Nanotec-Systems MS#207
緑ワインの芳醇な味…




人は生命を求めて野菜や肉を食べたり神社仏閣でパワーを浴びたりする。その性質が清く愛らしいほどよいと感じる。子供の肌を美しいと感じるのはなぜだろう。肌理が細かく(解像度が高く)滑らかで(階調が滑らかで)血色がよいこと(毛細血管が張り巡らされている;微小信号に充ちている)、それ以外には血を造る臓器が健康であるゆえに血自体の色が良いことと、肉体を護り傷んだら修復を促す神経系の質と量に優れていることも理由にある。言い出したらきりがないが。では生の音はというと、ホールはホールトーン(エーテルと譬喩されるほどの微小音)に満ちている。城や教会なら石畳のホールトーンに、コンサートホールは木質系のホールトーンに。鳴らされる楽器の楽音は、まだ生命力の高い子供の鳴き声ほどは美しくないが、生きた音を出している(波形自体の問題だろうか)。電子音はともかく、生の楽器の生きた音は毛細血管の褪色した音ではない。生きた喜びを感じる音はエーテル成分が生きている。それを生かすために苦労している。
〔ケーブル総括〕モガミとかベルデンとかカナレなどのスタジオ系のオーディオケーブルは、主にノイズに強く、分析的で、無機質な音色に感じられる(また、高音は聞き取りやすいのかもしれないが、楽音が普遍的に出て来ているとも思わない)。スタジオ系のケーブルはリファレンスに使うには若干物足りない。至福さが足りてない。音楽は楽しむもの。至福な音の出ていないオーディオは果たして音が良いと言えるのか。
オーディオが演奏等のチェック用ではなくリスナーとして音楽や音を楽しむものである場合、帯域的なフラットさやリニアリティの良さは関係ない。ラティチュードの広さが重要である。リスナー側の人間に真空管アンプが好まれる理由は、エーテル性(微小音・空気感・エアー)の情報が生きているからである(銀塩とデジカメの違いにも通底してる)。トランジスターアンプの音色が機械的だと感じられる理由は、真空管とは反対にリニアであることは良いが、エーテル性の情報が脱落しやすいからである。真空管のデメリットとしては逆に微小信号を引きずりやすく空気感がエコーになりやすい点だが、技術者曰くトランジスターはあるレベル以下の音素は脱落しているようだ。その証拠にか、ボリュームノブを極小音量に絞ると音の風景はねずみいろになる。
ケーブルでも似た事象があり、たとえばMonitorPC(現inakustik)のスピーカーケーブル[Cobra, Silverシリーズ]はリニアリティは低く張り合いのない音だけど(毛細多芯構造ゆえに静電容量が増すから?)、ホールトーンが穏やかに満ちている。トランジスターアンプに多いと言われる偶数倍音が崩されてか刺激的な音を出さない。眠る事が出来る。価格コムのスレッド[URL]でも生産終了が惜しまれる本当に良いケーブルでした…特にPC-10S。アクロリンクが採用している三菱電線工業株式会社の6Nや7Nの導線は銀線よりも高価なぐらいだが、正統派の実力を持っており、その音はエーテル性が生きていて温かみがある。RCAケーブルはパッシブプリからパワーアンプに繋ぐと違いが素直に出る。導体のみで音が決まるわけではないが、さすがは三大財閥のポテンシャリティだと思う。HUBER+SUHNERのブルースーナーは独特な音をしている。HUBER+SUHNERのケーブルは色気があると言われる。しかしその「色気」というものの見方には疑問がある。ハモっていれば色気になるのだろうか。ソースは元々はハモっているのかもしれないのに。ブルースーナーは単線で一極に集約する感じの音質で、集約する帯域ではエアーが出てきてハモっているようにも感じられる(銀メッキの音色効果かもしれない)。
また、ELSOUNDのパワーアンプEPWS-5はRCA端子部でホットとコールドが10kΩの抵抗で結ばれているが(インピーダンスを安定させるためのもの;ノイズ対策素子)、それを外すと曖昧さの中に機微が感じられる音になった。fレンジは狭くなったけど空気感が出てくるようになり、そのように感じられるのだろう。古河電工(Furukawa)(オーディオ部門が独立してFurutec / ADLになった? 今は関係がないらしいがα-OCCはPCOCCと名前が似ている。大野Ohno教授の特許なのだろうか気になる)のμ導体のRCAケーブルは、解像度が高くラティチュードが広く、湿度の感じられる感触のよいトーンであった(μ-P1)。桃やメロンの甘みとか畑のオリーブの葉で淹れた茶のかほり、最も果実の充実した音。フルールがまだ剥げてないのだと思う。日立のMelltoneはシースはピンク色だけど透徹とした音。無機質ではない。フラットでリニアで蒸留水的な音なのにメロウな音を出す。それを鑑みてそんなネーミング&シースの色にしたのだろう。スタジオ系と云われるケーブルはフラットでリニアである。しかしラティチュードが高い分分析的で、無機質な音色に感じられる。抵抗値は極力抑えられツイストペアでノイズにも強く出来ているが、導体に差があるのか、ツイストペアの構造やキャプター(シールドやシース)のデメリットが大きいのか、何が原因かはわからないがスカキンな音になる。しっとりした印象をもった試しがない(ELSOUNDの例で言ったら10kΩの抵抗を外す前の音)。キンバーケーブルのように金属系シールドのデメリットを嫌うメーカーのケーブルは、一見頼りないが、家庭で使えばそのメリットのとおり自由闊達で開放的な音で鳴る。なのに無機質ではない。47研究所も「オーディオケーブルに金属系のシールドを使ってもほとんど効果がないし、アンテナの効果が生じるデメリットが大きい」と考えている。その極端な例がModel4708。パッシブプリのプリアウトに使うケーブルはシールドが貧弱だと感知できない外来ノイズによって音が褪色すると考えられるが、短くすれば良いらしい〔musica参照〕。
ケーブルは摩訶不思議だ。ケーブルの世界には何が正しいという絶対性はない。西欧のケーブルに極細多芯タイプが多いのは日本やアメリカよりクラシックがよく聴かれるからだろう。






