TEAC VRDS-25x


TEACのCDPは評価が高い。
VRDS(バイブレーション フリー ディスク-クランピング システム)によって
情報が緻密にピックアップされている。
それでクラシックなどのアコースティック音が機械的な響きにならないのかぁって思いませんか?
だから個人的にはエネルギッシュなイメージと違ってナイーブに聞こえたんだと思わない?
RCA接続は佇まいがいいけどXLR接続では音にメリハリが出て強くなる。
カセットデッキなどで録音レベルを上げたように強くなる。
日本製品らしい緻密な情報量を完全に描き切りたいのなら
XLR接続をすべきでないのだろうかのかと確信している。たぶん。
でも頑固なスピーカーには効くけどナイーブなスピーカーにはちょっときつい?
アンプならラックスマンあたりならちょうどいい佇まいでXLRが活かせるかな?
それよりモデルとの相性・時の巡り合わせ次第で?





VRDS-25x&NRA?
サンスイのNRAシリーズとデザインが揃う。
パネルに当たる光の反射具合や色の差がほとんどないし幅は1cm違うだけである。異様に気になった。




TAOC SS-2の上に設置したVRDS25x?
TAOCのラックで威圧感でてかっこいい
プレーヤーやラックは、出てくる音よりも重さやデザインに興味を奪われませんか。?




VRDS-50
これはVRDS-50の写真であるからしてVRDS-25xではない。





STEREO SOUND の 記事 と おれ
VRDS-25xs の カタログ




 AUDIO機種一覧へ