■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 最新50
歴史に埋没しかけている音楽
105 名前:tukipie 2003/10/16 01:12
>グラズノフと言う作曲家はシュールな作品よりも明るい軽やかな作品を得意としており
そうだったのか、ぜんぜん想像してたのと違っていた。重い感じなのが一つの好みなんだけど音楽は好きか好きでないかそれだけだからいいと思ったらなんでも聴きます。
あのプリアンプは雑誌かなんかで見たことあるから気になっていた。HEGELっていうのか。検索したら哲学者のヘーゲルが出てきた。哲学的な音をイメージしてるのかなぁ、それとは違うか。
僕はオーディオから生演奏を聴こうとはしてなくてむしろオーディオ自体の音が好きです。だから国産の製品よりやっぱり海外の製品に惹かれる。価格を考えた場合国産のほうが水準が高いだろうけど海外のもののほうが音色が魅力的に感じる。求められるものの違いかなぁ。
感覚の違いもあるなぁ。異文化的な感覚が音に具現されてると考えると楽しい。
スレッドは好きなように使ってOKですよ。気が向いたときにいろいろ書いてくれたらうれしいです。

187/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -