Pathos


音符は原子核、音楽はホール全体へ。色不異空。雨上がりの空隙の中にも生きられる世界がある。浅薄な科学觀とか迷信が溢れているせいで崇高なものがおろそかにされてるのがむかつく。


 神は存在する・・・ 残念ながら神は存在する。妄想と現実の区別がついてないという批判で冒涜されてもそれは実在する。いやそうではない そんなことが言いたいのではない。…人間は様々な考え方をすることができる。いろいろな方面からいろいろな解釈を産み出すことはできる。しかし真実は真実であり創作は創作である。哲学は人類の偉大な叡智で、心理学は統計的事実で、宗教は宇宙や人間精神におけるサムシンググレートに接するが、神は人類の偉大な発明品という類のものではなく、人間に創造されたものではない。そこの産土の神がそう言っているからそこのリージョンではそう従っているに過ぎない。神を志向するなら戒律も厳しくなるが、それは人を倫理にしばりつけるためのものではなく、本気で自分の霊性を高めてもらいたいと願う人のためのものである。
 客観的証拠を求める人も多いが、それも仕方ない。信者は馬鹿だから。しかし客観的証拠とは何?100年周期で定説の覆る物理学のことだろうか〔cf.CERN〕。蓋然性の高い仮説より経験の方が正直である(自分個人にしか通用しないが)。おみくじの吉凶は連続・起伏する〔URL〕。霊的な力は実在している。妄想はたぶん実在していない。その妄想を催す霊性は実在してる。となると妄想も実在しているかもしれない・・・