オーディオファイルの特徴


「弱音を吐くのは地に足のついてない証拠」

…。

途中までオーディオの話だと思って聞いてる





まとめ。主にケーブル絡み。



PLAYER
オーディオは国によってメーカーによって音色が違うけどデジタル音源では音色的な違いは生まれにくい。情報量の差になるんだと思う。既に進化が終わって収斂しているものと思う。DACの音はパッシブアッテネーター式プリアンプだと音質の差は出やすい。バッファアンプ搭載プリアンプだと音をかなり支配していて、PanasonicのSL-PS700とTEACのVRDS25xを比べて違いがわからなかった。TAPEデッキ等のアナログ系はぜんぜん機種で音が違う。各メーカーで音色が違う。アナログディスクプレーヤーは今もなお進化しているようだ。また、信号(電流)が小さいのでオーディオケーブルでの違いも出る。
AMPLIFIER
スピーカーほど大きな違いは生まれないが、日本製、ヨーロピアン、アメリカンなどお国柄が出てくる。出力は小さいほうが繊細な音が出る。もったりした音が嫌いな人は小型でシンプルなアンプやガレージメーカーの製品を攻めると意外に満足度が高いかもしれない。また真空管と半導体では真空管の方が微小音が減衰しにくい。半導体の方がレンジはフラットだが微小信号がある段階でスパッと切れるので余韻は出にくい。参考:HiT LTC101055S
SPEAKER
スピーカーは再生音を一番決定づけてる。エッジを交換するだけで音は変わる。基本的な音は振動板で決まると言ってもいいぐらい。スピーカーもアンプも今世紀と前世紀ではまるっきり音が違う。70年代の音も結構良いと思う。古くなった電解コンデンサーとか取り替えると音が蘇る。スピーカーは一番原始的で機械的に単純な物だが、一番経験が必要らしい。メーカーはプロトタイプを何十台も製造する。
HEADPHONE
定価20万クラスでハイエンドの愉悦を楽しめる(またはヘッドホンアンプに18万+本体5万でも)。スピーカーに比べるとコストパフォーマンス的には多少優位であるような気がする。だがオーディオ歴(真面目にやってる歴)の長い人はお金かけてもスピーカーで聴く方を選ぶ傾向が顕著。ヘッドホンには限界がある。同時比較すると非常に薄い音である[AKG K-702]。解像度と量的に不足してるし、Speakerに比べると人体に馴染みにくい音でもある。愉悦的にはともかく、再生音としては、必ずしも鼓膜に当たる音が明瞭でさえあれば良いというわけではない。日記:ストラヴィンスキー『兵士の物語』
LINE CABLE
CDP→プリアンプに使ったRCAケーブルの違いは識別しにくいが、プリアンプ→パワーアンプに使うと違いがよくわかる(特にパッシブプリだと出力インピーダンスが高くて影響が出やすい)。CDP+プリメインアンプならRCAケーブルには拘らなくてもよいかもしれない。また、RCAケーブルはなるべく短いほうが外来ノイズの影響が少なくて良いようだ。導体は日本製がいい。ACROLINK(三菱電線の導体)とか古河電工(今はもうオーディオやってない)がよかった。海外のやつは価格の割に微妙なのがおおい。スタジオ用というのは安上がりだしフラットだが個人的にはいまいち。ケーブルも同じくどれが高品位な音であると感じるは好みや目的次第で、円熟した音を曇った音と感じる事もあれば、クリアルな音を安っぽい音だと感じる事もある。しかし大体は価格相応の音が出てる。
SPEAKER CABLE
ケーブルは導体断面積の細い方が静電容量が少ないというメリットがあるが、スピーカーケーブルは太い方が3WAY以上のスピーカーに向いている傾向がある(シングルワイヤリングの場合)。重点的に出てくる帯域に個性の感じられるモデルも多くあり、ときとして音がもたついて鬱陶しいこともある[Ortofon 6.5N SPK-300等]。そんなときは「片チャンネルだけ」でも純銀ケーブルをあてがうと、色域が広がるからか埋没していた要素が出てくるからか、かなり気分がすっきりする。箱庭から外に視界が開ける感覚(定位は落ちるかもしれない)。音色的にも線材が純銀か銅かの違いは大きい。導電率は銀も銅もほとんど変らないが固有共振音が違う。普段と違った音が聴けるので純銀を使うと人はフィーバーする。尚、ケーブルの音の違いがわからない場合は間接音成分の少ないニアフィールドで聴くか、スピーカーに背を向けて聞くなどしてみるといい(気配に敏感になるから)。聴覚の良し悪しではないと思う。可聴帯域が狭くなってもその範囲で人は音を楽しんでいるので。
AC CABLE
オーディオ展示会・試聴会のケーブルメーカーの催しに参加するとケーブルの違いがよくわかる。CSEの電源を使ってるからなのかな、自分の家で実験してみても全くわからないが。自分はオーディオフェスタのナノテックシステムズのブースにて電源ケーブルの違いを初めて堪能できた。パワーアンプの電源ケーブルをPOWER STRADA PREMIERに交換すると果実のジューシー感が出た。SACDプレーヤーの電源ケーブル交換後も多少変化した気がしたが、アンプのときほどではなかった。ナノテックシステムズのケーブルは本当に良い音でした。PS#306は8800円/m。でも自分の家で取っ替え引っ替えしても全く変りませんのはなぜ。デモで使用されていたパワーアンプはHiT開発研究所のLTC101055SでNON-NFB。SPは聖新陶芸のOptimista。ナイーヴで裸の音のするシステムだったからだろうか。…『良いもの』『純粋なもの』は生かしにくく滅ぼしやすい。ケーブルの微妙な違いが面白く思えたらいっかんの終わりだがそれを感じるためにはエーテル的な成分が死んでなくて心地よいシステムでなくてはならないのだろうか。再生音が至福であればオーディオやっていて意味がある。






