Thomann S-75MKU
昇圧トランスで音質が変わるか実験しました。





Thomann S-75MKU
CROWN D-45との比較ではThomannのほうがくっきりした音傾向で低音は出ない。
この低音が出ない明快な音をドイツ的なサウンドというのかな。
それは帯域のバランスの問題なので自分は38cmウーファー用に使用。
低域の解像度・描写力が低いわけではない。









入力はXLRとフォーン?のみ。ブリッジ接続可。




カプトラ=カプセルトランス


トーマン S-75 mk2 の現行播種では、背面パネル左側にERPスイッチ(無信号時には電源が自動で切れるスイッチかな)がある。
このERPスイッチは、ONにするとすぐ電源切れます。プリのボリュームを介した後の小さな電流には感応しないのかな。

あと、床面板中央部手前寄りに115V/230V の赤い切替えスイッチがあるとのこと。
せっかくなので「115Vと230Vを切り替えて音質をチェック」してみた。(海外の230V時はステップアップトランスを使用)。
結果、、、昇圧のトランスが電源アイソレーショントランスの効果をもたらすのか、230Vの時のほうが明晰な描写力になる。それは普通にブラインドでわかる違い。日本の115Vにして壁コン・ダイレクトの時は濁る。その濁りがシルキーだとか美しい鼻音という風にたとえられない、ただの機械的損失による濁り。やばいことに電源は重要だと思った。すべてのアンプに昇圧トランス→降圧トランスを。。