QUAD 21L, 22L, 11L, 12L




レッドチェリー光沢仕上げ…七回塗装による鏡面加工 Model 21L, 22L 11L, 12L
QUAD 21L

触り心地がいい。これを触っていると夢心地になる。すべすべすべすべ。

つるつるつるつるすべすべすべすべ













・・・。
























QUAD Model 21L うしろに居るのは素盞嗚尊


2WAYバスレフ。高域はソフト・ドーム。奇麗に伸びているが刺激的なところがない。
低域のケプラーコーンはB&Wも採用してる。カサコソした軽い乾いた音を出す。QUADのケプラーのウーファーはB&Wよりはシックで色彩感がなく、モノトーンである。

バランスがよいスピーカーは良いスピーカーの証しらしい。低音の良く出るスピーカーのあとに普通のバランスのスピーカーを聴くと低音の弱い心地がしたり、美しい特徴の際立つスピーカーのあとに平坦に要素が分散されている音を聴くとインパクトがないように感じるが、見えざる美質にこそ、注意を払うべきである。本当にバランスがいい。いろんな音が集約されてる。菅野沖彦さんは『ミクロコスモス』と表現されていた。

21Lの場合はトールボーイとして完成度が高い。スリムな体型から意外な低音が出てくる。
ブックシェルフ型の11L/12Lも低音はよく出るけどジェントルに抑制も効いている。このQUADの21Lトールボーイは容量を活かしてリニアにホライゾンに沈んでいる。ドヮ〜ンではなくドゥーンと沈む。その音響は公園の汽車ぽっぽの土管のように? 澄んでいる。(その中で高校生がセックスをしたがる気持ちも、僕にはわかる)。実に表情が豊かな低音で、内部構造はシンプルだと思う。ストレートに降下する。QUADはブックシェルフの11Lで十分かと思っていたけど一度21Lの音を知ってしまうともう戻りたくないの…。
あまり単調で映画館みたいな低音だと集合住宅で隣付近に音漏れしそうな気がしてくるけどこのトールボーイの低音は量感のわりに漏れてはいなさそうな品のいい低音で、万が一同じように漏れていてもQUADの場合は苦情が来る回数が少なそうだ。
トールボーイがここ10年ぐらい流行ってるけど元々は単に床面積対策でしつらえた形状で音響的には不向きなものだと思ってた。必要悪だと。発想の転換…パラダイムシフト…QUADはトールボーイでなくては出せない音を導き出している。.wav.

後記 - - Model 21L2 / 22L2では重量アップしてエンクロージュアの箱鳴りの音量は抑えられシャープになったようだ。L2はツイーターなど新しく設計されたものでトータルとしては21L2 / 22L2の方が洗練されていると思うけど21Lのこの低域感も消えているとなると…(′・∀・)うーん。



QUAD(クオード)は真面目にオーディオを作ってるメーカーのひとつ。11Lというブックシェルフがはじめに登場した時、菅野さんは『あのクオードもとうとう趣味ではなくコンシューマー型に落ちぶれたか』等と思われたらしいが、実際聴いてみて『クオードの血脈はひしひしと受け継がれていることを認識した』ようだ。ただやはり形状には不満があるみたいだったけど。単純な四角形で。でも試聴機にはベタベタとは触らなかったのだろうな。…音のみでなく光沢までチューニングをされてるのがQUADである。このスピーカーは触るべき。触らなければわからない。ましてトールボーイ。抱きつかないとわからない。










QUAD21Lのあった部屋。鉢とか置くと音響効果ありそう。ずらーっと置きたい。
21Lの夜

QUAD 21Lは売って最も後悔したスピーカー。思い出のVictor SX-A103を売った時もあとで後悔したけど音は別にどうでもよかった。QUADはJazz方面はあっさりとしていていまいち肉付きが悪いがvocalはよく浸透するし教会の雰囲気は余韻嫋々と保たれていた。Classic向け。
ADYTON Opera(ノルウェー)のアンプと、S.A.T CDFIX(フィンランド)のCDプレーヤーで、完璧な鳴り方をしてた。せっかく完璧な鳴り方をしてたのに…。国産のプレーヤーにしたりすると、途端に音がクリアルになってしまってなんかだめだった。繊細なバランスはかよわい。すぐ崩れる。
拡大画像:QUAD 11L 21L











Amazoneへ