■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50
さとりのしょ
1 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 21:49
今日の小さな悟りを書くスレです
どんどん積み重ねていきましょう
1000まで行ったらダーマの神殿でご希望の職に転職することができます

2 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 21:49
自分に厳しく他人に甘く
罪を憎んで人を憎まず
自分の思想に厳しく他人の論には甘く
論を憎んで人を憎まず
自分に厳しく論に厳しく

3 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 21:59
言い訳がうまくなった時点で本質的な部分での成長は止まる。
言い訳をうまくするのはもっとあとでいい。死ぬ時でいい。自分の死の本物のリアルさに対峙したそのときに初めて自分は死にたいから死ぬんだ!死は苦しみからの解放だ!と言う人生がいい。

4 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/09 22:00
日記読んでいると信じられなくなるけれど
あれもこれも自分が実際に経験したことだった。
今に一定の速度で続いている時間の過程にあるものだった。

5 名前:ナナシンクロニシティ 2004/12/19 14:43
今日悟ったこと
おちえて君というHNで書けば素直に教えてくれる

6 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/07 19:37
思い出への執念がある。日記は8年分、デジカメの画像は4万枚以上ある。想い出は紡がれていくその過程がすきだが、老年になっても僕は退屈することはないと思う。むしろまだ死ぬのやだという。まだぜんぶ見てない。

7 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/07 19:44
一神教は科学的だが人間の多元性には沿わない。

8 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/07 19:58
節度やバランス感覚のない神が多い。
自分を信仰してくれたと得意げに神威をふるってはならない。どうせその者はそれがあなたの力だとわからずあなたは毎回のごとく怒っているのだから。
盲目に求める人にそのままに與えてはいけない。知能の弱い人間にとってはその強さはアディクトとなって、あなたにたいして絶対的一面的に依存するようになるから。

9 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/07 20:17
どの神も、頼ってきた人間を救ってやりたい気分はやまやまなんだが、敷居はやはり高くないといけないんだな。
その神に認められるほどの莫大な考察と熟練とはどれほど莫大か、どこまで求めてくるかがその神の高さだ。もちろん向こうは自分に頼ってほしいし今すぐにでも神威を見せて自分の力だと知らしめたいのだが、本当に高い神はその者が悪くなるのを懸念する。本当に高い神は、他の低いものに就いたりしないか、途中で諦めたりしないかと焦れながら、自分の求める基準にまで成長するのを待っている。

10 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/15 23:47
自分のすべきこと=自分のやりたいこと
運命に沿った人生ではこうしてうまく同調している。
自分の第六観が好むことが、今自分のすべきことだ。
それは震源地まで潤す。
自分のすべきこと>自分のやりたいこと
こんな風に生きていては空疎だ
自分のすべきこと<自分のやりたいこと
こんな風に生きていても空虚だ
宿命感を欠かしてはならない。
宿命感ではない。
僕は宿命に対して信仰している。確信に至る日も近い。
時をおなじくしておそらく神についても。
確信ではない。当然の摂理として降りてくるのだ。
生來人間は一生空虚で空疎になることはなかったということを運命まで満たされたその日に知る。
いまはただ待つのみ。

11 名前:ナナシンクロニシティ 2005/01/17 03:38
今朝家の仏壇に向かってお経を唱えていたら、無理に専門外の知識を詰め込む必要はないと思えてきた。今はハタヨーガと呼吸法をしっかりやって般若心経だけ唱えていればいいと先生には教えられている。最近になって産土の神に祓詞を3回唱えるということが増えた。未熟な癖に余計なことはしない。
まぁわかってはいても手を出すわけだけど。
仏壇で浄土真宗のお経を唱えていたらすごく充実して、まさに唱えている熟語に帰依するかのごとくになった。御霊が降りて僕の意識を介して読んでいたのかな。

12 名前:ナナシンクロニシティ 2005/04/29 19:51
自分は知っていても知らないと言う風体で生きる。
知らなければ喜ぶ。
この世にまだこんないい曲が眠っていたのか、と。

13 名前:ナナシンクロニシティ 2011/07/14 21:13
アナクリティック・ディプレッションという鬱病があるけど
幼少期の凹凸も神様仏様のちからがあれば埋め合わせられる

14 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/12 00:23 [URL]
中沢啓治の「ゲキの河」を翻訳して出してくれたら韓國や中國との関係もよくなる。「ある日突然に」もよかった。原爆の奇を衒わない普通な描写がリアル。戦爭の恐ろしさを訴えるのは概してくどいが、それを芸術化したものは素晴らしい。

15 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/12 22:52
馬鹿が恐れているのは芸術・文化それ自身だ
自身を超越したものを見てしまう

16 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/15 16:33
馬鹿は言葉の定義からを必要とする