便 利 情 報


 学習リモコンがあればリモコンはひとつで済む。Meridianとかカッコイいのがある。リモコンが古くなり効きが悪くなってきたら新しい学習リモコンに覚えさせるのも一つの手。
 音が悪くなってきたらお経を詠む。少なくとも脳の血の巡りは良くなる(音読効果)。経験上、部屋の浄化や先祖供養になってる。最大では国家復興になってる。
 コーヒーに似合うオーディオ。ゴールドメッシュフィルターで酩酊すると音楽も高揚する。でも健康的な澄んだ意識になるにはコーヒーよりは紅茶がいい。コーヒーはたまに飲むからこそヤバい。
 水道で手を洗うだけで身体に溜まってる静電気は落ちるようだ (そういった報告がある)。機材や携帯電話も濡れたタオルで綺麗に拭こう。ORBのSN-03はハイテクで便利だがローテクの極みである「水」を使わない手はない。






セッティングにつひて



セッティングにつひて
ニアフィールドは和室とか洋室とかいう部屋による影響がほとんどない。
ニアフィールドでない場合はセッティングによって音がわりと変わるのでそれを楽しもう。音量上げなければセッティングにこだわる必要はないけど反射面には気おつける必要はあるかもしれない。スピーカーを設置した材質(音叉)や不要共振よりも、音の乱反射・平面反射の方が音に大きな影響をもたらすので、スタンドを使用できない場合ではこのように斜めにするとだいぶマシになる。オーディオのデッキはインシュレーター系ではそんなに変化しない。ただデッキはなるべくなら重ねて置かないほうがよいらしい。干渉するからだろうか。
ロジャース スタジオ9 8 7
部屋はコンクリートで囲われている方が音が逃げない分痩せない。音の素に包まれる。自分は屋根裏部屋なのでニアフィールドで楽しむことにしてる。音量出さないのでセッティングとかどうでもいい。写真はRogers Studio9
 …坂本龍一『RIO』:BOSE363の音をICレコーダーで録音。前半はAcoustimass方式のバスレフ付近を集音。後半は壁沿いにあるL側の低音。L側は実際に聴いてもR側より大きいし整っている。低音というのはよくわからない。管弦楽だとまた違うんだろうけど。





