■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 最新50
歴史に埋没しかけている音楽
166 名前:tukipie 2003/12/09 20:18
固体メモリーコストというのは意外に大きいです。プレイステーションとNintendo64のソフトの定価の開きに実感しました。ビット数の違いや普及率もありますが、64のソフトはプレステの1.6倍ぐらいしました。でもゲームは固体メモリーのほうが読み込みがスムーズでいいです。ファイナルファンタジーはプレステですが、「イベント発生時に本体がCD読み込み始めるから、『あ、なにかが起こる』と画面に出る前に気づく」と友達は言ってました。音楽ソフトにおいてはメリットがないです。杉ちゃんがおっしゃるとおり、ディスクのほうが再生音に違いが生まれるというのもよかったことだなぁと思います。
メディアの媒体についてはステサンでも遊び心という観点で語られてました。菅野さんは「こんな小さなICチップから音楽が出てきても面白くない。せめて12cmは欲しい」などとおっしゃってました。CDをセットするという行為、再生ボタンおしてからの間があるから音楽を再生したという実感が生まれる。レコードでは大きな円盤が回っている、などの視覚的な楽しみがあるとのこと。余計なものこそが味ですね。CDも中で動いているという想像があるけど固体メモリーだとデータが抽出されているという想像にはなかなか結びつかない。
でもやがて合理性のほうを重要視するようになるのが人間だからわからないね。LPからいきなりメモリースティックの様な形になっていたとしたら合理性を理解するオーディオファイルであってもがっかり味気ない気分になっていただろうけど、CDからチップなら抵抗も少ないだろうと思う。CDは円盤というよりデジタルとして浸透してますしね。
B&OとかORACLEなどに視覚的な感覚も歓ばすCDプレーヤーがあるけど、将来チップになったらこれらのブランドはどういうデザインにするんだろう、興味深いな。そういえばMacってパソコンが生きているような動作をしますよね。デザインも愛らしくて。B&OのBeoSoundなんかではクリアガラスがバーチャルな表示画面にでもなるのかな。
僕はLPの時代に生きていないからICチップで音楽再生には抵抗ないのですが、チップ自体にはそれなりの重量はほしいところです。現物的な存在感がほしい。
だからHDDみたいなのには抵抗がある。インターネットでのダウンロード販売でメディアを買って、音楽をデッキ内に入れて聴くようなスタイル。NetMDとか次世代の基準なんて言われるけど本当にそんなのが主流になったら嫌だな。CDの出荷量が減りそうで。SME系の発想なのかな、通常インセンティブに動かされるのが人間で、手っ取り早く求める音楽が入手できるようになればMXなんかに頼らなくなりそうだからね。でもこれはだめだ。著作権の侵害という一番大きな弊害を少なくできるかわりに一番大きな付加価値がない。自分で焼いたものなんていくら本格的にしても本物じゃないのだし。
あとメディアを多様化させるのも勘弁してほしい。DVD-RAM、DVD-RW、DVD±RW・・・これにはまいった。コンパチブル機がやっとこさリーズナブルなプライスで出てきたけど女性なんかは記録メディア間違えて買って「なんで?」と思うことも多々あったんじゃないのかな。

187/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -