SONY NW-X1060





X-1060 Red Stone

+++ REMARKS +++

Android。タッチパネル。音楽再生中、アルバム画像に触れ、上下にスライドするとアルバム移動。
音楽の操作性においてはNW-E050の十字キーのほうがストレスがない。
早送り巻き戻しはNW-E040の3倍速。




X-1060/X1050とジブリ

すごく蒸留水的な音で透徹とした音楽性。付属のイヤホンでNCを使って電車で使うのには向いているのかな。
とにかくコヒーレントな音で機械的な音。ふとやかさの加味されていない音。
液晶の画質も2014年現在からすると多少粗いがWalkmanの割に綺麗で透明感があり、
シャガールとか原田泰治とかの美しい絵画をたくさんいれれれます。
もちろん海のトリトンとかの画像もたくさんいれれれれます。そこそこきれいです。






+++ A Proscript Note +++

専用のクリアーキャリングケース[CKH-NWX1000]装備でネックストラップでの使用が可能。
でもネックストラップでは多少の重量感はあります。

24h経過して主電源が落ちたあとは、Musicに入るといつも一曲目からになる。USBで充電した後も同じ。
それが曲名順でいつもA Day in the Parkなど同じ曲ばかりが先頭に来る。
アルバムモードだったのも曲選択モードに戻ってる。どこまで再生したかは完全に無視されている。
NW-E040みたく、前回の再生終了地点からスタートしてほしい。
せめて前回再生し終えたトラックから再生してほしい。でないと同じ曲ばかり聴く羽目になる。

PCM 1411kbps(CD音質)とAdvanced Lossless 356kbps(1/4程度に圧縮)で取り込んだ音を比較すると
違いがわからなかったです。(AKGのK-702とSONYのMDR-SA3000MDR-EX510SLで検証)
ロスレスというのは名ばかりではなさそうです。

2014年現在、購入から4年経過するけどスタミナの残量を実測してみると
23h30m(Volume16)+11h(Volume0)+0〜3h(Volume0).
フル充電でまだ30時間は使えそうである。