KENWOOD MGR-A7 ケウンッド





   ,、__,、
  (・∀・)
 ⌒,,,,,ノ⌒ 以下は「ICレコーダー」の記事です。
冗長な文章になってるので、
興味のない人が読むと時間の無駄になります。


KENWOOD MEDIA keg MGR-A7
KENWOOD MGR-A7の化粧箱
MGR-A7の神機っぷりにつひて。まず手に取るとわかる良さがある。肌理が細かい。ブラックとレッドのモデルがある。ブラックはソリッド感がありレッドは地味ではあるがメタリックな発色をしている。その板は金属製で、側面に向けて微妙なアールを描かれてる。写真でもたしかにそうなってるけど実物を見るともっといい感じ。今時貴重なMADE IN JAPAN(ACアダプターはMADE IN CHINA )。化粧箱も美しく日本製品って感じ。だがMGR-A7は本体のデザインで損してると思う。少し無骨なデザイン。カナル型全盛の時代に逆行したような開放型イヤホンといい…。でも使ってみないとわからない良さがある。MGR-A7は音楽再生機でした。取扱説明書もページの下に五線譜がデザインされてるし。私は感動した。音質がよすぎる。よすぎるって言っても過剰な音ではなくアナログアンプのような音である。デジタルアンプだから無味ではあるが、SONYのTA-DR1aのように白い水蒸気のようなスモーキー感がある。付属の開放型イヤホンもKENWOODのロゴが彫られてて、本機に最適化されているというそのイヤホンの音質がまた素晴らしい。ダイナミック型のイヤホンで振動板の面積が大きいから解像度に不足はなく、カナル型じゃないのでハメ具合によって音圧が変わるけど(実用面ではカナル型の方が格段に上)、シルキーなタッチでまろやか味もある。このイヤホンはたぶんオウルテックのOWL-IEH15Y。Φ15mmのドライバを採用していて昔のSONYとPanasonicのCDポータブルに付属していた開放型イヤホンよりも解像度が高い。MGR-E8ではカナル型に変更されている。MG-G608も同じカナル型。見た目・音質ともにスケールダウンした。
MGR-A7を初めて使ったときは音楽の気持よさにしびれた。でもMGR-A7はその割に有名じゃない気がした。HD10GB7、HD20GA7、HD30GB9、HD60GB9は音質が良い事で有名で未だにヤフオクで2〜4万してる(発売から5年)。EVAモデルまでも発売されている。MGR-A7を使うまでは「巷で音が良いと言われててもたかが知れてるだろう」と思ってた。MGR-A7はこんな中途半端な形状の機械がWalkman等より価格が高くて不思議に思ってた。どう見ても音は普通そうだし
「アンプ部には、音声信号の伝送ロスや外来のノイズの影響を抑え、高精度な信号変換と増幅を可能とするデジタルアンプを搭載しました。A/D、D/Aコンバーターには歪特性に優れたWolfson社製「WM8985」を採用し、Lch/Rchに左右独立で配置。互いの干渉を抑制し、再生/録音ともに原音に忠実な信号変換を可能としています。また、デジタルアンプ部の電源にはケンウッド独自のクリアデジタル電源を採用することで、電源供給能力の向上と安定を図り、低歪率化を実現しています。」今まで何度目にした事だろうという普通のことしか書いてない。各パーツの配置にもこだわりがあり、KENWOODのホームページにはアンプ周辺の何の変哲もない画像が載ってたけど、どこのミニコンメーカーでもやってることだと思ってた。しかしQUADも往年の管球アンプでは縦横の配線距離が最短になるような設計をされていた。[QUAD]のロゴを前面パネルから取り付けたビスが裏側ではパーツを固定していたり。そんな執念が実ってか回路自体は今となっては古いけどQUAD 33などプリアンプとして極めて優秀だと讃えられてきた。名機は歴史が証明するようなところがある。
KENWOOD MGR-A7。長時間のリスニングではSONYより若干耳に痛さを感じるか気のせいか
使いやすくボタンが並んでいるだけの平凡なデザイン。でもこのボタンの感触…ひとつひとつが官能的に出来ています。こちりこちりと押し続けたくなります(でもこちりこちり押し続けていたらボディーが一カ所ミシミシきしむようになってしまいました…)。
