自作ケーブル、RCA端子、スピーカー端子 はんだ付けで作るコツ




【作業手順】
1. ハンダを、導体とプラグの両方に馴染ませる。
 導体にはすぐ流れる(毛細管現象)。プラグ側は難儀。下の画像参考。
2. その両方をくっつける。
3. 完成。

0. 初めは安物を買って練習すること。うまくいかないとイヤになります。樹脂を溶かしたらアウトなので面倒だとか不安なら人件費を支払って完成品を購入してください。
【注意】
ハンダ小手の下に指や足が来ないようにすること。「ハンダが落ちると指に穴が開く」と中一の工作の授業で習った。
やけどしないよう手袋重ねて使う。
ハンダ付けは、やり直すと馴染まなくなる(フラックスが蒸発するため?ハンダが酸化するため?)。なので、失敗したらハンダ吸い取りリールやニッパーを使って、失敗のハンダを取り除く。新しいハンダを溶かす。
フラックスは人体に有害っぽいので使うなら換気をするか空気清浄機をはんだごての前に置く事。
熱収縮チューブを使う場合、挿れ忘れに注意。
純銅に熱を加えると、メッキがない場合、色が変色します。その酸化銅の導電性は0に近いと考えていいみたい。
導体や接地面が酸化している場合はヤスリで削るか面倒だけど酸洗すると良い。
金メッキはヤスリで削らなくていい。金がハンダの中に少し溶けているほうが馴染みやすいようだ。
【雑学や経験】
失敗は主に熱不足が原因のような気がする。テルル銅ならはんだ付け性も良いけど、スピーカー端子などヒートシンクの塊みたいな物体だと熱不足ではんだが馴染まない。
音楽信号が通過する部分は、導体間が密接になるようにはんだ付けしたい。はんだの抵抗や電位差が少なくなるので。いわゆる芋ハンダの場合、導体間に距離が生じている場合がある。だからマニアに嫌われる。でも高難易度。
「はんだ中の金の重量%が4%を超えると、はんだの強度が極端に悪化する」らしい。
スピーカー端子は、小型のものは半田付けしやすいけど、大型のものは相当加熱しないとダメなので個人的にはオススメできない。フラックスの過剰な加熱でたくさんの煙が出てしまう。これがかなり有害とのこと。僕は身体から抜けるまでに5日はかかった。でも残留してるんだろうな(玉ねぎを食べると良いとのこと)。
スピーカー端子は純銅製使うよりさらに簡単で高音質な裏技がある。もう、超らくちん。
内部配線にSPケーブルを半田付け等でくっつけて(内部配線のシースはうまく剥く)、スピーカー端子の周辺に穴をあけて、そこからそのSPケーブルを出して、スピーカー端子に差し込むだけ。内部配線が長ければ引っ張り出してもよい。導体同士で引っ付きあわせたほうが純銅製端子より高音質。都度酸洗いする必要はあると思うけど。

金属の大きい箇所は熱不足ではんだが馴染まない。また相当加熱させるので、樹脂は溶けやすい。
この画像のRCAジャックで言うと、銅のセンタープラグ部分は金属が薄くてはんだを乗せやすいけど、
Groundの金メッキの部分は金属が分厚くて、ここをまずはんだが馴染むくらいに加熱しないといけない。
どうしてもうまくいかずにイライラするときは鉛フリーや銀入りハンダが原因のときもある(融点が高い)。
あきらめて従来の鉛+錫のハンダを使う(身体と環境には悪い)。
不良品やまがい品だとどうしようもない。

まったくハンダが乗らず、半田ごてで熱し続けていたら、樹脂が溶解したとか (安物に多い)、
なんとか結合したと思いきや、すぐポロッと外れたとか。.........。
それはまだ良い。よくあること。

メ ッ キ が 絶 縁 素 材 だ っ た 事 が あ る 。←

.........。

そのメッキ(ニスみたいな素材)を剥がし落としてからでないと、ハンダがくっつかないし、通電しないのだ。
どれだけ頑張ってもひっつかないわけだ。
それは純銅製RCAプラグとしてAmazonで売られていた。外観だけは純銅っぽい。




オーディオアクセサリーのレビュー 一覧表へ
 CABLEの比較一覧...