17 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/15 16:36
そして言葉尻を追いかけることはできても表現力をもたない
心のうちに宝石がないから
天才はジャンクDNAを土台にするが
馬鹿にはサムシンググレートが欠けている

18 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/16 22:44
エルは暗くなると吠える
耳が冴えるんだろうか

19 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/24 21:40
ルイが、松の木を登って家の屋根に渡って、窓から僕の部屋に入ってきて部屋を物色しつつ横切り、階段を降りていく。一日何回それを繰り返しているんだろう。

20 名前:ナナシンクロニシティ 2005/05/24 21:40
小学校のころ掃除が好きだった。地面の板の隙間にはネズミ色の粉状のホコリが詰まっていた。今はそういうのはすぐに積もるのでキリがない思いがするが、あの頃はホウキで取り除くことそれ自体が好きだった。

21 名前:ナナシンクロニシティ 2005/06/20 18:36
お釈迦様は苦しみを生の前提にしあらゆることに耐えることを苦行にした
性惡説とかマイナスの波動云々を掲げてルサンチしてる奴とは違いそれは前向きだ

22 名前:ナナシンクロニシティ 2005/07/22 22:22
http://www.butuzou.net/02info-b/kouzannze.html
マウンティングにワラタ

23 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/17 00:03 [URL]
http://www.butuzou.net/thai/007.html
そしてこれはニート君

24 名前:ナナシンクロニシティ 2005/08/17 22:22
驕り高ぶる者は
次の瞬間には脅えている
頭の良いものは因果に脅えていることを知っている
だから頭の良いものは驕り高ぶらない

25 名前:ナナシンクロニシティ 2005/08/17 22:32
人畜無害な人間になるためには
相当な行をつまないといけない
つまんないのもいけない

26 名前:ナナシンクロニシティ 2005/08/17 22:33
だいたい人が何を言いたがっているのか読めるが、
あるいは人がどんな思考のプロセスによりそれを誇るかはわかるが、
そしてそれは低次な思念であるということを証明せんとする鼓動は高まるが、
それでもなお怒るという度合いの激しさが減じてきた。
神の分靈による精神の牽引も、その助けをなしている。

27 名前:ナナシンクロニシティ 2005/08/17 22:34
怒りで焼失するものはあまりにも多い。
あまりにとか言ってると他人が見ると暑苦しいが脳みその正常さとか心情の清らかさとか哲学の健全さとか電波とかお花畑とか霊性とか人徳とか良い因果関係とか考えるとやはり、あまりにあまりになのなのだ。

28 名前:ナナシンクロニシティ 2005/08/19 00:33
またキャパを超えたものはやはり維持するのに困難で、つい外に流してしまう。いくら譽れ高いものも、自分以上に高いものであってはつい誇らしげで誇るほどに薄まる。そこを断固として口を守ろうとしてもつっつかれて吹いてしまえばTHE END。気息暴發。そして空に。徳は財産のように。ふうせんのように。

29 名前:ナナシンクロニシティ 2005/11/08 22:46



30 名前:ナナシンクロニシティ 2007/04/21 00:38
物理学的に靈性を証明できる人はいないのかな。形態までは無理でも、存在の有無ぐらいは…。霊感と物理学の両方がなければ片側は思考停止だから無理だろうけど、両方持ち合わせていてもMENSAでなければその推論は恣意的になるだろうし。

31 名前:ナナシンクロニシティ 2011/07/14 21:07
高校の現社の先生はたとえば政治家に文句つけるばかりの人に限って、自身は投票してないと言っていた。
引っ越してきた核家族は産土神社など絶対奉仕することはない。そういう人に限って自分がなにかの順番が後になると文句を言う。
他人様と比較ばかりしている内面的に未熟なじじばばのいかに多いことか。今の劣化した日本人に日本の伝統など芯から理解されることはないだろうな。

32 名前:ナナシンクロニシティ 2005/11/24 20:41
仏祖の道を行ぜんと思はば、所期も無く所求も無く、所得も無うして無利に先聖の道を行じ、祖々の行履を行ずべきなり。所求を断じ、仏果をのぞむべからず。

33 名前:ナナシンクロニシティ 2005/11/24 20:41
金を求めているうちは金に満たされはしない
金なんかなくともたいして困りはしない日本人
お金がないない病に困るのみ(「金」の部分は替えられる)
ただ働く、ただ踊る、ただ芸術にたゆたう
という原始性は、悟られるとまずい欲念があると難しい 高尚なもの

34 名前:ナナシンクロニシティ 2005/11/24 20:59
ということを、自分の馬の暴れに抑えがきかないときに、書いた

35 名前:ナナシンクロニシティ 2006/01/10 23:18
無諍三昧・・・諍いの生じない境地が天国
特に難しいわけではなく、葛藤がなければ爲せる業(初歩)

