TAOC SST-50H


特徴

支柱及び縦振動子の中に鋳鉄粉を充填
パイプの共振を取り除き、振動減衰性に優れている

トッププレートには縦振動理論を応用した縦振動子と
鉄板を取り付けたことによる摩擦減衰により
振動を消去させる制振構造になっている

スタンドの底面はスパイク支柱方式の採用により
床などの外部からの振動を抑制

振動子の方角を変えることにより
音を好みの方向性にチューニングできる
振動子が音を吸収する。その事から理想を考える






TAOC SST-50H 重くて硬いSPスタンド。足とかぶつけるとすごい痛い。
SST-40H 高さ40cm 重さ12kg SST-50H 高さ50cm 重さ13kg SST-60H 高さ60cm 重さ14kg 天板20×24cm 底板25×30cm

感想

お店に設置してあるのもたいていTAOC。でも店の品物はなんか汚れている、それで汚れているイメージがまとわりついていたけど外装の仕上げは意外にビューティー。傷なんて付きそうもない。(後記:観葉植物を置いておいたら水がついていたようで「錆」はつきました。水に注意)
音はさすがにクリア。オーディオフェスタの出展ではトンカチが用意されていて振動子があるものとないものを叩かせる。そうすると振動子のないものはカーンカーンと鳴り響くけどあるものはコツコツとしか言わない。これが縦振動理論というものなのか。音楽鳴らしている最中 振動子を握ってみると振動が伝っている。
SSTシリーズは鉄って感じでひややかな音になると思う。AVアンプでDSPをかけたくなるほど明快になる。天井が高ければさらにスッカーン。といってもスタンドでは音質が変わる、っていうほどではない。よほどセンシティヴなスピーカーでもない限り。それよりはスピーカーが接地面から離れてユニットから放射される音が平面的に入射/反射しなくなることがスタンドを使うメリットになる。理想はECLIPSEのスピーカーの様に卵形。Nautilusツイーターは横から見たNEUTRAL SHEETの形。僕のConcertinoは机の上に置いていたときは音が机の平面に乱反射して濁っていた(SSTシリーズの無骨な外観はSonus faberのスピーカーとは似合わないけど)。あとはスピーカーの高度。ふだんの頭の高さにあることが理想。ソファーとか使わず地面に寝っころがっている人は40cmのスタンドでも高いが。
振動減衰効果なんかより僕にとっては17kgという重量感がうれしい。かといって鉄アレーなんて持っていてもうれしくない。重〜い鋳型でできたスタンド。というシチュエーションに萌えるのである。それによって音に透明感やどっしり感が芽生えたりもする。プラシーボは大切な要素である。

メーカーHP
スピーカーの寿命は30年だけどこのスタンドは100年は使えそう。モデルチェンジはしていないけどマイナーチェンジはし続けているだろう。と箱を開けて実物見たときに思った。