marantz PM14SA

PM-14をSACDに対応させたモデル。
プリアンプ部からリファインされ、SN感を高めると同時にドライブ能力が高まっている。
クリアネスが高く飛翔し、それは演奏会場の空気感を描き出すほど。






PM14 SpecialEdition

ファッショナブルで インテリな存在感
音色はシックな傾向で スムーズに音楽を表現する

たいてい、中身は外見のとおり。
それは人間でもオーディオでも同じだ。
哲学のしっかりとしたオーディオほどデザインにも思想が感じられる。
外見良くても中身がスカスカな人は多いぞ、などと言う人がいるけれど
彼等は思考が外に向かっているから時としてそう感じるのかもしれない。
思考が内に向かう人は内面世界が深遠だ。
でもそのままでは気のきいたことができず、外に向かわなければ表現力を持たない。
それもある意味スカスカなのである。
このアンプはわりと社交的な性格をしており
音の含蓄は浅けれど洗練された表現力がある。
多少気取ってはいるけれど スマートに音楽を楽しませてくれる。






主なスペック
定格出力 100W×2(8Ω負荷)
160W×2(6Ω負荷)
200W×2(4Ω負荷)
周波数特性 5Hz〜100kHz+0、−1dB
SN比 PHONO(MC)76dB
PHONO(MM)90dB
HIGH LEVEL 115dB
全高調波歪率 0.008%
消費電力 300W
最大外形寸法 458mm×166mm×464mm
質量(重さ) 23.0kg






tukipien impression