ELSOUND EPWS-6



PLAYER / AMP / SPEAKER / HEADPHONE / etc.




ELSOUND EPWS-6
真空管を超えた緻密な音…
”SICショットキーバリアダイオード”採用
ディスクリートアンプの電源電圧は低いほど音が良いは常識。家庭用に数十Wのアンプは要りません。静かに美しい音色を楽しむには小出力アンプが最適です。高級部品使用。価格と音質は比例いたしません。約10年ずっと支持を頂いた“EPWS-5”を全面改良、究極の音質を目指しました。
カラーはブラックとシルバー(つや消し)です。
  • ボリュームは連動誤差の非常に少ないアルプス製オーディオ用(全機種採用、デテント型、相互偏差3db以内 於-60db)、切替SWは接点の影響が最も少ないセイデン製使用(全機種採用、金メッキ接点接触抵抗5mΩ以内)
  • 整流回路にSiCショットキーバリアダイオード採用
  • 出力:6W×2 (歪率0.1%以内)。1W〜8Wまで特注で出力変更可。五千円アップ(ご注文時に備考欄にご記入下さい)
  • ゲイン20db (CDデッキの出力からダイレクト接続可能)(ゲイン変更可)
  • 周波数特性:5Hzー150KHz (-3db以内)
  • 残留ノイズ:0.15mV以内(SICショットキーバリアダイオード8個使用)
  • 入力インピーダンス:10KΩ(VRはオーディオ用ミニデテント型使用)
  • 幅140mm/奥行き250mm/高さ52mm / 重量 1.8Kg
  • アルミケース使用。パネル、バックパネルはアルミ、文字はレーザー彫刻
  • トロイダルトランス搭載アナログオリジナル回路手作り品
  • 最高音質が得られる反転増幅回路採用
  • シールド線使用無し
EPWS-6 59000円…6W+6Wパワーアンプ [ボリューム+入力切替つき]
EPWS-6V 53000円…6W+6Wパワーアンプ [ボリュームつき]
EPWS-6S 47000円…6W+6Wパワーアンプ
EPM-1S 36000円…1Wモノラルパワーアンプ [ボリュームなし]
EPM-10S 49000円…10Wモノラルパワーアンプ トランス等強化 [ボリュームなし]
EPWS-10DX 70000円 …10W+10Wパワーアンプ 2007年頃
EPWS-10DXS 57000円…人工大理石ケース [入力切替、ボリューム無]
EPM-3inv 60000円・・・3Wモノラル 完全バランス入力反転増幅回路 [ボリュームなし、XLR入力]
EPM-30inV_ULTIMATE 108,000円・・・30Wモノラル 整流回路にSiCショットキーバリアダイオード採用による出川式電源回路採用
 
☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺
前型EPWS-5より出力が1Wアップしたけど、6W+6W。個人的にはこの小出力にそそられる。真空管アンプだとよくわかるけど、増幅率が小さなアンプのほうが芳醇な音が出る傾向。6W+6Wなんて心もとないかもしれないが、38cmの大きなユニットとか鳴りにくいスピーカーを駆動するには、パワーアンプに パ ワ ー が 必 要 だ というのは印象の問題なので無視していい。電源トランスの大きさは影響するらしいので「トランスが大きいと増幅率の大きい素子が使える」→「38cmがよく鳴るアンプは大出力」という流れがあったのだと思う。エルサウンドのパワーアンプは出力のわりにしっかりしたトロイダルトランス(Nuvotem 91247-P2P2?)を搭載されている。ちなみにエルサウンドにはウーファー駆動専用アンプ[EPM-10]というモデルがあります。
スピーカーの音はマグネットでほとんど決まっているという考えもある。たしかに出力が大きければ、ピーク時に歪みやノイズや(トランジスタアンプの場合)奇数倍音?が発生しにくいなどのメリットはある。出力が小さいとその点不安があるけれど、EPWS-5からかれこれ7年間も使っているけど耳の疲れた記憶があまりないから まぁピーク崩れとか あまりないと思われる(主観)。それよりエルサウンドの小出力アンプの純粋さを聴くと戻れない。
(ただ、自分はエルサウンドをJBLの38cmパルプコーン(2225H?)のドライブには使ってない。。往年のJBLは肉付きがよい反面、滲みや歪み成分が多くて、音をボカしたくなるため。昔の人はJBLを真空管で鳴らしていたわけだしね。昇圧⇒降圧の電源クリーナーを使えばモニター系のトランジスタ・パワーアンプでも大丈夫。海外200V仕様のThomann S75mk2で2225Hを鳴らすとすっきりとした音。200V仕様で特注かけようかな。昇圧トランスだけで済むから。)
EPWS-5との音質の違いは、おおまかに見るとほぼなし。整流回路にSiCショットキーバリアダイオード採用という点が新型の最大の特徴になると思う。あとSP端子が赤銅製の端子になってた。よくよく使っていると、若干、軟体動物的な触り心地を感じた(SONY SS-HA1やUnisonicにて)。音楽性はUPした心地なので、RCA端子裏側の抵抗は外さないことにした。
あとメールを送ってくれた方によると、出川式電源にすると「エルサウンドらしからぬ艶が出てきました」とのこと。貸出機で試聴されたみたいだけど、たぶん出川式電源が影響しているんじゃないかとのこと。
EPWS-5は、RCA入力端子の裏側にこの抵抗が挟まれていた。これを外すと音がエアー感が増してゆったりになった。まだ外していないEPWS-6Sと、そいつで、JBLの38cmウーファーを鳴らして比較してみると、まだ外していないEPWS-6Sのほうが音の収束が早かった。ドゥンドゥンといわない。しかし個人的にはやはり抵抗外したEPWS-5が好き。JBL38cmウーファーは音圧がかなり高いので、抵抗を外して開放モードになったEPWS-5はデメリットが大きいので使いたくないけど、通常のスピーカーではやっぱりEPWS-6の抵抗も外したくなってしまい疼く。ぐぎぎぎぎ(((゚)゚Ω゚゚))



ELSOUND PREも参考にしてください!