SONY D-NE920





SONY D-EJ920(W)

デジタルアンブ搭載の新しいCDプレイヤーでございます。
前のDーEJ2000は4年使いましたが最近充電うまくゆかなくなってしまいございました。CDプレーヤーしか使い方わからないございます私は選択肢がこれしかないで困りござりましたの。
さて新しく買ったCDプレイヤー、お箱を見てございますところ、なにやら派手派手しいお外国向けのパッケージのやうですが、横には日本語が書かれておりございます。音も優しくてドンシャリじゃないでした。ピッという操作音は小さめでかわいい音しておりますの。おやまぁ。
この機体の特徴としては、とりわけ、本体液晶部の少しふくらんだ薄いUFOのようなよくわからない形状にありましょう。本体に液晶があるから本体を眺めれば、音量やら曲名がわかってしまうのです。リモコンのバックライトの色調もやわらかで、一時停止中のピッ‘ピッ の間隔も絶妙、アニメーションはwalkmanのロゴが液体的に躍っていてございますの。





D-NE920…デジタルアンブ搭載で高音質だけどそんなでもないでした


ただしこのモデルは今はやりのデジタルアンプ搭載なのですが、その音はわたくし好きではありませんの。ピアノは淡々としてて、オケは整然としてる。何を聞いてもそっけないですの。歩いているときに通行人がわたくしの肩にぶつかってしまい「あ、ごめんなさい」「許さん」と即座に返すわたくし以上に、淡々としているのでございますの。ボリューム絞るとその傾向は顕著ですの。良いところもあってソースはそのまま均質にあるがままに増幅されていて大も小もが過不足ないユーフォニーなのですが、密度も高いんですのよこのアンプ、でもなんか味が抜け落ちているんですの。今まで聞こえなかった音も聞こえてくるんですことのよ。お外のほうから。あら幻聴かしら。最近内藤さんは蒸発してしまいましたのよ。仕事場で手持ちぶさたになるとわたしはこのD−EJ920をピコピコ鳴らしているのでございますが、デジタルアンプのこの音を聴くと、さびしうなってまう私なのでした。