YAMAHA CDX-1200


YAMAHA クリアー S.A.T マイルド

YAMAHAのCDプレーヤー【CDX-1200】
チタンカラーの1994年のモデル(名機のCDX-1050は1990年)
アナログオーディオ部はすべてA級動作で、ピュアな音を形成。
筐体は高級型らしくトレーなどが がっしり としている。
CDX-1050より解像度は高いようだけどヤマハトーンについてはどうだろう。CDX-1200はあたたかい傾向ではなく現代的に技術を進化させた冷淡な傾向。ナチュラルな響きを保ちながらぼやけたところが少なく進化している音だと思う。高域の伸びの良さについてはやや節操のないきらいはあるけれど、技術的には臨界点に達しているのか、最新のCDPと比較してもクリアルさについては遜色なかった。
組み合わせは国産同士がよさげか。LS3/5A等のヨーロピアンサウンドではCDX-1200の陰性の響きが輝いてしまう。音の導入部がきらきら系なら同じきらきら系同士で揃えるのがスタンダードだとは思う。CDX-1050ならLS3/5Aでも良かったのかもしれない。



音のファイル
Rautavaara(ラウタヴァーラ)※
鳥と管弦楽のための協奏曲「カントゥス・アルティクス(北の歌)」

  (WAV:1411kbps)
YAMAHA CDP-1200ADYTON OperaAUDiO SPACE LS3/5A
録音:TASCAM DR-1(録音レベルが小さすぎたか)

※エイノユハニ・ラウタヴァーラ(Einojuhani Rautavaara 1928年10月9日 - )はフィンランドの作曲家。同国における同世代の作曲家のなかでは代表的存在である。cf:Wikipedia