B&W 705




CDM1NTに比べるとサイズが一回り大きい。音はNT系は前へ攻めてくる感覚だが700シリーズはその場で謳歌している。CDM1NTのほうが基音がはっきりと訴えてくる感覚で、705は全体感がある。倍音が多いのかな。自分には原理は不明。まとまりがよくなった。高域がスカキンに感じにくい。音像の輪郭が自然で、スピーカーを横から見た場合の奥に向かう音像の形状が滑らか(←透視です)(←想像)。
シグネチャー805との比較:大判でプリントしたデジカメの写真で例えると、シグネチャーは10800万画素ぐらいの緻密さがあり、滑らかで歪みなど微塵にも感じられない。液体のような感触すらある。705は2500万画素ほどで相対的に空気などが大粒になるが、DSC / LWサイズならもう充分ですという解像度。温雅な音のシグネチャーよりも、ややフレッシュなサウンド。感触としては氷のよう。バランスのよい構築感やスムーズな階調は継承しており油絵のようにならない淡色的な表現も、とても爽やか。





B&Wは 【 楽器---------○-業務用機械 】 らしい。
一段と普遍的再現力に磨きがかかっている。女性ヴォーカルには色気が欲しくなる、アンプに色気がないと淡々としている。管弦楽は硬質でスカキンになる、アコースティックギターは木製というより鉄でできている。その反面、そこそこ音楽的な音が出るうえ、解像度や分解能が高いのでオーディオ的快楽がある。至福な域ではないけど、ニュートラルな色彩で飽きがこない。中高音のザクザクしたリフと、ブラストビートのバシバシしたスネアの連続音はELACに軍配が上がるが、俊敏な反応の中にもB&Wのケブラーコーンには含みがある。そこにブリティッシュの伝統から乖離しないような塩梅も感じられる。何からなにまで計算づくめで中庸になる地点に設定されているので、何が本来正しいのか耳を戻したくなったらB&Wを使ってみるといい。









なんかってって。