TASCAM CD-355



PLAYER / AMP / SPEAKER / HEADPHONE / etc.





TASCAM CD-355
〔CD-355〕 タスカムのOfficial Sightを保存したnへ
このCDプレーヤーは音が良い。5連奏CDチェンジャーだけど音質の落ち度など気にならない。
というか、TEACの名機VRDS-25xと同じCDを同時再生してみたけどほぼ違いが見抜けない。
そんな音質の事より、このフロントパネルの素材感が良いのである。
FILCOの高級キーボードMajestouchとサラサラした素材感がマッチしていた。
所感:操作性は良いけどチェンジャーともありレスポンスは遅い。電源ONから再生まで15秒ぐらいかかる。DISK SKIPボタンで隣のDISCの再生まで10秒。DISC1→DISC4など遠い位置にあると13秒ぐらい。1 2 3 4 5 のDISC NO.のボタンを押せば自動的に再生開始される。STOPしてからPLAYは3秒。TrackをSKIPしても3秒。リモコンにはSEARCHボタンがあるけど本体のSKIPのボタンでも早送り巻き戻し再生できる。その動作はSONYとかPioneerのように感覚的ではないけど、速度はVRDS-25xと同じで速い(15倍速ぐらい)。
TEAC / TASCAM / ESOTERICのプレーヤーはXLR出力が付いてる。せっかくのバランス出力だが使い道がない場合、これでヘッドホンをバランス駆動する事も可能。ボリュームを介していない分 プラスとマイナスの電流電圧がかなり精度が高くイコールだから、凜とした音が出る。ハンダごて使ってヘッドホンのケーブルを改造する必要があるけど(ヘッドホンのLとR 各々の+/-導体に、XLRのHOTとCOLDを繋ぐ。XLRプラグとかステレオミニプラグ・ジャックとか好みに応じて使う)。
CHANDOS 30周年記念BOX
エンドレスにBGMを流す媒体としてはラジオやUSBでいいけど、クラシックファンは未聴のCDの山(ミチョランマ)に埋もれているのでとにかくCDを再生したい。PCに音楽データを取り込み再生するのは便利だけど パソコンの動作が渋滞しやすい。後記:VRDS25xとは違い、安物は壊れやすい。自分のCD-355はDISK1と5が認識しなくなるときがある。読み取り出来たり出来ないディスクがある。なぜだろう。機械的な精度の違いにより劣化度に差がつくのだろうか。あるいはデスクトップのPCのように電源の質の問題かなぁ。



後記:購入から2年経過し、徐々に読み取れないディスクが出てきた。音質はVRDS-25xと同格でもやはり高級機とは信頼性が違うか。