■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50
○+○+C+●+◎+◎+G+H+I+J+K+L+M+
レス数が1000を超えているので、これ以上投稿できません。
999 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/17 22:58
お寺の管長様が法話で「日本の高校三年生は自分に価値があると答える生徒は38%しかいないが、アメリカ人は90%弱で、中国人は90%強が自分に価値があると答える」という話をされた。日本人は人生に目標がなく空虚に生きているようだ。その原因を「子は親の背を見て育つ」と昔から言われているが、「明日はどんなおいしいものを食べようか」「こんどはどこへ行こう」という今の親の姿に原因があると言っていた。それは論点先取だと思った。まず個人主義のアメリカや中国でも子供は親の姿を見て育っているのだろうか。日本人との将来の目標の違いを調べると、アメリカ人と中国人は日本人より野望をもっているようだ。自分もそうだが、だから自分に価値があると思う。また、自己愛性人格障害者の比率の高い日本の場合、他人の目を気にして謙遜して自分には価値がないのです、と答えているのではないのか。日本の社会の場合、能力・思想・性愛の逸脱しているものはモラハラやイジメの標的になる。スケープゴートに選ばれないようにいいえと答える。インターネットは匿名で彼らの生の声が聞けるが「あなたには価値がありますか?」と質問してみたところ「あまりないですねw 役に立ちたいですが。」とポジティブないいえが多かった。また、匿名であっても「あなたには価値がありますか?」と聞かれて「はい」とはストレートに答えない。
自分は尊敬する人に「両親」と答える人間のほとんどがうさんくさい存在に見えてる。キリストとかマハトマガンジーではいけないのか。「人は親の背中を見て育つものである」という風に言われているから「自分は両親を尊敬している」といった振る舞いを為すのだろう。自分はそういう家庭で育っているのですよ、と。翻って他人を差別し、自己愛を満たしている。モラル・ハラスメンターの信者には僕に仕事を依頼する際の電話口で「今仕事から帰りました。自分は奉賛会の理事と舞踊部の部長と○○と○○をしていて大変で、今回電話したのは修養会の班長を◎◎君にお願いできないものかと(中略)。◎◎君のお父さんみたいに定年退職後はゴルフばかりやっていていつも家にいるわけではないのですからワハハハ。」「自分は○○君のお父さんみたいに暇じゃないんです ワハハハ」と言う。二回言った。どうしても念を押しておきたいのだろう。自己愛性人格障害者はそのように自己優位性を保つのである。

500/1000k

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -