Sound. Geek SG-2
絶縁体にPVCやテフロンなどの高分子系を使わないメーカー。
ヴァイオリンの響きが生きている。ソプラノが冷徹に死んでいない。
静電気に無縁な事と電磁界が生じない事が大きな理由。それを実感する。






SG-2 NeoClassic
この写真のSG-2は生産終了。現行は導線が撚り線から単線になるなど大幅に仕様変更しています。
自分は撚り線の方がすごい音が良いと思うけど、作者の好みに合わないのか、空気に触れる面積の問題で単線に変更したのか。
撚り線の方がふんわりした音質でした。新しいSG-2は単線のスターガット仕様。


Sound. Geek SG-2 NeoClassic
ケーブルを何十本も持っていると費用対効果なにそれになってくる。もはやケーブルの総額はスピーカーの価格を超えている。~(゚゚∀゚゚)~ オバカチャン
費用対効果で見ると、モガミとかカナレで自作したRCAケーブルや、Nanotec-SystemsのMS207SP79、aet EVO-0605S等の選択になると思う。それらは万能型な再現性をもっている。うっとりすることは少ないが。
うっとりするケーブルは研究費の賜物なのか高額なものが多い。たとえばNanotec-SystemsのMS#207(入門機)とGS#201(中堅機)の場合、解像度は僅かな差であるが、その僅かの差はすべて音楽にとって有益なエレメントが含まれているかのように、GS#201では音楽の馥郁が深い。たとえるなら「ふくよかな水」。ONTOMO MOOKのふろくケーブルもうっとりする音が出るけど解像度は落ちる。これは完全に趣味で遊び路線のケーブル。でも音いいですよ。
サウンドギークのケーブルはうっとり傾向ではないがすっきりする度合いが突き抜けてる。絶縁体が綿とシルクと和紙とワックスで自然素材。誘電率がほぼ0。静電気ほぼ0。電磁界のないストレスフリー感。
SG-2 Neo Classic(撚り線の初期モデル)の音質:上位モデルのSG-1と比較すると、SG-1の方が解像度が多少高くくっきりしている傾向。楽音に潤いがある。ホール感はSG-2 Neo Classicのほうが多い。しっとりとしている。アグレッシブなパートはSG-2 Neo Classicの方が五月蝿くない。SG-1の音を精油で例えるなら『ジュニパー』『サイプレス』『ネロリ』。SG-2 Neo Classicは『ニアウリ』『スターアニス』『グレープフルーツ』。温度感:低め。色:ねずみ色、水色、レモン色。








センターの芯が銅製のRCAプラグで作成。
Nanotec-Systems MS#207からこのSG-2 Neo Classsicに差し替えた時の心象は、MS#207の「もこもこ感触」が消えた、解像度(音の量)は変わらない、分解能は高い。常にウェルバランスなNanotec-Sysystemsの音に比べると自作したサウンドギークのケーブルは特徴のあるf特性になるが、響きは非常に自然。静かな音で面白味は少ないが、樹脂の音が耳にヘタリつく事から解放される。弦の素直な伸び具合、出ない低音、優しいドビュッシー、ハスキーなクリスタル・ケイ。アンプで例えるならMUSICAL FIDELITTYのA3とバランスや傾向が似てる。
Nanotec-Sysysysmsの上位モデルGS#201はウェルバランスで馥よかな音だけど、そのGS#201にも個性はある。SG-2は中高音に特徴があるけど無個性に感じる。個人的にはGS#201のほうが至福になれる音だけど、SG-2はAVプリアンプとかオーディオのことを考えたくない場所では理想的。MGOAMIが微妙だと感じるようになったらSG-2推奨。
SG-2 Neo Classicは2芯+金属メッシュシールド、太さΦ3mm程度なのでヘッドホン用ケーブルを自作した。これはラインケーブルより適材適所かも。肩の力の抜け落ちるほどすっきりとした音になる...。導体径がΦ0.18mmと細く導線も20本と多いので断線もしにくい。ただテトロン糸の外装シースがバッグや財布のバリバリ両面テープや手のささくれにひっかかって、徐々に毛細な繊維がほつれてゆく。SG-2はもったいなくてあまり使ってない。それがデメリットである。
関係のない追想・・ケーブルは上流と下流で音が変わるとかいうコピペを見たけど疑問があり。多くの人は人の説を鵜呑みにして「実験」してないと思う。ケーブルの音の違いを楽しむなんて集中力の要る事だから、仮に、ちょっと実験して苦労して悟るとその事はもう疑えなくなってしまう。それを普遍的な事にしてしまう。個人的にはプリアウト⇔パワーアンプ間のラインケーブルが一番変わる。そこが一番楽しめる。上流とか下流とか、いかにも説得力のある説を信じてはいけない(まぁ環境にもよりけりだけどね。集合住宅だと電源ケーブルの違いがわかってしまう)。CDP+プリメインアンプならRCAケーブルにこだわる必要はないと思う。ケーブルの構造が極端に違えば多少は変わるがほとんど変わらないと考えていい。ヘッドホンアンプは据え置きのDD Playerの半分程度の出力なので、ヘッドホン・ケーブルでは音質が変わるが、国産のCDプレーヤーに繋いだラインケーブルとかでは本当に変わらない。外来ノイズ等の影響が最小限になるように配慮して、そういう高い電流・電圧で送り出しているんだと思う。



オーディオアクセサリーのレビュー 一覧表へ
 CABLEの比較一覧...