って、おみくじ引こう!と以前自分で
決めてたのに、今日は仕事にかまけてすっかり忘れていたのを思い出していました。
さて、仕事のメールを送信しなくちゃ〜とか思って、ふとここを覗くと、
bluebirdさんのレスが〜。

ありがとうございます。
西の壁に貼ってある御札(西方向の御札)、やっぱり御札だったんですね。
あらためてやってしまったあと、ですが。このやってしまったことって、
これ私だけじゃ気がつかなかったな〜、ってかんじです。
時間的にも、bluebirdさんとか守護の方が気付かせてくださったような。
ありがとうございました〜。
でも、こうしてご挨拶するのは気持ちがいいので、毎日やってみます。

376 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/15(水) 15:25 [ zo.4o3Ck ]
>bluebirdさん

あと、>ひじから下   了解です。
なんか、以前から時々外出したときや、身体が重いとき、
ひじあたりがもやつく感じがしたので、手を洗う時はランダムに
ひじから水を流してました。あとはいつもより多めに手を洗ったり。
そのまま、続けてみますね。

377 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/15(水) 17:26 [ gkeDC2xk ]
>>375琴月さん
なぜ「外からかえったあとに」なのかというと、琴月さんは敏感で、しかもいろんな
ものの影響を受けやすいかただからです。
手を洗って、口をすすいで、お札にお参りすると、お札の神さまが、悪いものを祓って
くださるそうです。

おみくじについては、そんなに気にしなくてもいいですよw。
行こうと思ったときで、いいそうです。
行く前にお札にご挨拶していったほうがよろしいでしょう。

378 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/16(木) 08:21 [ E3TjE8ow ]
>>362=bluebirdさん
レスありがとうございます。>初めてだったけれど、出来て良かった。

温室の方へは定期的に転送する必要があるように思ったので、昨日森林の写真集を
購入しました。
その本を見ながらイメージを温室へ送る方が何となくイメージが安定する
ような感じがしますが、貰いっぱなしでは写真に写っている樹に悪影響を
与えてしまうような気もするので、「等価交換(樹へは畏敬と感謝を)」を
思い浮かべながら、昨夜も温室へ送ってみました。
…昨夜は家が五月蝿くて上手く行かなかったので、当面は練習を重ねてみますね。

以上、経過報告とお礼でした。

379 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/16(木) 09:21 [ bKkaEBkw ]
>>378アヒャさん
はい、その方法でまったく問題ありません。

380 名前: 花束 投稿日: 2004/12/16(木) 15:27 [ maQmjxso ]
>>370
bluebirdさん

親友を呼ぶ…
いやじゃないし、むしろURLを教えたいと何度も思っていたのですが、
何か壁があるので(自分自身の壁か、親友に空気があわないと感じているか)、乗り越えたら誘ってみます(笑)

この人の魅力に気付けたのは、生涯の誇り。
ちょっと注意深い人なら、誰だって気付くのかもしれないけど。

昨日は一緒に、ミュージカルの「クリスマスキャロル」(原題:スクルージー)を見ました。
素敵な歌が沢山で、ラストシーンは二回見ました。


ありがとう
ありがとう
私の今までの人生で、誰もしてくれなかったくらい、素晴らしいことをしてくれて
感謝の気持ちを表すために、旗をかかげたい
だけど、旗を家に忘れてきてしまったので、ただこう言わせてもらいます
thank you very much!

英語の歌詞を書けないので、一番の和訳(字幕とは違うけど、たぶん合ってる)をおいていきます。
歌のタイトルは確か「thank you very much」かな。

381 名前: 花束 投稿日: 2004/12/17(金) 01:00 [ MnSnhsJE ]
たぶんあってるとか書いておいて、一節か二節、歌詞の内容が足りないことに気付きましたので補足。
まだ不完全だったらすいません。

まるで負けそうな戦争に勝ったみたいだ
…という内容があった筈。

人生をダメにしそうだったケチな男が、人生を好きになった時、人生の大逆転を経験するという…(笑)
でも、本当に、人生大逆転だよってくらいの幸せと感謝って存在するから、この歌を作った人はすごい。
とても軽快なマーチなんですよ。
「あるんだよね、こういう時が、人生が何もかもよくなる瞬間が!」
と、二人して生きる喜びを噛み締めながら映画を見てたわけですが…よければレンタルしてみてくださいね。
旧作だからリーズナブルですし。
クリスマスキャロルって映画はいくつかありますが、ミュージカルで原題がスクルージーってのは一つです。
吹き替えじゃない、字幕の方が、英語の歌詞の素晴らしさが堪能できるのでお薦めです。

日本のクリスマスは商業主義や恋人の祭典になりがちですけど、
「クリスマスは世界中が、世界の平和と愛について考える日」
ってことを実感できるのも、いいですよー
あー、もうすぐクリスマスですねー…

382 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 04:38 [ wApuArrA ]
>>381
>「クリスマスは世界中が、世界の平和と愛について考える日」
はい。そうなりそうですw。

383 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 10:58 [ wApuArrA ]
環さん
「扉が開く。もうすぐ。準備をせよ」
とメッセージです。
扉というのは、文字どおりの意味ではなく。霊的な意味。といっても悪いことではありません。
霊的に「次の段階に進む」ということのようです。

384 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 11:02 [ wApuArrA ]
「扉を開ける。
入る人は来なさい。
開く期間は5日間。
23日より。」

これはここに来ているかた全員へのメッセージです。
意味は分からなくてかまいません。
来れる人は来れます。
いちおうの予告です。

385 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 11:12 [ wApuArrA ]
「寒い冬を越せ。
 そののちの光を思え。」

386 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 12:10 [ BDuM7zck ]
あ、私的備忘記録を書きに来たら、bluebirdさんの書き込みがあったのですね。

ようやく潜在意識を顕在意識でコントロールしようとしては失敗した理由が
分かりました。
目や耳(五感)から入る情報を心でしっかりと受け止め、「それ」に対して
心の底から自分を開き、受け入れ、それを学ぶ事が、やがて魂に伝わる。
魂に伝わった後、次のステップに移動させるべく潜在意識がフル稼働する、と。

これらの作業を経ない事柄(改善したい何か)を無理に動かそうとしても、その
反動で更に事態を悪化させてしまう可能性が広がるのかも…と。

熟考しないで書いたので、上手く伝えられないかもしれないけれど、「急いで
書かなければならないような気がした」ので、書きました。

387 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 12:43 [ wApuArrA ]
>>386アヒャさん
はい。それでいいです。

388 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 13:12 [ wApuArrA ]
>アヒャさん
「避けることができるうちはよい。
 そのうちに避けられなくなる。
 どうするか。
 2つの方法がある。
 ひとつは同程度まで堕ちる。
 もうひとつは影響を受けないところまで上がる。
 どちらか。
 選びなさい。」

お姑さんのことのようです。

389 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 14:23 [ BDuM7zck ]
>388=bluebirdさん
あちゃー、地獄の二者選択ですか。
子どもがいなければ相打ちキボンヌなのですが、今回は自分の立場を優先にします。

何となくですが、長年にわたり神経をすり減らし続けた舅が先に逝きそうな予感が
しますので、それまでの間に与えられている時間を有効に使いたいと思います。
引き続きご指導の程、何とぞよろしくお願いします。
(姑が先立つ方が、多分親戚一同が安堵する展開になると思いますが(ry)

…それにしても皮肉。
(彼女が信仰している宗教の定義による)善行を積んでいる信心深い人である
はずの姑なのに、狂った歯車は、もう修復不可能になってしまったのかしら。

390 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:26 [ wApuArrA ]
「このたびの
 計らいを
 無駄にしないように。
 あと数日の準備。
 心を清らかにし
 想いを浄め
 その日を待つように。」

391 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:30 [ wApuArrA ]
>>389アヒャさん
「修復不可能」とは言い切れない、とおっしゃっていますよ。神さまはいろんな裏技を
お持ちなのです、じつはw。
しかしそれが発動されるかどうかは、、、姑さんで決まるのではありません。
あなたで決まるのです。
それだけのはなしです。

392 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:33 [ wApuArrA ]
>琴月さん
「とろりと
 溶ける」
と来ました。
意味は自分で考えなさい、とおっしゃっています。

393 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:36 [ wApuArrA ]
>花束さん
「ことさらに
 善意を表す必要はない。
 表さなくとも
 言葉にしなくとも
 にじみでる。
 なにを焦っているのか?
 その焦りはどこから来るか?
 考えなさい。」

394 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 14:36 [ BDuM7zck ]
夫からすれば、信仰する以前の姑の姿が「本来の母の姿」で、今の姑を
直視するのが辛いようです。

夫がこの先も回避するなら、それも良し。
惚れた弱みだし、「毒食らうなら皿まで」いきますとも(w
私は「ただひたすら自分が出来る範囲をするだけ」と覚悟を決めました。

395 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:39 [ wApuArrA ]
「凸レンズで
 集める。
 集中する。
 強い光。
 壁を破る力が
 出る。」

396 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 14:43 [ wApuArrA ]
「苫小牧
 紋別
 網走」

えーと、ちょっと意味分からないのですが、書けとおっしゃるので、書いておきます。

397 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 15:02 [ BDuM7zck ]
>391=bluebirdさん
>しかしそれが発動されるかどうかは、、、姑さんで決まるのではありません。
>あなたで決まるのです。

奇想天外な閃きがあったので、もし問題がなければ試してみます。
姑がこの世に生まれる前(彼女が胎児であった頃)から現在に至るまでを
「私の感覚で育て直してみる」…育成ゲームのノリだわ(苦笑)
本来の彼女の長所「大人しい」とか「動植物に優しい愛情をかけられる」を活かし、
対人関係での短所をせめて無害な物になるように、私も一緒に考えながら、
時間をかけてゆっくりと。

姑の課題は「短所込みの自分を愛する事」のような気がするので、それは
姑自身にしてもらうとして。(私は鬼嫁♪
私は「特別な力が無くても、大丈夫なんだよ。力は自らの優越感を満たすために
あるわけではないよ」と、少女姿の姑(イメージ)に穏やかに諭してみたいです。

398 名前: 花束 投稿日: 2004/12/17(金) 15:05 [ MnSnhsJE ]
>>293
bluebirdさん

一つは、「言い訳」みたいです。
それから、まだきていない親友が将来読むかもしれないスレだから、伝えそこねた感動を必死で書いてたみたい。

「言い訳」というのは、いくつか意味があるみたいです。
焦ったり、しつこくなったりするのは、悪い癖ですが、理由を見なおさないとダメみたい。
言い訳の意味は、もう少し自分を見つめたら分かりそうです。

書くべきだったら、あとで書きます。
(これは、あとで書くことになる予感)

言葉にしないもののチカラを、少しずつ知るようになったのに、ちっとも実践してなかったなぁと、反省しきりです(笑)
よい忠告に感謝。

399 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 15:06 [ wApuArrA ]
「すなおに
 すみやかに
 直していきなさい。」

400 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 15:13 [ wApuArrA ]
>>397アヒャさん
「育て直し」オッケーです。それをやってみてください。
しかし「穏やかに諭す」のはしないで。育て直しだけで、そのように思えるように
仕向けてください、とのこと。
きびしー(笑)。ここの幹事神さまはスパルタですからね。覚悟してねん♪

401 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 15:17 [ wApuArrA ]
>>398花束さん
>「言い訳」というのは、いくつか意味があるみたいです。

そうですね。意味が4つ。

>焦ったり、しつこくなったりするのは、悪い癖ですが、理由を見なおさないとダメみたい。

はい。理由を見直してください。23日までに済ませてね。それが花束さんの「準備」
です。

>言い訳の意味は、もう少し自分を見つめたら分かりそうです。

そうです。見つめてください。

402 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 15:41 [ BDuM7zck ]
>400=bluebirdさん
生の子育てより厳しいかも。
しかも締め切りがあるみたいですが、本当に間に合うのかしら?アヒャ(゚∀゚)

どうせなら愛情たっぷり、事と次第によっては叱りつけもたっぷり
(今なら虐待?)前時代風に試してみます。
…まずは、西原(理恵子)本で西原かーちゃん風に頭を切り替えて、と。
姑に一番足りないのは、そういう己の中にある毒を直視しようとする
気合いと、己の毒に当たらないような体質作りのように思えてきました。 
もしこれでOKなら、多分私でも教えられるでしょう。(w

それにしても、姑が最も嫌がるであろう事をこれから行う(教える)私は、
まさに鬼嫁だわ。 今日からしばらく鬼嫁+鬼ババアなわ・た・し♪(・∀・)

403 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 16:13 [ wApuArrA ]
>>402アヒャさん
気合いはいいのですが「己の毒に当たらないような体質作り」ではなく、「ほんとうに
愛されるとはどういうことか」を体験させることが大切だそうです。
この「愛される」というのは「神の愛」のことです。

404 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/17(金) 16:16 [ fuHJZIb. ]
なんだか煩悩に振り回されています。
書き込まなかった数日の間に自分自身や周りのことに関する色々な気づきがあったんですが
その煩悩のおかげで全てが薄っぺらく感じます。

さらに、思っている以上に自分が臆病だったことに気づいてちょっとショックです。
私の場合、霊的にどうとか言う前にまずは意思の力をつけなきゃダメですね。
やることやらなきゃ。

405 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 16:28 [ BDuM7zck ]
>403=bluebirdさん
>この「愛される」というのは「神の愛」のことです。

煩悩の塊(私)に、とても難しい課題をお出しになるなんて_| ̄|○
今、なんちゃって妊婦していますが、子どもがいつも以上に
纏わりついてきて_| ̄|○
落ち着いて考える余裕がない今の状況に_| ̄|○
でも、もし勝てなくても、せめて「自分に負けてたまるか」と
自分のお尻を叩いていきます。

406 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 17:16 [ wApuArrA ]
>>404アリーシャさん
煩悩を嫌ってはいけません。それも「あなた」の一部分です。嫌って見ないようにす
るのがいちばんまずい。
アリーシャさんは少なくともそれを「自覚できる」ようになってきているのです。
それは「進歩」なんですよ。

407 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 17:19 [ wApuArrA ]
>>405アヒャさん
「神の愛」について知らない人が、「神の愛」を教えることはできません。
まずアヒャさんが「神の愛」について考えましょう。

408 名前: 花束 投稿日: 2004/12/17(金) 17:39 [ MnSnhsJE ]
言い訳について。
四つですか…。
二つはなんだか分かって、あとの二つはモヤモヤしています。

1.物理的な努力が苦手であることを、精神的な努力でごまかしていること

自分で書いていて、激しく痛い(泣)
日常的な努力が苦手。
本当に駄目人間だなぁと思いながら、せめて「心はマシな人間でいたい」と努力する。
努力は嘘じゃないのですが、根本から逃げているのです。


2.恋人との関係にある疑問を解消するヒントを見つけたくて必死であること

恋人は私の片面を深く愛し、私の片面を憎んでいます。
その憎まれている片面こそを愛して欲しいと望んでいる私がいます。
恋人は「愛される才能」があるのに、その使い方が「自分のため」になっているように思います。
私はこの人をとても愛していますが、やはりどこかを認めていない。
愛とは何か?必死に考えています。
不当に焦るのは、自分の良さを言葉にするのは、
「愛されたいから」ではなく「愛とは何か手応えを得たいから」…です。

あと二つも見つけます。
自分と会話するぞーっ

409 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 18:10 [ wApuArrA ]
>>408
がんばれ、花束さん(汗)。。。
このふたつはその通りです。
1・・はい、逃げてますねw。しかしまず自覚できたことは合格ですね。あとは日常
このことを意識すること。そのうちにだんだんと直ってきます。
2・・お互いに「どこか」を認めていない。
認める、認めない。魂のレベルに降りていったときには、認めるも認めないもなくなって
きます。浅いレベルでお互いに繋がっている、ということですね。
でも、それもひとつの「関係」ではあります。深いレベルで繋がっていないから悪い、
とか、良い、とか単純に割り切れるものでもないし、そういうのはご本人どおしが
考えることですね。
お互いに「認めない」部分があるというのは、価値観にすれ違いがある、ということ
でしょう。それをすり合わせていくのか?それとも価値観が違うから、やはりうまく
やっていけないと判断するのか?
それもご本人どおしが考えることですね。

410 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/17(金) 18:52 [ fuHJZIb. ]
>406 bluebirdさん
どうもありがとうございます。bluebirdさんのレスを見て、
「抵抗すればあらわれる、受け入れれば消える」と言う言葉を思い出します。
受け入れているつもりなんだけどな〜(−_−:
煩悩は扱いが難しいです・・・。脳みそに「取り扱い危険」マークを付けておきたい。

他にも色々書こうと思いましたが、まだ一考が必要と判断したのでまた後で書きます。

>>408 花束さん
なんだか私にも当てはまっているようで私も痛くなりました(汗)。
皆さんのように気のきいた言葉は全く思いつかないダメな私ですが、
お互いがんばりましょうね!!

411 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 19:07 [ BDuM7zck ]
>407=bluebirdさん
人間や他の動植物を含め、魂を持つ全ての存在を見守り続ける存在。
それらを守護する存在。
同時に、守護を一時止めることも出来る存在。
これが、私の「神様」へのイメージです>このスレで勉強させて頂けたお陰。

本題である神様の愛は…
厳格なランク付けがなされているものの、成長しようとする魂には
「その魂に合う方法」で成長の手助けを惜しみなく、かつ間接的に行う。
魂の成長を見守りつつ、自らの援助に対する見返りは一切求めないが、
親の、子に対する愛情のように「その人でなければならない」というような
特定個人への愛情の発露、といったような限定さを持たない。

最も感じる事は「特定個人を愛する事をしない」のが神様…のような気がします。
例えば、より良く生きようとする人間を神様が贔屓するのは有りだけど、
それはその人がそれに値する人間性を持つ、という理由があるように思います。
私には「人間の自尊心を満たすような愛」など、元より神様の中には存在しないように
思えます。
何よりも、おごり高ぶった人間が持つ「曇った魂」をお好みではないようですし…。

だからといって「神様から愛されるため」に精進するのも、実はその欲故に
魂を曇らせてしまうようなので、バランスを保ちつつ、時折魂の曇りを少しでも
取り除く…という作業の繰り返しを、神様は愛でつつもお見守りになるのかしら?

もし自然界の愛ならば「全ての生物に対し、この世界に存在する事実を、ただ
受け入れている」と綺麗にまとめられますが、このお題は本当に難しいです。

412 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 19:27 [ BDuM7zck ]
私的備忘記録・その2>スレ汚しスマソ
疑似妊婦をして、ようやく解った事。
私は長子なので、お腹の中にいた頃から弟妹が生まれるまでの間は
親の愛を独占できた>一人っ子である私の子も同様
だけど兄姉がいる姑は、親の愛を独占する機会になかなか恵まれなかったの
かもしれない。 
私が子どもの甘えを優先するように、姑の母もまた、すでに生まれていた姑の
兄姉達を優先しがちで、「私(姑)の兄姉以上に、私は親の愛情が欲しいのっ!」と
自己主張する場が、姑にとっては少なかったのかもしれない…。

もし彼女の中に「無条件に愛されたい」という未消化の思いがあるのなら、
それが現在に至る桁外れな宗教熱を生み出したのかもしれない。
でもさー、自分が望むような「愛され方」など、完ぺきに表現出来る
他人などいないのに…(親兄弟、どんなに愛する配偶者ですら例外ではない)
その情熱を、もし自分に向けられたのなら、事態が改善するような気がする今日の私。

413 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 19:33 [ BDuM7zck ]
神様がもし無条件に愛するのなら、「曇った魂」をお嫌いになる事はないように
思えてしまうので、やはり神様が暖かく見守るのは「多少の条件」をクリアした
(しようとする)人、という感じがします。

曇った魂を持つ人を黙って見守っている事を含めて「神様による無償の愛」と
表現するのは、何かが引っ掛かってしまい、違和感があります。

414 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 19:40 [ BDuM7zck ]
スパンを「人間の一生(例えば80年)」と考えると、様々な疑問が出ますが、
「気の遠くなるような歳月」を見守り続けているのであれば、やはり
「無償の愛」の一つの形なんだな…と413を書いた後で気づきました。
(生活板ならさしずめ「チラシの裏に書こうね」のノリ。更なるスレ汚しスマソ)

ただ、人間の望むような愛し方はしない存在。この印象は変わらないです。

415 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/17(金) 19:49 [ BDuM7zck ]
「曇った魂」は私とて持っているのに、講釈たれた書き込みが
自分の実像とはかけ離れている偉そうな香具師に思えてきて鬱。

416 名前: 花束 投稿日: 2004/12/17(金) 20:01 [ MnSnhsJE ]
言い訳について。その2。

3.私が見捨てた人への罪悪感…また寄り添いたい、それをできる人間になりたいという願い

助けるなんておこがましいけど、傍にいたいと願った、心が綺麗で、心が弱い人がいました。
(この方はメンヘラーでもあった)
でも、途中で諦めてしまいました。彼女のまわりの他の人と同じように。
私の言葉が、届かなくなった。でも、傍にいることは求められた。
私に無限の愛はありませんでした。
疲れていました。そして、傷つけました。
後悔するつもりじゃなかったけど、罪悪感があります。
私自身、泣きながら離れたのに、まだひっかかっているのです。
良い人間になりたいのは、私に足りない何かを得て、今度はへこたれないため。
まだ足りないのに、焦っていました。
無限の愛なんて絵空事じゃなくて、何かあるはず。
焦っても、手に入らない。

4.次のステップで私は、激しく嫌われるかもしれないことを恐れている

「冷たい」「我が強い」と親や友に言われた私も、ここにくるまでに随分ソーシャルスキルを身につけました。
自然と人に好いていただけるようになった。
私は次のステップに行っても、まだ激しく不完全なので、何か試練があるはずです。
その試練の内容が「人に嫌われても、相手と一緒に成長すること」である気がします。
確信はないのですが、脈打つような予感があり、怖いです。嫌われることが。

次のステップに行く扉が開くと聞いた時、本能的に「今は無理かも…こわい感じがする」と感じました。
しかし、今だろうと、未来だろうと、嫌われるのは怖いことです。
だから、行かなければ。
それは私のためでもあるし、私のまわりの人のためです。
人に愛されるぬるま湯に慣れすぎました。
そんなに、愛されるべき人間でもないのに、変に器用になったもんで…(泣)

前のカキコが終わってから、次の答えへまでのモヤがいきなり薄くなりました。
答えやすくなった。
どなたかが助けてくださったようです。

417 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 20:50 [ wApuArrA ]
>アヒャさん
私も完全ではないですし、今アクセスできる神さまとのダイアローグで少し「神の愛」に
ついて分かってきたこと・・として書きます。

>厳格なランク付けがなされているものの、成長しようとする魂には
「その魂に合う方法」で成長の手助けを惜しみなく、かつ間接的に行う。

これはそのとおり。

>自らの援助に対する見返りは一切求めないが、

「見返り」は求められないですが、その「援助」を受けてその人がどう思うか、感じるか
行動するかは常に見ておられます。またごく稀に、「見返り」ではないですが、神さま
と「契約」を交わして生まれてきている人がいて、その人は、その契約内容を果たす
ことを求められます。

>例えば、より良く生きようとする人間を神様が贔屓するのは有りだけど、
それはその人がそれに値する人間性を持つ、という理由があるように思います。

これはそうですね、一般的に。

>最も感じる事は「特定個人を愛する事をしない」のが神様…のような気がします。

これはまずないことですが、でも皆無ではないです。でもまぁ、まずない。

>「人間の自尊心を満たすような愛」

もしもこういう形の「愛」?を注ぐ神が居たとしたら、それはたぶん「神」ではありません。
自称「神」wかも。

>だからといって「神様から愛されるため」に精進するのも、実はその欲故に
魂を曇らせてしまうようなので、

最初はそれでもいいんです。最初はいいんですけど、だんだんに成長したら、そこは
卒業していかなければならないですね。

>もし彼女の中に「無条件に愛されたい」という未消化の思いがあるのなら、

これはあるみたいです。
しかし無条件に愛する=彼女のエゴを満たす、、ではないですからね(汗)。
お姑さんは、自分のエゴを満たすために宗教を利用してるでしょ?ご自分では認めない
でしょうけど。

>神様がもし無条件に愛するのなら、「曇った魂」をお嫌いになる事はないように
思えてしまうので、

とにかく曇りは非常にお嫌いになります。で、曇りというのはですね、、欠点を持って
いることそのもの、よりも、それを見ようとしない、認めようとしないほうが、強い
曇りになるんです。欠点とか長所とかいうのは、ある性質がバランスよく発揮されるか
そうでないか、に過ぎないんですね。
神さまが無条件に愛されるのは、その人が「魂を成長させようとしている」場合に
おいて、です。

418 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/17(金) 21:02 [ wApuArrA ]
>>416花束さん
3、4についてもそれで正解だそうです。
3についてはノーコメント。もうすこしご自身で考えて、書いてくださいとおっしゃって
います。
さて4ですが
>「冷たい」「我が強い」と親や友に言われた私も

ところが、私がアクセスしてる神さまは花束さんは「冷たく」も「我が強くも」ないと
おっしゃいます。人の評価など、その人の力量でしか下せないんです。意にまったく
介さないのもアレですけど、、多くの人がそう評価するから、ほんとうにそう、とは
限りません。(ほんとうにそう、な場合もあるけどねw)

なんで花束さんはそんなに「人に嫌われる」ことが怖いのでしょう?
人に嫌われることが好きって人間はあまり居ないとは思いますけど(^^;)。
でも、花束さんは冷たくも我が強くもない。
なんで、その評価を「正しい評価」と思ってしまうのでしょう?

>人に愛されるぬるま湯に慣れすぎました。

ふむふむ。愛されるぬるま湯w。
その「ぬるま湯」って、「ほんとうの愛」でみたされていますか?

419 名前:投稿日: 2004/12/17(金) 23:46 [ .5nV3yoQ ]
皆様、こんばんは。
ここは最近、急に流れが速くなった気がします。
こちらに来られている方々の「気付き」のスピードも
あがっているのかもしれないですね。
乗り遅れないように、でも焦らずに学んでいきたいと思います。

>>354 bluebirdさん
亀レスですが、解説ありがとうございます。
直感は意外と侮れないですね。
いい土壌でも、蒔く種や天候、世話の方法で
成長の速度も花や実の大きさも変わりますよね。
うーん、こちらはいつ来ても勉強になります。
>>383のメッセージもお受け致しました。
いつも本当にありがとうございます。
扉が開くきっかけになったのは、きっとこのスレだと思います。
何をどう準備すればいいのか分かっていないのですが、
日々感謝を忘れず、その時が来るのを楽しみに待ちたいと思います。
はて、こんな私はそもそも
扉が開いたことに気付けるのでしょうか。
何となくですが、螺旋階段を上っているようなイメージがあります。

こちらに書き込みされている方の言葉を拝見して、
自分と向き合うことの面白さと厳しさを改めて感じています。
私の場合「いちばん苦しいことから逃げない」という言葉が
今の自分を支えています。
頑張れば頑張った分、ちゃんと結果が付いてくることを
知っているからこそ、そんな風に思えるのですが。
思っていることを言葉(文字)にして
客観的に見てみるというのは大事なことなんですね。
時々立ち止まって、自分の歩いてきた道を確認する作業のように思えます。

420 名前: ももんが 投稿日: 2004/12/18(土) 01:20 [ 3Uykfi6A ]
>>334
bluebirdさん、こんばんは。
なんというかこう、このエレガントな会話の流れ、オッサンの私には入りづらい雰囲気が・・・

遅ればせながら、「エネを発する図」の感想をばしたためます。
図から「鮮烈に放たれている」のを感じます。
図の範囲のままモニターから1メートルくらい先まで直線的に吹いてる感じです。
私を活性化してくれるような波動です。化粧品屋さんのような香りもします。
ときどき私の状態に応じて「クールダウン系」になったりしてるかな?

私の拙い経験と知識ですが、一般的には、

1.封入されたエネルギーは、特殊な設定をしないと、時間とともに減衰したり、
変容してしまうことが多いようです。

2.しかしまた、最初は新鮮に感じたエネルギーも、時間とともに「慣れ」が生じるというか
自分と一体化して「違和感」を感じなくなり、パワーが減衰していないにもかかわらず、
「あれ、こんなんだっけ?」となったりもします。

まだアップされて日は浅いですが「エネルギー出まくり状態ですね」とてもキモチ良いです。
もとが神様のエネならば減ることはないでしょうね、やっぱり(^_^ゞ
失礼な比較で恐縮ですが、市販のエネ製品でもここまでのものは少ないので、
小市民の私としてはコレ幸いと浴びまくっております(w

今、面白いことを発見しました。bluebirdさんの波動は基本的に「涼やか」系なので、
季節柄「暖か」系をお願いしたら波長が変わりました。
イキな神様ですね(^o^)

421 名前: 花束 投稿日: 2004/12/18(土) 02:56 [ oKqDaggE ]
>アリーシャさん
お声をかけてくれてありがとです。
bluebirdさんの頑張れ発言ともども励みになりました。

>アヒャヒャさん
怒濤のテキスト、どんとこいです。
勉強になりますよー

>>418
>bluebirdさん

このような四つでしたか。
気付くたびに痛いですね。
3については、またしっかり練り直して書きます。

4について。
子どものころは「検察官にでもなれ」と親に言われる程、主張が強かったのです。
今も主張せよと言われたら、吠えるかも(w

でも大学生のころから、自分への反省から、考えるようになりました。
「まっ白になって聞く。深くまで聞く。
自らの経験を押しつけるのでなく、寄り添う。
相手が必要なものを持っているなら差し上げる」
ということです。
この数年、一番に肝に命じてました。そこから学ぶことも沢山あった。
(今は心に花を咲かせ、人に花束を…が座右の銘。欲しいものをあげるばかりが、優しさではないとも思いはじめているから)

こういうことを考えるようになってから、少しは暖かい人間になれたような…。

最近も「冷たい」とか言われることは、たまにあります。
相手を疑うのはよくないけど、
「私にもっと優しくされたくて言ってるのかな?」
と、考察することもあります。
だから、自分の根は頑固な奴だって反省しつつも、あまり他人からの評価に振り回されないようにしている…つもり。(できてなかったりして…汗)

しかし、なんで嫌われたくないんだろう。
本能的に怖くて、素直に書いてはみたものの…うーむ。
私があげる優しさは表面的だったかもしれないと、最近気付き始めています。
では、それで好かれたとしても、その愛は砂の城のようなもの…とも思う。
好いているつもりになっても、それもまた砂の城。表面的だぞ、と。
…嫌われたくない理由。
もし今まで築いてきた愛の形が、立派に見えても所詮は砂だとしても…
やっぱりそれを作ってきた月日も、頑張りも、否定できない。自分の人生だから。
その前は、もっとひどい人間だった。
だから、無下にそのお城を崩したくなくて、あがいて…一生懸命作った、愛の形を守ろうとしてた。
その愛は何かが足りないって、気付いたり忘れたりしながら。
今、一言で言うなら、それは、過去へのプライドでしょうか。

壊して、創る、既存のものにこだわりすぎない。
随分昔に、自分に誓った言葉です。
「過去へのプライド」…捨てようかな。
必死で作った、私のお城にさよならをして、何か新しいものを作りたい。

嫌われるかもしれないけど、そこに留まり続けるわけじゃない。
よりよいものに、ゆったりと、変化していくまでの途中経過。

でも、なんでこんなに切ないのかなぁー…
ごめんね、私の浅い思慮で愛された、砂のお城に住むみんな。
もっと身の丈にあった、小さくて、頑丈なお家を作ろう…そこにみんなで引っ越そう。
(抽象的な表現ばかりですいません…これこそチラシの裏かも。汗)

422 名前:投稿日: 2004/12/18(土) 03:51 [ 1jx7UPK6 ]
>>365
bluebirdさん
母にうまく接することが出来なかった時の心理状態を考えてみました。
それに対してどういう考えで対処するようになったかも書き出しました。
(とてつもなく長くなってしまったので省きます。)

ほとんどが、すり替えでした。真っ直ぐにその原因に向かわず、どこかで怒りに変わっている。
しかも、原因は自分にあるというのに母へ向けてしまっている。
改めて、なんという愚かなことを繰り返してきていたのだろうと思います。
何度か自問自答を繰り返してきましたが、それでも解決できなかったのは、
突き詰めれば、それを見つめるのが怖いというより、ただ面倒だっただけなのかもしれません。

ここからがこれからの課題です。
なぜすり替えてしまうのか・・・。真っ直ぐにその物事と向き合えないのか・・・。
考えられるものをいくつか書きます。

・子供の頃から、父は怒りの矛先をいつも違うところに向けている、
 その怒りの量は原因となったものを遥かに越えていると感じている。(別の事でたまった怒りの発散のような)
 <これについてはただ意識をして、自分が父と同じ状態になっていないか、と常に見るようにする>
・子供の頃、ふとした言動がもとで怒られたり呆れられたりしていた。
 それは本当はこういう意味なのに、とかそういうつもりでしたんじゃないのに、と思っても
 誤解を解くことが出来ない。
 (どう言えばいいか分からない、言葉に出来ず黙ることしか出来ない、言葉に出来ても理解してもらえない、
  相手に向き合って更に怒られるのが怖い。→諦める。誤解のままでいいと思うようになる。
    →向き合わなかった為に心に溜まったものを母にしか発散できない。)
 <これは、怖くてもきちんと相手に向き合うしかない。>

423 名前:投稿日: 2004/12/18(土) 03:53 [ 1jx7UPK6 ]
そして、これはいくら考えても答えのない問題です。

私は幼い頃からしょっちゅう入院していました。
私の為に、母は人一倍苦労したと思います。兄弟にもとてもさみしい思いをさせたと思います。
父も大変だったと思います。
母が時々苛々している事、父から、私が病気の時に突き放すような言葉を言われた事、
兄弟から仲間はずれにされた事、、、その時はただその状況の中にいることしか出来なかった。
でも心の中にずっと残っていて、時々考えていました。
原因は全部私の病気のせいなのだから仕方ない、と一旦はそれで終わるのですが、
嫌なことがあると、すぐに揺らいでしまうのです。
でも、病気になったことも私のせい?そのせいで更にたくさんのものを失った。
私は本当にこんなことを望んで生まれてきた?じゃあ一体誰のせい?

良い状態の時は、誰のせいでもない、私はこういう人生を選んで生まれてきたんだ、と思えるけれど
マイナスの感情に捕らわれている時は、外に外に原因を押し付けてしまう。
それも結局母親への反抗として表してしまう・・・。

でもこれは、やはり答えの出ないものとしておいてもいいのかな・・・とも思います。
それよりも、マイナスの感情に捕らわれる原因に向き合うべきのような・・・。
そして、その感情は・・・、殆どがさみしさから来ているような気がします。
じゃあ、さみしさはどこからきているのか・・・。
期待と、依存心と、逃げてばかりの心から・・・。

まだこの先があるような気がします

424 名前:投稿日: 2004/12/18(土) 04:08 [ 1jx7UPK6 ]
>>369 花束さん
全然、的外れじゃないと思います。誰かに認めて欲しい、気にかけて欲しい、
という期待がいつもあります。私からあげようとするものは何もないのに、求めてばかり。
もしもどれだけの言葉をもらっても、私のような思いでは、いつまでたっても
満足出来ないのかもしれない・・・と思いました。

物語の話、まるで私自身のようだと思いました。
まさに、目的地に早く早く着きたくて、違う所へ行ってみたけれど結局は遠くなっている・・・。
気付いたら、逃げていただけ。そして、私はこんな所まで来てしまった、という感じです。
逃げることで更に自分を苦しくするだけなのに・・・。

>>379 琴月さん
レスを、ありがとうございます。
そうですね、、、とにかく母が泣いているのを見るのが嫌でした。
今でも母を泣かせた人たちに対しては頑なな態度しか取れません・・・。
守る・・・なんて簡単に書きましたが、実際は上に書いたとおり、
守るどころかどれ程傷つけてしまったのだろうと思います。

425 名前:投稿日: 2004/12/18(土) 04:11 [ 1jx7UPK6 ]
今書き込んだら・・・花束さんが。
花束さん
>>421を読みました。
私もずっと”冷たい”と言われていました。
確かに今思えば本当にとげとげしていたし、こんなに「良い自分」でもありませんでした。
そんなとげとげした自分が嫌で、いつからか取り繕っていたんですよね・・・。
ふわふわとしていれば、嫌われることもないし、どんなことでも笑って受け止めていれば
誰かに嫌な思いをさせることもない・・・時々違和感があってもこのほうが絶対いいし、
最近ではもうそれが本当の私だと思いこんでいました。
だからbluebirdさんからメッセージをいただいた時はかなり考え込みました。
これは間違っていた?これがただの良い人っていう壁を貼り付けただけのものなら
これを取ってしまったら私は前の私よりも更に嫌な自分を見ることになる・・・。

まだ壁を取ることはできませんが、出来るだけ正直に、向き合っていきます。

426 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 06:55 [ sPQz06qY ]
>>419環さん
>何となくですが、螺旋階段を上っているようなイメージがあります。

はい。環さんの場合は、そのような進み方をされているそうです。

>思っていることを言葉(文字)にして
客観的に見てみるというのは大事なことなんですね。

大事なことなんです。

427 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 07:03 [ sPQz06qY ]
>>420ももんがさん
感想ありがとうございますw。
香りですが、ご希望の香りがあったら、そのご希望をPCに向かって述べてください。
たぶん、ご希望に添えるかと(爆)。
オ○サンだなんて、言わなきゃ分からないのにw。
ももんがさんが「ずいぶんすなおになったな」って幹事神さまが笑っておられますw。

428 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 07:23 [ sPQz06qY ]
>>421花束さん
主張が強い事自体が「わるい」わけではないですね。大切なのはなにを主張するか、です。
それと相手を説得するために主張するのであれば、「押す」ばかりでなく、寄り添ったり
相手の主張を聞くことも大切ですよね。それはバランスを取りながら、力加減を掴んで
いけばいいんです。

>相手を疑うのはよくないけど、
「私にもっと優しくされたくて言ってるのかな?」
と、考察することもあります。

そのケースは実際そうなんですよ(苦笑)。花束さんは洞察力が鋭いため、その人の心の
奥まで読んでしまうんです。そしてそれを言うと、相手の人は、居心地がわるい(爆)。
自分で認めたくないことを、花束さんに指摘されてしまうからです。
それは「冷たい」というのとは、ちょっと違いますね。
冷たいわけじゃないんです。ただ相手が聞く準備ができてないときに、「ほんとうのこと」を
言ってしまった、ってだけです(笑)。

>私があげる優しさは表面的だったかもしれないと、最近気付き始めています。

そうですね。

>でも、なんでこんなに切ないのかなぁー…
ごめんね、私の浅い思慮で愛された、砂のお城に住むみんな。

たぶん。ソーシャルスキルを駆使しないと、周囲の人たちに「気に入られる」ことが
できないから、じゃないでしょうか。。
周囲の人たち自身が「砂のお城」に住みたいと思っている。
でも、花束さんは「なんかこれでは満足できない」ということに気づきはじめている。

前にも書きましたが、わたしは「砂のお城」が「悪い」と言っているんではないんです。
今のこの世界で生きるには、それも必要なんですね。スキルも必要。
それを捨てよ、と言っているのではないのです。
でも、花束さんの芯に在るもの、がその枠を超えたいと思い始めている。
その時期が来た。
その枠を超え、そしてなおかつ、周囲との軋轢も少なくするような、とても「狭い門」を
くぐるのはいかが?(笑)と提案しているのです。

>よりよいものに、ゆったりと、変化していくまでの途中経過。

と書いておられるように、もう花束さんは、「そうする」軌道に乗ってしまっている
んです。
ただあなたが変わると、必然的に周囲との関係も変わらざるをえない。
軋轢を少なくしようとしても、一旦は、なにかの波紋がそこに広がるわけです。
そのあと、どのような「落ち着き方」をするかは、やってみないと分からない。
それが怖い、というか、せつない、のかもしれません。

429 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 07:26 [ sPQz06qY ]
>花束さん
>…そこにみんなで引っ越そう。

ここ、ですね。
あなたが変わると、そこへは「みんな」を連れて行くことができなくなるかもしれない。
それは「せつない」ことかもしれませんね。

430 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 07:49 [ sPQz06qY ]
>菫さん
まず、「周囲の人との関係」というのは、こちらが「なにかを気づく」ことによって
変わることもあれば、変わらないこともあります。ここをまず念押ししたうえで。

>しかも、原因は自分にあるというのに母へ向けてしまっている。

原因はあなたにあることもあるけど、他にあることもあります。
あなたがお母様に向けているのは、ご自身の欲求不満のようなかんじがします。

>何度か自問自答を繰り返してきましたが、それでも解決できなかったのは、

自問自答だけでは「解決」はできません。自問自答するのは、気づきを得るためです。

>突き詰めれば、それを見つめるのが怖いというより、ただ面倒だっただけなのかもしれません。

いえ、あなたは怖いんです。

>父は怒りの矛先をいつも違うところに向けている、
 その怒りの量は原因となったものを遥かに越えていると感じている。(別の事でたまった怒りの発散のような)

これについては「ちがう」とおっしゃいますね。怒りの矛先は違うところに向いていません。
怒りの量が多いということはありません。別の怒りを向けているわけではありません。

>(どう言えばいいか分からない、言葉に出来ず黙ることしか出来ない、言葉に出来ても理解してもらえない、
  相手に向き合って更に怒られるのが怖い。→諦める。誤解のままでいいと思うようになる。

これは、こどものうちはしょうがないですね。また誤解されている、その誤解を解く、
解かないは、オトナになれば、その状況におうじて決めていくしかありません。
誤解を解こうとしても理解できない相手というのが居ます。解くことのできる人も
います。それは自分で経験を積みながら、判断していくしかないわけです。

>→向き合わなかった為に心に溜まったものを母にしか発散できない。)
 <これは、怖くてもきちんと相手に向き合うしかない。>

相手に向き合う、かどうかは、自分で決めてくださいね。
わたしは相手に向き合えということは言っていません。自分に向き合え、とは言って
いるけどw。自分に向き合って、次にどういう言動をするかは、自分で決めるんです。
状況によっては、相手に向き合わず、知らぬ顔をしているほうが良い場合だってあります。
「母にしか発散できない」と書きながら、「母を泣かせる人に頑なな態度しかとれない」。
それって、、どうでしょう?
もうすこし考えてください。自分が発散するのは、よくて、他の人がお母様に発散するのは
許せないの?

431 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 08:00 [ sPQz06qY ]
>菫さん
ご病気になられたことは、霊的なものは関わっていません。「だれのせい」でもありません。
そのご病気になられたことで、ご家族がご苦労なさったことは、しようのないことです。
そしてそのご苦労に対して、ご家族それぞれのかたが、「どう考え、菫さんになにを
言おうと」それは菫さんには「どうすることもできない」ことです。
ご家族にはご家族なりの価値観や考え、感情があって、それを菫さんがコントロール
できるわけではありません。

>確かに今思えば本当にとげとげしていたし、

「とげとげ」していたのは、周囲の人に当たり散らすからではありませんか?

>そんなとげとげした自分が嫌で、いつからか取り繕っていたんですよね・・・。

当たり散らしは直りましたか?まだ直っていないのではありませんか?
それは「取り繕い」ではありません。
「取り繕い」といったのは、ここに「自分を良く見せようとばかり書いておられる」
そのことを指したのです。
「すりかえ」ていますよ。「すりかえ」が癖になっておられる。

>これを取ってしまったら私は前の私よりも更に嫌な自分を見ることになる・・・。

変わりたいなら、「イヤな自分」を見てください。
変わりたくなかったら、見ないでください。
どうするかは、自分で決めてください。

432 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/18(土) 10:38 [ SIOBlfjw ]
>>421=花束さん
レスありがとうー。
参考になるかどうかは解らないけれど、これ鬼女板で見つけてコピペした文です。
何となく花束さんにお見せしたくなったので貼りますね。

945 :可愛い奥様 :sage :04/11/10 14:49:02 ID:qWQ/FgVX
自称サバサバ系ではないけど、言い方のキツさを指摘したら
「これが地なんだからしょうがないでしょ!?アンタ私と何年の付き合いになるのよ
いい加減慣れなさいよ」と逆ギレされますた。
なんでも自分の出身地じゃみんなそういう口調なんだとか。
しかしその土地から離れて何年になるのかと・・・

普通の人から見たら怒って言ってるようにしか見えないって自覚とか、ないんだろうな〜。

947 :可愛い奥様 :04/11/10 15:16:50 ID:76TcwkYw
>>945
自覚がないって最悪だね。自分の「地」は受け入れろと言い、相手の「地」は認めないでしょ、そいつw
このスレにいろんなタイプの嫌われる性格が出てくるけど、
嫌われる人に共通して言える事は
まず一番に「極度の自己中」「自分を客観視できない」「自分に甘く人に厳しい」「オンナオンナした感情的な性格(ニセサバも実は女度高いし)」
だと思う。
誰でも自分が一番可愛いし万人に好かれる人はいないけど、
多数の人に嫌われてる人間は欠点が極端に多いんだと思う。
欠点を我慢してまで一緒にいたいほどの魅力がない人、というか。

…結婚した人間が急に丸くなる事はないので、何かとトラブルは付き物です。
誤解して欲しくないのは、花束さんが「自称サバサバ系」と思ってはいない事。
花束さんがイメージする「嫌われる人」と、「実際に嫌われやすい人」の違いが
伝わるといいな…と私は思いました。

433 名前: 花束 投稿日: 2004/12/18(土) 10:55 [ oKqDaggE ]
レス、おつかれさまですm(__)m
そして、ありがとうございます。
前スレ427から、ついに1000以上のレスがついたんですねー

>>428
>bluebirdさん

自分を変えるために、まず砂の城をきっちり半分、崩すことにします。
手加減せずに、半分崩します。
そこそこ大きいから、チカラいっぱい。

住み処が崩れると誰もが慌てられるので、説明をするか誘導をするか致します。

新しい家は材料しかありませんので、手探りで土台から作る予定。
誘導したときに、一緒にきてくれた人が、手伝ってくれるかもしれません。
日本の建築みたいに、小さいうちが、スピーディーにできるか、
ドイツの建築みたいに、土台だけで一年以上かかるか、
ちょっと予想できませんが、ドイツ方式が新しく湧いてきたイメージ。

砂のお城が、どうしてもいい方には、半分のお城に住んでいただきます。
壊れた分、隙間風が吹いて冷たいかもしれませんが、
「ここは私の心。本来住む場所は自分の心」
と、主張するなり、思うだけにするなりして、過剰な同情は控えます。

私の砂の城に住みたい筆頭は、私の恋人なわけですが…
(この人の部屋は何度も1/3くらい壊しては、作り直している…私が気付くたびに壊し、反発されて直すので)
がんばります。
もしかしたら誘い出せるし、無理だったら…うーん…またあとで考えます orz

bluebirdさんのレスを読んだら、胸の芯が反応しました。
単3電池くらいのサイズの、熱くて光ってるものが、胸の中央にある感じ。
「そうか、みんなで引っ越せないのか…」
と思ったら、「さぁ、引っ越しだ」と思った瞬間、何故か泣きたい気持ちになった理由がわかりました。

でも、これから私は大工さんになります(笑)

434 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/18(土) 11:08 [ SIOBlfjw ]
sage失敗したみたい。ごめんなさい>all

>>417=bluebirdさん
>「見返り」は求められないですが、その「援助」を受けてその人がどう思うか、感じるか
>行動するかは常に見ておられます。

これも一種の契約ではないかしら?と感じました。
生まれる前から契約なさった方々(思い浮かんだのがお釈迦様等)もいらっしゃる
けれど、生きていく中で「より良く生きたい」と思った人の思いに神様が
気づき、「それでは…」と援助される。
この時点で契約が成立しているのかもしれない。それが無意識であっても。

ただ一般的には分かりにくい契約締結だから、「心の中の鏡を曇らせないように」
という緊張感を持続させる事は難しいように思えます。
そういう意味では、このスレによって気づかせて頂いている現状に、深い畏敬の念が
わき出ます。

>お姑さんは、自分のエゴを満たすために宗教を利用してるでしょ?ご自分では認めない
でしょうけど。

ご指摘の通り、絶対に認めませんでしょうね。アヒャ
何故彼女にテレパスという力を授かったのかは分からないけれど、今の時点では
彼女は明らかに力の使い方を誤っている。
しかも、宗教ですらも彼女が自らの虚栄心を満たすために利用していたとは。
(それなら、姑の人生に澱みが次々と発生しても致し方ないかと)
ご指摘して下さり、ありがとうございます。

>神さまが無条件に愛されるのは、その人が「魂を成長させようとしている」場合に
おいて、です。

bluebirdさんがすっきり纏めて下さったお陰で、昨夜はぐっすり眠る事が出来ました。
今お腹の中にいる(つもりの)彼女は、まだ外に出たくない様子です。
もう少しお腹の中にいる間に、「私がそれを意識する事」で「彼女に伝えていく」ように
心がけたいと思います。

「魂を成長させる」のは何のためか?
この答えは各個人に委ねてもいいように思えたので、私は、以前bluebirdさんが
お書きになったように「その過程を楽しむ」事を自分の中に取り込みたいです。
…姑そっちのけになりそうな予感がしたので、ちょっと軌道を直しつつも、
「彼女が私のお腹の中にいてくれて、ありがとう(イメージ)」と今の現状を
楽しんでみたいと思います。

幹事神様へ。私がここまで享楽的な性格だなんて当初は思われなかったでしょう?
…と不遜な事を書いてみるテスト。
そのレスは「お見通しですが、何か?」になりそうな予感。ヽ(`Д´)ノ

435 名前: 花束 投稿日: 2004/12/18(土) 11:14 [ oKqDaggE ]
>アヒャヒャさん
なるほど。
転落は簡単なので、私が「本当に嫌われる人」のように振る舞うのも、たぶん簡単ですが…するつもりは無いから置いときますね(w

私は「嫌われる」のを恐がってましたが、おそらく「心底嫌悪」されるわけじゃない。
「心底嫌いなふり」をすれば、私は嫌われたくないから、優しくしちゃう。
そこを見抜かれちゃうんだろうなぁー
でも、私が多少厳しくしても、嫌いなふりは嫌いなふりで…奥底では「嫌えない」もしれない。
と、アヒャさんのおかげで気付いたかも。
コピペありがとうです。

「マジ嫌い」って思われる対象は、コピペに出てきた
>「極度の自己中」「自分を客観視できない」「自分に甘く人に厳しい」
な方なんだろうな。そーならんように、気を付けます(笑)
嫌いな「ふり」をされるのも、やなもんですが…そういう「駆け引き」は大嫌いなので、負けないぞっと。

436 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 11:26 [ sPQz06qY ]
>>434アヒャさん
>、「それでは…」と援助される。
この時点で契約が成立しているのかもしれない。それが無意識であっても。

「契約」というとちょとニュアンス的に。。。契約っていうと、、なにかを得るために
なにかを差し出す。その「なにか」をきっちり規定されてしまいますよね。
神さまが関わられる場合は、(契約でなければ)規定はほとんどされない。かなり「自由」
に選択できるはずです。
たとえば、その援助に対して。自分の側にいる人になんらかの形で「お返し」をするのもあり。
社会に何らかの形で還元するのもあり。「いまは余力が無くてごめんなさい、でもきっと
出世払いします」と思えば、待ってくださるんです。でも待って・・・そのあと忘れないか
どうかもきっちり見ておられますw。
それにその援助に見合う「支払い」をその人はすでに済ませているかもしれない。
なにかの形で徳を積んで居る人には、「援助」は来やすいです。

>ただ一般的には分かりにくい契約締結だから、「心の中の鏡を曇らせないように」
という緊張感を持続させる事は難しいように思えます。

緊張感まで感じられなくても、「良心的であろう」とするだけで、かなり人の言動
というのは、変わってくるものだと思いますよ。
でも、上は一般論。アヒャさんは勘がいいかただから、いま「いただいている力」が
どれほどのものか、お分かりですよね?w
だからアヒャさんはたしかに「緊張感」をもったほうがよいでしょう。

>そのレスは「お見通しですが、何か?」になりそうな予感。ヽ(`Д´)ノ

ここで、幹事神さま、大爆笑w。
お見通しですよw。
ここに来られている幹事神さまは、神々さまのなかでも、「お読みとり」が非常に
優れていらっしゃるかたなんですよ。

437 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/18(土) 11:33 [ SIOBlfjw ]
>435=花束さん
私には、花束さんご自身も面倒な事をしているように思えますだ。
もっとシンプルな気持ちで、それぞれの方々との間に関係を築いてもいいように
思えます。(恋愛対象である彼氏を除く。恋は駆け引きが必須)

花束さんが相手に持つ感情と、相手が花束さんに対して持つ感情が微妙に
違うのはいいんじゃないかしら?
一致させようとするから、駆け引きが必要になってくるのかしら。
結果的には、花束さんが相手の感情に妥協しているような印象を受けます。

人間関係において微調整は時折必要だけど、相手への感情そのものは
出来る範囲でシンプルにさせる方が、エネルギーをより良く活用できるような
気がします。
もっとも、それに至るまでに通過するであろう修羅場も、また経験の一つなので
あまり構えず、気楽にね。(私の経験談)

長々と書きましたが、新しい家の建築ガンガレ!

438 名前: 花束 投稿日: 2004/12/18(土) 18:30 [ oKqDaggE ]
>アヒャさん

>私には、花束さんご自身も面倒な事をしているように思えますだ。
もっとシンプルな気持ちで、それぞれの方々との間に関係を築いてもいいように思えます。

このへんをウリウリと考えてます。
最初はピンとこなかったんですが、だんだん「あ、その通りなんだべなー」と思えてきました。
シンプルにするには、私自身が、洞察を深めて、こんがらかった頭を収斂せねばならんです。
やりごたえあるなぁ。

3の罪悪感についても考えているのですが、一緒に考えるから混乱するような、根は一つのような…
でも考えるのは嫌いじゃない。

先輩(人生の?)も、擬似妊娠がんがってください(・∀・)

439 名前: みつる 投稿日: 2004/12/18(土) 19:31 [ B8tYtNhA ]
はじめまして。みつると申します。
bluebirdさん宛てにではないんですが、本スレで何度かカキコミをしました。
HN、今回初めてつけてみました。ちなみに女ですっ。
私には超能力めいたチカラはありません。どちらかというと、んー感じるのです。
ここでかきこみをされている皆さんと自分に差を感じます。
超能力のあるなしではなく、人への考え方なのです。
光が町にふりそそぐイメージやさしさ、考えてもみなかった。
花束さんの、心に花を咲かせて…の言葉、最初に目にしたときびっくりしました。
ほんとに考えの範疇になかった。
人が好きになれなくて…。
…と書いていたら後ろ上から、そんなことないやん、いるじゃない、という暖かいものが感じられたので訂正。
大切な人たちがいて、そして大好き。
…しかし町中のみんなが、とかはまったく…
今まであった困難やいずらさは、好きになれない、そこなのです。
私が相手を好きにならなくては相手が私を好きになるはずがない…(うわあっ泣きそうな言葉)
私が変わらなくては問題が解決しない…(…)
好きになれるように、かわることを考える前に、
知らない人、身近な人がくれたやさしさを受け取ったら、
自分のやさしさをほかの人へと差し上げることでやさしさの循環の一部となろう、と思うのです。私も星をまわすことができる。
星は、願うすべての人の気持ちでまわっていると思うのです。(自転とか!太陽の周りをまわるとか!)
ちょっとしたことからはじめています。
本スレとここのスレに来て、自分は、一番そこがかわりましたよ。
bluebirdさん、スレの皆さん、会えて感謝です。
感謝っ!

440 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/18(土) 22:35 [ sPQz06qY ]
>>439みつるさん
こんばんは〜。

>私が相手を好きにならなくては相手が私を好きになるはずがない…

相手に基準を置くと、ただ「ふりまわされるだけ」になりがちです。
ですから、ごく一般的なマナーであるとか、常識的なことを知って実践し、よりよく
あろうとしていることを前提として、ですね。
そのうえで、「神さまに好きになっていただけるような」自分を目指してください。
「神さま」という言葉に抵抗があるならば、「良心にはじない」自分を目指してください。
人に好かれるかどうかは、その後にきます。
その結果好かれることもあるかもしれませんし、逆に嫌われることもあるかもしれない。
人に好かれたいからといって、むやみに迎合することなく。
しかし、遊離することはなく、ごく自然に、縁のあるかたに、できる範囲で手を差し伸べる。
そのようにしてみてください。

441 名前:投稿日: 2004/12/19(日) 00:30 [ MlpIfU1Y ]
>>430 bluebirdさん

>原因はあなたにあることもあるけど、他にあることもあります。
あなたがお母様に向けているのは、ご自身の欲求不満のようなかんじがします。

その通りです。昨日書き出したものは殆どが自分自身のさみしさ、欲求不満です。
違うのは父の言動に対して、父だけじゃなく母まで責めていたこと。
母は私の父への態度を悲しんでいるけど、どうして私がそういう態度をとるようになったのかを話してみても
きちんと分かってくれていないような気がします。

>怒りの矛先は違うところに向いていません。

これについてはまだ納得しきれない自分がいます。
 (怒られた時に愛情を感じることが出来なかった。明らかに違うと思うことがあった。
 突き放す言葉を聞いたときの私が、何を思ったのかは思い出せていませんが今でもそれを許せていない。
 私は間違っているのかもしれないけれどそれでも傷ついたり怖かったりした思いは消えない。
 同じくらい傷つけないと気がすまない。でも本当はこんな思いから解放されたい。
 父もまた、子供時代の環境で色々満たされない部分があったのかもしれない。
 今はまだ、距離をおくことしか出来ない。)

それと同時に、私は自分がしていることを、そういう歪んだ性格を、父のせいにしている・・・?
と思いました。自分そのもの性質だということを認めたくない。受け入れきれない。
言葉だけじゃなく、ただ、いったん受け入れることが出来たら、そこから変わることが出来るかもしれないけれど。

焦らずにきちんと内面を見る、、、と思いながらも、何だ、そうなんだ・・・とも思い始めています。
自分の心の歪みや汚さを、(それだけではなく私の場合は様々なうまくいかないことの殆どを)
外に原因を見つけてばかりいる。

>自分が発散するのは、よくて、他の人がお母様に発散するのは許せないの?

母にしか本当の自分を見せられない。母に発散することは当たり前のようになっていました。
どうして同じ事をしていることに気付かなかったんだろう。
これは、「見つめるのが怖い」という部分と一緒にもう少し考えます。

442 名前:投稿日: 2004/12/19(日) 00:34 [ C0YDZ2sE ]
皆様、こんばんは。

>>426 bluebirdさん
ありがとうございます。
螺旋階段は昇ってきた階段が振り返らなくても
足元から見えるので好きだったりします。

思っていることを言葉にする作業で思い出したのは
過去につけていた日記の存在。
私の日記はその日にあった出来事よりも、
その日にあったことに対して「何を思ったか」を
書いていることが多かった。
だから後で読み返してみても、
当時「何をしたのか」はよく分からないのに、
心の動きだけははっきり分かったりします。
今までは無意識にやっていたことだけど、
今後はちょっと意識して「書いて」みることにしようと思います。

>>アヒャヒャさん
アヒャヒャさんのパワーは本当にすごいですね。
書き込みを拝見していて何だか圧倒されっぱなしです。
アヒャヒャさんに育て直しをしていただけるお姑さんは
ある意味幸せな方なのかもしれないですね。
「苦労はそれを乗り越えられる方に与えられる」と聞いたことがあります。
アヒャヒャさんは苦労していても、そんな素振りを見せずに
軽やかな足取りで乗り越えていけそうな方のような気がします。
PCのディスプレイ越しに応援してますね。

>>花束さん
どんなに立派な建築物も、土台が脆ければ
結局長持ちしないものですよね。
人や植物も根っこの部分が脆ければ、
大きく成長するのは難しくなりますね。
日本の建築物も、きちんと基礎が出来ているものは
1000年以上昔のものが現存していたりします。
いつか立派な棟梁になって下さい(DASH村のイメージw)。
新しい家の建設も、微力ながらお手伝いできたら…と思います。

>>菫さん
善と悪の両方持っているのが人間なんだと思います。
イヤな自分も含めて、自分なんだということを認めることが出来ると
ちょっと肩の力が抜ける…と思います。
悪い面を直視するのは苦しいけれど、
苦しい中にこそ問題解決のヒントがあるような気がしますよ。
頑張れ!と声援を送らせて下さいね。

443 名前:投稿日: 2004/12/19(日) 00:36 [ MlpIfU1Y ]
>>431  bluebirdさん

>「とげとげ」していたのは、周囲の人に当たり散らすからではありませんか?
>当たり散らしは直りましたか?まだ直っていないのではありませんか?

そうですね・・・。外ではいい顔をしていても家の中ではまだ直っていません。
何もないことをいいことにいい状態になったと思っていても、いざとなるとそれが分かります。
いい事ばかり書いたのは、多分、問題はなくなったと思いたかったから・・・。
実際、表面上はうまくいっているように思えました。
そして、分かっていなくても、”分かった”ようにするのが癖になっている部分もあります。
”一回で分からなければ”というのが心の中にありました。

「外の事は内の事に連動する」
会社の中で、これを痛感しています。いざとなると冷たい人だなあ、とか私には絶対こういうことは出来ない、とか
思いながら、実は私も全然変わらない。自分が苦しくなければ優しく出来るけど、いざとなると逃げることを選ぶ。
会社の中では絶対にしなくても、家の中では当然のようにしてる。

良くなっていたのは表面上だけだったようです。最近徐々にふわふわとしているだけでは対処できない事が増え、
試されているようです。でも乗り越えられると思えています。
自分の内側を覗いても覗いてもたどり着けないことにもう嫌だ、と思ってしまいましたが
今は胸のあたりがすっきりとしていて・・・。諦めずに、正直に、進みたい。

444 名前:投稿日: 2004/12/19(日) 00:48 [ MlpIfU1Y ]
>>442
環さん、声援ありがとうございます。
直視する前に苦しくて仕方がなかったのですが、
みなさまの、私とはかけはなれた優しさ、強さに助けられています。

私もこの前ここ数年の日記を読み返しました。
同じように、自分の思いを書いている日記です。
でもやはり、私はそれも、殆どが飾っているものだったようです。
そこから、肝心なことはあまり掴めなかったような気がします。

445 名前: みつる 投稿日: 2004/12/19(日) 00:55 [ NyStStoY ]
bluebirdさん、こんばんわです。
良心、というか、よかれと思っているだけなのかもしれませんが、
察すること、相手に恥をかかせないようにすること、自分のできることはできるだけする、
断りたいのに言いだせなそうな状況の時は逃げ道をつくってあげることなど、
あたりまえのことをしているつもりなのです。が、何へこへこしてるのさ、と見下されていますね…。
がんばりのあとは絶対見せたくないし、気をつかわれたんだって知るのはやなことです。
ゆえに何やってんのか、わけわからない人…と思われているようです。

人が好きかどうかは別として、信念にしたがって、できる事を、ということなのですね。
わたしの上記のような気遣いは信念というか、後悔したくない自分のためでもあるのです。
その方法が、ちょっとよくないのかもしれませんね。

446 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 04:39 [ sK5.q8Xc ]
>>445みつるさん
>何へこへこしてるのさ、と見下されていますね…。
ゆえに何やってんのか、わけわからない人…と思われているようです。

いいんです。思わせておきなさい。
あなたのことを、どれだけの神々が見ておられるか、あなたは知らない。
あなたがなさっていることは、すべて見られています。
人の評価などどうでもいいのです、あなたの場合は。
そのまま進んでください。

447 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 11:09 [ njugROog ]
>>436=bluebirdさん
>神さまが関わられる場合は、(契約でなければ)規定はほとんどされない。かなり「自由」
に選択できるはずです。

自分の中では「契約」というイメージが一番強いのですが、言葉的には「不文律」の
方が近いかもしれない、と思いました。
神様からの援助を感じた時に自然と感謝がわき出て、(その人が出来る範囲での)
更なる善行を積める人には「不文律」。
でもそういう人ばかりではないので、「神様にお礼(善行)をしないと、後で
しっぺ返しがくるぞ」という脅し文句に対して真っ先に思い浮かぶのが、
「契約不履行に対する制裁(その本質は、人が勝手に作り出した畏れ)」で、
私はそのイメージが強いからかもしれないです。

>「いまは余力が無くてごめんなさい、でもきっと出世払いします」と思えば、待ってくださるんです。

今回の事を無事成し遂げられたら、一度意識した「後払い」をお願いしてみたいです。
何でも試してみたくて仕方がないです。(w

>だからアヒャさんはたしかに「緊張感」をもったほうがよいでしょう。
ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ …その緊張感で痩せられるといいな。(w

>ここに来られている幹事神さまは、神々さまのなかでも、「お読みとり」が非常に
優れていらっしゃるかたなんですよ。

真っ先に思い浮かんだのは、お釈迦様の手のひらで悪態をつく孫悟空_| ̄|○

疑似妊婦経過報告です。
昨夜まではお腹の中にいたと思ったのですが、今朝寝坊したら2〜3歳くらいに
成長していたので、「ごめんね。ちゃんと産んでやれなくって(でも疑似出産を
するには時間的余裕はないのですが)」と謝り、沢山ギュッと抱きしめました。

>>400で=bluebirdさんから
>しかし「穏やかに諭す」のはしないで。
このようなアドバイスを頂いたにもかかわらず、幼子に話すように諭してしまい_| ̄|○
「私はあなたが大好きだけど、あなたが望むような愛し方は出来ないの。
でもそれは、あなたが周りの人に『周りの人が望むような愛し方が出来ない』のと
同じだから、お互い様なの。
私は私のやり方で、あなたを愛しているわ」と…、十分諭しモードやん。

448 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 11:21 [ njugROog ]
うざい長文ですが、続きます。

神様の愛については「あなたが宗教をしている間、幸せになれた?
本当は神様は沢山いて、ずっとあなたを見守ってきたんだよ。
あなたが、あなたの心の中の暗やみを見ようとする日を。
暗やみもあなたの一部なのだから、何も怖くないんだよ。
神様は、暗やみを出来る範囲で見るようにする人を、お天道様に
顔向けできる(人に恥じない)生き方をしようとする人を、
こよなく愛するの。
神様は、ずっとあなたがそれをする日を待っていたんだよ。」

諭すうちに涙が自然と出てしまい、気がつくと彼女が消えるような気がした
ので、「またギュッとして欲しくなったら、何時でもおいで」と声をかけたら
嬉しそうな笑顔(目には見えないけれど、何となく)を残して、消えました。

完全にクリアはしていないし、問題多々ありそうなので、一休みしたら残りの分を
手がけますね。

449 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 11:48 [ njugROog ]
>>438=花束さん
>擬似妊娠がんがってください(・∀・)
早速失敗したかもーアヒャ。
それしきでめげる私ではないので、締め切りギリギリまで悪あがきしてみます。(w

花束さんの課題も時間がかかる、難しそうな物ですよね>家の新築を含む
私も花束さんがどのようなお家を造られるのか、とても楽しみにしていますね。

>>442=環さん
>PCのディスプレイ越しに応援してますね。
ありがとうー。ホント涙腺が緩い自分に笑ってしまいます。

>今後はちょっと意識して「書いて」みることにしようと思います。
素敵な案ですね。
私は文章垂れ流しが多いので、是非参考にさせて下さいね。

>>菫さん
誘導先が違うかもしれないけれど、何となくお知らせしたいので貼ってみます。
もし興味が出ましたら、読んでみて下さいね。
(スレタイは、もしかすると今の菫さんにはキツイかもしれない。
けれども、育児板の中ではかなりの良スレで、考えさせられる事が多いです。)

 親に愛情たっぷりに育てられた人 
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1057369567/

450 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 11:51 [ njugROog ]
追伸:
育児板への接続が時折出来ないみたいですが(運営側の問題らしい)、
スレそのものはありますので、もし宜しければ…。

451 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 12:27 [ sK5.q8Xc ]
>>447アヒャさん
>神様からの援助を感じた時に自然と感謝がわき出て、(その人が出来る範囲での)
更なる善行を積める人には「不文律」。

人間はですねー、本来そのように「自然とおもえる」性質があるんです。あるはず
なんです。しかしいまはそうなっていない人が多いわけです。

>でもそういう人ばかりではないので、「神様にお礼(善行)をしないと、後で
しっぺ返しがくるぞ」という脅し

これはおもに邪神、悪魔系ですね。守護もしますけれども、その代償をきっちりと
求めてくる。場合によっては魂を売る、ってかんじです。

>「契約不履行に対する制裁(その本質は、人が勝手に作り出した畏れ)」で、
私はそのイメージが強いからかもしれないです。

本当の神さまは制裁は、よほどのことがない限りされません。大変な悪事を働くレベル。
それには非常に厳しい制裁が待っています。
本当の神さまに関わって、それでも「堕ちていく」場合がありますが、それはですねー、
はっきり言って「自滅」なんですよ。自ら滅びていく。自らの落ち度。
もちろんご注意も、警告も、いろんな形で何度もなさいます。しかし、それでも聞き入れ
ない場合は、自滅していただくしかないわけですよ。本人がそっち選んじゃってるん
ですから。
とにかく制裁ということに対して、そう過敏になる必要はないんです。
ちょっとしたご守護にお返ししない場合、、守護がうち切られるということはよくある
ことですが、そのせいで制裁までされるということは、まずないと思ってください。

と、それよりも。
なぜ契約不履行に対する制裁、がそれだけ「気になってしまうのか」を考えてください。
原因があるはずです。遠い過去のハナシになるはずですが。思い出してください。

452 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 13:56 [ sK5.q8Xc ]
>みつるさん
「こぼれている。
 せっかくの守護を
 とりこぼしている。
 もっと素直に
 なりなさい。」
とメッセージが来ました。

もうひとつ。
「ここに来られたことを
 感謝していると言っているが
 それは本当の
 感謝になっているか?
 本当の感謝とは
 なんなのか
 あなたは分かっているのか?」
とも来ました。

453 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 13:58 [ sK5.q8Xc ]
どれだけの
守護を
もらっても
改心がなければ
その守護は
続かない。
心の中を
覗きなさい。

454 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:08 [ sK5.q8Xc ]
あふれるほどの
守護を得ても
その守護が
なぜ得られるのか
分からない。
あたりまえのように
思えることを
あたりまえに
こなせることに
なぜ
感謝しないのか?

