TRIGUARD Ultra

取扱説明書、メーカーの解説
mini-XLRケーブルの作成
トライガードはスパイラル状に巻き巻きする。導体はサウンドギークの綿1.25sq素材。絶縁体は習字の半紙。これが誘電率0で音質が良い。トライガードは絶縁挟んで二重に巻くとさらに効果があるので、この上から習字の半紙を巻いてトライガードを巻いて、習字の半紙を巻いて、最後に外観をスリーブで仕上げる。
音質は空気感とまろやかさが増して、馥郁が深く堪能できるようになった。想像以上の変化があった。そして特に人工的な味わいがする事もない。今年の夏もちまちまと、想い出の深いケーブルを作れました。
今度は塩田電線で電源ケーブルを自作。トライガードを習字の半紙で包んで、ケーブルの外周をスパイラルに巻いてゆく。習字の半紙はセルリアンブルーのえのぐと墨汁で染めてある。は静電気を発生しないから電磁界を生じないというメリットがある。絶縁体として使うには単独では弱いが、トライガード用なら特に問題ないと思う。理想的。
スパイラル状ではデザイン的につまらなかったので、不規則な模様になるように工夫した。戸建ての自分のオーディオ環境では幸か不幸か電源ケーブルの違いは全くわからないが、集合住宅に住む音楽家の方に貸したところ、すごく感動してくれた。塩田電線C-1011を使って3種類の電源ケーブルを作成した。長さとかプラグの種類とかトライガードの巻き具合など各々違いがあるのだけど、3種類とも別の音になるみたい。3Pよりも、アースを結線させていない2Pで作ったものの方が、その人の環境では音が良いみたいだ。アースループしているのかもしれない。特にマッキントッシュでは威力を発揮したとの事。たしかに、自分の経験でも電源関係は海外のアンプの方が俄然音が変わった。Adyton等。なぜかは不明。