Unisonic Plata AHT-250F2






城下電子工業 サウンドワリアー


Plata AHT-250F2の特長
●リニアリティの高い高域特性を実現する「ブラックダイアモンド・シルクドームトゥイーター」
●スピーディーかつタイトな中低域のレスポンスを実現する「ファイバーグラス・ハイブリッドウーファー
●中低域の位相をコントロールする「アルミ素材フェーズプラグ」
●ネットワーク回路に音質重視のフィルムコンデンサーを使用し、クリアーで繊細な高音再生を実現
●背面バスレフポート採用で、スタイリッシュな外観とサイズを超えた低域再現を両立
●Plata(プラタ)シリーズの顔ともいうべきトールボーイスピーカー(AHT-250F)
●クセがなく非常に自然なその音作りは、音楽をより明快に、かつ活き活きと再現します
●スパイク(スパイクベース「UN-SP4」付き)とゴム脚を付属、環境に合わせた最適な足回りが選択できます
●マグネット式のサランネットを付属
●シングルワイアリング接続の高級スピーカーターミナル搭載
仕様
トゥイーター 25mm ブラックダイアモンド・シルクドーム型
ウーファー 133mm グラスファイバー・ハイブリッドコーン
インピーダンス
出力音圧レベル 88db
クロスオーバー周波数 800Hz, 3000Hz
再生周波数帯域 45Hz〜20kHz
本体寸法/質量 【本体寸法】W181×H890×D225(mm)※スパイク含まず
【台座寸法】W240×D246(mm)/【本体質量】11.3kg(1本)
価格 \55370(税別)


サウンドワリヤー SWHP100


UnisonicPlata AHT250F2



Unisonicのスピーカーは金型をどこかのスピーカーメーカーからお古を買い取って作り上げたらしくて定価が格安。金型ゲージ・検査具などの精度モノはかなりコストがかかるので、小ロットの製品だとそのコストは相対的に大きくでる。
AHT-250FからモデルチェンジしたAHT-250F2は、定価が\81636→\55370(税別)と3割引きになっていることと、サランネットがマグネット式になったことと、重量が14.9kg→11.3kgになったこと。






2019年現在, Unisonicのスピーカーはアバック座という映画館で使われていて掲示板などで評判がよい。値段が安いしおそらくかなりユーザーの少ないスピーカーだから、他のハイコスパ・スピーカーや逆にハイエンドとの比較に引き合いに出されて、比較評で気軽にこき下ろされているが、そういう役回りなのだと思う(ほかのスピーカーを引き立てるためにスケープゴートになっている。きっとネ。これが高額だったら逆に悪く言えない)。自分がavac店頭で比較してみたところ、隣のCabasse JAVA-B(TC同軸型搭載の3WAYトールボーイ32万円)はUnisonic AHT-250Fより一回り大きいだけあって幅のある音。音色もJAVA-Bは値段だけあり美しい。フランスの味わい。全体的にやや負けている。ん。

cf. Unisonic AHT-40R, AHT-100F, オーディオ辞典





「スピーカー端子」は奥まったところにあって、バナナプラグを使わない直差しの場合は使いにくい。
「後部バスレフ」・・・ フロントにバスレフポートがある場合はゆったり、後部だとタイトめ。になると思います。REVEL AUDIOのPERFORMA Beシリーズ3機種のデモではそういう印象だった(F326Beがフロントで、F328Beが後部バスレフ)。AHT-250F2のバスレフの口径は大きい。JAZZやロビーロバートソンのCDの低音が膨らんでいるけど、元々の振動が純粋なのか美音の範疇。






AHT-250F2のf特性 (赤。スイープ信号)





参考:AHT-40Rのf特性 (赤。スイープ信号)






左:Cobre AHT-100F
右:Plata AHT-250F2

録画:Unisonic_Plata_Cobre.mp4。上の2本のスピーカーをLchとRchにおのおの接続して同時比較。
使用しているアンプはPIONEER A-05。結果、あんまり違いは感じなかった。フロントとリアにそれぞれを使っても音のつながりがよく保たれると思う。






UNISONIC AHT-250F2日記(追記)
2020年7月・・・声が薄いことに気づいた。AURASOUNDの16cmパルプコーンのフルレンジは声が太くて豊か。レンジは狭いけど。ユニソニックはクリアーな音でパースペクティブ感もあるのでAV用途にいい。音楽再生はポップスでもクラシックでも無難な再現力にしかならない。耳にキツくない音なのでプロコフィエフの交響曲第五番や第七番も普通に楽しめる。





2020年7月・・・片方のスピーカー端子を銅製にした。内部配線の線材はケチられていない程度に悪くなかった。銅製にした側は音が少し太なった。
2020年8月・・・銅製の大型スピーカー端子はハンダが溶けなくて最悪である。かなり加熱をして気化したフラックスを吸って体に有害だと感じた。板に穴をあけて、線材を外に出して、スピーカー端子でスピーカーケーブルと接触させればいいことに気がついた。そっちのほうが銅製スピーカー端子にハンダ付けするより楽で高音質。