455 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:10 [ sK5.q8Xc ]
ここから始まる。
今、ここに居ることに
まず感謝しなさい。
この「時」を
待っていた人が
大勢居るはずだ。
いまその「時」が来た。
このチャンスを
逃すな。

456 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:12 [ sK5.q8Xc ]
そちらからは
「見えない」だろう。
しかし
こちらからは
「筒抜け」なのだ。

457 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:14 [ sK5.q8Xc ]
この「時」を
ここで過ごせたことの
意味を
あなたがたは後に
知ることになる。
その意味を
知って
泣く人がいる。
悲しくて泣くのではない。
感極まって
泣く。

458 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:17 [ sK5.q8Xc ]
突然にそれは来る。
解除できない。
逃げ場がない。

459 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:20 [ sK5.q8Xc ]
その道を往け。
その道の到達地。
過去から
現在に至るまで
人が
切望し
得ようと努力してきた。
その地。
その地に立て。

460 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:23 [ sK5.q8Xc ]
突く。
突きだす。
突き上げる。
土地の様子が
激変を始める。

461 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:25 [ sK5.q8Xc ]
さっとかわす。
身を翻す。
身を軽くして
変化に備えよ。

462 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:29 [ sK5.q8Xc ]
取る。
手に取る。
手に取った者。
それを見るがよい。
その手の中に
なにがあるか。
こんじきの
燕(つばめ)。

463 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:31 [ sK5.q8Xc ]
燕を放て。
放って
あなたは歩き出す。
燕が先導する。
燕の後を追え。

464 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:33 [ sK5.q8Xc ]
そのための
儀式が
23日にある。
その日を
覚えておきなさい。

465 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:40 [ sK5.q8Xc ]
儀式は
かつてない規模で
執り行われる。

466 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:44 [ sK5.q8Xc ]
その中に
「光るひと」が
ひとり居る。
その人を
よく見ておきなさい。

467 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 14:50 [ sK5.q8Xc ]
いつまでも
側に居てもらえるわけではない。
接することができる間に
成長しなさい。

468 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 15:20 [ sK5.q8Xc ]
粉を挽くように
さらに細かな
波動を出すように。

469 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 15:21 [ sK5.q8Xc ]
さらに言うなら
光をもっと強めなさい。
「光になる」と
思いなさい。
「光として」
行動しなさい。

470 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 15:50 [ sK5.q8Xc ]
さっさと済まそうと
思わずに
丁寧に
心をこめて
しなさい。

471 名前: みつる 投稿日: 2004/12/19(日) 17:35 [ tKKJw/A6 ]
>>452 bluebirdさん
感謝を、ありがとっ!という意味で使ってしまいました。(汗)
この場所については、ここにあるすべてを受け止めていないし、
怖がって距離をとって、何も返していない。
そして仕事場は、入ろうとすれば入れる状況になってきているのに、理由を付けて飛び込まない
(その理由が最初大きなものだったけど、今では些細なものになるかもと最近思いました)
私を守護されている存在は悲しんでいるのかも…しれないです。
せっかく目をかけているのに、応えていないのでは。
仕事場に関しては、ゆっくりゆっくり入ろうという気持ちになっていけばいいかなー、
好きになっていけばいいかなーという悠長な気持ちでいること、
いつも支えてくれている周りを、よーく見ずに、私は遠くばっかり見ていること。
何より「わかっていない」ことが一番…。
ちゃんと整理して考えなくては。
あっ今まで支えてくれた人たちに何も返していない!その上切ったりしてる!忘れている!
満たされないのは、遠くばかりで、自分の歩いてきた道を振り返っていないから。わかっていないから。
書く時間よりちゃんと考える時間とれ!ちゃんと受けなさい!…
…そう言っていることでしょう。
自分は何ができるかの前に、今までのこと、ちゃんと受け止めなくては。

472 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 18:31 [ sK5.q8Xc ]
そこから
見えるもの。
それを
覚えておきなさい。
見えた光景は
あなたの目に
焼きつく。

473 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 18:39 [ sK5.q8Xc ]
燕は
つねに
あなたがたの視界に
留まる。
その燕を
見失ってはいけない。
見失うとすれば
それは
あなたが
自分の意思で
燕から離れた
ということになる。

474 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 18:53 [ njugROog ]
>>451=bluebirdさん
>ちょっとしたご守護にお返ししない場合、、守護がうち切られるということはよくある
>ことですが、そのせいで制裁までされるということは、まずないと思ってください。

私は「守護の打ち切り」以後に起こる運の低下が「制裁」だと思っていたようです。
ご説明していただき、本当にありがとうございます。

実は、私に長年にわたって干渉し(嫌がらせ)続けた、かつての知人がいまして
(具体的には彼女もテレパスで、ある事ない事を彼女が流布し、友達が一気に
減り、共通の知人を纏めて切る事態にまで発展しました※)、bluebirdさん経由で
神様の守護を得られた後、
「我らに畏れをなして、彼女を守護していた者たちが去った」と教えていただきました。
※何故彼女がテレパスかを知ったかというと、私が誰一人として話さなかった事を
彼女が知った風に私に話してきた事がきっかけで、疑いを持ちました。
それで、彼女の目の前で、私は心の中で「あなたが嫌いです」とつぶやいた瞬間、
表情があっという間に変わりました。

私には、それが本当かどうかを確かめる術はありません。
ですが、「気を引き締めなければ」と過剰なほどの緊張感を自らに強いています。
…bluebirdさんからご覧になれば、彼女の自業自得なのでしょうけれども、
私には「もし、私が増長したら、明日は我が身だ」と思えてなりません。

今は、私の力を放棄するわけにはいかないです。
自然への干渉する力を持った先代達が、安心してお休みになっていただくためにも。
システムが変わり、私のような存在を必要としなくなる日が来るまでは。
あるいは、次世代の人が成長し、安心して(間接的に)譲渡する日までは。
…そのプレッシャーなのだと思います。

>なぜ契約不履行に対する制裁、がそれだけ「気になってしまうのか」を考えてください。
私の(母方の)祖母がやはり熱心な信者(誰でもご存知の某教団)で、全ての不幸を
「教えに従わないからだ」と決めつけ、祖母が寵愛し、老後の面倒を期待した
息子(叔父)の奥さんとは全然反りが合わない…という事を思い出しました。

私が幼かった頃に宗教面で影響を与える事が出来たのは、祖母ではないか?と
思います。

475 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 19:13 [ njugROog ]
スレ汚ししてごめんなさい。実況します。
先程まで感じていたプレッシャーの過剰分が、スッと抜けたような気がしました。
体が石のようにカチカチだったのですが、固い大地に水がしみ込むような
感じを受けました。  …訳が分からない、変な表現ですね。

476 名前: みつる 投稿日: 2004/12/19(日) 19:19 [ l8CpyvzI ]
今まで導きがあったと、そう思っています。強い導きが。
それから、啓示、というのでしょうか、アドバイスを与えられていたのです。
バイトをかけもちしてボロボロな頃、「辞めとけ」というメッセージを示すものが何度もあって、
メッセージが3回目に来た時に辞めました。
(具体的には、車を塀にぶつけた事。その前にも人をひきそうに…。)
そういったメッセージは誰にでもあるもので、ただ気付かないだけ、
だと思ってましたが、私に強烈に示してくれて目をかけてくれていたのですね。
私なぞより、もっとマシな人を護られたほうがって…そう思ってしまうのです。
なぜ私を守護されるのか…。
私が健やかであるようにと願ってくれる人のおかげでしょうか。
もっとまともな人間になれるようにと見てくれているのでしょうか。
護りがなければ精神的にも弱く、淘汰されてたであろう私を、こんな薄情者をよく…。
守護されている方々にどう応えればいいのかわからないです。何を一番望まれているのか…。
こんな弱く、神経質でいいかげんな子を守護するのはどんなに大変だったでしょう!
そして私なぞより、できれば、私の周りの大切な人たちを守護していただきたい。私の勝手な思いですが。
アヒャヒャさんとbluebirdさんの話されていた「神の愛」なのでしょう。
私なりに「神の愛」について考えなくては。

477 名前: みつる 投稿日: 2004/12/19(日) 19:35 [ qRkQqTFw ]
守護から離れられても仕方ないなと思います。
それより守護する事がどんなに大変だったかと、申し訳ない、です。
特別目をかけなくても、普通に(普通??言葉ヘン!!)守護するのも難しいでしょうし。
でも、今まで守護されたことへの責任を放棄しません。ワタシは非常にスローリーですが…。
それから私をここまで助けてくれた人への責任。それも考えますっ!

478 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 20:38 [ sK5.q8Xc ]
>「我らに畏れをなして、彼女を守護していた者たちが去った」と教えていただきました。

はい、去りました。邪神に繋がっていた人ですね。

>私には「もし、私が増長したら、明日は我が身だ」と思えてなりません。

そうですね。そのようなことも起こり得ます。

>私の力を放棄するわけにはいかないです。

あなたが「力を放棄するわけにはいかない」と思っているのは、別の理由があるでしょう?
考えてください。
「制裁」が気になって仕方ないのは、じつはあなたは遠い過去に「制裁」を受けたことが
あるからです。遠い過去です。思い出せるはずです。思い出してください。
あなたはその「過去」にご自分で封印を掛けていました。
もうその封印は解きました。過去の自分に向き合ってください。

479 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 20:42 [ sK5.q8Xc ]
>みつるさん
そうですね、非常に強く守られてきましたし、今も守られています。
守護されているのは、守護されなければ果たし得ない役割をあなたが持っているからです。
その役割はだんだんと分かってきます。焦らずに、良心にのっとって毎日を過ごし、
守護のかたがたに感謝を申し述べるように。

480 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 20:57 [ sK5.q8Xc ]
そこかしこに
散らばる。
屍。
それに目をやらず
進みなさい。
「人」に
惑わされないように。
肝心なのは
あなた自身と
神との繋がり。

481 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 21:02 [ njugROog ]
>bluebirdさん
>じつはあなたは遠い過去に「制裁」を受けたことがあるからです。

多分、過去に自らの力に思い上がりすぎた事があって(すみません、記憶が
アヤフヤで、具体的な言動は思い出せないです)、選民意識を持っていました。
それに対して、(恐らくは元々私の体質でもある)霊媒体質のパワーアップと
いう制裁が下されたように思います。
恐ろしくなった私は、「力が無くても、人間社会で生きていく術」を身に付けるべく
努力するうちに、「力そのもの」を葬ってしまっていたのかもしれないです。

…今思い当たるのは、上記の件です。 
思い返すほど、穴掘って入りたいくらい、恥ずかしいです。

482 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:13 [ sK5.q8Xc ]
>>481アヒャさん
だいたいその通りだそうです。
しかし、まだ足りない。

>恐ろしくなった私は、「力が無くても、人間社会で生きていく術」を身に付けるべく
努力するうちに、「力そのもの」を葬ってしまっていたのかもしれないです。

ここが違っている、とおっしゃいますね。
いや、一旦はそうした、のです。一旦そうしたのだが、、その後、また違うことを
したでしょう?
思い出してください。

483 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:17 [ sK5.q8Xc ]
完全に
なろうとしなくてよい。
不完全であっても
よいのだ。
しかしその
不完全な部分に
光をあてよ。

484 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:18 [ sK5.q8Xc ]
完全であることに
こだわる。
それはなんなのか?
その根底には
どのような気持ちがあるのか?

485 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:22 [ sK5.q8Xc ]
完全でなければ
ならない。
極度にそれを
目指すと
ふたつの道
しか残らない。
神になるのか。
あるいは
悪魔になるのか。
そのどちらか。

486 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:25 [ sK5.q8Xc ]
極端であることを
求めない。
ふつうの人間には
耐え得ない。

487 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:27 [ sK5.q8Xc ]
避けるべきこと。
傲慢。

488 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:28 [ sK5.q8Xc ]
その他の
ことについて
書くべきかも
しれない。
しかし、
その他は
自ら考えよ。

489 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 21:30 [ sK5.q8Xc ]
かつてないことが
ここで行われ
それに
居合わせている。

490 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 22:37 [ sK5.q8Xc ]
今後こちらの
主宰神は
交替をする。

491 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/19(日) 22:40 [ sK5.q8Xc ]
そこかしこに
惑う人民。
できるかぎりの
光と
説法を
与える。
それを
得るも得ないも
自らの
選択。

492 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/19(日) 23:49 [ njugROog ]
>>482=bluebirdさん
>思い出してください。

…ずっと昔、プライベートで色々とありすぎて、生きる気力を失った時期が
ありました。
その時に「こんな役に立たない力など、私はいらない」と、自暴自棄になりました。
(分かりにくいでしょうけれども、選民意識とその気持ちとの間の揺れが激しく、
一時全てを放棄しました)

その後何年か過ぎ、ある時、風が私に語りかけるように吹く事に気づきました。
人間のような声が聞こえるわけではないけれど、私の問いに答えるかのように、
そっと寄り添うかのように優しく。
風から始まり、大地、芽吹く木々の声が次第に伝わるように思えました。

そして、彼らと接する事でいつしか人間性(というか生きる気力)を取り戻し、
彼らの願い(例えば雨ごいなど)に出来る範囲で応えるうちに、力がより
パワーアップしていた自分に気づきました。

先代達の思いが伝わるような気がしたのも、それからの事です。
彼らの思いを踏みにじりたくない。
この思いは変わらずにあり、今の私の中核をなしていると思います。

…でも、これからは自然だけではなく、かつての私のように生きる気力を
見失った人たちに対し、何かしらのサポートをするような気がします。
何となくですけどね。

493 名前: みつる 投稿日: 2004/12/20(月) 00:11 [ Cdpzmfig ]
>>479 bluebirdさん
守護の方々に、申し訳ない、申し訳ないという思いでいっぱいです。
私が、安心して見ていられるような人ならどんなに負担が少ないか。てこずらせてしまって…。
役割は守護していただかないとなし得ないとは。ああっ情けない。
役割とは何でしょう。心当たりが全く。霊的なことではなく実際の事柄についてのような気がします。
私のためではなく、役割のために守護していただいているのかもなので、
こんな考えは俗で傲慢かもしれないのですが、
私を守護されている方々よ無理しないでください。
頭が申し訳ないでいっぱいです。どうしましょう。
申し訳ないということしか浮かばない…。

494 名前:投稿日: 2004/12/20(月) 01:06 [ ZTmaym2. ]
>>485
bluebirdさんの書き込みを拝見して
「イティハーサ」という漫画のワンシーンが浮かびました。
こんな台詞があります。
『水は流れて水となり、風は吹いて風となる。
そして人は揺らいで人となる』
『自然のごとくあれ、という御教えは戒めのように聞こえる。
人は決して自然と調和することが出来ないからこそ、
"自然のごとくあれ"という御教えがある』
この漫画は神様がたくさん出てこられるお話で、
非常に壮大な物語です。
もともとすごく好きな漫画だったのですが
テーマがテーマなだけに
こちらを拝見するようになってから、すごく気になる内容なのです。
植物と交流できる少女が出てくるのですが、
何だかアヒャヒャさんとちょっと重なる部分もあります。
ハヤカワ文庫から全7巻で出版されており、
水樹和佳子さんという方の漫画です。
以上、ちょっとした本の紹介でした。

495 名前: 花束 投稿日: 2004/12/20(月) 01:59 [ sW5yMrh6 ]
ボリュームが沢山でついていけてる自信がない(笑)
でも、なんだかすごいエネルギー。

自分の課題を考えていました。
3(見捨てた方への罪悪感)について。

私と彼女には、そもそも一里の距離がありました。
それは、あるべくしてある距離でした。
彼女は、けして悪い人間ではありませんでしたが、彼女自身の「選択」で、心に悪いものも囲っていました。
それが、おそらく心の病の根本です。彼女は認めないかもしれませんが。
私はそれに気付いて、千里の距離をおきました。
一里の距離をおけなくなることを恐れました。もっと近い距離を求められることを。

(砂の城と自分の心の中身を例えましたが、それは氷砂糖の城のようでもありました。
甘いのです。しかも、信念を持って甘いものですから、見ようによっては恰好の餌でしょう)

しかし、千里も距離をおく必要はありませんでした。
それが、罪悪感の原因です。
ただ、あのころの私は、逃げでもしなければ「共依存」の世界に行っていた筈です。
私は、共依存の従者になる資格が十二分にあるのです。弱点です。
それを変えるのは、並大抵ではありません。
自らの「信念を持った優しさ」に依存するのをやめた時、「知性への驕り」という罠が待ち受けています。
大きなものへの謙虚さを失いたくない。でも、少し、足が竦みます。
この歩みを辞める気もないですが。

感情は思考から生まれる。
小さな奇跡に対して、心を準備することで、可能性が開ける。
最近出会った言葉と、思い出した言葉です。
(文脈とはあまり関係ないように見えますが、最近強く考えていることです)


私は、内側を変えないと、何もかわらない。

496 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 06:40 [ D.qJGHZA ]
>>492アヒャさん
>その時に「こんな役に立たない力など、私はいらない」と、自暴自棄になりました。
(分かりにくいでしょうけれども、選民意識とその気持ちとの間の揺れが激しく、
一時全てを放棄しました)

ここがさきのカキコの「力そのものを葬った」ところと対応しますね。

>その後何年か過ぎ、ある時、風が私に語りかけるように吹く事に気づきました。

大事なところを飛ばしていますよ。「その後何年か」を思い出してください。
そこが重要なんです。思い出してください。
だれもそれを手伝いません。あなたが自分で思い出すんです。

497 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 06:50 [ D.qJGHZA ]
>>493みつるさん
>役割は守護していただかないとなし得ないとは。ああっ情けない。

役割を果たすには、ご守護は必須ですよ。情けないですか?私など、ご守護を戴いて
いなければ、とっくに命を落としています。それでも情けないですか?
ご守護といっても、甘やかされることとは違います。ぎりぎりまで力を出すことを要求
されます。なにか甘いことを考えていますか?甘くないですよ。泣くことすらできない
ところまで、たたき落とされることだってあるのです。

>役割とは何でしょう。心当たりが全く。

わたしは先の書き込みで「その役割はだんだんと分かってきます。焦らずに、良心にのっとって毎日を過ごし、
守護のかたがたに感謝を申し述べるように」と書いております。それなのに、なぜ同じ
質問をしてくるのですか?
あなたは謙虚を装って、とても傲慢です。

役割があたえられるかどうか、いま試されているのです。
あなた次第です。役割が与えられないとしたら、大きな守護も引き上げられます。
役割に応じた守護になります。

よくご自身でお考えください。考えを練らないうちに、ここに書き込みをしないでください。

498 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 06:58 [ D.qJGHZA ]
>>495花束さん
きちんと分析されていると思います。

>しかし、千里も距離をおく必要はありませんでした。
それが、罪悪感の原因です。
ただ、あのころの私は、逃げでもしなければ「共依存」の世界に行っていた筈です。

その力量がつかないうちは、大きな問題に立ち向かう必要はありません。
その時はそうするしかなかったのです。そのために罪悪感を抱く必要はありません。
人には分(ぶん)というものがあるので、その分に応じたことをすることです。
それ以上のことは求められません。無理をすると、あなた自身まで潰れてしまうから
です。

499 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 07:04 [ D.qJGHZA ]
撒き散らされたもの。
それを回収する。
穢れ、汚れきったもの。

500 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 07:06 [ D.qJGHZA ]
どんどん
スピードが速まる。
浄化のスピード。
汚れと同化していた者は
付いて来れない。

501 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 07:09 [ D.qJGHZA ]
表面だけを
見るな。
その深層を
見よ。
あなたがたが
自らの深層を
覗かない限り
ほかの人の
深層まで
分かるわけがない。
深層まで分からない者に
救いの役は
与えられない。
浅はかさを
捨てよ。

502 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 07:13 [ D.qJGHZA ]
そして
表面を繕うな。
深層へのラインを
確実にしないまま
繕っていると、
それが「本来の自分」で
あるかのように
思えてくる。
あなたは「本来の自分」から
離れているのだ。
離れながら
それが分からない。
情けないとは
思わないか?

503 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 07:59 [ wqhUndiU ]
>496==bluebirdさん
>「その後何年か」を思い出してください。
>そこが重要なんです。思い出してください。

その間、片っ端から本を読みあさり、必死に出口を探していました。
宗教系の本から心理学系まで、思いつくまま。
一時、宗教本の影響を受けた時期もありましたが、何故かすぐに興味を
失い…を繰り返しました。

その間の私は、周囲(主に母)の意のままに動くロボットのような、
ある意味で生きる屍でした。
だから、積極的に「何かしらの行動をした」という事はないです。
ただ、「自分を破壊したい」「私はこの世界からも、あの世からも完全に
消えてしまいたい」…そんな事ばかりを考えていました。
「誰も私を救う事が出来ない」その絶望感の海にただ漂い、外界へは心を閉ざし、
風が語りかけるその日まで、誰の心も私には届きませんでした。

…うーん、若かりし頃の私は、どうしようもなくバカだけど可愛いのぉ。(w
自分を再構築する際、過去の私を丸ごと葬らなければ、当時の私の力量では
再構築そのものもしんどくて、続けられなかったのだけど。
でも「長い間『過去の私』は私に気づいて欲しかったのかもしれない」と
こちらに書き込み終えた後、感じました。
昔の、絶望だけを抱えた私だったのにね。

504 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 08:11 [ wqhUndiU ]
>>494=環さん
水樹和佳子さんの名前キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
…イティハーサは第一部で挫折したクチなのですが、
来年読んでみたいと思いました。

505 名前:投稿日: 2004/12/20(月) 09:01 [ eQQG951o ]
>>504 アヒャヒャさん
あぁ、やっぱりご存知でしたかw
中盤から後半にかけて、怒涛の展開を見せますよ。
最後の方は泣きながら読みました。
泣ける展開ではあるのですが、それとはまた違った部分に
非常に心を揺さぶられたのです。
13年の時間を費やして描かれた漫画なのに、ストーリーに
ほとんど破綻がないのは驚異的だと思います。
私が「神様」や「生きるということ」について
考えるきっかけになった本でもあります。

506 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 10:27 [ D.qJGHZA ]
>>503アヒャさん
どうもかみ合わないと思ったら(汗)。アヒャさんは現世のことを思い出そうとされて
いますか?わたしは遠い過去世(というか肉体を持たない時期だったはずです)のこと
を言っているのです。なんでこうなるかというと、実はアヒャさんは過去のすべてを現世
において「追体験」しているからです。シンクロしてるの。だから誤解されてもしょうが
なかったかもしれませんが、思い出してほしいのは、肉体を持たない時期の遠い昔に
あったことです。思い出せるはずなんです。

その時期にアヒャさんは「してはいけないこと」をします。そしてまさに「制裁」を受ける。
その結果として、現在のような役割を課せられ、ずっとその役割は果たしてこられました。
しかしそれを自分で思い出さなければ、アヒャさんを次のステップに進ませるわけに
いかないのです。本気で思い出してください。逃げているじゃないですか。
期限も切られているんです。22日中に思い出してください。

>ただ、「自分を破壊したい」「私はこの世界からも、あの世からも完全に
消えてしまいたい」…そんな事ばかりを考えていました。

この気持ちは「してはいけないこと」をした後で、制裁を受け、感じた感情そのものです。
ここ、注意してください。
アヒャさんがそう感じたのは「制裁を受けたから」です。
「してはいけないこと」をしたから、ではないのです。
これはなにを意味するのか?
あなたの反省は不十分だったんです。だからここで再度、その反省をしていただこうじゃ
ないか、と、そういうことです。
甘くありませんよ。
どこまでも付いてまわる。

さあ、なにを反省すべきか?
それに気づいて反省してください。
期限は22日中。

507 名前: みつる 投稿日: 2004/12/20(月) 11:23 [ YRpgm8a. ]
「みつる」満弦という漢字をあてはめています。引き絞った弓のイメージ。
胃を悪くし、ストレスがたまるとじんましんが出、熱が2ヵ月にわたってでる、
すべて精神的な理由だと思っています。
大いに助けていただかないと、私は他の誰かの役にたたないのかとすごく情けなく思い、
神様がたからの皆さんへの護りと違い、私が加護されているのは弱いからだと決め付けていましたが、
人知を越えた存在の考えは、私の及ばないところ。
自分で勝手に解釈して判断して決め付けるのは失礼ですね。私なぞが、って卑屈で傲慢。
皆さんの力、それは「試練」のようであるのに、「守護」であるとおっしゃられる。厳しいですね。
守護をする判断は守護をされる方々にまかせ、
私は私のやれることをするだけ、ですね。
いつも見てくれている方々は、やきもき…というか、なにやってんのーー!!!と思われたことでしょう。
ほれ、しっかり!とbluebirdさんから言われた気がします。
だいぶ落ち着いてきました。
申し訳ないという気持ちをシフトしていかなきゃですね。
前を向いて、そして感謝を。
心に不思議に善意があって、私からでているものなの?それとも違うところからの意志?と
でどころが気になっていた時もありますが、どこからかなんて問題じゃなく、
自分の心にうかんだのは事実なんだから。善意のおもむくまま、ですね。

508 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 11:59 [ D.qJGHZA ]
>>507みつるさん

>胃を悪くし、ストレスがたまるとじんましんが出、熱が2ヵ月にわたってでる、
すべて精神的な理由だと思っています。

これは霊的な意味があります。みつるさんには導き手さんが付いておられます。産まれた
時からですが、おひとり。ところがこのおひとりの導き手さんは3回交替されています。
みつるさんの霊層に応じて、導き手さんの霊層も低いかたに交替されている。
しかし「低い」といってもこの導き手さんというのは、一般のかたに付いておられる
守護霊さんよりずっと高いところにおられ、導きのお力も守護のお力も強いのです。
その体調の変化は、導き手さんの忠告に対し、みつるさんの魂が逆らった。そのバトル?の
状態をそのまま表しています。
あなたは守護をしてくださった、導き手さんの忠告が聞けない人なのです。

>大いに助けていただかないと、私は他の誰かの役にたたないのかとすごく情けなく思い、

あなたは導き手さんが付いておられるからこそ「誰かの役にたつ」役割をずっと課せられてきました。
しかし、それを無視してきましたね。
でも守護だけはちゃっかり戴き続けてこられました。
「タダ取り」です。上のことは一種の契約です。契約不履行をされてきた。

>神様がたからの皆さんへの護りと違い、私が加護されているのは弱いからだと決め付けていましたが、

あなたはぜんぜん弱くありません。弱いんじゃなくて、我が強いんです。

>いつも見てくれている方々は、やきもき…というか、なにやってんのーー!!!と思われたことでしょう。

そんなヤワな言い方をされる段階はとっくに過ぎていますよ。
このままでは過去に渡っての守護すべて取り上げです。制裁が課されることもあり得ます。
しかしまだ確定ではありません。みつるさんの魂と心の改め度合いによります。

>心に不思議に善意があって、私からでているものなの?それとも違うところからの意志?と
でどころが気になっていた時もありますが、

その善意は導き手さんからのものでした。
その善意に従うべきなのです。
でも、どうするかはあなたが選んでください。
導き手さんに素直に従わないことを選択されるならば、多く取ったものは返していた
だくことになります。それは当然のことです。

509 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/20(月) 13:04 [ nP2toatQ ]
bluebirdさん

>なぜ「外からかえったあとに」なのかというと、琴月さんは敏感で、しかもいろんな
ものの影響を受けやすいかただからです。

…薄々そうかもしれない…とは思ってはいましたが、bluebirdさんとのやりとりで
はっきりと感じさせていただきました。ありがとうございます。手洗い、口ゆすぎ、ご挨拶、お参り、
あれからずっと続けてます。ありがたいと思う気持ちと同時に、体感のみちょっぴし、という
私には、「お部屋の御札」は、とても具体的(?)というかウレシイ!!!かんじです。
目に見えないものに自然と手を合わせてしまう自分のほかに、目に見えるものにも手を合わせて
きた昔からの日本人って、こんなかんじだったのかなぁ、ホントに神様かんじてたんだろうな〜とか
…去年あたりから日本そのものと自分がリンクしてる気がして(あまりに電波なカキコですが)
早く自分を思い出して、もう一回基礎作りをして(土耕して、養分あげて)種まいて(花束さんの
心に花束…からの自分にひきつけて考えてること)…なかんじがしてて、太陽が顔だした瞬間、思わずニッコリに
なって手をあわせてる自分(この頃は太陽に手をふってるw)。昔の人もこんな感覚がもっとあったのかなぁ、とか
日本人の本来持ってる善きものを考えさせられてしまう。もともと日本に生まれてよかったな〜とは
思ってたけど、今年になって体感的にヒシヒシきてて。日本大好き(…って何言ってるんだ〜)

>とろりと溶ける 
…うぅぅぅ、読んでからずっと考えてるんですがもぉ卵の黄身とかエロティックとか
暖かいゼリーとか…ろくなものがでてこない…ちゃんと考えて、感じてみますね。

すぐ気になったのは、頑なな自分の心や、わだかまりが(人間関係の。これは多分前世
からの関わりのような)溶けて、融合できればいいなぁ…という自分の希望。融合。自分の
膜がとけて、自然と融合する瞬間がもっとあったらなぁ…という希望。

ここまでずっと他の方へのレスを読んできて、厳しい言葉の中に、自分にあてはまること山ほど(泣
仕事まだ終らせられない中途半端な状態なんで、なんとかやってから、自分の身に引き寄せて
考えてみます。ここ10年近く、色々なものの反動の鬱状態が長かったので、
年末から正月にかけても区切りがなかった私ですが、去年の年末から正月にかけて、感覚的になにか
ヤバイとかんじ、今年はもっと具体的にちゃんと生きていくのに
年末までに総決算だ〜とか思っていたので、ここを読んで
気合入れなおして、とっとと仕事終らせて考えよう!(自分に言い聞かせてる 泣)

遅ればせながらお礼だけでも、というつもりだったのですが、
スレ汚しごめんなさいでした…。

510 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/20(月) 13:12 [ nP2toatQ ]
ちょっと訂正です。
自然と融合→大自然と融合。
あと、つけ加えて、大自然に限らず、自分と周りとの深い融合。
この感覚が多いほど、生きている実感を感じさせてもらってる気がしてるので…。

511 名前: 花束 投稿日: 2004/12/20(月) 15:04 [ sW5yMrh6 ]
このスレを読み返していました。

私は訓練を課されましたが、これはまさに今につながっています。
あの時したことが訓練で、今が本番です。

bluebirdさんは、
足元をおろそかにするな、遠くを見るのではなく近くを見ろ、
そして小さな積み重ねにうんざりしても、それが飛ぶことにつながる。
…というようなことをおっしゃっていました。

そして、緑の世界に通じる門をくぐれと。
光の世界を思えと。

受けとめる者と、受けとめない者がおり、
表面的にしか受けとめない者と、奥まで染み込ませる者がいる…とも。

(表現は私用に変更されてます。汗)

あの時、よく分からなかった言葉が、今は少し分かる。
受けとめることは、苦しいことだ。
足元の一歩は、その道は剣山かのように思われるかもしれない。

しかし、誰もが進むべき一歩を、ここまでサポートしていただける幸運に感謝しなければ。
この幸運がいつまで続くかわからないけれど、歩き続けることはやめてはならい。
やめたとしたら、それは自分の選択。ともすれば間違った選択。

飛べるかどうかは分からないけど、門をくぐれるかは分からないけど、出来ることで為すべきことは分かる。
今までの道を点検し、足元を大切にすること、目の前をよく見ること。
神さまを感じながら生きることは、ファンタスティックなことでもなんでもなくて、至極現実的なことだと実感します。
感覚はやや鋭敏になりますが。

すいません、続きます。

512 名前: 花束 投稿日: 2004/12/20(月) 15:20 [ sW5yMrh6 ]
オブザーバーの神様について感じたこと。
これは読み直しながら実感しました。
リアルタイムでは分からなかった。

最初の神様は、ここを聖なる場所として守護してくださいました。
守り、清めてくださった。
この時は、丸いドームのように、無菌室のように、この場所を大事にしてくださいました。

二人目の神様は、ここを豊かな場所とするために、たくさんの援助を下さいました。
奥に引き込み、活動を助けてくださった。
故に自分のためにしたことが、他人のためにもなるという事が、たくさんありました。
ドームではなく柵をお作りになったのも、この段階ならではのはからいでしょうか…

これからいらっしゃる神様は、おそらくまた別の役割なのでしょう。
23日からはじまることに関係あるのかな。
飛翔をお守りくださるか、はたまた門番の役目をなさるのか…

私が実感したのは神様のなさったことのほんの一部かもしれません。これしか分からなくてすいません。
神様、ひとときなれども、過大な援助をいただいたことに、感謝いたします。

本当に、素晴らしい時間を過ごしたと、過去ログを読みながら思いました。
さて、これから、自分の過去ログも整理しなければ…
「ごまかし」「嘘」「ずる」…よくないものが沢山出てくるけれど、逃げてはなりませんね。

513 名前: 花束 投稿日: 2004/12/20(月) 15:37 [ sW5yMrh6 ]
>アヒャヒャさん
お気付きかもしれませんが…今、アヒャさんが、なさっていることは、
例の「大地が回転し、南の海から何か柱のようなエネルギーが生まれ、揺れがおさまる夢」と同様のことを、
現実の苦しみをもって再現しているところだと思います。

>bluebirdさん
「このレス、どう思われるかな」とか
「こんなに不思議なものを信じて私、変じゃないかな?」とか
「ここって宗教と似てるかな?」とか…
外側に捕われながらここにいた私の内なる声は、雑念だらけでさぞかしbluebirdさんの心の耳に煩かったのではないでしょうか?
今まで申し訳ございませんでした。
これからは…またどうなるか分かりませんが。もう少し素直になります。
自分の「その他のこと」を、いつか書き込むかもしれませんが、しかと自分で処理します。
今まで、たくさん助けていただきました。
またメッセージなどあれば、お伝えいただけると嬉しいです。全力で聞きますから。

「待つ時を清めよ」
と、頭上に浮かびました。

514 名前: (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 16:52 [ wqhUndiU ]
>>506=bluebirdさん
>わたしは遠い過去世(というか肉体を持たない時期だったはずです)のこと
>を言っているのです。

肉体を纏わない頃の出来事で、一つだけ思い出せる話があります。
円卓テーブルに集まった同士と、ある事を相談する図を。
そして、その結果に対して私は未だに怒りを抱えている事を。

結構(私としても)キツイ内容なので、まずはこれが正しいかどうかを
お尋ねしますね。

515 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 17:00 [ D.qJGHZA ]
>>514
それは実際にあったことだと思いますが、ここで指しているのはそれではありません。
しかし、それだってまったく無関係とはいえない。
その怒りは手放さなければなりません。

なぜあなた一人だけそのとき怒りを持ったのか?
なぜその怒りを未だに抱えているのか?
そこがあなたのネックです。
そこを覗きなさい。
そうしたら、あなたは自分の本当の姿を見ることができる。
そこから洞察していってかまいません。

516 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 17:00 [ wqhUndiU ]
>514も私です。

>>505=環さん
だんだん興味が出てきて、体がウズウズします。
まずは、先に問題を片づけてから…しばらく我慢しますね。

>>513=花束さん
ご指摘があるまで、全然気づきませんでした。
教えてくれてありがとうございます。
生の出産より苦しいですが…アヒャ

517 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 17:15 [ wqhUndiU ]
>515=bluebirdさん
それではお言葉に甘えて、それを入り口にします。

円卓テーブルに十数人(といっても、人の輪郭を持った存在です)が集まり、
宇宙(多分大気圏外)から地球を眺めて、地球…人類の今後について話し
合いました。

私はその時「人類は滅ぼすべきだ」と主張しました。
生態系の調和をただ崩すだけの生き物に思えてならなかったからです。
けれども、その時の結論は「存続させるべき(様子を見るべき)」で、
怒った私は「何か」をしようとして、失敗しました。

最初からその集団の長が結論を出しているのなら、円卓テーブルなんて
必要がなく、単に命令すれば済む話なのに、茶番劇につき合わされた怒り。
(私の意見など、最初から聞く耳など持たなかった)
そのくせ、何故人類に対し、必要以上に滅亡のイメージを吹き込むような事を
するのか?
もし今後も護るつもりなら、不安を煽るのは逆効果ではないのか?
私の本質が「不遜な魂」だと言うのなら、何故堕ちゆくまま放置しないのか?と。

…そのくせして、私も「身近な自然を守りたい」という思いを抱えている、
矛盾を抱えた人間なのですけどね。

518 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 17:24 [ wqhUndiU ]
この怒りを表現したのは初めてなので、しばらく放電してから様子をみます。

519 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 17:56 [ wqhUndiU ]
少し落ち着いたので続きを書きます。

>517で書いた出来事の前に、私は魂を持つ存在を偏る事なく見守るお役目を
させて頂いていたように思います。
だけど、人間の身勝手な理由で、同じ地球に生きる他の生物達が生きる場所を
次々と失い、種として存続不能に陥る羽目になった魂達にも何一つ手助け出来ず、
ただ見守るしか為す術が無い自分を呪いました。
同時に、他の種を省みない人間に、深い憤りを感じました。

「分け隔てなく見守る」のがお役目だったであろう私に対し、苦々しく
思われた方々は当然いらっしゃったのですが、私は彼らの忠告を
感情的に無視しました。
人間とて、心の中に誰かへの愛情を持った存在なのに、私はそれも
無視してきました。
私は彼らに怒り続ける事で、この悲しみを直視せずにすんできたようです。

…今ここまで書いて、放心しています。
本当なのかどうかは分かりませんが、今まで癒せなかった深い悲しみに
今は浸っていたいです。
この悲しみを直視しない限り、私は次へ進めないように思います。

520 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 18:00 [ D.qJGHZA ]
>>517アヒャさん

それは実際に「あった」ことです。かなりむかしです。

>最初からその集団の長が結論を出しているのなら、円卓テーブルなんて
必要がなく、単に命令すれば済む話なのに、茶番劇につき合わされた怒り。
(私の意見など、最初から聞く耳など持たなかった)

たしかに結論は出ていました。それでも長が意見を聞いたのには、ワケがあります。
あなたがたの反応を見ることが目的でした。
茶番劇ではあるのですが、その奥に意図があります。その意図に従わない人には、力を
与えられないんです。
秩序を保つために、上意下達の仕組みはどうしても必要なんです。神さまの世界はまさに
それです。
つきあわされ、「私の」意見など聞く気がなかったと言って、気を悪くする心の奥に
なにがあるでしょう?
「私を」ないがしろにした。「私は」どうなるんだ?「私を」さしおいて。
そういう面での自己の主張の強いかたには、力は与えられないんです。

強大な力には、厳格なコントロールが必要となります。

>怒った私は「何か」をしようとして、失敗しました。

謀反を起こそうとしました。こんな長には付いていけない、といって同調者を募ろうと
しましたが、だれも同調しませんでした。よって、実際には謀反は起こっていません。
アヒャさんが計画して間もなく、そのことは漏れ、未然に防がれました。

>そのくせ、何故人類に対し、必要以上に滅亡のイメージを吹き込むような事を
するのか?
もし今後も護るつもりなら、不安を煽るのは逆効果ではないのか?

だって、地球で、人類の魂を進化させる、というのが大目的ですから。
不安を煽って、それで改心するなら、それもあり、なんですよ。
それに護るといっても、猶予期間を与える、というだけかもしれない。

>私の本質が「不遜な魂」だと言うのなら、何故堕ちゆくまま放置しないのか?と。

あなたも「進化」しなければならないからです。
そのために謀反失敗のすぐあと、地球に人として生まれる課題を負わされました。
あなたは地球で修業をするのにぴったりの人でした。
(当時の)地球の人と波長が同じなのです。
あなたは、あなたの同郷の星の人たちよりも、波長が粗いのです。
波長のよく似た人たちの中で過ごし、自然を守りながら、波長を高めていく、それが
アヒャさんの課題でした。
なぜ波長のよく似た人たちの中で過ごさなければならないのか?
人のフリ見て、我がフリ直すためです。

それで、そろそろ地球に人として生きた、その最終テストがアヒャさんに課せられて
いるわけです。でもまだクリアできていない。
そのテストに合格しないと、アヒャさんは元の星に戻ることができない。
戻りたいのでしょう?
戻るには、もうすこし魂として成長しなければなりません。
いままでにも何回かテストがあって、そのたびにアヒャさんは失敗しています。
そしてテストは回を重ねるたびに、難しくなっている。
なぜならアヒャさんの星の人たちも進化を続けているからです。そこの人たちはどんどん
波長を高めている。その平均に追いつかなければならない。

なにを改めれば良いでしょう?

今回のテストに合格しないと、、次の機会はもうない、と言われています。
そうなるとこのまままたずっと地球に留まることになるそうです。

521 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 18:15 [ D.qJGHZA ]
>>519
>種として存続不能に陥る羽目になった魂達にも何一つ手助け出来ず、
ただ見守るしか為す術が無い自分を呪いました。

たしかにアヒャさんはそう思われました。でも思ったことは、それだけではない。
見守る役目、というのは、深い愛情と同時に、ある種の冷淡さも必要になります。
そうした感情コントロールを付けさせるための、アヒャさんにぴったりの「訓練」でもあった
わけですね。
それを浅い見方で、無力を呪ったりする。忠告を無視する。
わざわざ無力である状態にして、その役目をさせておられるのです。
そのように課せられた課題に対して、なぜ「自分の見方と基準」をむりやり持ってこようと
するのですか?
課題には、課題の目的なり目標というのがあります。
それを達成してはじめて、課題をクリアしたといえる。

その怒りは悲しみから逃げるためじゃないですよ。
もっとよく見てください。
悲しみはあるが、その悲しみと怒りはべつのものです。まったく関係がない。
ごまかすのはいい加減にしなさい。
格好をつけずに、その「怒り」の中にもっと入り込みなさい。
その奥の自分の感情を見なさい。
いつまで落第し続けるつもりなのか。
もう時間がないと言っているだろう。

522 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 18:51 [ wqhUndiU ]
>520-521=bluebirdさん
今、出来る範囲でレスします。

>そのように課せられた課題に対して、なぜ「自分の見方と基準」をむりやり持ってこようと
>するのですか?
私は前の場所(星)で失敗しました。
だから、ここで「私の箱庭」を作る事で、「星にいられなくなった惨めな自分」から
目を反らしていたかっただけだと思います。
人間への憤りは「その箱庭を壊したから」という身勝手な思いが隠されています。

>いつまで落第し続けるつもりなのか。
わざと落第すれば、「戻ったものの、惨めな思いをするかもしれない」と
いう恐怖に立ち向かわずに済みます。
「もしかしたら、受け入れてもらえないかもしれない」という思いからも。

反面、身が引き裂かれそうな思いを感じています。
もし合格したら、過去(過去世も含め)に出会った人たちを見捨てるような気がして。

>戻りたいのでしょう?
「私」の本音は、そこは望郷の念を感じない場所に思えます。
だけど、私の中で強い否定をしているので、魂の本音は「そう」だと感じます。

>もう時間がないと言っているだろう。
この言葉で、あの時の長の瞳の陰りを思い出しました。
私は今度こそ長の期待に応えなければならない。
そのためにも、私は長に、仲間達に、与えてしまった長き苦しみを
償わなければならないです。

今は具体的な方法が思い浮かびませんが、そう決意しました。

523 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 19:21 [ wqhUndiU ]
今、神様に心からの感謝を捧げつつ、力を解放しました。
試験に合格し、星に戻れるかどうかよりも、身勝手な「私の箱庭作り」の
ために、地球の自然に干渉する訳にはいかない…そう思いました。

ただ、信じさせて下さい。
木々や草花が来春も逞しく芽吹きますように。
動物達が、その魂が持つしなやかさを今後も発揮できますように。

…もし大地が新たな人を望むのなら、それはそれで良しだと思います。

524 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 19:23 [ D.qJGHZA ]
>>522アヒャさん

>だから、ここで「私の箱庭」を作る事で、「星にいられなくなった惨めな自分」から
目を反らしていたかっただけだと思います。
人間への憤りは「その箱庭を壊したから」という身勝手な思いが隠されています。

あり得そうな感情に思えますが、アヒャさんはそのようなことは思っておられなかった
ようです。
たしかに「惨めな自分」を感じておられた。でも、なんで惨めになったの?
アヒャさんが原因ではないの?
そのことへの反省は?

「人間への憤り」も感じておられた。でも自然を破壊するからではありません。
自分とそっくりな人たちを見るのがイヤだったんです。それぐらいあなたは自分を「見る」
ことがイヤだった。それが「惨めに」なった原因だから。でも改めたくないから。

>わざと落第すれば、「戻ったものの、惨めな思いをするかもしれない」と
いう恐怖に立ち向かわずに済みます。

わざとじゃないです。
実力で落第してます。
あなたが惨めになったのは、周囲や星の人たちのせいじゃないです。
あなたが原因を作った。

>「もしかしたら、受け入れてもらえないかもしれない」という思いからも。

謀反を起こそうとした人に、そのような思いはたぶん湧きません。

>反面、身が引き裂かれそうな思いを感じています。
もし合格したら、過去(過去世も含め)に出会った人たちを見捨てるような気がして。

いいえ。きちんと生きている人を神さまはお見捨てになりません。
アヒャさん、あなたは神さまではありません。
神さまのお仕事の範疇をなぜ心配してるの?
あなたは「なにに」なりたいの?
分に過ぎたことをそこまで心配するのはなぜ?

>戻りたいのでしょう?
「私」の本音は、そこは望郷の念を感じない場所に思えます。
だけど、私の中で強い否定をしているので、魂の本音は「そう」だと感じます。

ええ。あなたの魂は帰りたいんだ、って言っていますよ。帰りたいのに帰らせてもらえない
といって怒っている。それが不思議なことに、わたしに対して怒っている。
わたしはあなたが帰れるかどうかを決める権限は持っていませんよ。
帰るテストに合格する、その対策を考えてもらおうとしてるんです。

>私は今度こそ長の期待に応えなければならない。

期待に応えることなど考えなくてよろしいです。
後ろを見せたら、剣で襲いかかりそうな人に、どうしてなにかを期待できるでしょう?
期待に応えるとか、それ以前の問題がある。そこを見なさい。

>そのためにも、私は長に、仲間達に、与えてしまった長き苦しみを
償わなければならないです。

だれも苦しんでません。
苦しんでるのはあなただ。

525 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 19:23 [ wqhUndiU ]
「信じる」というよりは、「願わさせて下さい」ですね。

526 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 19:40 [ wqhUndiU ]
>bluebirdさん
>神さまのお仕事の範疇をなぜ心配してるの?

私は…私の魂は「全能の神」になりたかったのだと思います。
bluebirdさんから頂いたレスを、魂は「見たくない」のです。
人間が持つ不完全さを嫌うのは、私が最も厭う「私の本質」なのだから。
自分の望む存在になれない、努力を厭い、その現実を直視できない弱さも
私の物です。
だから「不遜な魂」なのです。

現世で生きる私が「表面上善人であろうとする」のも、私の魂が「狼」で、
それを悟られたくなかったから。
だけど、「狼」に育ててしまったのは、過去から現在に至る「私の集合体」。
この星で生きていく分には、それでも破綻せずに何とかやっていける。
そのずる賢さが、試験の度に「実力不足」となって反映していると思います。

>それが不思議なことに、わたしに対して怒っている。
私には自覚が無いのですが、魂がそれを強く望む。
それならば、魂に伝わるよう、頂いたレスを何度も読み返します。
魂をこじ開けるために。

527 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 20:00 [ D.qJGHZA ]
やっと、、すこし目が開いてきましたね。

>私は…私の魂は「全能の神」になりたかったのだと思います。

そうです。それで無理をし、秩序を乱した。そのため地球に追放されたのです。

>表面上善人であろうとする」のも、私の魂が「狼」で、それを悟られたくなかったから。

こういう人はじつはけっこう存在します。表面だけ見ていては分からないのですが。
この表面と魂の乖離が、、問題なんですね。
抵抗が何重にも存在する。何重にも垣根を作って、そこへなかなか到達できない。
自分の意識では、到底、辿りつけないんです。内観しようと、瞑想しようと。

>この星で生きていく分には、それでも破綻せずに何とかやっていける。

はい。やっていけるんです、この星なら。滅多に見抜く人はいません。

>それならば、魂に伝わるよう、頂いたレスを何度も読み返します。
魂をこじ開けるために。

魂はすでに開いています。開きました。問題はですね、、、魂の頑なさ、なんです。
それをどうするか。
魂のことはとりあえず、置いておいて。
アヒャさんの表層の意識はこの状態から抜け出したいのですね?
もしもそうならば。
神にお詫びしてください。 526に書かれた内容でいいです。それを何度も、神に申し
あげてお詫びし、導きを願ってください。
アヒャさん、人のこと、地球のことはしばらく忘れてください。まず自分のことです。
自分のことを神に詫び、神に願い、神に感謝してください。

528 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 20:23 [ wqhUndiU ]
>bluebirdさん
アドバイスとお導き下さり、ありがとうございます。

つい先程「力をお返しします」と解放したのですが、条件付きで戻されました。
「力を持っている状態で、干渉しないよう努めてみるように」
ただし、例えば「雨が降りますように」とかの「願う事」は許可されました。
この事を、今までの事も含め、深く心に刻んでいきます。

魂に対しては、今まで苦しみに気づかなかった事を詫びました。
すると「あの時、周囲に『どのようにして悲しみを昇華しているの?』と
尋ねれば良かった。自分の殻に籠もって暴走した事を、恥ずかしく思う」と
思えてきました。

529 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 20:44 [ wqhUndiU ]
周囲に対してではなく、私自身に対して「不完全な魂を持つ私」である事を
直視し、時間をかけて私の血肉としていきたいと思います。

530 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 20:45 [ wqhUndiU ]
周囲からの視線を気にしながら「そう思うのではなく」、でした。

531 名前: みつる 投稿日: 2004/12/20(月) 20:52 [ bSX7Ighk ]
>>bluebirdさん
助ける役目、人を助ける力があった…。
汚れるのがいやなのと、一緒に洞窟に入るのがいやだから、
手を離して、はい、行ってらっしゃい!と押して、自分は日のあるほうへ逃げた、
これを何度もやった。5人どころじゃすまないでしょう。
体調変化は忠告…。
忠告が聞き入られないなら、いいからさっさと退場しなさい!と最後に表れたのでしょうか。
一体何を忠告したのか。自分の首を絞めているという指摘ではない。私の役目に沿っていないという以前の問題でしょう。
自分のやりたいことがはっきりしているのに、会社を利用したこと、
自分のために生徒たちを犠牲にしたこと、
助けなきゃいけない私が、助けられてる…どころじゃないですね。
もっと、それ以前の根本的な問題もあるはず。
私は我が強く、わがまま、で、どろどろの溶岩のようなもの、ですが、
その上に薄い膜がある。私ってこういう性質だっけ?とあれれと思った、
それは膜をかけてくれたんですね。導く者が導かれまくっている…。
その膜を大切に、同化できるようにしていかなくては。
先週の気が付いたのですが、守護してくださる方が、すごい勢いと力で、私の身の回りを整えてくださいました。
驚くべきことに、人の心が、変わっている。受け入れてくれる準備がされている。
ちっぽけな理由、それからこだわりを捨て去れと言っているように思えます。
(その理由というのは、見たくないもの聞きたくないものを、見て、聞いてしまったこと。
たぶん、見せて、聞かせてくれたのでしょう。鍛えるために。)
「人の中に入りなさい」それが今のメッセージでだと思います。
新たに、学校に行くんです。現実的なところで見て、それで成果をあげないと10年にわたってのものがオワリです。
このままいけば失敗玉砕でしょう。制裁とはまた違った自業自得。
私の役割への導きの他に、それに向けてのトレーニングがされていると思うのです。どこまで優しいのでしょう。
「人の中に入りなさい」。それすら私は、本当は違う意味のことをそう解釈しているかもしれない。
惜しまないこと。傷つくなら「喜んで」。
「手を広げて」「惜しみなく」
私は私であって私でないのだから。
私が助けるのではない。手足となるのだと。
私がまもるのは、私のふれるところ。目の届くところへの助け。
だから人の中に入りなさい、人と交わりなさいと言われるのだと思います。
私には傷つくことにも、うちひしがれることにも価値がある。
bluebirdさんの最初の答えが全てなんですね。
みなまで言っていただいて…というか、そうまでしていただかないとわからないのは大問題!ですわ!
私は、守護されることを望むとか、(自分に対する)制裁を怖れるとか、そういう分際じゃないですね。ただただ、します。

532 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/20(月) 22:52 [ wqhUndiU ]
えっと、謀反に走った理由が何となく分かりました。

絶滅していった種に対し、表面上何ら関心を持たない彼らに対し、
「私もそれらと同様の存在で、それらと同じような目に遭うのだろうか?」と
いった疑問が、やがて恐怖に変わったみたいです。
彼らの言動の表面上を、私はただ横滑りで見ていただけで、それらの真意を
考えようとしたことがなかったようです。

…魂に向かって「起きろ、ドアホ」と呼びかけたら、「ドアホ、ドアホと五月蝿い」
というような言葉が戻ってきたので、「全能の神は『ドアホ』とは言わないよね」と
返したら、魂の目が少しだけ覚めた感じを受けました。
我ながら、この乖離っぷりに、呆れるやら、その頑固さに褒めてやりたいやら。

533 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/20(月) 23:01 [ D.qJGHZA ]
>>532
そんなかんじで魂と会話を続けてください。アヒャさん自身に言われるのが、いちばん
堪えるようです(爆)。
頑固っぷりは、、いやはや、、感心するぐらいです。根気強く説得に当たってください。

534 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/20(月) 23:49 [ V38tSvV6 ]
うわー、すごい流れだ〜!正直声が出ません。
カルマと言う法則のドデカイものを見ている気がします(ボキャブラリーが貧困で泣けてくる・・・)
アヒャヒャさんに比べたら私の悩みは小さいものだと思ってしまいます。

なので流れ的に書いてよいか分かりませんが、報告と言うことで失礼します。
>>410の後、自分自身に問いかけた結果、どうやら私は煩悩を受け入れていなかった事がわかりました。
煩悩=改めるべきものだという思いがどこかにあったようです。
以下自問自答形式で考えたことです。

煩悩はあるのは仕方がない。それを認めなさい。なぜならそれも自分の一部だから。←ここはbluebirdさんの所ですね。
自分を否定することはできないのだ。ならばどうするか?
制御すればよい。煩悩を「自分」と言う家の中での「ペット」だと見立てみたらどうか。煩悩にに首輪を付けてしまえばよい。
そのペットは放し飼いにすると家をめちゃくちゃにしてしまう。だから飼い主がちゃんと見ていなければならない。
もちろん余計に縛り付けたり放置したままでいてはいけない。それはペットなのだから、時には優しく時にはしっかりと
「しつけ」をしなければならない。そうしてペットは徐々に飼い主に従ってゆく。

と、言葉にするとかなりアホっぽいですね。でも、こう考えた途端に心がスーッとしました。苦しみが無くなったと言うか。
今では突如溢れてくる煩悩に対してペットのように「こら、今はダメだろ!後で優しくするから」と言ってます(笑)。

bluebirdさん、そしてこのスレッドを守ってくださっている神様、どうもありがとうございます。
やっぱりこのスレッドに書き込むと私は成長します。さすが肥沃な土壌(笑
出来ることならば私も次のステージに行きたいです。というよりももっと成長したいです。
ただ、それにはまだ何かが足りないような・・・良く分かりません。
なのでこのスレッドを何度も読み返し、そして自分自身とも向き合って考えていこうと思います。

さっき気づいたんですが、私完全にスレ違いですね・・・(気づくの遅すぎ)。超能力持ってないし。
いいんでしょうか?

535 名前:投稿日: 2004/12/21(火) 00:09 [ Zfxsk1lc ]
>>449
アヒャヒャさん
一言、お礼だけ言わせてください。
紹介していただいたスレを読みました。ありがとうございました。
さまざまな家族があり、それでもここに生まれてきたのには
何か意味があって、、、それはやはり私自身が成長するためでも
あると思います。
アヒャヒャさんとbluebirdさんのやりとりの中にもたくさんの
学び、ヒントをいただいています。

536 名前:投稿日: 2004/12/21(火) 00:16 [ Zfxsk1lc ]
>>334
bluebirdさん
図を見ていて、ふと、自分の姿が浮かびました。
壁を取り除き、一番奥の私がこうだったら・・・という願いからかもしれません。
今日は額のところがじわじわとしていました。

こちらで、一時でもみなさまと過ごせたことに感謝しています。
焦りもありますが、中身が伴わないままではやはりどこへ行ったとしても
どこかで崩れてしまう。
それならば、一からでもきちんときちんと自分に向き合いながら進みます。

みなさまが、光を見つけ、光の方へ進んでいけますように。

537 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/21(火) 01:07 [ 91bdTm1o ]
ちょっと面白いね、ここ。
ただ、俺とは波長が微妙に違うかな?

538 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/21(火) 01:14 [ 1W5XLhTw ]

みなさん はじめまして
ちょっと前からROMさせて頂いておりましたが、
"何か書き込め"と言われているように感じましたので、
とりあえずご挨拶だけでも書き込ませて頂きます

>bluebirdさん
某BBSでは色々とお世話になり、ありがとうございました

539 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 01:27 [ BTjJfMjk ]
1(日常生活の物理的努力の苦手さ)について、追考察。

私、誰かのためという意識さえあれば、日常的な努力も苦にならない。
だからつい、そこまで問題があるわけじゃないと、言い逃れをしていました。自分自身に。

私は親が、私のためにはよくするのに、自分のためによくしないのが嫌でした。
今まで全然気付かなかったけど…これ、同じじゃないですか。
自分のために生きなければ、他人のために生きても、奢りになる。偽善的になる。
今までは、自分を差し置いて他人のために生きることを、お許しいただいていました。(不完全だからこそ)
これからは、意識して、だんだんと直さなければ。
日常的な努力は、自分のために生きること…
…と考えるだに苦手意識がまだあるのですが、行動しながら思考しようかな。これについては。

私が花を買うように言われたのも、華ある雰囲気をまとうように言われたのも、これに関係ありますね。
自分のために花を用意する必要がありました。

(ところで、部屋の温度や光の問題でシクラメンの元気がなくなってしまいました。
球根は生きてるようなので、治療にあたっているのですが…。
なんだかシクラメンの妖精さんにも申し訳ない)


自分のために生きるから、他人のために生きられる。
自分のために生きられないのに、他人のために生きることも、確かにできる。
しかし、本当にいいのはどちらか、私はもう知ってしまった。


>スレの流れで感じたことメモ
私、妙に「テロリズム」に憧れていた頃がありました。
固い時代を壊す方策の一つとして、何もやらないよりはやった方がマシと、本気で思っていました。
9.10事件で、テロの現実を知り「テロで、何が変わったわけでもない」ということに絶望し、
また亡くなった方の冥福を祈る気持ちも少しあり…
(本当に「少し」しか冥福を祈らなかったけど。恥)
私は、テロリズムへの憧れを、辞めました。少なくとも表面的には。
私は、現実的なレベルで自分の過去を見返す必要が、あるのかもしれないと感じています。
「若いころは誰でもそんなことがあるもんさ」と、思ったりもしてましたが…
「私は本当は何を問題としていて、何を忘れているだろう」と思い始めました。

540 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 01:49 [ BTjJfMjk ]
>アリーシャさん
煩悩ペット論、おもしろいなぁ。
心のポッケに入れました。
必要あった時には私にも使わせてください(w

えーと、もう少し書きます。

2(恋人との関係について手がかりを探している)について、追考察。

恋人は、砂のお城のお姫様です。
だから不安定であたりまえでした。砂でしたもん。
不安定なのを恋人のせいにしてたけど、よく考えれば自分のせいでした。
今から私がお城を崩せば、一時的にもっと不安定になるでしょう。
その兆候は既に始まっています。
不安定な砂の城を作ったのは私の責任ですが、その城の姫になりたいのは恋人の責任です。
いつの間にか二人で、結構重い荷物を背負ってしまいました。
荷物を解体して、二人で自由を取り戻し、成長を支え合い、愛し合う道を選べるか…挑戦してみようと思います。
骨が折れる作業になりそうですが、これも勉強。
というか自分の撒いた種だし、刈るのは当然か。

しかし…
なーんか、嫌な予感がしますが、この予感も「何故」か考えてみるべきなのでしょうか。

では長文ごめんなさい。
考えながら寝ます。
皆様も、よい夢を。

541 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 08:17 [ k6K6CDAo ]
>>535=菫さん
あのスレがお役に立ったみたいで、嬉しいです。
菫さんには菫さんの「何か」があると思いますが、無事に乗り越える
事が出来ますように。

542 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 08:28 [ k6K6CDAo ]
経過報告です。

私の魂は元々「母親のような存在」の近くにいたらしいのですが、私が
成長する前にその方が成長し終えて、次の段階へ進まれたようです。
だけど、当時から未熟だった私は「愛する者と引き離された悲しみと
怒り」を持ちました。

その後「役目」を自ら志願したのか、成長を促すために配属されたのかは
分かりませんが(魂は黙秘権発動中)、そこで失敗した、と。
私が「絶滅種」に悲しみを感じたのは、「あの時、引き離された私」と
同視してしまっていた、らしいです。

魂と表面の私との乖離については、魂が「その人」の形代もどきとして、
私を作り上げ、魂は私の中で昔の夢を見ながら、長い間の孤独を癒して
いたようです(正確には目を背けていた)。
だけど、都合の良い形代のはずの私は「魂とはわずかに違う属性を持つ
中途半端な存在」に成長しています。

そこで、魂が未だに試験に落第する恐怖におびえ、締め切りを直視しようと
しないので、「そのままなら、私が代わりに試験を受けるよ? もし私が
合格したら、あんたとは独立した別の魂になる方法を授けてもらうよ?」と
脅しています。
…冗談じゃないわよ。
自分勝手な理由で「私」を作り上げ、都合が悪くなったら一方的に
「私」を消去しようだなんて。

果たしてこれが届くのかな…。
もし魂が私とは別の肉体を持っていたのなら、小一時間問い詰めたいくらいです。

543 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 08:38 [ k6K6CDAo ]
もし魂が試験に合格しても、それが即「私の死」には繋がらないような、
不思議な安心感を感じます。

すでに私は家庭持ちで、家族に対し果たさねばならない責任がありますし、
魂がクリアしても、「私に与えられた課題」は全く別の話のように感じます。
私の寿命が尽きるまでは、この体の中にいさせてもらえそうな気がします。

544 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 08:54 [ k6K6CDAo ]
そっかー、全能の神になれば、もう二度と愛する存在との別れを経験せずに
済むだろう、という浅はかな考えがあったみたいです。

違うかもしれないけれど、私の魂にとってはこれもしんどい内容みたい。
この報告をアップしたくないみたいで、抵抗を感じます。

545 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 08:59 [ DBynDPIQ ]
>>536菫さん
>今日は額のところがじわじわとしていました。

エネルギーを受け取れるようになったのです。以前は受け取れていませんでした。
気づきによって、すこしステップアップしたんです。だから受け取れるようになった。

>焦りもありますが、中身が伴わないままではやはりどこへ行ったとしても
どこかで崩れてしまう。

そうですよ。いずれ、どこかで直面しなければならなくなるのです。それならば、ここで
直面しておきなさい。

546 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 09:02 [ DBynDPIQ ]
>>538
以前の掲示板に居た人ですねw。といっても、だれか分からない(爆)。ワタクシじつは
「あてもの」得意ではありません(^^;)。
以前のHN教えてください。再度導かれてこられたのです。すこし会話しましょう。
それが必要みたいです。

547 名前:投稿日: 2004/12/21(火) 09:05 [ LhupNoxc ]
皆様、おはようございます。
ものすごい激流になってますね、ここ。
でも何だか心地よく感じてしまう自分がいます。
bluebirdさんが>>184で仰っていた言葉の意味が
今ならすごくよく分かります。
「ひとごと」と思わずに、一緒に学ぶこと。
苦しい思いの中で、皆さんが書き込まれた言葉を大切に
私も精一杯勉強させていただきます。
ありがとうございます。

>>539 花束さん
>自分のために生きるから、他人のために生きられる。
『100万回生きた猫』という絵本をご存知でしょうか。
花束さんのこの言葉そのままの世界が描かれていますよ。
とても有名な絵本なので、たいていの書店の絵本コーナーに置かれています。
もしよろしければ読んでみて下さいね。

>>アヒャヒャさん
何かもう、うまく言葉に出来ないですが
「頑張れ!」とだけお伝えしたくて書き込みしました。

548 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 10:09 [ DBynDPIQ ]
>>539花束さん
さて次は花束さんを「抉りだし」ましょうw。

>私、誰かのためという意識さえあれば、日常的な努力も苦にならない。
だからつい、そこまで問題があるわけじゃないと、言い逃れをしていました。自分自身に。

「誰かのため」と言うのは、とても「心地いい」ものです。
「わたしは善人である」と堂々と言えそうな気がしますw。
「誰か」から感謝もされるかもしれません。
さて、誰かのために、なにかをしてさしあげること、そのものはたしかに「よいこと」です。
それはそのかたの「徳」となります。

しかし神さまは、あなたのその善行の奥底にあるお気持ちを重視なさいます。
言動そのもの、よりも。

「善行を行う自分」に「酔う自分」を感じたくて、善行を行う人がいます。
でも神さまは、その「酔う自分」を得たくてやっている、そっちのほうに目を向けておられるのです。
その「酔っている自分」に気づきなさい、とおっしゃいます。

>私は親が、私のためにはよくするのに、自分のためによくしないのが嫌でした。
今まで全然気付かなかったけど…これ、同じじゃないですか。

同じですよね。

>自分のために生きなければ、他人のために生きても、奢りになる。偽善的になる。

あのですね。。「自らを犠牲にして」なにかを行った人がいますよね。
それはそれで、その人が選んでそうなさったのなら、いいのです。そういう役割or宿命で
生まれてくる人も居ます。立派な行為です。たとえそのために犠牲になられても、神さまは
そのかたの魂に対して救済措置を発動されます。それはいいんです。
しかしごく一般のかたに「それ」は真似できません。
真似する必要もありません。
無理をしすぎてはいけません。
無理をしすぎては続けられません。
人生は短いようで、長いです。
こつこつと、弛みなく、続けることのできる、そういうことを選んでいただきたい。
日々の積み重ねが「悟り」に繋がります。
営々と積み重ねていく日常の生活をあなどってはいけません。
それこそがもっとも大切なことなのです。

>これからは、意識して、だんだんと直さなければ。
日常的な努力は、自分のために生きること…

そうですね。花束さんにはそれが必要です。

>(ところで、部屋の温度や光の問題でシクラメンの元気がなくなってしまいました。
球根は生きてるようなので、治療にあたっているのですが…。
なんだかシクラメンの妖精さんにも申し訳ない)

これはね、シクラメンさんが花束さんを「治療」してくれているんです。
そのシクラメンさんはその覚悟で来ておられますから、もしも枯れたら「ありがとう」と
声を掛けて、妖精さんに離れていただいて、処分してください。

>自分のために生きるから、他人のために生きられる。
自分のために生きられないのに、他人のために生きることも、確かにできる。

自分のために生きられないのに、他人のために生きる。よいことのように思えます。
それができる力量のある人、それをする宿命の人は、それをします。それをして良いのです。
しかし一般のかたは、それに耐えることができません。
「自分の魂」の成長も大切なことなのに、無理をすると自分の魂の成長がおろそかになります。
下手をすると、自分の魂がさらに堕ちることだってあります。
だから無理をしてはいけない。

549 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 10:29 [ DBynDPIQ ]
>>539花束さん

>「私は本当は何を問題としていて、何を忘れているだろう」と思い始めました。

そうですね。思い出さなければいけないことがあります。

>私、妙に「テロリズム」に憧れていた頃がありました。
固い時代を壊す方策の一つとして、何もやらないよりはやった方がマシと、本気で思っていました。
9.10事件で、テロの現実を知り「テロで、何が変わったわけでもない」ということに絶望し、

これはなぜか。
あなたもテロに加わったことがあるのです。ずっとむかし。地球に身体がないころ。
この後のストーリーを思い出してください。

550 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 10:32 [ k6K6CDAo ]
>>環さん
私も頑張るけど、環さんの事を応援していますね。

>>bluebirdさん
花束さん宛てにお書きになった
>「善行を行う自分」に「酔う自分」を感じたくて、善行を行う人がいます。
>でも神さまは、その「酔う自分」を得たくてやっている、そっちのほうに目を向けておられるのです。
>その「酔っている自分」に気づきなさい、とおっしゃいます。

これを書きに来たのに、正直な話驚きました。
「それは愛に似たような物なので錯覚しやすいけれど、別の質の物である」と。

私自身の一番の欠点は謙虚の無さだけど、謙虚になるにはまず
誰かに対して心から信頼することが必要である事に、気づこうとしませんでした。

彼らが何度も繰り返し、会議を重ねる理由も朧げながら分かってきました。
彼らは、人間が持つ「神性を伸ばそうとする、その資質」を信じていたい。
だから、あまりに逃避しようとするのなら、時には暴力的な方法でそれを
悟らせようとなさるのだ、と。
繰り返しbluebirdさんが仰っていたのに、私が直視できなかったのは、
「かつて自分が取った方法は間違っていた」という事を受け止めたく
なかったからです。

…取りあえず、今はここまでが精いっぱいです。

551 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 10:33 [ k6K6CDAo ]
もし花束さんの成長を妨害してしまったのなら、ごめんなさい。

552 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 11:06 [ DBynDPIQ ]
>>540花束さん

>恋人は、砂のお城のお姫様です。
だから不安定であたりまえでした。砂でしたもん。
不安定なのを恋人のせいにしてたけど、よく考えれば自分のせいでした。

そうですね。

>今から私がお城を崩せば、一時的にもっと不安定になるでしょう。

はい。

>不安定な砂の城を作ったのは私の責任ですが、その城の姫になりたいのは恋人の責任です。
いつの間にか二人で、結構重い荷物を背負ってしまいました。

ふたりとも「ひきあって」いたんです。その時は。
引き合うものをお互いに持っていたんですね。この「引き合う」というのは、「気持ちが
引き合う」というよりも「カルマが引き合う」みたいな意味です。

>骨が折れる作業になりそうですが、これも勉強。
というか自分の撒いた種だし、刈るのは当然か。

勉強ですね、まさに。この種はずっと昔に撒かれています。

>なーんか、嫌な予感がしますが、この予感も「何故」か考えてみるべきなのでしょうか。

予感についてはべつにー(汗)。
だって、その予感が合っているかどうか、いずれ分かるんです。
「何故」を考えたってしょうがないでしょう。

553 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 11:30 [ DBynDPIQ ]
>私の魂は元々「母親のような存在」の近くにいたらしいのですが、私が
成長する前にその方が成長し終えて、次の段階へ進まれたようです。

これはですね、アヒャさんの魂が分割されたことを意味しています。
分割されて一部がアヒャさんから離れました。現在の魂はその離れたほうの魂を
母親のように慕っていた、ということです。
理由については、まぁ、そうなのですが、、、要するにアヒャさんのほうの魂があまりに
汚れはじめたので、取り急ぎ汚れていない部分を救済したわけです。

>だけど、当時から未熟だった私は「愛する者と引き離された悲しみと怒り」を持ちました。

そうですね。でもそうする以前にずいぶんと説得が行われました。聞き入れなかったのは
あなたの魂のほうなのです。

>その後「役目」を自ら志願したのか、成長を促すために配属されたのかは
分かりませんが(魂は黙秘権発動中)、そこで失敗した、と。

これはそのようです。自らなにかの役目に志願しました。その役目でも失敗というよりも
失態を演じます。プライドの高いあなたの魂は、かなりショックを受けるんです。
そんなことを「自分が」やるなんて!
その失態から目を背けるために、今度は全力を注ぎます。
ここが問題。
目を背けるために、「力」を使ってどうしますか?
その失態をカバーするために「力」を使うべきでしょう?
カバーなどお構いなしに、表面を取り繕い、それから目をそらすため、全力を尽くした
んです。

>私が「絶滅種」に悲しみを感じたのは、「あの時、引き離された私」と
同視してしまっていた、らしいです。

これも違います。
なんでアヒャさんの思い出すことに間違いが多いのかというとね。
魂がアヒャさんの記憶の書き換えをやってるんですよ。都合のよいように。
いまちょっとそのあたり対処してる最中です。どの程度効果あがるか、ちょっと分かりませんけど。
はっきり言わせてもらいますけど、
あなたの魂は「悪質」です。
非常に「悪質」。
あらゆる「ごまかし」を行っています。

>魂と表面の私との乖離については、魂が「その人」の形代もどきとして、
私を作り上げ、魂は私の中で昔の夢を見ながら、長い間の孤独を癒して
いたようです(正確には目を背けていた)。

これも違います。書き換えられている。
あなたの魂は「孤独」などものともしない。
「孤独」であることは平気です。

>だけど、都合の良い形代のはずの私は「魂とはわずかに違う属性を持つ
中途半端な存在」に成長しています。

いいえ。あなたは魂と似ていますよ。

>そこで、魂が未だに試験に落第する恐怖におびえ、締め切りを直視しようと
しないので、「そのままなら、私が代わりに試験を受けるよ? もし私が
合格したら、あんたとは独立した別の魂になる方法を授けてもらうよ?」と
脅しています。

それをするかどうかは神さまがお決めになります。
アヒャさんには、それを「選択する」自由も権限もありません。

>…冗談じゃないわよ。
自分勝手な理由で「私」を作り上げ、都合が悪くなったら一方的に
「私」を消去しようだなんて。

魂を悪いと責めている。その姿勢がまさにあなたの魂とそっくりである、ということに
気づいてください。
あなたは魂の性質そのまま受け継いでいるではありませんか。
どこが違うの?
そのままですよ。

554 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 11:47 [ BTjJfMjk ]
>アヒャさん
妨害になるわけないです(w

>bluebirdさん
私に抉り出しキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
ちょっとふざけてしまいましたが、苦しむ覚悟はあります。
では、できるところから心を覗きます。
成長の材を、言葉を、有り難く頂戴しつつ。

「善人」について。
他人のために生きることができる、徳の高い方のことを、一時忘れていたことを恥じます。

私にとって、他人のために生きた素晴らしい方のイメージは、マザーテレサ。
(たくさんそのような方がいますが、なぜか彼女です)
彼女のようになりたかった。
あきらかに分をわきまえてません。
反省をこめて、ここを説明します。

例えば他人の重い荷物を持つとき「重い〜」と思わないわけじゃありません。
それどころか「私が苦しいなんて、誰も知らないだろうな。知らせないもん(w」と思っていました。
そして他人には「平気だよん♪」と言うのです。

そして、今日まで、この乖離を恥じることもなければ、誰かに言うこともなかった。
「よいことをすると、人に言えないことも増える」なんて言い訳をしていました。
上の言葉、場合によっては真実でしょうが、私のように薄汚い本心を隠すための言葉じゃありません。

話が飛びます。
昔、私は日常的な努力を苦もなくしていました。
宿題をし、明日の準備をし、早く寝て、早く起き、ご飯を食べて、学校に行き、スポーツクラブで運動もする。
だけど、他人には関心のない子どもでした。
そして、他人に関心が向くようになると…
「他人にできて自分にできないこと」が、気になるようになりました。
たとえば、誰かのために私は何かをやったことがない。
たとえば、私は放っておいても好かれるだけの魅力がない。(性格も容姿も!)

