KENWOOD MG-G608




MG-G608の裏面のデザインがかっこよい


形は無難で大きめで液晶の画面も操作音も地味だけど
形が大きい分相互干渉が少なく回路を理想的に配置できるためかソニーよりも開放的な音がする。
解像密度や空気感はソニーのウォークマンAシリーズの方が濃いけど、ケンウッドは素直で正直でストレスフリー。
音の骨格には硬さがなくさりげないながらも音楽味がある。
クラシックが良い。管弦楽がホールに広がる。アヴェマリアが心地よく歌ってる。
MG-G708との音質の違いに関しては検索するとよいBlogがあった。
Class-W方式デジタル・アンプはこのG608にも搭載されているが、
MG-G708はBluetoothが省略され、32bitDACが搭載されたようだ。
デザインも古き良き感覚があってMG-G708もいつか欲しい。



【KENWOOD MGR-A7と比較】
MGR-A7がシルキーで平坦なトーンだったのにたいし、
このMG-G608は凹凸が増したような印象がある。
甲乙はつけられないけどMGR-A7には密度の高さを感じられて
MG-G608ははっきりとした音で明るく、簡素だが楽しさや温かみが感じられる。
ただ付属のイヤホンはカナル型となっておりその音質がしょぼい。KHC-311とも違う。
付属品にこだわって買うことはないから、どうせならMGR-A7と同じOWLTECHのOEMでよかった。
KENWOODのロゴも鋳型で描かれていてかっこよいし開放型を見直すきっかけにも繋がる。



私のコンパクトデジカメではこの麗しゅうピンク色を綺麗には再現できないのでございますのよ。
操作性は☆☆☆
再生中の液晶画面は一行目はスクロールするけど二行目のアーティスト名がわからない。
十字キーの操作法はMGR-A7と同じ。



付属のソフトウェアはBeatJam。曲名の取得にはgracenoteが起動する。
MG-G608ではWAVでもWMA 256kbpsでも音質はたいして変わらなかった。
第三者の機関による測定では356kbpsになるとWAVと区別がつかないものらしい。
SONYはCDを世に送り出す時に1411kbpsと設定したけど同様の測定結果があったからだろう。
今はハイレゾが売り文句になっている。NHKによるとハイレゾなら脳波は変わるようだ。
ただポータブルだとアンプが一台+フルレンジなので無用の長物。









◆+□+◆+■+◇+■+◆+■+◇+■+◆+■+◆+□
この機種を使用した感想を
もっと深く知りたい方がいましたら
メールから質問をしてください
一覧のそのほかの機種でもOKです
要望があってはじめて書き始めます
◆+□+◆+■+◇+■+◆+■+◇+■+◆+■+◆+□



tukipien reminiscences