オーディオにつひての独り言

オーディオに金かけるより録音の良いソースを選ぶ方がオーディオ的には至福に思えるけど現実そうはいかない。古典的な名演とか音質的にはどうしようもない。
耳は慣れる。久々に自分のリファレンス・システムで音楽を聴いた時の耳の歓びは、普段は何段階か落ちた音質で聴いているとひとしおになる。苦行をしたあとの静養みたいな高音質(参考:Play Station)。そのように工面をすれば、オーディオの愉楽は人・為・的・に得られる。
一見、低い解像度の地味なオーディオでも、その音調に馴染んで来たあとで、良い音だなぁと思えるオーディオは良い音をしている。高解像度のオーディオやヘッドフォンで聞き慣れたあとに、そういったシステムの音を聴くと、なんというのっぺりした音だと思うけどその音に馴染んでくると、本当の意味で良い音のオーディオは、また至福に至れるのである。解像度がすべてではない。
音楽性か忠実再生か。というけどみんなは何を基準に忠実な音、正確な音と判断しているのだろう。人が往々にして「正確な音」と判断する音はフラットで高域がストレートに聞こえるだけの機械的なサウンドのような気がする。しかし名ホールで聴く音はそれほど細いだろうか。高級オーディオのブースで耳にする音は「実のところ味付けされた」音なのだろうか。では忠実再生とはストイックな再生音のことなのだろうか。…忠実再生とされている再生音は実のところ現場の音とはかけ離れている。嘘だと思うのなら足を運んで見ればよい。レスポンスが俊敏でスピード感のある音のみが「正確な音」であるわけではない。厚みがある音を音楽性のある音だと言って忠実再生ではないと置換するのは誤りである。レンジが平坦で分解能力の高い「モニター的」な音ならば忠実再生と言えるけれど、「機械的な音」となると一つ一つの振動成分の減衰の仕方が急峻だったりカーステレオのような人為的な強調がある。機械的な音というのは「忠実再生」にも「音楽性」にも属さない。独自の音である。
オーディオにつひて考えてしまえばなかなか無無明 亦無無明尽は難しくなる。音楽が本職でもない限り音楽を聴いてはいないと思うね。でもいいじゃない。音を聴くときに、普通の人がその人生でする必要がないほどに感覚を働かせているのだから。
「オーディオにつひて考えてしまう」といふのも物欲的か音執着的かに分かれる。― オーディオファンは文系理系半々ぐらいだと思う。共に音楽からオーディオに目覚め、友に音楽ありきである。が,そのあり方には違いがある。
理系脳で論理的な活動が多くを占める人は音楽の愛好からオーディオに入るものの、オーディオからは抜け出せない。音楽になかなか戻らない。ソクラテスな音執着的思考にハマっている。
文系脳・感性的な活動が多くを占める人の場合は音楽の愛好からオーディオにも目覚めるが、やはりオーディオからはなかなか抜け出せない。シャルマンな物欲的思考にハマっている。でも物欲さえ満たせてやれば原点に戻っている。3日間ぐらいは。
共通するのは機械好きなところかな。

どんなあり方でも純粋でさえあれば芸術には昇華する。どちらでもいいから純粋でさえあれば良い。(神の御教え
オーディオ人口を増やすには、オーディオの魅力を人が味わってないといけない。音楽感性も、ある一定の時間音楽を聴くと仮定して、その音の密度が高い方がその積算分深まる。そういう吝嗇もあれば…。
大手量販店はセレクターや分配器?を介在させ、ケーブルは長距離になるセッティングをするので、高いだけのオーディオという印象で終わってしまう(セッティング以前に騒音の問題があって難しいが)。本屋とか喫茶店とか床屋とかハンコ屋等のフランチャイズは、店舗が静かなら高音質の見たことのないオーディオを置いて展示品として売りながら音楽を再生していればいいのに。また古い喫茶店は古物商の資格を取って往年のオーディオを置いて、殊にオーディオに関しては新しければ良いというものではないということを認知させながら中古品限定1台で売れるか壊れるまで鳴らしていればいいのに。学校の音楽室、図書館、総合体育館、市役所などでも古いオーディオを使いつぶしてもらえばこんな厚い音が存在してるのだと啓蒙になると思う。ハードオフが営業に出ないかな。安いビンテージオーディオでも結構よい音が出る。喫茶店に普通のラジカセオーディオしか置いてないってのも虚しい。VictorのSX700 Spiritあたりを置いておけば雰囲気が出るのに。
オーディオにも魂が宿る。一緒に過ごせば過ごすほど。でも壊れたら捨てなくてはならないし、金が無くて売らなくてはならない事も多々ある。そんなときには神社やお寺の拝殿に行ってあの物品の想い出が供養されますように、余所でも大切にされますようにと祈る事。