理想は、自分のことも、他人のこともできる人間。
そうしたら、自分も他人も満足できるでしょう。
しかし、その目論みはすぐ失敗でした。
人に気をかけると、自分のことが出来ない。
自分に気をかけると、一人ぼっちでつまらない。
人間は不完全だ…と思いながら、これしきの学びで賢くなと気すらしながら、私は前者をとりました。

人といないとツマラナイから。
人に好かれると不完全なことと向き合わないで済むから。
他人に善行をつむとき、自分の中に「マザーテレサ」を想像することができるから。

なんて不遜なのだろう。
なのに「自分に酔う」と最初に読んだとき、ぴんとこなかったんです。
自分とマザーテレサさんなんて、比べようもないくらい差があるのに、気付きたくなかった。
変えるのが嫌だったみたいです。
それこそ、酔ってる…な。

本当に、本心から他人のために生きられる瞬間もある。
その瞬間を大事にする必要はあるけれど、
それを好きになり、いつでもそうありたいと考えたナルシシズムは良くないことでした。
今の私は、それに気付くべきで、気付かせていただきました。

酔っていると、痛覚が鈍るものです。
鈍らせないで、痛みを感じる。
そして、どうするか考える。
生きるためのすべとして、好かれるような方法をとるならば、それをそれと知ること。
自分の善行に酔うのをやめること。
(自分に刺さって痛い。これしきで痛い小ささよ)

555 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 11:48 [ k6K6CDAo ]
>bluebirdさん
>はっきり言わせてもらいますけど、
>あなたの魂は「悪質」です。
>非常に「悪質」。
>あらゆる「ごまかし」を行っています。

ご指摘ありがとうございます。
今、私は「魂」についてあれこれ思い出す事を一度止めます。
そして、上記の事をしっかり受け止めたいと思います。
胸がギリギリして痛くてたまらないのは、それが事実である事を示しているように
思います。

>あなたは魂の性質そのまま受け継いでいるではありませんか。
全身から悲鳴を上げています。
だから、頂いたレスから逃げない。 
情けないけれど、ここで宣言しないと逃げ出したくて仕方がない自分がいます。
これも、私です。

556 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 11:51 [ DBynDPIQ ]
>これを書きに来たのに、正直な話驚きました。
「それは愛に似たような物なので錯覚しやすいけれど、別の質の物である」と。

あなたにはまだ「愛」が分かっていません。

>私自身の一番の欠点は謙虚の無さだけど、謙虚になるにはまず
誰かに対して心から信頼することが必要である事に、気づこうとしませんでした。

謙虚になるにはまず。
自分の無力さを認めてください。
この一語に尽きます。
これ以外にはありません。

>彼らが何度も繰り返し、会議を重ねる理由も朧げながら分かってきました。
彼らは、人間が持つ「神性を伸ばそうとする、その資質」を信じていたい。

信じていたい、じゃないです。信じるじゃなくて、実際にそれは行われているわけです。
失敗したり間違ったりする人はもちろん大勢いますが、「信じる」とか「信じない」では
なくて、現にそれは「行われている」のです。

>だから、あまりに逃避しようとするのなら、時には暴力的な方法でそれを
悟らせようとなさるのだ、と。

暴力的な方法を神さまはまず取られません。
これは違います。
逃避しようとしているのは「あなた」です。他の人のことはどうでもいいです。もう
考えないでください。「あなた」自身のことだけ考えてください。
「暴力的な方法を取った」のは神さまや、あなたの長ではありません。
あなた自身です。
あなたの魂であり、今生きているあなたでもあります。

いいですか、よく聞いてくださいね。
今生きている「あなた」。あなたには生まれつき「力」がありました。
その「力」を使って、あなたは「なにか」やっているでしょう?
自然を守ってきた。それは認めます。お役目は果たしてきた。それは神さまも認めて
おいでです。
しかし、それだけじゃない。
「見えてない」と思って、あなたは「なにか」良くないことをやったでしょう?
思い出しなさい。
知らないとは言わせない。
記憶の封印を解きました。
しかも、それはあなたの魂が、あなたに「やらせた」のではありません。
あなたが自分の意思で、やったのです。
すべて記録されています。
吐き出しなさい。
許しを乞いたいのであれば、ここに書きなさい。

>「かつて自分が取った方法は間違っていた」という事を受け止めたく
なかったからです。

そして現在のあなたが辿ってきた人生にも、たくさん間違いがあります。
それを今度は思い出してください。

557 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 11:55 [ k6K6CDAo ]
ここまで手の込んだ事をしている私自身が最も護りたかったのは、
多分、傲慢な私自身。
姑のような人たちとの出逢いも、彼女達を通して(彼女達を責めるよりも)
私自身が持つ醜悪さを見なさい、という事のように思えます。

558 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 12:11 [ BTjJfMjk ]
誤字。
>人間は不完全だ…と思いながら、これしきの学びで賢くなと気すらしながら、私は前者をとりました。

これしきの学びで賢くなった気すらしながら

「恋愛」について
引き合ってたと思います。
城は姫を、姫は城を。
不思議な夢を見たこともあります。
それ以上のカルマがあるなら、またあとで知ることになりそう。

私は今までの私を、愛情深いと思っていました。
その愛は端的に言うと、SM的な愛です。
私はこれを肯定していましたが、少しずつほころびを感じています。

まず、どのように肯定していたかからお話させてください。
読む方もそうしないとついていけないし、基本にたちかえるのは私にとってもいいことです。

SMとは、いろんな方法や理論があるらしく、一言では言えませんが…
わりと有名な考えとして以下のようなものがあります。
「Sは一見Mの主人であるが、真の主人はMである
しかし、その裏をみるとまたSが主人ともいえる
SはMの願望を形にし
MはSの願望を形にする
痛みを伴うものの、愛があればこそ、その痛みは痛みでありながら快楽になる」

この考えに、影響をうけてました。
痛みに鈍感になり、痛みを快楽とする美学を持っていました。
自分に酔うことを肯定するにも、もってこいでした。

SM的な愛も、一種の愛である。
それは今も思います。
しかし、何故ほころびが出たのか。
私の本質が、苦痛を快楽としなかったからです。
いや、快楽だった。
快楽は、愛じゃないせいかな?
あれ、よく分からなくなってきました。
でも、ほころびはある。
ずいぶん昔に撒いた種について考えてみます。

559 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 12:21 [ BTjJfMjk ]
愛の主人になろうとしていたから、私はSM的価値観にひかれたんだ。
今もそうしようとしている。
愛の主人ってなんだ?
愛する主体。
愛の源。
とても傲慢だ。
あやまりたいけど、反省しきってないから、あやまれない。
何か悲しいものが沸いてきます。

シクラメンに対して。
ありがとう。
身を削って助けてくれて。
本当にありがとう。
私は今まで、身を削って助けたつもりで、あなたのように身を細らせなかった。
それどころか、甘い汁を吸って肥えていたね。
ごめんなさい。
あなたの姿に、教えられたこと、私はできないけど。
自分の傲慢さに、前より少し気付いたよ。

560 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 12:27 [ k6K6CDAo ]
>556=bluebirdさん

>「見えてない」と思って、あなたは「なにか」良くないことをやったでしょう?
昔、私は、この世界を支配しようとした事があります。
そして、滅亡を願った事があります。
それは、今生きている私がした事です。
現実は、私が破滅手前まで堕ちたのですが…。

善人の皮をかぶり、そこから目をそらせば、時間の経過とともに罪を忘れるだろう。
そういう計算高さが当時の私の心の隅にありました。

私が何処までも思い上がった人間であるという事実を突きつけられて、ようやく
その事を少しだけ理解できました。
思慮の無い私は、取り返しのつかない事をするところだった。
神様、申し訳ございません。

>そして現在のあなたが辿ってきた人生にも、たくさん間違いがあります。
一つ一つを羅列する余裕はないですが、どれも共通しているのは「表面上の
事」に対し、私の自分勝手な基準を周囲に押し付け続けた事。
そして、「他人を心配する、善人な私」のアピールのために、性格が合わない人を
犠牲にしてきた事。

表面の私は、ここに懺悔する事で、少しだけ「無力な私」を受け入れられたように
思います。
私と、私の魂は、お互いに都合の悪い部分を押し付けあう、エゴの塊です。
私や私の魂の罪が赦されるかどうかは、神様の判断される事。
だけど、どのような結果が出ようともも、この痛みからは逃げたくない。
預けられた力を使う事なく、無力で惨めな自分から再出発したいです。

>暴力的な方法を神さまはまず取られません。
これは、私が自らの罪を直視せず、他人(神様)に押し付けていて、
自分の都合のいいように事実を改ざんした結果の、非常に傲慢な思い違い。

>あなたにはまだ「愛」が分かっていません。
私が愛だと思っていたのは、ただの思いの押し付けだったのかもしれない。

この情けない自分から逃げ続け、私は惨めさを直視しようとはしなかった。
だけど、私と魂がようやく「逃げ続けるわけにはいかない」と気づきました。
…罪には罰を。
どのような罰を受ける事になっても、私は受け入れなければならない。
そのように自分に言い聞かせています。

561 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 12:35 [ BTjJfMjk ]
これで、一連の書き込みとしては最後です。

「テロ」について。
テロをした後が大事なんですね。
正直、そのころの記憶はありませんが、思い出せますでしょうか?
アヒャさんみたいに、思い出せる気がしません。

私の中のテロリズムは、あるキャラクターに投影しているので、彼の性格について考察することならできます。
このキャラ、テロに憧れが一番強かったころ、それをテーマに作った話の主要人物です。
非常に生き生きと、脳の中で動いていました。
とても極端で、私と似ているとは思えませんでしたが、彼が愛されると、私が安心するといい不思議な相関がありました。

まず、恐ろしくプライドが高い。
不自由を憎む。
不平等を憎む。
愛する人を愛する。
博愛を憎む。
人を愛せる人を憎む。
自分より強いものには、暴力をふるっていいと思っている。
神が裁かないなら、人が裁くしかない…それがテロの動機。

本当は、似ているんだろうな。
私は自由を愛し、平等を愛し、人を愛そうとしているけど…
逆のものを憎む気持ちも、確かに人一倍強い。
それで人を攻撃したこともある。

しかし…テロのあと…どうなったんだ?
アヒャさんは思い出して、偉いなぁ…

562 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 12:45 [ DBynDPIQ ]
>>554
>例えば他人の重い荷物を持つとき「重い〜」と思わないわけじゃありません。
それどころか「私が苦しいなんて、誰も知らないだろうな。知らせないもん(w」と思っていました。
そして他人には「平気だよん♪」と言うのです。

これはですね、花束さんはやってはいけないですね。いずれ破綻します。

>酔っていると、痛覚が鈍るものです。
鈍らせないで、痛みを感じる。

そうですね。手遅れにならないうちに気づけてよかったんですよ。

>SはMの願望を形にし
MはSの願望を形にする
痛みを伴うものの、愛があればこそ、その痛みは痛みでありながら快楽になる」

そのお互いの願望を形にするということですが、、それはですね、お互いの人格が
磨かれていれば、なんの問題もないと思うんです。
しかしいろんな汚れをつけたままで、そういうペアになるとですね、、お互いに「過去
みたされなかったもの」を投影したりとか、依存しあったりとか、いろんな「ややこしい」
ものが「纏わりついて」くるんですね。
ですから、余程人間性に自信があれば別ですけど、そうでなければ「お互いの願望を
形にする」とかはしないほうが良いかと思うのです。

愛があれば痛みは・・・快楽になることもあるようですが。
しかしこの場合もですねー、、このときの「愛」はですねー、よほど「大きいもの」ですよ。
一般人にできることではないんです。で、いちおう念のため言っておきますけど、
この場合はまったくセクシャルな意味ではないです。

>私の本質が、苦痛を快楽としなかったからです。

花束さんに、それを「負う」ことは無理です。

>いや、快楽だった。

快楽だと思おうとした、んです、正確には。なぜなら、それがとても「大きな魂による
大きな愛の究極の形」であることを、あなたは「知って」いるからです。
真似しようとしたの。
でも無理です。

>快楽は、愛じゃないせいかな?

愛は快楽を伴う場合もあります。
伴わない場合もあります。
イコールとは言えないですね。
愛がない快楽だってあるでしょ?

563 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 13:06 [ DBynDPIQ ]
>>561花束さん
>本当は、似ているんだろうな。

それは「あなた」なんです。似ているじゃなくて、「あなた」のかつての姿です。
いまもそれを引きずっています。
そして引きずったそれを克服しようとしてるんです。
現世の目的はそれです。

>私は自由を愛し、平等を愛し、人を愛そうとしているけど…

こうやって自分に「修正をかけよう」としているんです。

>逆のものを憎む気持ちも、確かに人一倍強い。
それで人を攻撃したこともある。

そうですね。持ち越したものが、まだ完全に修正されているわけではありません。

>しかし…テロのあと…どうなったんだ?

封印は解かれています。思い出せないのは、花束さんが「抵抗」してるからです。
見たくないんですよ。
なぜか?

その結果は
プライドをうち砕くもので
あなたは自由を失った。
愛する人からは疎まれ
大勢の人から蔑まれ
自分より強い者から「いいようにされた」。
しかもあなたは、
そのせいで
神から裁きを受けています。

神が裁かないなら私が・・・と浅慮でやったこと。その結果その自分自身が神から裁かれる。
こんな屈辱はないでしょう。
だから思い出したくないんです。
でも思い出してください。
それこそ。
苦痛を快楽に変えてください。

あなたのかつての性質に
「憎む」という言葉がやたらと多い。
そこを考えなさい。
なぜ憎むの?
そこを掘り下げて。

564 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 13:27 [ DBynDPIQ ]
>>559花束さん
>愛の主人ってなんだ?
愛する主体。
愛の源。

それが「神」です。
あなたも「神」になろうとした人なんです。
そして失敗した。

「神」に対するあこがれが強く、しかし「神」になりえないことを、あなたはいちばん
よく「知って」いたのに、その欲求を抑えることができませんでした。
だから実力を行使しようとした。そして屈辱を味わった。

「憎しみ」の強い「神」が居たらどうでしょう?
安心して暮らせますか?
というか、「憎しみ」の強い「神」が居たとしたら、それは「神」ではありません。
そういう存在を
私たちは「悪魔」と呼んできました。

565 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 15:16 [ BTjJfMjk ]
気持ちはゆれるや、身体の内側がへんだわ…なかなか異変を感じますが、不思議と安心感も少し残っています。

「テロ」について。

たくさん思うことがあるのですが、大事と思われるところから書きます。
不足があれば教えてください。
間違えがあれば教えてください。
本当にお手数おかけします。

まず思い出し方について。
最初は彼を手がかりに、次第に私自身について、記憶を洗い出すように考えています。
ただ記憶としての輪郭がはっきりしないので、それは物語に似ています。
プライドの高さから過去を隠したい私は、物語の一部を改竄しています。
改竄ヶ所を見つけたら、修正液を剥がす作業をします。
少しは「事実」に近い物語になるでしょうか?
これをしている最中、自分の嫌な部分を直視するようで気分がすぐれません。
そういう意味では、歴史はさておいたとしても、真実なのだと思います。

「憎しみ」の理由。
自分のための安寧の地が欲しかったからです。
自分のことを愛されない可愛そうな子供のように感じていました。
それは、試練だったのかな。
つらい試練で、試練に耐えられなかったのを恨みに思いました。
試練を作った人物を逆恨みしました。
憎しみを持つように、仕向けてくれた人がいたかもしれません。
その人といると、安心しました。
私が憎しみと共にあるとき、真実が見えたように感じました。
その真実を愛しました。
憎しみの中の真実は、知性という武器にもなりました。
武器を手に入れて満足でした。
少数ですが、仲間らしきものを得ました。
博愛の人を憎んだ。それはもうすごく。
「きみは、そうでもしないと、自分を愛せないから、全てを愛すのだろう」となじりました。
これは、今の私のことです。
この博愛の人は悪くありません。
私が人を愛せば、憎しみを忘れることができると、勘違いしていたのです。

ここから先は修正液の下に書いてあったことなので、読取りが浅いかもしれません。
テロは、失敗しました。
私は焼かれました。
焼かれた仲間もいたし、焼かれない仲間もいました。
彼らがどうなったか知りませんが、自分が焼かれたことを恨みに思いました。
そうでない仲間がいることを、不平等に感じたからです。
プライドが高いので、謝ることができませんでした。
だから「焼いても焼いても焼き足りない」と言われました。
恨みの気持ちが強くなりました。
憎しみによる力も、洞察も、既にありませんでしたが、憎しみだけはありました。
無力でした。
消えたいと望みました。
無になりたいと。
それは許されなかったから、私がいるのでしょう。

ここから先は修正液の下で、しかもそれは剥がれません。
だから、相当嫌なことが隠れているとみて、その嫌な結末を書きます。
はっきりと実感はしていません。
…今、私がいるのは、私が最後に謝ったせいかもしれないとも思います。
虫の息で、プライドが崩れ、憎しみとは決別できないまま「自分が間違っていた」と言った。
私の心は黒いままでしたが、焼くのをやめていただきました。
でも黒い私は、やめていただいたことは、施しをうけたとも感じ、認めたくないのです。
どうせなら焼き切って欲しかったのに、憎しみと付き合うことを命令されて、それが許しがたいのです。

566 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 15:31 [ BTjJfMjk ]
私には憎しみが潜んでいます。
これは、過去とか関係なく、自分自身の実感として。

一生懸命愛してくれた人を憎んだことがある。
しかも平気で。
今まで、反省もしていなかった。
それが当然だと思う理由を握っていた。
それを相手の弱みと思い、弱点を手に入れたとばかり、自分を偉くなったとばかり思っていた。

「許しがたい」という言葉を使いましたが、許すのは私の役目じゃない。
なのに私は、許す真似事をする。
許されたい人がたくさんいるから、「許す愛」の真似をして、人に愛されてきた。
欺瞞だ。

許すのは私じゃない。
自分を許すのも、やめたほうがいいかもしれない。
それは、自分を責めるって意味でもなくて、欺瞞をやめること。
許す仕事を天に返上すること。
許す仕事をやってはいけないのにしてしまったことを、反省すること。

憎しみという武器を携えた人を、私はたくさん見た。
そんな世を憂えた。
でも、それは私の姿だったんだなぁ

「愛と善」について。
自分の無力さに対面しないと、私の身の丈にあった愛も、善もわかりません。
まだよく分かりません。
私はすぐに慢り高ぶる。
悪魔になろうとしていたなんて、気付きもしませんでした。

567 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 15:55 [ BTjJfMjk ]
ふざけているのを承知で、少しだけ言わせてください。
反省とかいろいろしてる途中なんですが…
なんかもう、言わずにおれないので。

二人もいにしえのテロリストがいる掲示板ってなんなんだーっ!(笑)
不穏すぎるぞーっ
うわー(意味不明な叫び)
(…ちょいスッキリ)

……なんかの縁ですね(w

568 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 16:09 [ DBynDPIQ ]
>>565花束さん
思い出したことは正確です。

>憎しみを持つように、仕向けてくれた人がいたかもしれません。
その人といると、安心しました。

これが悪魔です。悪魔と言うより魔王です。悪魔よりはるかに強く智慧のあるもの。
要するにあなたは魔王の手下になっていたんです。

>彼らがどうなったか知りませんが、自分が焼かれたことを恨みに思いました。
そうでない仲間がいることを、不平等に感じたからです。

これは「浄化の炎」なのです。焼かれない仲間も居ました。改心、改魂の度合いによる
のです。

>だから「焼いても焼いても焼き足りない」と言われました。

それだけ穢れきっていたということです。浄化の炎ぐらいでは追いつかないぐらいに。

>恨みの気持ちが強くなりました。
憎しみによる力も、洞察も、既にありませんでしたが、憎しみだけはありました。

その魔王に呪いを掛けられていました。浄化されると、さらに恨みや憎しみの想いが強く
なるようにされていました。

>無力でした。
消えたいと望みました。
無になりたいと。
それは許されなかったから、私がいるのでしょう。

そうですね。無になりたいと思ってもですね、神さまが許されないとそれは叶いません。

>だから、相当嫌なことが隠れているとみて、その嫌な結末を書きます。

この嫌なことも思い出してくださいね。思い出せるはずなんです。逃げるな。

>虫の息で、プライドが崩れ、憎しみとは決別できないまま「自分が間違っていた」と言った。

取りあえず「自ら認める」ことで、ある程度の「お許し」が出るのです。

>私の心は黒いままでしたが、焼くのをやめていただきました。
でも黒い私は、やめていただいたことは、施しをうけたとも感じ、認めたくないのです。

まぁ、これは承知のうえで、止めておられます。

>どうせなら焼き切って欲しかったのに、憎しみと付き合うことを命令されて、それが
許しがたいのです。

憎しみをあなたは「愛して」いたではないですか。その「憎しみへの愛」をなんとかする
のが次の課題になります。

>許す仕事を天に返上すること。
許す仕事をやってはいけないのにしてしまったことを、反省すること。

そうですね。許す仕事を返上してください。

「許す」とかんたんに言うけれど、、その「許し」を引き受けること、ってどれほどの
「重荷」か考えたことありますか?
神々もできるだけ「偏り」を避けるようになさっています。だから人の査定をするとき
最低3体、場合によってはもっと多くの神々が招集されて、慎重に決定なさるのですよ。

569 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 16:17 [ DBynDPIQ ]
>>567
>二人もいにしえのテロリストがいる掲示板ってなんなんだーっ!(笑)
不穏すぎるぞーっ

ワタクシが集めたんですよ、ああたがたを(爆)。偶然こんなこと、起こるわけないでしょ?
ちょと「悪魔対策プロジェクト」をやってる最中でしてね。ちょうど良い頃合いの人たちが
居たので寄せてみたのです。
ご存じないかもしれませんけど、ワタクシ、ああたのボスの魔王よりもずっと強いし、
ずっと「いろーんなこと」wできるんでござあますの。おほほ(*^_^*)。
ちなみにその魔王、もうバスターされました。ご安心を(にやり)。呪いも解除しました。
だから、あのその、、もうちっと怖がってください、アテクシをw。
にっこりしながら魔王踏みつぶしちゃうマダムですの、ワタクシ。。。うふ。

570 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/21(火) 16:37 [ PsW7cKCw ]
茶々入れ申し訳ないです。

「この天と地の間にはな,ホレーシオ,哲学などの思いもよらぬことがあるのだ」
シェイクスピア 「ハムレット」

私自身シェイクスピアをなーにんも読んだ事がないのに、ある本で読んだこの一節が妙に
気になっていたんですが、今まさにそんな感じです(汗

しかし、驚嘆している私も、見ているという事によって何か学ぶ事があるんですよね。
この一年は間違いなく何かに導かれていると感じているので取りこぼさないようにしなきゃ。

後ですね、bluebirdさんに素朴な疑問をしたいんですがよろしいですか?

・・・と、内容を書こうとしましたがやっぱり不安なので、お伺いのみしてみます(ヘタレ

571 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/21(火) 17:15 [ yVmVkoV6 ]
はじめまして。前スレよりROMさせていただいている者です。
最近の凄まじいレスの連続に驚いています。
これまでも読みながらとても多くのことを考えさせられましたが、ここ1〜2日は
あまりに考えることが多いせいか、ROMした後にものすごく消耗します。
脳ミソがドンドン膨れ上がる感じがして胃の辺りが重くなるのです。

これまで何度か書き込みをしようとしたのですが実際するには至らず、今回なぜか
後頭部を押される気がしたので思い切ってやってみることにしました。
この後またROMに戻ると思いますが、とりあえずご挨拶まで。
それでは失礼します。

572 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 17:18 [ DBynDPIQ ]
>>570アリーシャさん
その質問はしないほうがいいみたいですね(苦笑)。
アリーシャさんは悪魔繋がりないですよ。ここの人が全員、というわけではないのです。
でもHNつけて書き込みされている人は、多かれ少なかれ「縁」で寄せられてきています。
来るべくして、来てる、というかんじ。

573 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 17:21 [ k6K6CDAo ]
>>花束さん
お話を伺ううちに、胸が固くなるような気がしました。
正直な話、何といえばいいのか分からないです。
ただ、今の私に言えるのは「未だに全ての罪を直視したくない自分がいる」事を
恥ずかしく思います。

>>bluebirdさん
愛について、改めて考えてみました。
私が今まで「愛」だと思っていたのは、「情愛」だったようです。
我が子でさえ、「愛している」と思っていたのに、実は表面だけを見ていました。

「私は厳粛な気持ちで罰を受け入れなければならない」
そう思いながら、半日を子どもと過ごしました。
そうしているうちに、一度も子どもの魂に触れた事が無い自分に気づきました。
子どもは私に気づいて欲しくて、必死で訴え続けていたというのに。
なのに、私は物事の表面(発達障害等)しか見ず、ただ「子どものため」ではなく
「そういう子を持つ親の仲間入りになるのか?」という不安に嘖まれていました。
実際にそういうお子さんを育てている方々にも、失礼な考えを平気で持っていました。
それと同時に、今まで一度も、私は誰であっても、その人の魂に触れようとした
事がありませんでした。
(私が触れたらその人の魂を汚したかもしれないから、逆に良かったのかしら…)

私は本当はやり直したかったのだ。
だから「善人になるフリ」から始めて、そうするうちに善人になれるような気がしました。
全ての罪を葬って、何事も無かったかのように。
物事の順番を、今度こそ守りたい…そう思います。

私が生まれつき力を持っていた点については、もしかすると「やり直し」の
機会だったのかもしれない、とようやく気づきました。
仲間達といた、あの頃のように。
だけどたった一人で(私の身の回りの出来事を)全てを判断しなければならない。
それにも、私は失敗しました。
その失敗を私と魂は、受け入れようとしています。
ようやく魂の揺れが収まり、今はただ神様に対し、
申し訳ない気持ちで一杯です。

子どもの事に気づく前、つい先程までは「ここまで反省しているから」とか
「私も僅かながらもお役目を果たしてきたのだから」といった、
思い上がりがありました。
何処までもわき出る計算高さ。
…けれども、神様は全てをお見通しだという事を、ようやく理解しました。

574 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 17:25 [ DBynDPIQ ]
>>571
はい、いらっしゃいませ。よかったらHN付けてください。

>ここ1〜2日はあまりに考えることが多いせいか、ROMした後にものすごく消耗します。

これはですね、考えることが多いせいではないのです。非常に強いエネルギーを私の
書き込みに乗せているんですね。それは主にレスをお返ししている人に向けられている
のですが、その余波がロムをしているかたにも及ぶのです。悪いエネルギーではありません。

>脳ミソがドンドン膨れ上がる感じがして胃の辺りが重くなるのです。

これは悪い現象ではなくて、あなたの中にある汚れたものが出ようとしている症状
です。心配されなくても、もうすぐおさまると思います。
つまり私の書き込みに乗せているエネルギーは「汚れたものを出させるエネルギー」
なわけです。

>今回なぜか後頭部を押される気がしたので思い切ってやってみることにしました。

ええw、実際「押された」のです。あなたの守護霊さまですよw。

575 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 17:26 [ k6K6CDAo ]
息抜きをさせて下さい。

>>569=bluebirdさん
>ちょうど良い頃合いの人たちが居たので寄せてみたのです。
もうね、自分に向かって「誤魔化しようがないよ」としか言い様がないです。
ちょっと油断すると、すぐ逃げようとする自分がいます。

576 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/21(火) 17:54 [ PsW7cKCw ]
>>bluebirdさん
やっぱりそうですか〜(汗)。私自身「知ったから何?それで満足?」って言う内容だったので
恥を晒さずに済みました。というか、

>アリーシャさんは悪魔繋がりないですよ。ここの人が全員、というわけではないのです。

という文で私の質問が何となくばれているような気はします(ーー;

>でもHNつけて書き込みされている人は、多かれ少なかれ「縁」で寄せられてきています。
>来るべくして、来てる、というかんじ。

過去レスでも「ここに来ることは決まっていた」と仰っていましたね。
正直言って1年前には考えられないことです。なぜならその頃はオカルトのオの字も知らなかったのですから。
不思議を通り越してちょっと不気味です(w

何か私の場合bluebirdさんのレスを読んで特に体に異変を感じないんですが・・・。
唯一感じるのが自分が書き込んだ後に異の辺りから喉の辺りまでグワワワーッと何かがこみ上げてくる
感覚のみです。これも単なる緊張からくるものだと思っています。
いいなぁ、皆さん。bluebirdさんのパワーを感じる事ができて。

最後に。私がここに書き込むときに浮かぶイメージなんですが、
「保護者(bluebirdさんや神様)に見守られながらキャッキャと遊ぶ幼稚園児(私)」なんですよ。
いや、もう成人しまくっているんですけどね(汗
すいません、もう少し遊ばせてください(切腹

577 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:13 [ k6K6CDAo ]
私の最大の罪は、秩序を壊そうとした、その事実を無視し続けていた事。
秩序を壊すという大それた事をしでかしながら、それに対する罰を恐れ、
「それは無かった事にしよう」と封印し続けた事。
壊そうとした事に対しても、私は一度も反省した事が無かったのだ。

578 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:18 [ k6K6CDAo ]
間違えました。
壊そうとして、失敗したのだから、未遂です。

罪を直視出来なかったのは、それほど重い罪を犯した自分を認めたくなかったから。
私が望む理想の私と、現実を直視できない情けない私。
後者が私の本質なのに、私は記憶を改ざんし、自らの保身を図るばかりで、
神に謝罪する事も、それに対して反省する事もなかったのだ。

579 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 18:21 [ DBynDPIQ ]
>>577アヒャさん
今ですね、、アヒャさんの罪の報いで現実生活に影響が出ているんです。
それは過去世ではなく、現世での罪です。あなたはそれをはっきり意識をして行いました。
それを書かなければなりません。抽象的な反省文はもうよろしいです。
具体的な反省文を書いてください。
書いて心から悔い改め、反省できれば現象が変わるかもしれません。

580 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:30 [ k6K6CDAo ]
>>579=bluebirdさん
私は、父を憎んでいます。
母を憎んでいます。
そして、夫と姑を憎んでいます。
彼らが私の望むような彼らではなかったので、一方的に私はそれを彼らの罪だと
思い、彼らを責め続けていました。
彼らは私に私の本質の断面を見せてくれていただけなのに、そこから
私は逃げていました。

神様。どうか、私の罪に相応しい罰を授けて下さい。
私は心から謝罪と、私の近くにいてくれた彼らへの感謝を込めながら、
罪を償いたいと思います。

581 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 18:31 [ DBynDPIQ ]
>>576アリーシャさん
>正直言って1年前には考えられないことです。なぜならその頃はオカルトのオの字も知らなかったのですから。

うんそうねw。しかし過去世であなた、オカルトばりばりやってたじゃありませんか(爆)。
あなたは悪魔繋がりはないけど、オカルト系の術を駆使してたことがあるでしょう?
その術にはね、白魔術だけではなく、黒魔術も含まれていました。
あやうく悪魔に繋がるところだったんです。
あやうかったということは、あなたの魂も知っています。炎に焼かれることはなかった
けど、あなたの知り合いが炎に焼かれたでしょう?あなたはそれを見せられたでしょう?
だからオカルトには近づくまい、とタブーにしてたんです。

>唯一感じるのが自分が書き込んだ後に異の辺りから喉の辺りまでグワワワーッと何かがこみ上げてくる
感覚のみです。これも単なる緊張からくるものだと思っています。

これは私のエネルギーです。ちゃんと感じてるじゃない。というか感じる素地はじゅうぶんすぎる
ぐらいに持っているじゃない。自分で封印掛けてるくせに(苦笑)。
自分で掛けたのだから、自分で解きなさいね。
そのエネルギーは、私からあなたに直接届いているエネルギーです。胃から喉にかけての
チャクラにモンダイがある。だからそれを解除しようとしています。
魔術をやっていた時代に、だれかから呪いを掛けられてる。それがまだ解けていない。
で、すこしは解きました。でも反省足りないから、今の段階では完全解除できません。
なにを反省すべきか、自分で考えてください。
いつまでも幼稚園児でいないように。
置いていきますよ、とろとろしてたら。

582 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 18:35 [ DBynDPIQ ]
>>580アヒャさん
ここで恥をかくのがあなたへの罰です。覚悟してください。
そしてご主人と結婚するときに、あなたなにかしませんでしたか?ふつうの人には
できない「なにか」を?
そのことを書いてください。

583 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:39 [ k6K6CDAo ]
そして、私は心の中で不倫をしました。
私が臆病だったから、一線を超えずに済んだだけの話です。

私は、姑の問題に対し、夫が私を苦しめているように思い込み、
夫を憎みつつ、問題から逃げようとしました。
心の中で夫を裏切り、夫をないがしろにしました。
私は夫の苦しみから目を背けていました。
私がこの世で一番苦しめたのは、夫です。

夫が「無関心という手段」で、私を苦しめるのは当然なのだと
ようやく気づかせて頂きました。

584 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:43 [ k6K6CDAo ]
>>582=bluebirdさん
>そしてご主人と結婚するときに、あなたなにかしませんでしたか?

見捨てられたくなかったので、「夫が私から離れませんように」と祈りました。
夫の愛情を、何一つ理解しようとせずに。

585 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 18:48 [ k6K6CDAo ]
>583で記憶の改ざんをしています。

結婚後にその人に出会って、心が魅かれました。
けれど臆病だったから(以下略)。
姑の問題が私に振りかかったのは、その後です。
嘘を書いてしまい、ごめんなさい。

586 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 18:49 [ BTjJfMjk ]
「憎しみへの愛」
すごいなぁ、なんでバレてしまっているんだろう。
いや、隠していたわけじゃないんですが、まさかそこが問題とは思っていませんでした。
自覚してないほうが、きっと大問題なんだよなぁ…

今日は、2度のレスをしたあと、2度ともなんだか疲れはててしまって、寝ました。
そしたら夢に…
「大それたことをしているのに気付かず、小さきものを鼻先で笑う自分」が夢に出てきました。
「ふんっ」という不愉快な笑いで目覚めた時は、焦った…実際笑っていたとは。

こんな夢も。
これは具体的に書きます。

公園に巨大な枕を用意されていて、私は枕に気付かない。
だって、そんなに巨大な枕があると思わなかったから。
しかし教えられてその枕で寝ようとすると、小人の国のガリバーのように巨人になって、枕と自分のサイズが合った。
眠りにつくと、公園に花が咲き乱れ、自分のうえも、花や草におおわれる。
私は公園の中にある丘になりました。
花の咲く丘に。

久々に見たよい夢でした。
お恵みですか?
私は自分の憎しみとどう付き合えばいいのか、さっぱり分からなくて迷っていました。
この夢はヒントです。
ただ、眠りにつき、花の咲くのを待つ前に、今度は自分で見つけなければいけません。
…巨大すぎて気付かなかった「枕」に。

おおきな憎しみと向き合って、私は今まで知らなかったものと一緒に眠る。

ファンタジーはここまで。
これが予知になっていたかどうかは、未来に分かるんですよね(笑)
実際は花畑にならないかもしれないけど、とにかくやることがあるのは分かります。
気付いていないことが多すぎる。
考えたことを少しずつ出し、少しでも気付かなければ。

神様、罪深い私とともにいてくださり、ありがとうございます。

587 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 18:52 [ DBynDPIQ ]
>>584
違うとおっしゃるのです。どこかへ念を飛ばしてますね。かなり強いもの。ご主人を
ゲットされるときに、他の女性と取り合いになりましたか?
その女性になにかしませんでしたか?
それだけではない。ほかにもある。
お姑さん。結婚してすぐ「なにか」をされましたね。いまのお姑さんの状態は
あなたが引き起こしています。なにをしたのか詳しく書いてください。
あなたは被害者などではない。加害者だ。
その結果としてなにが起こったか、あなたは知っていますか?
それがお子さんに発達障害という形で来たんです。
あなたがそれを引き起こした。
しかもあなたはそれを自分が引き起こしたことだって、知っているじゃないですか。
見ないようにしてただけです。
お子さんを利用しようとした。
そういうお子さんを持つ母親になることは、あなたが選んであなたが実現させたのです。
さあ、ぜんぶ吐き出しなさい。
ごまかせると思っていますね、いまだに。
というか私を試そうと思っている、心の奥で。
試してもらっていいですけど。
あまりにお子さんが可哀相だ。
お子さんをずっとその状態にしておくつもりですか?
あなたの「都合」のために。
親になるべき人ではない。

あなたは既に悪魔です。
あなたの魂のほうがまだキレイなんですよ。
あなた自身が悪魔になっているのに、まだ気がつきませんか?

588 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 19:04 [ k6K6CDAo ]
>>587=bluebirdさん
>他の女性と取り合いになりましたか?

なりました。

>その女性になにかしませんでしたか?
夫の気を引こうとした、その方を憎みました。

>お姑さん。結婚してすぐ「なにか」をされましたね。

彼女の気持ちを(例えば、手料理を持ってきてくれたのに)、その思いを
無視しました。
夫が「母の料理は味が濃くて不味い」という言葉を鵜呑みにして、味見すら
しないまま破棄しました。
母が私に歩み寄ろうとしていたけれど、私は「老後を見込んで、私を手なずけ
ようとしている」と勝手に警戒し、彼女の本当の気持ちを知ろうとさえ
しませんでした。

>お子さんをずっとその状態にしておくつもりですか?

それだけは絶対に嫌です。
それを改善できるのなら、私は(私の能力の及ぶ限り)何でもします。

>あなた自身が悪魔になっているのに、まだ気がつきませんか?

ご指摘ありがとうございます。
「悪魔だ」と言われ、初めて自ら望んで悪魔になった事に気づきました。
魂には考えが歪み、方法は間違っていたものの、まだ信念があった。
けれど、私は私の目先の欲に捕らわれ、(意識しない時もありましたが)
自らの能力を悪用しました。

589 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 19:11 [ k6K6CDAo ]
私は、私の言動で、今まで身近で大切な人たちを意識的に傷つけてきました。
…これが私の正体です。

590 名前: みつる 投稿日: 2004/12/21(火) 19:14 [ oU12D2kw ]
「手を広げて」「惜しみなく」「私は私であって私でない」
見つけましたが、それを芯に浸透させなければ。
…いけないのに…。
手をゆっくりじゃなくて、がばっと広げなきゃ!!広げろ、広げろ!
私は一人でいちゃいけない。そう思います。人の中に在れと。
それは、よく見ろ、すきになれということだと、今日、そう思いました。
前のレスに対してbluebirdさんから可とも非とも言われていないので、
私がこれかな、と見つけたものはその通り、可でも非でもないと思っています。
これからのことはこれからわかる、今はそれやってみ。かと。
私はわかっていない、全然わかっていない。
わかったような気のする上記のものも…。
守護の方が小出しにして配慮していただいているのだと思います。
bluebirdさんもありがとうございます。

おいしくご飯が食べられてぐっすり眠れることがモットーで
ああすればよかったとか、こんなことした、とか考えると、おいしく食べられないし、眠れない。
だからやる。良心の呵責でしょう。(その良心はどこから来たのかとゆうと…)
そう思ってやってきたんです。自分軸なんです。
でも、もうそれに限界を感じてきていたのです。
これでいいの?違うだろって。
私がこの場所に登場した、いろいろな要因のうちのひとつです。
自分の思考で考えて選択したつもりなのですが。
(他の大きな要因に、行ってらっしゃい!!と押してくれた力がりますね。)
人のために、って、どういう気持ちなんだろうって。
今思うのは、やれるから、やるだけ。やれるから、やろうとする
答えはまだですが、やれることを、やる。しかないです。

591 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 19:22 [ k6K6CDAo ]
私に傷つけられた人たちは、何度も私を許そうとしてくれてきた。
なのに、私はずっと無視してきました。
私は自らの魂を磨く事を怠り、そのくせ周囲の人たちが魂を磨く姿に
ずっと嫉妬してきました。

592 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 19:25 [ k6K6CDAo ]
「無視してきた」という言葉を繰り返し書き込むうちに、私は私の狭量さを
改めて見せつけられているように感じてきました。

体の中にとても固い塊があったのですが、何故か形が崩れつつあって、
かつ重さを感じなくなって、私の体の中に散りつつあるように感じます。

593 名前: 花束 投稿日: 2004/12/21(火) 19:33 [ BTjJfMjk ]
私は良いものを愛しています。
美しいものも。
でもそれは、なんの言い訳にもなりませんね。
悪魔のような私も、それを求めてやまないのですから。

良いものを愛するのと同じくらいに、私は悪いものを愛しました。
ごめんなさい、許す重みなんて考えたこともなく、悪いものを許しました。
悪を守り、育てました。

最初は、いじめられた時、相手を許そうと決めたこと。
許すことで優位になろうとした。
つらかったけど、つらいのに耐える方が偉いと思った。

いじめの悪意を許せば、自分も許されると思った。
なぜなら、親に対して私が悪意を仕向けていたからです。
両親に愛されれば「いや愛すな、恨め、憎め」と仕向けていました。
「もっと恨めばいいじゃないか!」とか、
「期待すんな。期待しておいて取り下げるのも嫌だ」とか、
すごい我儘な台詞を言ったことを覚えています。
父をいつか殺そうと思い、母にその許可をとったこともあります。
そのくせ無償の愛を求めたりして。
「しね」やら「生まれなければ良かった」やらさんざ言って、悲しそうな、恨みがましい(と感じた)目で見られたら、
「やっぱりね」…と思うのです。

いじめによる悪意を許したとき、自分の悪意を許しました。
いえ、その前から許していたけれど、悪を許す居心地の悪さを感じていて、その居心地の悪さから解放されたのかもしれません。
あのときそうしなければ、別のことで悪を許したのでしょうか。
それとも精神でも患ったでしょうか。

自分のことを悪魔のようだと言う友人がいました。
私は彼の悪魔性を認め、やさしくし、時に許し、育ててしまった。
彼に社会性をあたえ、彼の一番欲しい愛はあたえず、一緒に世をはかなみました。

自分の攻撃性に悩む友人がいました。
私は彼女の愚痴に同調し、彼女の攻撃性をのばしました。
彼女を悪意を持つもの、私が許すものとしての立場をとり、傲慢な満足にひたりました。

例のキャラが人に愛された時、わがことのように嬉しかった。
告白します。
私はひととき、テロリストである彼のようになりたかった。
真実を切りわける、そんな力のある存在に。
それを目指すがゆえにした、小さな悪徳は、他にも数えきれません。

満たされない愛にあこがれて、尊敬する人と不倫をしたり、浮気をしたり。
(どちらもとても詰まらない体験でした。こりごりだ)

bluebirdさんのなさっている計画に参加したのは、天から降ってきたようなラックでした。
本当にありがたい。
にもかかわらず、私は、昔に私に吹き込んだ魔王の死を聞いたとき、胸が痛んだ。
ぎゅっと締め付けられるように。

愛と憎しみの双方に愛されたかったのに、双方に見捨てられたような気持ちになりました。
それがあってから寝て、ガリバーと花畑の夢を見たのです。

人生が、まるで今日から始まったみたいだ。
こんなに駄目な人間なのに、よい夢をありがとうございました。

594 名前: みつる 投稿日: 2004/12/21(火) 19:41 [ yqnu2d9o ]
>>569 bluebirdさん
あのですね。
私にも心当たりがあるのです。
小学校の卒業式予行練習。
髪の毛を触ることも、手を顔に持っていくこともできない。
記憶の中では、動くと先生に怒られた…わけではないようなんですけれども。
決まった時にしか座ったり立ったりできない。歌う時ぐらいにしか立たせてもらえない。
非常に制限された空間。
座ること、立つこと、声を出すことしかできず、
しかも、それをするには指示が要る。自由にすることが許されない。
もうつらいわしんどいわでいやで恐怖で。
それを「絶対に逃れられないもの」となぜか強く思っていて、
たとえ死んだとしても逃れられないものだと。
死んだ後にも卒業式予行練習があるのだと。
しかも予行練習だからもうずっと練習ばかり。恐怖!!
それってもしかして…
…そうなんでしょうね。
遠い所から今も。
1ヵ月ぐらい前から、「私は前世、とんでもないことをしたんだろうな」と予感をしていました。
傍若無人で、人をあしげにして。王さまか親分な気がします。
今までを振り返り、弱さを知り、弱いものは弱いというわけではない、という事を
知ることに重要な意味を持っていたかと思います。

…書いていて頭が痛くなりました。電車酔いではない筈。
というかですね、bluebirdさんからのレスを初めて見てから熱っぽいというかフラフラするのです。
あと、ここ数日で矯正視力が0.7から0.3におちたのです。右目がかすんでみえてしまったり。
おとといコンタクトサロンで測定したから間違いない!(あ…視力がさがったということが、です)
それにしても頭がぐんぐんします。ヤメロー、って抵抗してるのでしょう。
悪いものが抵抗しているのか、私自身がヤメテーって思っているのか。
いや、卒業式練習との関連があったらって、実際イヤーって思っています。認めます。
気付くべき時に気付き、知るべき時に知るだろう。感じるべき時に感じたのだろうから、
とわかっているつもりですなのですが…。頭が痛い。
bluebirdさん、ありがとうございます。
それだけ強力にはらわれている、というかいぶしだされているのでしょう。
いぶしだされて、わたしは、ここから、でしょうね。

595 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 20:19 [ DBynDPIQ ]
>>594みつるさん
>それを「絶対に逃れられないもの」となぜか強く思っていて、
たとえ死んだとしても逃れられないものだと。
死んだ後にも卒業式予行練習があるのだと。

そうですよ。死んだとしても逃れられないです。

>1ヵ月ぐらい前から、「私は前世、とんでもないことをしたんだろうな」と予感をしていました。
傍若無人で、人をあしげにして。王さまか親分な気がします。

はい。そうです。

>今までを振り返り、弱さを知り、弱いものは弱いというわけではない、という事を
知ることに重要な意味を持っていたかと思います。

そうですね。現世ではそれを学ばなければなりません。

>それにしても頭がぐんぐんします。ヤメロー、って抵抗してるのでしょう。
悪いものが抵抗しているのか、私自身がヤメテーって思っているのか。

その両方ですよ。熱っぽいのもフラフラするのも、私があなたに必要な霊的処置や
エネルギーを送っているからです。
いいですか。
この短時間で、これだけの気づきを得ることが、単純なこれだけの「言葉のやりとり」だけで
可能だなんて思わないでくださいね。そのカゲでいろんなことをやっているのです。
したがって、肉体症状や、精神面での変化、いろいろ起こります。
基本的にそれらは「わるいもの」ではありません。ですが、不安を感じられた場合は
書き込みをしてください。解説をします。

視力の低下は一時的なものだと思います。脳内によくないものがたくさん溜まっている。それを
出そうとしています。出すときには熱っぽくなる。熱っぽいためにその低下は起こっている。
悪いものが出れば、熱はおさまり、視力も回復するはずです。

悪いものは悪魔。しかしあなたの中に入り込んではいません。しかしラインが繋がっている。
あなたの魂も汚れています。だから「やめてー」と思ってしまう。

悪魔との繋がりが始まったのは現世ではないです。過去世で繋がった。
過去に悪魔に染められています。あなたのほうが悪魔を誘ったんです。悪魔の力が
欲しかったから。あなたは現世利益を得たいがために、悪魔を誘って悪魔と交わりました。
悪魔と交わったら、その人の魂に悪魔の魂が組み込まれます。その時組み込まれました。
あなたの半分は悪魔になりました。
その人生を終えたあと、あなたも炎に焼かれたのです、浄化するために。そして懇々とさとされ
悪魔と縁を切ることを誓いました。
しかし、、縁は切れなかった。その後の人生で、また何度も何度も悪魔と関係を持ちます。
そのたびに魂が悪魔に染められ、そして死後、浄化の火に焼かれるんです。

現世では、まだ悪魔に染まってはいません。しかし、繋がりはじめている。そのラインが
来ている。繋がりが濃くなったら、また悪魔がやってきて、あなたと交わることに
なるでしょう。
縁を切りたいですか?本気で?
火に何度も焼かれても、あなたは悪魔の誘惑に勝つことができませんでした。
悪魔から卒業しますか?どうしますか?本気ですか?やめるんですか?やめられるんですか?
と・・・あなたは今迫られています。
で、どうしたいのですか?
あちらに行きたいのなら、行ってもかまわない。

596 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 21:14 [ k6K6CDAo ]
>>bluebirdさん

魂の頃にした謀反が未遂だったので、私は罰を下された事に怒りを覚えていました。
「人間同士が殺し合っているのに」「実際に私の犠牲になった人はいないのに」
そんな身勝手な事ばかりを考えていました。

だけど、もしそれが起きてしまったらどうなったであろうか?
そういう視点から内省した事がありませんでした。
もし現実に起こさせてしまったら、私はどれほどの魂の進化を止めて…
あるいは退化させた事でしょうか。
あまりの罪の重さに打ちひしがれています。

そして、私の両親や夫、姑達から傷つけられた事だけを根に持っていて、
「彼らが謝罪したら許すのに」と何時も思っていました。
私が彼らに悪影響をもたらしていたなんて、想像する事すら無く。
私から進んで、彼らを許すなど考えもしませんでした。

bluebirdさん。そして神様。
どうか私をアドバイスを下さい。
私は、子どもが持つ魂に相応しい親になるためには、ただ罪を認める
だけでは足りないと思います。
罪が重すぎて、反省だけではとても足りないように思います。

期限が差し迫っているのに、もし今後も私のせいで子どもに悪影響を
与え続けるような事があれば、と思うだけで胸が引き裂かれそうです。
自分の無力を呪うより、自分のくだらないプライドを守るより、
時間の限り、子どものために(私が傷つけてきた人たちのために)、
出来うる限りの事を成し遂げたいです。
厚かましいお願いですが、何とぞよろしくお願いします。

魂が軽くなったような気がするのも、bluebirdさんや神様のお陰の
ように思います。
手助けして下さり、ありがとうございます。

597 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 21:19 [ k6K6CDAo ]
>596の追加
両親や夫や姑に「私が許す」のではなく、私が許しを請わなければならないのに、
また被害者意識で書き込んでしまいました。
どうかお許し下さい。

598 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 21:21 [ k6K6CDAo ]
私の課題は、罪を認める事。
そして、自分の狭量さを自覚し、器を広げるために、力を利用しないで
地道な努力をしていく事のように思えてきました。

599 名前: みつる 投稿日: 2004/12/21(火) 21:25 [ QxdAgEWQ ]
だめだよ、頼ってる、頼ってる
任せてる、任せてる
自分で見つけなきゃいけないのに!
配慮に甘えてるよ!
ごめんなさい、全部もう一度見ます!
そして書きます。私は今までチャンスをいただいてきた、なのに果たしえなかった!それは私のせい!
いつまでもいつまでも続くでしょう。いつ終わるともしれず。
いや、終着駅ではない「オワリ」が近いのかもしれない。
私は霊感はないから、いや、霊感がないようにしてもらっているのかもしれない
ないから事実を並べて考えることしかできない、その事実がそれだ。
わかってないわかってない、ぜんぜん。違う、わかろうとしてない!
今までヒントも沢山でているのに!
私、気が付きました。bluebirdさんは、「見せる」ことを前提にされている
私もほかの読んでいる方々が「読んでいる」のを意識して書くことを必要とされている。
「読ませて」くれているんです、私も読ませていただいていた!
ヒントはもうでていたんです。私はちゃんと受けようとしていない!

bluebirdさん >>595を読みました。
今日、一人であることから遠ざかってわかりました、
一人でいることの延長線に悪魔がいる。
悪魔だとその時、認識できませんでしたが、
私が見たのは、くろい、くらい、闇。
そこにつながっている。
まず私は人を知らない、
財を貯め込むだけ貯め込んで、財を収めた人を切り捨てた!現世だって!
人とは、収めるためのものだと思っている
だから人を知れと言われるのですね。
今日、人に、あたたかさを見つけた。
悪魔の側に居ちゃいけない、人を知りたい!
だって、できることがあって、それを助けてくれる存在が居てくださる!
決意を魂に刻み込んでいかなくてはならない。
今日だって、気を抜くと、ゆらりといつものユルいものが心に入ろうとした、
その時私は守護を信じた、役割を、
私は私のものではない、手を広げて広げて、手足になるんじゃないの、と
なぜだか知らずにそう、繰り返した。
そして帰りの電車では「ここに座るべき」という気がして座った、
隣の人は幅をとって広げる人で、腕が当たっていて私の不快な事、
なんでこんな…と思ったけれども思い返した、私は私であって私ではないと、
私には導く方がいるから、私を介して、彼女は守護を得ているのだと
私が居ることが必要なのだと。
その時もあのいいかげんなユルいものの影が差そうとしていた、
それをはらうために、体験をさせてくれさえもしてくれた。
まだ薄いのです、薄い決意、刻む必要がある、すぐに!
刻み方はbluebirdさんにこれからアドバイスをもらうんじゃない、
もうヒントはでているのだから受けとめていかなくてはならない。
私はわかっちゃいない、加護も感謝も、
私の考えだけでは道は途中でも、ここにとても到達できなかった
書き込む前から力をいただいていたのですね。
おぼろげながらに頭に浮かんだ傍若無人な男。
今は、さらにくっきり見える。イメージのようだが、認めたくないからイメージだと思おうとしている。
前世の自称王だか何だか知らないが、少人数の汚い集まりの上の位置する汚い男、
その心持ち付いた筋肉は、人を殺すため、人を叩き壊すためについている、
くらい雲の下、赤紫の高い切り立った崖のすぐそばをふらふらと踊ってるんだかなんだかしている、まるでタロットのフールのような人、女、
それぞれ前世の私と今の私、
ではない!両方とも私の魂だ!
溶岩のようにぐらぐらして、不満が渦巻いている、そこだ!

600 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/21(火) 21:35 [ PsW7cKCw ]
注:激しく長いです。

前回もそう、今回もそう。

「いつもいつも、どうしてこう思ったとおりにいかないんだ」

私の今までの人生を一言で言えばこうなります。
もちろん上手くいった時もあります。ですがそういう出来事はほとんど印象に残っていません。
印象にあるのは理想と現実のギャップばかり。どうして?なぜ?

そして、絶望と葛藤から生み出されたものは
「傷つきたくない」
「(楽して)優越感を得たい」
という私を縛り付ける鎖でした。
ここを足がかりに考えてみたいと思います。

1)「傷つきたくない」という鎖
この考えが生まれたのは中学生の時です。出来事自体は非常に些細なことでした。
・小学生の時のノリで変に目立つ行為(自業自得です)をした事。
・部活において、ほとんどサボっていたにもかからわず変に目立ったために他の部員から疎まれたこと。
もともと妙に目立ちたがりだった私には大打撃でした。当時の私には後悔の念しかなかったと思います。
私自身、この頃を闇の時代と呼んでいるほどです。
この出来事以来、私は出来るだけ前に出ることを止めました。
前に出たって良いことない。だって傷つくだけだから。前に出て傷つくぐらいなら無個性、無関心の方が良い、と。
この考えは年を追う毎に強くなっていき、そしてそれは急激に絶望へと変貌しました。
個性を無くした私の前に強烈な個性を持った人が大勢いたからです。
ぼやけていた私とは対照的に、みんな生気にあふれ、光に輝いていました。

私は思います。「なんてオレは中途半端なんだ」
2回目の大打撃です。傷つきたくないと思うあまり、何のとりえも無い人間になってしまった。
当たり前です。自分から無個性になろうとしたんですから。努力も何にもしないダメ人間がそこにはいました。
傷つきたくない。でも、中途半端は嫌だ、自分も目立つような個性が欲しい。どうしたらいいんだ。
この矛盾した考えを持っていた私は結局、以前からしていたある悪い行いをします。
そして、当然の様にその報いを受けます。

2)「(楽して)優越感を得たい」という鎖
私は「努力」という言葉に実感を持ったことはありません。今までの人生のほとんどにおいて
適当にやっていました。なぜなら、そんなに努力しなくても今までやってこれたからです(その影にどれだけの
助けがあったかも知らずに)。今も誘惑に流される毎日。当たり前の事が当たり前に出来ることの感謝の欠如。

無個性、無関心、無努力になった私が最後に逃げ込んだのは、人の道に外れる事でした。
その行いは小学生からはじまっています。その行いは私をヒーローにしました。急に目立つ存在になったという
優越感。それは甘い蜜。しかしそれには毒がある。皆がいくらダメだといっても止められない。
正直に言います。私はつい最近までその行いを止められなった。どんなに制裁を受けても、人が見ていないことを
いいことに。

私は思います。私はまだ全然反省をしていない。多くの助けに対してお返しをしていない。誠意すら見せていない。
目をそらしている。それは心からの謝罪。

「お前は人の心がわかっていない。」そう言われた事があります。
酷くショックを受けました。そして、必死で人の心を読もうとしました。
わからない。人の心に無関心でいすぎたのか、相手の心が全然わからないのです。
-------------------------------------------------------------------------------------
これはこのスレに書きたくて堪らなかったことです。
bluebirdさんは胃から喉にかけてのチャクラに問題がある、と仰りました。
『「胃」は内面の力、「心臓」は感情の力、「喉」は意思の力の象徴』と本で知りました。
人の人生が、何かを学ぶためにあるとするならば、私の人生は「心」とは何かを学ぶ為にある気がしています。
bluebirdさん、どうでしょうか。

601 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 21:52 [ k6K6CDAo ]
このスレを読み返して、見落とした分を探しています。

実は>147で、すでにbluebirdさんからご指摘頂いていたにもかかわらず、
その時の私は表面のほんの上澄みしか見ませんでした。
読み返すほど、私の浅はかさに恥ずかしくなります。

bluebirdさんと神様が、このスレにいらっしゃる方々に送っている
とても深く、厳しい愛に、心から感謝します。
ありがとうございます。

602 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 22:09 [ DBynDPIQ ]
>>600アリーシャさん
>「いつもいつも、どうしてこう思ったとおりにいかないんだ」

それがふつうなんですよ。ふつうのひとは思った通りにいかない人生がふつう。そう
思うのはあなたが術を使って「思った通り」にしてきたからです。

>「傷つきたくない」
「(楽して)優越感を得たい」

あなたはいつも、そう思って人生を過ごしてきたんです。

>「お前は人の心がわかっていない。」そう言われた事があります。
酷くショックを受けました。そして、必死で人の心を読もうとしました。
わからない。人の心に無関心でいすぎたのか、相手の心が全然わからないのです。

なぜそうなったか。
あなたは過去、術を使って人の心を読んでいました。読むだけならまだしも。読んだことを
もとに自分の利益を図りました。心が読めたら、それはいろんな面で利益を得ることが
できます。あなたはそれをやった。何度も何度も。バレないですから。旨味を知ったあなたは
それを止めることができません。
利益を得ただけではありません。女性の気持ちも読み、気に入った女性の心を掴むため
別の術を使いました。これも何度も何度も。気に入った女性を手に入れる旨味を知った
あなたはそれも止めることができません。
カネも女も手に入る。次に手に入れたいのは名誉です。
あなたは目立つことが好きです。目立って人からちやほやされるのが大好きです。
ですから名誉を手にいれるためにも術を使いました。それを止めることができませんでした。

再生しても再生しても繰り返す。
何度諌められても繰り返す。

現世ではさすがに神さまは甘い顔をお見せにならなかった。
能力はすべて取り上げ。人の心はぜったいに読めないように神さまは封印を掛けられました。
あなたは基本的に臆病な人です。神のお怒りを感じたあなたは、波動の感知に自分で
封印を掛けてしまいます。オカルトの世界に近づかないためには、それぐらいしなければ
と思ったんです。今度同じことを繰り返したら、、もう二度と・・・・とあなたは神さま
から最後通告を受けています。二度と、のあとはここに書いてはいけない、と神さまが
おっしゃっています。それは自分で思い出しなさい。

603 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/21(火) 22:21 [ k6K6CDAo ]
これは書くべきかどうか迷いました。
花束さんのテーマ「愛」が心に響かないのは、私に「愛」がないから。
アリーシャさんの「傷つきたくない」に反応するのは、私の根本にも
それがあるからかもしれない、と気づかせていただきました。

>アリーシャさん
私から「似ている」と書かれ、もしかするとショックを受けられたかも
しれない。
もしそうだったら、ごめんなさい。

604 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/21(火) 22:23 [ DBynDPIQ ]
>花束さん

飛ぶまえに、ひとつ言っておく。
魂の癖はかんたんに抜けない。
何度も揺り戻しが来る。
しかし戻ってはいけない。
あなたをここまで
引き返させるため
どれほどの神々が
動いたか。
想像もできないだろう。
10や20の数ではない。
その尽力を
無駄にするな。
あなたにはそれだけの
加護を受けた
責任というものが
ある。

605 名前: みつる 投稿日: 2004/12/21(火) 22:35 [ R9A4GzGM ]
今日、あるひとつの「線」というか「紐」をみつけたんです、
ゆるいものとつながっているモノ
私の好きそうな、響きのいい「礼儀」、それによく似せて、
私をつかまえておく切り札としている。これがある限り私なぞすぐ引き戻せる
人によってはそれを簡単なこととしているが、
私には高リスクなもののように見える。ゆらりとしたもののかわりに、人の一部を受け入れるなんて!
そうしたら、私の時間は?金は?他人だから知らないって、切り捨てられなくなるんだよ?
その「紐」っていうのは敬語のことなんだよ。あとは一人でいる昼食の時間!
笑っちゃうでしょ。
今日、切ろうとしたけど、できなかった!リスクが大きいから!他人だって思えばどんなに気が楽かー
なっがい昼食の時間ぐらい好きなことさせてよ〜色々気にしてると疲れるんだよね〜
でも私は違うでしょ。
居るだけでも意味があるんだから。
私は私であって私ではないのだから。私を介する存在がいるんだから。手足になるんでしょ?
本当は傷つかないでしょ。
怖いのは、人じゃなくて、リスクでしょう。
抱えて、手を広げて、惜しまずに

あの、頭がいたいのと、まゆげの間にあったしかめるの、なおりました。
本当に、フフッって道が開けました。
それは本当にいろいろな所からのちからがありました。
bluebirdさんからの、送っていただいた、大きな、強力なちから
(bluebirdさんは太陽のようです。私は彗星だったけどその引力に引かれて引力圏内に入った。
レスしている人は恒星のような、「あ、あの星知ってる」って認識できるタイプの「名前がついている星」
読んでいる方々も引力圏内にいて、まわっています。太陽の熱をもう受けてます。
↑超能力がないので私のわかる事実を並べて考えてみました)
私を守護していただいている方のちから、
あとですね、アヒャヒャさんと花束さんの書き込みをから気付いたところが沢山ありましたよ、
アリーシャさんは潤う水のようです。(でている事実から導きだしました)
汚い自称王さま、テロリスト、なんですかこの極悪ヅラばっかり揃いやがってェー!!
(ごめんなさい、ふざけました)
私はまだ終わっていません。終わらせる!勝負だ!!
レスする前から23日に向けてなぜか焦っている自分がいましたが、
気付きが得られるとは思ってもいませんでした。
こうも自分がかわる…じゃないな、ちゃんと知ることができて。
23日という区切りをくださってありがとうございます。
期限がなかったら、ゆるりの誘惑がさらにまとわりついていたでしょう。
断ち切ります!
そしてこれから、揺らがないようにするために、受けとめをします。
感謝は受けとめおわって、改めたら!
これから本当に勝負だ!!

606 名前:投稿日: 2004/12/21(火) 23:55 [ 95AdqWD2 ]
皆様、こんばんは。

ここに書き込みされたたくさんの言葉の裏側にあったであろう
葛藤を思うと、胸が痛くなると同時に深く頭が下がります。
何度でも書きます。
苦しさを乗り越えて書き込みして下さった皆様、
本当に本当にありがとうございます。
皆様があるべき魂の姿を取り戻せますように。

神様は容赦なく厳しくて、でも限りなくお優しいですね。
そして、地球という星は何だかとても不思議です。

607 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 00:17 [ L9hMm0wM ]
自分で体験しないと他の人の気持ちが分からない。
bluebirdさんのレスを見て、私は逃げ出したくなった。
今までやってきた行いを全てリセットしたくなった。
何故なら、私は「人の心が読めること」に猛烈な憧れを抱いているから。
オカルト板に来てから気になった「チャクラ」という言葉。それを開けば超能力が得られると言う。
私は歓喜しました。これがあればもっと楽に生きられるじゃないか!と。
でも、臆病な私はもちろんそんな直接的には思いませんでした。
本音を建前で覆い隠すように、本音の表面に「チャクラがあれば霊的に高い道を歩める」
と言うベールをかけたのです。

今なら思う。心から思えているのか分からないけれど。(ええい、膿は出し切らないと化膿しっぱなしだぞ、俺!!)