拡大

Music Strada #207 (MS#207) のシールドは、アルミ泊ではなく銅泊。銅シールドもアルミニウムシールドもノイズ遮蔽効果は全く差がないが(電線総合技術センター調べ)、音色が違うのだと思う。ドレイン線は片方にだけつないでくださいと説明書にある。入力と出力の両方に接続すると(銅泊に通電させると)、中心導体に影響を及ぼす。

MS#207のマラカイトグリーンは若々しい新緑の音を言い表してるのかな。個人的にはもう少しモスグリーン寄りでもよかった。プルシャンブルーとかサップグリーンとかインディゴ色でもよかった。と思ったのでヘラゲインのスリーブを使ったら結構かっこよかった。
MS#207の音質は基本的にはヒューミッドな傾向。モニター基調ではなくオーディオライクな音調。金や銀のナノコロイド液を導体表面に含浸させて浮遊電子が悪さをする事や表皮効果の改善や導体表面の酸化防止など、機械的・音質的に合理的なつくりをしたケーブルで、その先進的な構造と電流の特性ゆえか、エージングをしてない状態では時にハイアガリでキンキンした感じも受ける。プラグ内に綿を多めに詰め込むと、もともとの情報量やリニアリティが高いので、ほどよくこなされる(綿は音をこなす効果がある。特に導体に接触すると変化度が大きい。綿それ自体が非常に軽くて振動発生源にはならないし、振動を吸収またはこなすからだと思う)。
MS#207は万能型で優等生型のケーブルで日本らしさのある音調。フィーバーはあまりしない。ステレオサウンドの付録品ケーブル[URL]を聴いたあとだと音色の豊かさにおいては物足りなかった。MS#207は「伴う音」が多い。無機質な美質はPCOCC-H導体のスタジオケーブル[URL]ほどではなく、空間の広がりやストレート感はACROSS750ほどではないけれど、ホールの音楽は優しい感触を備えている。ポップス系では定位よく楽しい音を出す。HITACHIのLC-OFC導体を採用したオヤイデのケーブル[Quantum]ともまた違ったまゐるど感を出す。分厚さでいったらQuantumが勝るが、MS#207は清楚な魅力もあるので甲乙はつけられない。同じ優しい系のフルテックの単線FA-13Sと比較すると、MS207は優しい中に音像の豊さがある。ドラクエの音楽はナノコロイド液に浸された世界を活き活きと踊って出てくる。ユキビタスな音で、何を再生しても岩清水のように流暢に流れる。フルテック FA-13Sは音楽を選ぶ傾向あり。帯域にも起伏がある。ハマればその優しさの本当の深さを知れる。上位モデルのGOLDEN STRADA #201 nano3と比べると、MS#207のほうが高域が艶やかで定位が良い。GS#201は微細な音が豊富でふっくらしていて空間感がある。ナノテックシステムズは音量適性の幅が広いかもしれない。フルテック FA-13SよりナノテックシステムズMS#207のほうが小音量時の音がわかりやすい気がした。小音量時はどれでも埋没してくすんでいるものだけど、MS#207はその中から果実めいた明るいエッセンスが聞き取れた。通常音量ではフルテック FA-13Sのほうが高級な湿度感がある。


オーディオアクセサリーのレビュー 一覧表へ
  ケーブル一覧表


3.5mmの場合 4708 MS#207 GS#201 Neglex2549
解像度
音の種類
甘美さ
S/N感
解放感
高域
中域
低域

MS207のシースは剥きやすく、導体がφ0.32mm×7本と太めなのがいい。作業性がいい。導体が形状記憶するからハンダ付けの時に接合面に置きやすい。とても作りやすくて10本ぐらい作りたくなった。ドレイン線はGroundで使う。ドレイン線は細くて断線が気になるけど折り畳み時の緩衝役になる綿糸もあるし柔軟性はある。S字を描いてから溶接すると無難。MS207は柔軟性があり、30cmほどあれば180°曲がる。ポータブル等でも使いやすい。3.5mmラインケーブルに理想的だと思う。音質は四十七研究所の0.4mm単線ケーブル4708に比べると、独特の解放感や明瞭度は落ちるものの音の種類は多く満遍なく出て来る。中域以下の開放感を味わえるのがよい。ピアノは47研のように乾いたコクのある感じではなく、基音の帯域にしっとりとした蒸気感が伴う。普遍的なバランス。






ナノテックシステムズのカタログにはゴールデンストラダ#201 nano3の耐熱温度は書いてないけどミュージックストラダ#207の耐熱温度は90℃と書いてある。車載できる。MOGAMIのNEGLEX2534は70℃。車載するギリギリのライン。シースの触感はさすがにゴールデンストラダはさらさらで最高だが、きっと熔けやすい。#207の触感は平均的な品位。
この緑色のケーブルも、カーオーディオで使うと結構かっこよかった。色とかファッションは摩訶不思議。たとえばスーツでadidasのスニーカーはあり得ない組み合わせなのに、ブレザーの制服にadidasのスニーカー・バッグは、なぜかしらないが似合うのだ。その原理は我々の知能を超えている。一生かけてもわからないだろう。だから我々はそんな男子高校生に出会ったら、讃えるしかなくなるのだ。