Unisonic Cobre AHT-100F






城下電子工業 サウンドワリアー

インピーダンス
出力音圧レベル 86db
クロスオーバー周波数 3,000Hz
再生周波数帯域 80Hz〜20kHz
本体寸法/質量 W151×H768×D154(mm)/ 5.7kg(1本)
価格 \29800 / pair

サウンドワリヤー SWHP100





AHT-100Fの特長
●お部屋のインテリアを損なわないスタイリッシュでスリムなデザインと高い音響性能を両立
●リニアリティの高い高域特性を実現する「ブラックダイアモンド・シルクドームトゥイーター」
●スピーディーかつタイトな中低域のレスポンスを実現する「ファイバーグラス・ハイブリッドウーファー」
●中低域の位相をコントロールする「アルミ素材フェーズプラグ」
●専用に開発したネットワーク回路に加えて音質重視のコンデンサーを採用し、低域から高域にかけてバランスの良い音楽再生を実現
●マグネットグリルを採用し、グリル取り付け部分が無いデザイン性の高い外観








トゥイーター:25mm ブラックダイアモンド・シルクドーム型
ミッドレンジ:100mm グラスファイバー・ハイブリッドコーン







ウーファー:100mm グラスファイバー・ハイブリッドコーン







バスレフポートがおっきい
SP端子も大きい。非バイワイヤリング




UnisonicCobre AHT100F

PlataシリーズのAHT-40R(\14800)が凛とした音を出すので買ったけどAHT-40Rの音は出てこなかった。3wayでネットワークの過程が増えるからだろうか。自重のわりに身長が高くてよく揺れるけど、まぁそれは大きな原因ではないだろう。鉛板を乗せても変わらないので。個人的にはバイワイヤリングで、3WAYにて追加したウーファーにSP端子を割り当てて、非接続時はパッシブラジエーターという構成が良かった…けど実用性を考えるとこれでいいのかな。2ウェイのAHT-40Rは純度が高いけど、その分B&Wのようにノイズも通過してくる。しばらく使ってると、ヘッドホンのように耳(有髄神経?)が痛くなる。このAHT-100Fはそれがない。
でも使っているうちに徐々に気に入ってきた部分がある。爽やかな音だけど表面的な音ではなく、これでゲームやってると楽しい。特に小音量時の再現が抜群にいい。「今この音量なんだ」って思う。映画を見ているとセリフの声の深みが足りないと思うけど、効果音が高音から低音まで美しく心地よい。ハイエンドSPにはある奥行きや厚みやディープな量感は併せ持たないけど、クラシックも甘美な音が出る。重量5.7kg。これはYAMAHAの2WAYブックシェルフNS-B330やNS-F750より軽い。地震で家屋が倒壊する恐れを抱いて生活している人でも買い足せる重さ。Unisonicは最高峰Plata AHT-250F2でもたったの11kgだ(AHT-250F1は若干重い)。






左:Cobre AHT-100F
右:Plata AHT-250F2
リンク先に比較録音あります




  Pioneer
S-CN301
Pioneer
S-07
Unisonic
AHT-40R
Unisonic
AHT-100F
Unisonic
AHT-250F
YAMAHA
NS-F700
音の質量 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
音数 ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
D.レンジ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ - ☆☆☆☆☆
小音量再生 ☆☆☆☆☆ - ☆☆☆☆ ★★★★★ - -
開放感 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
果実感 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ★★★★★ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
高域の品位 ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
中域の濃さ ☆☆☆☆ ★★★★★ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
低域 ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
WARM感 ☆☆☆☆☆ ★★★★★ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
Natural感 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
COOL感 ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
譜面通り感 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
余韻肉質感 ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
指向性 ★★★★★ - ☆☆ ☆☆ ☆☆ -
音質 総合 90 100 85 90 95 95