私は過去世でも現世でも同じ罪を犯しました。
それは「盗む」ということ。対象が心から物に移っただけの事。
なぜ盗むことはいけないのか?それは人を傷つける行為だから。無断で人の領域に入ることは人を傷つけてしまう。
それは自分が一番良く知っている。「誰も俺を傷つけるな、手を触れるな」と思っているのに、
自分がやっていることはその傷つける行為そのものだったのです。

これが、私の魂の癖。どうしても抜け切らない汚れた膿。
情けない。情けなさ過ぎる。今までそれに気づかなかったなんて。
本当に申し訳ないです。傷つけて本当にごめんなさい。

今、彼女からメールが来ました。写メールで、彼女が笑っている写真でした。
私は彼女の髪の毛が短くなっているように見えたので「髪の毛切ったんだ、かわいいね」と言いました。
すると、「いや、切ってないから」と返されました。
また読み違えたみたいです。でも、人生そんなもの、それが普通なんですね。
和洋折衷な考えでアレ&ノロケなのですが、私にとって彼女は天使です。
私と違って感受性があり、TVで感動のシーンが数分流れるだけで泣いてます。
彼女といると私も心が戻った気になります。今では少しだけですが彼女と一緒に泣けるようになりました。
そのほか、色々な面で彼女には教えられることばかりです。
彼女は愛を言葉では出さない人だった。心が読めない私は愛を言葉で欲した。
彼女にあって私が無いものは全て私が、学ばなければならないものでした。

私はこの場を借りてお礼を言いたい。
ありがとう。本当にありがとう。やっぱりあなたは私に大事なことを気づかせてくれる存在でした。
おとといから遠距離恋愛になってしまいましたが、私は心は距離を越えると思っています。
そして、上手くいくかどうかは私次第だということもわかっています。
まだまだ、ヘタレだけど必ず変えていくから。

今度同じ事を繰り返したら・・・もう二度と心を持った存在に生まれ変わることはないと思いました。
「火の鳥 鳳凰偏」の茜丸の様に(私はなぜかこの作品に強烈に興味を惹かれるのです。)
権力と欲望に飲まれていく茜丸。まさに過去世の私ではないですか。

神様、私はもう心を弄ぶようなことはしたくない。この魂の癖をどうにかして抜きたい。
成長のためには傷つくこともある。楽して優越感を得ても、得るものは無い。それを体に叩き込みたい。

いつの時も、自分の身になって考えます。自分がされたらどう思うか考えて行動します。
(「〜しよう」じゃないんだ。これは断定でなければならない。頼む、魂。いうことを聞いてくれ)
どうかお許しをお願いします。

608 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 00:34 [ L9hMm0wM ]
>>アヒャヒャさん
ショックなんて受けるわけ無いじゃないですか。
私だってアヒャヒャさんのおかげで自分の心に気づく事ができたのですから。
アヒャヒャさんの逃げ出したくなる気持ち、わかります。人生やり直したいって思うんですよね。
でも、それでは何も変わらない。直視すること、それが唯一の道なんだと感じます。

>>406で私が書いた言葉、「抵抗すればあらわれる、受け入れれば消える」
これ、間違ってました。本当は「抵抗すればあらわれる、見つめれば消える」でした。
似たような言葉でも、今は意味が全然違うと感じます。

609 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 00:42 [ L9hMm0wM ]
連投本当にすみません。

>(「〜しよう」じゃないんだ。これは断定でなければならない。頼む、魂。いうことを聞いてくれ)
「〜しよう」と予定の形で思ったのは魂では無く、私なのかもしれません。
過去世と現世を比べて自分の人生のほうがまだマシだ、と思っていたみたいです。
なんという傲慢さでしょうか。私も魂も同じなのに。

610 名前: みつる 投稿日: 2004/12/22(水) 01:18 [ .lp.EWmg ]
私は…違いますね。
幼児のようなものです。
自分の飲むミルクさえ選んでもらっている。
それは私のためであるようで、そうではない、ようでいて。
どのミルクがいいとか、言える立場にないし、なにせ育てていただいている。
わたしはまだまだ傲慢で、無知。

611 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 01:36 [ yp26Ng6Q ]
今日、私の姫にお話してまいりました。
今まで誤魔化していたこと、変わりたいこと、時間がかかること。
小さく駄目な人間であることを忘れず、自分のために、本当に大事なもののために、地道に愛と善を探すこと。
もう、揺らいだとしても、戻らないと誓っていること。
かならずや、恋人を巻き込んでしまうだろうこと。
「昨日までのあなたは死んだと思うよ」
と言われました。
泣いていた。
彼女の不安を、導き、楽にしてあげたいと望む傲慢な私がいました。
導くのは神様の仕事。
その不安は彼女のもの。
楽になるかは未来が決める。
私の背負ってきた業の重みと、今まで助けていただいたことの重みを、少しずつ実感しています。
彼女とともに、歩めるところまで行ってみます。
砂の城を崩し、大きな荷物を背負い、大工さんをします。
彼女もまた、大きな荷物を背負った仲間ですから、一緒に頑張りたい。

皆様のレスに心が震え、時にはおののき、
bluebirdさんのレスに、考え込み、苦しみ、泣きました。
神様、感謝します。

懺悔の続きを。
過去を少し思い出しました。
私はやはり、記憶を物語にするたびに書き替えていた。
メッキの下に本当のことがありました。
私、夢には縁があるようで、あの夢は前世であろう…なんてことがヒントになっているみたいです。

612 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 02:15 [ yp26Ng6Q ]
思い出しているとき、吐き気がしました。
bluebirdさんの浄化でしょうか。
焼いても焼き足りない私は、まだまだ足りない。
それを清算するための人生です。

私、長生きすると思います。
一生、いろんなことで悩む。
早死になんてさせてもらえない。
死をもって償えるレベルじゃないなぁ…と、思い出したら思いました。

1.
村は宗教的な理由で、国から攻撃にあった。
親友と私は若かったので、逃げるように村長にはからわれた。
役人に二人は捕まった。
役人は私に銃を渡し、親友を撃つように命令し、私の首に銃をつけた。
私は教えにそむき、良心にそむき、恐怖に忠実に、銃を撃った。
親友は、恐怖と驚きと僅かに恨みのこもった目で、私を見て絶命した。
私は孤独になって、国を責めながら生きた。
たぶん死んだあとに、また焼かれ、私は少しだけ反省した。
「こんな目にあうのは、こりごりだ」と思ったから。

この時、私には宗教がありました。
丁寧に、導いていただいたにもかかわらず、私は手を血に染めた。
その不幸は、私が呼んだにもかかわらず、国を恨んだ。
テロリストな私は、国を恨むのが得意です。

不幸を私が呼んだと書きました。
確かに呼んだのです。
今世でも呼びました。
不幸になるためです。
憎しみを持つか試されるためです。
憎しみを愛す性を試されるためです。
また他人の不幸を呼び水に、私がすぐによこしまな真似をするので、私の周りの方は不幸である必要がありました。
よこしまな行為をするかどうか試されているのです。
私はすぐに悪いことをして、試した相手を恨む。
悪い癖です。

でも悪い私にも、素晴らしいラックが、常々用意されていました。
私が気付かなかっただけで。
過去世の親友も、本当に良い方でした。

613 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 02:33 [ yp26Ng6Q ]
愛とは何?!
何度も叫びながら生きてきました。
本当は知っている、大きな愛を、認められない。
認めると自分のできる愛は小さすぎることに気付くから。
すぐ大きいふりをする。
それが原因で、幾度も失敗をした。

2.
私は悪い商人で、偽物ばかりを本物と偽って売っていました。
客は皆満足し、私は自らの商才に酔っていました。
商才というより、だます力、知性…かな。
私を疑う正直者を馬鹿にしていました。
素敵な人に愛されました。
私は怪しげな術を使えて、私を疑う正直者を騙しました。
騙す術のために、素敵な恋人を利用しました。
なんにも悪いと思っていませんでした。
素敵な恋人は、望んで協力しているように見えたからです。
真相は私が悪をやりきるためには、彼女が犠牲にならざるをえなかった…というところだと思います。
この人は、長生きできなかったと思います。
罰はうけましたが、相変わらず反省してません。
今私は、あの素晴らしい女性に、ごめんなさいと言わなかったことを悔やみます。

私にとって、知性は甘い蜜です。
今の私も、悪に近づいたことが何度かあります。
悪に近づくと、知性を得られるのです。
ある時はテクニックとして。
ある時は教訓として。
今世では、教訓もずいぶん得ましたが、私にとって一番魅力的なのは、悪のテクニックです。
楽で幸せに生きる魅惑の知恵が、そこにある。
私の知性は、過去に比べるとずいぶん落ちています。
私の課題のハードルが低くなっている。
その代わり、長距離走で罪を償わなければなりません。

614 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 02:54 [ yp26Ng6Q ]
見ようによっては電波な書き込みばかりですが、どうかお許しを。
この言葉にふくまれる真実を、いくばくかでも感じてくださった人に、感謝いたします。
思い出すことをサポートしてくださる神様、感謝いたします。

3.
少しまともに生きた前世があります。
大変善良で知的な方を師匠に持ちました。
国の歴史と思想について学んでいました。
国と師匠を誇りとしていました。
悪漢がやってきて、師匠を討とうとしました。
悪漢は偶然という名の必然のもと、私の前にやってきました。
師匠を出せといいました。
私は師匠のもとに案内すべきか逡巡しましたが、ならぬと言いました。
死ぬことが美学だったので。
殺されました。
相変わらず知性に弱く、師匠という存在に頼りやすい私。
そんな私向きの人生でしたから、少しはマシに生きられました。
死んだあと、神様は私に様々な種明かしをなさいました。
次は、どうしたいかと問われ、私は答えました。
「もっと良きものを学びたい!」と。
「良きものを学べ」と、神様はおっしゃいました。

死をもって償うのはこの人生でおわり。
死で償うのは、比較的楽な人生みたいです。
私が「良いもの」に興味を持つようになったのは、この時の師匠や神様のおかげです。

息切れしそう。
まだ、テロリストだった大昔の結末がしっかり思い出せない。
推理は正しくても、実感できていない。
思い出します。

615 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 04:01 [ OA0Sw096 ]
寝る前に。そしてbluebirdさんの答えが来る前に。
非常に迷いましたが、今しがた自分の心の封印を解除する宣言をしました。
もしかしたらまだ封印は解除できていない(まだ何かを気づく必要がある)のかもしれません。
でも、どうしても言いたかった。言わなければならなかった。
なぜなら扉はもう目の前にあるんです。目の前に。扉を開けるのは自分次第。もうだれも背中を押してはくれない。
後ろを振り向けば、今まで私を助けてくださった方々がいる。
ふいに扉の前に連れてきてくださったのは私自身ではなく、彼らなのだと気づく。
恐怖はあります。とてつもない恐怖です。でも、もう同じ事を繰り返したくない。
本当の心を知りたいのです。謝罪を。感謝を。努力することの大切さを。

宣言の後、私は私の身の回りの物に感謝と謝罪をしました。
私が無節操に壊していった物達にも。

616 名前: 571 投稿日: 2004/12/22(水) 04:39 [ SZsORMSI ]
HMはシロウにしました。 皆さん、よろしくお願いします。

bluebirdさんから「HNを...」とのレスをいただいたのを見た時は正直に言って
「まいったな〜」と思い、今後どんな自分を見なくてはならないのかと考えると
うっすら涙が出ました。

「HNを...」と促されるのは特別な人間だけだと思っていた私は、とてもその
言葉が欲しかった。 しかし、普通に生活できる有難さに気づき、更にアヒャヒャ
さんがたの葛藤を目の当たりにして「特別」は大変だ、面倒だ、耐え難い事だと
思った頃に、その言葉をいただいたので怖気づいているのです。

617 名前: シロウ(571) 投稿日: 2004/12/22(水) 05:05 [ SZsORMSI ]
2回目のカキコをしたらだいぶ落ち着きました。実は、このスレが書き込み初体験
なんです。

えーと、皆さんに習って自分の嫌な面を箇条書きにしてみました。

・何とか理由をつけて、やるべき事から逃げよう逃げようとする。
・何らかのヌケ道を作って、自分の決めた事(約束事)をなし崩しにする。
・自分で動かず、天から幸運が舞い降りるのを待つタイプ。
・告げ口屋...両親の死後、2人の姉と暮らしていますが、姉たちの仲を取り持つ
 ためと理由づけて告げ口をする。わざと大げさに言うこともある。

ここまで書いてフト思い浮かびました。
 →自分は影に隠れて、他の実力者を口八丁で操り利益を得ようとした、その上
  そうする事で自分の方が上等な存在だと ほくそ笑んでいた過去がある?

618 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 05:17 [ yp26Ng6Q ]
一晩にいくつも長文をすいません。
思い出したので書きます。
体中が違和感でいっぱいです。

このスレにいらっしゃる全ての方に、祈りを捧げたいのですが、正直そんな余裕がありません。
でも少しだけ。

「気付いて良かった」
心底そう思う。

「私より苦しんでいるあなたへ。
私は小さな人間だから、私は無意識であなたに競争を吹き掛けたかもしれません。お気付きですか?
競争は間違っていました。すいません。
私は何も勝っていない。むしろあなたに劣っていると感じています。
私はあなたに学びました」

4.
魔王の手先となった私は、仲間を作る役目をしました。
私は善良で無知な者に悪をふきこみ、付け入る隙のある者の悪を育てました。
少ない仲間に、魔王から聞いた作戦を伝え、計画は実行されました。
叶う筈もない相手だったようです。
失敗し、魔王からは「役立たずは死ね」と言われました。
その台詞は、私が裏切った仲間(善なるものに戻った方)に吐いた台詞と同じでした。
プライドの高い私は、自らの台詞で責められるショックを受けました。
見捨てられたショックも多少あったと思います。

縛られ、焼かれている間に、いろんなことがありました。
好きな人に会えなくて、それがまず辛かった。
それで私は、神様に言いました。
「放してくれよ。俺はあんたの役に立つ。魔王にはもう従わないよ」
しかし神様は、
「取り引きをするつもりか」
と、お怒りになりました。

また長いこと焼かれていると、あの博愛の人がやってきました。
「おい、あんたから頼んでくれよ。俺を離せって。俺はもう悪くない」
博愛の人は首を小さく振りました。残念そうに。
私は怒りました。
「役立たず!哀れみにきたのか!呪ってやる!」
博愛の人は去りました。
「焼いても焼いても焼き足りぬ」
と、神様がおっしゃいました。

次にたくさんの人がきました。
かつての仲間達です。
ずいぶん魂を改善して、今度は私の姿に何かを学びにきたのでしょう。
みんな、哀れみ、恐れ、私を見ながらどよめきました。
「非難の目か!哀れみの目か!同じ穴のムジナめ!散れっ消えろっ」
悪鬼のごとく叫びました。
このころには、ほとんど体力はなかったのですが、衆人の目に晒されて、すさまじい怒りが湧いたのです。

孤独になりたい。
いや、消えてしまいたい。
無になりたい。
無にしてくれ。
「俺を消してくれ」
私は、頼みました。
「ならぬ」
と、神様はおっしゃいました。
「俺は間違っていたよ」
恨みは消えていません。
憎しみも消えていません。
ただ、もう体力がなかった。
頼みの知性もなかった。
あるのは忌まわしい肉体と感情だけで、間違っていると認めざるをえなかった。

よくよくプライドの高い私は、このシーンを思い出すのが嫌でした。

火が止められました。
「ゆけ、学べ、償え」
神様がおっしゃいました。

私はその後、幾度も生まれ変わり、何度も失敗し、時々学びを深めました。
おそらく償ったことは一度もありません。

619 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/22(水) 06:30 [ xEHD2cnI ]
>>616
おお、シロウさんだったのね(笑)。お久しぶりw。
あなたの魂はここで「するべきこと」をする。そのつもりでハラをくくっていますよ。
涙でましたか?まぁ、泣きたかったら泣いてください。
分析はだいたい良いです。しかし抉るのは、もうすこしさき。じっくり「自分について」
考えてみてね。

620 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/22(水) 08:44 [ .0qsW2oY ]
昨日、お導きだと思えるような出来事がありました。

神に自分の無力さを受け入れた事と、どのような罰でも受けます、と
決めた事をお伝えしました。
自ら犯した罪の重さに潰れて、「私はそれで謝罪しました」と今の状態を
解除する事を何度も選びたくなりましたが、子どもへの思いと、子どもが
こんな私を支えてくれた事実を杖に、全然無い勇気を奮い立たせようとしました。
そんな勇気など、今までの私にはなかったのに…。
ふと網の目のような何かの中にいる自分を感じ、「私が無意識で力を使っていたと
しても、どれほど私の力が容易く周囲の人に影響を与えてきたのだろうか?」と
いう問いに、私は自分の愚かさを更に突きつけられたように思いました。

ふと、今までしようとしなかった「相手の魂に語りかけるように、思いを伝える」事を
まずは子どもと夫相手に試したくなりました。
子は、ふんわりした優しさで私を包み、夫は厳しい世間からの重圧を軽減すべく
私たちを守ろうとしている壁のような存在に思えました。
私は、彼らに何をしてきたのか?
少なくても、そのような思いで彼らに接した事はない。
だけど、「私はどうせ駄目なんだ」では、先に進めない…そう気づき、
私の魂の汚れが、彼らを汚さないように祈りながら、彼らに私は言葉で
「私の家族でいてくれて、本当にありがとう」と伝えました。

過去ログで、私は何度もbluebirdさんから警告されていた。
なのに、私はそれすらも表面上の事しかとらえなかった。
これが「過去の私」が歩んできた事と同じだと気づきました。
まだ途中なのですが、残された時間、出来る範囲でこの掲示板に書かれた言葉に
秘められた思いをくみ取りたいと思います。

焦燥感で頭が一杯になりそうになりながらも、「私は感情コントロールが
下手くそなのだから」と意識して、bluebirdさんからのレスをただ待つのでは
なく、「必要があれば、bluebirdさんは私にレスを下さるだろう」と思うようにし、
魂へは「レスが無くても、bluebirdさんの元に苦情を言いに行かないでね」と
何度も告げました。
多分魂は、bluebirdさんの所へ苦情を言いに行っていない…(自信がない)、
ように思います。
軽くなった魂と私は同化しつつあるように感じ、そして私が最も足りなかった
物の一つ「相手を信頼する気持ち」を少し取り戻せたような気がしました。
私が魂を、魂が私を信頼しない限り、他の誰かを信頼出来ないと、気づかせて
頂きました。

621 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/22(水) 09:13 [ .0qsW2oY ]
夜、一人で過ごす時間が出来たので、星の事を考えてみました。
すると自分の意識がスッと見知らぬ星へ連れて行かれたような気がしました。
一ヶ所目は、淡いパステルグリーンに包まれた人たちが沢山いる場所。
空気も、その人たちが持つ雰囲気もとても穏やかで、粉砂糖よりも細かな粒子が
その星全体を包んでいました。

二ヶ所目は、荒涼とした、魂が一つもない死の星。
かつて私もそこにいたそうです。
側にいてくれたガイドさんに「私も含め、人々が滅亡を望んだから、
この結果になったのですか?」と尋ねたら、「そう」だと答えて下さいました。

そこで私の体に戻ったのですが、私の雰囲気が暗赤色の、沢山の大きな
ドットに囲まれているように見えました。
多分、最初の星は、私がかつていた場所で、「確かに今の私は戻れない
(誰も戻しようがない)」と気づきました。

そこで、自分を紅蓮の炎で焼くイメージで包んでみました。
私が作り出したイメージなので、熱くありませんでしたが、全身が痛みました。
長い間のように思えたけれど、実際はほんの数秒ほど経過した後、誰かに
金色に光る液体に放り込まれました。
「溺れるの?」と思ううちに、息が出来る事に気づき、全身の痛みが消えて
いくように感じ、体に纏わりついていたドットが少し消えたような気がしました。

その後、ガイドさんが「これを参考にするように」と、私の手のひらに
「パステルグリーンの粉」を少し分けて下さいました。
これを見た時、「全身に振りかけても意味がない。私はこの粉を増やさないと
ならない。その為にはもっと私自身が変わらなければならない」と思いました。
その粉は、あっという間に手のひらに吸い込まれました。
粉の量が増えるかどうかは、試験の結果次第ではなく、その後の私の生き方
次第に思え、今回の出来事を魂に刻むように意識しました。

沢山の出来事についていくのが精いっぱいでしたが、改めて書き出すうちに、
私のような者にも大きな愛に包まれている実感を得られました。
今は、逃避続けた私の垢を落とすのが精いっぱいだけど、今回の出来事は
一生忘れないように、意識し続けていきたい。

神様。あなたの愛を感じ取れなかったのは、私が経験から学ぼうとしなかった
狭量さが原因で、誰のせいでもありません。
私を導き下さった事、何度も追試をして下さった事。
沢山の出来事を体験させて頂けた事。
ありがとうございます。

そして、現在や過去の私や魂の浅はかさで傷つけてしまった人たちに、
ごめんなさい、と思います。
…こう書きながらも、情けない事に心の何処かでまだ逃げようとしています。
ならば、私は自分の汚さを皆さんに読んでいただく事で、くだらないプライドを
破壊していきます。

622 名前: アヒャヒャ (ZsKJJs62) 投稿日: 2004/12/22(水) 09:33 [ .0qsW2oY ]
>>608=アリーシャさん
>人生やり直したいって思うんですよね。
>でも、それでは何も変わらない。直視すること、それが唯一の道なんだと感じます。

私の書き込みを、傲慢な思いを許してくれて、本当にありがとう。
そして背中を押してくれて、ありがとう。
私もアリーシャさんの書き込みを読んで、すぐに消えそうになる勇気を
奮い立たせる「何か」を頂けたような気がしました。
…今はお互いに頑張りましょうね。 気の利いた事を書けなくてごめんね。

今ROMして下さっている皆さまに、私の心の汚さが沢山詰まった文章を読んで
下さり、ありがとうございます。
私の毒が、あなたの魂を汚さないよう、心から祈らせて下さいね。

そして、こちらに書き込んでいらっしゃる方々にも、心からの感謝を。
私一人なら、ここまでたどり着く事すら出来なかったように思えます。
「一人ではない」その気持ちは、かつて私は持った事がありませんでした。
私の頑なさを和らげて下さったのは、皆さんのお陰です。
ありがとうございます。

623 名前: 花束 投稿日: 2004/12/22(水) 14:31 [ yp26Ng6Q ]
憎しみを愛すことを、一朝一夕にやめられると思ったら間違いでした。
「自分に同情すんな」
と、何度も修正する必要がでてくる。
過去を思い出しても、最初は純粋に反省していたつもりが、だんだん同情してるのです。
「可愛そうな奴め」と。
「なわけあるか!」と、叫ばねば、何度も。

焼かれているような気持ち、吐きたいような感覚、体のそこかしこが痛い感じ…
私もオカルトのオの字もなかったのに、すごい体感で、否定しようがない。

ところで、状況によって痛む部位が違う気がします。
私の場合、右か左か、手か足かでかなり意味が違うような…

左なら、反省せよ、そこから離れろ。
右なら、探し求めよ、そこへ行け。
昔から似た傾向があって、親友のことで悩むと右手が、恋人のことで悩むと左手が痛い。
また、足か手かにも意味があって…
足なら土台。過去に関すること。
手なら現在。もしくは未来に関すること。
うーん、激しく不思議。

私は、自分の判断を盲信できなくなったため、何かしようとするたびに、
「為すべきですか、為さぬべきですか」
と天に向かって問い掛けることが続いております。
時には「為せ」
時には「為すな」
時には「思考せよ」
と感じます。
それが自分の気分や好みと違っても、従うようにしています。
今度は天からの言葉を、痛みで伝えられてるのかな?

でもこの霊感、私のような悪魔目指した悪人あがりの人間は、他人のために使ってはならないような…
使ったら、手痛いしっぺ返しがくる気がする。
また私にこの援助が必要なくなったら、神様はまた見守る存在になられるのかも。
そしてまた試される?
いつまでも痛み占いに頼らせていただけるは、謎。

神を畏れる。怖れる。
その気持ちはなかったから、また不思議。
神様と平等になりたい不遜で矮小な人間でした。
なんだかいっきに信心深くなった気持ちです。

今、壺買えと言われたら買うかも(w
いや、誰も売りやしないでしょうけど。
金で幸せになるなんて、楽は許されない。

624 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 14:33 [ 9o/aW3z6 ]
注:激しく電波です。取り扱いにご注意ください。

告白します。
私はこうして懺悔をしている中で、それでもまだ疑問を抱いていることがあります。
それは、間違いなく私の魂の癖から来ていること。楽をしたい、傷つきたくないと言う思いから。
間違いなく傲慢でしょう。それでも、この思いに区切りがつかなければ次には進めない。
いくら頭で打ち消そうとしても、いつかは頭をもたげてくる。だったらここでぶちまけよう。
その思いとは何か。

全てが導きだったとするならば、私に「神との対話」を読ませたのは何故?
そこに書かれていること、それは「神は全てを受け入れる存在だ」と言うこと。
なぜなら、「神」はこの世に存在する全てである。
物理的な存在のみならず、概念的な存在(上下左右、現在過去未来など)も全て私であると。

私は否定をしない。なぜなら存在の一部を否定することは自分を否定することと同じなのだ。
だから、この世で悪とされていること、悪魔、傲慢、嫉妬、不安、全てを否定しないと言っているんです。
「神」は「愛そのもの」である。だから、私は全てを愛する。
偶然などはない。出来事は起こるべくして起こっている。
あなたに出来るのは、選択。何を感じ、何を選び、何を捨てるかは自分自身が選択できる。
じゃあ何故bluebirdさんの神様は私に「次は無い」と命令するの?私に選択できないの?と。

bluebirdさんはこう仰りました。
>今度同じことを繰り返したら、、もう二度と・・・・とあなたは神さまから最後通告を受けています。
これは、神様はその大きな愛で私に因果を教えてくれているのですか?
「次に同じ過ちを犯したらこんな出来事が待っているから注意しなさい」と。
それとも、その神様が直々に下す、裁きですか?
「次に同じ過ちを犯したらこの制裁を受けよ。もうお前に選択の自由はない」と。

・・・すいません。ここまで書いてなんですが、突然自分自身の文に違和感を覚えました。

>それとも、その神様が直々に下す、裁きですか?

なぜか私は「制裁」が待っていると思っている。それは罰だと感じている。
なぜだ?神様は「制裁」だと言っていないのに。
思っているのは、私自身。

「神」は全てであるのだから、因果律も神である。
神はただ、その因果律を忠実に行っているに過ぎないのではないか。
その出来事が自分にとって「制裁」ならばそれは「制裁」なんだ。
「命令」と感じたのは多分私がまだ反省していない証拠。
本当に大事なことに気づいていない。

私は起こる出来事に対して想い、そして選択することができる。
そして因果は繰り返してゆく。

想うこと、そこから全てが始まる。
自ら心を封印した私が気づくべきことはこれなのかもしれません。

625 名前:投稿日: 2004/12/22(水) 14:40 [ xl3HlaGE ]
突然の書き込みお許し下さい。
私は以前BBSに書き込んで手痛く放りだされた者です。(私が無神経だったのがいけなかったのですが)
あの時bluebirdさんから少しレスを頂いていましたが、そのままあのBBSを出て行きました。
その後すぐにあるスレのお世話になりました。
霊的なものと云うよりは私の心の弱さが全ての原因であり、その結果服毒自殺した女性の霊や
ショックだったのが大きな顔の黒いドロドロしたものを漂わす邪悪なモノまで引き寄せていたとの事。
浄化と成敗をして頂いた時には守護して頂ける方がいなくなってしまったそうです。
その後お爺さん(私のお爺ちゃんかな?)がついて下さったようです。
又同じ過ちを犯さないようにとそのスレの皆様にご教授いただきました。

でも以前から気になっていた「白い着物のお爺さん」
bluebirdさんが それは私ですよ と言ってくださった。
あの件はやはりそうなのでしょうか。
とんでもないモノに憑かれた(私が呼び寄せたのですが)その間も黙ってニコニコと現れてくださって
守ってくださっていた方。大難どころか小難もありませんでした。
bluebirdさんにお会い出来て、あの騒動も、その後私を諭して救って下さった方々との出会い。。。
全てはbluebirdさんのお取り計らいであったのではないかと。。。 
bluebirdさん、救って下さった方々、そして神仏。イエ皆さん神仏であったのですね。
今本当に「3歩歩いて2歩下がる」亀の如く、自分を人を見つめ歩いているつもりです。
マダマダ良からぬ思いが頭をよぎる事もありますが、今度こそ人の道に外れないよう
少しはマシな人間になりたいと思います。
その経緯とお礼を申し上げたくて書き込みさせて頂きました。
その節は本当にありがとうございました。感謝しております。

アヒャヒャさん、花束さん
私も同じかもしれない。 bluebirdさん悪を呼び寄せておられたようですし(苦笑
ここ数日のbluebirdさんとのやり取りを拝見させていただいて身につまされる思いでした。
・・・もの凄い苦しみなのでしょうね・・・慟哭・・・
お体には気をつけて下さいね。  こんな事しか書けないです。ごめんなさい。

前にも増して 不躾な突然の書き込み失礼致しました。

626 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 14:41 [ 9o/aW3z6 ]
すいません、ごめんなさい。
書き込んだ後にいっつも思うんですが、正直言って自分の文は

読んでいる人のことを考えていない

話が飛び飛びで読み辛い事この上ない。毎回文が破綻しないように書いているつもりなんですが、
しっかり破綻してますね。想いを人に伝えるのは難しいです。

すいません。努力して直していきますのでどうか生暖かい目で見守っていてください。

627 名前:投稿日: 2004/12/22(水) 17:07 [ xl3HlaGE ]
再度ここ数日の皆さんのレスを読み返して。。。
私はやはりbluebirdさんに召集を掛けられた気がしてきました。

アリーシャさん
奥底の、アリーシャさんとbluebirdさんにしか解らない事は別として
文面的には解りますよ。

628 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/22(水) 18:21 [ 6cgbR4sM ]
レスが凪状態なので、書かせてくださいね。(連投になりそうです)

>>622アヒャヒャさん

こちらこそ、ありがとうございました。
私は、自宅仕事でパソコン使用ということもあり、貴女とbluebirdさんとのやりとり
を、ほぼリアルタイムでロムしていました。
…涙がでていました。自分の中の様々なものを認めて、気がついていく課程は
ものすごく辛いことです。私自身は、地球で、この日本で肉体をもって現実の生活を
やっていくということを、今学んでいる真っ最中なので、宇宙的なものや前世や能力など
は、自分の今まで生きてきた課程の小さな、本当に小さなできごとから想像の翼を
拡げて、同調する…ということしかできませんが…貴女の書き込みとその課程は、
感動的ですらありました。(このような、表現がふさわしいかどうかは、わかりませんが)震える、というか。
実際、読んでいて胸や背中が時折、ぶるぶる、ぶるぶるっとしていました。その感覚は、いい、悪い、奇麗、汚いその他、対立事項として表現される言葉や内容からくるものではなかったというか。
私は、人が自分の中の何か(普通では悪いとされているもの)を吐き出すとき、
善悪を超えたカタルシスのようなものを感じてしまいます。
それは、本当に言葉で曰く言い難いと自分でも感じているのですが、本音のひたむきさが(それが辛さと命名されるものであっても)が伝わってくるのです。(あ、心配しないで下さいね。それは、少しだけでも同調させていただいてる私の喜びに近いので)そして、その時間読んでるときは、横レスになってしまうので、もう少し、もう少しだよ、きっと。アヒャヒャさんならきっと行き着ける、自分の姿に、と。なんで、こんなことを書いてるかというと、思わず祈らせてもらうという行為が、自分にとって喜びだと、あらためてわからせてもらえたから。
よかった、本当によかった、と心から思える状況は、私自身もまた嬉しいという
気持ちになれる機会を与えてもらっているから。何か、うまく書けないのですが…。

629 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/22(水) 18:28 [ 6cgbR4sM ]
ごめんなさい、コピペしてたらうっかりでアゲちゃいました(泣
続きです。

>アヒャヒャさん

>私の毒が、あなたの魂を汚さないよう
そんなことは、きっとありませんよ。それは、貴女があそこで自分を思い出していく(それがどんな悪といわれていることでも)
課程で、こちらもまた浄化されているというか。意識下、無意識下の何かが変わってきていると思っています。
それが、どんな形ででるのか、自分ではわからないし、ここのところ、うまく表現できないんですが。
だって、「気が付いて認めた」時点で、私にとっては善悪超えた何かになっている感覚が流れ込んでくる気がして。
それが、涙や体感になったりするのかもしれません。


本当は、何故上記のことを感じるまでになったのか(今までの自分)を別に書いている
途中だったのですが(終ったらコピペするつもりで)、終りそうになく、また私自身、
魂の問題以前に、肉体を持って、時間というものを自分で仕切って(フリーなんで)、
日々の生活、仕事をやる、という基本中の基本ができていないので
(私の場合は、時として目の前の現実(締め切りや、時間的にやらねばならないこと)
から逃げるために、精神世界に関わるというかつてのクセがまだ抜けていないところがあるので)、
このまままたロムに戻りますね。

…って自分がいただいた>「とろりと溶ける」ってメッセージ、まだ感じ考えきってないし(泣

これは、午前中に書いたのですが、外出する用事があり、
帰ってからもコピペするか迷いに迷ったのですが、カキコしてしまいます…。

アヒャヒャさん、ありがとう。
多分、私も悪魔繋がりですw

630 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/22(水) 18:30 [ 6cgbR4sM ]
訂正です
課程→過程

631 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/22(水) 23:25 [ cqefuZvA ]
突然横レス失礼します。皆さまこんばんは。
以前のBBS住人のひとりです。
Bluebirdさん、その節はありがとうございました。
このBBSからしばらく離れていたのですが、今朝
「彼女のもとへ戻るように」とメッセージを受けた気がしてここへ来ました。
私の勘違いでしたらすみません。私自身も「?」と思いつつ、書き込みすることにしました。

632 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 23:37 [ 9o/aW3z6 ]
>>601のアヒャヒャさんではありませんが、私も見落としていましたみたいです。
>>262で既にbluebirdさんから魂の癖について言われてた事に気づきました。
過去世でやりたい事をやりまくっていたら、今世でも同じ事が出来るのではって期待しますよね・・・。
その期待は儚く散ったわけですが(汗
心が読めなきゃ何にも出来ない人だったんですね、私。あぁ情け無い。

こんなこと書く必要が無いと思うんですが、だからこそ書き込みます。
今まで散々自分の得になることやってきたんですから。

633 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/22(水) 23:38 [ 9o/aW3z6 ]
私も訂正(汗

見落としていましたみたいです→見落としていたみたいです

634 名前: みつる 投稿日: 2004/12/23(木) 00:57 [ RnTaPQPQ ]
おろかでぶざまな私を見てください。
見苦しいですが、bluebirdさんと管理神様たちにいただいた、ちからと後押しに対して、
ほんのすこしですが気持ちをおかえしできたらと思います。
しかし書き込むことによって頭が整理できているので…やっぱり助けられてますね。
ありがとうございます。

可でも非でもないことについて。
「私がそこにいることで助けに」は、「そう思うこと」をとっかかりに、
しみ込ませようとしてくださったようです。
神の指導を信じること、
とび込む心意気と決意をさせること、
自分の存在について言えることは、ほかの人にも言える、それは、
言葉と、側にいることで、人は人の役に立つことができるということ。
人をめちゃくちゃにしてきた私が、わからなくてはならなかったことです。
ありがとうございます。人として大切なことを、一から教えてくださる。

今日(日付がかわってしまいましたが…22日をさします)のことを書きます。
朝、仕事場の席にて決意と緊張の中にいました。
私を導いて守護してくださっている方。
私を焼いてくださった方々、諭してくださった方々、
誓いを破りつづけた私に再び生を与えてチャンスをくださった方がた、
大変な思いをして産んでくれた母、大切に育ててくれた家族、
見守り、何度も力をかしてくれたbluebirdさんと神様たち。
私へのレスを読み返してみましたが、やさしくて適切な言葉ばかりです。
そのほか、私のしらない(わかってない)所で支えてくださっている存在がたくさんあるはず。
今日、ここにこうしていられるのは、なんとたくさんの方々のおかげか。
ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます…。
胸がいっぱいで泣けてしまって…。
…なかなか実行できる状態になりませんでした。(W

いきなり話し方を切り替えるのは性格上できないので、
職場の人にそれぞれ「敬語やめますよっ」と許可をとっていきました。
今まで、そんなことするあなたたちなんて私より下よっ!と下に見ていた人に同視点になる許しを乞う。
それこそが大きなことのように思います。
この職場の人たち、もしかしたら私が前世にあしげにした人たちかもしれない…。
導き手のかたは、敬語を全くやめることを決断させながら(いや、自分で決めた事です)、
敬語をやめさせることを求めたわけではないように思います。
それは当たり前かもしれませんが。
私はこれからについて、ふつふつ予感のようなものを感じてます。
しかし今は良心のままにやることをやるだけですね。

635 名前: 花束 投稿日: 2004/12/23(木) 01:08 [ PtSPVT6Q ]
ちっぽけな私。
責める立場じゃないのに、恋人を疑い、責めた。
でも、前よりマシ。
でも、全然駄目。
綺麗に取り繕っていたことを剥いだら、こんなに人間関係が苦手だったなんて。

自分の駄目さを自分で引き受ける。
恋人からもぎ取った報酬を恋人に返す。
許す仕事を天に返す。
恋人の駄目さを恋人に返す。
その上で、支え合う。
好かれる努力をするなら、意識して。
痛みに鈍感にならずに。
素直に、素直に…
反省を怠らず…

めげるものか。
しかし、気を抜くと、負けそうになる。
洞察して、結論をつけようと欲望する。
知るべきは他人ではなく、自分。
結論は私が一人で出すものではなく、私と相手と神様のはからいで出るもの。

最近、考えます。
私がこの世に生をうけた時、なんのために、あれほど無垢で、あれほど愚鈍であったのだろう。
その意味ははかりしれないです。
ちょっとまとまらないので、これを書くとしたら、またにしようかな。

>アヒャヒャさん
同じ星で、こうして会えてよかった。
でも、緑の星に帰れるように祈ります。
アヒャヒャさんの抱えるものは大きくて、どれほど産むのは大変だったでしょうか。
お子さんへの気持ち、痛々しいほど伝わってきた。
それから、私も、本当に人を愛せたことなんてないんです。
口癖のように「愛ってなんだ」って言ってる。
分からなくて、とんちんかんちんなことばかりしています。

>アリーシャさん
勇気のある方だ。
自ら足を踏み出して。
私は、身にまとった飾りを、飾りと気付かないくらい傲慢だったのに。
恋人、大切にしてください。
言われなくても、なさるんでしょうけど(笑)
私は、すぐに大切なものを、憎しみで壊す癖があるから…ちょっと羨ましい。
いや、羨んでる場合じゃないんですけど。
遠距離恋愛仲間ですね(w

>みつるさん
内容は違うけど、同じ時期に同じ場所で悩んでいる方として、なんだか不思議な思いで見ていました。
人に交わることを課題としていて、礼儀や「悪につながる紐」と格闘中の、恵み多きあなた。
人と交わって、隠れたところに問題を振りまきまくっている、矯正中悪魔な私(笑)
恵みが多いことについては、私も同じですな。
なんか…逆のような、同じような、不思議な感じがします。

636 名前: 花束 投稿日: 2004/12/23(木) 01:14 [ PtSPVT6Q ]
あわわ、みつるさんの最後のカキコはほぼ同時だったもので、読んでませんでした。

一山越えられたようで、よかったです。

えーと、やっぱり似てはないかもー。
いきなり失礼なこと言ってごめんなさい。

637 名前: 花束 投稿日: 2004/12/23(木) 02:13 [ PtSPVT6Q ]
>環さん
何度かレスをくれたのに、返せずに申し訳ない。
有り難かったです。
私はあなたが、なんだか好き。
らせん階段をのぼっていますか?

私のらせん階段はいつも下りでした。
そして下に行き止まりがあって、私には魅力的な餌があります。
もしまたらせん階段があったら、あなたを見習って昇りたい。
上には行き止まりがない気がするから。

でも、いましばらく、砂地の城を崩したり、荒野をさまよったりしながら、棟梁になる修業をします(w

>琴月さん
私、どえらい鈍感で、霊感マイナスじゃないかってくらいなんですが…
たぶん、いろんなことに、感覚的に気付くのが恐かったんですよ。
推理なら恐くないけど、感覚は準備もなしに訪れるから、恐くてたまらない。

敏感な琴月さんは、このスレが恐くないのかなー、と思ってたんですけど…
上のアヒャヒャさんあてのレスを見て、
「ほぇー、琴月さん、強いー」
なんて、思ってしまったりしたわけです。

なんか、私ももう少し開きたいです。
恐いんですけど、琴月さんみたいに感じられたらいいなぁ。
今は無理だけど、いつか。

638 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/23(木) 05:09 [ L7SNrxV6 ]
まだ少々早い時間ですが皆様おはようございます。 やはりまずは挨拶からですよ
ね。
実は先ほど書き込みをしようとしたのですが、思いっきり拒否されてしまいました。
どうやらウソを書き並べていたようです。 神様か或いは守護霊様が御怒りになら
れたのかと思います。 昨日は神様、守護霊様と「様」を付けるのに抵抗がありま
したが、今は素直に神様、守護霊様と頭に浮かんできます。少しは反省しているよ
うです。

さて、自分について考えがウソ八百であったのなら、いったい何から書き始めれば
いいものやら…。 とりあえず確実なのは、私がウソつきであること。
人にも自分にもウソをつく。 しかも無意識でやっているので始末が悪い。
こうなると、bluebirdさんがおっしゃられていた「(私の)魂はハラをくくってい
ますよ」というのもウソのような気がします。 もちろんウソをついているのは
bluebirdさんではなくて私の魂だという意味です。

私の奥底の方で何かがあせっている気がします。 とにかく何かを書きこまねば、
と思っています。 23日という期限のせいでしょうか?
私は本当に「するべきこと」をしたいのか、したくないのか、迷っています。

ああ…今度こそ、書き込めますように。。。

639 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/23(木) 05:13 [ L7SNrxV6 ]
よかった。 書き込めた。

訂正です。
 誤:自分について考えが
 正:自分について考えたことが

失礼いたしました。

640 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/23(木) 06:43 [ L7SNrxV6 ]
連投に次ぐ連投ですみません。
なぜ書き込めなかったのか、その理由に思い当たりました、書く姿勢ですね。
書いた内容は本当のことだったのですが、反省して書いたのではなかった…。
bluebirdさん、或いは守護霊の方が気づかせて下さったようです。
ありがとうございます。
やっと始められるような気がしてきました…あれ、本当にそう思ってるのかな??

641 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/23(木) 07:18 [ jug7XOgg ]
>>625=柊さん
>>628=琴月さん
>>635=花束さん

皆さんも大変な思いをされているでしょうに、なのに私を気にかけてくれて
本当にありがとうございます。
現在、色々な書き込みを読みながら発酵中です。
どうか、あまり心配しないで下さいね。

そして、今チャレンジなさっている全ての皆様。
頑張って下さい…ではなく、お互いに頑張りましょうね。
神様とbluebirdさん、そして皆様に心からの感謝を込めて。

642 名前:投稿日: 2004/12/23(木) 09:06 [ zays.tm2 ]
皆様、おはようございます。

何だか胸がドキドキしてます。
でも怖い感じではなく、期待感から生まれるそれに似ている気がします。
皆様の書き込みに本当に勇気を貰っていますよ。
書き込んでくれて、ありがとうございます。

ここ数日で感じていたとを書きます。
私には霊感も超能力もない(…と自分では思ってる)けれど
ここ数日のこちらの流れは激流に見えていました。
書き込みの内容も、その勢いも。
だけど、そこに流れている水は豪雨の時のように濁ったものではなく
濁りのない透き通った水でした。
清浄な大量の水が「何か」を
すごい勢いで洗い流していくように感じていました。
昨日はちょっと雰囲気が変わって、ちょうど瀬戸内の渦潮のように
色々な感情が渦を巻いているように感じました。
今は…細波は立っているけれど、穏やかな感じがします。
霧に包まれた山中深い湖のほとりといった雰囲気でしょうか。

643 名前:投稿日: 2004/12/23(木) 09:14 [ zays.tm2 ]
実は昨日がここ数日でいちばん怖かった。
この渦の中に自分が飛び込んで無事だとは思えなかったから。
扉が開くというのに、その扉の向こうは明るい気がしているのに
その扉へ続く道を歩くのが怖いです。
けど、もう戻れないし逃げたくもない…と思う自分がいる。
今は意識して「いちばん苦しいことから逃げない」ようにしているけど
今まではきっと逃げてばかりいたような気がします。
背を向けていれば、苦しくないし
見たくないものを見なくていいから。
こちらに来なかったら、きっと一生目にしなくてよかったもの。
こちらに呼ばれたり、引き寄せられたりした方は私も含めてみんな
「出会わぬ幸福よりも出会う不幸を選んでしまった」方たち
なんじゃないかなぁ。
全部受け止めなくちゃ。善も悪も自分の中にある。
善だけ見ている方が気分もいいし、楽だけれど
悪の部分でさえ存在する意味があり、進んで抱えているのは私。
自分で蒔いた種は自分で刈り取らなくては。
神様、こんな浅ましい私のことをお見捨てにならずに
導いてくださって本当にありがとうございます。

644 名前:投稿日: 2004/12/23(木) 09:59 [ zays.tm2 ]
>>アヒャヒャさん
書き込みして下さった文章から私が感じたのは
毒じゃなくて痛みでした。
かちかちになった土に鍬を入れて耕し、石や瓦礫を取り除いて
もう一度肥沃な土壌を取り戻す作業にも見えました。
再び緑が芽吹く日も、そう遠くないような気がします。
アヒャヒャさんの勇気が背中を押してくれてます。
本当にどうもありがとう。
一連の書き込みを拝見してから、
アヒャヒャさんがもっと好きになりました!

>>アリーシャさん
煩悩に首輪を付けて…というお話、参考にさせて貰ってます。
私の場合は「弱気」に首輪を付けて
全部ちゃんと見るように躾けよう…と思ってます。
飼い主の私も、出来れば逃げ出したいけれど
逃げても逃げなくても、それはそこにあるんですよね。
アリーシャさんの言葉からは、ちゃんと伝えようというお気持ちが
びしびしと伝わってきますよ。

>>シロウさん
>>616の書き込みを拝見して、
私も同じように思っていたことをお伝えしたくなりました。
HNとbluebirdさんから言われる前に
ロム専に戻ろうと思っていたのですが、
神様はそんなに甘くなかったです。
いいとこ取りで傍観者を決め込むつもりだったことなんて
お見通しでした。申し開きできません。反省してます。
でも、チャンスを与えてくださって本当にありがとうございます。
シロウさんのHNは「知ろう」にも通じますね。素敵だと思います。

>>花束さん
ここ数日の書き込みを拝見していて、
花束さんは繊細だけど、豪胆な方だと思いました。
私はすっかり、そんな花束さんのファンになってしまいましたw
花束さんの手にしている花は、
きれいなだけじゃなく力強いなぁ。
野に咲く花を集めた花束は生命力に溢れているような気がします。
らせん階段は、直線の階段のそれよりも段数が多いですw
でも、神様はまっすぐに昇っていける階段ではなく
何度も同じ風景を目にするらせん階段を昇るよう仰られた。
その意味を考えながら、一歩一歩を大事に昇ります。
花束さんがどうか立派な棟梁になれますように。

645 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/23(木) 10:54 [ L7SNrxV6 ]
>>環さん
642の環さんのレスを読んでいたら頭のてっぺんからドーッと水をかけられた感じが
しました。
>シロウは「知ろう」にも通じる… 言われてみるとそうですね、気づきませんでした。
このHNは付けた日に見たロックミュージカル「SHIROH」から拝借したのです。
とにかく自分が隠れるようなHNにしたかった。
なのに素敵な解釈をして下さってありがとう、嬉しいです。

>>アヒャヒャさん、お疲れ様でした。 アヒャヒャさんが苦しんでいる間、
「殻が取れてツルツルのゆで卵のようになれるといいですね。」と思っていました。
かなりの遅レスですが、このスレに来て初めて人のことを考えての思いだったので
書かせていただきました。

ようやく自分が不遜で傲慢なことが心底分かりました。 まだまだこの根は
深そうです。
そんな私ですが初めて(またまた初めてです)皆さんのために思いました。
このスレの方々が幸福になれますように。
そして私をここに導いて下さった方々に、ありがとうございます。

646 名前: みつる 投稿日: 2004/12/23(木) 20:21 [ 3B4HksFE ]
持続することと、さらに人と共に在ることが必要なんです。
これが目的だったのではないか…、と書きましたが、真意はわかりません。
そうかもしれないし、そうではないのかもしれない。
しかし「敬語やめる!」っていうのは自分でたてた目標なんで、やり遂げなくてはならないです。
んな簡単なこと、って思っていただいていても結構です。(←…嫌味じゃないですよー)
敬語に限らず、人を自分の中に入れる、
そうゆうことができなかったヒトなんですよ、私は。
できなかった…?言葉変ですね。まだ過去形ではない。
そうなるためにやってる最中。
気を抜くとまたおぼろげになってしまいそうなので、
みつけた言葉をくりかえしています。

>>花束さん
あの、失礼だと思うんですが、
それまでの状況は違うけれど、問題点で共通する所があるなー、って思いました。
この場所に書き込んだら、根本から変わる必要に迫られる、知りたくないことを知ってしまう、
という予感がしてました。
自分の意識上、はじめて書き込む時の決め手は花束さんの存在が大きかったんです。
いてくれてありがとう。
気付くことができたのは、みなさんがいてくれたおかげです。
bluebirdさん、この場をつくっていただいて、ありがとうございます。

647 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 09:18 [ SDFdN38E ]
失敗したり、こんなに反省したのに傲慢なことしたりしてます。
ああぁ
でも、いいこともありました。

それから、不思議な夢を見ました。
ただの夢…ですかね。
最初はすごいリアリティーだったんですけど、よく考えれば変なことだらけでしたし。

bluebirdさんがいらしたんですけど、もしや…いらっしゃいました?
もしいらしていたら、ありがとうございます。
すごい方だと思いました。
違ったとしても、かなり、おもしろかったです(笑)

>みつるさん
この人生でちゃんと合格できたら、
「次はどうするかい?」
「人の役に立ちたいです」
「きみ自身にも問題があるが、許可してやろう」
「わーい」
「人の役にたちたいと願ったのを忘れず、自分の問題の克服も頑張れよ」
「頑張りますっ」
みたいに、みつるさん風の人生を歩むことになるかもしれない予感。
先日は、似てるかも、似てないかもという抽象的な印象だけを述べてしまいましたが…レスありがとう。
やっと言葉になりました。

648 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:20 [ CTDVrK66 ]
>シロウさん
>人にも自分にもウソをつく。 しかも無意識でやっているので始末が悪い。
こうなると、bluebirdさんがおっしゃられていた「(私の)魂はハラをくくってい
ますよ」というのもウソのような気がします。 もちろんウソをついているのは
bluebirdさんではなくて私の魂だという意味です。

ハラをくくったので、参加許可が出たんです。ところがシロウさんの魂は、わたしが最初
のレスを返したあと、また逃げようとしました(爆)。
それが22日のことです。あわてて私が説得に向かいました。
で、なんとかお戻りになった、と(苦笑)。
そういうことです。すぐに逃げたくなるはずですよ、あなたの抱えるものも尋常では
ないから。
あなたは悪魔関連ではないです。邪神に関わっていた。いまも繋がっている。
あなたの書き込みを通してその邪神が仕掛けをしていました。仕掛けだけは切りました。
しかしあなたと邪神の繋がりは切っていない。あなたが切る気になっていないでしょ?
だから切れません。
いろいろ思い出してください。

649 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:24 [ CTDVrK66 ]
>>647花束さん
おはようございます。ちょっと留守にしてました。23日の「イベント」のためにです。

>それから、不思議な夢を見ました。
ただの夢…ですかね。
最初はすごいリアリティーだったんですけど、よく考えれば変なことだらけでしたし。

それは23日のイベントを見ておられたようです。
あなたはそれを直接見ることを許されました。

>bluebirdさんがいらしたんですけど、もしや…いらっしゃいました?

おりましたよ。

650 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 09:33 [ SDFdN38E ]
夢について書くべきか迷う…
ある意味、これは自分のエゴで、試すような真似なんですが、しばらく内容を書かないでみます。

あれがただの願望でないなら、ここにいろんな書き込みがくると思うんです。
私だけじゃすまない。

どきどきする。
願望な可能性もかなりあるけど…(汗)

651 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:34 [ CTDVrK66 ]
>>612花束さん
>早死になんてさせてもらえない。
死をもって償えるレベルじゃないなぁ…と、思い出したら思いました。

そうですね。そのとおりです。苦しみをもって贖う。
で、思い出しておられることは正確です。

>大変善良で知的な方を師匠に持ちました。

その「師匠」は私でした。
あなたは私を売らなかった。だからここへ呼ばれたのです。

>「良きものを学べ」と、神様はおっしゃいました。

このかたが私の直属の上司神さまです。

>博愛の人は去りました。
「焼いても焼いても焼き足りぬ」
と、神様がおっしゃいました。

その「博愛の人」は私です。「焼き足りぬ」と言われたのが上司神さま。

>火が止められました。
「ゆけ、学べ、償え」
神様がおっしゃいました。

これも上司神さま。

>私はその後、幾度も生まれ変わり、何度も失敗し、時々学びを深めました。
おそらく償ったことは一度もありません。

ええ。これからその分償っていただきます。あなたは多くの「仕事」を課せられます。
その「仕事」によって償うことができます。

652 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 09:36 [ SDFdN38E ]
いらっしゃいましたか!
まさか同時カキコになるとは。
あわわ…
bluebirdさん、恐かったけど、やさしくて、すごかったーっ

653 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:41 [ CTDVrK66 ]
環さん
なにか書きたいことがあるのではないですか?スレの流れとか、ほかの人の書き込みは
気にしなくてよいので、書いてください。

654 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 09:50 [ 8wTrcv5E ]
皆様、おはようございます。

>>653 bluebirdさん
私の中から告白するべきものは、まだ見つかってない…気がします。
いや、まだ見たくないだけなのかもしれないけれど。
それよりも「ちゃんとこの場所の流れを見ておかなければならない」
という気持ちが強くあるのです。
まだまだ「自分を見つめる」ということが不足しているような感じです。
ちょっと緊張しながら書き込みしてます。

655 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:54 [ CTDVrK66 ]
アリーシャさん
心の封印の解除はできています。記憶の改竄ももとに戻しました。これであなたは、
全部正確に思い出すことができるはずです。

>全てが導きだったとするならば、私に「神との対話」を読ませたのは何故?

それを読んで考えなさい、ってことです。上の本のすべてが正しいなんて思わないでね。
でも自分で考えなさい。

>・・・すいません。ここまで書いてなんですが、突然自分自身の文に違和感を覚えました。

あなた「逃げようと」してたからです。

>「命令」と感じたのは多分私がまだ反省していない証拠。
本当に大事なことに気づいていない。
私は起こる出来事に対して想い、そして選択することができる。
そして因果は繰り返してゆく。

そうですね。そして最後通告を受けているということは、その「繰り返し」を断ちます
ということをおっしゃっているわけです。あまりに改心しないから。落第寸前。
いや「神との対話」の世界が合っていると思われるなら、それでいいんです。
そのように信じて生きていってください。それもあなたの選択。

656 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 09:55 [ SDFdN38E ]
人に課せられた仕事をやると思うのではなく、神に課せられた仕事としてお勤めさせていただきます。
償わせてください。
私は、本当に罪深い。
昔も今も。

そのような縁でしたか…。

私は昔、純粋に博愛の人を憎んでいました。
でも私は、今世では知っています。
昔の私は、たぶん、博愛の人を愛していました。
もしそう言うことが許されないなら、こう言い換えさせて下さい。
間違いなく「特別」な方でした。
あなたなら、私を救えるかもしれないと、勝手に期待していました。
あなたに、こだわっていました。
悪の道にいたのに、あなたに会わなければ迷わないのに、あなたに何度も会おうとした。
会うたびに罵ったこと、お詫びします。

師匠としてのあなた。
ありがとうございます。
良いものを教えてくださって。
それまで私の魂は、学ぶといえば、すぐ悪い方に傾いたから。
あなたを、大好きで、とても尊敬していました。
悪漢に、あなたを売らなかったことを、小さな誇りにします。
またお会いすることも。

bluebirdさんの神様。
「もう一人ではない」と、私におっしゃったことの意味を、このところ毎日思い出します。
たくさん迷惑をかけました。
すみません。
謝ってすむことじゃないですけど、頭が垂れます。
そして、手厚いご配慮をありがとうございます。

みなさま。
よいクリスマスになりますように。

657 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 09:55 [ CTDVrK66 ]
>>654
環さん、なにか夢をみませんでしたか?それについて、書くようにと言われているよう
なのですが。

658 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/24(金) 09:57 [ vm33IPLI ]
>bluebirdさん
私は書いてもいいですか?

659 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 10:00 [ CTDVrK66 ]
>>627柊さん
>私はやはりbluebirdさんに召集を掛けられた気がしてきました。

そうです。記憶の封印改竄すべて解除されています。思い出してください。反省すべき
点があります。

660 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 10:04 [ CTDVrK66 ]
>>631さん
HNつけてください。書くようにと促されたのは、あなたの守護霊さまです。
なにか書きたいことがありましたら、自由にお書きください。

661 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 10:06 [ CTDVrK66 ]
>>634みつるさん
>今日、ここにこうしていられるのは、なんとたくさんの方々のおかげか。
ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます…。
胸がいっぱいで泣けてしまって…。

「このときの状態」が本当の感謝です。それを忘れないでください。

662 名前: アヒャヒャ (Z6G0yP9Q) 投稿日: 2004/12/24(金) 10:08 [ vm33IPLI ]
>>644=環さん
>>645=シロウさん

暖かくて優しいお言葉をかけてくれて、本当にありがとうございます。
昨日レスをすべきだったのに、遅くなってしまってごめんなさい。
お二人の魂に、心から祝福と祈りを捧げたいと思います。

663 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 10:13 [ 8wTrcv5E ]
>>657 bluebirdさん
見当違いの書き込み、お許し下さい。
夢ですか?
夢…は見ましたが、覚えている内容は
 1 会社帰りによく立ち寄る本屋が改装工事をしていて
   欲しい本を探すのに、いつもよりも本屋の奥の方へ
   行かないとならなかった。工事中で店内が暗いなぁ…と思った。
 2 地下通路を挟んだ向かいに、人だかりが出来た店があった。
   店の前でタキシードを着た人(大泉洋?)が呼び込みをしていた。
   だけど、地下街を歩く人は気に留めることなく通り過ぎていった。
   私は店内で何があるのかが気になって、店の外から覘いてみたけれど
   何があって人があんなにいるのかは分からなかった。
   出入り口まで人でいっぱいなので、店内に入ることは諦めた。
   呼び込みの人に「頑張って下さい」と声を掛けたけど聴こえないふりをされた。
   有名人であることがばれるのが嫌だったらしい。

…と、こんなアホな内容のものしか覚えていないです(涙。
場所は地元の某地下街に似ていました。
薄暗い感じで、人だかりの出来ている店だけが
妙に明るかったことだけが印象的です。
現実の地下街だと、ここはコンビニのある場所です。
意味がなさそうな気もしますが、書いてみました。

664 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 10:17 [ CTDVrK66 ]
>>643環さん
>こちらに来なかったら、きっと一生目にしなくてよかったもの。
こちらに呼ばれたり、引き寄せられたりした方は私も含めてみんな
「出会わぬ幸福よりも出会う不幸を選んでしまった」方たち
なんじゃないかなぁ。

そうですね。「不幸」という呼び方もできるかもしれない。しかしその「不幸」の底に
計り知れない光が眠っています。

>全部受け止めなくちゃ。善も悪も自分の中にある。
善だけ見ている方が気分もいいし、楽だけれど
悪の部分でさえ存在する意味があり、進んで抱えているのは私。
自分で蒔いた種は自分で刈り取らなくては。

そうですね。悪の部分でさえ存在する意味があります。
誤解をおそれずに言ってしまうと、、、悪そのものはわるくない、と言えます。
悪そのものよりも、その悪を認めない、見ようとしない、誤魔化し自らを良く見せようと
する、そちらのほうがどれほど罪が重いか。
私は「きれいごと」は嫌いです。「きれいごと」を言っているのかどうか、分かります。
自ら考えに考え抜いて、自分を追い詰めて、そして反省の言を出してください。
その言葉は、ひとことでいい。ひとことで、その人が「さとったかどうか」こちらには
分かるのです。
薄っぺらな百万言になんの値打ちがあろうか。

もちろん自分の心の中、過去にやったことを具体的に説明していただくことは構いません。
人に理解してもらえるように説明しようとするだけで、あなたの心は整理されていきます。

665 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 10:18 [ SDFdN38E ]
試すような真似をしたことをまずお詫びします。

夢について。
四人の神様とテレビを見ていました。
私は萎縮しています。
私の人生を見て査定されると知っているからです。
「なぜ四人?もっと多いのかと思っていました」
などと疑問に思っていると、四人のうち一人がbluebirdさんで、
「この神様たちは、力のある方たちだからです」
と説明なさいました。
私は、神様に対してくだらない疑問を挿んだことを恥じました。
私のために四人(三人?)もいらしてくれたのに、何を少ないと思ったのか。
そして、人を査定するという意味の重さを、初めて実感したように思いました。
すごい威圧感でしたから。

青い神様がいて、優しく賢い印象でした。
赤い神様がいて、すごく恐かったです。
白い神様は、口数が少なくて大きかった。
黄金色のbluebirdさんが隣にいました。
赤い神様が私にお怒りになると、白い神様がそれを止めてくださいました。
私にその怒りをぶつけるのを待てと。

そして白い神様が、ものすごい圧迫感で迫ってきます。
私は威圧されて、飲み込まれます。
飲み込まれたら、自分の部屋に戻っていました。
背中の上に、bluebirdさんがいましたが、私には誰かわかりません。
神々の査定に加わるのは、まだ早かったと、私は思います。
死んだらアレがある。
しかし、まだ背中に誰かいらっしゃるぞ…?と、不思議に思っていると…

優しい声がしました。
「行きますよ」
頭を捕まれました。
南に三回か四回飛ばされました。
ぎゅいーんと、すごい力で。
私が頭の方向をずらすと、bluebirdさんが力いっぱい、頭を南になおしました。
一回目は「え?!飛んでる?」とか思いながら、さっきの神様たちについて考えました。
二回目は、背中の人が誰かと疑問に思いました。
三回目か四回目かには、「ひぃー、神様ー、私が悪かったです。これから頑張りますからー」と思います。
こんなに飛ばされるのは初めてで、恐くなったからです。

目を覚ますとなぜか実家で、背中の方とお話します。
bluebirdさんでした。
お疲れの様子でしたが、会った記念(?)に、不思議なワザを見せて下さいました。
足が地面に接着剤みたいについたまま、触ってもないのに転ばされましたよ(笑)
アヒャヒャさんのところに行くとも言っていました。

最後に地味なパーティーに参加します。
苦手だった友人と歌をうたっています。
なんか雑事もしている。
仲のよい友人が私を心配していて、彼女に安心するようにと伝えました。
「現実をみながら、私はいい方に変わらないとならないんだ」とも。

666 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/24(金) 10:30 [ dNDtp3yw ]
bluebirdさんおはようございます。
bluebirdさんのレスで浮かんだ言葉があります。
それは「妄信」と言う言葉です。
ちょっと自分に当てはまる事があるとそれが全てと思い込む。
自分ではこれっぽっちも考えていない。
楽だから。人の意見を聞いて、それに従っているのは楽で楽でしょうがない。
良く考えれば私は人に頼りっぱなしだった。
もしまずい事が起きても責任が私に来ないようにと。
自分が中途半端だからと言い訳していたもの。責任。

先ほどもちょっと疑問に思っただけでbluebirdさんに聞こうとしていた。
聞いて自分で調べた気になろうとしていた。bluebirdさんに、いや神様に責任を押し付けていた。
そういえばいつも何かを説明するときに「〜〜だと○○が言っていた」と伝聞形式だったっけ。

私は「鼠」。いつも何かに怯えていて、周りの気配を伺っている。
そこが安全と判れば、我が物顔でふんぞりかえる。それが私の本質。
いや、責任をなすりつけるのだから、私は鼠よりもタチが悪いのかもしれません。

私、過去世でも人に責任をなすりつけていませんでしたか?
いや、いたのでしょう。今の私がそれだから。

最悪ですね、私。

667 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 10:30 [ CTDVrK66 ]
>>663環さん
その夢でいいんだそうですw。

>2 地下通路を挟んだ向かいに、人だかりが出来た店があった。

これが23日のイベント会場(笑)を象徴してる場所です。じっさいには「店」ではない
わけですが、夢の中ではそんな設定になってしまった。
大勢集まっておられたのです。

>店の前でタキシードを着た人(大泉洋?)が呼び込みをしていた。

これは私なんだそうです。

>だけど、地下街を歩く人は気に留めることなく通り過ぎていった。

地下街を歩く人は、、この掲示板に来ている人たち。私はここの人たち全員にお声を
掛けていました。しかし、素通りする人には、、、じつは私の声が聞こえていないのです。
姿も見えていないのです。そのかたたちにとって、私は周波数の合わせられない放送
なんです。だから見えないし、聞こえない。

>私は店内で何があるのかが気になって、店の外から覘いてみたけれど
   何があって人があんなにいるのかは分からなかった。

そこでは神事が行われていました。多くのかたが呼ばれており、多くのかたが参加されて
いました。環さんには直接見えなかったのね。でも、その神事の光を環さんはちゃんと
受け取っておられます。

>声を掛けたけど聴こえないふりをされた。

すいません(汗)。聞こえないフリをしたのではなくて、、じっさい聞こえなかった
みたいです。私は環さんの周波数に合わせることができませんでした、その場では。

>有名人であることがばれるのが嫌だったらしい。

で、、私は大泉なにがしではありませんが(笑)、たしかに正体が「ばれる」のが嫌です。
隠しておいてよい、と言われます。

668 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 10:48 [ SDFdN38E ]
あと夢の補足。
bluebirdさんは私の家の柱になりました。
というか、柱に入っておられた。
大工さんになる私としては、よい柱をいただけて嬉しかったです。

669 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/24(金) 11:07 [ dNDtp3yw ]
私の身の回りのものは良く壊れる、と彼女は言います。
そりゃそうです、私は自分の行いに責任を感じていない。
自分が買ったもの、もらったものは全て自分の自由にして良い、と
思い込んで好き勝手やってきました。
私は大事なことを完全に忘れている。
買ったそのお金は誰からもらったのか。それは親だ。
親が汗水流して働いて稼いだそのお金を湯水のごとく消費していた。

遅すぎました。
気づくのが遅すぎました。というよりも実感するのが遅すぎました。
親のお金で買ったのだから、それは私の物ではなく、親のものだ。
ただ、私は親からその物をどう扱うかという権利を任されているに過ぎない。

身の回りの物が良く壊れるのは、私への悲痛なメッセージでした。
「頼むから少しは責任を感じて優しく扱ってくれよ、でなけりゃすぐ壊れてしまう」

みんな、今まで本当にごめんなさい。ごめんなさい。
心の封印を解除してから、皆の声が少し聞こえるようになりました。
大事にするから。

670 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 11:18 [ CTDVrK66 ]
>私の人生を見て査定されると知っているからです。

これは査定ではないのです。23日イベントに花束さんが行ける許可が出たのですが、
そのまえに少し説教しておく必要があると、赤い神さまがおっしゃいました。

>私は、神様に対してくだらない疑問を挿んだことを恥じました。

たとえ説教であるにしても、このかたがたに面会できるということはじつは大変な
こと、なんですが(^^;)。ふつー、お目にかかれませんよ。
それに花束さんが思い出されたこと、各所に「私」であったり「上司神さま」であったり
出てきます。「私」や「上司神さま」と「会える」人も非常に少ないです。

>すごい威圧感でしたから。

いや査定じゃないですから(汗)。査定じゃなくても、その「威圧感」なんですってば。

>青い神様がいて、優しく賢い印象でした。

このかたがここの幹事神さまです。

>赤い神様がいて、すごく恐かったです。

このかたが、これから世に強く働きかけをなさる神さまです。

>白い神様は、口数が少なくて大きかった。

このかたが私の上司神さま。そのなかでいちばん上位にあたるかたになります。

>赤い神さまが私にお怒りになると、白い神様がそれを止めてくださいました。
私にその怒りをぶつけるのを待てと。

まず「仕事」をさせてみよう、と提案なさいました。その「仕事」のやりかた、途中の
想い、その他を勘案して、まずかったらまた赤い神さまに怒られることになるでしょう(^_^;)。

>そして白い神様が、ものすごい圧迫感で迫ってきます。

圧迫感すごいでしょ?(笑)私はそれがどれほどのものか知っています。顔をあげて
いられない(笑)。

>死んだらアレがある。

はっきり言っておきますが、、死んでからの査定にあの顔ぶれの神さまがおそろいになる
ことはないですよ。

>南に三回か四回飛ばされました。
ぎゅいーんと、すごい力で。

祓いを行っていました。まだ祓うべきものが残っていたんです。花束さんの魂の汚れ。
怖がらせるつもりではなかったと思うんですが、それだけ飛ばしでもしないと、こびり
ついてて取れないんですよ。
それぐらいしつこい汚れ。

>最後に地味なパーティーに参加します。

これが23日のイベントの一部の「記憶」のようです。肝心なところは覚えていないのねw。
肝心なところは神さまが記憶を消されたそうです。ここに書いてはいけないから。

>苦手だった友人と歌をうたっています。

その「苦手だった友人」はあなたの守護霊さまです。
守護霊さまもいっしょに行くことを許されたからです。

>なんか雑事もしている。

イベントの後かたづけという「お仕事」をさっそく課せられました(笑)。
それをやっていたんです。

>仲のよい友人が私を心配していて、彼女に安心するようにと伝えました。

これは過去世であなたと仲のよかった友人。その友人はすでに救われ、「仕事」に加わって
いるんです。

>「現実をみながら、私はいい方に変わらないとならないんだ」とも。

そうですね。「仕事」とは霊的なフィールドでの「仕事」です。それとはべつに
いまリアルで体験している現実世界でも、いい方に変わらないとならないのですね。



666 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/24(金) 10:30 [ dNDtp3yw ]

bluebirdさんおはようございます。

671 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 11:41 [ xEe6dfQI ]
レス遅くなりました(汗

>659 bluebirdさん
書き込みをする前皆さんの書き込みを読んだ時、少々の同意感を持ちました。
自分の事を書いて再度皆さんのレスを再見しましたら、少々どころか・・・
他愛も無い文章で締めくくっている自分の内容の方に違和感を覚えました。
そして「私はこんな事を書く為に来たのではないだろう」と実感しました。
この先恐ろしい(奥底の私自身にとって)状況になるのではないか と考えたりしました。
もうここを覗かなければ”逃げられる”と頭をよぎりましたが、
不思議とbluebirdさんが来られるのを待っていました。

>記憶の封印改竄すべて解除されています。思い出してください。反省すべき点があります。

封印というモノが私にもあるのですか。 改竄。自分にとって都合の悪い記憶の改竄 ですか?
今の所 皆さんのように思い出せません(汗 
只、私の思考回路や性根からすると十分ありえると思います。

反省すべき点は 本当に沢山あります。
私は自分の悩みを相談する資格は無いと思いました。
悩みの根本は私です。私が周りの人に毒気を撒き散らしてそれが自分に返って来ている・・・
当然の事ですね。
本当に自己中心的で、人の心を踏みにじっています。今の家族も血の繋がっている母妹すらも。
私が一番欲しい主人の愛 その主人の心すら踏みにじっています。
全ては私以外の人達が悪い。私は間違っていない。なのに何故解ってくれない?と周りの人々を責め立てています。

陰日なたが大きいです。言う事と心の中はまるで違う。言ってる事とする事が
人が見ている見ていないで極端に違います。 心がこもっていません。
卑怯な事、平気で嘘をつき、騙す。
そんな私が好かれる筈もないのに、好かれたいが為に姑息な上辺だけの顔をしてきました。
マダマダあります。 初めて鏡を見ているようです。今まで存在すら否定してきた「自分を映す鏡」。
bluebirdさん とりあえず列挙していきます。
昔の、過去の、魂の・・・は今の所思い出せませんが、繋がって思い出せるかも知れません。
ヒントがあればお教え下さい。

672 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 11:41 [ 8wTrcv5E ]
>>667 bluebirdさん
解説ありがとうこざいます。驚きの内容でした。
実に私の身の丈に合った内容で見ていた夢なんですね。
「夢について」と仰っていただかなかったら、絶対書き込みしない内容の夢です。
だって、有名人が出てくる内容の時点で、
ただのミーハーな夢としか思わないですからw

ちょっと補足しますね。
大泉洋という人はローカルタレントです。
地元では知名度もあって人気もあるのに、
夢の中では通行人に見向きもされていなかったのが
すごく不思議だったのです。
人だかりの出来た店には到底入れそうになかったので、
時間を置いて後でもう一度来てみようと思いましたが、
その前に目が覚めたので、店内には入っていないです。
外から覗いた店の中には
たくさんの人の後姿、頭の先、煌々と明るい蛍光灯の光だけが見えました。
呼び込みの人に声を掛けた時、聴こえないふりをされたように見えた私は
ちょっとがっかりして、でも歩いている人みんなが
呼び込みの人の正体に気付いたら大変なことになるから仕方ない、
歩いている人も知ってて知らん顔してるのかも…と思い直して
その場所を離れたのでした。

>>664で頂いたお言葉については、
もうちょっと考えてから書き込みさせていただきます。
いつもありがとうございます。

673 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/24(金) 11:44 [ y9PoahpY ]
>>648 bluebirdさん
22日の朝、夢を見ました。 温かい光の中に人影がいくつかあったような…
目覚めた瞬間、夢の内容は忘れてしまいましたが、とても心地よい感覚が残っていました。

それにしても私の魂さんったら逃げ出したんですかぁ…私同様ヘタレだな。
私自身も先ほどまで「逃げちゃおうか、もういいよね」などと思っていました。
このスレ自体が壮大な釣りのように感じられ(そんなはずないのに)、このまま信じて
いいのか、いや信じてみようよ。と不安定な心持ちでした。
でも2chのあるスレで「信じるも信じないも、あなたの選択」という言葉を読み、
このスレにもあった神様の「信じなくともよい」という言葉を思い出したのです。
その時、「疑わなくてもいいんだよ。」と思い浮かびました。
それで このまま進む気になったんです。魂さんにも「何かの縁があって出会ったん
だから、一緒にがんばろう」と話しかけました。

前回の私のレスの後、どなたも書き込まれなかったのは邪神のせいだったんですね。
bluebirdさん、皆さん、ご迷惑をかけてすみませんでした。

私のレスに邪なものがあるのかなと不安に思っていたら、やはりそうだったんですね。
疑わなくてもいいんだと思った途端、どんどん信じる気持ちが湧いてきて、そしたら
皆さんの書き込みがたくさんありました。 良かった。

bluebirdさん、仕掛けを切って下さってありがとうございます。 お手数をかけました。

674 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 11:55 [ CTDVrK66 ]
>>671柊さん
自己分析は合っています。その調子で、自分を見つめていってください。

675 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 11:57 [ SDFdN38E ]
説教される理由は、思い当たります。
まだ心根が傲慢でした。

赤の神様、直々に説教していただいて感謝です。
神様が、これからなさる行いを厳粛にうけとめます。
またお説教されるのは…失礼かもしれませんが、恐いです。
しっかりしなきゃ…

青い神様、素敵でした。
いつもここをお守りいただきありがとうございます。

白い神様、ほかの神様も大きかったけれど、白い神様はすごく大きかったです。
仕事を与えてくださり、ありがとうございます。
お会いできて恐縮です。

bluebirdさん、おはらい、ありがとうございました。
頭がすっきりしていました。
しつこい汚れ…はらっていただけるなんて、すごい恵みなんだって分かります。

それから細かい説明、ありがとうございました。
間違いがいっぱいで恥ずかしい…。
あの神様たちには、直接お会いすることは、私が生きているうちには(死んでからも)もうないかもしれませんが、忘れません。

イベントに参加させていただいて嬉しいんですけれども…なんだか色々反省しきりです。
お説教された意味とか、忘れないようにしなきゃ。

あと…
私の中で変わったこと。

昔から、悟りたいとか傲慢な思いがありました。
神様になりたかった名残でしょうか(汗)
それをすごく反省したあとに、
「この人生を学びの最後の段階にして、次は償いかな?」
と思いました。
でも、それもまた傲慢な話でした。
しかも楽しようとしてるし。
「この人生は、学びの重要なポイントであり、償いの始まりである」
と、考えなおしました。

676 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:00 [ CTDVrK66 ]
>>673シロウさん
>温かい光の中に人影がいくつかあったような…

私が説得に行ったときの様子だったようです。私と上司神さま、もうおひとり、花束
さんのいわれるところの「赤い神さま」と3人だったようです。
で、説得をして、神さまももう一度シロウさんをチェックされて、、「まぁ、もう一度
参加を認めても良いでしょう」ということになり、再度参加になりました。

ここでとにかく洗い出しをなさい。
これが最後のチャンスです。

677 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/24(金) 12:06 [ dNDtp3yw ]
すいません、書かないと、書かないと揺り戻しがきつくて自分が保てない。
まだ私はbluebirdさんのレスを気にしている。救われたくて仕方が無い。性根が腐ってる。

誓います。
今日が終わるまでこのスレを見ません。自分のやるべきことをします。
待っていたって意味は無い。自分から歩き出さなければ。

何があろうと、自分の責任で行くんだ。

678 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:07 [ CTDVrK66 ]
>>675花束さん
>あの神様たちには、直接お会いすることは、私が生きているうちには(死んでからも)
もうないかもしれませんが、忘れません。

いや、そんなことないです。あなた次第です。あの神々さまは、常時このスレにいらっ
しゃるも同然ですし。
私のレスには白の神さま、赤の神さま、青の神さま、それぞれのかたのお言葉が混ざって
いるんです。私自身の言葉もあります。

>「この人生は、学びの重要なポイントであり、償いの始まりである」
と、考えなおしました。

そうですね。そう思ってください。

679 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 12:09 [ SDFdN38E ]
査定されてると勘違いしたのは、神様のいらっしゃったらリビングに、DVDがあったのです。
しかもたくさん。
そこには私の人生と、過去の人生が記録してあったと思うのです。
あの神様たちには、とっくにその中身や、私の心根はお見通しで、あの記録は、
「筒抜けですよ」と私に分かるようにするための仕掛けだったんだろうなぁ。

パーティーは、確かに後片付けをしてました。
始まるなり終わりかけの光景だったから「地味」だったのです。
肝心なところを覚えていないのは残念ですが、かえって良かったかも。
見たら舞い上がってたと思うから。

苦手だった友人は複数いました。
みんな守護の方だったんでしょうか。
苦手な友人の姿をとっていたのは、きっと「近寄りがたさ」の表れですかね。
少し仲良くできました。
歌がうまかったです。

霊的な仕事のやり方は分かりませんが、現実でがんばって心根をよくすることが、霊的な仕事にも反映する気がしています。
過去世の友人さん…心配かけますが、よろしくです。

680 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:13 [ CTDVrK66 ]
環さん
「飛んでいくまえに一言いっておく。
 あなたはここに覚悟してやってきた。
 ここに来たことは
 あなたにとってのエポックなのだ。
 しかしまだ足踏みをしている。
 時間は残されていませんよ。
 進みなさい。
 何を書くべきか
 分かっているでしょう?」

これは上の神々さまとはまた別の神さまです。ときどき、ここのスレには、ほかの神さまも
降りて来てくださることになるそうです、純粋なご厚意で。
それで書き込みされている人たちをチェックされて、必要な人にはメッセージを残して
いかれるそうです。

681 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:24 [ CTDVrK66 ]
>>679花束さん
DVD!(笑)きょうびの神さまは、なかなかススンでいるでしょう(笑)?
ですからネットだって、こんなふうにお使いになるのですw。

>あの神様たちには、とっくにその中身や、私の心根はお見通しで、あの記録は、
「筒抜けですよ」と私に分かるようにするための仕掛けだったんだろうなぁ。

そのとおりです。

>見たら舞い上がってたと思うから。

そうみたいです。肉体を離れたら思い出せます。記憶は完全に消去されたわけではない
ので。死んでからでないと種明かしできないことがあるんですよw。

>苦手だった友人は複数いました。
みんな守護の方だったんでしょうか。

みんなじゃないそうです。あとの人はね、、過去世で友人だったかただそうです。

>苦手な友人の姿をとっていたのは、きっと「近寄りがたさ」の表れですかね。

はい。

>少し仲良くできました。

そうですね。

>歌がうまかったです。

歌がうまいことに意味がある、と言われます。どんな意味かというと、、、花束さん
も「歌をうたう」ことになるそうです。これは文字どおりの意味ではなくて。
現世において。「歌をうたう」がごとく、声高らかに「説法」をしなければなりません。
いずれ。すぐではないです。準備ができたら。その方向でおつかいになるご予定だそう
です。赤い神さまが(^_^;)。
厳しいですからねーw。びしびし鍛えられると思います。

>霊的な仕事のやり方は分かりませんが、現実でがんばって心根をよくする
ことが、霊的な仕事にも反映する気がしています。

仕事のやり方は、その都度教えてもらえます。また最初はつきっきりで監督してくださる
神さまが付いてくださいます。どんなにこまやかに計らいのある世界に住んでいたのか、
あなたは知って驚くでしょう。
あなたが尊敬していた魔王と比べてみなさい。
私の言っていることの意味が分かるはずだ。

682 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:28 [ CTDVrK66 ]
「約束」を守ってください。
「約束」をした人ばかりを
ここに集めています。
いまその「約束」を果たしてください。


「約束」というのは肉体を持たないときに、されているものです。今度の人生では・・・
なふうにします、と約束したかたばかりだそうです。
しかし、その約束は果たされていない。
だからここに呼ばれました。

683 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:32 [ CTDVrK66 ]
断りもなく
「約束」を反故(ほご)にしてはならない。
「約束」が果たせないなら
果たせないなりに
他のことで「振り替える」こともできる。
黙って反故にするな。

684 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:35 [ CTDVrK66 ]
見付けることは
簡単なのだ。
あなたがたは
「うまく隠れた」と
思っていただろう。
隠れる場所など
どこにもない。
あなたがたの思いを
隠す場所も
どこにもない。

685 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:44 [ CTDVrK66 ]
新しい時代がはじまる。
その準備をしている。
それを希望し、
その資格のある者には
その手伝いをさせる。
しかしそのまえに、
汚いものは出してもらおう。

686 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:46 [ CTDVrK66 ]
もちろん
汚れを出し切れない場合
その人は「資格」を失う。
しかし「約束」は「約束」。
「約束」も果たせない。
振り替えることもできない。
そういうことであれば
それなりの対処を
取らせてもらう。

687 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 12:54 [ IhOUHHB6 ]
こんにちは、631です。
bluebirdさん、書き込むお許しをいただきありがとうございます。仕事が終わったら、家からあらためて書き込みます。書かなければいけないことが、償わなければならないことがいくつもあります。おとといから少しずつ思い出してきました。
HNは新たにつけました。私は前BBSの管理人でした。甘えを断ち切るために、もうあの名前は使いません。ごめんなさい。

688 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 12:58 [ CTDVrK66 ]
>>687トウガさん
青い神さまも赤い神さまも「だめだ」とおっしゃいました。「スルーしなさい」と。
しかし白い神さまが「もう一度チャンスを与えなさい」とおっしゃいました。
これが最後のチャンスとなります。自己を見つめてください。書くべきことに気づいたら
書いてください。

689 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 13:07 [ CTDVrK66 ]
行く先々で
トラブルを起こしていないか?
それを
周囲のせいにしていないか?
そのトラブルは
だれのせいなのか?
認めたくなければ認めなくて良い。
しかし、それでは
穢れは祓えない。

690 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 13:10 [ CTDVrK66 ]
人のせいにするのはたやすい。
邪で力ある者は、
まさに「人のせい」にするために
その力を使う。
カゲで悪事を働く。
そして自分を「良く」見せる。
ほとんどの人間は騙される。
しかし神は騙せない。
そのような
小賢しい小細工が
通用すると思うか?
そんな愚かなものに
「神」が
務まるとでも思っているのか?

