JBL JSC-1500




JBL JSC-1500
JBLのスピーカーケーブル
\1600/m (税別)



ハーマンインターナショナルのホームページ…JSC-1500/JSC550
独自の発想による「3ゲージトリプルコア構造」の採用により、広帯域に渡り、安定したエネルギーの伝達を可能にするハイグレードスピーカーケーブルです。(50m/1ロール)


Independently Isolated Triple Gauge Wire Structure(3ゲージトリプルコア構造)<JSC1500>
線径の異なる3種類の高純度無酸素銅(OFC)線材を同径サイズ同士で拠り合わせ、さらにそれぞれを独立、絶縁した3種類の導体でエネルギー伝送を行う「3ゲージトリプルコア構造」を採用。3種類の導体は表面積や断面積を最適化させる事で、それぞれ高域/中域/低域の伝送に適した導体となり、広帯域に渡り安定したエネルギーの伝送を行う事が可能となります。
  ↑  ↑
蛍光灯では 暖色と寒色と中間色を混合すると色域が広がって部屋の雰囲気が深まるので、このスピーカーCableを衝動買いした。結論としてはまさにJBLの音で、そのもっちりもちもち感はやはりそうして引き出されているものなのかも?と思った。

Copper Foil Shield(銅箔シールド採用)<JSC1500>
銅箔シールドの採用により、音質に悪影響を与える磁界の影響を大幅に低減。音楽情報を微少な信号までしっかりと高純度伝送します。

OFC Conductors for High Definition Sound(高純度無酸素銅 OFC線材採用)<JSC1500/JSC550>
伝導性に優れた、高純度無酸素銅線OFCを採用。

Durable Jacket with Vibration Suppression Slits(振動抑制効果にすぐれたスリット入ジャケット)<JSC1500/JSC550>
ジャケット表面の細かいスリットにより外部からの振動を抑制、さらなる音質向上を可能にします。さらにジャケット素材にカドミ・鉛フリー耐熱PVC(RoHS対応)を採用し、高い絶縁特性と優れた耐熱・耐触・耐候性を備え、環境への配慮も考慮しています。




++ + 比 較 + ++
with KIMBER KABLE 4PR(\1350/m)
CD:Brad Mehldau(ブラッド・メルドー) "Largo"
SP:Meadowlark Audio Kestrel
KIMBER KABLEでは明るく奥行きのある中高音が出る。Meadowlark Audio Kestrelのあっけらかんとした果実感がよく引き出されていて、音の芯は弱いけど、最新の電子音等、脳裏に快感を与えるような軽快な音を出す。
JBLではとろけるナイーブな肉の音が出た。重心が低く落ち着きが得られる。Brad Mehldauの量があり難しい特殊な低音源はKimber Cableではこすっているように感じられたけど、その部分もJSC-1500では安定している。一方、全体的に音が太いので星空系の解放感はない。
CD:Rachmaninov Piano Concerto No1, No.4 小沢征爾指揮 Zimerman Piano Grammophon 4D
クラシックでも
JBLのほうが安定していて楽音がしっかりとしているけど、濃厚な分、空気感はややこもっているか。KIMBER KABLEのほうが繊細に枝分かれしている。空気感はないが草原の広がり感も得られる。荷が軽い。
 τ_,,_τ
(・∀・)

結論JBLは肉食系。KIMBER KABLEは草食系。JSC-1500はほとんどJBL専用といってもいいと言うと言い過ぎだが、音の量感が4PRよりも多くて肉感を出せる感じがした。空間の広がりはKIMBER KABLEのほうはかなり良好。満たされるまで攻めるか、告白しただけで喜ぶか(肉食系男子と草食系男子のペルソナの違い)で、好みやシステムの方向性に見合ったものを撰べばよいものだと思う。ケーブルの魅力は個性であり回路ではなく導体なので甲乙は付けがたい。
 オーディオアクセサリー 一覧表 迷ったら銀線。金かけたくないならカナレ。




tukipien reminiscences