monitor PC PC-082
高解像なのにとにかく品がよくて穏やか
昭和の古き良き時代の憧れのドイツ製品
ケーブルに進化も糞もないのだと思われる





最初期のPC-082
80年代に輸入され2014年現在もオフィシャルサイトに掲載されているシーラカンス。僕もね。
『伝送ラインは純銀コートOFC、プロ用ケーブル並の性能の2重同軸構造(この表現が古き良き時代。今はプロケーブルと言い切る時代)、外部ノイズを完全に遮断するダブルシールド方式、プラグ部は非磁性材の精密削りだし24Kメッキ、音の色づけがない無ハンダ式プラグ…』
見たところなんの変哲もなさそうだがなぜか音が良いのです。すかーっとした音の素直さ、音楽性、品位、イスタンブール。海の波に乗ってどっか行ってしまう。僕がですよ?

  標準価格 長さ 脚注
PC-082-1.0X \15,000 1.0m×2 ITT製キャノンプラグ付き(XLR)
PC-082-1.5X \17,000 4mu×2 ITT製キャノンプラグ付き(XLR)
PC-082-2.0X \19,000 6mu×2 ITT製キャノンプラグ付き(XLR)
PC-082 \2,700/m 1m切り売り  






MONITOR PC PC-082 MADE IN GERMANY
画像では見えぬくいけど、コールド導体の締め方が非常に綺麗。手が込んでる。
画像では見えないけどホット導体はMOGAMI NEGLEX2497と同じ構造。
絶縁の棒(PVC)の周りを導体が囲んでる。その解放感が素晴らしい。
それでいてMOGAMIとは対極的に元気で品のある音が出てる。
撥弦楽器の弓にこすられた微細な響きも微細によく出てる。
膜鳴楽器や体鳴楽器が鳴り始めても五月蠅くならない。
空気感も分解能も普遍性も備えた理想のケーブル。
これは流行るわけである。文句のつけようがない。







ダブルシールドの構造と、中心のPVCの存在が特徴的。導体抵抗:28mΩ/m、静電容量:177PF/m


オーディオアクセサリーのレビュー 一覧表へ


つきピエのオーディオ紀行