Banana Cuprum




芯材が銅削りだしのバナナプラグ100個
金メッキされているので見た目では銅合金製と区別つかない
舶来製だと嘘かもしれない。抵抗値や音で判断するしかない
ランタン部は銅合金製


スピーカーケーブルはダイレクトに端子に繋ぐのが理想だけど空気に触れるから徐々に酸化してきて音質が劣化する。エージング効果だと思ったら導線の酸化が原因だったとはよくあること。銀でコートされたケーブルでも半年で変色に気づく。先端を切って導線を出してつけ直せばまたかつての音に戻るけど毎回めんどくさいし自分のMonitor PCの極細多芯ケーブルはどんどん短くなってきて、もはや限界。半年で5cmずつ短くなる計算。しかもシースを切るときにはよく導線まで切ってしまうし。そのたびに5cmずつ短くなる。(⇒酸洗すればよいらしい)
スピーカーケーブルの理想は現実的には導線の先端部を金とかロジウムでコーティングしてしまうことだと思う(audio-technicaのAT-683は金メッキしたOFCを使ってる)(究極の理想はSPケーブルを回路とネットワークに直接接続する事だけど)。
【銅のメリット】
Nakamichiのバナナプラグ[URL]では真鍮のキンキンとした響きが気になった。センター部が銅(:Cu)製のバナナプラグにしたら元の音調に戻った。使わないほうが空気感が蜜になるが銅製ならほぼ音色的解像的に問題ない。ダイレクトにワイヤリングした時の音と変化がほぼ見抜けない。やはり銅はいい音を醸す。真鍮は真鍮なりの音ではあったけれど、電位差が生じるし導電率の差がある分劣って聞こえた。

【銅のデメリット】
銅のような純金属は弾性率が小さいため変形しやすい事。また、弾性率が小さいため、スピーカーターミナルに差し込んだ時、銅合金製のものと比べて穴の滑りが悪いと感じる事。プラグや端子の精度によっては奥まで入りきらないものもある(接触さえしていれば音は出るけどこのしっくりこない感じが・・・(゚Φ゚)ぐぎぎぎ・・・)。
Column: 【バナナプラグのメリット・デメリット】

K'sラボの純銅製Yラグとの比較
装着性:バナナプラグ >>> Yラグ > 何も使わない
音質:何も使わない >> Yラグ >>>> バナナプラグ
バナナプラグはランタンの部分が音質劣化になってる。


先端だけはんだで固めて、ナノテックシステムズのナノコロイド液等を導体に含浸。結局こうなった。スクワレンオイルが酸化を防ぐし物質的にも安定している(樹脂は溶けるかも)。バナナプラグもYラグも使わないのが一番音が良いけどオイルは気化するしメンテナンスが面倒なのがなぁ。
『後記』 2017.2.03
大峰山様という方からおたよりをいただきました。ぜひご覧ください。[バナナプラグ][酸洗]