691 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/24(金) 13:36 [ wqs4JV8Q ]
なんだろうな、こりゃw
段々怪しくなってきてるね。

692 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 13:57 [ CTDVrK66 ]
転びつつ
起きつつ
あなたは賢くなっていく。
欲を動機とした知恵ではなく
善を目指す知恵を持て。

693 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:00 [ CTDVrK66 ]
書き込む前に
推敲せよ。
悪意を持ったものには、
それなりの処置を取る。
すでに発動した。

694 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:04 [ CTDVrK66 ]
ここに来ている
神々は
一時この場所を
フィールドとして
さまざまな
神業を行っている。
その多くの
神の目に触れる場所で
このような
話し合いを持てることに
感謝せよ。
なお
長くは続かない。
止めるときには告知して
すぐに止めることになる。
後悔しないように、
いまのうちに
書き込みをなさい。

695 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/24(金) 14:08 [ kcEAAoKQ ]
一体どちらが邪な力を使っているのやらw

696 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:36 [ CTDVrK66 ]
どこからどこまで
腐っているのか。
魂から表層に至るまで
まったく光が入らない。
その曇った目で
なにを見
その巧妙に操作された感覚で
なにを感じ
なにを思おうと勝手である。
あなたの信じることを
あなたはやっていたらよい。
それにしても
もうすこし実のあることは
書けないのか。

697 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:39 [ CTDVrK66 ]
飾る必要があるだろうか?
他者の評価はあなたにとって
そんなに重要か?
他者の評価になぜ
そこまで重きをおく?
他者の評価の大半は
表面しか捉えていない。

698 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:42 [ CTDVrK66 ]
かつての栄光に
溺れるな。
いまは別のことに
集中すべき時。
そこから離れなければ
あなたは成長しない。
離れて、
べつの能力を養っている。
そのことに
気づきなさい。

699 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 14:43 [ .SQSFxkM ]
赤い神様がお認めになって、その使命が下されるときまで精進します。
でも、正直、赤い神様に指導されると聞いただけで、本当に怖くて、
画面の前でものすごいしかめっ面をしたのは、神様達はお見通しですよね(笑)
嬉しい気持ちもあります。
でも、怖いのは、自分がまだまだだって、自分で知ってるからです。
自分を見つめる怖さと、素晴らしさを知ったから、私はこれからも「まだまだ」であることと向かい合い続けなければいけないんだ。

bluebirdさん、最初に神様のエネルギーが入った指輪について、お話させて下さい。
それからあと、生まれてくる前の約束についても考えます。
この指輪である意味が、やっとわかってきました。

この指輪には、

I COULD MEET
AND WAS VERY GOOD

と書いてあります。
…文法変なんですよ。
MEETの目的語ないですし。(誰に会ったか分からない)
ANDでもって、一般動詞とBE動詞をこういう風に繋げるのも、何か違和感がある。

私は(誰かに)会うことができた
そして、とても良くなった

と言いたいのは分かるけど、変な指輪だなって思ってました。
恋人にあげた方は、サイズ直しまでしたのに、サイズ合わなくて、結局はめてもらってないし。
なんだか、この指輪って不憫だなって思ってました。

でも今は分かります。
この指輪の文法の欠落は、まるで私の欠落のようだと。
私が記憶を無くしていたこと、私が自分の悪を見落としていたこと。
このMEETとANDの間にあるとても長い空白に、たくさんの文章が隠されているからこそ、
神様はこの指輪をお選びになったのだということ。

会った相手は、いにしえから続くbluebirdさんとの縁。
そして、私は、本当にとても良くなったのです。
まだまだ足りませんが、それでも、とても変わったのです。
その歴史が、この空白にあります。
指輪の端にはブルーダイヤがはまっています。
それも、何か…bluebirdさんのブルーに通じるような。

恋人と、一緒にはめることができなかったのも、今はうなづけるような。
本当にこの指輪には、いろいろな反省を促される。
今まで助けていただいた指輪。
これからも助けていただくかもしれない。
細やかな配慮に、敏感になります。

魔王を尊敬していたこと…恥ずかしくて、しかめ面になってしまいます…

700 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 14:55 [ CTDVrK66 ]
>>699花束さん
今後花束さんには、意識下でさまざまな研修、レクチャーが行われます。直属の上司
が赤い神さまになる、というかんじです。レクはその分野のお得意なかたが担当なさ
います。赤い神さまは怖いですけど(笑)、お怒りでないときは、非常に「しずかな」
かたです。お怒りが強いのは、そのお怒りのエネルギーも使わないと、今後有効に世に
働きかけることができないからです。

>魔王を尊敬していたこと…

だれを尊敬するか、というのも、その人なりのチョイスしかできないわけです。
腕っ節が強いから尊敬する。アタマが良いから尊敬する。人を出し抜くから尊敬する。
尊敬する人が変わってきたとしたら、それはあなた自身が変わってきたということです。
あるいは「見抜く目」が持てたということです。

花束さんの場合は、ご自身が変わってきたから、尊敬する対象が変わってきてると
思います。しかし「見抜く目」はまだまだ。自分への見方がまだ甘いので、人を見る
ときにもブレが出てくるんです。

701 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/24(金) 14:58 [ y9PoahpY ]
>>648 bluebirdさん
邪神と手を切るつもりがない… 確かにそうです。 今の楽な生活を失う事が怖い。
自分が思っていた以上に物欲の強い人間です、私は。

それでも手を切りたいと願う、なけなしの覚悟で。 その覚悟を失くさないように
「禁煙」を決意しました。 バカらしく思われるかも知れませんが、私には悲壮の
決意なんです。

そして過去の事ですが、私は現世で幾度か「神様でも悪魔でもいいから願いを叶えて
ほしい」と祈った事があります。 また、「死後に魂を奪われる程度のことなら、
3つの願いをきいてほしい」とも思ったことがあります。 願った後に取り消す事も
ありましたが…。

人のせいにしてしまう事は、それこそ数え切れないほどやってきました。

702 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 15:07 [ CTDVrK66 ]
>>701シロウさん
>私は現世で幾度か「神様でも悪魔でもいいから願いを叶えて
ほしい」と祈った事があります。 また、「死後に魂を奪われる程度のことなら、
3つの願いをきいてほしい」とも思ったことがあります。

このとき邪神と繋がりました。その繋がりはずっとキープされています。願いは邪神が
叶えていました。
その代償として、あなたは邪神に「死後仕えること」を約束しています。邪神との契約
です。ですからいろいろ叶えてもらえる。
その邪神の使いっ走りの霊になる、というような意味です。
邪神の命令のもと、邪神の言うことを聞かないヒトに不幸を起こしたりします。要するに
ヤクザですね。ヤクザの下っ端。そんなかんじ。汚れ仕事全般やらされるでしょう。

シロウさんはもともととても高い霊性を持った魂でした。
あなたには霊能がありますが、それはあなたの生きているフィールド内に居る人たちを
助けるために、遠い昔神さまから授かったものなのです。
しかしあなたは物欲のために、その霊能を使って邪神に繋がりました(普通の人間は
なにかを叶えてほしいと祈っても、かんたんに邪神にコネクトしたりはできません)。

703 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 15:19 [ xEe6dfQI ]
>682〜 bluebirdさん 神様
一つ一つが 浅いかもしれませんが胸に入ります。
何となくですが どこかで一度聞いたと云うか初めて読む気がしないのは、
私が今闇雲に陶酔しかけているからでしょうか? 対外疑り深い私が(苦笑
イエ違います。 自分の見栄やプライドは別 とはっきり意識付けた上で、約束と云うものが存在するなら
(すみません!思い出せてないもので) 何とか思い出したい。
多分約束させて頂いた時点では、私の魂は純粋だったのでしょうから。。。
不思議な感覚です。 この一連のbluebirdさんと神様の書き込みを読んで
ここに集められた人々は間違いなく同じ感性で読んでいるんだろうなぁ〜 と思っています。
修験者の先生に降りられたお不動さまが、「違った喜びを見つけるぞ」と言ってくださり、
その時は自分に都合の良いもっと”俗”な事を考えておりました。
・・・今・・・その時のやり取りを書き掛けましたが、何でもこじ付けになりそうなので今は削除します。
実際 神様との約束のそれなのかどうなのか・・ 全く見当違いの可能性の方が大きいですけど(笑
どちらにせよ、神様のお働き掛けに偶然も間違いも無いモノ。
シッカリとせねば。まずは自分を思い出さねば。道のりが遠そう(焦
さて自分探しに戻ります。
そして>>671で書いた生易しいモノでなく、根底にある最も汚いモノを見つけたいと思います。
そして猛烈な反省とそれに伴う言葉や行動で自分を矯正・・・出来たらいいな。。。
それが出来て私は初めて「約束」を思い出せるような気がします。

704 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 15:37 [ CTDVrK66 ]
>>703柊さん
>修験者の先生に降りられたお不動さまが、「違った喜びを見つけるぞ」と言ってくださり、
その時は自分に都合の良いもっと”俗”な事を考えておりました。

それは「俗」な意味ではありませんでした。そしてあなたは「俗」なことを考えてしまった。
なので、お不動さまはいまもう、そこに居られません。出ていってしまわれました。

>こじ付けになりそうなので今は削除します。

はい。それは必要ないです。だってもうお不動さまが居られません。
お不動さまが出ていかれたのは、「俗」なことを考えた、という理由だけではありません。
あなたの現世での行いや想いをぜんぶお読み取りになるんです。そして非常に不快に
お感じになりました。
さ、あとはご自分でお考えください。あなたは「約束」については考えなくていいです。
ご自身のなにがいけなくて、お不動さまが出て行かれたのかをよくお考えください。
これは現世のことが原因です。
柊さんは過去世にはほとんどモンダイがないようです。過去世で積んできた徳を現世で
「使って」こられた。しかしお不動さまは、現世のあなたを見て、「このような人は
とても守護しきれない」と思われて、出て行かれました。

705 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 15:49 [ .SQSFxkM ]
約束に辿り着く前に、自分の本質について、もう一度考えさせてください。

ご指摘の通り、自分に甘いです。
他人にも甘い風に見せて、実は他人には厳しいという一面もあります。
自分にも厳しくみせるのは、今までの人生で8割方表面的でした。

悪魔的な賢さに、何度か近づきました。
穢れを落としていただいた今でも、それはしっかり魂に組み込まれています。
例えば、私は嘘をつきます。
嘘のつき方は、現世で習いました。
そして私は好んで覚えました。
しかも、つくときはバレないようにつきます。
いつも、嘘を嘘と知りながら、つくかつかないか葛藤しながら、嘘をつく方を選ぶのです。
遅刻の理由とか、課題が遅かった理由とか…ごまかしてきたことの多さ!
嘘をついて誹りを受けることを免れてきました。
それほどまでに、人に嫌われたくないのです。
今「その嘘をできる限り清算しなさい」と言われたように思います。
恐怖でバクバクと心臓が鳴ります。
でもこれが、恵みを受けた者の責任なんだと思います。

私は、多くの人を好いているつもりです。
でも、現世で憎んだ方がいます。
本当に小さなことで。二重にプライドが傷つけられた、ただそれだけの理由で。
「ほれているだろう」と言われた。
「あなたの顔が嫌いだから付き合えない」と言われた。
そんなことを言った相手に問題があるかのように、人に吹聴したことを懺悔します。
私は、その問題を、私が呼んだのです。
「ほれている」と思わせることによって、得をしようとした。
なのに、勘違いされたと、怒りました。
そして率直な意見に対しても、怒り、相手を貶めるような話を周囲にしたのです。
その相手の心根は、悪くなかったと、それは昔も今も思っています。
あれは、「どんな人も好きでいよう、どんな人にも好かれたい」
と、考える私の奢りに対して、警告されていたのだと思えてなりません。

表面的に好かれることばかりを問題にしてきたことを反省します。
好かれるために使った方法の多くが、間違っていたことを懺悔します。
本当のことを言われると痛く、嘘は甘い。
これから先、あの甘みに対する、禁断症状が出ることが何より怖い。
どうか、どうか、
善なる良さに、小さな一歩を踏み出す自分でいられるように、見守って下さい。
どこへも隠れられないからこそ、見守ってくださることを、救いにさせて下さい。

706 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/24(金) 16:04 [ xdE9oiIw ]
やっぱりなんかおかしいね(苦笑

707 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 16:13 [ xEe6dfQI ]
お不動様のご好意を無視し選民意識を持っておりました。
自分の悩みの原因を探そうともせずに「ご近所の奥様と井戸端会議」の如くお不動様に悩みをぶつけ
それでもお守り下さいと 厚かましい限りでした。
家族との和を心がけ、大切にするように諭して下さった。。。 無視していました。
”人”との約束の如く 見てない所ではどうにでもなる・・・と全く同じ考えです。
私は神様仏様を一種のステータスのように捕らえておりました。
いらっしゃる と云うのは漠然とは思いますが、凄く上っ面なもので神仏を恐れぬふとどき者です。

神様仏様ですらこんな事ですから、いかに”人”を侮り、利用し、好き勝手にやってきたか。
お不動様が出ていかれたとの事・・・ ショックです。
主人の守護霊さまも怒っておられ、主人の気持ちも離れていくのは当然なのですね。
一生懸命お祀りしている義母や主人の大切な方を何もしない私が追い出してしまった・・・

許して下さい。もう一度チャンスを下さい なんてそれこそ俗な事。
只失礼をお詫びに行ってはいけないでしょうか。
今の汚れたまま、本当の改心も出来てない私には お詫びする言葉すら無いでしょうね。
ごめんなさい!ごめんなさい! お不動様の御心を裏切りました。
お不動様ごめんなさい。
どうか お耳にだけは届いてください。 自分勝手な事です。十分承知していますが、
ごめんなさい と云う言葉だけでも お耳に届いてください。

708 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 16:14 [ CTDVrK66 ]
>>705花束さん
>今「その嘘をできる限り清算しなさい」と言われたように思います。

そうですね。清算してください。どうやって清算するかは自分で考えましょう。

>あれは、「どんな人も好きでいよう、どんな人にも好かれたい」
と、考える私の奢りに対して、警告されていたのだと思えてなりません。

そうですね。どんな人も好きでいる、どんな人にも好かれる。そんなことは無理です(爆)。
しかし好きになれなくても、好かれなくても、最低限のマナーを守って、そのかたに
不快な思いをさせないようにする、危害は加えないようにする、そちらのほうがずっと
大切です。
その結果、好かれることもあるかもしれないし、好かれないこともあるかもしれない。
好かれようと思ってやること自体が、、、まずいでしょ、だいたい。
好かれる、という報償を得ようとしている。

いや、ぜったいそれをやるな、と言っているのではありません(汗)。さいしょはそれで
もいいわけですね。しかしできることなら、だんだんに高めていってください。動機の部分を。
見返りを求めずにできるように。

花束さんは「自己愛」を満足させるための「他者への愛」なんですよ。「こんなこと言っちゃう
オレってすてき」っていうか。常に「自分が中心」。自分の美学を満たすために、人を
愛するフリをする、というかんじ。自分の美学を満たす・・・それが至上命題だからプライド
傷つける人には怒るわけですね。
でも形として「愛してるかんじ」を演出することはできるんです。

709 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 16:15 [ .SQSFxkM ]
私の最初に背負ったカルマ。
無知であること。
蔑まれること。

私は、無知な者として生まれました。
物心付くまで、何かの障害があるのかと思われる程に、
本当に無知で、無垢だったのです。
その雰囲気が、他の子どもと違ったので、
私は、周囲の人に、奇異なものを見る目で見られました。
母はそのことで苦しみました。
しかし「天使のような子どもだった」と回想します。
私はそのころのことを、あまり覚えていません。

年を取るにしたがって、私は知恵をつけました。
そして、蔑まれることを自ら避けるようになりました。

私の周りには、今世も、素晴らしい方がたくさんいました。
深く親交を持った方もいれば、
浅くしか交わることのなかった方もいます。
でも、私のような者の周りに、とりわけ素敵な方がたくさんいるのも、
大きな恵みとしか思えません。
私は自分のことを昔から「人運がいい」と思っていました。

無知であった私は、善も悪も、どちらも学ぶ可能性を秘めていました。
ゼロから始め、プラスに行くのか、マイナスに行くのか、それを任されていました。

蔑まれることは、私のつんできた徳が少なかったものですから、
そういう運命を組み込まざるをえなかったのかもしれません。
それといっても、蔑まれた記憶にさいなやまされるようなことはないように、
はからっていただいたのですから、これもやはり、大きな恵みだったと思います。

私は、この恵みを持って生まれるか、否か、自分で選びはしなかったでしょうか?
そして、恵みを受ける代わりに、「約束」したのではないでしょうか?
これらは、悪に染まったこの身には、あり余る幸福と幸運なので、そうと考えると辻褄が合うのです。
厳罰で償うのではなく、恵みを受ける。
その代わり…
生きる苦しみを背負っても、プラスの道を進むこと。
プラスの道を進んで、その進んだ距離と身の丈にあった、良い行いをすること。
それが償いになると、そう約束しはしなかったでしょうか?

私は、約束を果たす道を行かなければなりません。
他の方法は、思いつきません。
他の方法が、いいとも思えません。
具体的にその道が見えるたびに、怖くなるかもしれないけれど、
私は踏み出さなければいけません。

気付かせていただいて、ありがとうございました。
宗教なんて信じないよと、斜に構えた私は、
ここでこういった機会でもなければ、一生を棒にふっていたかもしれません。

710 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 16:23 [ CTDVrK66 ]
>>707柊さん
お耳には届いております。神さまはその祀っておられるかたの心がけ悪いと出ていかれ
ること、よくありますよ。もちろんそれまでに、ご注意を何度もされます。いろいろな
形で。しかし柊さんは聞こうとしなかった。聞く耳がなかった、と言われています。

>主人の守護霊さまも怒っておられ、主人の気持ちも離れていくのは当然なのですね。

たしかにご主人の守護霊様は、柊さんのことを怒っておられます。
それはお不動さまのこととは関係なく、怒っておられるようです。
なぜなのでしょう。

>一生懸命お祀りしている義母や主人の大切な方を何もしない私が追い出してしまった・・・

しかしお義母さんやご主人も、、「ご利益があればいい」というお気持ちだけで、
一生懸命お祀りなさっているようですね。それもお気に召さなかったそうです。

711 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/24(金) 16:33 [ y9PoahpY ]
表面的には「邪神と手を切る」の思いと「今の生活を手放せるか」との思いが
シーソーのように揺れています。 しかし、手を切るなんて出来やしないと思ってる。
どこまで汚れてしまったのか? なぜ、こんなに物欲が強いのか?

いや物欲だけじゃない。 私は母が死んでいて良かったと思うことがあった。
自分のやっている事を母が快く思わないだろうと知っているからだ。

今は、どうしたらいいか分かりません。 というよりも私の中の欲心をどうやって
引き剥がしたらいいのか、引き剥がせるものなのか分からない。
助けてほしいけど願えない。 なぜなら、その願いは邪神に通じてしまうだろうから。

712 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 16:38 [ .SQSFxkM ]
>どうやって清算するかは自分で考えましょう。
一応、考えているです。
小さなことですが、自分的には切腹覚悟です。
清算するにしたがって、「日常のことを自分のために」の方の課題も、
きちんとやらなきゃいけなくなってくると思います。

>常に「自分が中心」。自分の美学を満たすために、人を愛するフリをする
そうなんです。
今までそんな奴が、一番嫌いって思ってました。(正直、今も嫌い)
自分がそうであることを隠すために。
そうであることに気付かないための、罠でした。

ここで敢えて言われたのは、それが私にとって一番言われたくないことだからなんだろうなぁ…
まだ、気付ききってないでしょ、みたいな。
ぐさーっと、きますね。はぅ

ほんっと、おいらの性根は、どこまで腐っているんだか。
ま、負けないぞ…

713 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 16:47 [ CTDVrK66 ]
>>709花束さん
>生きる苦しみを背負っても、プラスの道を進むこと。
プラスの道を進んで、その進んだ距離と身の丈にあった、良い行いをすること。
それが償いになると、そう約束しはしなかったでしょうか?

そうです。約束はそれだけではありませんけど。

>宗教なんて信じないよと、斜に構えた私は、

たしかにモンダイを起こす宗教団体がたくさんあります。
しかし「宗教なんて」と言われる人を見るたびに私は思うのです。
そうやって「宗教団体の中にいてどっぷりドグマに浸かっている人」と「宗教団体の
外から信者を蔑む人」とは、とてもよく似ている。

なぜ自分で考えないのか?ドグマにしろ、固定したイメージにしろ。外から植えつけられた
ものです。外のものを参考にするのはよい。しかしそれを個別のケースにおいて、どれを
当てはめ、どれは違うのか。どの程度参考にするのか。それらは個人で、決めていくんです。
自分で判断し、自分でその結果を負う。
宗教団体に所属する、しないに関わらず、そうやって知性で判断をし、そして祈りたければ
祈ればよいのです。知性が秀でているからといって、すべて人生それで乗り切れるわけでは
ないですよね?その無力さを認め、謙虚な気持ちで導きを祈ればよい。

もしも自分で判断を下し、間違ったとしても、それを糧としてひとつ賢くなればそれでいいんです。
間違いをしたくないから、失敗をしたくないから、とやたらと霊能者その他に頼る(爆)のは、
結局「痛い想いをしたくない」という自己利益を図る想念が根底にあり、行為ですから、それは
その人の魂の成長につながりません。

714 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 16:52 [ CTDVrK66 ]
>>712花束さん
>ここで敢えて言われたのは、それが私にとって一番言われたくないことだからなんだろうなぁ…
まだ、気付ききってないでしょ、みたいな。

そうですよ。わたしはあの段落の前で送信しようとしていましたw。
でももうすこし書かなきゃいけない気がして、出てきたのが「自分の美学を満たすうんぬん」でした。

715 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/24(金) 17:01 [ y9PoahpY ]
リロードして他の方々のレスを読んで気づきました。 私にはお詫びをしようという
気持ちを持っていなかった。 神様からいただいた力を私欲のために使い、人を不幸に
して、それでも詫びる気持ちがなかった。 いや、もっと悪い。 詫びても取り返しが
つかないだろうと思っていたのです。 つまり、詫びる代償を受け取れないから、
詫びても何にもならない。と思っていた。 お詫びする事に代償を求める必要など
ないのに。

今頃、そんな大切なことに気づいた私のお詫びの言葉を受け入れて下さるのか…
違う、受け入れて下さらなくてもいい、どうか謝らせてください。

神様、申し訳ありませんでした。 私が不幸にした方々ごめんなさい。
そして母にも、死んでいてくれて良かったなんて思って、ごめんなさい。

716 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 17:03 [ CTDVrK66 ]
>>715シロウさん
はい。その点でしたね。よく気づきました。しかし、さらに考えてください。

717 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 17:04 [ xEe6dfQI ]
>bluebirdさん
もう一度お不動様にお教え頂きたいです。
私は神仏を全く邪険にしたりする気持ちは無いつもりです。しかし結果が物語っています。
甘えですがお祀りの仕方が分らないです。神仏に関しては義母が絶対の立場です。
ご利益優先・・イエ全てです。何をするにしても張り合うので入らないように、近づかないようにしてきました。
当然この事は逃げでしかありません。
義母や主人がどうであれ、私が心を込めたお祀りをしていたら・・・
悔いています。 立派な形がなくても「心」でしたのに。。。いつもの通り格好だけの私の結末です。
悔いているのは、出て行かれた事ではありません。 裏切ってしまった事。
お不動様を悲しいお気持ちにさせてしまった事。
どうぞお許し下さい。

主人の守護霊様が何故怒ってらっしゃるか・・解りませんでした。全く。
でも・・今日・・・想像ですが、日々の私の怠慢さ・・・傲慢さ・・・(生活全般、義父母、子供達)
尽くしてるつもりで、(本当に自己満足の”つもり”だけ) それ以上のモノを求める厚かましさ。
何よりも主人のささやかな望みすら、少し考えれば解る事なのに・・イエ考えなくても知っています。
それを無視してきました。
・・・私が想像出来るのはその事です。

718 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 17:10 [ CTDVrK66 ]
>>717
お祀りの仕方はモンダイないですよ。気持ちだと言っているでしょう?あなたの気持ち。
義母さんにもオットさんにも多少モンダイはあった。でもお不動さまが出て行かれた
いちばんの原因はあなたの心根です。逃げないでください。
いちばんの原因はあなたなんです。
いちおうお詫びのことばを聞いておられますが、本心からの反省ではないと言っておられ
ます。

守護霊さまが怒っていらっしゃる原因は、上に書かれたことではないそうです。

とにかくゆっくり落ち着いて考えてください。早くレスしたからといって、「回答」が
引き出せるわけではありません。なぜなら、いちばんのモンダイは柊さんの気持ちだから
です。気持ちの伴わない言葉を書かれる必要はありません。伴っていない場合、今後は
スルーとなります。

719 名前: 花束 投稿日: 2004/12/24(金) 17:12 [ .SQSFxkM ]
本当にプライドの高さを反省しているのなら、
bluebirdさんに「自己愛ですね」って指摘されたくらいで駄目になったりしないわけで。
(駄目になりこそしないけど、しっかり、へこんだ自分がいますけど。泣)

だから、言われて良かったって思ってます。
ありがとうございました。


約束、まだ思い出しきってないんですね。私。
やはり推理だけでは駄目でした。
また考えてみます。
真剣に考えれば、前世の記憶の時みたいに、何かとっかかりがあるかもしれない。
手助けを感じることも、ともするとあるかもしれない。

ちょっとこれから忙しくなりますが、この課題は忘れません。
限りある時間の中で、真剣に考えさせていただきます。
これからは文章が、短くなるかもしれません。
でも、また報告させていただきます。

宗教そのものには抵抗があったのですが、宗教性には興味を持って、
いろいろ勉強させていただいたこともあります。
まさか体感する日がくるとは思っていなかったけど。
というか、体感することに否定的なあたり、私も蔑む側にいたのかな。無意識で。

考え、選択し、その選択に責任を持ちつつ、
祈り、導きを感じる…
私は、名前のない宗教で、いま、世界の仲間とともにあります。
この仲間になれたことは、とても喜ばしいことだと思います。

長文を書き散らして、読んでる方は大変だったと思います。すみません。

リアルタイムでやり取りをしていただいて感謝です>bluebirdさん

720 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 17:25 [ CTDVrK66 ]
トウガさん
「青い神からあなたに言っておくことがある。
 ごまかしを止めなさい。
 饒舌を控えなさい。
 反省した点だけを書きなさい。
 質問は受け付けない。
 以上」

721 名前:投稿日: 2004/12/24(金) 17:28 [ xEe6dfQI ]
はい。未だ反省はし切れて無いです。整理がついていません。
取り繕っている気は無いのですが、「私が至らなかった事」「申し訳ない事を致しました」
と云う気持ちに私なりに嘘では無いつもりです。(これは神仏に訴えても馬鹿な事ですね)
が、多分そんな次元の感覚で思考が止まってしまう可能性は大です。
今までそうでしたから(恥
チャンとしっかり掘り下げて考えます。真の反省に辿りつくように。。。

守護霊様のお怒り。
もしや?というものがあります。
こちらも既存の考えに縛られないように、もっとシッカリ思い出してみます。
ある筈ですから。

722 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 19:58 [ MKOjt8AI ]
私はここへ来ることは許可されない立場です。
前BBSで、私はあらゆるごまかしを行いました。
自分と周囲に嘘をつきました。ことばで己を偽りました。
傲り高ぶり、導いてくださった多くのご存在と、ご指導してくださった神さまがたのご温情を踏みにじり、裏切り、約束を守らずに隠れました。詫びて足りることではないと思っています。
私の本質は悪魔、あるいはそれ以上です。
気づきを拒んだのは魂の私ではなく、この私です。
そして、ここへきてまたも私は甘えすがりつく真似をし、救われようと画策しました。だから書きます。自分の中の全てをさらけ出して書く必要があります。
この場所をROMすることも許されるはずもないのに、のこのこやって来ました。厚顔無恥きわまりない。
私は狡猾で、魂のクセを直視しないために、たくさんの手を使いました。
善人ぶって何もわからないフリをしました。邪を怖いと思いこみました。私のほうがよっぽど極悪なのに、です。

私はたくさんのことを「わかっているフリ」をして、すり抜けようとしました。
それは神への冒涜でした。
「自分で溶かせる」と言われた封印でさえも、自分で解こうとはしませんでした。解いてしまえば「知らないフリ」ができないからです。どこまでも黒く汚い私なのですから。
何度も与えられたチャンスも、「頑張るフリ」をしていたのだと思います。根底から全力を尽くさなかった。
限りない温情を与えてくださる神さまがたに対し、これほどの裏切りがあるだろうか?とそれをした張本人の自分に背負いきれない罪の重さを、やっと(今さら)感じ始めました。次へ続きます。住人の皆さんごめんなさい。

723 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 20:08 [ MKOjt8AI ]
bluebirdさん
私はあなたのお立場を知りながら、あなたに取り入ろうとすり寄り甘えました。
私があなたにしたことは、結局はそういうことでした。
悪から学んだそんな小手先の行為は、あなたには通用しないのに。

724 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 20:30 [ MKOjt8AI ]
かつて私は、許しを請う小さく弱いものを、ためらいなく斬りました。
無抵抗のそれを。救うことをしなかった。多くのものの悲しみを無視しました。
また、神の領域に土足で立ち入り、己のエゴのために秩序を乱しました。
そして「これだけ働いたのだから救ってくれ」と甘えた取り引きに心を引きずられるのは、私が悪のときに身につけた癖。

725 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 20:57 [ MKOjt8AI ]
私は私の魂の声を、聞かなかった。目に見えることに没頭(するフリを)して考えることを拒んだ。
私は自分から「白い神さまとの約束」を踏みにじったのにもかかわらず、ここでレクチャーを受ける皆さんに嫉妬の感情を向けました。
みなさん、八つ当たりしてごめんなさい。

726 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 21:09 [ MKOjt8AI ]
私は自分の魂が、さもキレイであるかのように、表面だけを取り繕った。
ここにあるのは、腐敗臭を漂わせた黒い私。
己の過去と現在の悪事に目を向けず、蓋をした。意図的に。計算ずくで。

727 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/24(金) 21:13 [ CTDVrK66 ]
トウガさん
分析は外れていません。しかしそれだけではないでしょう?書かれたことはおよそ、
全体像の6割程度。あとの4割を書いてください。現世だけであと4割残っている
そうです。
そして過去世。あなたの過去世に積み重ねたものを思い出してください。思い出せるように
なっているはずです。過去世の罪です。724ですこし書かれていますが。それとは違うこと。
というか最も根本的な罪。裏切りです。私への裏切りをされています。そしてそれを
隠し続けておられましたね?
ヒントは以上です。

728 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 22:06 [ MKOjt8AI ]
お導き、ありがとうございます。

現世では。人を貶めることをなんの罪悪感もなくおこないました。
かつて愛した人を、その人と結ばれた人を、なじり憎み呪いました。
別のところで、罪もない人を自分の感情のままに痛めつけました。集団で。
私を攻撃するものに対しては、立ち上がれなくなるまで打ちすえました。
私の行く先をジャマするものは、全てなぎ払い、憎みました。
自分の考えに沿わないものは、声も聞かず、悪だと決めつけました。
自分が正義なのだと、誤解のままに。手段を選ばない。皆殺しの理論。
弱いものを守るフリをしながら、あざけり、ののしり、踏みつけにしました。
なんの慈悲心も持たずに、弱い彼らを騙しました。
善人ぶって。説教たれて。黒い私が。

729 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 22:30 [ MKOjt8AI ]
現世での続きです。
私がかなわない相手に対しては、力の強いものに取り入り「虎の威を借る狐」で叩き潰しました。
善であれ悪であれ、近付くものは全て疑いました。
あたたかな厚意でさえ、私は笑顔で受け取りながら攻撃をしました。
偽善ぶりやがって、と。(←それは自分自身の投影)
私は、強い力をもつ存在の懐に入り「お気に入り」になるのが得意。
自分に知恵がないので、大きな存在を利用する。
これは過去生に繰り返した魂の癖、です。
自分は努力をせずに、他者の輝きを利用する。そして貶める。何度も繰り返しました。
媚びを売り、同情を引き、甘え、従い、頃合いを見計らって罪の意識のかけらもなく裏切る。
過去生のことを具体的にはまだ思い出せませんが、そうして生きたはずです。

730 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 22:41 [ MKOjt8AI ]
bluebirdさんへの裏切りの行為については少し考えてまとめてから書きます。
悪魔の私はまだ魂の私を引きずり込む魂胆。思い出すことに抵抗をする。
逃げられるわけなどないのに。アホかおまえは。
ごめんなさい。でも逃げません。きちんとあぶり出して書くことが今の私の義務。

731 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 22:57 [ MKOjt8AI ]
すみません、時系列があやふやになりますが、書く必要のあることはとにかく書きます。
今このときに、一気に書かなければいけない。

私は、温情あふるる神さまがたに、理不尽な怒りと憎しみをぶつけました。
全ては、黒い私の蒔いた種だというのに。
そしてそれも、善人のオブラートでくるみました。自分さえ偽り。
ほかのものが悪いのだと、責任をすり替えた。愛(ニセの)さえ、利用して。

732 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 23:09 [ MKOjt8AI ]
私は自分の汚さや失態を指摘されると、すぐ言い訳をして逃げる。
自分は悪くないのだと、いかにもな調子で必死でアピールをする。
同情で許してくださった人に、心の中で舌を出した。私に騙されましたねと。
ザマーミロ? ざまあねぇな、は、自分の姿。罪を重ねていることに気が付かない愚者。

733 名前: みつる 投稿日: 2004/12/24(金) 23:29 [ ACdQAIPw ]
bluebirdさん、神さま、お尋ねしたい事があります。
ありますが、お尋ねすることが…ためらわれます。
どう何を尋ねたいのか考えがまとまらない…。

おぼろげで…。
おぼろげになってきてしまいました、あのはっきり認識できたあの汚い自称王のすがたが、
あと、見つけたことを、(特に、手を開くこと)それ程意識せずにいること。
それは私の決意が鈍っているのか、また読みなおしてと思うのに
頭がはっきりせず、そして体調がよくないのです。

体調が悪いのを理由に先のばしをしているのではないのかということ、
魂のクセはなかなか抜けず、ぶりかえしがあるとおっしゃられた、これがそうなのかということ、
自分に、わからない。
それより考えがまとまらないです。
ごめんなさい。

私に宛てられたbluebirdさんからのかきこみを読むと
レーザーの砲で射たれような、強いものが来ます。
ショックを受けます。ショックといっても感情面でのショックではありません。
そして、こう、ふらふら〜っとします。
それは悪いものではないこと、霊的処置をしてくださっているのだとを教えていただきました。
…この問いは保留にいたします。
自分のことで精いっぱいになってきています、
いつもなら「することができる」ことが、「できない」です。
きちんと受けとれる状態にならないと…。
でもとてもbluebirdさんからのおこたえがいただきたい、そう思ってしまうのです。
ごめんなさい。ご判断はおまかせいたします。

734 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/24(金) 23:39 [ MKOjt8AI ]
断片的かもしれませんが、思い出したことを書きます。

bluebirdさん
あなたは私の師でした。知恵と愛にあふれるあなたを、私は尊敬し憧れました。
はじめは、シンプルな気持ちであなたを慕ったのだと思います。
そんな私に、あなたはたくさんの温情を与えてくださり、可愛がってもくれたのだと思います。
ですが私はあなたになれるはずもなく、愚かな弟子でした。
あなたへ向ける私の感情はいつしか嫉妬で歪み、私は歪みと悪を心の中で増幅してゆくのを止めなかった。
あなたの気が付かないところで、私は悪にリンクしました。
そして、あなたに関するなにか重要な情報を、悪側へ流したのだと思います。
あなたは私の裏切りに気づかずに、命を落とされたか失脚されたか、したのだと思います。
(この時代が、肉体があるときかないときか、思い出せていません)
私は私自身の醜く汚い欲のために悪に手を染め、聖なるご存在のあなたを裏切りました。
私はあなたを、悪に売った、ということです。そして、それを今の今まで隠しとおしました。
あなたに現世で再会しても、なお。自分も偽り、涙まで流して。

・・・今のところはここまで思い出しました。悪魔の私に流されないよう、もう少し内面で戦います。

735 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/25(土) 00:47 [ b18wMBJ2 ]
24日の夕方に体験したことを報告させて頂きたいと思います。

このスレを読んでいたらPC画面から物凄いパワーの風を感じました。髪が総毛立ち
後ろに引っぱられる感覚、そして後頭部から首、両肩にかけて引き剥がされるような
感じがしました。

ああ、霊的処置を施してくださっているんだなと思いました。ありがとうございました、
でも、かなりキツかったです。 こんなに苦しいぐらいの処置が必要なほど汚れきって
いるんだなと改めて自分がおぞましく感じました。
そして、いろいろなものに導かれて、ここまでやってきたなぁと思ったときです、
おそらく魂であろう方の言葉が体の中に響きました。
「あなたがたに様々な方法で ここまで導いてもらった私が、どうして進まずにおられようか。」
そういった意味の言葉でした。 頭に髷を結って白い着物を着た方が、寂しいような申し訳ながっているような
表情の方が私の頭のてっぺんから出て行かれたようです。

736 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/25(土) 00:58 [ WV3T9gjk ]
私は神を愚弄しました。自分以外のあらゆるものを愚弄しました。
光のご存在までも、踏みつけにしたというのに、私はそれにすらベールをかけた。
・・・まだ書き足りません。私の罪は。

ごめんなさい、神さまがた、長きに渡りお導きをありがとうございます。
また明日、ここへ来ます。必ず。全てを吐き尽くすまで来ます。

737 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/25(土) 01:15 [ b18wMBJ2 ]
連投失礼いたします、肝心な事を書き忘れたので。
私を導いてくださる方々、私に気づきを与えてくださる方々、ありがとうございます。
そしてこのスレの皆さんに感謝を。皆さんのレスで自分には足りないものがあると
気づかせていただきました、本当にどうもありがとう。

それと過去の事ですが… 実は中高生の頃に気づいたのですが、うまく思い出せないんです。
幼稚園の頃を思い出すと小学校の頃が思い浮かばなかったり。 最近は断片的ですが幼稚園、
小中高と並行して思い出せます。 でもアルバムの写真を見ているような感じ、というのかな。
あまり実感がありません。

738 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/25(土) 02:39 [ vNCbdwpw ]
眠ろうと思ったんですが、魂が逃げている気がしたので書きます。
昨日、神様に誓いました。今まで自分に欠けていたものだったので、
これが神様との約束だったのでは、と思いました。

でも。
私にはまだ汚れが残っているみたいなんです。

どうも過去世の私って、かなりの自己中心的人物だったのではと思います。

・自分のやりたいことはどうしてもやらないと気が済まない。
・目立つの大好き。人の目が自分以外に向けられると、それがとても気に食わない。
・その人に激しい嫉妬心を燃やす。心を読んで、何かをする
 (その人を貶めるのか、それとも自分に利することをするか)
・自分の立場が悪くなれば口八丁手八丁で言い逃れをする。人の責任にもする。
・恩を恩と感じていない。何か自分に害が及ぶのではと常に疑う。
・ヘタレ(今もですが)
・女性関係で失敗した?(これは自信ないです。夢にとても怖い女性が出てきたので)

書いていて呆れてきてしまいました。私なのに。
ただ、過去世の私のせいだけではないのです。
現世の私も多くの過ちを犯しました。人を傷つけました。
この、自己中心的考えをなくさない限り、私の約束は果たせないだと思います。

逃げてはいけない。

739 名前: 花束 投稿日: 2004/12/25(土) 04:25 [ 8m5xWMzg ]
嘘の清算を始めました。
やっと、長きに渡った嘘を取り止めました。
浮気をしたこと、それを隠していたこと、ずっと隠すつもりだったこと…
ここであれほど反省したのに、それを清算しようと今まで考えなかった。
無意識で逃げていた。
やっとの思いで、恋人に打ち明けました。
神様、無様な私を、見守ってくださり、ありがとうございました。
神様の気配に、いかほど勇気をいただいたか。
しかし、なんか「言ってすっきりした感」も否めないなぁ。
実は自己満足なのか…?
これからの行いを、神様にお見せしながら考えます。

砂の城を壊し始めました。
しかし、暴力的な工事開始宣言をしてしまった。
かなーり、反対されてしまう…この未熟さ。
「取り壊し反対運動」みたいな感じ。
でも、これが私。
揺り戻されるわけにはいかない。
砂の城の倒壊を、喜べない友よ、すまん。
きみの気持ちも無視はしない。
それを見ることで感じる痛みを抱えながら、私は行く。
次に話す時は、きみを傷つけないように気を付けよう。
きみの高いプライドは、自分と似ていて気に掛かるけど、今の私に導く力も度量もないから。
ソーシャルスキルの自覚を持って、きみと行く道も続けよう。
…城の壊れた私を、きみが愛せなかったとしたら、きみを置いていく覚悟をしたこと、ついには言えなくてごめん。
いつか、時がきたら、全部話すよ。
きみのこと、親友だと思ってるから。

神様に、偽善者な私が小さな善をする許可をいただき、同居人のために小さなケーキを買って帰りました。
ちょっと、ほんわかしました。
私にお似合いの小さな良いこと。
こういう風に重ねていけたらいいな。
傲慢の罠…赤い神様…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
神を怖れなかった自分って、ほんとに鈍感。

740 名前: 花束 投稿日: 2004/12/25(土) 04:40 [ 8m5xWMzg ]
確信は薄いのですが…
「約束」について。

…私、bluebirdさんにお会いできることを条件に、何か重大な約束をしてませんか?
どういう形であれ、少しであっても、こうして時を過ごすことを条件に。

魂が、bluebirdさんを、ひどく好いているのです。
もう…「この方に会うために、生きてたっ!」てくらいの気持ちなわけです。
特に、あの夢を見た後。
浄化をしていただいてから、夢でお姿を見てから、そんな感じが強いです。

(あー、これで違ったら、とんだ告白ショーだよ…
てか、bluebirdさんを魂が片思いしてるのって浮気?汗)

あー書いたら、ますます確信がわいてくる。
もし「そうです」って言われたら、どうしよう。
この魂、きっと、とんでもない約束してるぞ。会いたいばっかりに…

741 名前: みつる 投稿日: 2004/12/25(土) 06:56 [ VfihQMrE ]
悪魔のでてくる夢をみました。
恐い…。すごく恐い。
姿は人間。顔は思い出せないですが、「まったくまばたきをしない」印象。
セレブのような、金持ちそうな2人の女がいて、
お店が混んでいるのか何かで、悪魔の用意した車2台にそれぞれ乗り込んで運転してでていく。
でていく際、私は見送る視点で、
その時近くで、「いいかい、悪魔は明らかにおかしいことを言ってくるから」と
隣かな?男の人で中年ぐらいの歳の人、が言っていて。
すこし離れたところに、あの恐い男の人がいて、
そう話をしているのに気付いていないようです。もしかしてこの人…?と思いました。
悪魔はこんな明らかに恐いのではなく、
とり入るように、それとわからないように、ぬるま湯のようなユルいかたちをとると思っていたのに。

そのあと視点が切り替わって、あの車を運転しているうちの1人になります。
先を走っているもう1人の車のあとをついていっている。
そこで終わったような…。

目が覚めて、恐くて恐くて仕方なかった。
部屋の中に立っているんじゃないのかって。
時計を見たら5時30分ぐらいで、印刷するのに時間があるな、
…と思ったのですが、
おぼろげな自称王のかわりの手がかりになるんじゃないのかと思い、記録することにしました。

あ、夢の「悪魔編」は、セレブ2人が店がいっぱいだからとでていく(帰る)所からはじまりますが、
その前は、布団の中で私がスレッドを読んでいるという夢でした。
あれ?いつのまに携帯の電源入れたっけ?と目覚めた気でいました。
はっきりと読んでいたのですが、今はどんな内容を読んでいたのかわからなくなって…。
930番あたりを読んでいました。

742 名前: みつる 投稿日: 2004/12/25(土) 07:36 [ 2/1q4WUQ ]
bluebirdさんは、私が悪魔を誘った、とおっしゃられた。そして交わったと。
現世私は今まで悪魔を受け入れる準備をしていたのかもしれない。
もうやめたつもりですが。「誘った」。非常にやりかねない。
前世は男ばかりと思っていたのですが、女であった時も、と思います。
抽象的な意味合いで「交わった」のではなく本当に??
悪魔のような、欲だとか悪いことなどと交わったのではなく、
本当に、悪魔、という存在と??と考えていました。

おととい、芝居を見てきたのです。
財のため国をだめにする王の話と、悪魔がてでてくる、2本。
えぇえ、かんべんしてくださいよーっ、ヒーッてもう…。
これも必然だったのかもしれません。
悪魔役の役者さんはかっこよかった。「役者」さんは!!
本当は違う。悪魔は、そんな、欲望の化身なだけじゃない。そう思います。

743 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:19 [ 15RvWkVE ]
>>742みつるさん
>現世私は今まで悪魔を受け入れる準備をしていたのかもしれない。

そうです。間近でした、あのままでは。

>抽象的な意味合いで「交わった」のではなく本当に??

過去世ではそうでした。悪魔は受肉することができます。その悪魔の要素を人に組み
こむこともできます。
現世では、リアルに肉体をもった悪魔ではなく、悪魔の霊体?のようなものが来ようと
していました。霊体だけでも交わることができます。交わると悪魔の魂がみつるさんに
組み込まれたでしょう。組み込みの度合いは、みつるさんの汚れ具合に比例する。
だからね、じゅうぶんに汚してから、交わろうとします。

744 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:30 [ 15RvWkVE ]
>>741みつるさん
見たのは、ほんとうの悪魔です。そこで見たのは、みつるさんに接触を図ろうとして
居た悪魔ではなく、ここに来ているだれかの中に居る悪魔でした。女も悪魔。

>お店が混んでいるのか何かで、悪魔の用意した車2台にそれぞれ乗り込んで運転してでていく。
ここの掲示板が「お店」だったの。様子を見にきたんだけど、混んでいるからじゃなくて
光が強いので、中に入らずに素通りしたことを意味しています。

「ここに来ているだれかの中にいる悪魔」と書きましたが、いまはその人の中に居ません。
わたしがその人から追い出しました。その悪魔を踏みつぶすこともできるのですが、
その許可が神さまから降りません。とりあえず、追い出して、様子をみています。
懺悔中だから。ご本人次第で、その悪魔4体はふたたびご本人の中に戻すこともあり得ます。
4体ともバスターすることもあり得ます。決定は白い神さまがなさいます。
わたしはその決定権限はありません。決定にしたがって、言われたことをやるだけです。

>その時近くで、「いいかい、悪魔は明らかにおかしいことを言ってくるから」と
隣かな?男の人で中年ぐらいの歳の人、が言っていて。
この中年男も悪魔。明らかにおかしいことは言いません。うそをついています。

>すこし離れたところに、あの恐い男の人がいて、
これも悪魔。しかし力が強い。魔王というほどではないけど、悪魔の中では力の強い
ほうです。

745 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/25(土) 08:37 [ WV3T9gjk ]
宙ぶらりんの気持ちのままROMをしていた私が、本格的に逃げを決めた直後
私のもとへいらっしゃったのは、白い神さま、あなたでした。
「彼女のもとへ戻りなさい」と笑顔でおっしゃり、罪人の私が向けた剣を素通りし
ご存在をお示しになりました。
神さまがたのご存在の前では、私は無力。
抵抗も言い逃れもできるはずもありません。全ては筒抜けです。
既に資格を失った汚れた私が、現世で一番手放したくないものを失う覚悟で罪を吐露する
「自由意志」を選び戻ってきたのは、白い神さま、あなたのお導きに他なりません。
ありがとうございます。
前BBSを閉め全ての関係者と連絡を絶った直後に、おいでになったご存在も、
白い神さま、あなただったのだと思います。
あろうことか私はあのときあなたを追い返しました。申し訳ありませんでした。
今日も魂の本質のあぶり出しを続けます。

746 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:40 [ 15RvWkVE ]
>>740花束さん
>私、bluebirdさんにお会いできることを条件に、何か重大な約束をしてませんか?
どういう形であれ、少しであっても、こうして時を過ごすことを条件に。

そうです。その重大な約束を思い出してください。

あなたは大変な決心で、その約束をしました。そのためにこの時期に生まれるように
神さまがちょっと「むり」をなさいました。
さきに書いておられた「こどものころのはなし」ですが、、花束さんとその子供時代と
違っていて当然なんです。神さまは魂を入れ替えなさったのです。花束さんが生まれて
これるように。さいしょ入っていた魂は天使でした。あなたのご両親は本来ならば
「天使の子」を授かるかたたちでした。あなたが「ぜったいに約束を守りますから」
というので、そのご両親の魂と、天使さんに説明をして、そのように神さまがなさい
ました。ご両親も、天使さんもすんなり了承されたのではないんですよ。そこにそう
やって生まれる必要がほんとはあったんです。そこを、ご配慮で「横入り」させても
らったんです。
だから「約束」を知らぬ存ぜぬで通す・・・ことが許されるわけがありません。
ご両親にも天使さんにも申し訳がたちません。神さまが申し訳が立たなくなってしま
われます。神さまに恥をかかせるような真似はしないでください。

747 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:46 [ 15RvWkVE ]
環さん
「いつまでかかっているのか?
 遅い。
 早くしなさい。
 待ちくたびれた。」

748 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:49 [ 15RvWkVE ]
いつか
会える日が来る。
そういう約束を
しているのに
その義務を果たさない。

749 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 08:58 [ 15RvWkVE ]
さらに
アレが欲しい
コレが足りないと
言い募るのか。
ここに来られる
こと自体に
どれほどの神が
働いたと思う?

750 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 09:00 [ 15RvWkVE ]
ここまで
腐っているなら
むしろ
「捨てる」ほうが早い。
そこをあえて
拾い集めている。

751 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 09:01 [ 15RvWkVE ]
こだわりを捨てよ。
過去の自分を捨てよ。
もうあなたがたに
「欲」は許されないと思え。

752 名前: みつる 投稿日: 2004/12/25(土) 09:16 [ f2n9fcYg ]
本日目が覚めた時、昨日よりもすっきりしていました。
bluebirdさんと神さまと導き手さまのおかげと思っております。
遅くなってしまいましが、ありがとうございます。

見た夢の記憶が今はおぼろげになってしまい、
そしてまたぼーっとしてきています。

私は女性として生を受けたことに、非常に意味があると思っています。
そのことで知ることがたくさんありました。
特に弱いというところで。

もしかして、前世一番最初に悪魔と交わったのは女だったのでしょうか。
その部分で、もしかして抵抗している…?

って文章をつくっているあいだにbluebirdさんからお返事が!
ひいえええ!悪魔だったんですか!全員!!!

753 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/25(土) 09:18 [ WV3T9gjk ]
私は現世で、「愛」「感謝」「優しさ」ということばの本質をわかりもしないで
弱い人々にそれを使って騙しました。私を尊敬するように、し向けました。
いかにも自分が賢いかのように、それを知っているかのような口ぶりで。
何の理解もしなかったのは、その努力すらしなかったのは、私。
無垢で素直な人を救いもしないのに、彼らの心に分け入ってかき乱しました。
私が無知を憎んだのは、私があまりに無知だったからだ。

754 名前: みつる 投稿日: 2004/12/25(土) 09:23 [ Iqee95SA ]
寒気が!
…だって、私にそう言ったのは白髪混じりの優しそうな雰囲気の人で、優しく言ってきたんです!
この人は大丈夫だろうって…。ほんとに巧みですね、そして手強い。
昨日、イベントの夢の話を嬉しく読んでいたのです。(私は記憶はないです)
あの恐い悪魔のような人は実は私の心がけができてないからそう悪魔のように見えるのかとか、
守護してくださっているかたと夢の中で会えたらと、願望を持っていました。
うまくつけ入って、吹き込まれていたのですね。
私はいつの間に善悪を明らかにおかしいとか判断できるようになったんだろう?と、
暴露しますと、ちょっと不思議に、ああでもそうなのかーそういうものなのかーと思っていました。
ほんっとに恥ずかしいこと!それ以上に私はまだまだまだまだです!!
まだという字がいくつあっても足りない!!
印刷はいいからはやく書き込むようにと導き手さまが導いてくださったのでしょう。
あやうく、偽りのハッピーでいるところでした。
間違った選択をするところでした。

本当に恥ずかしいこと。それ以上に私は愚かだ。
良心が私に響いてくるのはいつもずっとではない。
ほんのすこし、小さな響き。
私は導き手さまからの良心を正しくとれていないのではないか、
自分が不安でした。
私の心の揺らぎを神さまと導き手さまが見て取られたのでしょう。

今、いそいで書いてしまいました。
私は見るべきだったのです。
見せていただいたのですね。ありがとうございます。

755 名前: 花束 投稿日: 2004/12/25(土) 09:23 [ 8m5xWMzg ]
こんな私に常々、
「あなたが宝。生まれてきてくれてありがとう」
と言ってくれた母。
いつも愛してくれた。
「おまえは子どもなんだし、俺たちに気遣いはいらない」
と言ってくれた父。
いつも親切だった。
私は、二人を何度も裏切りました。
ごめんなさい。
何度あやまっても、足りない心地です。
bluebirdさん、ヒントをいただいて感謝します。

幼いころの記憶がないわけだ…
私は天使さんを追い出して、この体にいるのですね。
私が生まれたことに、これほどの責任があったとは。
私の決心に、これほどの責任を負う覚悟があったとは。
忘れていたことを恥じます。

償い始めの人生だと自覚したと申しました。
償い始めるだけでは駄目なのですね。
結果を出すことを約束しました。
あなたに学ぶ時代に生きることを選択した。
無理を押して頼んだ。

なんの結果か。
汚れきった魂を、元に戻すこと。
いえ、それ以上の仕事をすること。
天使さんがなさる予定だった、両親の成長を助け、幸せにする仕事を、私が遣り遂げること。
世の中に対して、できうる限りの良い行いをすると誓いました。
偽善を捨て、善をすると。
悪魔をやめ、天使の魂を組み込み直すと。

突然ですが…
私は、教師をめざす人間です。
にもかかわらず、悪魔を組み込んだ魂で、のうのうと生きておりました。
私の誓いは、両親へのつとめを果たすこと、そして将来の職業の中で間違った行いをしないこと。
次世代に悪魔の芽を撒き散らさないこと。
悪いものを剥ぎ取っていただいて、ありがとうございます。

みつるさんの夢にいた悪魔、それが私のものかどうか…それは、私には分からない。
(私の魂の所有物だったかもしれないのに)
でも、それと同様のものが私の中に巣くっていて、私が阿呆な行いをすると返ってくるのは分かりました。
それが恐いとか、言ってられません。
ここまで、適当にやってきて。
ここまでしていただいて。

赤の神様が私に歌うことを許される日まで、懸命に学ばせてください。
歌うことが許されたなら、懸命に償わせてください。
私は誓いました。
生まれる前に。
そして今。

神様、私のわがままを聞いてくれてありがとうございます。
私の両親に育ててくれてありがとうと思う。

756 名前: トウガ 投稿日: 2004/12/25(土) 09:59 [ WV3T9gjk ]
守るべきものを、救うべきものを、無視するどころか、貶めた。
力に任せた掴んだ過去の黒い栄光を、現世でも私は捨てなかった。
捨てるべきものにすがりつき、義務と逆のおこないをしていた。
それが私がしてきたこと。謙虚さのかけらもない。
役割を忘れ・・・忘れていたのではなく、素知らぬふりで逃げようとした。
「約束」は、私自身が直視しなければいけなかったこと。

757 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 10:40 [ 15RvWkVE ]
>>754みつるさん
>…だって、私にそう言ったのは白髪混じりの優しそうな雰囲気の人で、優しく言ってきたんです!
この人は大丈夫だろうって…。ほんとに巧みですね、そして手強い。

悪魔の影響のある人を「見分ける」のは至難の業です。社会的に成功している場合が
ほとんどです。知性もあり、表面を繕うことが巧み。

社会的な成功をおさめていない場合は、だれか霊能者とかエクソシストによって力を
弱められている場合があります。その存在が神に捕捉されていて、肝心なシチュエーションで
「力をおさえこまれて」いる場合もあります。

あきらかにへん・・・な雰囲気のヒトは悪魔系列じゃないです。
低級霊のたぐいが憑いてる場合が多いです。

>守護してくださっているかたと夢の中で会えたらと、願望を持っていました。
うまくつけ入って、吹き込まれていたのですね。

はいそうです。人の願望や欲に付け入ってきます。読みとりが巧み。その人のもっとも
弱いところを突いてきます。誘惑、ですね、まさに。

守護のかたと夢のなかでもう会っていますよ。忘れただけ。記憶を消されたのです。
肉体を失った時にその記憶は戻ります。

758 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 10:51 [ 15RvWkVE ]
アリーシャさん
「あなたを
 ここまで来させるために
 人がひとり死んでいる。
 あなたを生かすためだ。」

と来ました。アリーシャさんと面識のないひと、のようです。アリーシャさんを悪魔
から守るために。現世において。悪魔の注意をそらして、でも、悪魔の力が強かった
ので、そのかたはそれが原因でなくなっておられるようです(実際の死因は事故死みたい)。
このひとはエクソシスト。日本のひとです。ひそかに活動されていた。ひそかに活動
しているエクソシストはまれに存在します。マスコミにも出ませんし、それを正業とは
しません。そのような立場のかたでした。亡くなられたのは、ごくさいきん。
3ヶ月ぐらい前。神さまが「アリーシャさんを守ってやるように」、とそのかたに言われた
のです。3ヶ月ぐらいまえからアリーシャさんがここに来ることは決まっていました。
無事に来られるように神さまが計らいをなさいました。神さまもそのかたが命まで取られる
とはお考えではありませんでした。そのかたは、エクソシストとして経験が豊かなかた
だったのですが、、ちょっと悪魔に隙を見せてしまった。その隙を狙われ、事故に巻き込まれ
てしまわれたようです。
一瞬の隙を狙われ、一瞬にして現象を起こされると、神さまの助けが間に合わないこと
があります。
そのかたは今は救われていて、神さまの直属の魂として活動なさっています。

アリーシャさん、そのかたにお礼を言うように。

759 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 10:58 [ 5wIZV1co ]
昨日の帰宅途中、バスの車内で居眠りをしていました。
ほんの短い時間に夢を見た…気がします。
目が覚めて「今年の汚れ、今年のうちに」と
某洗剤会社のCMが流れました。
今年どころじゃないけれど、汚れを落とす時期が来たということなんだろうなぁ。
ここ数年、何だか腹を括らなければならないことが多いです。
逃げて誤魔化しても、何の解決にもならないことは
もう十分分かりました。書き出していくうちに思い出しました。
反省するのに時間が掛かってしまったことをお許し下さい。

クリスマスに、今までの人生を告白するというのは
今の自分には相応しい気がします。
約束が何なのかは全然思い出せません。
覚えていることを書き出してみます。

760 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 10:59 [ 5wIZV1co ]
※激しく連投になります。

幼稚園の頃。
お遊びの時間、教室の片隅で絵本を読んでばかりいました。
他の子供たちはおもちゃで遊んでいました。
お片付けの時間が来ました。
今まで自分の遊んでいたおもちゃを片付けます。
私は読んでいた本を本棚に戻して、
他の子供たちがおもちゃを片付けるのを見ていました。
先生がやってきて、一緒に片付けるようにと私に言いました。
私は自分が遊んだおもちゃではないのに、
何故私が片付けなければならないのかと先生に聞きました。
先生はヒステリックに怒って一緒におもちゃを片付けるように言いました。
子供らしくない、かわいくない子供でした。

その幼稚園はお弁当が出ました。
好き嫌いが多かった私は、お弁当の時間が苦痛でした。
残すと食べ終わるまで午後は遊ぶことが出来ません。
毎日居残り弁当でした。
先生はダイエットと称してお弁当を残していました。
大人が許されることが、どうして子供は許されないのかが分からず
大人ってズルイなー、と思っていました。
理不尽なことが多くて、幼稚園は嫌いでした。
ひと月のうち、一週間登園すればいい方でした。

父は当時から単身赴任で自宅にはいませんでした。
年に2週間、自宅にいるかいないかでした。
私は父が大好きでした。
毎晩、父がいないと言っては泣きました。
眠るときは父の服を抱えて寝ました。
父が赴任先に戻ると、決まって高熱を出しました。
「いい子にしてたらお父さんは帰ってくるよ」と言った母に
「いい子にしてたって、お父さんは帰ってこないじゃない」と
食って掛かりました。本当にかわいくない子供でした。
結果的に母を、精神的に追い詰めてしまった。
ある晩、母に
「いい子にしてたって帰ってこないなら、一緒に死んでしまおう」と言われ
首を絞められました。
夜が怖くなって、母が眠るまでは絶対に眠れませんでした。
次の朝が来ることを、毎晩布団の中で祈りました。

母には本当に迷惑を掛けました。
あの頃、わがままばかり言って困らせてごめんなさい。

761 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 11:00 [ 5wIZV1co ]
小学生の頃。
クラスメイトを友人と一緒になっていじめました。
いじめるほど嫌いではなかったのに、
止めることもせず、むしろ積極的にいじめに加担しました。
後悔するのが分かっているのに、何度も同じことをしました。
自分が仲間外れになるのが怖かった。
でも自分のしたことは、結局自分に戻ってきました。
その時はじめて、自分のしてたことが
どれだけクラスメイトを傷付けていたかに気付きました。
後味の悪い記憶。今でも抜けない棘のようにちくちくします。
許して貰えるとは思わないけれど、他に言うべき言葉が見つかりません。
あの時は本当にごめんなさい。

中学生の頃。
小学校の延長で、また別のクラスメイトをいじめました。
今度はもっと狡猾な手口で傷付けました。
成績も素行もよかった友人と一緒にいて、
一緒になっていじめていたので、先生から疑われることもなかった。
逆に先生から相談される立場でした。心の中で大人を馬鹿にしていました。
表立って反抗はしなかったし、優良な生徒と思われていたけど
本当の私は反抗的な態度を取っていた生徒よりも
ずっと質の悪い生徒でした。
あの頃は、早く中学から卒業したかった。
でも、本当に卒業したかったのは薄汚れた自分からでした。
自分のしてきたことが、自分を切り裂くことを知らずにいました。
頭の悪い馬鹿な子供でした。
いじめていたクラスメイトは私よりもずっと大人でした。
あの時は本当にごめんなさい。
優しかった先生、信頼してくれていたのに、
心の中で馬鹿にして裏切ってごめんなさい。

762 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 11:01 [ 5wIZV1co ]
高校生の頃。
自分で選んだ学校だったのに、毎日つまらないと思っていました。
でも自分から動こうとはしませんでした。
ある時、友人が一緒にやろうと部活動に誘ってくれました。
そこでやっと目が覚めました。
初めて知る世界に心が躍り、毎日が楽しいと思えるようになりました。
今までの無気力な自分に気付き、恥ずかしく思いました。
自分で動かなければ、何も始まらないということが
やっと実感として分かりました。
部活動に熱心になるあまり、クラスからは完全に浮いていました。
色々と影口もたたかれました。
だけど、私は友人に恵まれていたので意にも介しませんでした。
無鉄砲で怖いもの知らずで無謀だったけど、
そんな私を大らかに受け止めてくれた多くの友人には本当に感謝しています。
今の私がこうしてここにあるのは、あの頃の出会いのお蔭です。

