■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 最新50
歴史に埋没しかけている音楽
246 名前:若葉 2006/02/16 19:18
おじいさん 様、「週刊誌」とは、どういう意味でしょうか?
「消費音楽(あるいはポップ・ミュージック)」という意味でしょうか?
・・・確かにそういう側面もあると思います。それを嫌う方(合わない)がいるのも理解できます。
「音楽的に弱い」「精神性に欠ける」という意味でしょうか?
・・・これは、ヴィルトオーソ作曲家がしばしば指摘される点ですね。

ショパンがこれを聞いてどう思うかはともかく、私たちは、以上のことは分かった上で聴き、判断しております。
つまり、それでも止みがたい魅力があると思っています。しかも、歴史上の作曲家の中で、十二分に。
シューベルトも聴きます。シューマンも聴きます。リストも、ドビュッシーもラヴェルも・・・その中にショパンを含めてはいけないのでしょうか?

でも、「低レベル」とか「どうでもよい」という意味なら、これは看過できません。
なぜそういえるのか、十分な説明をしていただきたく存じます。

187/800k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -