銅製RCA端子



銅製RCA端子。大型のタイプの場合、取り付け部の穴経はΦ8mm〜Φ12mm程度必要
絶縁用のプラスチックがハマるだけの穴経が必要
大きいタイプ(M8)とか小さいタイプ(M4)がある



オーディオケーブルでは、純銅製のRCAプラグは一般的に高額になる〔Furutec FT-111やFP-108, ortofon 7N-RCA1, 橋本電線 HRCP -21 など〕。それは銅は細かな加工が大変だからといのに加え、高級なグレードであることを対外的に示すために高品位な造りをしたケースを採用したりロジウムメッキ(金より導電率が低く音が曇るらしいけど腐食に強い)にしたり装丁をきれいにしたりするからである。もちろんそれは音響的にも優れているし理想的な工業芸術品になるが、オーディオは別腹の財布を持ってない限り、手が出せない(それ一本で心中するつもりならまだしも)。
だから純銅製のRCAプラグを使うのは我々は諦めよう…。

...。

といった軍資金事情の場合でも、抜け道がある。それはデッキやスピーカーの端子を銅製のものに変えてしまうことだった。スピーカー端子やRCA端子を純銅製のものに交換するだけで、純銅製のプラグを採用したメーカー製高級オーディオケーブルに変更したのと同様の変化が見込めるはず(デッキが純銅製の端子を採用していないかどうかは交換する前によく調べてね。カタログになにも書かれていなければおそらく銅合金かアルミ製。アルミならまぁよいと思う。あと銅合金でもベリリウム銅とテルル銅は導電性が高いとのことなので交換の必要はない)(あと純銅製と表記してあってもグラインダーで削ると白洋製とかの場合がある。真鍮製のようにキンキンしないだけマシだが安物には注意)。一番音が良くてお金がかからないのは「基盤ダイレクト」だけどね。










銅製スピーカー端子


芯材が銅で出来たスピーカーターミナルとハエ


センター部が純銅製RCA端子&SP端子のメリットとデメリット
メリット:一般的な真鍮製より電気抵抗率が低く、その分電位差が生じない事。真鍮に比べると張り合いのない音だと感じるけど、よく比較すると空気感が増している。強調感が減っている。たとえるならバナナプラグを一個減らしたような効果。センター部の体積・距離を考慮するとそれ以上かもしれない。ヴィンテージの「はんだ」が耳に快く心に浸透するように、音の良し悪しは伝導率のみで決まるものではないけれど、真鍮の鳴きからは解放され、重心が降りて落ち着いた音になるメリットは大きい。
RCA端子の場合、CD/SACDプレーヤー入出力の端子ではほぼ変わらないが、プリアウトとパワー入力の端子では変化が堪能できる(電流が小さいから)。特にパッシブアッテネーター(cf.ATT60)は純銅製RCA端子に変更したら落ち着いた音調になったし多少の音楽性も出てきた。
デメリット:銅のような純金属は弾性率が小さいため変形しやすい事(バナナプラグでは多少気になる問題)。また、弾性率が小さいゆゑなのか嵌め合いの精度がシビアな事(特にRCA端子の銅同士でオスとメスとの相性問題が出やすい。センター部だけ銅製ならまだ大丈夫。重症だとたとえばPCOCCを加工して製造されたaudio-technica ATV-178Pなどのプラグが入らない。軽症でもバナナプラグやRCAプラグをジャックに差し込んだ時に硬かったり緩かったり。音質には影響ないけど、この…この入りきらない感覚が…(゚Φ゚)グギギギギ…)。
 
大きいタイプと小さいタイプのほかに
ネジ・センター部は取り付け部の厚みに応じて
長いもの(スピーカー用)と短いもの(デッキ用)がある