大学の頃。
大学3年生の秋、人間関係で躓きました。
深く傷ついて学校にも行かず、
でも生活するためにアルバイトにだけは仕方なく行きました。
何度も心配して電話をくれた学校の友人を無視しました。
優しくされても、その優しさを素直に受け取れなかった。
本当はすごく嬉しかったのに、お礼も言えずにいました。
あの時は本当にごめんなさい。
こんな私なのに、今も友人でいてくれてありがとう。

知人に付きまとわれるようになりました。
私に以前の恋人を見ている人でした。
何度も深夜に電話が掛かってくるようになり、
アルバイト先にも来るようになり、
とうとうアパートの前で待ち伏せするようになりました。
気持ちは分かっていたけれど、気持ちには応えてあげられなかった。
それを直接伝えることは危険だと思った私は逃げました。
アルバイト先の友人に全部事情を話し、
毎晩車で友人宅へ送り届けて貰いました。
みんな心配してくれて、快く協力してくれました。
今無事に過ごせているのは、あの頃の友人の優しさがあったから。
あの時の親切は一生忘れません。

763 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 11:01 [ 5wIZV1co ]
大学卒業後。
見通しが甘かった私は、身の丈に相応しい会社に就職しました。
最初のうちは自分を騙しながら仕事をしていましたが、
そんな生活が長続きするわけがありません。
自分にも会社にも、話を聞いてくれた顧客にも嘘を吐きました。
給料泥棒でした。
顧客への嘘が心を蝕みました。
私には嘘を吐かなければうまく仕事が出来なかった。
嘘吐きな私は仕事をしているように見せかけるのが得意になりました。
仕事をしている振りをして、仕事をしたかのような日報をつけました。
本当は勤務時間の大半を公園のベンチでぼんやりと過ごしていました。
真剣に仕事をしている振りを続けていたので、
社内の先輩は成績の上がらない私を心配してくれました。
仕事をサボってばかりいたので、当然成績は上がりません。
配置換えがなされました。
配置換えをしてもらっても、やっぱり仕事には馴染めなかった。
嘘で固めた会社勤めは、結局嘘を吐いて辞めることになりました。
その嘘は後で自分の許へ戻ってきました。

仕事を辞めて、アルバイトを始めました。
仕事そのものは好きでしたが、結局人間関係で辞めました。
溶け込む努力をせず、楽な仕事ばかりしていました。
うまくいかなくて当然でした。
でも、楽しく働けないのを一緒に働いていた人たちのせいにして
自分が悪いということを見ないでいました。
あの時一緒に働いていた皆さん、責任感なく働いていてごめんなさい。
ここも逃げ出すように嘘を吐いて辞めました。
その嘘は前回と同様、結局自分の許へ戻ってきました。

アルバイトと平行して、ちゃんと働ける仕事を探していました。
いいタイミングで、ずっと希望していた職種の求人に出会いました。
何社か並行して応募して、今の会社に合格しました。
あっけなく採用が決まって、逆に拍子抜けしました。
働く前に想像していたのと違って、かっこいい仕事ではありませんでした。
ですが「誰かのために」仕事をするという経験は
ちっぽけな自尊心を満たすのにぴったりでした。
困ってやってくる人たちに同情する振りをしながら、
心の中では馬鹿にしていました。
自分だって、一歩間違えば「困ってやってくる側」に回っていたというのに。
家族にトラブルが発生しました。
困ってやってくる人たちの生活がどんなだったかを
自分の目で見ることになりました。
暗くて惨めで心もとない生活でした。
自分で体験してやっと分かった。
あの時、不遜な心を隠して私に応対された方々へ
本当に申し訳ないことをしました。
どうかその後の生活が平穏なものでありますように。

私は今もその職場で働いています。
あの頃よりも真摯な姿勢であろうと努力しているつもりです。
仕事にも慣れて、技術的にも能率は上がったと思います。
この職場に来て、立ち直った人が再度同じ道を歩かずに済むように。
人はほんのささいなきっかけで、あっという間に転落していきます。
それはもう、あっけないくらいに。
そのあっけなさが、今はものすごく怖いです。
怖いと思うのは、自分がいつかそうなるかもしれないと思っているから。
何度も何度も私が転落しないように助けて下さった方々へ
こんな私をお見捨てにならずに、手を差し伸べて下さったことに
本当に本当に感謝しています。
救いの手に今の今まで、気付かずにいたことを
恥ずかしく申し訳なく思っています。
「ひとごとだと思わずに、自分のこととして考える」
そのために、今の仕事をしているのだと思います。

764 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/25(土) 11:03 [ b18wMBJ2 ]
何年も前のことですが、私は何かの霊体と交わりました。
夢だと思っていたのに、あまりにリアルな肉の感触に驚き、その霊体を突き飛ばして
飛び起きたように記憶しています。
その時、もしかしたら何かを宿したのではないでしょうか?
 だけど宿した物は昨年の夏から半年かけて体外に流れ出ている(いわゆる流産)。
どなたかが流して下さったように今は思います。
そして先ほど、幾体かの神様(?)が私の体内をお調べにいらっしゃいませんでしたか?
まったくの見当違いでしたら、スレ汚しすみません。

765 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 11:18 [ 15RvWkVE ]
>>764シロウさん
はい。交わっています。悪魔ではないです。邪霊。
子を宿しました。神さまが流してくださいました。
もしも流れなかったら、リアルの肉体を持った子はさすがに出てきませんが、、、邪霊
の子を、あなたは産んだでしょう。子産みの道具にさせられそうになったんです。
これは「ふつう」はできません。霊の子を宿すことはふつうの人はできないんですけれども
シロウさんの場合は「できる」んです。非常に稀な人なんです。でもだから狙われる。
体内を調べておられました。他になにか宿っていないか。クリーンでした。
もう「子産みの道具」にさせられないよう対処が掛けられました。
そのようなことは、二度と起こりません。

766 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/25(土) 11:28 [ b18wMBJ2 ]
お調べになられた後、体内に光が満ちるような感覚がありました。
流して下さった神さま、子産みの道具にさせられないよう対処して下さった神さま、
ありがとうございました。 私がここまで来るためにご尽力下さったすべての方々に
感謝いたします。

今後は「約束」について考えます。

767 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 11:42 [ 15RvWkVE ]
私は「ここに到達する」まで、ふたりの人が亡くなっておられます。
力が弱いときに祓う役目の人が居たのですが、その人は役目を放棄していました。
その人が、まったく当てにならず、しかし邪なものからの攻撃は受け続けていました。
非常に強い攻撃を受ける時期があり、その時、その役目をもった人は相変わらず何も
してくれませんでした。神さまは、私がその攻撃をかわせないことが分かられたので
急遽、ある拝み屋さんにその祓いを依頼されています。そのかたは一生懸命に面識も
ない私のために祓ってくださって、その結果命を落としておられます。
つい1年ほどまえにも、私には今ほどの力がなく、強烈な攻撃を受けていました。
その時も、別のかたが、助けてくださいました。その攻撃を引き受けられる限り
引き受けてくださいました。その人はそれで命を落とされました。

引き受けた役目と約束は、果たしてください。
そのための力はその人に与えられています。
それが果たされない場合、力の不足している人をそれに当てなければならない場合が
あります。それは非常に危険なことなのです。

私を祓うはずだった役目を放棄している人は、いまものうのうと生き続けています。
その役目の契約は、この間終わりました。果たされた契約内容は1%以下です。
その結果、それを引き受けるだけでいただけた「守護」はすべて取り上げとなります。
人ふたりがそれで亡くなっている、その他の危害を私や、その人に忠告した人に加えて
おられますので、それが加算されてペナルティーとして課されます。
これからそれが始まります。

768 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:15 [ 15RvWkVE ]
環さん
「過去はそれぐらいでよい。
 約束を思い出しなさい。」

769 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:18 [ 15RvWkVE ]
ここから
始まる。
あなたがたは
ここをスタートラインと
する。
過去は取消とはならないが、
償う方法は
いろいろある。
悔い改めよ。
悔い改めたのち、
役割が与えられる。
不十分なあいだは、
使えない。
不十分なまま
留まる人に
役割は与えられない。

770 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:22 [ 15RvWkVE ]
アリーシャさん
「甘えるのも
 いい加減にしなさい。
 その甘えのツケは
 いままでだれかが
 払ってくれただろうが、
 今後はそうはいかない。
 付いて来るのか
 来ないのか
 はっきりしなさい。
 まだ返事を渋っているだろう。
 期限を切る。
 29日まで。」

771 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:27 [ 15RvWkVE ]
>ミツルさん

あのときこうすれば良かったと
後悔しても遅い。
今後を考えよ。
その先に
ふたつの道があって
迷っているだろうが、
どちらでもよい。
好きな方を選べ。
選んだことを
後悔するな。
両方の良いところばかり
見ている。
すべて良い、というわけには
いかないのだ。
良い部分も引き受け
良くない部分も引き受け
両方を持ちながら
進め。

772 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:32 [ 15RvWkVE ]
今年は
あなたがたにとって
「節目の年」となった。
来年は
「スタートの年」。

773 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:36 [ 15RvWkVE ]
>ももんがさん

そろそろ始める。
過去を洗い出しなさい。
過去あったことを
思い起こし
悔い改めをなさい。
それをしなければ
次に進ませない。

774 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:38 [ 15RvWkVE ]
過去と
現在と
未来を繋ぐ。
時を自由に「駆ける」。
そのような人間が
出現しだす。
いま、ここから。

775 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:44 [ 15RvWkVE ]
>トウガさん

それでよい。
もうよい。
反省はじゅうぶんだ。
しかし
問題は
以上の「反省文」を
心からの反省とすること。
それができれば
クリア。
もう書く必要はない。
常に監視されている。
あとは
心からの反省とせよ。


青の神さまからです。これで書き込みは結構です。お止めください。
あとは神さまがご覧になっています。

776 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:50 [ 15RvWkVE ]
>アヒャさん

ここまで書いて
すっきりしたか?
却って
つらくなったか?
見ているようで
見ていない。
肝心な所が
一向に出てこない。
待つことは
やめることにした。
書き込みは
やめなさい。
あなたは
これまでの人。


青の神さまからです。

777 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 12:52 [ 15RvWkVE ]
>みなさんへ

メリークリスマス。


青の神さまからです(笑)。

778 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 13:00 [ 15RvWkVE ]
>シロウさん

シロウ・・・とどなたか神さまが呼びかけておられます。
コンタクトを取ってください。コンタクトした内容をここに書き込んでください。

779 名前: 花束 投稿日: 2004/12/25(土) 13:00 [ 8m5xWMzg ]
777並びに、クリスマスを祝ってくださったんですね。
粋な…(笑)

感じることは多いのですが、深めてから書きます。

780 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 13:02 [ 15RvWkVE ]
>花束さん

取るものも取りあえず
やるべきこと。
反省を形に表せ。
親に直接詫びよ。

赤の神さまからです。

781 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 13:06 [ 15RvWkVE ]
青の神からみなさんへ。

つぎつぎと
クリアして入ってくる
「生徒」たちへ。
これから先は
個別に育てていく。
それぞれに担当の
神がつく。
その指示に従うこと。

782 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 13:09 [ MQnsOLCc ]
赤の神、青の神、ねぇ・・・。うーん、って感じだね。

783 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 14:07 [ 2vmQ9/TU ]
この高圧的で下品な者達は
神というより、只のかた・・(ゲホゲホ

784 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 14:16 [ Iqee95SA ]
ありもしない罪科を暗示と力の両方を
用いてでっちあげてるしw

神は、この様な場に告白など求める事はありません。
それが何故なのか、ここの自称霊能者は
ご存知ないようだ(苦笑)

騙される方も騙される方だと思うが
この場から離れるよう
一応忠告しておく。
人にも、神を騙る者達にも。

785 名前: シロウ 投稿日: 2004/12/25(土) 14:20 [ b18wMBJ2 ]
>>778 bluebirdさん
どうコンタクトをとっていいのか分かりませんが、私はどなたかを(何かを)産まなくては
ならないような気がします。というか、さっきシャワーを浴びている間に生まれてしまったかも?
そしてそれは、bluebirdさんを祓う役目を怠ったために代わりに課せられた仕事だと
感じました。 何か急がされているような気がして、取り急ぎこんな次第です。
これでいいのでしょうか?

786 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 14:31 [ 15RvWkVE ]
>>785
はい、それでいいです。産みました。それはシロウさんのね、、分身です。その分身と
ふたりでこれから「役目」を引き受けるのだそうです。
ああ、そうか。あなたも祓う役目でしたか。そうだと言われました。
コンタクトは、落ち着ける時間に、落ち着ける場所で、「コンタクトを取らせてください」と
思ってください。あとは誘導されます。

787 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 15:17 [ pZ9LXPqc ]
bluebirdさん 神様仏様
未だ反省がしきれておりません。
上辺の飾りが上手と云うか、その上手さが自分の知性であるかのように生きてきた私にとって、
頭で考えず心で受け止め心の言葉を使い、心からの行いをするのは、
本当に・・・何から手をつけていいのか 分からなくなっています。
今この文章を目を潤ませながら打っている自分を疑っています。
何んという偽善者なのだろう!と。本当に自分の魂が揺さぶられているのかさえも
自分自身の事でありながら判らないのです。
私は皆さんについてゆけないかもしれません。
でも他スレで教わった通り、ただ人に優しくすると云う事を心を伴いながら
実践できるよう努力したいとおもいます。
学校の試験のように合格or落第ではなく私は私に出来る事、しなければならない事を
言葉より先ず実行してみます。無償の愛に少しでも近づけるよう精進したいと思います。
先ず、身近な人々に幸せだと思って頂けるよう努力いたします。

お不動様の事 いまだ私は謙虚になりきれておりません。
美しい心になっておりません。いまだお伝え出来る言葉がありません。

主人の守護霊様のお怒りの事。
主人と出会う直前に私は自堕落な生活を送っておりました。
その結果取り返しのつかない事をし、それは(病気です)私に残りました。
自堕落にもまして病気マデ。。。
今から思えば、主人と出会い恋をするのは その前より決まっていたとすれば、
守護霊様を裏切った事になるとおもいます。
お前は○○の嫁になる資格は無いのだ!と。。。
まだ考えれば違う事があるかも とは思いますが、一番の事はこれかなと・・・

大切なレスの最中ですが、家の用事をしてまいります。

788 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 17:34 [ pZ9LXPqc ]
自信がない・・・このままではいけない・・・自分が解らない・・・
と思いながら ↑ を書きました。
地道に真似事からでも良いから、出来るだけ心を込めて進むのだ と思いながら。
以前の書き込みを見ていましたら>>483
>完全になろうとしなくてよい。
>不完全であっても
>よいのだ。
>しかしその
>不完全な部分に
>光をあてよ。
と書かれておりました。

反省しております。 それだけではダメだ!と許さない自分がいます。
甘えかもしれません。私は完全になろうとしているのでしょうか?

私は若かった頃不倫をいたしました。
そして主人と出会う前の人、主人と出会った時主人は未だ離婚していませんでした。
とても人様をどうのこうの言えた立場ではありません。
なのに「それとこれとは別!」と言わんばかりの人への責めを行いました。

結婚して義父母はともかく、子供たちの存在は虫唾が走る程イヤでした。
この世から消えて欲しいと何度も思い、つい最近までそう思ってました。
イヤ 今も心のどこかで思ってるかもしれない と思うと
私にお役目を果たす資格など無いのではないか と・・・
ですからbluebirdさんが「このスレに来ている人に悪魔が憑いていた」と仰ったのは
私の事ではないのかな と思いました。
不倫の事といい、自分が今一番あって欲しく無い事を平気でやり、
主人をを愛してると公言して憚らない私が、人の抹消を思ってしまう。
何という自分勝手な汚い人間なのでしょう。

そんな事を考えていたらお不動様や守護霊様のお怒りも当然ですし、見捨てられてもしょうがないのかもしれません。
だから自信が無い・・・逃げようとしている・・・自分の罪から。
でも逃げたくはありません。
やり直しをさせて下さい。
もう一度チャンスを下さい。

789 名前: みつる 投稿日: 2004/12/25(土) 18:03 [ iznbtI8E ]
反省程度じゃ済まない。

「何で私が」「私がどうかなったら責任とってくれるの」「次やることも、その次やることもできなくなる」
そう怒り、その怒りを違う人にぶつけた。
退場サインはその前から出ていたが、退場する勇気もなく、踏みとどまっていた。
そしてこのザマ。
何やってるんだよ。なんだよこれ、全然改めてないじゃないか!!!
保身のための演技までして。
八つ当りした人からは、「もう、いい」と言われ。

休憩中、私はその場にいる資格がないとわかり、退場した。
「もうできません」「わかった」と。
月曜日は来る。心を改めて仕事に取り組もう。
しかし役目は?

私に何を教えようとしてくださっているのか、それを考えてばかりだ。

良心は稀にしか、鳴るべき時にしか鳴らない。
その間私がどういう行動をするのか、決断は私にゆだねられている。
考えるのは、なるだけ人と交わる、人と交わる、こと
喜びや暖かさを知った。
それに満足して生きるだけというのもあるだろう、
私はそれで迷っている、
人を助けるということ、それはどんなに大変か、
人を助け得る力をもつとはどんなに責任があるか、
私がここまで守護していただいているのは役割を果たすためなんだ。
悪魔の快楽の次は、人間の快楽をむさぼるのか?

今日のことを許してくださいと導き手さまに神様に願うわけにはいかない、
そんなことはできない!うわっつらだけのもので顔向けできない!!!
心臓に熱い釘を打ち込んで、それからでないと私は何も願えない。

いつも午後になるとくるめまい、あれを私は振り払えるのですか?
勉強のため、自分が無理な時は無理っていう練習と解釈していた私の馬鹿者!!
このスレッドで、自分の身に起こっている現象でわからないことを
「あれは何ですか」と聞くのは導き手さまを信じないということ?
思いあがりめ!思いあがりめ!なぜいていただいているんだ!

790 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 18:08 [ 15RvWkVE ]
>>788柊さん
>子供たちの存在は虫唾が走る程イヤでした。
この世から消えて欲しいと何度も思い、つい最近までそう思ってました。
イヤ 今も心のどこかで思ってるかもしれない と思うと

ここです。ご主人の守護霊さまはここを非常にお嫌いになりました。
ご主人の守護霊さまが柊さんを「引きよせて」おられたのですよ。その独身時代のことも
すべて知りながら。それは、べつの女性とご主人との間に生まれたお子さんですから
すんなりと好きになれないかもしれません。それはいいんですよ、べつに。
それはいいんだけれども、好きになれなくても、どう対応してあげたら良いか、その
ぐらいの分別はつく年齢でいらっしゃいますよね?
そういうところもおろそかにしていませんでしたか?
努力でカバーできる点を、ということです。
いじわるしませんでしたか?
謝りましたか?
ここで謝らずにお子さんに謝りなさい。
謝る場所が違うでしょう。

力をお持ちの神さまには謝れるけど、力のない子供には謝れないですか?


>私にお役目を果たす資格など無いのではないか と・・・

ご心配なさらなくても、柊さんにはお役目はございません。ただ魂を立て直したかった
ら、ご自分をこの機会に見つめ直してください。

791 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 18:18 [ 15RvWkVE ]
>>789みつるさん
>いつも午後になるとくるめまい、あれを私は振り払えるのですか?

そのめまいは、邪霊が起こしています。以前からみつるさんは邪霊とつながっていました。
そのラインを切ってくださいました。
切れたので、たぶんめまいは今後起こらなくなります。
邪霊1体ではありません。邪霊10体。大勢と繋がっていたんですねw。どうして
そんな繋がりが生まれてしまったのでしょうか?
私に教えてください。このようにして邪霊10体と繋がりました、と。
具体的に書いてください。思い出せるようにしました。繋がっていた期間はほぼ5年です。
5年前に「なにか」あなたしましたね?意図的に。その時に繋がったようですよ。

792 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 18:24 [ pmbFq.Js ]
>>545 bluebirdさん
>エネルギーを受け取れるようになったのです。以前は受け取れていませんでした。

まだ私はエネルギーを受け取れるほど良くなっていないはずなのに、、、と、
私がいただいていいのかな?いいの?と思っています。
あれからも時々色々なところにじわじわとする感覚をうけます。
そして一昨日、眠る前に、体に”ガクン”という軽い衝撃がきました。

私も、何かと交わったような感覚が何度かあります。
肉体のないもの。でも弾力のある空気。それが体に入ってくる。
あれはただの白昼夢だと思っていたけれど・・・。


緑あふれる世界に行きたい。
メッセージを読んだとき、そう思いました。
けれどもそれにはこんな世界から逃げたい、もうここにいたくない、
という思いと願いがありました。
そして、甘くて弱い私にはその門をくぐる資格も勇気もなかった。
様々なことを”怖い”と思って逃げようとしてる私は、
まだ、ここで生き続けなければいけない。

23日に見た夢です。(儀式とはほど遠い夢でした)
地下街のような場所に女がいて、歩いています。紫のカーティガンに白のスカート。
前に女に別れを告げた男が入院していることを知ります。
彼の体に傷ができたことも。
女は、自分の体の同じ場所にも同じ傷があることに気づきます。
その傷から血がにじんでいます。その血の色が、紫のカーティガンから透けて見え、
この服にちょうどいい色・・・だと女は思います。
女は男の入院している病院へ行きます。男は女を愛していたけれど、その傷のために
別れを告げた、ということを女は知ります。けれども女は、その男を見ても、
愛情がわいてきません。
乾いた感じの夢でした。私にも同じ傷があります。女は私だったのかもしれません。

793 名前:投稿日: 2004/12/25(土) 18:25 [ pmbFq.Js ]
続けて失礼します。

3年前、自分から離れたのにもかかわらず、彼がまた私を必要とし、
ここに来ることを願っていました。
その自分勝手な願いを、身勝手なかたちで願いました。
私を愛してくれているであろう、これから死にゆく人の魂に(まだ生きていらした魂に)
かわいそうな私を天国から救ってほしいと願いました。
その願いに罪悪感もなく、当然のことだとさえ思っていました。
けれどもこれは、緩やかではあるけれども、決して私の中から消すことは出来ない罪。。
間違いだったのだ、と奥底から分かるまで、向き合っていきます。

そして、”怖さ”について。
いつか、見放されるのが怖い。一人で何もかもしなければいけないことが怖い。
自分が何もうまくいかないことを、全て周りのせいにして、母のせいにして、
母にぶつけていれば、母はわたしのことを放っておけるはずがないのだと思っていました。
私がこんなに幸せになれないのはあなたのせいだと思わせれば、
私はこんなに悲しくて苦しくてつらいのだとあなたに訴えれば、
あなたは決して私を見放せない。そう思っていました。
そんな風にしなければ、私は誰かにいつまでも愛され続ける資質など持ち合わせていないと
思っていたから。
こんなことどうして私がしなくちゃいけないの?と思う傲慢さに、時々自分でもあきれます。
”何様のつもり?”と日記に書きなぐったこともある。

もう一つ、私についていた親類の悪い念について。
最初、どうして私ばかりこんなめに?とここに書きました。
ずっとそう思っていました。
だけどそれはやはり私が呼び寄せたものだとしか思えない。
こんな目にあっているのだから、幸せになれなくて当然だ。
・・・自分が努力もなしに幸せになるのを放棄しておいて、それを何かのせいにしたかった。
その親類に、よくなって欲しいと思いながら、自分の不幸さをその人のせいにしていました。
あなたを助けるどころか、一方的に悪者にして、さらにあなたの状態を悪くさせてしまったかも
しれません。私はもうあなたのせいにはしません。
この先の、私に起こる全てのことを、もう誰のせいにもしない。
遅すぎる気付きですが、嘘にならないように、忘れないように、ここに書かせてください。

794 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 18:54 [ 15RvWkVE ]
>>792菫さん
>私も、何かと交わったような感覚が何度かあります。
肉体のないもの。でも弾力のある空気。それが体に入ってくる。

これは憑依ですね。低級霊。いまはもう居ません。

>23日に見た夢です。(儀式とはほど遠い夢でした)

これは菫さんの過去世に似たようなことがあったようです。この夢というか過去世の
出来事について、もうすこし考えてください。

>その願いに罪悪感もなく、当然のことだとさえ思っていました。

これは良くないことでした。なぜ人に願ったんでしょう?神に願わずに。

>そんな風にしなければ、私は誰かにいつまでも愛され続ける資質など持ち合わせていないと
思っていたから。

これは逆ですよ。あなたは「自分は愛されて当然」と思っていました。だから思うように
動いてくれないと、いらだって当たりちらしたんです。

>だけどそれはやはり私が呼び寄せたものだとしか思えない。

そうですよ。波長が合うんです。さきに書いた低級霊の憑依も波長が合うから、入って
くるんです。

795 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 18:58 [ 15RvWkVE ]
>花束さん

通り道になにか障害がある。
障害をどけなさい。

と、来ました。「通り道」というのは文字どおりの意味ではなくて。神さまが花束さん
の住まいへの「通路」を、いま造ろうとされています。
ところが「通路」を造ろうとしたら、「障害」があった。その「障害」は花束さんが
起こしているのだと言われます。その「障害」を見付けて、除去してください。

796 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 19:05 [ k5fU4N8c ]
はっきり言いますが、この青い鳥氏はかなりヤバいですよ。
それでも好きなんですって人ばかりなのかもしれませんが。

797 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 19:12 [ ZmjCr1ak ]
たいした事無い“神様”ですな。実にLowPowerです。
ホントの事を言われたからって逆ギレすんなよ、おまいさんは。

798 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 19:17 [ ZmjCr1ak ]
弾いたのわかったか?
これでも軽くやったんだぞ。
以後慎め。分際を悟れ。そして人を惑わすな。
通告はこれで終わる。

799 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:00 [ 15RvWkVE ]
>花束さん

ちょっとそろそろ閉鎖空間に移りたいと思います。管理人を花束さんにお願いしたいの
ですが、いかがでしょうか。お引き受けいただけるなら、捨てメアド取得願います。
そしてここに書き込みしてください。
そこに移動許可出た人のHNは、環さん、シロウさん、みつるさん、菫さんです。
4人のかた、参加希望される場合は、花束さんにメールをする、という形で。

800 名前: アリーシャ 投稿日: 2004/12/25(土) 20:04 [ hjLAZk0Y ]
これが最後の書き込みです。これを期にここへも来ません。
甘えの源から離れて、私は一体何に甘え、何から逃げていたのかが判りました。
私は自分の意思で選択し、その全ての責任を取ります。
それが、かつて犯した過ちだったとしても。

私のために命をかけてくださった方、本当にありがとうございます。
感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

私は神様についていきます。神様と共に歩みます。
甘えを捨てます。成すべきことを誰にも頼らずに自分の力で成します。
遠回り、寄り道が神様の道、山あり谷あり苦難の道。
それでも私は負けません。決して負けません。
ここにこれて本当に良かったです。神様、ありがとうございます。

801 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:10 [ 15RvWkVE ]
>>800
はい、それでけっこうです。あなたは役目を今回は引き受けないことになりますが、
いずれまたチャンスはやってきます。常に見守られ、常に導かれます。
人生は長いので、これからきちんといろいろな経験を積んでいってください。

802 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:41 [ 15RvWkVE ]
>みつるさん

今度の掲示板では
甘えを捨てるように。
厳しく対応する。
・・・と来ました。

803 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:43 [ 15RvWkVE ]
>柊さん

そのままで良いと思うな。
改めよ。
常に見られていることを
意識せよ。
・・・柊さんへの最後のメッセージです。

804 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:44 [ 15RvWkVE ]
>環さん

次からは
さらに厳しくなる。
覚悟せよ。

805 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:47 [ 15RvWkVE ]
>トウガさん

これで最後だ。
精算してもらう。
覚悟しなさい。
現世だけでは
終わらない。

806 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:49 [ 15RvWkVE ]
>アヒャさん

あなたも精算が
待っている。
あなたの場合は
現世だけで済む。
がんばりなさい。

807 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:50 [ 15RvWkVE ]
>琴月さん

あなたはここで卒業。
自分で進んでいける。
しっかり生きなさい。

808 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:52 [ 15RvWkVE ]
>シロウさん

心して進め。

809 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:55 [ 15RvWkVE ]
>ももんがさん

ここで別れることになるが
あなたはあなたの生業において
するべきことが多くある。
そちらに専念しなさい。

810 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 20:57 [ 15RvWkVE ]
>菫さん

あなたは過去世で
相当のことをしている。
その贖いをさきに
させる。
付いてくる気が
本当にあるのなら
来なさい。

811 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/25(土) 21:51 [ OyLUAEic ]
>分際を悟れ。そして人を惑わすな。
申し訳ないが同感。

812 名前: 538 投稿日: 2004/12/25(土) 22:00 [ WV3T9gjk ]
>>546
bluebirdさん
はるか前の書き込みに対する返信になってしまいますが、
538は、いちろうでした。
名無しでの書き込み、失礼致しました。

今更になってしまいますが...
書くための時間がなかったり、とてつもなく眠くなって1日中寝ていたりと、
今まで書き込むことができませんでした。
はい。言い訳ですね。申し訳ありません。
長文にて失礼致します。

数週間前、例のヨーロッパの前世で数名の男に襲われていたことを思い出しました。
その相手は、現世で出会っているように思います。
誰かはまだわかりません。または、わかる必要はないのかもしれませんが。
そもそも、襲われることになった原因も私自身にあったと思っています。私自身の傲慢さが。
引き続き深く考えていく(思い出す)必要があります。
遅すぎますね。前BBSでもそうでしたが。
いずれにしても、私もこのBBSに呼ばれたことの意味をもっと深く考えないとなりません。
・・・
その他現在までの状況報告をしておきます。
この状況が全て惑わしだったら非常にまずいのではないかと思うので、念のため書かせて下さい。
思い出した頃の前後(だったと思いますが)、背中側か後頭部のあたりに
一定の距離を置いて冷たい影がいるのを1週間くらい感じていました。
その後、影がなくなった後、今まで、今もですが、アイアンクロー(笑 エネルギーですね)を受け続けています。
エネルギーを受け始めてから、はたして正しかったのかどうかわかりませんが、
必要だと感じましたので、自分の光を強めるイメージを3度程行っています。
(余談ですが、影がなくなる寸前くらいの頃に大事にしていたライターをなくしてしまいました。
このことにも意味があるんですよね、多分)

以上です

前BBSの頃から、自分の身の周りが少しずつ変わってきたように感じています。
自分が変わりつつあるからなのかもしれません。
これからも、堕ちてしまうことのないように自分を磨き続けて行きたいです。

813 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 22:20 [ 15RvWkVE ]
>>812いちろうさん

なんか、ぎりぎり間に合ってるしー(爆)。

>数週間前、例のヨーロッパの前世で数名の男に襲われていたことを思い出しました。
その相手は、現世で出会っているように思います。

はい、出会っています。そのうちの1人はいまも知人です。

>わかる必要はないのかもしれませんが。

わかっておいたほうが、いいみたいですよ。

>そもそも、襲われることになった原因も私自身にあったと思っています。
私自身の傲慢さが。

そうです。

>思い出した頃の前後(だったと思いますが)、背中側か後頭部のあたりに
一定の距離を置いて冷たい影がいるのを1週間くらい感じていました。

邪神のようです。

>その後、影がなくなった後、今まで、今もですが、アイアンクロー(笑 エネルギー
ですね)を受け続けています。
エネルギーを受け始めてから、はたして正しかったのかどうかわかりませんが、
必要だと感じましたので、自分の光を強めるイメージを3度程行っています。

それが必要でした。

>(余談ですが、影がなくなる寸前くらいの頃に大事にしていたライターをなくしてしまいました。
このことにも意味があるんですよね、多分)

ライターが「身代わり」になりました。これはいちろうさんが、持っていた「能力」
でやりました。「能力」が目覚めはじめています。必要になってきているから。
あなたは奥様の悪魔を祓うために、現世結婚されています。奥様は悪魔を呼びやすい
性質をお持ちだったからです。しかしもう奥様に悪魔が入ることはありません。
あなたの現世での、その「役目」は終了しました。
以前の掲示板で、いちろうさんはサンドバッグ状態でしたが、あのうちの7割は奥様
経由で飛んできた悪魔でした。あなたは生まれつきのエクソシストなんです。
このことを伝えなさいとおっしゃっていました。

>自分が変わりつつあるからなのかもしれません。

今後も意識下でエクソシストを続けていただきます。その他の役目もじつはもうすでに
「用意」されております。誘導されます。だいじょうぶです。
では、お元気でね(笑)。

814 名前: 花束 投稿日: 2004/12/25(土) 22:52 [ 8m5xWMzg ]
ちょっと今、時間的余裕がありません。
親には電話しました。
障害については…考えます。
…半分、分かるのですが、「どける」という行動が難しい。
閉鎖空間を作ること、引き受けます。
しかし、余裕をもって仕事をできる時まで待っていただけませんか?
28日にはできると思います。
メアド、必要なら私から出します。

815 名前: エクソシストいちろう 投稿日: 2004/12/25(土) 23:03 [ WV3T9gjk ]
>>813 bluebirdさん

812の書き込みで最後にしようと思っておりましたが、
>はい、出会っています。そのうちの1人はいまも知人です。
>わかっておいたほうが、いいみたいですよ。
ということなので、あえて聞かせて頂きたく思います。すみません...

この相手は、最近(ここ数年あるいは半年)で知り合った相手でしょうか
それとも、知り合ってから長いのでしょうか
また、現世では男性でしょうか、女性でしょうか

この人かな?と思える人は実は数人いるんです。
しかし、今わかったところでその人に対しての接し方を変えるべきでは
ないので、知る必要はないと思っていたんです...

またまた余談ですが、
夏の終わり頃から、私は追いつめられていて死んでしまおうかと思っていた時期がありました。
それが、10月頭に対物の接触事故を起こして、その直後にものすごくすっきりして、それ以降
電車に飛び込もうと思わなくなりました。
それも「身代わり」なんでしょうね。
大切にしているものが壊れていくのはとても心が痛い...
エネを頂いたキャッツアイが壊れることのないように祈っております(爆

816 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 23:06 [ 15RvWkVE ]
>>814
はい、28日で結構です。よろしくお願いします。

817 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 23:09 [ 15RvWkVE ]
>>815いちろうさん
いいですよw。ここに居る間は、お話しできますから。
相手の人は知り合って長い女性だと言われます。

>それも「身代わり」なんでしょうね。

そうです。

>大切にしているものが壊れていくのはとても心が痛い...
エネを頂いたキャッツアイが壊れることのないように祈っております(爆

もしも壊れたら、新しい石なんでも好きなものを入手してください。そして「この石に
キャッツアイのエネルギーをコピー」と思ってください。新しい御守りができます。

818 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 23:14 [ 15RvWkVE ]
>アリーシャさん

新掲示板へ移行する許可が出ました。もしもその気がおありなら、花束さんがメアド
公開後、メールしてください。

819 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/25(土) 23:16 [ 15RvWkVE ]
>いちろうさん

新掲示板へ移行する許可が出ました。もしもその気がおありなら、花束さんがメアド
公開後、メールしてください。

820 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 02:48 [ ZlurswIE ]
こんばんわ。なかなか思い切って書き込みできないあいだに、
このような状況になってしまい、とても戸惑いつつ、心のどこかでは
こんな日が来るかもしれない…という予感がありました。
前スレの途中から、あるハンドルの方が外部にBBSを作られ、移動してほんのしばらく
おじゃまできたものの、10・23に大きな大地の哀しみを直接感じた書き込みを
そこでbluebirdさんに解説していただき、お礼のカキコをしようと2日後に(ちょうど
パソコンが不調で)行ったとき、もうそのBBSはURLを変更したのか、行けなくなって
いました。その後、せめてお礼だけでも、と思って前スレに書き込みしたところを
応えていただき、スレの最後のほうまで応えてくださいました。もう前スレが残りすくなくなり、
今後の話で>ひとりでやっていけます。守護されています。 
というような言葉をいただき、守護されている感謝とは裏腹に
もうお別れなのか、ととても残念な思いでした。でも、せめてスレが終るまでは…と
いう状況のとき、花束さんをはじめ色々な書き込みが集中して、花束さんの提案とbluebirdさん
が開いて下さったこの場で、私は本当に多くの学びと確認をすることができました。
でも、あのままでいけばbluebirdさんとはお別れだったわけで、この場は最初はロムしていました。
>ひとりでやっていける  というのを聞いていたので、こんな私でも書き込んでもいいの
だろうか、と悶々としてました。それまでやっていただいたのに、まだ手を煩わすのか?
と。でも、12・1の>>215からの幹事神さまの(ロムを含めた)スレ住民あてのお言葉に
勇気をだして書き込みしたのがこのスレでのはじめでした。
前スレからこのスレに書き込むまでの2週間、目に見えない沢山のことがありました。
その中でも、以下のことは際立っていて、
1、天井や柱がこのスレをロムしていると鳴ること。
2、11・20朝方に見た夢。
3、11月から繰り返し感じてうっとりしたイメージ。
4、10月から月に2回引いているおみくじが、ここの内容と符号していること。

などに後押しされて(守護の方やこの場のおかげです)、やっと最初の書き込みが
できたのだと、思っています。

821 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 03:37 [ ZlurswIE ]
どなたもいらっしゃらないようなので、長い連投、思い切ってしてしまいます。

>bluebirdさん(820からの続きです。前文読みにくくしてしまって申し訳ないです

ロムしているだけでも、沢山の働きかけありがとうございました。

前文(820)の11・20朝方の夢は

山の中の小道をひとりで歩いている私。ふと左手を見ると、小さな家がある。
その家は、山の突端のようなところに建っている。
4畳半から6帖ほどの平屋で、やけに窓が大きい。その窓は1間以上あり(床から
30センチほどのところからほぼ天井ちかく、壁より窓の方が圧倒的に面積が
大きい)、ガラスがはまっておらず、素通し。普通の家にしては異様なので、
近づいてよく見ると、外壁は木で打ちっぱなしだけど、新品ではない(ところどころ、
木の皮がめくれあがっていたり、焼けたりしている)飾りはいっさいなく、
外壁も塗ってない。印象的に、かろうじて建っているかんじ。

次のシーンで、私はその家の中にいる。内装は一切なしで、外から見た木の打ちっぱなしのまま。
床はかなりぼろぼろで、木が張ってあるだけ。家具も何もなく、ガランとしている。
大きな窓から外を眺めると、とても見晴らしがいい。風通しもすごくいい。ただ、住むという
より雨露しのぐのがやっと、というかんじ「でも、これじゃあ台風がきたらだめかも」と、
夢の中の私は思った(?)
すると、突然、その家が山の斜面に沿って、転がり落ちていく。私は家の中にいたまま
なので、家が回転するのがはっきりわかる。でも、怖いというかんじはない。
不思議な浮遊感。

次のシーンで、私はその家の状態を外側から見ていた。
夢の中の私は、驚く。高い塔の先に十字架があるゴシック風の建物。
どうやら教会らしい。その教会を見上げる形の私。かなり大きい(?)
転がり落ちたと思っていた家は、その塔と山の斜面に挟まれる形で止まっていた。
木の箱に屋根がついているだけの家は、その一方が山の斜面に、もう一方が
高い塔の屋根だったか十字架だったかに挟まれて、あった。

私は、「教会がなかったら、下に落ちて壊れてたはずなのに、よくもまぁあんなところに
うまいところ挟まったなぁ。それにしても、絶妙なバランス…」と感嘆しつつ、目が覚めた。


起きてから、すぐに感じたのは、家は自分(現世的な価値観が殆ど崩れているし、
また崩してきたので→内装も家具もなく、雨露しのぐだけの家)で、教会は神の象徴という
ことでした。私自身、キリスト教に対しての思いいれは無いので、神とか目に見えない力、
守護、という存在が私にもわかりやすい形で象徴され、夢にでてきたのかな、と思ったのです。
…で、最も深く感じたのは、日常生活の中での目に見えない守護や神というもの。
それにささえられて、生きているということ…でした。

822 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 04:42 [ ZlurswIE ]
訂正 夢の中の話で  大きい(?)というのは教会が大きい(?)ということです。

長くなりますが、続きます。

>>820に書いた、3つめの
11月からくりかえしうっとりしたイメージ

というのは、11月は23日の午後あたりに抜けるまで、ずっと肉体が重く
心もある女性の過去にされたことを思い出しては、心が滞り気味の日々でした。
ところが、アパートの外に並べてある観葉植物や上から垂らしている蔓植物に
水をやると、緑が太陽の光に煌き、水滴が落ちて水晶のように美しいのです。
あまりにも美しく、また蔓植物が左右にあることもあって、それは緑の天蓋のように
うっとりするものでした。私の本業はイラストレーターなので、そのイメージは
繰り返し脳裏にでてきました。滴るような緑、煌く光、水晶のような恵みの雨が
一体になり、緑の門という別世界ができていました。やがて描いてみよう、と思いました。
描く前に、コラージュでも軽い気持ちでつくってみようか、とも。
というのは、私のイラストは白黒の特殊な技法なので、色の世界を描くとしたら、
これが初めてになるので、作品というより自分の魅了されているイメージとして
描くきっかけになりそうでした。植物に水をやっては、うっとりしてしばし時間を忘れました。


その後、bluebirdさんの言葉の中に「緑の門」がでてきたとき、「ああ、あれも
見せてくださったのだなぁ」と思いました。
私はお礼のカキコだけでロムに戻るつもりもあったのですが、HNをつけるように言って下さったし、
とても嬉しかったのです。
ただ、残念ながら、イメージは私なりに見せていただいたのですが、扉の向こうには
行けなかったかな、と感じています。

823 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 05:55 [ ZlurswIE ]
12月23日はちょっと不思議な一日でした。
夜中、仕事の途中(これはイラストではなく、文章。イラストは来年から再始動という
かんじです)に、カーペットにころがって眠ってしまっていました。ストーブつけたまま。
そしたら、朝方だったかものすごい音で叩き起こされました。最初は何の音かわからないほど大きな音。
みてみると、南側の窓の上にある本棚から、2冊の文庫本が同時に落ちて、
観葉植物の皿に落ちていました。震度2から3でも、本まではそうそう落ちたことが
ありません。すぐに、「うわ〜叩き起こされた」と感じました。だけど、一応ハイネットで
地震の有無を調べてもみました。だけど、地震はナシ。風もないので家も揺れてない。
…そんなことがありました。

その夜、長年付き合っている彼と、彼の家でいつものように夕食を食べたあと、
彼がビデオを借りてきた、と。私が仕事で追われているときは、まずそんなことを
しない人なのですが、息抜きに見たら?というんです。ちょうどひと段落ついた
ところだったし、見ることにしました。
「自分が見たいもの、自分はとりわけ見たくないけど私が見たそうなもの、ふたりで
楽しめるもの」のどれかで借りてきてくれますが、今回は私が見たそうなもの、という
ビデオでした。そのビデオのことを先ほどまで書いてみたのですが、長くなりそう
なので…略しますが、表面的に謳われている内容、タイトルとは裏腹に、23日までに
このスレで起こっていることをヴィジュアル化したようなかんじで、驚きました。
神、善悪、邪神との契約、前世、記憶の封印、今生の償いとしての役割…。
普通にストーリーを追うとクエスチョンやご都合主義のオンパレードなのですが、
裏に流れるテーマを読み解くと、パーツがハマっていく、というもので…。
とても、興味深く見ました。多分、このスレでの23日前までの強烈な流れを
目にしていなければ、この映画の底を流れるテーマに感じるということはなかった
かもしれません。見させられた、というかんじもしています。

824 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 06:49 [ ZlurswIE ]
>bluebirdさん


>>827で、
あなたはここで卒業。
自分で進んでいける。
しっかり生きなさい。

やっぱりそうしなくちゃなりませんか…前スレでも、自分で〜生きなさいという
ことを言われましたが…卒業というのは嬉しいんだか、悲しいんだか…哀しいです。
もっと、もっと、いたいです。

ここ2、3ヶ月の体感、空の様子、太陽、空気、から、ここに書かれている
短いメッセージ(誰へというのではない、スレ住民あての)は、
そのまま感じるところが、とても多かったです。

ただ、空の様子は、21,2日ごろから見ていて感じることが特に強かった
ように思います。殆ど私のイマジネーションに過ぎないのかもしれませんが。
22日は、雲が幾重にも重なり、宇宙の無限的なもの、星や地球外のものの何か。
23日は、雲が鳳凰が大きく羽を広げて輝いているように、龍が大小舞っている
     ように感じることが多く、日本の神様や精霊が集っている感覚が。
24日は、天使が羽を広げたような繊細な雲や、龍のような雲が太陽の周りを被っている
     雲のまわりに集約していて、被っている雲からは(その雲だけ灰色)
     何本もの光の帯が差していたのです。天使の階段と呼ばれる(ジェイコブズラダー、
     ヤコブの階段)光の状態に圧倒された私は、天使やその精霊たちのような。
     (西洋的な、クリスマスにふさわしいかも)

そして、25日はあれだけ連日でていた雲が、すっきりと一日晴れました。
まるで、もう幕が開いた印のように。


以前bluebirdさんからメッセージいただいていた
>とろりと溶ける  
ずっと考え、感じていて(>>509>>510でその萌芽はほんの少しあったのですが)、
24日から今日にかけて、私の中に残っていたある硬いものが、溶けたような…
以前、歯痛を起こして張って下さった結界で守られたとき、指摘された邪に繋がってしまう
彼女(本人は知らない)とのわだかまりのことですが、…
また、時間を置いて書き込ませてください。急激に眠くなってしまったので…。ごめんなさい。

825 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/26(日) 08:39 [ Z/PyQZIs ]
>>821琴月さん
>…で、最も深く感じたのは、日常生活の中での目に見えない守護や神というもの。
それにささえられて、生きているということ…でした。

そうです。じつはいまだから言いますけど(苦笑)、一時期琴月さんは、非常に「落ちて」
いました。気づきましたが、対処する許しが出ませんでした。「自分ではい上がらせるよう
にしなさい」と白の神さまがおっしゃいました。心配しつつ、モニターしていましたが
一向に上がる気配がありません。それでもまだ神さまの許可がでません。
正直、もうだめかと思っていました。ところがある時期から、急に「上昇」するんですね。
私はなにもしていないのです。怪訝に思って伺うと、どうも白の神さまがナイショで「なにか」
を琴月さんにされていました(笑)。それで「復帰」できたんです。
上の夢はそれを表しています。危なかったんです。「恵み」があったからこそ、助かり
ました。

>ただ、残念ながら、イメージは私なりに見せていただいたのですが、扉の向こうには
行けなかったかな、と感じています。

そうですね。しかしまだ時間はあります。

>すぐに、「うわ〜叩き起こされた」と感じました。

そうです。知人の女性のかたが起こしにこられました。

>多分、このスレでの23日前までの強烈な流れを
目にしていなければ、この映画の底を流れるテーマに感じるということはなかった
かもしれません。見させられた、というかんじもしています。

これも知人の女性のかたが「見せて」おられました。

>…卒業というのは嬉しいんだか、悲しいんだか…哀しいです。
もっと、もっと、いたいです。

琴月さんは閉鎖空間にお連れするわけにいかないんです。ちょっと特殊な訓練をはじめ
ますので。琴月さんには、それは必要ないからです。それで相談をしていたのですが、、
ここ以外のオープンな場所で、私が管理するというかたちのところを設けようかと
思います。そちらに来てもらえますか?ロムされているかたで、来たいとお思いのかた
おられましたら、そちらへどうぞ。ただしメッセージ等はあまり下ろさないと思います。
ご質問があって、答えるべきならお答えしますし、そうでない場合はスルーとなります。
そちらもどれぐらい続けるかはちょっと定かではありませんがw。今日じゅうにでも
作ってみますので。作ったらいちおう告知します。

>22日は、雲が幾重にも重なり、宇宙の無限的なもの、星や地球外のものの何か。
23日は、雲が鳳凰が大きく羽を広げて輝いているように、龍が大小舞っている
     ように感じることが多く、日本の神様や精霊が集っている感覚が。
24日は、天使が羽を広げたような繊細な雲や、龍のような雲が太陽の周りを被っている
     雲のまわりに集約していて、被っている雲からは(その雲だけ灰色)
     何本もの光の帯が差していたのです。天使の階段と呼ばれる(ジェイコブズラダー、
     ヤコブの階段)光の状態に圧倒された私は、天使やその精霊たちのような。
     (西洋的な、クリスマスにふさわしいかも)
そして、25日はあれだけ連日でていた雲が、すっきりと一日晴れました。
まるで、もう幕が開いた印のように。

この部分は非常に正確に捉えておられます。すごいなw。私はそこまで細かくは実は
分からないのです。というか、他にいろいろ対処することがあり、そちらに集中する
とそこまでは感知してられないんです。で、感じ取られたように、22日は宇宙系の
かたがた来られていまして、23日は地球のかたがた、そして24日は天使さん精霊
さんがた、だったようです。25日に「扉が開き」ました。

>24日から今日にかけて、私の中に残っていたある硬いものが、溶けたような…

はい、溶けました。琴月さんの内面の準備ができたので、溶けたのです。

826 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 09:12 [ ZlurswIE ]
>bluebirdさん

おはようございます!!!
長い連投を読んでいただき、その上こんなにも早くレスを頂き、
感謝いたします。ありがとうございました。
本当は、先の書き込みをしたあと、眠るつもりだったのですが、
煙草を買いに外に出たとき、丁度陽がでてきて…帰宅して教えていただいた
祓いを御札にお参りしていたら、どんどん太陽の光が…窓を開け、風通しを
良くして、眠る前に(もうその時点で眠気がなくなっているのですが)
気になって、ここを見てしまいました…そしたらbluebirdさんのレスが…
それも、新しい掲示板のお誘いまで…心から感謝いたします。


「落ちていたこと」とても実感があります。
仕事や部屋という現実的な対処が乱れると、肉体にも心にも即影響が出てくるのです。
そうなると、ネガティヴループに陥る過去から繰り返してきた悪い癖で、
なかなか治せないまま来ています。11月最初の週からが特に酷く、あの夢を見るまで
の間、続きました。一日とか半日は少し上がるのですが、すぐ落ちる。
その間、ずっとここはロムだけはしてました。でも、あの夢を見るまでは、書き込んでも
いいのかどうか、迷いに迷いました。20日にあの夢を見て、その3日後の
あの午後の抜け方は、今でもはっきり体感しています。南の窓に太陽の光が差しだして、
しばらくして、抜けたのです。これは、自分の力だけではないなぁと感じました。
少しづつ、というならまだしも、いきなりで。今までの重さはナニ?状態でしたから。
やはり、あれははたらきかけて下さっていたのですね。
>白い神様、ありがとうございます。

それから1週間のあいだに少しづつ慣れていき(基本的に、あまりにも落ちているときは
書き込みたい気持ちを自分で抑えていました)、12月になって書き込めたのは、
ひとえに神さまの文字に託した呼びかけ(ロム住民への)おかげです。

この頃、殆ど夢を見なかったのですが、あの夢はあまりに印象的で、その上私にも
とてもわかりやすく教えてくださったのだ、と重ね重ね思っています。
>危なかった  そうでした。夢の中での感覚、覚えています。

827 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 09:28 [ ZlurswIE ]
扉の先に行けない、のは自分でもうすうすわかっていました。
お役目の方々は、前世だけではなく、肉体を持たなかったときのことを
思い出されていますが、私は前世らしきこと(それも、80年代半ばから
90年にかけて)を数々思い出すことはあって、その当時ノートを
反芻してみても、肉体を持たなかったときのことはなく、今もまったく
思い出せないのです。

>知人の女性、というのは以前教えてくださった、6月に急死した知人の女性、という
       ことですか?そうだったんですか…。私は、神さまとか守護の方かとばかり
       思ってしまって…。

828 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/26(日) 09:32 [ Z/PyQZIs ]
>>827
知人の女性が「守護のかた」になっておられます。霊格の高いかたなんですよ。
で、さっそく作ってみました。続きはあちらで。
>花束さん
今後の連絡も、あたらしいほうの掲示板でお願いします。
私はここにはもう書き込みしません。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://www5.rocketbbs.com/151/pd30jt7a.html

829 名前: 琴月 投稿日: 2004/12/26(日) 10:25 [ ZlurswIE ]
>bluebirdさん(目が冴えてしまいました、連投してしまいます。どなたかいらしたら
        控えるようにしますね。スレ住民の皆様、ごめんなさい)


今まで、ロム主体で、時々書き込んで、というだけで、私は充分でした。本当にそれだけでも
恩恵でした。力が欲しい、というのは先に書いた80年代半ばから90年代初頭にかけて、
(正確には88年から90年あたり)に、切に願ったことでしたが、
90年初頭から約10年にわたって、そのような願望を一切捨てました。

私が80年代半ばに、最も望んだことは「自分を知ること。自分を思い出すこと。
今ここに生きる、こと。」で、それは何度も何度もあるときは振り出しに戻り、
あるときは3歩進んで2歩さがる…の繰り返しだった。その間に、一度壊れてしまった
自分を再構築するのに、とても時間がかかりました(今でもその最中ですが)
ところが、感覚的にはおとどしから、少しづつ何かが動いている
感じがしていました。自分の内部でも外部でも。それがはっきりしたのは去年の秋頃で、
今年は正月あけから、もっと強くなっていました。それが、ひとつの節目を迎えたのは、
あの以前教えていただいた知人の女性の急死です。
いままで最終地点でぐずぐずしていた私に、カツを入れられたような。あの出来事からここ半年は、
私も彼(彼にとっては、母親)も内面的な何かが、変わってしまいました。

そんな私にとって、自然を感じる、体感を得るということが、どれだけありがたかったことか。
水晶や神社での浄化は、昨年の秋ごろから兆候がでていましたが、正直言って、とても
不思議に感じています。
「最も欲しいと思ったときではなく、もう忘れた頃(もしくは切望しなくなって、
全てお任せ状態)になったときに、こんな感覚がくるなんて…と。
私が最も欲しかったのは、「生きている実感」だったから…。
今でもアップダウンはありますが、生きる喜びのほうがはるかに大きいのです。
うまく言い表せないのですが、過去でも未来でもなく、今この瞬間、という実感が
私は最も望んでいたものでした。この時間を少しでも長くしていきたい、と。

そんなとき、この掲示板に導かれたことは、私にとって今までのご褒美のような、
目に見えない恩恵のような…。ここで学んだこと、かつて自分が無我夢中でやってきて、
それをあらためて確認したこと…など沢山あります。

あ〜急に睡魔が…w  また、書き込ませてもらいます。
新しい掲示板、楽しみにしていますね。

830 名前:投稿日: 2004/12/26(日) 17:55 [ 8d.XAGqo ]
>>790 bluebirdさん
やはりそうでしたか。
ここ数年で特に大きくなってしまった悪魔的な考えでした。
主人主人と言って子供の世話を最低限しかしてきませんでした。
まして、子供達の心や気持ちを思いやる事など、表面的に(主人の気を引く為)取り繕っていただけです。
あの子たちは私に歩み寄ろうとしてくれてました。
それを私は無視していました。
100か0しかの考えしか出来なかった私は、0の方を何んの迷いもなく選び実行していました。
今これから1でも2でも出来たら10でも20でも実行して行きたいと思います。

夕食の準備に取り掛からなければなりませんので、途中ですが一旦おちます。
ちょっと失礼します。

831 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/26(日) 19:45 [ Z/PyQZIs ]
>>830柊さん
828に書いた掲示板に来てください。

832 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/26(日) 19:47 [ Z/PyQZIs ]
>ももんがさん
828に書いた掲示板に来てください。

833 名前:投稿日: 2004/12/27(月) 11:42 [ thPd0RwQ ]
遅くなり申し訳ありません。
掲示板へ書き込めませんでした。こちらに書き込ませて頂きます。
長々と又心が伴わないということでの結果かも知れないなぁと思いました。(^^;)

>外面ばかり よくしているのではないか。
>自分のことしか考えていない・・・
はい。
そう感じました。昨日のbluebirdさん神様仏様のお言葉を拝見し、その後一人実家へお墓参りに帰ったのですが、
その帰路で私なりに少し頭の中が白くなるほど自問自答していました。
が、いまこちらの掲示板でのメッセージを見せて頂いて、昨日の事すらもむなしいものと解りました。
”反省している自分”に酔っている私があります。その時は真剣に考え、反省したつもりでした。
けれどやはり空しいです。何かが違う。滅私していない。

昨日は漠然とですが「愛して行こう」と それが良いのだと方向が見えた気がしていました。
でも・・・それは当たり前の事なんですね。構えてする事では無い。
未だそんな事を言っているのか!と叱られた気がしました。
お爺ちゃん、お婆ちゃん、父の死を見てたのに そんな時にすら自分の為の思いをめぐらせていました。
人として当たり前に持ち合わせている筈の大切な感情を持ち合わせていなかった。

すみません。考えが纏まらず気が飛んでいます。
後で再度書き込ませていただきます。

834 名前: bluebird 投稿日: 2004/12/27(月) 12:02 [ eCJ2.wFM ]
>>833柊さん

>長々と又心が伴わないということでの結果かも知れないなぁと思いました。(^^;)

そのようですね、一旦はあちらへの参加許可は出たんですが。

>昨日の事すらもむなしいものと解りました。
”反省している自分”に酔っている私があります。その時は真剣に考え、
反省したつもりでした。
けれどやはり空しいです。何かが違う。滅私していない。

はい。そのとおりですね。反省に酔ってはいけません。それは心からの反省ではない
のです。

835 名前:投稿日: 2004/12/27(月) 12:59 [ thPd0RwQ ]
>bluebirdさん
>そのようですね、一旦はあちらへの参加許可は出たんですが。
はい。
私は未だダメです。
今回の事で やっと自分の醜さに気がついたと云うだけで、”反省をしなければ!”と思い
その為に自分の欠点というか、汚物を吐き出そうと・・でも汚過ぎて。
丁度TVでやってる「ゴミ屋敷」と一緒です。
それでもコツコツやっていくしか綺麗にならないのですが、新しいゴミだけは出さないようにしよう!と。

私は今まで”頭”で物事を判断し処理し過ぎました。大した頭ではないのに(苦笑
こんなに汚れがこびり付いていたとは。。。

836 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/27(月) 23:17 [ rRaoSn46 ]
最近アヒャさんがいらっしゃらないようですが大丈夫かな、
と思うROM者

837 名前:投稿日: 2004/12/28(火) 00:50 [ qWgknWd. ]
こんばんわ。大切なお話しなのにいつも勝手させて頂いてます。

ここ数日自分の事しか考えてませんでした。
このスレや掲示板に反抗的になったらごめんなさい。
皆んなもそうなのかもしれませんが、ここではそれぞれが我が身を・・
自分の責任でそれぞれを高めて行く!で横の繋がりがなくてもよかったのかもしれない。
私も今このスレを見、自分の>835の後にbluebirdさんのレスがあるとは思ってはしませんでした。
でも>836さんのレスに同感してしまいました。
自分の事すらおぼつかない人間が(苦笑

アヒャさん
人の事を言えたものではありません。私は。
私は知っての通り過去生では徳が多少あったかもしれない。でも何も覚えてのいない。
貴方は因縁や罪があったかもしれない。でも・・・これからだと仰ってくださってる。
厳しいでしょう。
私の悪い所は”そこ”を自分で判断すること。
厳しいと云うことは見て下さってるという事!と結び付けてしまいます。
正しいとか、神も恐れぬとか・・(イヤ!書いてて怖くなってきた^^;)
私は挫折する気はありませんが、私と違い貴方は「恐い」と知ってる。
だからついていけます。
私は何がなんだか解ってません。恥ずかしながら。
ぶつかってください。

とにかく「恐い」でもイイ。なんでもいいから書いてください。
吐き出してください。

838 名前:投稿日: 2004/12/28(火) 01:26 [ qWgknWd. ]
酔っ払いが脱線しました。
・・・独り言です。
ここ数日のこと。
私は自分の日々の行動や思いのいき詰まりに気が付いてませんでした。
何かを求めたくて、何を求めていいのかわからない・・・でもこのままではいけない!と云うのは心のどこかに有ったと思います。
この日の為にどれ程の神々のお働きがあったか とbluebirdさんのお言葉を拝見したとき。
私事ですが、主人の守護霊様が主人と私を引き合わせて下さった事。
私などを引き合わせて下さる意味を考えた時、私はやはり裏切っているのだなの確信いたしました。
今日 日中のレスの後仕事をしながら、当然感情の起伏があります。
私は主人と別れたほうが良いのか?とか。(これは逃げだろうと思いました。)
それが良いならもうそうなっているはずです。(アカン!これも頭の中の話しや^^;)
でも、チャンスを与えてくださった。
一般の人なら気付かずに通りすぎ、何も分からず別れて行くところを、気付きの場所を与えて下さった。
のろまでごめんなさい。
今、掲示板へ行けることへの焦りは有りません。
BBS行きそびれたのも、自業自得ですから。

又明日にでも伺わせていただきます。

独り言でした。おやすみなさい。

839 名前:投稿日: 2004/12/28(火) 14:09 [ yDg5/iIE ]
言葉にすれば飾りや付けたしや取り繕いが出て来ます。
いまだ長文は書き込めず。。。です。恥ずかしながら。

周りの人々には 心を馳せるようにします。
主人の変化が改めて重症になりつつあるのを、昨夜初めて気付きました。
そうしたのは私です。
心を溶かすよう頑張ります。
周りの人にも心を馳せます。

840 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/28(火) 18:48 [ ROXs1Rho ]
28日を区切りにしていました。 移転なさったんですね。

「来ないのだな」と言われ、「行きません」と答えました。
HNも取りました。 行かない私には、もう名乗れません。

短期間だったけど学ぶ事は多かった。
様々な方法、言葉の大切さ、お詫びと感謝。 楽しかった…

しかし、ここでお別れです。 私はついて行かない。
このままで善を目指します。悪にまみれながら。それが私なりの成長の方法。

ありがとうございました。 皆様、ご自愛ください。
最後に神さまに感謝を。 さようなら。

841 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2004/12/29(水) 14:45 [ ypGRTOkU ]
ついていかない方が普通にいいと思うがね。

842 名前:投稿日: 2005/01/01(土) 00:22 [ 5U94YIZ6 ]
明けましておめでとうございます。
掲示板は閉鎖されるようですね。
短い間でしたが大切な事を気付かせていただき、本当に有難うございました。
前とは違い心が楽になりました。
今の生活と教えて頂いた事を大切にして生きてゆきます。

843 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/01(土) 16:33 [ YYAmovjc ]
保守

844 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/02(日) 02:53 [ 9EZokaoY ]
生きている事それ自体が常に勉強ですから
合格しなかったから今回の人生ではだめとか、そういうことは決して無いと思います。
それぞれ自分にあったやり方を選り分け、選択していくべきですよね。

845 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/02(日) 13:39 [ K1GUAwGs ]
>>844
同意。
そうやって何度も生まれ変わりながら
学んでいくのが人の魂なのかも。
そう思うと、人の人生って果てしなく長いね。

846 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/03(月) 01:54 [ 8PzjNDc. ]
↓スマトラ地震のことかな。

>>204
「かつてないことが起こる。」
とメッセージがきました。社会情勢?海外?近いうちに。

>>242
今日の夕方に彩雲を見ました。
見ているうちに何故か日本を中心とする東アジアの地図(雲の形は似ても
似つかなかった)を連想し、日本がある場所には淡い彩雲が、東南アジア
(ベトナム・タイ・シンガポール・フィリピン・マレーシア近辺)には
鮮やかで美しい彩雲がありました。
最初はその美しさに畏れを感じましたが、何故か「(彩雲の有無にかかわらず)
来年は良い年になりますように」と思えてきました。
…何となく書きたくなったので書きました。

>>267
今日の明け方「南・南(ry」と合計8回声が聞こえたような気がしたので、


>>298
今朝方、まるで回転ベッドのように地面がゆっくりと何度も回る夢を見ました。
(「そんな事はありえない。これは夢に違いない」と突っ込みながら)
そうしたら、南から来た大きくて細長いエネルギーが海底からスッと
海上へ抜けたような気がして、揺れが収まりました。

847 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/04(火) 00:24 [ F6vTcArY ]
本当だ。今見るとまるで地震の予言のよう…
ブルーバード氏の答えでは地震とは関係がないと仰っていますが。

>>308
「それ」は起こったようです。しかし、地震と直接の関係はないようです。
なにかが「生まれ」ました。

848 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/11(火) 13:17 [ 02xE0Xlc ]
保守

849 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/31(月) 00:17:00 [ J1RsMbR2 ]
bluebird=2chの52=青石=金華
その嘘、インチキが暴かれた。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1106063565/270-319

850 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/01/31(月) 00:20:10 [ hCb9gT0I ]
わかりやすすぎw
つーか、この人に騙された、っていうか、のめりこんだ人ははっきりいえば猛省が必要。
なるようになっただけだよ。

851 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/03(木) 11:14:12 [ QOTTI/nw ]
bluebird氏が書き込みしていた各種過去ログ読むと色々分かるね。
最初の方で既に指摘してる人もいるし。
色々読んでみたけど、そもそも立っている場所が違う(と思っている)から、
「騙す」「騙される」のレベルじゃないんだよねぇ。

bluebird氏は本気だし、正気で一連の書き込みや訓練をしているから
そもそも「騙そう」という意識はない。
でも、受け手は必ずしもそうではない。
神の言葉が当たっているかどうかに注目している人もいるし、
与えられる能力に興味のある人もいる。
純粋にbluebird氏の掲げた理想世界の為に、と思って参加した人もいる。
何であれ、参加して脱落した人に
マイナスイメージの暗示を与えるのはどうかと思うけどね。
>>849を読めば気付くと思うけど、それでも
「悪魔や邪霊が憑いている」「今後の人生でたくさん躓く」とか
言われたら気になるだろうな…と思う。

852 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/04(金) 17:44:06 [ HzYoSSiI ]
あげ

853 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/04(金) 18:48:55 [ 5Nl10YqI ]
気功・超能力スレ、あれもう復帰は難しいね。
あそこまで荒れちゃあ、どうしようもない。
それにしても、能力者とか修行者っていうのは、どうしてあんな風に
自分の考えをおしつけるんだろう。52の閉鎖掲示板のコピペ暴露以降の荒れっぷりは
手がつけられない。呆れてロムってるしかないよ。
絶対譲らないしさ。見てて痛い。最初のスレはほのぼの進んでたのに、2つめから
少しばかりやばい雰囲気はあったけど。だいたい他人のチャクラを透視でみたり、
エネ状態をみたりってことを52が現れる以前からしてたから、兆候はあった。
それが一気に52が現れてから、拡大していったという感じがする。
結局、それが、最後まで引きずった原因ともいえるのではないかね。あねっくすに比べて
ヘタに気感を得ているスレ住民が多かったのも、拍車がかかった原因かと。
それにしても、どうして能力付与というのに、あそこまで弱いのか…。

854 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/04(金) 22:45:22 [ 5/bHQuDU ]
なまじっか能力者が集うスレだったから、
余計に収集つかなくなったんだね。
また52氏もそういうスレだからスカウトに出向いたのだろう。
一連のコピペは面白かったけどねw
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://2ch.pop.tc/log/05/01/24/1548/1055767323.html
↑にもWillというHNで登場してるけど、
割と初期の段階でスレ住人に指摘されてるし、
その後の行動もパターン化されてるところを見ると、
背後に存在するのは果たして…。

855 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/04(金) 23:13:24 [ MhYK3obM ]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://makimo.to/2ch/life6_psy/1079/1079960341.html
ここの144さんとしても登場されている。
素直に受け取れば、背後にいるのは出雲の神様です。
ここで同じような境遇にある方に会い
次に854の掲示板。
次にこの本スレで前世?で「弟子」だったものを集め(570bbs)
次にこのスレで人を集めて
(ここで連れて行った人は自称「能力なんてありません」と言う人ばかりです。
以降先の掲示板で「能力を抑えられているものが殆どである」
と神様からのメッセージが降りている)
次に気孔スレで能力者を二人くらい連れて行っている。
後は、他のどっかから出てきた人ですね。
十文字さんは、上に書いた掲示板ですでに
bluebirdさんと会ってらっしゃいますね。

856 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/04(金) 23:56:04 [ 5/bHQuDU ]
144氏=Will氏=bluebird氏=52氏かどうかは断定できないけど、
書き込みやそのパターンからするにおそらく同一人物だと推測される。
で、>>855のリンクを読むと確かに背後にいるのが
出雲の神様らしいことは分かる。
だけど、以降もずっとそうなのかどうか。
>>844のリンク先、878、886の書き込みをした人には何が見えていたのか。
ある意味当たってると感じるよ。
お金じゃなくて「魂」「意識体」「表層」「能力」「知恵」等の剥奪、
「悪魔」「邪霊」等を呼び寄せていると書き込みしているし。
もっとも、参加者の書き込みを見る限り、
どれも体感・実感できるものではなさそうだが。
52氏がどの程度の能力者かは分からないが、
途中で別の「力ある何か」に取って代わられた可能性もあると思う。

857 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/05(土) 02:07:10 [ 7RkBtrk6 ]
>>855

スレ貼ってくれてありがとう。
確かに、この2ちゃん宗教板の掲示板ではすでにPH(パーフェクトハーモニーの略だよね?)さんというのは144さんと
会ってるんだね。会話内容からして、どう見てもPH→十文字 144→52ということに
なるんだけども。このあねっくすの元スレは「超能力を持つ人いますか〜」スレなんだけど、
そこには十文字さんが気功スレで、「超能力もつひと〜」の何さんでしょう?と質問されてて
それを認めているよね。気功スレのナンバー2で。「超能力をもつひと〜」に居たから
わかるんだけど、男性だけど中身は優しげ(?)な女性ということで覚えてる。「超能力をもつひと〜」
では472(宗教板の144・上記のwill・「超能力もつひと〜」の427から派生したあねっくすの
このスレではbluebird・それから気功スレの52…)と十文字さんは普通に能力のこと会話してたと
思うけど、スレが落ちてるので再確認できない(誰かミラーないかしらん)

ここからは、単なる推理だけど、宗教板ですでに144(52)さんとPH(十文字)さんは
スレでの会話とリンクさきによってたしかめた超能力開発研究所を媒体として連絡をとりあってると
いうことだったら、すでにお互い知ってただけではなくなる。
だいたい、超能力開発所のアドレスって、気功スレに貼ってあるアドレスと同じだし。
現在進行中の気功スレ・3で、閉鎖掲示板のコピペにでてくる「しげさんと所長さん以外は
みんな脱落…」って、このふたりは超能力開発所の運営者。HPのプロフィールに
出てる。

858 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/05(土) 10:14:46 [ 6xYm8CA. ]
>>857
何だか随分ときな臭い話だなぁ。
検証サイトがあってもおかしくない流れになっているが…。
専用ブラウザだから、ここの元スレの過去ログは保存してるよ。

その他、レイキスレにも65として登場しているけど、
 レイキって本当に使えるのでしょうか? Part10
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094367633/
他にもどっかあるかな?

