NORDOST FLATLINE





フラットライン、その各々の8本の導体は単線と言える。四角形の平たい板の銅である。
4本ずつを左右に裂き、++++ ---- を創造するであろう。
さらに、透明の絶縁シースを一本一本、裂く。
この構造は言い方によってはリッツ線構造である。
その銅は板である。銅体を何度も折り曲げてしまいやがると銅が折れて裂けるため、
神経を研ぎ澄まして裂くと良い(神経をまっすぐに集中し)。
このノードストの「フラットライン」というモデルは、あり得ないほどノードストの廉価モデルで市場を裂かれているが、ノードストの一端を垣間見る事が許される。(ノードストによりそれは許された)
一聴して、きらきらしたまたたきがある。それはこの銅における包丁のような指を裂かれる具合と共通す。それは、アルビノーニの宮廷音楽の響きが瞬いて聞こえる。それは、4本のメタルバンドであり、ドラクエの様にゆったりした響きのDISKは締めれない。その導体は、ステレオ視を通す。我々人の会話は空気を裂いている。



オーディオアクセサリーのレビュー 一覧表へ


古河電気がかつて製造していたオーディオケーブル 今も使ってるのだ