オートトランス式ATTトランス アモルファス ACS-10




富士通製のセレクター。







オーディオフェスタ2020でラックスマンの#CL-1000 とPhasemationの#CM-2000 が眠れるほど音が良かったので、パッシブしか作れないけどトランス型ボリュームを作ることにした。ブログにも「トランス型ボリュームさえあればプリアンプ要らない」とか書いてあった。

材料:アモルファスのトランス(日本製)、富士通のセレクター、真鍮ではなく純銅製のRCAジャック、ホット側は絶縁体が綿の線材、コールド線は廃材、RCAプラグ、ケースは黒檀、はんだ、ネジ、ほか。計4万。









音質:滑らかな音。あらゆる楽音が自然に鳴ってる。金属皮膜抵抗は高音が綺麗でテンションの低い音だけど、アモルファスのトランスは中域が濃密で死んでない。5万円以下のプリアンプでここまで良い音のものは使ったことがない。もうプリアンプ要らない。パッシブなのに十分に生命感あふれる。

配線は面倒くさかった。トランスの端子部が折れそうになるので注意。あと∞(E)にコールド(アース)を接続しないとインダクタになってしまうのか? ローパスフィルターになってしまう。入力は0dB(巻き始め)に接続しないと回路に悪さをするらしい。

補足:バッファーアンプを挟むと音の聞こえが悪くなった。原理は不明。トランス式ATTの高いS/Nの足が、そいつに引っ張られるのかもしれない。いつかmusicaのCuculo-la [インピーダンス変換器] でも実験してみたい。