859 名前: 857 投稿日: 2005/02/05(土) 12:49:51 [ 7RkBtrk6 ]
>>858
検証…それに近い形になるのかな?
ヘタなこと書きたくないので、もう一度>>855に貼られているの読んでみたけれど、
そこでのスレ立て主の1さんと、144さんが出雲つながりで会話や能力、神さまの
話になり、結界・防御のことで144さんが超能力開発所での霊視やグッズを紹介してる。
彼女自身も、ここで結界その他、霊視(背後の守護を見る)において
信用しているとも書いている。実は、この内容(能力開発所)については、あねっくすから
移動したBBS(すでに削除されている)で、しげさんや所長について、と開発所のことが
書かれていたので(ん?と思ったのでよく覚えている。そのときHPにも行ってみてアレ?と)
で、144さんと1さんは出雲繋がりで、開発所を媒介にメール交換することも書かれている。
その間にPH(内容、PHの愛用グッズ、オーラやチャクラの見方から十文字さんとあまりに
酷似)が登場、144(52)さんとのやりとりが始まり、144さんが1さん・PHさんと3人だけで
話せる場所をどうするか、と振ったとき、PH(十文字)さんは「開発所のしげさんを通じて連絡の
やりとり」と提案してるね。その後は3人とも消える。多分この時点で(4月)で
144(52)さんとPH(十文字)さんは会ったのみならず、交流が始まっているのでは、と
推測できる。
 気功スレ・1から超能力開発所のアドレスは貼られているし、1では十文字さんらしき人は
現れていないから、アドレスについては単なる偶然かな。だけど、気功スレ・2で
まず30として現れた十文字さんは、その後52さんが登場して、すぐに「通常の10倍は
ある、霊能者さんですか?」と2行ばかり印象的な文句をふってるけど、52さんは
ずっと答えず、その後記号にエネ封印したものをやりだしたとき、30(十文字)さんが
やはり記号エネ封印したものをUPして、そこで初めて会話が始まってる。気功スレ・2
のラスト近くに突如52さんが登場しているけれど、その頃は、372さんが52さん
のことを話題にしていて、52さんならあねっくすにいるのでは?と誘導が貼られて、
さらに十文字さんも登場、その後、52さんが出てきているしね。

860 名前: 857 投稿日: 2005/02/05(土) 12:51:07 [ 7RkBtrk6 ]
気功スレ・3から派生したBBSについても、不思議だなぁと思ったのは
十文字さんは、アク禁で2ちゃんに書き込めないから…とBBSの最初のほうに
登場。52さんが阿朱さんに印の結び方のアドバイスを学研の本等に載ってる他の
書き込みに、非常に気楽なかんじで「その本、買って勉強してみようかな」
というレスを返したあとは、阿朱さんが能力を得た勢いで気功スレ・3でJBさんの
邪気だったかをとった書き込みにたいして、応援の短いコメントを出してる。
けれど、その間に、十文字さんにメッセージがいくつも降りているのに、彼はBBS上では
まったく反応していなかった。だからてっきり閉鎖掲示板には参加していないのか
と思ってたわけ。気功スレ・3からの派生BBSではしきりに名乗り出るように、と
呼びかけていたけれど、その反応も無かったと思う。
ところが、閉鎖掲示板には参加、それも最後まで残っていた(他には非点さん?)
…メールで以前から報告しあっているなら、わざわざ掲示板に書き込む必要ないでしょう。

別に52さんも、十文字さんも超能力開発所のグッズとか、金が関係することなど
ではないと思う。
2002年ぐらいから天の仕組みに色々な変更があり、2004年から活発化、
2005年ははっきりする年(もしくはスタートの年)というのは、様々なチャネリング、
宇宙神界・天使界・日本神界その他でも共通しているところだけど、
その中のひとつが、国津神系の復活も言われていたり、国津と天津の連動というのも
言われている。私は52さんを全くの詐欺だとかいんちきだとかは思っていないけれど、
本人のメッセージを受け取る器として、まだ問題の部分が沢山ある(あの暴露された
コピペに出ているけれど)のでは、と感じている。
出雲系の何か、であっても、
>>586さんの言う、
>途中で別の「力ある何か」に取って代わられた可能性もあると思う。
可能性もあるし、
あるいはメッセージを受け取る側のトラウマが完全に解消していない場合、
それを通したものになる、または本人が2元論(正邪)から離れていない場合は
それを通してくるものもある。ひとつの例えだけれど、52さんのHNが
青石、金華、とでてくるけれど、これ水滸伝の有名な一説からだよね。偶然なのかな。
水滸伝の愛読者とまでいかなくとも、あれは邪気、悪霊、悪鬼、邪霊のそれこそ
飛ばしっこ(?、そんなに詳しくないけど)

色々書いてしまったけれど、52さんが2ちゃんで能力者を集めてお役目させようと
した。協力者がいた。それはどうも出雲系らしい。メッセージその他については、
他の神界と連動していることも多々あり。だけど、時として本人のもろもろが掃除されて
ない部分を通すと、とんでもないものになっている可能性あり。

一応、私はそのように見てますけどね。

>>858さん、あねっくすの元スレ「超能力持つ人〜」の中に、外見おじさんだけど、
中身は女性のエネルギーが入りだしてるとか言ってる人がいると思う。
その人が427(52)さんとどんなやりとりしていたか覚えてないけど。
あそこは他にも能力者がいたし。ただ、中身女性エネ流入な人は気功スレ・2の
ラスト近くで十文字さんと同一人物ということは、再度読んでみたけどやはり
本人も認めてるね。

861 名前: 857 投稿日: 2005/02/05(土) 13:15:53 [ 7RkBtrk6 ]
>144(52)さんとPH(十文字)さんは会ったのみならず、→スレ上で、出会ったということ。

十文字さんは気功スレ・2で色々まんべんなく接しているけれど、
阿朱さんと、とふとふさんとはこの時点で、かなり能力を見出していたのでは。

今年から、エネルギーが早まってるので何らかの形で52さんは急いでいたのだろう。
ただ、やり方がもう少し何とかならなかったのだろうか。本人、2ちゃんに書き込みたくないと
言ってたし、私としては他との情報その他をすり合わせた結果、詐欺やインチキの
類だとは思ってないけど。彼女に対しては、非点さんが「サニワが必要。ひとりで
全部やるのは負担がかかりすぎ」のようなことを書いてるけど、
その点には同感。超能力開発所の所長は真言密教系だし、多分、そこのしげさんと所長は
サポート役なのだろうけれど、年齢も若すぎるような(年齢だけでは判断できないにしても)
サニワの適役については、詳しくないのでわかりませんが。

862 名前: 857 投稿日: 2005/02/05(土) 13:22:33 [ 7RkBtrk6 ]
それから、能力についてこだわってるところも
問題だったのかも、と思う。だいたい相手の潜在意識にアクセスするのは
遠隔でも技法でできるらしい。ある意味、共通の幻想の共有とも言えなくもない。

863 名前: 858 投稿日: 2005/02/05(土) 21:26:18 [ VjPY0gTk ]
>>859->>862
ここまで事の成り行きが見えていたら、
付いて行って不必要に傷付いた人も少なかったろうに…。
2ch霊視スレにも今回の件に関してらしい相談が書き込まれてるし、
52氏の能力の真偽とは別の部分で、何らかの検証は必要だと思う。
私の場合、ごく親しい知人が今回の件と関わって落ち込んでるから、
こうして首を突っ込んでいるわけだが。
あねっくす以降の書き込みは、閉鎖掲示板を含め
知人が保存していたログ等でひと通り見たけど、まぁエグイ内容だったよ。
気功・超能力スレのコピペはまだマシな方だね。
私が見た限り、閉鎖掲示板に十文字氏の書き込みは見当たらなかったけど、
彼は全部閲覧できる立場にいたみたいだね。

864 名前: 858 投稿日: 2005/02/05(土) 21:33:16 [ VjPY0gTk ]
ここの元スレの十文字氏の書き込みは以下のとおり。
262で色々書き込みしているようですね。

302 名前:262[sage] 投稿日:04/09/25 02:31:42 ID:TFLiF1Ys
>たぶん「お久しぶり」の人ではないと思いますが。
そうですか、失礼しました。

私はいいトシしたオッサンなんですよ(w
>女性と思われる、もしかしてヒーラー系かな?てな
>いいカンジのなにかが。
>こんな素敵なおねいさんと心の愛人同士になれるのはうれしい。

これについては心当たりがありまして、まだ結論はできませんが、
ここ数ヶ月で女性的な波動が強く出るようになってきました。
別にオカマを目指しているわけじゃありませんが(w、進歩の証だと思っています。

元スレで52氏は472て書き込みしてるけど、262宛のメッセージはひとつだけらしい。
608 名前:427[sage] 投稿日:04/10/09 13:31:19 ID:RV+8OCZ/
>>604
262さんにメッセージがきました。
「ただならぬ者。近づく。常に注意深くあれ」
ただならぬ者、は、良くない意味で、です。プライベートな面でです。
ご注意くださいね。
もうひとつ。「悟りを得る方向。そちらへ進め」だそうです。ご参考までに。

865 名前: 855 投稿日: 2005/02/05(土) 21:41:50 [ /ke.qijw ]
>>856さん >途中で別の「力ある何か」に取って代わられた可能性もあると思う。
今年は初詣が遅れて1/22に行って来ました。
855で挙げたスレにたどり着いたのは1/24です。
本当に偶然です。意図せずたどり着きました。
電波ですみませんが、これが「お導き」なら、1/24の段階で
bluebirdさんはちゃんとした神さまと繋がっておられることになります。

>>857さん
色々と考察していただきありがとうございました。

866 名前: 858 投稿日: 2005/02/05(土) 22:00:29 [ VjPY0gTk ]
私も52氏の能力がインチキだとは思わない。
何らかの能力者だとは思うんだけど、
神のみ使いかどうかは確信持てないな。
移動先のBBSや閉鎖掲示板のログを見た限り疑問が多い。

例えば、気功スレの505でver3.100氏が
「大神とはいかなる存在か」と書き込みしてるけど、
大神様はこのスレに登場している「白の神様」だそうだ。
52氏は大神様の「妻」で、大神様は「キリストが父と呼んだ方」。
現在背後にいるのは出雲の神様ではないのだろうか。
ちょっと腑に落ちない印象を受ける。

それから、52氏は「ルシファークォーター」で、
「そういう家系を選んで生まれてきた」と書き込みしている。
…どういうことだろう。ルシファーの家系って何だ?

867 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/05(土) 22:21:59 [ BiOpJYug ]
857さん、
なかなかスルドイ分析ですね。
細かいところはご容赦頂きたいのですが、
私と52さんはネット上で出会って別れての繰り返しです。
>>864のコピペにある「お久しぶり」な方というのは52さんのことです。
ひとつ打ち明けますと、このスレの「ももんが」を名乗っているのも私だったりします。
ここから派生したBBSで閉鎖空間へと誘われましたが、
その時は思うところあって参加はしませんでした。
記憶にあるかたもいらっしゃるかもしれません。
こう書くだけでも洞察力のある方なら真実に近いところを分かって頂けると思います。

いま私は52さんに対しては「感謝」と「尊敬」の気持ちが強いです。

857さんが仰る「時代の流れ」的なことは、
私も同じようなことを感じています。
どこまでが真実なのかは正直分かりませんが・・・

あとひとつ、
「中身は女性」ってのは誤解を招きそうなので勘弁してください(w
あくまでも「女性的な優しい波動が出るようになった」ということですから・・・

868 名前: 十文字 投稿日: 2005/02/05(土) 22:23:29 [ BiOpJYug ]
名前忘れました。>>867は十文字ですm(_ _)m

869 名前: 十文字 投稿日: 2005/02/05(土) 22:51:15 [ BiOpJYug ]
52さんは事前に口裏合わせて何かをするような方ではないと
言いたかったワケでして・・・お邪魔しました。

870 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/06(日) 20:45:52 [ 60HJ/Ikg ]
>>866
ハゲ同。
能力者ではあるのだろうが神のみ使いかどうかは疑問。

ルシファークォーター
大神様の子供を身篭ってる
etc

…ムーやオカルト好きの娘さんの発言みたいだ

871 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/07(月) 12:47:50 [ H8WoaUAg ]
それにしても、52氏からマイナスイメージの暗示を受けた人が、
それらを完全に払拭して生活するには時間が掛かるだろうな。
「ある」と思えばそれらが存在する世界に身を置くことが出来るし、
「ない」と思えばそれらと無縁の生活を送れる。
精神世界の出来事はそんなものだと思うけどね。

872 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/07(月) 17:07:03 [ VgLpu2f6 ]
あげ

873 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/07(月) 19:13:32 [ OF4Gf1yw ]
本当に役目なんぞがあれば喧伝せずとも人は自然に居場所に集まるだろうよ。

874 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/22(火) 00:01:10 [ /HyLA6zY ]
【超能力】不思議な力を使ってみよう・4【霊能力】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1108614685/

いい加減52の話題はスレ違いかつ荒らしを呼ぶので移動。
移動記念にあげておく。

875 名前: 192 投稿日: 2005/02/22(火) 19:48:16 [ 3i17x0iE ]
4月にWillさんの掲示板に参加するとき
霊的チェックがあったのですが、そのチェック項目のうちの1つは
「能力者としてだけでなく、Willさん個人のこと(体調など)を
 気遣えるかどうか」だったような気がします。

Will@素さん好きでした。

876 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/23(水) 03:20:51 [ nvOmHim6 ]
Willさんって誰?52氏?

877 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/23(水) 12:43:45 [ 6LZf4lrk ]
>>875
192さん、霊的チェックの話をもうちょっと詳しく聞きたいです。
それはWill氏がチェックしたの?それとも参加者の自己申告?

>>876
>>853以降の書き込みを読むと分かるけど、おそらく同一人物。
一部読めないのもあるかもしれないけど、
今まで出てきた関連スレを整理してみた。

52として登場
【超能力】不思議な力を使ってみよう・2【気功】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1099881825/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/occult/kako/1099/10998/1099881825.html
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://ruku.qp.tc/dat2ch/0501/27/1099881825.html
【超能力】不思議な力を使ってみよう・3【気功?】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1106063565/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://ruku.qp.tc/dat2ch/0502/19/1106063565.html

427として登場
★◆超能力を持つ人いますか?◆実は私もそれで◆★
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094007129/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/occult/kako/1094/10940/1094007129.html
※ここ(あねっくす)はオカ板にあった超能力スレの次スレとして立てられたもの。

Willとして登場
【体験談】神社でお祈りって本当に効果あるの?
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1055767323/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://travel2.2ch.net/kyoto/kako/1055/10557/1055767323.html
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://2ch.pop.tc/log/05/01/24/1548/1055767323.html

65として登場
レイキって本当に使えるのでしょうか? Part10
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094367633/

144として登場
◎◎◎私は超能力者でしょうか?◎◎◎
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://makimo.to/2ch/life6_psy/1079/1079960341.html

499として登場
【新装】霊能者達に霊視していただくスレ 5
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079936762/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby4.2ch.net/occult/kako/1079/10799/1079936762.html
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://fun.kz/test/read.cgi/occult/1079936762/

878 名前: 192 投稿日: 2005/02/24(木) 14:53:03 [ DrKqlqYE ]
>>877
霊的チェックは、掲示板への参加希望者全員にWillさんが
行っておられました。

2chやめることに決めました。
このスレにももう来ません。

879 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/24(木) 14:56:05 [ WD..QGy2 ]
信者化した人に何をいっても無駄。
冷たい様だが自分で進んでみて何があるのかをその身で知る以外はない。

880 名前: 192 投稿日: 2005/02/24(木) 16:27:14 [ DrKqlqYE ]
さいごに

52さんにはどんな御礼の言葉もお詫びの言葉も思い付きません。
何を言っても足りない気がします。

これはここをご覧になっている皆さんに言っておきたいのですが、
私と繋がったために52さんは最後のほう能力に変調をきたしてしまったのです。

52さん、もし気が向かれたらアクセスしてください。
パスはWillさんがanotherで使っておられたのと同じです。
当時の参加者の皆さん今はどうされているのかなぁ。好きだったです。
レスは期待していません。今月末までで閉鎖します。
ttp://www.another.jp/rental/bbs/bbs2.asp?ID=rn_rainbow

881 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/24(木) 16:44:19 [ 9oqIShXw ]
> 私と繋がったために52さんは最後のほう能力に変調をきたしてしまったのです。

そんないい加減な程度のものではおかしなものにしか繋がらない。
妙な弁護をすればするほど駄目さ加減が見えてくるな。

882 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/24(木) 16:59:46 [ Zne0KJnU ]
192さん、
あのですね…貴方、自分がかなり傲慢だってわかってますか?わかってないんでしょうね。
だから、同じような書き込みを繰り返しているのでしょうけど。

>私と繋がったために52さんは最後のほう能力に変調をきたしてしまったのです。

本スレで、何度かそのようなことを書いていたけれど、52さんの行為に反論や批判を
した人たちに対して、あまりに失礼だと思いますよ。
批判レスの中身は単なる荒らしは別として、ひとりひとりの意志や考えを反映したものもあるはずですが、それら全てがあなたの責任(あなたが繋がったもの)、
というわけですか?貴方は人の意見をコントロール(52さんに対する批判)できるほど
おエライんですか?
人を馬鹿にするのもいいかげんにしたらどうですか?
貴方のように、自我がきちんと機能していない人が、そうやって目に見えないものの
せいにするんだと思いますよ。今回の件に限らず、生きる上での何らかに対する依存度が強すぎるのではないですか?

>>881さんの
>妙な弁護をすればするほど駄目さ加減が見えてくるな。
という意見に、まったく同意です。

883 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/24(木) 17:00:45 [ z070FnhE ]
未だにオ○ム信者がいることからも分かるけど、
本人が気付かなければ、洗脳ってなかなか解けないものなんだな。
放り出された幸運に早く気付いた方がいいと思うのだけど…。

884 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 01:30:26 [ kRCbSJRY ]
うん。外から見ている分には、典型的な洗脳手法のオンパレードだったのにね・・・

885 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 03:06:28 [ 2oPBt0RQ ]
分かったような口ぶりの方に聞きたいが、52氏は何のために洗脳とやらをやっていたと思うのかね?

886 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 08:54:25 [ A9zArcvA ]
>>885
52本人曰く「霊的秩序向上のため」だろ?
そのために52の背後にいる神の指示に従って、
2ちゃんや自身で立ち上げた掲示板で能力者や協力者を集めてた。
もっとも、そういう書き込みをしていたからといって、
本心がそこにあったかどうかは分からないけどね。
単純に自分の信者が欲しかったのかもしれないし。
レイキスレを読めば分かるけど、52は何らかの団体に所属してるみたいだし、
52の思惑はどうであれ、誰かに利用されてるのかもな。
ネットでここまで煽動できるって分かったら、利用応用は十分可能だよね。

887 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 13:55:42 [ 2oPBt0RQ ]
>>886
なるほど。でもレイキスレにはレイキ団体とは縁を切ったと書いてあるね。

888 名前: 884 投稿日: 2005/02/25(金) 21:07:52 [ 84F5tN2k ]
>>885
じゃあ、分かったような口ぶりついでに、もう少し書かせてもらうよ。
団体や金がらみの話の話に展開する前に一旦消滅したからね確実な目的は分からないよ。
私は52は何らかの霊力は持っていたとは思っているよ、だがね
そこで勘違いする輩の典型パターンに陥っているように見えたが。
霊的な感覚によって得られる情報と自我(エゴ)の混同。
52自身には、自分でもその境界の区別さえつかなくなっていた。

信者ともいえる程の信奉者の「憧憬と畏怖の念」は増長したエゴの格好のエサなんだよ。
だから、そのエサを十分に自分に与えてくれなさそうな人は早々に切り捨てていた。

889 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 21:42:40 [ S7VoGiUo ]
>信者ともいえる程の信奉者の「憧憬と畏怖の念」は増長したエゴの格好のエサなんだよ。

それは2chやあねっくすの自称能力者のほとんどにあてはまる感じ。
自分のスレを持ってる能力者なんてまさにそう思うな・・・。

890 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/25(金) 22:02:18 [ 2bwTtK.2 ]
●○ レイキ・ヒーリングについて ●○2●○●●
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1096041388/

↑の951として再び2chに登場したようですな。
早速スレ住人に指摘されているが…。


>信者ともいえる程の信奉者の「憧憬と畏怖の念」は増長したエゴの格好のエサなんだよ。

ここにも擁護の書き込みをしていた192氏なんて格好の信奉者ということになるね。
52は神のメッセージと称して自身をものすごく褒め称えていたし。
そういう人はたしかに「かつてない魂」だよなw
能力者だからといって、人格者というわけではないんだけど、
力のある人は人格者であって欲しいという願望も多分にあるんだろう。
その辺の心理を「神の言葉」と称するメッセージを駆使して
うまくスレ住人を煽ったと思うよ。

891 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/26(土) 01:28:22 [ M/NgNQLc ]
>>888
>信者ともいえる程の信奉者の「憧憬と畏怖の念」は増長したエゴの格好のエサなんだよ。

それはひとつの可能性ではあるが、本当にそれが目的だとしたら、
普通もっと別のやり方でたくさん人数集めるんじゃないかとも思う。

892 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/26(土) 01:46:30 [ 4yL2fP2I ]
>>891
>普通もっと別のやり方でたくさん人数集めるんじゃないかとも思う。

例えば、どんなやり方?
2CHを使えば、何の投資もいらないし
面割れしないから、騒ぎになれば直ぐ逃げられる。
面と向かって反対論を唱える人間を後に残して
信奉者だけを閉鎖空間につれだせる。
こんなにオイシイ環境は他に無いから、時を変え名前を変え
彼女は何度も2CHに現れる。 違うかな?

893 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/26(土) 11:46:09 [ M/NgNQLc ]
>>892の言うことも一理あるとは思ってる。
俺だったら、あてものしたり、相談にのったり、遠隔治療したり、地道な部分にもっと時間かけるな。
それが軌道にのってきたら場所を改めて(閉鎖空間でなく)拡大していく・・・みたいな。
それと実際には「閉鎖空間には信奉者だけ」ではなかったと思う。不明氏の友人とか。
全然会話のない人(少なくとも信奉者かどうか判別不可)を呼び入れたりもしてたと思う。
信奉度100%の192氏は追い出されてるし(w
俺が「人集め」のために閉鎖空間を使うとしたら、
そこに行った人々の口から「あそこは素晴らしい」と言わせるように持って行くと思う。
それが組織化や次の客集めにつながるから。

894 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/26(土) 15:39:40 [ Qd.L5GPQ ]
>>893
>俺が「人集め」のために閉鎖空間を使うとしたら、
>そこに行った人々の口から「あそこは素晴らしい」と言わせるように持って行くと思う。
>それが組織化や次の客集めにつながるから。

52も最初はそのつもりだったかもしれない。敵対者でない限りは集まる人数が多いに越したことはない。
だが、短気でエキセントリック(我が侭といってもいい)な自己は隠し切れなかった
そして、自己保身から出た言葉を、こともあろうに「神の言葉」として皆に伝えた。
一般的な人がその光景を見たら、それを一般的に「ボロが出た」と言う。
私は888で
>霊的な感覚によって得られる情報と自我(エゴ)の混同。
>52自身には、自分でもその境界の区別さえつかなくなっていた。   と書いた。

尤も、もし52が計算ずくで、エゴに神の言葉のラベルを貼っていたのなら
それはとりもなおさず、神に対しての甚大な背徳行為だと思う。

895 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/26(土) 23:56:44 [ M/NgNQLc ]
>>984
>そして、自己保身から出た言葉を、こともあろうに「神の言葉」として皆に伝えた。
>一般的な人がその光景を見たら、それを一般的に「ボロが出た」と言う。

この辺が判断の難しいところだと思うよ。
情報が断片的だから。
でも984のように思う人の方が一般的なんだろうね。
レスありがとう。

896 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 10:40:13 [ ccn6b9Rs ]
超能力スレの本スレ及びリベリオン氏の避難所で
52氏の話題を振ってる人がいるね。
超能力スレは関連スレだからいいとしても、
リベリオン氏の避難所については、いい加減スレ違い。
こちらに誘導してみたけど来るかな。
コピペの人とかなかなか面白いんだけど、
スレ違いの場所で荒らしと取られる書き込みはイクナイな。

897 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 11:10:06 [ t7r99f0c ]
>>896
リベリオン氏も反応してるでしょ。
荒らしと取られる書き込みはリベリオン氏も一緒。
彼だけはなに書いても許されるわけ?

898 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 11:16:02 [ t7r99f0c ]
【超能力】不思議な力を使ってみよう・3で
リベリオン氏が荒らしたことは不問か。

899 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 12:48:40 [ p5btsg3s ]
>>897,898
禿げ同。
つーかそもそもリベが荒らした件の続きなんだから、こっちじゃなくて
「不思議な力を使ってみよう・4」で話すのが順当。

900 名前: リベリオン (bbp3Vb3o) 投稿日: 2005/02/27(日) 14:24:15 [ /Wxils4g ]
ああ、書いておいた。

901 名前: リベリオン (bbp3Vb3o) 投稿日: 2005/02/27(日) 14:27:16 [ /Wxils4g ]
ちなみに荒らしてないがね。
話を都合よく作り替えるなと言いたいね。

最初に余計な煽りを入れてきたのは、あのスレの住人なわけで。
リアルでは他人にいちゃもんも注意も出来ない人に限って、
ネットでは煽るんだよな。こっちはいい迷惑だよ。

902 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 16:09:42 [ OAzTLLN2 ]
>リアルでは他人にいちゃもんも注意も出来ない人に限って、
>ネットでは煽るんだよな。こっちはいい迷惑だよ。

出た。追い詰められたヤシの捨て台詞。

903 名前: 857 投稿日: 2005/02/27(日) 16:12:19 [ .6mXSHNM ]
>>863(858)
>私の場合、ごく親しい知人が今回の件と関わって落ち込んでるから、
こうして首を突っ込んでいるわけだが。
…あれから時間がたったけれど、知人の方は少しは落ち着いたかな?

ここにはかなり久々に書き込みます。本スレ・3はラストのほうで書き込みした文が
新しいスレにコピペされ、焦ったりして。基本的には、本スレよりこのスレのほうが
マタ〜リ進行できるかな…と思ってたけど…あれからレスも増えたんだね。
新しくスレ貼ってくれたり、まとめてスレ貼ってくれた方々、感謝です。
あの現象は、一体何?どうしてあそこまで逝ってしまったんだろう?という疑問から
自分なりに辿ってみたけれど、リベリオン氏がある意図をもってわざわざあんな手をとらざるを得なかった
というのも、わかります。確かに、協力者は何人かいるようで。(ただ、煽っている人やうやむやにしようと
している人が全てそうだとはおもわないけど)
協力者、については今までのスレを読むとわかるけど、いくつかのスレで、必ず52氏(その板によって
呼び方は違っているけれど)に頼まれたとか、52氏からメールを貰ってとかのフォローの記述が入っている。
特に初期のほう(去年の春あたりから、様々なスレで活動しているのは、スレで明確)
だけど、2ちゃんに対してそんなことがかえって逆効果になることを学習したのか(スレ住民からも
反発や指摘うけているし)、その後、協力者とおぼしき人たちは、あまり表立って(少なくとも52氏の協力者や知人という
記述は)しなくなった。その分、名無しとしてフォローにまわったであろうことは、充分推測できる。
実際、このあねっくすのスレにも、52氏(ここではbluebird)の不在中に、彼女からスレを守るように(祓いの役割だったかな)
という名目で、このスレにはっきりその旨をだしてしばらく参加している人もいる。
また、このあねっくすの元スレになるかつての「超能力スレ」のひとりがメインになって開いたオープン掲示板(その後閉鎖に移動した模様)
で52氏(そこで別名)をたててやっていたとき、そこにも52氏の紹介で…という人間が来ていた。

904 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 16:12:26 [ OAzTLLN2 ]
>最初に余計な煽りを入れてきたのは、あのスレの住人なわけで。

順番の問題にすりかえるな。
おまいが無責任に荒らしをしたからだろ。
すげー自己中。

905 名前: 857(連投スマソ 投稿日: 2005/02/27(日) 16:13:13 [ .6mXSHNM ]
少なくとも、協力者がいて、それは超能力研究所つながり(もしくは、彼女がかつて関わったレイキでの関係か。彼女は他のオープンではヒプノの
技術や、このあねっくすでも色々できるので…ということは何度か書いているので、レイキ以外でもいくつかのヒーリングメソッドは
持っているのだろうし、セミナーで知り合った人間もいるのだろう)であろう、ということは以前のレスでも
書いたのだけど。そのバック、ということまでは自分としては、まだわからないかな。

それだけに、リベリオンさんの情報には注目しているけれど、それをあえて明示しないのも
わかる。ここは2ちゃんだし。今までの52氏が出没したスレでの推測や、今回気功スレで
あったことからの検証めいたものを進めて、見えてくるものとはあきらかに違うだろうし、
52というひとつの記号ともいえるものと、実際の団体なり何なりを明示するのは、
まったく違うと思っているし、リスクも波紋も大きすぎるだろうから。


あと、本スレの4で、誰かが貼ってくれた(サンクスです)
「霊能力者の方に霊視の回答していただく・3(避難所)」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://makimo.to/2ch/etc_nanmin/1078/1078887431.html

ここではあるコテの人が500番でwillさんとのことを書き、700番台後半で
掲示板の一部をコピペしている(去年の4月から5月)。そのコテが、彼女に視られた内容にいくつか
疑問を持ち、霊視スレのFOUMさんに相談。また、FOUMさんの名前を掲示板で出したとたんに、
52氏(will)は、FOUMさんをよくないモノの窓口になってる、その他もろもろを攻撃(その内容の一部がコピペされてる)
…という過去があるのは、スレ読めばわかるんで、
リベリオンさんが言う、最近は霊視スレに出没していた、というのも因縁ありかな。
あそこは、以前からときどき執拗にFOUMさんを攻撃するなり、スレに来ている人間を結果的に嘲笑したり、見下す荒らしが
出没するけれど、そのいくつかは関係があるかもしれない。

ちなみに、あそこで何だろうこの書き込みは?と思ったのは、霊視スレの住民が指摘した
天神様やお祓いの言葉を教えていた人ではなく、通りがかりとして何度かレスつけた上、
霊視スレで視る人&相談している人を、「自分は霊が視える、でも、ここの相談者は霊なんて
関係ない…」だったか、逆説的な形で煽ってて、変だなこのやり方、とは思ったことかな。
これについては、気になったという範疇なんて、スルーよろ。

十文字氏については、すぐに反応してくれて、感謝です。
実は、貴方を引き出すだめ、あそこまでしつこく書いた、というのもあったんで。
ただ、「ももんが」さんについても(最後に、28日までの間だったか行きませんと答えた、というのは
十文字さんということになるか)またネットで出会って別れて、というのも
わからないわけではないです。52氏は以前のコテやNO言われなければ、本当にわからない(本人も
アテものは不得意と書いてるが)らしいし。
十文字さんが、以前からの52氏とのつきあいで、気功スレでも彼女を誘導したのか、とも
先の推測をしてみたけれど(半分、本人に語ってもらいたい、という希望もあった)
書かれた内容で、だいたい事情はわかった。

だけど、協力者はいるだろう、という考えは未だに変わってないかな。

906 名前: 857 投稿日: 2005/02/27(日) 16:24:21 [ .6mXSHNM ]
あと、本スレでも指摘してスレ貼ってくれた人がいるけど(手間、サンクスです。
とても参考になったよ)
52氏らしき人物は、2月中旬過ぎあたりから、神社仏閣や癒し系の板に出没しているようだ。
すぐスレ住民に指摘もされてるけど。オカ板では、今だはっきりとしたあの特徴的な語りぶりは
まだでていないから、判断保留。
あれだけ、リベリオンさんが意図的に騒いだおかげもなきにしもあらず、かもしれない。
どっちにしても、以前のやり方は、もう通用しないだろう。
さらにバージョンアップしたとしたらw、わからないけれどね。

907 名前: 857 投稿日: 2005/02/27(日) 17:28:23 [ .6mXSHNM ]
しばらくロムって、また新しい情報がでるまでは控えてようと思ったけれど、
今、本スレ読むと、新規な考察が。それも、内部事情に詳しいらしき人や、閉鎖掲示板の
新たなコピペが載ってる。
本スレでの168さんの情報と推量は参考になるかもしれないなぁ。
そっか、FOUMさんの霊視スレは、ああいった展開もアリか。ただ、あの携帯で特徴的な内容を
相談してる人は、同時期だったか「霊能力を鍛える〜」「透視専門 あなたを〜」でも相談して
はいるけれど。それにしても、あらためて霊視スレ読んだけど、荒らし方が手かえ品代えだし、
巧妙なかんじだね。上記に書いた、過去の因縁があるにしても。言われてみれば、相談者がスレにメルアド晒すのは、いくらなんでも…とは
思ったけれど。その後に、先に自分が書いた変な荒らしがでてる。霊視スレや相談者を貶めるような。

あと、超能力開発所のことは、オープン掲示板でも見たことあるし、本スレのコピペで確実だとは
思う。あとでスレ貼られていた神社仏閣板でも、本人が勧めていたし。

自分としては、本スレではなく、ここで今まで通りマタ〜リやるつもり…なんせ、本スレは今回のことに
まったく関わっていない人や、純粋に気功のことで来ていた(後に離れたにしろ)人もいると
思うし。本スレだと何かと荒れそうなんで…。

908 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 17:59:56 [ 6maxgkGA ]
学研の真言の本も薦めてたし、
気に入ったものはなんでも薦める人だよ。
でも陰謀論の証拠になってない。
大根が好きです=農協の回し者???
アホかっちゅーの。

909 名前: 857 投稿日: 2005/02/27(日) 18:29:44 [ .6mXSHNM ]
>>908
ああ、最後のほうの書き込みだけ読むと、そうとられちゃうのかな?
基本的に、自分の考えは>>860>>861>>862で書いたとおり、あまり変わってないんで。
協力者はいただろうけど(今までの他のスレでの知り合いとか、あからさまに彼女の名前をだして、
繋がりがあることを明示した上でのフォローから名無しになった可能性として)
陰謀とまではマジには考えてないな。。

だいたい、本当に陰謀張り巡らすなら、もっと上手く巧妙にやるだろうし。ネットや2ちゃん、
人間の心理を考察した上で。
超能力研究所のことは、860〜862で書いたけど、サニワがうまくないんじゃないか、
52氏の暴走というか、能力なり自己浄化なりを導く器ではなかったのではないか、
…といった考え。マジに陰謀で取り込もうとしたら、こんなものじゃないだろうしね。

ただ、あれだけ色々なところで去年から繰り返していると、バックに何かあるんじゃ?
って考えがでてきてもおかしくはないと思うし、それはまったくの未知数なので。

910 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 19:06:41 [ Rol.KMmI ]
>>909
>ただ、あれだけ色々なところで去年から繰り返していると、バックに何かあるんじゃ?
>って考えがでてきてもおかしくはないと思うし、それはまったくの未知数なので。

普通はそんな程度で終わるだろ。
ノーマルな想像だ。
でもさ、リベは突き抜けちゃってる。
想像イコール事実。
危ないよコイツ。

911 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/27(日) 19:29:03 [ SUfDuckU ]
避難所の過去ログも凄かったなw
あんなに思い込みの激しい人だとは思わなかった。

912 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 16:10:31 [ XrA/OmvM ]
かつて閉鎖掲示板にいて、追い出された人の中には、
「52氏=悪」の世論が出来ないと困る人もいるだろうね。
自分の立場がなくなるから。
そういう人が本スレで何度も話を蒸し返してるんじゃないか?

わざわざ閉鎖掲示板を作ったこと。
閉鎖掲示板に残ったのは3人程度の様子。
閉鎖掲示板を「卒業」した人もいた。

その辺に52氏の真意が見え隠れしてないかな?
大騒ぎになった原因はコピペ魔さんだと思うが、
彼は彼(彼女?)で「何も知らんヤシがおかしなこと言うんじゃない」とか言ってキレてるし、
あるいはまた、全く関係のない自称能力者が自分の方が上であることを誇示したくて
取り巻き連中を連れて「52はダメ」とか言ってる人もいるかもしれない。
宗教や信仰というだけで拒絶する人や
単にお祭り状態を喜んでるバカモノも多いと思うが。
そういったものが混じり合ってるんだろうな。

913 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 16:16:38 [ jsnh6KyA ]
「卒業」って言葉の意味はレイキの「伝授終了」と殆ど同義だ。
「道」が出来て動かなくなった状態を指す。
だから、掲示板にいる必要がないというだけ。
これだけで意味がわからない人はそもそもこういう事に関わるな。

914 名前: 857 投稿日: 2005/02/28(月) 17:01:53 [ .7.Hq8yI ]
>>912
>>913
貴重な意見、考え、ありがとう。ちょっと仕事中で、思うところを書けないけれど、

>>851以降の人たちも、感謝です。ひとつひとつにレスは入れてないものの、
自分としては、様々に考えてみる糧となりました。
なるべくマタ〜リできたらなぁと思います(少なくとも本スレのようになってしまうと、ちょっとマズイところも
あるかと思っているので…いちスレ住民の気持ちです)
…とはいえ、誰がいいか悪いかの白黒より、何だったのかな、黒に近い部分とか白に近い部分もあるなぁ、こんな現象は
様々に考えさせられるし、52氏はひとつのわかりやすいツールとして目に見えない世界の危険や能力、意識の問題も含めて
考えてます。
様々な意見なり情報なりがあって、当然だと思うので今後ともよろしくお願いいたします。
あまり来れないけれど。。。

915 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 17:03:46 [ mYrq191I ]
>>913
本来の意味はそうかもしれないけど、
少なくとも本スレ184のコピペを見る限りでは、
そういう意味で使った言葉とは思えないけどなぁ。

916 名前: リベリオン (bbp3Vb3o) 投稿日: 2005/02/28(月) 18:41:33 [ vn8qhWZ. ]
今日あたり、少し落ち着いた意見や姿勢の人もいるが、
相変わらず相手の貶め方がドヘタな人もちらほら。
確かに、色々な思惑の人間がいるんだろうな。

917 名前: 857 投稿日: 2005/02/28(月) 19:03:16 [ .7.Hq8yI ]
リベリオンさん、こんばんわ。
長々と読みにくいかもしれないけれど、自分は視るといった能力もないし、
このスレや本スレ住民が貼ってくれたスレや、このあねっくすを含めてオープン掲示板や
その他を見た上での言動その他から、色々と自分なりに考えてはみているのですが
(このスレでも少し触れているけど現行の本スレ7に前スレ991として意見がコピペされたので、その後住民の質問に応じて
本スレ37、38にも自分なりの意見を書いてます)
なるべく冷静に、考えていきたいと思ってます。

本スレを先ほど覗いてみたけれど、>真面目に色々と考えて話そうとしたおれがバカを見ただけだね。
と思う気持ちもわからなくはないのだけれど、思うところがあれば書き込んでもらうと幸いです。

918 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 19:37:06 [ Gfreg.nE ]
52掲示板に残ったのが3人と思ってる時点でアウトだな。
他にいるぞwww

919 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 22:19:37 [ iZImZaoE ]
>>918
>他にいるぞ

ああ。確かに複数人数、色々な関連スレを徘徊してるねwその3人以外だと思うけど。
「見張り番」っていうか都合の悪い空気の呼び水になりそうなレスが登場したら
速攻、叩きに入っている。 ほとんど間をおかずに。
2chに張り付いている感がアリアリと出ていて、結構笑えるものがある。
先日dat落ちしたレイキスレが、今の超能力スレと同じパターンを
繰り返していたのも、何か笑えた。

920 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 22:34:40 [ w3T7VFPk ]
でも大がかりな背後組織はないだろ。
昼と夕方に例の証拠出せコンビがいたけどさ、
どうも無関係っぽいし。
でつ人間は気になったけど・・・・

921 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/02/28(月) 23:37:38 [ 2d8.1L/6 ]
>>903
857さん、こんばんは。
863で心配されてた知人本人です。
一連のコピペや関連スレをひと通り読んで、
52氏の言葉であんなに落ち込んだことが馬鹿馬鹿しく思える程度には回復しました。
心配して下さってありがとう。
知人には今回の件で随分迷惑を掛けたし、助けてもらいました。

神の存在は信じていますが、52氏の背後にいるのが神だとは到底思えない、
というのが今回の件で実感できたことです。
一連のコピペの方とは参加していた時期が違うので(途中でパスワードの変更もあったし)、
同じ閉鎖掲示板にいたものの、彼のコピペによって新たに知ったことも多かったです。

922 名前: 921 投稿日: 2005/02/28(月) 23:47:11 [ 2d8.1L/6 ]
本スレでは陰謀説やら色々出ていますが、
参加した限りでは、背後団体の存在は実感できなかったです。
ただ、52氏本人がその他のセミナーとかワークショップに参加しているらしいことは、
52氏本人が掲示板に書き込みしていました。
ですから、何らかのそういった団体と繋がりというか、
交流があるのは間違いないようです。
私が確実に分かっているのはそこまでです。

923 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 01:34:27 [ Jupjz2JM ]
協力者がいるのはほぼ確定とみていいな。
背後の陰謀だの大掛かりな組織だのは別として。

924 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 01:48:47 [ Jupjz2JM ]
>>918>>919>>920
協力者のことは本スレ読んだり、ここを今まで読んでも感じるけど
同じように感じる人がいたんだな。
本スレに書くと、またメンドクサイことになりそうだからさ。
叩くだけじゃなくて、持ち上げるという手もないとはいえないかもしれん。
ここでもひとつの例としてでていたが、本スレに52氏を誘ったのも協力者か?
本スレ・2だったか一度消えた52氏が最後のほうにグッドタイミングで出てきたのも
協力者がいたとも考えられる。

本スレは問題の論点がどんどんずれているように思うが、52氏擁護は今さらできないまでも、
発言の影響が強そうなコテの意見に賛同する、というのもやるかもな。

925 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 02:38:31 [ MjkVSJ8A ]
>>923>>924
確かに、手を変え品を変え論点をずらしている感じは拭えないね。
意地でも問題を核心に持っていかせない意気込みがユンユンしているw
別に組織陰謀だとまでは思わないが「協力者」は洗脳組では無い気がするのだけれど・・・
何もそこまでして話題をそらさなくても、コイツラ一体何を守ろうとしてるんだ?と
かえってフシギな感じさえする、あそこまで必死にやられるとw

926 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 03:51:03 [ 5t2uTcTA ]
>>924>>925
そういう君たちがリベリオン叩きをそらそうとしている工作員に見えるよ。w
今紛糾してるのはリベリオン問題で、もう52とはあまり関係なくなってるわけで。
必死で叩いてる人はリベにそれだけ怒ってる、それだけだとおも。

927 名前: sage 投稿日: 2005/03/01(火) 11:04:51 [ PYjfZDqY ]
本スレのほうで「セミナーで誘って勧誘する」と書いていらっしゃったかたがいました。
わたしはたぶんそのひとりだと思います。
神さまのことや、意識下でのお仕事など当てはまる発言がたくさんあったので間違いないと思います。

某ヒーリングセミナー終了後、周りの人と雑談をしていて、公園でその後もお話しました。
名前はK.Nさんだったと思います。
男の人が一人いたのですが、今思えばこの人と彼女が先導役みたいな感じです。
けれどもみんななにかしらエネルギーを感じていたようです。
サクラがいたとしても誰なのかはわからなかったです。第一、その時は疑ってもいませんでした。
神社関係の知識が豊富で、とてもやさしかったです。
わたしはこの先のことなど見てもらいました。

その日はメール交換をしてその日はお別れしました。
その時はすごい人に出会って良かったと興奮状態だったのですが、
その後お誘いしていただいたんですけども、「オウム」や「電磁波団体」のことが頭をよぎったのでお断りさせていただきました。

すみません文を書くのが苦手でうまく説明できません。

お話の中で「師匠」がいるといっていたような気がします。
とにかくニュースで見たんですけど最近のカルトは実態が同じいくつもの団体があって資金源も別にあることも多いそうです。
勧誘の際には完全に洗脳できるまで実態を表さないそうです。
大きな事件を起こさない限り団体の実態をつかむのは困難だと思います。

掲示板の情報では、仕事もしている様子も無く、一日中書き込みしていたり、あちこちの神社、セミナーに行っているようなんですよね。
個人ではお金の面でもここまでは無理だと思います。
気をつけたほうがいいと思います。

928 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 12:00:23 [ ObFWa1xQ ]
おっ、新情報!

それはいつごろの話?何に誘われたの?
二人ともどんな感じの人だった?
あなたはどういう経緯でこのスレにたどり着いたの?

質問ばかりでゴメン。差し支えない範囲で分かること教えてくれるとありがたいです。

929 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 13:38:09 [ otRhkjlU ]
>>925
そんなことまだ言ってんの?
客観的に、手を変え品を変え論点をずらしているのはリベリオンでしょうに。
意地でも証拠を出さない。根拠も言わない。
証拠が出れば52にもダメージがおよぶのに。
証拠出せ組が言ってるけど、彼らは52のことも批判してるんだよ。
どこが協力者なの?
根拠ない妄想ですか?

>>926
工作員じゃなくて、リベ信者って感じ。
リベ本人があんな体たらくでしょ。
異常を異常と感じられない。自分は正常と思ってる。
52信者とリベ信者は、異常度合いが双璧だし
異常者が異常者を差して異常と非難してるって感じ。

930 名前: 927 投稿日: 2005/03/01(火) 13:47:35 [ PYjfZDqY ]
928さんごめんなさい。わたしはこういった能力について信じているところがあるので(でなければ参加しませんよね)
このかたが完全に嘘つきと証明されないかぎりわたしと特定されるようなことは書きたくないんです。
上に書いた内容のことも少し後悔している部分もあります。
ここにたどりついた経緯は、ほかの情報収集していて偶然なんです。
あのひとのことでは?と思って関連スレなどを読みあさり、わたし的に確信しました。

931 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 13:52:16 [ mDa9PYfI ]
リベ氏のことよりも52氏のことを検証しようよ…。
52氏が何の目的でネットでの書き込み・勧誘を繰り返していたのか、
それが知りたいんだよ。

>>927さん提供の新情報によると、セミナーでもネットと同じような内容で
勧誘してる人がいるらしいことは確かみたいだね。
>>927さんが会った人が52氏本人なのか、
52氏と関係のある誰かなのかは分からないけど、
「神さま」とか「意識下での仕事」という言葉は特徴的ではあるね。

932 名前: 928 投稿日: 2005/03/01(火) 17:00:45 [ ObFWa1xQ ]
>>927さん
ゴメンゴメン。無理なら良いんです。
何度かセミナーなどから喫茶店へ誘い…なんていう情報を見かけたので、その情報源のご本人なのかな?
と思ったんですが、別ルートの方なんですね。

ここと本スレを見ていても何かの組織と繋がっているのかどうかまでなかなかはっきりしないけど、
単独犯だとしてもあそこまで精力的に活動する動機が自己満足のためだけとはとても思えない。
繋がりがあったとしてそうそう簡単にしっぽは出さないだろうから、慎重に見ていきたいね。

933 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 19:13:26 [ 0f7yrCak ]
>>927さん
その方だと思いますよ。52さん。
さくらはいない。
ご本人は本気でやってる。
バックに組織は存在しない。
ヒーリング能力に優れていて、体感がある。
・・・そんな感じですかね。

934 名前: 928 投稿日: 2005/03/01(火) 19:55:24 [ ObFWa1xQ ]
>>933さん
52さんのお知り合い?詳しい方のようですが、
52さんが何故このような活動を精力的になさっていると思いますか?
背後に組織がないとする根拠は?

935 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 21:23:44 [ xq/D4qj6 ]
K・Nで間違いない。四国の者ですね。

936 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/01(火) 22:45:37 [ /g9ulgvo ]
マジレスですか??

937 名前: 933 投稿日: 2005/03/01(火) 23:20:16 [ 0f7yrCak ]
>>934 【さん】
バックがいれば何故例のHPのお二方にダウジングして確認
してもらう必要性があるのでしょうか。
そのバックに付いている団体の方に確認していただけばいい。
バックに団体がついていれば今回の騒動のような激しい脱落の
させ方は好まないと思います。
匿名の怖さをあまりにご存知ないようでしたのでね。
まだ根拠はあるのですが、これ以上は書き込む事ができません。
すいません。

938 名前: 921 投稿日: 2005/03/01(火) 23:57:56 [ .ChpQ5CA ]
リベリオン氏の避難所にも今回の件に関わった方の
書き込みがいくつか見られますね。
参加した方で「相談できる誰か」がいた方はまだ良かったと思います。
相談する人がおらず、抱え込んでいる方がいないとも限らない。
そういう人が、こういう場を通じて気付いてくれればいいな…と思います。

私が知りたかったのは、52氏が本人が言うとおりの
能力者なのかどうか、です。
閉鎖掲示板で52氏に悪魔や邪霊に邪魔される、というようなことを言われました。
自分の身にのみ降りかかることであれば、
自業自得の面もあるだろうから仕方ないと思っていました。それでも怖かったですが。
でも、もし自分の存在のせいで周りの人に迷惑を掛けたら…と思うと、
どうしていいか分からなかったです。
だから、分かっている過去ログや関連スレを片っ端から読みました。
そして、こういったことに全く知識がないまま関わったことを深く反省しました。

939 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:04:02 [ fMNwTw7I ]
閉鎖掲示板については、途中までログを保存してあります。
保存はしたものの、最近まで怖くて開けませんでした。
昨日くらいから、やっと読めるようになったのですが、
冷静になって読むと52氏の書き込みにはおかしな点も多々あります。
踊らされていた当時は全然気付かなかった。
ここや本スレで提示されている疑問について、
52氏の書き込みをいくつかコピペします。
文中に出てくるHNは基本的に伏せてあります。

940 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:08:23 [ fMNwTw7I ]
【超能力】不思議な力を使ってみよう・4【霊能力】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1108614685/

428 :425:05/03/01 17:38:43 ID:ftBJ0b9s0
毎日のように朝昼晩と掲示板に書き込み、セミナー・神社参りでも人集め。
仕事をしているでもなく、金銭を巻き上げているわけでもなく、やつの生活費と活動費はどこからでてんのよ。
金持ちの道楽かよ(笑)


52氏は既婚者で、子供はいないようです。


投稿者: 青石 2005/01/08 05:12:33

(前略)

現世での私の「(リアル)夫」には、○○さんになってもらおうかと一時期、大神さまは考えておられたのだそうです。
でも○○さんがあまり良い状態ではなかったので(汗)、ふつうの人間の魂と契約を結んで
、私の夫として、今の世に生まれ合わせさせられました。
ところが夫は契約をしたため特段の守護も得て、順調に人生を歩んでいたのですが、、、
私が悪魔、邪神などに狙われるため、それら邪なものに取り込まれ、
目も当てられないような状態になりました(泣)。契約など途中で、完全に破棄していましたし。
いまはいろいろな対処が済んで、ようやくすこしましな状態になってきています。
ほんとに一時期はどうなることかと。


投稿者: 青石 2005/01/14 05:09:26

(前略)

白状してしまいますが、、わたしは「最も未来を信じていないもの」の一人かもしれません。
「泥の中」で成長をしてきました。邪に立ち向かう力をつけるために。

リアルでは、わたしは子供を持っていません。
そして○○さんと同じ理由で、子供を持ちたいと思っていませんでした。

いま、別の次元の子供を産み続け、
そしてそのうちの数人がこの世に産まれてこようとしています。
魂の入れ替わりで、すでに出てきている子もいます。

941 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:10:38 [ fMNwTw7I ]
>>935
名前まではさすがに知りませんが、西日本在住は本当のようです。
四国の方だったんですね。


投稿者: 青石 2005/01/05 23:58:44

(前略)

私は日本の西にある某県に在住ですw。
たまに用事で東京に行くこともあります。

942 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 00:16:00 [ PkQIOR1g ]
>>938
>だから、分かっている過去ログや関連スレを片っ端から読みました。
>そして、こういったことに全く知識がないまま関わったことを深く反省しました。

どうやら、このスレの存在価値はあるみたいだね、ヨカッタ。

>>924>>925
本スレは「核心そらし要員w」に翻弄されっぱなしだけど、
このスレは52問題に関して妄想とかコテの誰々が荒らしたとか、
別の方向へ誘導する訪問者には、スルーで行きたいものだね。
いまのところ、訪問者と思われる人物(達)の書込みはスルー扱いになっているから
安心してるけどね、今後、複数のサクラがやってきて会話を始めたとしても無視して
淡々と、事を進めていこうね。

943 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:16:56 [ fMNwTw7I ]
活動資金については本当にどこから出ているのでしょう。
52氏本人は仕事を持っていないようです。
子供がいないといっても、夫の稼ぎだけでこれだけのことが出来るのか。
それとも、52氏は資産家か何かなのでしょうか。


投稿者: 青石 2005/01/09 08:41:17

(前略)

私もヒトのこと言える立場じゃないですが(涙)。
情にほだされてオットを甘やかしてるうちに、、悪魔バスターしたら、
オットが死ぬ設定まで掛けられて、どんどん悪魔がオットに入り込んでいったんですよ。
さすがに死なすわけにはいきません。
しかし、それでどれだけ苦労したか。いまもその後遺症を引きずっているんです。

悪魔を長期間、ヒトの身体の中に入れておいてはいけないです。
肉体細胞まで簡単に染まってしまう。入っている時間が長ければ長いほど、
その染まりを抜くことが難しくなります。神々さまでさえ、触れないほどの穢れになります。

(中略)

オットの悪魔対策のために、私がいったいどれだけの費用と時間を費やしていることか。
あらゆる方法を試しているんです。石を使った祈祷などをやっています。
この数ヶ月で、石購入に使った費用を計算したら、卒倒しそうになるので、計算すらできない(爆)。
大きな石を使いますから。それでだいぶ良くなった。でも肉体細胞の穢れまでは取れないんです。
そして、今その穢れを取っていただくために、神々さまに大変なご面倒を掛けています。
しかしその神々さまに働いていただくご処置は、私に関わる身内だから許されることであって、
○○さんの身内がそうなっても、神々さまはそのご処置を発動なさいません。
そして神々さまが、私のオットに対してそこまでしてくださるのは、私が自分なりに必死で方法を探し、
模索し、あらゆることをやっている、それをご存じだからです。
私ですら、なにもしないで神頼みなんて、できないわけですよ(泣笑)。
ですから、本気出してやってください。

(後略)

944 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:24:06 [ fMNwTw7I ]
>>942さん
このスレがここに残っていて良かったです。
2chだと1000で落ちてしまって読めなくなりますが、
ここは1000を超えても存続可能ですから。

自身の反省も込めて、私が知りうる限りの情報提供をします。
とにかく本当のことが知りたいです。
本当のことを知れば、少なくとも徒に不安になることはないと思います。

945 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 00:27:52 [ WcI2BKiY ]
>>933氏の言うように52に背後組織が無いならやはり資産家か?
組織もサクラもいないってことは、関係者もいないってことなのだろうか。

946 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:30:24 [ fMNwTw7I ]
>>943
52氏の夫は悪魔に汚染され、以下のような処置が取られたそうです。


投稿者: 青石 2005/01/09 18:03:08

(前略)

>放射性廃棄物みたいにガラスで固められて地中深くに埋められたくないですから(汗

汚染度の高い魂は、そうなるんですよ。ガラスじゃないけどね。
場所も地中ではないけど。うちのオットの魂はもう「そういうところ」に居るんです。
魂からっぽなの、いま(にっこり)でもちゃんと仕事するし、生きてるし(にこにこ)。
要するにね。
「無」にすらできないんです。
それぐらい汚染がひどい。
永遠に封じ込めておくしかないんです。

(後略)

947 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 00:37:34 [ fMNwTw7I ]
>>945さん
背後組織について、少なくとも私には確証はありません。
ですが、関係者というか協力者はおそらく存在します。
このスレにも>>297で登場していて、
>>306で52(bluebird)氏が解説していますね。
また、>>927さんの情報の中に「師匠がいる」とありますが、
師匠の存在については、本スレ410に貼ってある霊能者スレのコピペでも分かるかと。
それが誰か、までは分かりませんが。

948 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 00:48:38 [ WcI2BKiY ]
>>947
945です。なるほど・・・まとめると
今のところ52の背後組織があるとは言えない、でも個人的な協力者はいるようだ
といった感じでしょうかね。

949 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 01:23:28 [ i/MJtLrc ]
>>948
背後団体についてはたとえ存在したとしても、
こんな初期の誘導段階で教えるわけが無いと思います。
探っても確証はでてこないかと。
活動資金源や行動力などからその存在がかろうじて匂うけれども。

ネットでカルトについて調べてみると、52に符号することが多々ありますよね。
洗脳手法がカルトそのものだし。

うーん、妄想しすぎましたw

950 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 02:43:03 [ WcI2BKiY ]
確かに洗脳方法はカルトなんだけど、次々に招待者をクビにしてくのが
カルトっぽくないんだよね。w
だから>>933>>937を読むと何か納得してしまう部分があるっていうか。
まあ、また事情通さんの降臨を待つとしますか。

951 名前: 非点不明 (wvqFUMEI) 投稿日: 2005/03/02(水) 05:26:49 [ rF8h36t. ]
>>942
「核心そらし要員」と言って、さも協力者の仕業だと決め込むから妄想と言われるのだと思います。
別の方向へ誘導?
それは貴方が欲しがる方向と異なるから、そう見えるだけだと思います。

Aに行きたい人にとって、Bの話は迷惑になる。
でもBに行きたい人には、Aの話こそ迷惑になる。
貴方は自分の欲望に沿わない人達のことを、「核心そらし」 と言ってるだけなのです。
でも、別の情報や議論を求める人にとっては、貴方の方向性も 「核心そらし」 と思われているかもしれませんよ。

淡々と事を進めるには、色々な方向性を認める必要があるでしょう。
偏った見方しかできない人は、この問題をしっかり扱えるとは思えないのです。
もちろん私自身は、貴方たちの議論や検証を邪魔する気はありません。
ただし、安易に協力要員とか陰謀論の結論を先行させてる人は、問題の真相に迫ることは不可能だと思います。
「検証」 とは、結論に達するまでの過程・プロセスなのです。
ところが貴方は、結論を先行させている。
これでは真の検証にはなりません。

では失礼いたします。
もう来ませんので、ご安心をw

952 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 11:26:43 [ UL2dAu/U ]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/4818/1105352929/650
650 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 02:24:38 [ qFW2cQI2 ]

52さんに関してはコピペされた悪魔関係の脅し以外にも、以下のようなものもありますよ。
膨大な量なのでごく一部だけですが。

no title 投稿者: 青石 2005/01/23 19:51:51



いままで、本当に怖い思いをしたことがないひとです、彼女は。現世でも過去世でも。
しかし、いまから「本当に怖い思い」というのは、どういうものか思い知ることになります。

no title 投稿者: 青石 2005/01/25 10:18:42

 略

彼女には、過去に「すけこまし」として女性を多く泣かせてきた曇りがあります。
それで、わたしの掲示板に来て、それらの曇りをぜんぶ取る許しが得られた。そして男女関係のことがうまく回りはじめていた。
でも、魂を改めることができず、与えられた物すべて取り上げとなり、男女間の曇りもふたたび彼女に乗せられました。
そしてまた、「男から暴力を振るわれる女」に戻ってしまいました。


上のコピペについて、
気功スレ3のコピペと合わせて読むと分かるけど、
52氏は参加者の某氏を随分貶めてますね。
某氏の何がそんなに気に入らなかったんだろう。
>>950さんの疑問はもっともだよね。
192氏みたいにクビにされても暴言をはかれても
それでも慕ってくる存在を探してるのかな?

953 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 12:01:46 [ i/oSXM9g ]
昨年4月から52はある程度の感覚を持っただけのただの寂しい人に見える

954 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 12:29:00 [ 4Q/oED7c ]
クビになった人にはまた別の方面から誘いがあったりするのかなと思ったのですが。
それに、かき集めた中から僅かな、極めて従順な人を把握できればそれだけで大きな収穫だと思うんですよ。

洗脳としては初期段階ですからそこでシッポを出す訳ないだろうし、
別に背後組織ありと決めつけるつもりはありませんが、
可能性は高いんじゃないかなと思います。証拠はありませんが。

資金源や行動力、まさにそれが不可解です。

955 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 13:16:36 [ CVIbYfNU ]
従順な人も切り落とされてたのに

956 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 13:34:01 [ UL2dAu/U ]
>>955
そこが最大の不可解な点なんだよね。
従順なだけじゃなくて、
やっぱり何らかの能力者を欲していたんじゃないかな。
今までの流れを見ていると、
だんだん能力者がいる可能性の高いスレに移行してるように見えるし。

分類するとこんな感じかな。
1.能力者で従順な人
2.従順ではないが、高い能力のある人
3.従順でもなく、そこそこの能力者、
 もしくは従順だが、52氏の能力付与によって能力者になった人

あねっくすから流れたのは3の人が多かったみたいだから、
結局全員脱落宣告を受けたのでは。
超能力スレは2の人が多かったような感じ。
繋がりがあるらしい某サイトの管理人は1?

957 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 14:37:51 [ 1h5JReY6 ]
高い能力者も落とされてました

958 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 14:38:54 [ 4Q/oED7c ]
告白させた内容から家族構成から生活状況、就業状態も分かるだろうし、アドレス(フリーメール不可)を得るだけでもあの場を設ける意義はあると思う。

脱落や卒業の結果はあまり重要ではない気もする。

959 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:01:10 [ CHKWDz7E ]
もし背後組織があるなら従順な人は残しておくと思うんだよね。
能力が無くても、サクラ?とかで使えるじゃん。金も使いそうだし。
それこそ一番美味しいタイプをクビにしてるのが組織っぽくない所以かと。
行動力については本人が妄信してればよくあることだし、資金源は個人的に
金持ちだって場合もあるしなー。

960 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:03:20 [ dzvxzYHU ]
効率が悪すぎるので、営利目的の線は薄いかと

961 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:09:29 [ 1h5JReY6 ]
>>958
フリーメール不可って、どこから出たの?
漏れはフリーで大丈夫だったよ。
本アド教えろとか個人情報教えろとか言われなかった。
本名も教えてない。

962 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:23:32 [ UL2dAu/U ]
>>958
あー、そっか。
情報収集が済んだ人から追い出してた可能性もあるのか。
能力者を集めているようで、本来の目的は別のところ。
そういう流れで考えていくと、背後団体存在の可能性を完全否定できない…かな。
団体の指示でネット活動をしていたということじゃなくて、
52氏は本気で能力者を集めている、
団体はその過程で得られた参加者の個人情報に興味がある、とかね。
ネットでどこまで出来るかという実験だったかもしれない。
まあ、ネットだとどちらにしても効率が悪いし、こうやって情報交換されるから、
もし背後団体がいるなら、セミナーとかでの直接勧誘へシフトするかもね。

>>961
神社仏閣板で活動してた時はフリーメール不可だったらしいよ。
さすがに怪しまれたみたいだから、その後は方針転換したのでしょう。
個人情報にしても、直接は聞き出さないのでは。
おそらく、ここで展開されていたような「過去の懺悔」の方法でもって
情報収集してたというところでしょう。
ここにコテで書き込みしてた人は、我も我もという感じで書き込みしてるよね。
ものすごく非効率だけど、オカルトっぽい手法でうまくやってると思う。

963 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:29:50 [ 1h5JReY6 ]
フリーメール不可なら、52も本アドを教えたんだろうね。そうじゃないとフェアにならない。
過去の懺悔は抽象的で、個人情報とも言えない前世の夢ストーリー。
だから漏れも困ったの。どうやって詫びるんだと。
あねっくすの人はベラベラ私生活喋ってたけど、後期の人はそんな必要なかった。
前世話と神のメッセージだけ。

964 名前: 958 投稿日: 2005/03/02(水) 15:30:21 [ 4Q/oED7c ]
>>961
ああそうなの?フリーメール不可の情報をどこかで2度ほど見かけたからさ。

単独犯だと思う人は何が目的だと思う?
そっちの可能性も探りたいけど不可解すぎて。

965 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:33:26 [ NcgQUlDc ]
霊能者に「あなた憑いてますよ」と言われて、
それを真実ととるか脅しととるか、この違いは大きいと思うな。
普通は「半信半疑」かな・・・

また、能力者にも「能力差」があることを忘れちゃいけない。
優秀な能力者ほど高く、広く、深く、細かく分かる筈。
能力的に劣る人には分からないから否定する。「あいつはニセモノだ」と。
あるいは自分より優れた霊能者を妬んだり、悪感情を持ったりするのもありがち。
この理屈でいうと優秀さを貫くほど孤独になるね・・・

Aという霊能者に「憑いてる」と言われて不安になって、
Bという霊能者に「そんなものはない」と言われて安心する。
そこに真実はあるだろうか?

本当の答えは日々の生活の中にあるんじゃないかな。
振り返って初めて分かることもあると思う。
「あんな事言われたから安心して生活できない」
そういうセリフは俺的にはパス。

966 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 15:47:51 [ yZJQ6Law ]
>単独犯だと思う人は何が目的だと思う?

52が単に自分の修行の仲間を集めたかったとかね。
あと集まった人達から本気で思考能力とかパワーとか奪うため。自分が高みに行くために。
(実際に奪えるかどうかは別にしてw)
その抽象的な力を吸い取ったらもういらないからクビなのかな?って思った。

967 名前: リベちゃんスレの650です 投稿日: 2005/03/02(水) 16:09:18 [ hHMkond6 ]
私は非点さんのようなスタンスを取りたいのですが、
52さんに切り捨てられた人があまりにも深刻に悩んでいるらしいことを知ったので、ちょっと陰謀説にのってみます。
断定しているわけではありませんよ。私はいくつもの52さんの肯定的否定的考えを持っていて、あくまでその中の一つの考えです。

どうも閉鎖空間に最後まで残った人が3人だけではなさそうですね。コピペ魔さんはその中の一人ではなさそうです。
他での勧誘報告などからも他にそれを見れた人が複数(結構な人数?)いた可能性はあるかもしれません。
本スレからの情報でも、非点さん自身、別の方からメールがあったともあります。
○○○さん(伏字にしましたがこの方は悪意があるとは思えません)以外の協力者(自演?)は善意悪意は別として存在してるようです。
従順な人や能力者?ですらぼろくそに言われて切り捨てられる件については、背後にいる熱心な信者がいるとすれば、ますます52さんについていくでしょう。もともとそのための捨て駒に使われた可能性もあります。
恐怖支配ですね。閉鎖空間は予想外で暴露されてしまいましたが、スレの荒れ具合は悪魔の仕業とでもなんとでも言えばよいわけで。

閉鎖空間ゆえ、相談者の中には私生活のディープな書き込みもあります。
脱落後再び参加を許されている人も複数います。

陰謀説ありきとして書いてみましたがちょっと。。。ですか?
うむぅ、実際そうだったとしても確証はでてこないでしょうね。

やっぱり、52さんの能力面の問題について指摘をしていったほうが、52さんによって心に深いキズを負った人には救われるでしょうね。
時間がとれれば書いていきたいと思います。

ロムメンバーについて 投稿者: 青石 2005/01/04 09:01:48



上の4人のかたについてのメッセージも、こちらに降ろすことが今後はあるそうです。しかし、あちらの閉鎖空間もそのまま存続します。

968 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 16:26:47 [ 4Q/oED7c ]
あぅ、ちょっと確認。ここ最近言われている「陰謀説」は
「リベ叩きは52から注意をそらすための組織の陰謀である」
という説のことだと思ってたんだけど、967さんのはそれとは別の「背後組織説(仮)」と
思ってOK?

969 名前: リベちゃんスレの650です 投稿日: 2005/03/02(水) 16:58:44 [ hHMkond6 ]
そうですね。「何か裏があるんじゃないか」説といえばいいかな(笑)
52さんの真意はともかく、52さんのことで悩んでいる人たちに対してなんらかの「励まし」ができればと思い書かせてもらおうと思っています。
スレの流れ的にこのような内容から入ったほうがいいかなと思ったのですが、
この内容では私の個人的興味が強く出てしまっただけですね。すみません。

970 名前: 968 投稿日: 2005/03/02(水) 17:24:40 [ 4Q/oED7c ]
>>969ありがと。
組織かなんかあるんじゃないかという説がリベ叩き陰謀説とごっちゃになっているような気がしたので、
明確にしておきたかったのです。で、リベちゃんスレ650さんは批判されている陰謀説の方ではないと。

個人的な興味は私も同じなので出来るだけいろんな情報が欲しいです。

971 名前: 非点不明 (wvqFUMEI) 投稿日: 2005/03/02(水) 20:09:43 [ Hk5GJT1k ]
>>967
私は陰謀説そのものは否定していないのです。あらゆる可能性が考えられる。
でも一部の人達は、想像的なものを、さも事実であるかのように書いている。
それを>>951で言ったのです。
超能力の本スレで、リベ氏が非点は中途半端と言ってましたが、確かにそうでしょうね。
私はこの問題自体にはあまり興味はない。
どうせ追求するなら、もっと別のことを追及したい。

972 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/02(水) 21:46:42 [ l2DHHFBA ]
>>971
>私はこの問題自体にはあまり興味はない。
>どうせ追求するなら、もっと別のことを追及したい。

だから、それは貴方が独自に超能力スレ4の中でやれば済むこと。
このスレに、わざわざやってきて、そんなチョー個人的な意気込みを書きを残す
貴方は、どこへ行っても超能力以前に場の空気が読めなさ杉。

おっと、私も本題をそらすような書込みをしてしまいました・・・反省。
52問題検証のお話に、シキリナオシ、お願い致します。

973 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 22:38:29 [ 5HqfrTeM ]
リベちゃんスレ650さんもこちらに来ていたのですね。
あちらのスレの書き込みを見て、
こちらに来てくれないものか…と思っていましたw
貴重な情報をありがとう。

私も52氏の能力面についての検証は重要だと思います。
今回の件で傷付いて苦しい思いをした人は、
52氏の能力を基本的に信じていた人でしょう。
私は割と疑ってかかっていましたが、
それでも一連の脅しとも取れるメッセージは怖かった。
それは、私自身能力者ではないので、
52氏の能力が本物なのかどうかを判断できなかったからです。

974 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 22:42:13 [ 5HqfrTeM ]
52氏の一連の活動について、52氏本人はどう思っていたのでしょうか。
閉鎖掲示板に興味深い書き込みがあります。


投稿者: 青石 2005/01/05 08:41:42

(前略)

>私も、名のない宗教に出会ったよ。

そう。私がいまやっているのは「名のない宗教」です。
人も集めないし、お金も集めないし、伽藍も建築しません。
基本的に人には会わないし(というか、会う許可がめったに降りません。)
お札も御守りも売らないです(爆)。
教義の本もなく、人にはどっかの精神科医の本を紹介したりなんかして(苦笑)。
が、一種の宗教ですよね、やっぱりこれは(汗)。

伽藍は必要ないのです。
私の自宅が一種の伽藍だし、自宅そばに空中伽藍wが存在してます。
私は「物」を必要としない。そういう時代はもう終わったんです。


no title 投稿者: 青石 2005/01/15 01:03:02

ここだけのはなし。


・・・と来ました。
なにが「ここだけのはなし」なのかというと、青石が「教祖」?であること。
青石個人としては、表だった活動は今後もしない予定だそうです。
しかし、ほかのかたに動いていただきます。
といっても、旧来の宗教団体的なことは一切致しません。
すべて意識下で動いていただくこととなります。
そういう意味では
非常にスマートで、かつ、効果的な活動となります。

975 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 22:49:14 [ 5HqfrTeM ]
52氏は閉鎖掲示板で、
自分が現在2chのどのスレで活動中か書き込みしています。
何の意図があってそうしたのでしょう。
やはり援護を必要としていたのでしょうか。


2ch 投稿者: 青石 2005/01/20 09:44:23

○○さんが、ご存じなかったらアレなので書いておきます。
いまここのスレにいます。52です。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1106063565/l50
さっそく毒舌炸裂させてますな(爆)。
まぁ、いいけど。あれもワタクシの「地」のひとつです(笑)。

976 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 22:53:30 [ 5HqfrTeM ]
内容を晒された閉鎖掲示板の他に、
もうひとつ閉鎖掲示板があったようですが、
そちらに参加していた方はセミナー等で直接会った人なのでしょうか。
少なくとも2chのスレから参加した人ではないような感じがします。


大神さまより 投稿者: 青石 2005/01/04 20:57:29

いままで「白の神さま」とお呼びしていた神さまを、今後は「大神さま」と書きます。
「赤の神さま」は「釈尊さま」。
「青の神さま」は「梵天さま」です。

それで大神さまが今おっしゃったのですが。

半年後あたり。もしもちゃんとこの掲示板が存続をしていて(笑)、
みなさんちゃんと付いてこられていたならば、、オフ会を開いてもよい、とのことです。
予定は未定(笑)なので、いまの段階では「かもしれない」ぐらいの言い方しかできませんけど。

もうひとつの閉鎖掲示板では、じつはもうすでにオフ会やってます。女性お二人と。
こちらのお二人はさいしょからお友だちどうしでしたので、そちらのほうへ青石が出向いて食事会しました。
ついでに次の日、いっしょにそこの土地のお寺参拝したりなんかして(笑)。

私が行くと、そこへは大勢の神々さまが同行してくださいます。
そしてふつうにいっしょにご飯とか食べてるだけで、一種の霊的ワークが行われます。

977 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 22:57:49 [ 5HqfrTeM ]
>>976
> そちらに参加していた方はセミナー等で直接会った人なのでしょうか。

…と思っていたら、どうも違うようで。


投稿者: 青石 2005/01/05 16:03:46

>私の表面は「ネットで会ったばかりの人に絶大な信頼をおいてる私って、
はたから見たら痛いよなー」と思っているんです。

いや、そんなもんでしょうw。
私だって「いったい、なんでこんなことやってるの???」といまだに思いますから(^_^;)
ネットで知り合った人と会うなんて、しませんし、まず(汗)。
その閉鎖掲示板のおふたりが、はじめてですねー。
べつに会ったからって、宗教的なことはまったくしませんw。
ご飯でもいっしょに食べて、ちょっと世間話でもしましょうか、ぐらいのことです。
でも私のそばに寄って、私のエネルギーフィールドに入られるだけで、
目には見えないけれど「なにか」がしずかに起こります。起こることは人によって違いますが。

大神さまが、そそくさと会う約束を果たさせようとなさっているのは。
会えるとしたら、現世が最後だからです。
現世を終えたら、私は「引退」するので、よそのかたとお会いする、
ということがもうなくなるんです。しずかな隠遁生活にはいります。

978 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:06:18 [ 5HqfrTeM ]
>>967
> 恐怖支配ですね。閉鎖空間は予想外で暴露されてしまいましたが、
スレの荒れ具合は悪魔の仕業とでもなんとでも言えばよいわけで。

これはまさしくそのとおりのことを閉鎖掲示板で書き込みしてましたねw
このスレから52氏が撤退宣言(>>799)をする直前の書き込み(>>796-798)を
こんな風に言っていました。


投稿者: 青石 2005/01/09 21:36:02

(前略)

ところがですね。。。
その後もあねっくすで私は書き込みを続けていましたが、、
そのころから妙な書き込みが見られるようになりました。
じつはこれもSさんが糸を引いています。
力の削ぎ方がふじゅうぶんで、別の人間を操って、
妙な書き込みをさせ、私を貶めようとしてきました。
これはSさんの表層がやっています。
再度念入りに力が削がれました。Sさんの意識体もこのときバスターされています。
悪魔の知恵が染みこんでいるので、悪魔の知恵の取り上げも行いました。

(後略)

979 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:13:58 [ 5HqfrTeM ]
>>866
以前知人が書き込みした内容についても、
該当部分を貼っておきます。

まず「妻」について


投稿者: 青石 2005/01/08 10:52:45

(前略)

>けけけ、結婚?!神様も結婚するのですか。

はい。結婚されます。結婚されないかたも居られます。
神さまはそのお役目によって、
結婚が許可されるかたと許可されないかたがおられるようです(大神さまの許可がいる。直属の)。
大神さまクラスになると、ご結婚は自らのご意思で決めることができるそうです。

>でも、私たちが思っているような結婚とは形が違うのでしょうね。

いえ。似ているような気がします。
もちろん神さまによってご性格もお考えも違いますので、
その神さまのご意向が反映されるのだと思いますが。
私の場合は、、ごくふつうというか、まさに「いっしょに過ごしたい、側に寄せたい、だから結婚する」
というお気持ちだったようです、(私が結婚させていただいてる)大神さまは。
これもじつは「契約事項」でして、、ずっとむかしに契約をしていたようです。
契約の時期より早まった(ほんとは私の死後に、結婚する予定でした)ですが。
いろいろと不測の事態が起こって、早められました。

(後略)


投稿者: 青石 2005/01/17 13:20:35

(前略)

>青石さんがなさってることは、「キリストの連れる者、全員がユダ」…という状況。

キリストの連れる者・・・
わたしはキリストではないのです。
キリストが「父」と呼んだかたの「妻」です。
そしてわたしはユダを集めたのではありません。
ユダ以下の人たちを集めました。

(後略)

980 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:16:22 [ 5HqfrTeM ]
>>866
「関係している神」について

○○さん 投稿者: 青石 2005/01/10 06:47:27

(前略)

東寺は○○さんの担当神さまが祀られておられます。
それから私は伊勢の関係のものです。


「ルシファークオーター」について

投稿者: 青石 2005/01/17 15:28:47

(前略)
あなた、わたしの中へ入ったら、、、毒気で死んでしまうんですよ(大笑い)。
悪魔50匹を引き連れていても。それらの悪魔すら死んでしまう。
そういう毒をもっているから、毒に勝てるんです。

わたしの身体にはルシファーの血が流れているんだから。
ルシファーのクォーターなんです、わたしは。
悪魔に対抗するために、そういう家にわざと生まれてきました。

猛毒を抱え込んだ身体なのに、なぜ神さまの御用ができるのか。
ふだんそれは強い光でくるんであるからです。だから毒はそとに漏れない。
でもよその魂がわたしと入れ替わったら、
そのくるんだものが破壊されるように設定してるんです。
猛毒が流れ出し、中に入り込んだ者は生きていられません。

981 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:37:40 [ 5HqfrTeM ]
何だか私ひとりで書き込みしている状態ですが…。

>>952
リベちゃんスレ650さんのコピペを受けて。
この時期でパスワードの変更がなされているので、
1/23以降のログは持っていません。
ですから、私は初めて目にする内容です。
1つめのコピペの参加者について、
52氏の言うことが本当なら、これこそ「証拠」の提示が必要な書き込みだと思うのですが。


○○さん 投稿者: 青石 2005/01/19 02:05:03

空をみなさい。
雲をみなさい。
なんと清浄で
美しいこと。
そういう話を
だれかとしました。
現世で。

・・・と来ました。その人はみ使いだったかたです。
そのかたを○○さんは、殺しました。
直接手をくだしたわけではありません。
そのかたは事故で、亡くなっておられます。
3ヶ月ほどまえ。
会われたのは、3年ぐらい前。
会って、そのかたは悔い改めを説きました。しかし無視なさって放置された。

しかし3ヶ月前にいきなり○○さんはそのかたに危害を加えます。
このタイムラグはなにか?
3ヶ月前にそのかたの魂が、○○さんの魂にコンタクトを取りました。
私が○○さんに「会う」だろう、ということを。
私は「掃除人」です。
○○さんは恐れました。み使い人さんが居場所をリークしたのだと思いました。
それで事故を起こしました。「見せしめ」として。「み使いなど寄越すな。こうなるぞ」という示威行動です。
あなたはそれぐらい簡単にできるかたなんです。だから○○さんがまっさきにリクルートに行った。

み使い人さんがリークしたのではありません。
あなたの居場所はずっと以前からマークされていました。

私はあなたに「掃除人」と分からないように近づきました。
バレてしまったら、逃げられてしまうからです。

み使い人さんは救われています。永遠の生命を得るでしょう。菊花紋をさしあげました。

982 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:41:27 [ 5HqfrTeM ]
>>981
> み使い人さんは救われています。永遠の生命を得るでしょう。菊花紋をさしあげました。

菊花紋について。
あの家系の方々のことですよね。大丈夫なんでしょうか…。


投稿者: 青石 2005/01/12 20:10:18

日本とは直接の関係はないんです。
でも菊花の紋って、やんごとなきご家系が使っていらっしゃったりしますが。
どうもむかーーーし、かのご家系のかたが青石を守ってくださっていたらしいのです。それでさしあげた。
その後守ってくださらなくなったので、霊的には取り上げになったのに、
まるで既得権益かなにかみたいに、いまもお使いになっている・・・ということのようです(^^;)。
なんだかトンデモなハナシなんですけど、、、聞いたらそう言われるの(-_-;)。

983 名前: 921 投稿日: 2005/03/02(水) 23:46:28 [ 5HqfrTeM ]
晒された方の閉鎖掲示板の参加者について。
あねっくすからの参加者は「極悪犯罪人」と言っていましたね。
もっとエグイです…。
私もそうだと言われた参加者のひとり、ということになります。


投稿者: 青石 2005/01/17 02:25:28

ここに来てる参加者さんは、みな、自己の都合で過去世で殺人を犯しています。
数はいろいろ。

(中略)

わたしの側に寄る人は、「ふつうの人」よりもずっと査定が厳しくなります。
「ふつう」ならみのがしてもらえる程度のことでも、わたしの側にいれば、みのがしてもらえなくなります。
それがわたしの側にいて、守護を頂き、光を頂き、そして能力を頂く「代償」なのですよ。

現世でのサポート役だった、オットと、ある女性は、サポートするどころか、さまざまな邪魔をし妨害をしてきました。
それでも中味からっぽにさせられています。このふたりはだれ一人として「殺して」はいませんけど。
過去世でもそうです。このふたりは過去に殺人は犯していません。

ですから、過去に殺人をした。それを許されたいと思うならば、「救う努力」ぐらいはしなければなりませんよね。
はっきりいって現世において「救える」段階におられる人々は少ないです。
しかし「努力」をしなさいということです。それがせめてもの「償い」というものでしょう。

984 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 00:26:19 [ 24qH0ZA. ]
神様の言葉というより52氏の中からきているものですね。
エゴ?なんだろうか。世界が狭いというか。神とは別の物。

985 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 01:09:14 [ NLRAY5ks ]
>>983
>ここに来てる参加者さんは、みな、自己の都合で過去世で殺人を犯しています。(by52)

参加者の贖罪意識を煽り立てる為の釣り文句だろうし、純な人はコレを読んだら
ギョッっとして、52個人に対して私の罪をあがなわせてわせて下さい、、、
って勢い位のパニック思考になるような事態でも期待して52はこんなこと言ったのかな?

人間、何十回と転生してると、その中には戦国時代や、世界大戦の時代だってあらあな。
そんな時代背景の中で人を殺している人なんて、道を歩いていてもゴロゴロいるでしょw
私だってそうかもしれないし、52だって同じ事。 
今回の人生を清く正しく美しく生きればいいのであって、他人の指摘する過去世の妄言は
怖がったり、心配したりするにあたらないと思う。。。。のだけどね〜

誰だって、こんなこと言われたらいい気持ちしないけどね。

986 名前: 857 投稿日: 2005/03/03(木) 02:25:24 [ 8GhNeD1. ]
>921さん こんばんわ。
回復され、少しは落ち着かれたとのこと。本当によかった。
知人の方>>858(863)さんには、感謝してます。
最初の頃は自分も含めてごく少数だったので…それから後は本スレの
議論やネタ投下のおかげ結果でてきた新しい情報、本スレにここの誘導貼ってくれた方や、他のスレの
コピペを纏めて見やすく貼ってくれた方、あとは今でも出現しているらしい、という
スレ(これはまだ本スレだけど)、リアルで会ったことのある方などなど、様々な情報が寄せられて
考える幅も広がりますし、検証がより綿密になればと思います。

貴方が言うように、今回のことで誰かに相談できたとか心情をだす相手がいる人は
まだいいのかもしれません(それでも貴方は、やっとという感じとのこと。自分が想像した以上の
ダメージだったのですね…)また、本当にこの場があの現象が何だったのか、をもう一度考えてみる
きっかけになれば、他のスレの過去ログを読み込んだり、このあねっくすやオープン掲示板での
やりとりを思い出したかいも、あったかもw

実を言うと、最も懸念があったのはこのあねっくすってこともあって。こちらから貴方に
聞くわけにもいかないし…よくわかりました。神社スレはかなり時間がたってるし、気功スレは
機関が短かったし(といっても何人かは、最初に能力を与えられ52氏がそのあと表れずに、パニックになったり不安に
なった人もいたようで、ひとりは落ち着いたというレスが入ってたけど、他の人はわからないし、
霊視スレで相談した人もいたようだったので)、気功本スレでの議論を読んだり相談者などもいて何らかの
フォローになればと思うけど、このあねっくすは既に苦言や批判する元スレが平行してあったわけでは
ないし、言ってみれば52氏とあねっくす住民の温室というか、最後のほうまでめったに邪魔も荒らしも
入っていなかった、接する時間も長かった、心情告白でのやりとりが膨大、オープンから閉鎖へと移り、
最終的に関わらなくなるまでの時間も長かったと思う。
気功前スレで晒されたコピペ見て、これは相当ヤバイと。いくら一部とはいえ、
あねっくすとは激変していたので…。

987 名前: 857(連投ゴメンです 投稿日: 2005/03/03(木) 02:29:10 [ 8GhNeD1. ]
〈続き)
自分の考えは今までスレのログ中心に掘り下げるというスタンスが主で、それは変わらないけど
実際にかなり長く掲示板で関わっていた方や、実際会った方などの考えや感触などは
貴重だし、このスレでのコピペについては本スレとはまた違った面も出ていて、とても参考になります。
ただ、いくつかはオープンのほうでももっと短めで似たようなことを言っていた記憶が
あるので、閉鎖掲示板に移って日にちが進むとさらに過激になっているような。

前のレスにも書いたのですが、52氏のトラウマに近い部分が露呈していると思うし(これは
あくまで自分の推測です)本スレのコピペはそういった部分が最もはっきり出ているような。
すでにあねっくすでもごく片鱗が垣間見られてるし、気功スレでのログにも
あるパターンがあるように思っています。それについてはまた時間のあるときに
書いてみるつもりです。

>>984さんも言ってますが、ほぼ同感です。
チャネリング、その他目に見えないものとの交信と言われる現象について、
最も懸念される部分だと。

あねっくすは、比較的穏やかというか心情告白が進むにつれての激しさは
あっても、スレ住民とのやりとりが他と比べてかなり落ち着いている。
その原因のひとつは、52氏とスレ住民との心情の共有もあるけれど、もうひとつは
平行して元スレや本スレといったものが既になく、あねっくす進行中も荒らしが
なかった。最後ちかくにかけて数行あって、その後は直ぐにオープンに移ってる。
ただ、オープンに移ってもあねっくす系はもともとほっとかれたようなところが
あるのでは、と思う。
一方、気功前スレからオープン→閉鎖掲示板の最中に、本スレでコピペや以前52氏の能力を
断った人のコピペが貼られたり、オープン、閉鎖と移るあいだにも批判が出ていた。
おそらく、少しでも批判が出だした時期と閉鎖掲示板でのおかしな言動やリンクしている
のではないか。神社仏閣板の過去ログとあわせて霊視なんとかの過去ログを読むと、
共通している部分がある。
それは、全て神がこう言ってる、こう処置したなどと言ってても、実際は52氏の内面的なものというかね。
自分は神を通じて、こんなにいいことをしているのに→これは神ということばを抜かせば
今まで処理しきれてなかった被害者意識にもつながるし、その部分が心情的にある程度今まで解決されていれば
(日常生活や今までの人間関係において)、あそこまでなったかどうか。

それは気功2、3でもみられるけど、実際のやりとりに関しても自分の意が通じない、
丁寧な言葉使いであれ批判的なもの、あまり理解できないと称する相手に対しての過剰ともいえる
反応というのも過去ログを読むといくつかあって。

うわ、なんか上手くまとまらないんで、今度時間があるときにでも書いてみます。

他の方々もレスしたい部分がいくつかあるのですが…。
数々の情報、ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いいたします。

988 名前: 857(連投ゴメンです 投稿日: 2005/03/03(木) 02:31:25 [ 8GhNeD1. ]
>本スレ168さん

 もし見てたらナナシでいいので、ここでレスできたらお願いします。もうしてくれてるかもだけど。
 本スレのいくつかの短いレスの中でとても貴重なレスがあったけど
 その時はレスの流れ的に埋もれてしまったようで、
 本スレは数時間前に見たときもう違う流れになってたし、今更あそこで書くのもはばかれるので…。

989 名前: 857(訂正です 投稿日: 2005/03/03(木) 02:43:06 [ 8GhNeD1. ]
>>986のレスで
誤・あとは今でも出現しているらしい、というスレ(これはまだ本スレだけど)
正・あとは今でも出現しているらしい、というスレ(これについては本スレに貼られている)

990 名前: 933 投稿日: 2005/03/03(木) 03:32:17 [ 8rnsgOVI ]
>>949さん
カルト宗教というか、新興宗教に所属していた可能性が高いです。
だから手法が似ていたのだということがわかります。
ひきつけ方の手法は持っていたと思うほうがいいように思います。

>>857さん
はじめまして。
いろいろ考察を読ませていただいています。
考察、その深さに驚きました。
>>952のようにとんでもない書かれ方をした人もいるようですが、
52氏はいつもこの方法で人を脱落させてきました。
脱落した人はこの様な理由で脱落させられた事を知りませんし、もちろん
これ以外の方で同じように脱落させられた人がいるだろうと言う事は容易
に想像できます。
だからこそ・・・今回のような形になったのではないでしょうか。

>>921さん
お疲れ様です。心労有る中、この書き込みをされて私も勇気をださないと
と思って書き込んでいます。
背中を押していただいた事を感謝いたします。

991 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 04:02:24 [ Qkc76U3c ]
【体験談】神社でお祈りって本当に効果あるの?
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://2ch.pop.tc/log/05/01/24/1548/1055767323.html


297 名前:177 :04/04/25 12:12
>>294
試されたというか。。私もこんなことになるとは思っていなかったんです。
私は特別な修業をしたとか、そういう人間ではありません。神さま系のことは子供の
ころからなんとなく好きで、その手の本をすこし読んだりしましたが、たいして知識
もないですし。宗教もかじったことがあります。いろんなものを見ましたし、経験し
ました。今から思うと経験させられていたんですね。
いまは完全に無所属です。今後も無所属です。
具体的なことは書けませんが、たしかに試されました。つぎつぎに。いろんな面で。
あまりに生きづらいので、数年前からちょっと精神世界系のセミナーを受けてみたり
しました。でもそれも、それですこしでも生きやすくならないか(笑)、現実生活
にもっと適応できないか、と思ってのことだったのです。
そしたら、だんだんにこういう方向に導かれてしまいました。

992 名前: 十文字 投稿日: 2005/03/03(木) 04:27:38 [ DjBU40/g ]
>>985
私もその殺人者の一人だったりします(w 
過去世において、老人が細々とためたお金を殺して奪ったそうです。
ですから、私の場合は戦争のようなものでなく「自己の都合」でした。
殺人の件について私は一言もレスはつけませんでしたが、
追い出されることもなく話は進んで行きましたよ。
そのことから「掲示板上で贖いを求められていたわけではない」ということが言えると思います。
確かに私もショックでしたよ(^_^;)

52さんは参加者の「何」を見ていたのか・・・掲示板の文字面ではないはずです。
コピペにもあるような、魂、意識下、意識体、表層、といった概念、
「能力者の視点」というものを考察しないと、52さんの真意は見えてこないと思いますよ。

私の記憶では最終的に残っていたのは3人です。
別にあった閉鎖掲示板のメンバーも合流して統合されていたと思います。
過去ログは持って無くて、とばし読みしただけなので記憶が曖昧ですが・・・

993 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 13:57:55 [ nYUkiAtU ]
炎くんがいた。
4人だね。

994 名前: 十文字 投稿日: 2005/03/03(木) 15:11:34 [ DjBU40/g ]
>>993
炎さん=阿朱さんだったと思います。
独特の文体が同じだったし、52さんから「HN変えたんですか?」と言われてたし。
しばらくしてまた阿朱さんに戻って、
「浄化がキツくて耐え難いから降りたい」と言い出して、
「後ろの方と話し合って、また頑張ることにしました」とかの会話がありました。
阿朱さんは「普通なら意識下」の部分をかなり認識していたと思います。

995 名前: 長月 投稿日: 2005/03/03(木) 15:26:03 [ jdM15RGU ]
>>921
コピペして下さった内容の一部は私が閉鎖掲示板に誘導された時と時期が
重なるモノもありますね。当時過去ログについても参照しましたが、あねっくす
からの参加者の方々はあの内容には本当にショックだった事でしょう。

告白すると、私はある時から52氏に対して不信を抱いていて、折を見て内容を
ディスクロージャーしようと思っていました。何であれ真相は究明しておきたかった。
しかし数日出掛けている間ネットから離れていて、その後ログ保存しようと思った矢先
に気づかぬ内に脱落してましたね。ちょうど同時期に本スレにコピペして下さった
方がいて、52氏にはその方と私が勘違いされてましたが…。

ともあれ、皆さん少しづつ回復されているようで、ちょっと安心しました。

相変わらず52氏の活動の真意は謎が多く、真偽も定かではありませんし、議論も
右往左往していてそちらは大変そうですが、少しでも真相がハッキリすればそれはそれで
良いですね。

996 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 16:52:24 [ LN869/dA ]
しかし、ルシファークォーターというのは笑わせる。
安心しろ、青石。もし見てればの話だが。
お前はかすりもしとらんよ。
ルシファーの家系なんて地上にはそもそも無いのだからな。
精々祖を辿ればロックフェラーとかに繋がるとかそういう程度だろう。
大体、毒が一杯というのがおかしくてならない。
あれの中に毒が一杯とはな。
何も知らない癖に下らん事をぬかすなよ。

997 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 17:43:30 [ yIJDFnSY ]
>996
多分その人は能力のない私が普通に考えても見てそうな気がするよ。
自分は矢面に立たされなくて大丈夫だと思って書き込んでるんだろうけど、
>996さんもそういうの見えるの? だとしたらすごいなあ。

998 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/03(木) 20:34:17 [ hyJ/D6b. ]
>>996
霊的な家系って意味だろ

999 名前: 921 投稿日: 2005/03/03(木) 23:11:23 [ VOfCvw42 ]
>>985さん
> 参加者の贖罪意識を煽り立てる為の釣り文句だろうし、純な人はコレを読んだら
> ギョッっとして、52個人に対して私の罪をあがなわせてわせて下さい、、、
> って勢い位のパニック思考になるような事態でも期待して52はこんなこと言ったのかな?

いや、もう本当におっしゃるとおりですw
冷静に考えればおかしいのですが、
52氏から次々と降ろされる神からのメッセージ(と称しているもの)を読んでいると、
段々そういうものなのかな…と思ってしまうのです。
改めて過去ログを読んでみると、そう思わせるための伏線?のようなものはいくつかありました。
その辺の手法は>>990で933さんが宗教との関わりの可能性を指摘しているし、
>>992の過去ログを読むと、52氏が過去何らかの宗教団体に所属していたらしいことが分かりますね。


> 今回の人生を清く正しく美しく生きればいいのであって、他人の指摘する過去世の妄言は
> 怖がったり、心配したりするにあたらないと思う。。。。のだけどね〜

あねっくすや移動先のオープン掲示板では、
これからの心掛け次第で…という感じだったのですが(少なくとも私にはそう見えました)、
閉鎖掲示板へ移行してしばらくすると、だんだんとそういう雰囲気じゃなくなっていったのです。
ここから参加した人は「極悪犯罪人」だし「殺人者の過去」もあるので、
最初から更生は難しかったけど、これらは恩情だった、というような。

1000 名前: 921 投稿日: 2005/03/03(木) 23:27:23 [ VOfCvw42 ]
>>986-987
857さん、こんばんは。
いつも深い考察、本当に参考になります。
本スレに閉鎖掲示板のコピペが貼られた頃の精神状態はなかなかのものでしたよw
今はもう大丈夫。過去ログである程度の流れがあることをを掴めたのが大きかったです。
情報はできるだけ多い方が、様々な角度からの検証が可能になると思うので
ここを見ていて情報を持っている方はぜひ書き込んで欲しいですね。
自分のためでもあるのですが、そういう意味も込めて過去ログを紐解いた部分もあります。

あねっくすから移行したオープン掲示板は、
参加者以外でどのくらいの人が見ていたのでしょう。
個人的には気功スレから移動した時よりは少ないような感じがします。
52氏から降ろされるメッセージの変化と、
本スレで批判や疑問が出てきた時期を調べると何か見えてくる部分がありそうですね。
そういえば、霊視スレの妙な書き込みも
本スレやここに霊視スレの過去ログが貼られた時期と近いんですよね…。
その辺は以前857さんも指摘していましたが、何か今回の件と関係あるのかな。

1001 名前: 921 投稿日: 2005/03/03(木) 23:36:02 [ VOfCvw42 ]
>>990
933さん、情報をありがとうございます。
52氏と関わりのあった方ですね、お疲れ様でした。
今回の件について私が書き込むことで、参加して傷付いた人が
前向きに考えるきっかけになればいいと本当にそう思います。
誰かがそういう書き込みをすると、
参加していた人が精神的に少し楽になる部分もあると思うし、
それが結果的に検証するための情報収集に役立つかと。
差し支えない範囲で今後もよろしくお願いします。

1002 名前: 921 投稿日: 2005/03/03(木) 23:50:15 [ VOfCvw42 ]
>>992 十文字さん
いくつかお聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか。

> 52さんは参加者の「何」を見ていたのか・・・掲示板の文字面ではないはずです。
> コピペにもあるような、魂、意識下、意識体、表層、といった概念、
> 「能力者の視点」というものを考察しないと、52さんの真意は見えてこないと思いますよ。

私は能力者ではないので、何が何だか…という状態で参加していたのですが、
(それがそもそもの間違いだった気がしますが)
52氏が見ていたものは何だったと思いますか。
52氏は状況に応じて参加者の「魂」「意識下」「意識体」「表層」を剥奪、バスターしていますが
これはどういうことなのでしょうか。
私も色々剥奪されたのでw、当時はものすごく不安でした。


> 私の記憶では最終的に残っていたのは3人です。
> 別にあった閉鎖掲示板のメンバーも合流して統合されていたと思います。
> 過去ログは持って無くて、とばし読みしただけなので記憶が曖昧ですが・・・

もうひとつ?の閉鎖掲示板からの参加者ですが、
私が保存している過去ログを見る限り、メッセージは降ろされていたものの
参加者からの書き込みは特に見当たりませんでした。
晒された閉鎖掲示板をロムしていたのは4人です。
うち2人は怒涛の脱落宣告メッセージを降ろされ、
割と早い段階で参加できなくなっていました。
残りの2人が卒業された方の中にいましたね。

1003 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:02:14 [ onwLYCFc ]
>>995
長月さん、お疲れ様です。
> コピペして下さった内容の一部は私が閉鎖掲示板に誘導された時と時期が
> 重なるモノもありますね。当時過去ログについても参照しましたが、あねっくす
> からの参加者の方々はあの内容には本当にショックだった事でしょう。

えぇと、ちょっとお聞きしてもいいでしょうか。
長月さんが閉鎖掲示板に誘導された時、
過去ログは初期の頃のものも残っていましたか?
1/23にパスワードの変更がなされていますが、
その直前まで掲示板立ち上げの頃からのログを見ることができました。

私はあねっくすから参加したのですが、あのメッセージは効きましたねw
ここの前スレから参加していた方も何人かいましたし、
中には以前52氏が立ち上げた別の掲示板に参加していて、
今回再度参加されていた方もいたので…。
関わりが深い人ほどショックは大きかったと思います。


> 告白すると、私はある時から52氏に対して不信を抱いていて、折を見て内容を
> ディスクロージャーしようと思っていました。何であれ真相は究明しておきたかった。

それにしても…、参加者の中に今回のログを保存している人、
けっこういらっしゃるのですね。
たしかに52氏のいうとおり「ユダ以下」かもしれませんw

1004 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:06:04 [ onwLYCFc ]
52氏の活動目的について。
前提条件だと思われます。


投稿者: 青石 2005/01/05 08:13:39

>純粋な魂ではなく、白の神様が特別につくられたもの。だとしたら、、、
その目的(役目)が終わったときに、私たちは消えていくのかな・・・?そう思って不安になりました。

逆です。役目を果たさなければ、消えていくという可能性もありました。
ここに皆さんを関わらせることは、むしろ「救済策」なんです。
するべきことをしない、悔い改めもしない人を「救う」わけにはいきません。
では、するべきことをしてもらいましょう。悔い改めもやっていただきましょう。
それならば「救える」のです。

1005 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:12:42 [ onwLYCFc ]
投稿者: 青石 2005/01/07 22:09:24

(前略)

降りてくるというのは、これからこのかたがたは、人間としての身体を持つことになるわけですが、、
赤ん坊として産まれてくるのではないみたいです。それでは間に合わないので。
魂の入れ替わりをさせるご予定だそうです。もうすでにだれのところに入るか決まっている。
全員日本に来ます。もうすでに入れ替わりが始まっている。3週間ぐらいで終了予定。


投稿者: 青石 2005/01/08 04:58:10

(前略)

>魂の入れ替わりをした人はやっぱり言動が今までと変わるんですか?

変わるのだそうです。もちろん身体は同じものを使うし、
その人のそれまでの記憶、経験はきちんと持ち越されるので、
周囲と突然軋轢が生じたりとかいうことは、ないはずです。スムーズに移行していく。
しかし、その人の深いところが、かんぜんに変わってしまうため、それが徐々にその人の表層に浸透しはじめます。
価値観や行動パターンがすこしずつ変わってくるでしょう。霊能とか能力も発現してきます。
魂には使命がきちんと刷り込まれているので、意識しなくてもその人の使命にそった道筋を辿っていかれるはずです。


投稿者: 青石 2005/01/08 10:52:45

>スムーズに移行するとすると、その方の周りの方々も少なからず導かれるということなんでしょうね。

そうなのだそうです。適材適所というかw、要所要所に配置、みたいな。
年齢的に若いかた。みんな10歳以下みたいです。7歳以上10歳以下。
この子たちは、、自然と決められた進路、決められた職業に就くようになります。
そこで重要な立場を占めるようになります。
そしてまさに社会的な立場をもって、つまり現実的な職業を通して、お役目を果たしていくことになるみたい。
宗教的なかんじのお役目ではないんです、ぱっと見たかんじ。
ここで行われているような霊能訓練みたいのは、与えられないようです。
もっと自然なかたちで社会に入り込む。使命感をもって、その職業をまっとうし、それによって自然と「役目を果たすことになる」ような。

1006 名前: 857 投稿日: 2005/03/04(金) 00:12:59 [ AXYPeApM ]
>921さん こんばんわ。もしかしてリアル遭遇いけるかな。
     閉鎖掲示板の過去ログを紐解いてくれて、本当にサンクスです。色んな意味で
     考えさせられます。

>そういえば、霊視スレの妙な書き込みも
 本スレやここに霊視スレの過去ログが貼られた時期と近いんですよね…。

うぅぅん、その後52氏が2ちゃんに来ているらしいのだけど、霊視スレについては
あくまで気になった、の範疇ではありますね。

つまり、今まであったそれぞれの本スレとオープン掲示板→閉鎖掲示板でのメッセージとの平行性
ってことで、色々考えてみることがあったので。その点では神社仏閣板と>>905の「霊能者に〜の避難所」とのログは
平行しているレスを時間に添って読んでいくと、いくつか見えてくるし、その後の雛型的なところが結構ある気もしています。
つまり、その後のあるパターンとか、52氏に関することとか、という意味で。

1007 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:14:39 [ onwLYCFc ]
投稿者: 青石 2005/01/12 21:38:26

(前略)

いまいるエクソシスト、はっきりいって怠業者だらけなんです。もうね、そういう人は要らないの。
あなたがたの10倍の力のあるエクソシストをすぐにも作れるようになっているの。
いまもう作り始めているの。魂の入れ替えをすれば、すぐにできてしまう。
そして現在の人員の5倍を確保するつもりなんです。この1年以内に。

怠業をあたりまえのようにやっている、古いエクソシストなんて、要らないんですよ、もう。
だからどうしますか?ということをお聞きしたいわけです。
本気でついてくるんですか?どうなんですか?ということです。
根性悪い能力者なんて、これからどんどん切り捨てていく方向ですので、
リタイアしたいなら、したいでよいのですが、そのさいには能力すべて取り上げますよ、ということです。


投稿者: 青石 2005/01/17 10:13:21

(前略)

ほかのエクソシスト潰しをずっとやっていたからです。
そちらにエネルギーを取られていた。あなたに潰されたエクソシストの数は、284人。
派手にやってくれましたね。

でもその人員はとっくに補充されてんですよ。
この3日間でやりました。すげースピード(笑)。あなた284人潰すのにどれだけ時間かけました?(^_^;)

1008 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:20:29 [ onwLYCFc ]
>>1006
857さん、こんばんは。
初のリアル遭遇w

霊視スレの件は、定期的にあの手の荒らしは来ているんですよね。
ただちょっと気になったのは、今回の件とおぼしき相談が書き込まれ、
本スレに過去ログが貼られ、鑑定人の霊視をインチキ呼ばわりしている、という一連の流れ。
何でも関連付けるのは危険ですが、以前と手順としては似ているようには感じますね。

1009 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:38:50 [ onwLYCFc ]
>>1004が大前提で、その後>>1005>>1007と進んでいくのですが…。
ここで私はちょっと引っかかりを覚えました。
「魂の入れ替え」がそんなに容易に出来るのであれば、
何もネットで能力者を探す必要はないのではないか?ということ。
本スレでも過去に指摘していた方がいたと思いますが、
悪魔や邪霊、もののけ等にすっかり取り込まれた能力者は結局脱落しているんです。
中には脱落を逆恨みして、52氏に攻撃を仕掛けていますね。
(これらが本当かどうかはまた別の問題。
52氏の見ている世界ではそれが繰り広げられているので、その世界での話、ということです)
何か手法として非効率だし、矛盾しているように感じるのです。

魂の入れ替えをした人は最初から使命に沿った活動が出来るのだから、
52氏が霊的秩序向上のために即戦力となる能力者が必要だというのなら、
最初から確実かつ安全な方法を取ればいいのでは?と思ったのです。
となると、最初から「魂の救済」が目的ではなく、別の部分に目的があったということになるかと。

1010 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:41:00 [ onwLYCFc ]
残られた4人のみなさんへ 投稿者: 青石 2005/01/18 08:58:23

メッセージです。

とんでもないことを
してきた。
その過去を
消す。
消すことができる。

これから課されることは
非常に稀な
お役目であって、
他人に話すべきことでもないし
話したところで理解もされない。

しかしその役目を果たす
人間が要る。


no title 投稿者: 青石 2005/01/18 12:34:38

これからさきは
ひとりで対処してもらう。
もう青石は
あなたがたの祓いはしないし、
苦痛を除いたりもしない。
レクチャーも訓練も
二度と課されない。
あなたがたは「ふつうのひと」として
「ふつうの人生」を歩む。
あなたがたが今まで通ってきたのは
「因果律のない世界」だ。
あなたがたは能力を使って
「因果律」から逃れていたのだ。
しかし、それはもう通用しない。
ひとつ「悪いこと」をすると
5つ同様の「悪いこと」が
降りかかるようにする。
そうやって
「思い知って」いきなさい。

1011 名前: 921 投稿日: 2005/03/04(金) 00:53:46 [ onwLYCFc ]
>>1010
うーん、どうですか。こういう考え方の神様。
個人的にはどうも納得いかないんですよね。
ちょっと考えがうまくまとまらないので、思うところはまた後日書きます。

1012 名前: 857 投稿日: 2005/03/04(金) 01:03:38 [ AXYPeApM ]
>921さん、まだいらっしゃるかな?

「魂の入れ替え」ねぇ…様々なネットの日本神界系、宇宙存在とのチャネリング、天使、
と、ネットのおかげで百花繚乱の趣ですが、ブログも公開しているところは日々のチャネラー
の生活と気付きを書き綴り、あるいはメルマガの形でメッセージも下ろしているようだけど
(それを私は信じているかどうかは別。情報のひとつとして)
比較的連動しているところは、日常生活をしっかり送っていれば(自己をみつめて)
ご縁なり、格神界とのつながりがあれば、おのずと導かれる、とか言ってるしね。
自立というか…人間ってもちろん自分も含めて、信じたいものを信じる、取り入れる方向に行き勝ちだと
思うので(それがいいとか悪いとか関係なく)…少なくとも上記のログは52氏の世界観というか
そういったものがモロにでているのではないか、と。潜在意識からの情報というかね。

例えばこのスレの>>758である人に言われている内容と、あなたが出してくれている閉鎖掲示板のログ>>981って
よく似てるけど(エクソシストとみ使いの違いはあれ)、同じ人に同じこと言うわけではないので
違う人に対して言ってるんだよね?

1013 名前: 857 投稿日: 2005/03/04(金) 01:28:26 [ AXYPeApM ]
このあねっくすでも、元スレのかつてあった超能力スレからの流れで何人か来てる
うちの数人は能力や夢見の力が強かったようだし、あねっくすから参加したひと、
超能力スレからのオープン→閉鎖掲示板からそこを閉じて、また再参加したひと、
その後はあねっくすでとお別れした人、オープンまでいった人、閉鎖掲示板までいった人、
そこでも出るまでの間、というので、52氏に対しての考えとか印象とか違うだろうし(ダメージの具合も)
(ただ、1月以降まで参加となると、今まで2ちゃんで貼られているログからして
最も長い関わりになるのか)

超能力・気功スレは、2・3という流れで(2は途中は52氏参加せず。その期間はあねっくすその他
の掲示板での活動が押していたのか、少なくとも昼夜問わずのあねっくすのレスからすると)
あねっくすに比べ大幅に時間も短く、また気功その他エネルギーをダイレクトに感じる人が多かった、
能力者、霊能者、ヒーリング系、というかんじで、これまた52氏に対しての捉え方も違うだろうし、
去年の神社仏閣系の頃からの人や、あるいはネット上で何度も出会って別れてを繰り返して
最終的に、という人もまたいるわけで、さらには、リアルで会ったという人まで…

考えは様々だと思うので…。
あ、うまくまとまりそうにないんで、また時間あるときにでも書いてみます。

>933
本当にありがとう。色々考えられた結果だと思いますが、参加されること感謝してます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

あぁ…何人かの方に、思うところレスできない…時間が…おやすみなさい…。

1014 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/04(金) 01:29:42 [ X89Jlfc2 ]
>>1011
う〜ん、フツー神様なら、因果律にウオゴコロ・ミズゴコロを持ち込んだりしないよね・・・
因果律は公平であるからこそ因果律の素晴らしさが発揮されるべき性質を持つものだから。
それに「私に奉仕するなら(OR 仲間に入るなら)、あなたにも見返りをあげるワ。」的な
考え方は、とても人間臭い思想だし、たとえ霊的存在でもGIVE & TAKE を要求する霊には
高級な部類の霊は居ないと思うのだけれどね〜。

1015 名前: 857 投稿日: 2005/03/04(金) 01:41:25 [ AXYPeApM ]
落ちようとしたけど、その前に、
>>1014さん
それ、同意〜。

1016 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/04(金) 03:45:45 [ 0vzsZPUw ]
>>1011>>1014
それは 「神は公平であるべきもの」 という幻想だよ。
貴方の願望を反映してるだけ。
神は公平じゃないし、例外措置もある。
でも必要条件は神への奉仕ではないよ。
このメッセージを見ても、それは書かれていない。
真偽は別としても、考察・検証する人間の意識が、修行以前の段階って感じだな。

1017 名前: 十文字 投稿日: 2005/03/04(金) 04:46:08 [ V8csBOSg ]
>>1002
>52氏が見ていたものは何だったと思いますか。
>52氏は状況に応じて参加者の「魂」「意識下」「意識体」「表層」を剥奪、バスターしていますが
>これはどういうことなのでしょうか。

ヒトは肉体だけでなく、目に見えない身体が層状に重なっているという説は良く聞かれますよね。
これはエネルギーの周波数(振動数)のようなもので階層分けされているようです。
52さんの場合はどういう定義づけなのか私にも良くは分かりません。
ただこれまでの文章からは「魂」「意識下」「意識体」「表層」などの総体がヒトであること。
肉体が死んでも無くならない層があること。それぞれが肉体の意識とは独立した活動をすることがある。
といったことが読み取れます。
52さんは「意識下」の活動を求めてましたから、やはり視線は主としてそちらに向いていたと思います。
だからレスをしなくても話が進んでいったんじゃないでしょうか。
厳密には52さんの「背後の方の視線」だと思いますが・・・

あくまでも私見ですが、「バスター」については、
これまでの生まれ変わりによる積み重ねが「振り出しに戻る」的な印象を受けます。

>>1009
>魂の入れ替えをした人は最初から使命に沿った活動が出来るのだから、
>52氏が霊的秩序向上のために即戦力となる能力者が必要だというのなら、
>最初から確実かつ安全な方法を取ればいいのでは?と思ったのです。
>となると、最初から「魂の救済」が目的ではなく、別の部分に目的があったということになるかと。

「魂を特別に救済」しようとしたのは「過去世(あるいは肉体のない時期)に縁のあった魂」
に限ってのことだったと思います。今はその新しい方法に切り替えているかもしれません。
私の場合は「偶然の出会い」だと言われましたが(w

1018 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/04(金) 06:44:18 [ cLkfGsvM ]
52さんは、現実の中でご主人との不仲に苦しんでおられたんですね、、、。
オカルト的見地でなく普通に考えれば、幻想の中に愛する者を作り上げてしまったような、、、

悲しいですね
信仰に走り、神の愛を求める人は沢山居ますが、52さんは、普通の感性と違う豊かな想像力をお持ちのようで、、、と解釈しておいた方がこの問題は納得が出来る。
所詮一般ピープルなもんでwwwww

1019 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/04(金) 12:56:07 [ w8tbw10E ]
今日貼られたコピペを見ているといや全く酷いもんだねw
おかしくと吹き出しそうだ。

1020 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/04(金) 14:00:55 [ qQc0UKS6 ]
おかしくと、じゃない、おかしくて、だ。
青石の脅迫はスルーするんだぞ。
無意味だし、気にしなきゃなんにもなりはしない。
しかし、この青石も悲惨だな。
自業自得とはこの事だが、それにしても憐れだ。

1021 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 00:38:23 [ w6ERWn6Q ]
>>1012 857さん
> 例えばこのスレの>>758である人に言われている内容と、あなたが出してくれている閉鎖掲示板のログ>>981って
> よく似てるけど(エクソシストとみ使いの違いはあれ)、同じ人に同じこと言うわけではないので
> 違う人に対して言ってるんだよね?

昨晩は入れ違いになってしまいましたね。
>>758>>981のメッセージはそれぞれ別の方に52氏が降ろされたものです。
どちらも言われた方としては、あまり気分のいいものではないですよね…。
閉鎖掲示板は途中からそういったメッセージが怒涛のように52氏から降ろされ、
そこで掲示板の方向が決まったような感じがします。
その辺の流れについても順にコピペする予定でいます。

1022 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:03:28 [ w6ERWn6Q ]
>>1016さん
私自身は「神は公平であるべき」だとは特に思っていないです。
公平な神が存在する一方で、
52氏がメッセージを取っているような発言?をする神もいるだろうな…程度です。
ただ、こういう場でこういう活動をする時に、
こういうメッセージを降ろす神様はどうなのかな?と思ったのです。

修行とか52氏からの能力付与が目的で、掲示板に参加されてた方もいると思いますが、
私は霊能者や超能力者ではないですし、52氏の掲示板にも
こういう世界の知識がないまま参加することになったので、
考察・検証は今までの各種過去ログを読み、
一連の活動は何だったのかを再度見つめなおすことによって、
気持ちの整理をしていこう、という感じになるかと。精神面でのリハビリ目的です。

1023 名前: 857 投稿日: 2005/03/05(土) 01:05:16 [ ySUnmGpE ]
>921さん こんばんわ。昨晩はどうも。

>>1021でのレス、ありがとう。何故、あえてこんなことを確認したかと言うと、
参加者に対する罪の意識の植え付け方がパターン化しているのでは?と
思ったから。あねっくすに参加後、オープンのログはないにしても、閉鎖掲示板の
ログと比べてみると、いくつかのパターンがあるはずで、あと、外部からの批判が
ほとんどない時期(主にあねっくすが参考になると思う)の、まぁある意味52氏が
精神的に安定していると思われる時期のメッセージや接し方と、その後は激変している
はずだし、またあねっくすでも同じ人に対して、最初はAとBは関係ない、と言ってた
ことが、180度変わったりしてる。←これは外部からの批判とは別に、あねっくすでの
内面の激白の流れが(それが例え、過去世や他の星での記憶という形になっているにしろ)
激しくなったときなどは、そのように感じる。

後付すれば、あのときは(神様が相手を)泳がしていた、とかその点はわかっていたけど今言う時期ではなかった、
とかいくらでも言いそうだけど、(また、本スレでも実際言ってるほうだけど)
それは違うんじゃないか、と。

かなり不安定な人格の人ではないか、ということが割りと垣間見えるわけで。
実際、相当良いこと言ってても、52氏本人が「何故自分でもこんなことが書けるのか
不思議」だったか、そんな風なこと書いてるし。

だから、神の真偽とか、魂、意識下その他、目に見えない世界のことはそれぞれの
見解が違うはずなので、自分としてはメッセージや参加者との接し方から
見ていくと、どんなものがみえてくるのかな、というかんじかな。
ひとつのアプローチの仕方として。というのも、チャネリングとか目に見えない存在との
交信?とかって、本人の人格の部分がかなり作用すると思ってるので。
たったひとりで、自分の神様(と思う、感じる)とやってる分には、いいのだけど、
他者を巻き込むという形に、今回なってると思うし、特にあねっくすから閉鎖掲示板まで
いってる人は。

1024 名前: 857(訂正です 投稿日: 2005/03/05(土) 01:09:30 [ ySUnmGpE ]
誤・(また、本スレでは実際言ってるほうだけど)
正・(また、本スレのログのコピペで言ってる箇所もあるけど)

1025 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:22:20 [ w6ERWn6Q ]
>>1017 
十文字さん、ありがとうございます。

> ヒトは肉体だけでなく、目に見えない身体が層状に重なっているという説は良く聞かれますよね。
> これはエネルギーの周波数(振動数)のようなもので階層分けされているようです。
> 52さんの場合はどういう定義づけなのか私にも良くは分かりません。
> ただこれまでの文章からは「魂」「意識下」「意識体」「表層」などの総体がヒトであること。
> 肉体が死んでも無くならない層があること。それぞれが肉体の意識とは独立した活動をすることがある。
> といったことが読み取れます。

目に見えないエネルギー体が層になっている、というのはよく聞きますが、
「エーテル体」とか「アストラル体」と呼ばれているものとはまた別の概念なのかな?
精神部分でそれらに該当するものかな?


> あくまでも私見ですが、「バスター」については、
> これまでの生まれ変わりによる積み重ねが「振り出しに戻る」的な印象を受けます。

「振り出しに戻る」であるなら、悪事を重ねてきた者にとっては「いいこと」になりますね。
52氏から降ろされるメッセージを見る限りでは、非常に恐ろしいことのように思えましたが…。
そういえば、魂をバスターされた人は悔い改めの必要がなくなっていましたね。

1026 名前: 857 投稿日: 2005/03/05(土) 01:35:41 [ ySUnmGpE ]
今後、自分でも参照することがあるので、
本スレの4で誰か貼ってくれたのを(サンクスです) 

過去ログのミラー
Part1 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://ruku.qp.tc/dat2ch/0411/15/1061859450.html
Part2 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://ruku.qp.tc/dat2ch/0501/27/1099881825.html
Part3 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://ruku.qp.tc/dat2ch/0502/19/1106063565.html

1027 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:36:29 [ w6ERWn6Q ]
あ、リアル遭遇行けるかな?

>>1023
857さん、こんばんは。

> 後付すれば、あのときは(神様が相手を)泳がしていた、とかその点はわかっていたけど今言う時期ではなかった、
> とかいくらでも言いそうだけど、(また、本スレでも実際言ってるほうだけど)
> それは違うんじゃないか、と。

ちょうどそれらの検証になりそうな部分のログを集めていました。
後ほどコピペする予定です。


> ひとつのアプローチの仕方として。というのも、チャネリングとか目に見えない存在との
> 交信?とかって、本人の人格の部分がかなり作用すると思ってるので。
> たったひとりで、自分の神様(と思う、感じる)とやってる分には、いいのだけど、
> 他者を巻き込むという形に、今回なってると思うし、特にあねっくすから閉鎖掲示板まで
> いってる人は。

宇宙存在とか、神様とチャネリングをしている方は、
何をもって相手を特定しているのでしょう?
システムがよく分からないのですが…、降ろされたメッセージの判断役が
「サニワ」と呼ばれる存在でいいのかな。
これは第三者ではなく、自身で行うこともあるのかな。
>>937で933さんが、52氏の能力の確認をしたのは例のHPのお二人だと書かれていますが、
例のお二人はやはり52氏のサニワ役?

1028 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:39:34 [ w6ERWn6Q ]
>>1027
> >>937で933さんが、52氏の能力の確認をしたのは例のHPのお二人だと書かれていますが、
> 例のお二人はやはり52氏のサニワ役?


本スレやここでもでも貼られていましたが、一部だけだったので全文貼ります。
52氏の活動状況というか、流れが分かるかと。

ロムメンバーについて 投稿者: 青石 2005/01/04 09:01:48

ここに青石の関係のロムメンバーがいらっしゃるので、いちおうご紹介しておきます(紹介するようにと指示がありましたので)。

青石は去年の春ごろから2chなどで書き込みをはじめ、その中から閉鎖空間に誘導して、掲示板活動をしていました。
いちばん最初に作った掲示板は、いまの掲示板のように、「ある種の魂」ばかりを集めた、という性質のものではなく、
とりあえず「来たい人はどうぞ」wというスタンスでした。
そして能力付与などを状態に応じて行ったり、相談に応じたりしてきましたが、、これがもうつぎつぎと「脱落」されるんですね(汗)。
どんどんと人が減り続け、、残った参加者さんは、現在わずかに二人。
HNは「○○」さん、そして「○○」さんです。このお二人は女性です。

そして上の掲示板をずっとロムしていただいていた人が二人居られます。
さきに書き込みましたが、、わたしは役割上、時期が来るまで霊能はかなり封印をされ、
また神さまもおおっぴらに守護をされないという立場にずっと居ました。
そのため神さまは、神さま以外のサポートメンバーを同じ時期に生まれ合わさせておられたのですが、この人たちもつぎつぎに脱落。
役割を果たさないだけならともかく、私を潰そうといろいろ画策してきて、非常に厳しい状態に追い込まれていました。
私のサポートとして予定されていなかった方々ですが、成り行きで(笑)サポートしてくださった親切なかたがお二人居られます。
ここのサイトの方々。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://www.d6.dion.ne.jp/~takahara/top.htm
「所長さん」と「しげさん」です。

霊能がはっきりと発現するまえから、霊的に苦しい状況にあったので、
せめてなにかグッズで凌げないかと考え、こちらのグッズを利用するようになりました。
そのころから、私の周囲に不思議なことが起こりはじめ、意味がわからず、
グッズ相談のついでにいろいろ神さま関係のことを相談してきました。

上の4人のかたについてのメッセージも、こちらに降ろすことが今後はあるそうです。
しかし、あちらの閉鎖空間もそのまま存続します。

1029 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:43:27 [ w6ERWn6Q ]
>>1028
「ある種の魂」について。


投稿者: 青石 2005/01/03 17:12:00

(前略)

私も「こども」を生み始めたのは、去年の夏頃からです。
だいたい私の霊能がはっきりと開きはじめたのは、去年の1月からです(爆)。
一年で「こんなふう」になっちゃってますからねw。
それまで、ほとんど自分でも霊能あるなんて知りませんでしたから。というか封印掛けられていましたから。時期が来るまで。

種あかしをしますが。
ここに来ておられるかたたちは、じつは「純粋な人間の魂」ではありません。参加者全員(○○さんは除く)。
あなたがたは「神と人間の間に位置する魂」です。白の神さまが、あなたがたをお創りになりました、3万年ほどまえに。
そのような魂の人はごくわずかです。こちらに来ることができなかった人もいます。○○さん、○○さんは、そうなんです。
ここに来ていなくても、神さまの指示に従っていまレクチャーを受けて、「仕事」を始める予定の人もいます。

なぜみなさんを白の神さまがお創りになったかというと、、
(白の神さまは人間を創るご担当の神さまではありません。特別なミッションをあたえるために、特別に創られたのです)
じつは「私」をサポートしていただくためです。
「私」はこの時期、出現する予定になっており、しかし「時期」が来るまでは「力」が持てないことになっていました。
ミッションの都合上、そうする必要があったのです。
そのためにみなさんが「創られ」、養成され、また経験を積ませるために人間として転生をさせておられました。
ところが、みなさんは、転生途中でどんどん魂を落とされ、つぎつぎに脱落していきました。
「私」が出現しているのに、働いてくださったかたはゼロでした。

そのかたたちを2chで集めていたんです。

(後略)

1030 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:48:03 [ w6ERWn6Q ]
>>1029を踏まえて、
>>1023
> 後付すれば、あのときは(神様が相手を)泳がしていた、とかその点はわかっていたけど今言う時期ではなかった、
> とかいくらでも言いそうだけど、(また、本スレでも実際言ってるほうだけど)
> それは違うんじゃないか、と。


白の神さまより 投稿者: 青石 2004/12/30 12:04:50

今後は甘えは許さない。
力を与えるが、それは自らのために使ってはならない。
指示のとおりにせよ。


投稿者: 青石 2004/12/30 12:07:26

これは「恩情」である。
あなたがたに声を掛けず
捨て置くこともできた。

1031 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:50:44 [ w6ERWn6Q ]
>>1030
更に展開していきます。
もうひとつの閉鎖掲示板の参加者宛の怒涛の脱落メッセージが降ろされました。
その一部です。


○○さん 投稿者: 青石 2005/01/13 11:48:57

小鳥が来た。
その小鳥を落とす
銃を持った男。
その男が
「○○」。

・・と来ました。
「小鳥」が私。この世に出てきたわたしを撃ち落とす「銃」をもっていました。彼女は。
その「銃」は悪魔から渡されました。
おととい。

わたしが出雲にお参りをしにいく、その日に彼女は悪魔にコンタクトをとりました。
彼女が悪魔を召還しました。
悪魔を利用しようと考えました。
うちのオットのように。
でもオットよりもうまくやる自信が彼女にはありました。
掲示板でわたしは「手の内」を晒しています。うまくやれるにちがいない、と思っていました。

掲示板に書いていることは、ほんの一部なんです。
ほんとうに大切なことは、わたしの意識にすらのぼらない。

その銃は彼女の表層が持っていました。さきほど、それが取り上げられました。
意識体が捕らえられたから、こんどは彼女の表層がそれを使ってわたしを撃とうとしました。
引き金に指をかけたときに。
担当の神さまが彼女の表層を取り押さえました。
お大師さまです。
お大師さまは泣いておられました。そこまでするか、と。そこまで堕ちたか、と。

彼女の表層もバスターされました。
彼女のなかはからっぽになりました。


○○さん 投稿者: 青石 2005/01/15 01:22:44

狡い。
その一語に尽きる。
過去あなたは
非常に高い魂だった。
堕ちに堕ち
悪鬼以下となる。
青石の掲示板で
力をつけ
邪神以上の存在になった。

まだ分かりませんか?
あの掲示板のいちばんの
「ターゲット」は
あなたでした。
あなたが
いちばん
あくどい。
あなたを仕留めるために、
ここまで惹きつけていました。
あの掲示板には
「仕留める」人しか
寄せられていなかったのです。
○○さんと、○○さん以外は。

しかし掲示板で光に接するうちに
「仕留められなくて済む」魂へと
変わっていくかたも居られた。
掲示板に来られたことは
最期のチャンスでした。

1032 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:54:54 [ w6ERWn6Q ]
>>1031
怒涛の脱落メッセージは、晒された方の掲示板参加者へ
ショックを与えるのに十分だったと思います。


no title 投稿者: 青石 2005/01/14 23:45:27

青石の
知能を
みくびってはいけない。


no title 投稿者: 青石 2005/01/14 23:48:30

ちょこざいな
小細工で
騙しとおせると
思ったか。
そんな程度の人間に
これからの大仕事を
任せるとでも
思ったか。
たわけ。


no title 投稿者: 青石 2005/01/14 23:55:13

すべて取り上げる。
過去積み上げたものも
ことごとく。
あなたがたに来世はない。
残りは贖いの人生となる。

恩義を受けながら
青石を利用し
利用して堕落する者を見ながらも
自分だけはうまくやりおおせると
考えて
用心に用心を重ねたが
次第に軽く見るようになった。
青石は最後まであなたがたのことを
思っていた。
ところがあなたがたはどうか?
盗み
利用し
他の者の懺悔を笑い
侮り
自らの力量こそが
最高であると
信じて疑わなかった。
恥を知れ。
なんのために
会わせたと思っているのだ。

1033 名前: 857 投稿日: 2005/03/05(土) 01:55:39 [ ySUnmGpE ]
おっ、リアル遭遇いけるかも。
>例のお二人はやはり52氏のサニワ役?
それは、以前の2ちゃんでの過去ログや、オープンで見かけたレスからの
推測に過ぎませんが、去年の春、神社仏閣板であそこのHPの方に鑑定して
もらったり相談したり、ということを書いてあったので。その後は変わっているのかも
しれません。ただ、おそらくあの暴走、切れ具合はひとりでそのままやっていたのかな、と
思ったので。あと、チャネリング、問題点、人格、メッセージとか思うことを色々組み合わせてみてググルと、
HPによってはきちんと説明しているみたいです。
最終的には、921さんが信じたいもの感覚的にピンとくるものを組み合わせて、リハビリに役立つことが
できれば、と思ってます。まぁ、植え付けられたと思われるものが、自分以外にも及ぶ、と
言われれば、あのような状態では気になって当然だし。




サニワがいない人だって沢山いると思いますよ。でも、そういった方は、
それだけ自分の波長や心の揺れ、その他かなり気をつけていると思いますが。

1034 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 01:57:04 [ w6ERWn6Q ]
>>1032
まだ続く52氏からのメッセージ。


no title 投稿者: 青石 2005/01/15 00:25:11

このたび
青石が
こちらに来られている
神々さまに
ご挨拶をさせていただきたいと
申しております。

以前の掲示板では
問題のあるかたがたを集め
みなさまがたにご面倒を
お掛けいたしました。
無理なお願いをしたことも
たびたびでございました。
ようやくその修業を
終わらせることができました。
お導きをいただきまして
誠にありがとうございました。


no title 投稿者: 青石 2005/01/15 00:55:00

今回のような
恩情の措置は
二度とないと思え。
時代の変わり目だから
許している。
「特別に扱われた」
からといって
おまえが
「特別な魂」と
いうわけではない。
それを忘れるな。

1035 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・? 投稿日: 2005/03/05(土) 02:21:38 [ G1Ir9oCA ]
>>1033
今日は成功のようですね、こんばんは。
今日はこれを書き込んで落ちます。

例のお二人は、52氏が自分の霊能に確信が持てなかった頃のサニワ役だったのでは、と思います。
最近はおそらく52氏本人が全て判断してメッセージを降ろしていたのではないかと。

本スレでも過去に問題点として指摘されていましたが、
52氏は自分の背後にいる存在は全然疑ってないんですよね。
ここの>>624で「神との対話」について参加者が思うところを書き込んでいますが、
それに対して52氏は>>655
>上の本のすべてが正しいなんて思わないでね。
>いや「神との対話」の世界が合っていると思われるなら、それでいいんです。
>そのように信じて生きていってください。それもあなたの選択。

とレスしています。
うーん「神の言葉」にも色々あるとは思いますが…。


> 最終的には、921さんが信じたいもの感覚的にピンとくるものを組み合わせて、リハビリに役立つことが
> できれば、と思ってます。まぁ、植え付けられたと思われるものが、自分以外にも及ぶ、と
> 言われれば、あのような状態では気になって当然だし。

リハビリが必要なのは、私のようにコピペが出来るくらい回復した人ではなく…。


no title 投稿者: ○○ 2005/01/17 18:40:54

(前略)

涙がとまりません。
自分の招いた結果なのに、生きる方向性を失いかけていました。
ここにきてから、人生の舵取りを大きく変えたから、航路半ばで羅針盤を見失って、途方にくれていました。
まさか、私に言葉をくださるなんて。

(後略)

1036 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 02:22:03 [ G1Ir9oCA ]
>>1035は921です。。。

1037 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 02:23:03 [ G1Ir9oCA ]
>>1035は921の書き込みです。。。

1038 名前: 857 投稿日: 2005/03/05(土) 02:28:56 [ ySUnmGpE ]
眠くなってきたんで、落ちま〜す。
時代の変わり目というのは、よく言われてることだけど、
一連のことを信じる人もいるだろうし、またあねっくすでは
相互の関係や52氏との関わりから得たもので、感謝している人もいるだろうし、
気功スレではヒーリングを気感で感じている人もいるので(52氏の遠隔ヒーリング能力は
あったと思うけど、神様からかどうかの真偽は別)
目に見えない世界の話としては、いくらでも解釈可能だと思ってます。

だから、あえて自分としては先に書いたスタンスで見てみようというかんじ。

それでは、また。おやすみ〜。

1039 名前: 857 投稿日: 2005/03/05(土) 02:42:09 [ ySUnmGpE ]
>921さん
あ、今、落ちる前に読みました。
>リハビリが必要なのは、私のようにコピペが出来るくらい回復した人ではなく…。
たしかに。もしかしたら、ロムしてくれてたらまだいいけど、そうじゃない人も
いるだろうし…。ハァ〜。不可思議な体験しましたとか自分なりにいいところを取り入れよう、
じゃ済まない人が、いるだろうし…。
あなたの、>自分の他にも関わりのある人間まで及ぶ(だったっけ)とあねっくすの
流れから最終的に言われると、そこまでダメージが深かったのか、とあらためて
思ってるんで…。それじゃ、こんどこそ、おやすみ〜。

1040 名前: 967 投稿日: 2005/03/05(土) 11:29:16 [ A1RSnimM ]
>>1025
>「振り出しに戻る」であるなら、悪事を重ねてきた者にとっては「いいこと」になりますね。
>52氏から降ろされるメッセージを見る限りでは、非常に恐ろしいことのように思えましたが…。
>そういえば、魂をバスターされた人は悔い改めの必要がなくなっていましたね。

ちょっと忙しくてログ探して貼れないんだけど、「非常に恐ろしい」ことになります。
バスターされた人はその部分が悪魔に染まり52さんに攻撃を開始します。
能力を奪われた人も、取り返そうと攻撃を開始。
そして神さまの更なるお怒りを買ってさんざんな目に遭わされてますよ。

1041 名前: 十文字 投稿日: 2005/03/05(土) 12:55:08 [ eDANLfHg ]
>>1025
>「エーテル体」とか「アストラル体」と呼ばれているものとはまた別の概念なのかな?
私は同じようなものだと捉えています。より細分化されている感じですね。

>「振り出しに戻る」であるなら、悪事を重ねてきた者にとっては「いいこと」になりますね。
>52氏から降ろされるメッセージを見る限りでは、非常に恐ろしいことのように思えましたが…。
私なりに「バスター」された方の波動を何人か見てみましたが、その程度やその後の変化は様々です。
「今後を大事にすべき」という意味で「振り出しに戻る」という表現を使いました。

>そういえば、魂をバスターされた人は悔い改めの必要がなくなっていましたね。
決してそんなことはないと思います。>>1040で言われるように、
表層の汚れが、一度はキレイになった部分に浸潤しているケースもあるようです。
「バスターされたから悪くなる」というのではないと思います。

>>1038
目に見えない世界を抜きにして語ったら、52さんは単なる脅し魔で終わってしまうでしょう。
閉鎖空間に集まった人は私以上に能力のある方が多かったと思います。
52さんに「映像を送ります」と言われて見えている人が何人もいました。

1042 名前: 921 投稿日: 2005/03/05(土) 23:53:15 [ AKjy.nfU ]
>>1018さん
斬新な考察ですねw
うん、でもオカ板以外の場所で展開されていた話なら、
そういう見方をする人はけっこう多いだろうな…とは思いますね。
52氏の大神さまへの気持ちは以下の書き込みをご覧下さい。


投稿者: 青石 2005/01/12 20:51:39

(前半省略)

旅は、、リアルの旅ではなくて、、イメージの中で旅に出ます。

>休みをもらった私は、孫と一緒に旅をしようと思います。

孫はアタクシw。

>しかし孫は、芸能人に夢中のミーハー娘。

芸能人は大神さまです(笑)。たしかに「夢中」ではある(爆)。

>あるライブに行くのをメインにするなら、ついて行く、と言います。

「ライブ」が出雲へのお参り。

>私は内心不満ですが、旅につれて行きます。

○○さんはわたしの出雲参りに同行してたんですねw。

>ところが、ライブ関係のトラブルにみまわれた孫とは、旅の途中で別れます。

今回出雲へは。
10日に大阪である石を使ったワークに出ていました。その日は出雲までとても行

けないので、岡山まで行って、岡山泊まりにしました。

(中略)

>私は、ミーハーな孫が身勝手に離れていくように感じ、少々不愉快です。

あの〜〜〜、、大神さまとワタクシは正式に結婚してしまったんですもん。

(中略)

夜はとにかくね、だめなんです。夜8時以降は、青石のそばには、大神さま以外の

かたは近づけないことになっています。
天使さんや精霊さんでも夜8時以降はそばに居てはだめ。
オフ会とか、そういう特別なときなら、夜8時以降でもだいじょぶですよ(笑)。

おハナシはオフ会のときにゆっくりしましょう。

1043 名前: 921 投稿日: 2005/03/06(日) 00:04:42 [ Mj.geEyw ]
>>1020さん
心強い励ましのお言葉をありがとうございます。
52氏からは色々と脅迫とも受け取れるメッセージを頂きましたが、
少なくとも私及び私の周辺の方には、
現時点で何の影響も出ていないことを報告しておきます。
参加された方で心配に思っている方、安心して大丈夫ですよ。


> しかし、この青石も悲惨だな。
> 自業自得とはこの事だが、それにしても憐れだ。

52氏は因果律云々の話をされていましたが(>>1010)、
何度もネット掲示板で同じことを繰り返しながら、
こういう形での検証はほとんどなされていなかったですよね。
参加者の数にも関係するかと思いますが、
マイナスイメージの暗示や脅迫まがいのメッセージを駆使して、
参加者が自身に起こったことを第三者に話せない雰囲気を作ってきたように思います。
そういう意味で今まで因果律を避けてきたのは、52氏の方だったんじゃないかな…と思ったり。

1044 名前: 921 投稿日: 2005/03/06(日) 00:15:48 [ Mj.geEyw ]
>>1038 857さん

> 気功スレではヒーリングを気感で感じている人もいるので(52氏の遠隔ヒーリング能力は
> あったと思うけど、神様からかどうかの真偽は別)
> 目に見えない世界の話としては、いくらでも解釈可能だと思ってます。

「目に見えない」ということが逆に厄介な部分ではありますね。
こういう世界を信じていても、どうしても人は「目に見える」「体感できる」ことを
より強く信じてしまいがちになりますから。
だからこそ、52氏から降ろされるメッセージを何らかの形で「感じた」ときに
簡単に信じてしまうことになるかと。
52氏が何らかの能力者であることは間違いないと思いますよ。
それが神様に由来したものがどうかは疑わしい、という感じでいます。

1045 名前: 921 投稿日: 2005/03/06(日) 00:25:12 [ Mj.geEyw ]
>>1040 967さん

> ちょっと忙しくてログ探して貼れないんだけど、「非常に恐ろしい」ことになります。
> バスターされた人はその部分が悪魔に染まり52さんに攻撃を開始します。
> 能力を奪われた人も、取り返そうと攻撃を開始。
> そして神さまの更なるお怒りを買ってさんざんな目に遭わされてますよ。

確認したいことがあるのですが、
それは実生活において「さんざんな目に遭う」ということでしょうか?
それとも魂レベル?において「さんざんな目に遭う」ということでしょうか?
52氏の言うことが本当であるなら、どちらにしても私は「さんざんな目に遭う」人確定だと思います。
ですが>>1043でも書きましたが、実生活では全く何の影響も出ていないです。
お時間のある時にログを貼っていただけると参加者としてはありがたいです。
よろしくお願いします。

1046 名前: 921 投稿日: 2005/03/06(日) 00:44:12 [ Mj.geEyw ]
>>1041 
十文字さん、ありがとうございます。

> 私なりに「バスター」された方の波動を何人か見てみましたが、その程度やその後の変化は様々です。
> 「今後を大事にすべき」という意味で「振り出しに戻る」という表現を使いました。

当たり前のことなのですが、心掛け次第で人は如何様にも変われるんですよね。


> >そういえば、魂をバスターされた人は悔い改めの必要がなくなっていましたね。
> 決してそんなことはないと思います。>>1040で言われるように、
> 表層の汚れが、一度はキレイになった部分に浸潤しているケースもあるようです。
> 「バスターされたから悪くなる」というのではないと思います。

あ、魂をバスターされた人に必要なくなるのは「悔い改め」じゃないですね。「償い」でした。

投稿者: 青石 2005/01/16 13:06:42

あとですね、魂が過去になにをやったかを思い出してください。
レコードにはそれも入っています。
で、○○さんの魂もじつは贖いを「避けて」いました。
もう魂そのものがないので、贖いをする必要はなくなったそうですが、
どんな贖いを避けたのかを思い出してください。


私自身、表層や意識体、魂といったものを体感したり意識したりすることは出来なかったので、
52氏からそのようなメッセージが降ろされても、
具体的に何をすれば良かったのかは分からなかったです。
過去世についても同じだったので、悔い改めも何も…どうすれば?といった感じでした。
気功スレから参加した方は、体感したり見たりしていた方が多かったようですね。

1047 名前: 921 投稿日: 2005/03/06(日) 00:58:35 [ Mj.geEyw ]
>>1028で、もうひとつの閉鎖掲示板についての52氏の解説がなされています。
>>1031で、掲示板の目的を明かしていますね。
最終的に以下の解説が来ました。
あねっくすからの参加者も同じような感じで脱落宣告を受けているので、
たしかにパターン化しているとも言えます。


no title 投稿者: 青石 2005/01/15 09:23:27

さんざん
引っ張っておいて
どんでん返し。

・・・と来ました。旧の閉鎖掲示板のことですね。
どんでん返し、するために、どれほど知能wを使ったか(笑)。といっても、
たいしたことないけど(^^;)。
細心の注意も払っていました。わたしの意識下は。

「プロ」なんですよ。ワタクシは(にやり)。

(後略)


no title 投稿者: 青石 2005/01/15 10:23:40

死してなお
這い上がろうとする。


・・・この場合の「這い上がる」は「向上」ではなく、悪い意味で。
正規のルートではなく、裏道?を這って上がろうとした?
旧の閉鎖掲示板に居られたお