CREEK 5350SE


CREEK CD50 + 5350SE


 あの日、なんだこの駄曲はと思いながらウォークマンで聴いていたD'Indyの音楽が、CREEKを設置されていたあの空間ではすごかった。プレーヤーはCREEK CD50でスピーカーはSonusFaberのConcerto HOMEだった。力感こそないものの、突き刺す感がなくジャズでも余韻が奇麗だった。SonusのHOMEは以前よりカランとしており一層描き分けるタイプだと思っていたけどこのアンプだとファジーに柔らかく鳴ってる。エコー成分巧みだ。僕の部屋と同じような形状なのに、響きがまるで違う。帰って自分のオーディオ聴いてみるとやはり違う。嫌にストレート。このストレートさは自分の部屋の天井が高いことによるものでもない。国産のハイレゾリューションで原音的な陽性さではCREEKの毛布みたいなトーンは出せない。角を丸め奥まで穏やかにまとめられるLUXMANの輪郭部をさらに削ぎ落としそのエネルギーを細音部にあてがってもまだ足りないぐらい。いやそんなことをすれば却ってえぐみが増すだけだろう。ピュアリティーでこそ実現可能で、音の形・音色を彩るのはその国の文化とかセンスだ。こんなしょぼい筐体のアンプ、日本でならすぐに創れそうなのに創れないのである。
 温故知新などという漸進的な態度ではなく、実際に逆行することがそれ自体進歩に繋がることが往々にしてある。どこか余力のある国産のメーカーが、そんな後進的な味わいのあるコンポネントを開発してみればいいのに。ミニコンとかではなく (というのもオーディオファイルは概してミニコンには疎いから)(一般的なユーザーにその良さは解せないだろうし)。CREEKは高価なので買うには至らないけれど国産の価格設定ならば即買ってしまいそう。


Vご意見・ご感想V
ご意見・ご感想などがありましたら、ぜひ送ってくださいね。






ⓒ2003 tukipien audio reminiscences All Rights Reserved.