DIATONE DS-1000ZX



PLAYER / AMP / SPEAKER / HEADPHONE / etc.



 DIATONE DS-1000ZX
直に手に取るといかにもCADで設計されましたような存在感。ユニットはY軸に垂直(Perp)に配置される。側面にeを加えたキャビネット。裏面もC30ぐらい面取りされている。ラインの工程で製造しやすいよう合理性優先の形状ではあるが立体感がある。上下の音のつながりは人工的で、周波数特性の凹凸はアイソパラメトリック曲面上で要素調整されているような塩梅。低域は4312Mk2のネットワークレスのウーファーのほうが遥かに音味がよい。中高域もPIONEER S-07のようなピュアさは出ない。
VictorのSX-V1/V7はマホガニーの響きを活かしたスピーカーで評判がよく、DIATONEも2WAYのDS-A5等は木質的な響きを活かして設計されていた。一応DS-1000ZXは裏板に響きをもたせた設計になっているが Normal to Planeに配したのみ。DS-1000ZXは高域にも低域にも節度があってドンシャリな傾向ではないが、堅苦しい音でゴツゴツとしすぎている。DS-2000Zは職人さんの手作りのバッフルでその丸みに温かみがあったけど、DS-800ZX〜DS-2000ZXは物量は投資されているがヒューマニスチックな方面にはあまり費用がかかっていない。たぶんそのせいである。C.O.T.Y受賞のDS-8000Nはフラッグシップでもありパルプコーンを蘇らせた意欲作で温故知新と評されていた。クロスオーバ−周波数固定のネットワークボックスが用意されていた。自分でも遊べる。DIATONEの当時の中堅モデルは、今ではあり得ないほどC/Pは高いけど、手のかかってる度はやはり若干さびしいかもしれない。職人ではなく工場作業員がこなした仕事なのである(良かれ悪しかれ)。