十字キーの上に巻き戻しボタン9、下に早送りボタン:。左右のボタンは「戻る」と「進む」。操作系は若干間違えてる(MGR-E8ではソニーと同じ感じになってる)。レスポンスはサクサクでストレスはない。早送り再生も6〜8倍速ほどでわりと速いです。起動も2秒の長押しから5秒(SDカードを入れると10秒以上。トラック数が増えるほどデータベース作成に時間がかかる。ファームウェアを更新すると少し早くなるらしい。SDXCカードは認識しなかったがSDHCカードはTDKの32GBは認識した)。
MGRA7のSDカード挿入部。奥行きを感じる。なんとなく素材も高級
再生/一時停止の機能はない。Walkmanみたく一時停止中の高速早送り巻き戻し再生機能はない。9:トラックの頭に移動してしまう。
Windows Media Playerで取り込むと[アルバム情報なし]になるトラックが多い。1トラックしか入ってないアルバムなど多数でてくる。Gracenoteが一番データ多い。相当マニアックなCDでも曲名が出てくる。アルバム再生終了後は次のアルバムに自動的に移動しない。圧縮音源はMP3の320Kbpsまでしか対応してない。LOSSLESS等と比べて音質が落ちる。KENWOODのプレーヤーもX-アプリから転送できるようになったらいいのになぁ(MGR-E8はBeatJamで転送可能)。
ICレコーダーとしてはセンターマイクが付いてるのが珍しい。旅行にうってつけかもしれない。音質は落ちるがガイドさんの声が撮れる。ビデオを回さなくても、音だけでも結構思い起こされるものはある。ラジオのように「ながら聴き」が出来る。IDOの携帯電話みたいな二階調の表示画面は省エネ。付属のACアダプター《AC-050150A》は100V-240V入力で海外でも使える。
録音ファイル
アーティスト 曲目 レーベル 録音 MGR-A7 TASCAM コメント
Debussy 『パスピエ』 dhm ステレオマイク オフマイク(やや離れて)録音。センチメントル TASCAM DR-1 QUAD 34 606 + Stella Opus
ブリュートナー製のピアノ
KENWOODの方がゲインが大きい
TASCAMはMiddleのままだった
Debussy 『パスピエ』 dhm センターマイク使用 センターマイク。  
Debussy 『月の光』 dhm ステレオマイク 録音レベルが揃ってない… TASCAM DR-1
Debussy 『葉ずえを渡る鐘の音』 dhm ステレオマイク ケンウッドはあっさり基調かな。 基本的にはさほど違いはない。 再生されない方は対象ファイルを保存
Debussy 『金色の魚』 dhm ステレオマイク ブリュートナー製のピアノ ドイツハルモニアムンディのCD。
Janacek 『ブロウチェク氏の旅』 Grammofone ステレオマイク 録音レベルが小さいゆえステラオーパスの円い馥郁まで捕音できてない  
Schnittke 交響曲第一番 BIS ステレオマイク 録音レベルが小さいゆえステラオーパスの円い馥郁まで捕音できてない  
坂本龍一 『子猫物語』Main MIDI INC ステレオマイク ゲインは小さかったけどKENWOODの特性がよく出てる。MGR-A7はマイク部にD.アンプを搭載でその特質なのかさらっとした音 オフマイク(やや離れて)録音。センチメントル タスカムDR-1  Youtube
野見祐二 『子猫物語』朝もやの森 MIDI INC ステレオマイク アンプの音量は結構あげてあったけどなぁ…。本体も55/60のゲインレベルで 今回はMGR-A7のゲインが小さすぎた
Brad Mehldau 『FreeWilly』 Warner ステレオマイク ステラオーパスは円い音がする   Youtube
Norah Jones 『Come away with me』 EMI ステレオマイク ステラオーパスは甘い声になる   再生されない方は対象ファイルを保存
録音音質:マイク位置と録音レベルさえ合わせればほぼ同じような音になるが、使っていると個性の違いが見えてくる。MGR-A7の方はスムーズな音で諧調がきめ細やか。マイクアンプに旭化成エレクトロニクス(株)のAK2923を搭載している。このデジタル・マイクアンプのえぐみは耳に残留するけどリニアに増幅する能力はある。ライン録音ではTASCAM DR-1の音が全然良い。デジタル臭の感じられない滑らかな音。ただDR-1は音量が確保できてない時があるけどMDR-A7は旭化成のマイクアンプのおかげで音量を確保できる。