Pioneer PD-HL3



PD-HL3 これが8千円て・・・

前から試してみたかったレガートリンク・コンバージョン。PD-HL3の音質は明るめで軽妙豊かな階調性で、DENONとも似た橙色のメラメ〜ラが乗っている。CDPの違いは、SONYのCDP-XA5ESなど、出力アンプの音質が大きく違うものはよくわかるけど、ほとんどわからないものである。そういう場合、部屋の外に洩れいずる音を聴くと比較的よくわかる。音が薄まって特質が際立って聞こえる。レガートリンクが搭載されているものは、特にそうかもしれない。
このレガートリンクはDSP的なもの。可聴帯域外まで満たされている自然界の音の再現を目指すものだけど、弦楽よりもポップスの再生のほうが面白い気がする。元々が自然界に存在しない電子音に倍音成分が加わり、電子音のトーンが生まれ変わる。元々が人工の音なので、それをレガートリンクに生成されても現実も非現実もないだろう。ヘッドホンでCDPの音を聞き比べると、TEACのほうが静かな気分だった。弱音部はとくにそう思う。PD-HL3は結構ノリがよい。

レガートリンク・コンバージョンは'92年のPD-T09で登場し、'95年のPD-T07SでレガートリンクコンバージョンSになり、'96年のPD-T07HS LimitedでHi-Bit化してこれが最高の型になる。定価10万以内でレガートリンクコンバージョンSを搭載しているのはPD-HS7(\95,000)とPD-T04S(\65,000)で、あとはレガートリンク・コンバージョン。PD-HL3もSではないけど、1997年発売のこのモデルはHi-Bit化している。翌年の弟機PD-HL1(\39,000)はDAC24を搭載し、更にテクノロジー的に音を向上させている。PD-T04Sの現行型になるPD-HL5(\65,000)はZ-コンセプトによりDAC24搭載だけど、Sではない。一覧:synopsis

PD-HL3(\49,000)。コストパフォーマンスの間隙を極めるのもまたたのしい。ここで調べると落札相場はだいたい7〜9千円で、PD-HL5ともなるとPD-HS7と並んで人気があり、その価格差は倍ぐらいに広がっている。PD-HL3は人の目に止まらないのかな。雑誌でも一年だけ16位ぐらいにランクインして次の年はPD-HL1なので、かなり見落とされたモデルだと思われる。
高域が50kHzまで伸ばされるSは魅力だけど実はこのPD-HL3も一応40kHz程度までは補完されているみたいだ。意外に盲点。自分が知らなかったことはすべて盲点だね!。間違いない。しかもCDターンテーブル方式。一度円盤を上向きにして入れてみたかった…。そのトレーの動作がまたよくて、ゆっくり出て、二次関数的に加速し、静かに止まる。引きの動作でも同じく、海外のモデルによくありがちな素っ気ない動作はしない。有機的。しかも読み取りが高速だ。そのプシューンという音にまで信頼性を感じるし。極めつけはこの価格帯でゴールドパネル。あ、今はめずらしくもなんともないか。ゴールドの様な中間色は塗装ムラが目立つので高級なのである。
デザインはそのゴールデンな高級感が前面だけなのが
貧ぼっちゃま衣装なのだけど、CDPとしてはこれで満足してもいい出来映え。創造&組み立てした方々には感謝しないといけない。こんな値段で楽しめる。操作性も…早送りの動作がほどよくて、ビクターのXL-V1は二段階でスピードが切り替わる(遅⇒速)のだけど、これは初めから速いスピード。うっとうしくない。TEAC / TASCAMは更に高速でうっとうしくないけど、メーターの進み具合などはやや機械的な印象を与える。
あと新しい曲に入る時、ふつうはブランク部のDISPLAYは-0:03と、マイナス表示になるのだけど、このパイオニアはその数秒の間、00:00で静止している。それがかっこよかった。なにげに感性が高いぞ。00:00から4秒ぐらい進まないんだぜ。曲が始まってから動き出すんだぜ。