ユークリッド次元+時間⇒ 4D宇宙
音+音楽性、シェーディング⇒ オーディオ
DS-1000ZXは音もCAMで設計されてるので、計算通りの媒質にソリッドをもたらす必要がある。VictorにはVictorの、TechnicsにはTechnicsの音があって、アメリカンもブリティッシュも人の耳に練られてそのお国柄となっているが、DS-1000ZXは耳にかける以上に論理を信用されている。結果的にはDIATONEの音というものが生じているが、創造的な個性ではなく偶然の産物。ボロンとかアラミッドクロスなどの素材の音だと思う。先進的な音がする。DS-1000ZXは上下の音のつながりが良く歴代で一番こなれているとは評されているものの、それは年輪が結実したものであって、聞こえてくる音は完璧に三菱財閥。無機質であるので、パラドクシカルにも人間嫌いにも受け入れやすい仕上がりとなっている。ブリュートーナー製のピアノ(エッジの円い鏡面Auraのような音がする、オルゴールの音みたいと表現する方もいる)はDS-1000ZXが一番よく出てくる。Acoustik-labのBoleroは音楽性はあるけど¨Boleroのブリュートーナー製のピアノ¨になってしまう。DS-1000ZXは個性が空性である分ソースに素直に順応し、素直に引き出してくれるのである。
全体的に陰性の音。渋くてシビアで難しいことを考えだす音。
ミッドレンジはヴァイオリン・チェロがダンディーな陰影を含んでいる。
ホールトーンがある。残響音という概念を聴覚に直接的に思い起こさせる。余韻は長くは伸びない。低域もタイト。中域高域もタイト。トランジェント特性に優れているといえば優れている。
DS-1000Zより明るいゴールドになったウーファー
レジン(樹脂分)を廃し軽量化を成功したアラミッドクロス振動板ウーファー。レスポンス悪くない。タイトに引き締まっているが、至福な音は出ない。経年変化に強く長期使用を見越した仕様。
低音は音階がわかる。音像が水面の波紋のように空中にゆきわたる中にあるゆるやかな音階ではなく、比較的明確に釘打つ音階。アキュレートと言えばアキュレート。高校当時、この3WAYの形状に憧れてた。このB4Cボロンのドームや1000Zよりゴールドであるアラミドクロスコーン。でっかいスピーカーに憧れていて、どんな凄い音がするんだろうと思ってた。オーディオフェスタで聴いた時のように、とても素っ気ない。Accuphaseで鳴らしてはいけない。なぜAccuphaseで鳴らしたがるのか意味がわからない。まぁ好みだけど。
DIATONE DS2000ZXとAURATONE 5C
DS-1000ZXは真四角のスピーカーかと思いきや実物見ると意外と立体感がある。隣にONKYO D-77RXを並べるとD-77RXは角張って見える。DS-1000ZXはDS-800ZXより上位モデルということで円い仕上げになってる。カタログでみると23mmと60mmのピュアボロンドームと27cmウーファーが平面的に並んでるだけの印象だけど、実際の視野角では意外とミッドレンジの網が膨らんでいたりして食指をそそる感がある。
畳は音響的にデッドでオーディオには不向きだと言われるけど畳は複雑な構造をしているし自然の素材をそのまま使っているので音色は自然である。石畳のように澄んだ響きは出ないけど。DIATONEのスピーカーは畳で地味に鳴らすとストレートな純度の高い音がそのまま運搬される。スタジオみたいな音になる。畳があるという事は壁は障子なので、音のエネルギーは外に逃げる。そんなデッドで響きのしない部屋でこんな純国産なスピーカーを使うなると、アンプ側で麹具合を確かめながら好みに合わせていくしかない。
アンプ相性診断
ROTEL RC-1090 + RB-1080 75点 : 花火が弾けるようにシャープな鳴り方だけどDS-1000ZXには相応しくない。そのS/Nの高さの中に、もっとふっくらなる要素を見つけられるはず。一言で言って機械的。
LUXMAN M-7i 65点 : パワーアンプ。ふっくらな鳴り方をして振動板が音の量にゆすられるようだけどセンシティブなところが抜けてる。その量感に機敏さが両立したらいいと思った。ちょっと褪色してるのが、そのまま出てしまう。プリアンプもC-7iで揃えれば「LUXMANの音」で個性豊かに鳴るかもしれない。
SONIC IMPACT T-AMP 55点 : PWMアンプ。TRIPATHのTA2024採用。非常に安っぽい機械的な音ではあるが上下平均的にすっきり鳴らせている。参照 Model 5065 Portable
SOULNOTE sa1.0 75点 : ソウルノートの鳴り方になる。微細音はよく出るけどDIATONEの解像度としてはやや貧弱なところあり。でも生命感は損なわれていないところは良い。
LUXMAN M-70f 70点 : 解像は横幅も含めて良いバランスで鳴っていて鮮度もあるが魅力が足りない。アンプはパワーではない。このスピーカーを鳴らすのにはどれだけ苦労するだろう。DS-1000ZXは出てくる音の種類と量があり普遍的なバランスを保っていて、ケーブルの個性までたしかなトーンで描き分けられる能力はあるけど、LUXMANの通常音量では演奏される音楽がいつも気怠かった。音楽性までトータルで考えると、合わないアンプが多い。
Sansui AU-9500 85点 : (・∀・) とてもいい。Sansuiは基本的にDIATONEと合うけど、AU-9500は国産トランジスタアンプの中では主立って良かった。DIATONEなのに神経質な要素がなく、ヴィンテージな安堵感に浸れる。D.レンジの拡大に伴う耳当たりのきつさがない。高域方面の純度や音の広がりには不足感がありディテールの表現も弱いがこの音はいい。
ADYTON Opera 90点 : トランジスタの中で一番よい。解像には少し物足りなさはあるが不足している帯域はない。ピュアな要素でソリッドを満たされる。ふっくらとした鳴り心地はDS-1000ZXの目標とされる凡庸でない在り方で、ソースそのまま通過する素っ気ないこの振動板に、甘いトーンがさりげに乗ってるのもさらにいい。
東京SOUND VALVE100 95点 : 参照Valve100(6L6GC)。DIATONEは真空管で鳴らすと最高だった。ここに辿り着くのにどれほど回折したことか…!DIATONE DS1000ZAには管球アンプがよかったみたいです!よかったみたいです!とそこらじゅうの家を回ってドアを叩きたい。DIATONEは細くて鳴らしにくくてきつい音という認識の人には真空管を勧めたし。ここまで素性丸出しなスピーカーだから。
M.J.Q 6V6PP TUBE AMP 90点 : 北海道室蘭市のガレージメーカー。東京SOUNDの方が厚みがあって適切な鳴り方だけど、個人的にはこれが一番素朴で落ち着く。いかにも管球くさい田舎の音。群馬県のDIATONEのままの音。DS-1000ZXはヴィンテージなアンプは合う。制作者は愛知県刈谷市のサンバレーの人とも面識があり、目的とするところは同じのようだ。サンバレーより素朴な音になるがオーソドックスな管の音で感触よい。真空管は微粒子(空気感)が減衰しにくい(極小音量でもねずみ色世界になりにくい)。半導体はある段階でスパッと削げ落ちる。機械的な響きになる。DS-1000もリニアにスパッと落ちる。だから生命感の足りてない音になりやすい。
後記:DS-1000ZXは売った。今思うとPIONEERのC-90a+ELSOUND EPWS-5Sで鳴らしてみたかった。あとmusicaのアンプ[int62, att60 + pow62等] もいいだろう。HiT開発研究所のLTC101055Sは理想的と思う。CASの陶器の澄んでるスピーカーが生命感豊かに鳴る。スピーカーケーブルは純銀製ケーブルで試してみたかった。SAECのSPC-700は厚みがあるけどDS-1000ZXでは粗を感じた。あとはサウンドギークというガレージメーカーの絶縁体がシルクや綿のケーブルを使えば高域のキンキンさ加減は美しい音に変化するだろう。畳部屋については、ニアフィールドで使えば関係ない。音が痩せない。ニアフィールドは点音源が理想とか言われているが、個人的には3WAYだろうがなんだろうと関係ない。ウーファーに頭が近ければ低音が深く感じられる。なんの問題もない。そういう音なのだ。



WWW を検索 tukipie.net を検索