36 名前:ナナシンクロニシティ 2006/01/27 01:20
神の実在、靈魂の実在とは・・・
http://tukipie.net/forum/dark_matter.htm
これは分子になる暗黒物質があればの話
まぁ暗黒物質じゃないだろうけど


37 名前:早雲 2006/03/08 08:43
情けは人のためにならず
つまり人に優しくしていればするほど見返りがある。という意味ですね。
されど、優しくしても以外と見返りなんてないもの。つまり損する。しかし、数多くすれば必ず見返りはある。ただし。10あったら3あるかないか。
でもこの「損」ってのが人の価値を決めるんじゃないかと思いはじめた。
世渡り上手な人にある特徴を見出した。世渡り上手の人って周囲とうまくやって、人脈もあり得ばかりしてると思った。されどよく見ると周囲に気を配り小さな親切を積み重ねている。つまりそういう意味では「損」の方が多いわけだ。
これですね。「損」というのが人の価値を決めるというのは。人間というからには人の間にいる。人の間で自分を磨くということです。

あっここに遊びに来てください
http://8005.teacup.com/zhi/bbs

38 名前:ナナシンクロニシティ 2006/03/22 23:04
なるほど〜
BBS見たよ〜

39 名前:ナナシンクロニシティ 2006/10/19 01:28
 
      /) /)
      (´・д・) キコキコ
      (  O┬O
   ε=◎ヽJ┴◎)

40 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/11 07:33 [URL]
トップクオークがテパトロンで確認されたのが1994年だから僕の義務教育では素粒子は「電子」と「陽子」と「中性子」だった。その三つの素粒子が階層的に原子を構成していた。
その素粒子を構成する素粒子。それはクオーク、電荷、レプトンで、これも階層的に形成されている。なぜ対称的な階層が3世代なのかは未だ不明。
そんな緻密な自然の世界を覗いて、靈性や意識には階層があることを連想した。正直者が正直に話す時はドミソなど和音として数学的に調和している。いい流れの旋律。善人が恥ずかしく惡を振る舞う塲合はやや調性を欠いた音楽になるが、心根が浅い意味不明感ぐらいである。
でもトップやボトムに欺瞞や欲望のあるばあいはドミソ♯とか、あるいは倍音の伸びが悪かったり弦の調律が合っておらず不協和音を醸す。漏尽通はそこを嗅ぐ。瞭察力はその仕組みと成り立ちを読む。写実主義はさらにそれをストーリー上に表現するのでボヴァリー夫人クラスともなれば神業。

41 名前:ナナシンクロニシティ 2009/08/15 22:17
厭世に頷首すれば…信じられるものといえば絶望的な前途。
悪魔に頷首すれば…ハイなときはよくても途端に欝になる。
靈性は信仰する対象の影響を受ける。
仏に向かうか仏を名乗る未完聖人に従うか。
徳のないものに頷首すれば喜んでついてきてしまう。
その世界で「神」とされているものの愛情の基盤になっているものがあははうふふ撃退的なルサンチだとしたら、愛情に満ちている高いときは慈悲深くても愛情が欠けて低くなると途端に罪着せたがりになるとか考えられる。
仏閣でも開祖の人は聖人であっても、三代四代になって格式が保てなくなってくるところがある。普通にその高すぎるレベルを保てないってだけならいいんだけどね。でもどっかの新興宗教みたく、二代目で体質が変にセクト的になるってところは、もとがたいしたことなかったんだと思う。あるいはそういう階層にて高みに至ってたんでしょう。いずれカルト臭を釀してくる。
同調すれば霊性はそのとおりになっていく。何に同調するのかが人格を決定付けている。創価に同調すれば創価的な審美眼しか得られないし、低俗な論理に同調すれば低俗な宗教観しか得られないだろう。
ゆえに涅槃の完成されているところにしか回向(エコー)しないほうがいい。変なやつはつかず離れずがいい。低い階層が依然霊障に満ちていると、それが連鎖してこちらが業を負ってしまう。なまじ親切にしてはいけない。『超バカの壁』
徳のあるものに付き従えばこちらの徳性も階層的に明るくなる。よい波紋を広げていこう。そういうのは当たり前すぎてわからないぐらい。自然だから。

42 名前:ナナシンクロニシティ 2006/10/19 01:50
最も自然な精神は
意見をいわないところにある
最も不自然な精神は
人爲でなんとかしようとするところにある
最も不自由な精神は
毀損趣味に走るところにある

43 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/17 00:07 [URL]
言葉で感謝できないなら心で感謝する
心で感謝できないなら言葉で感謝する
言葉で懺悔できないなら心で懺悔する
心で懺悔できないなら言葉で懺悔する

44 名前:ナナシンクロニシティ 2006/06/23 19:50
概念を衝突させてどちらが正しいかという結論を追うものが多いけど色不異空。色不異空で捉えればわざわざ衝突させることはしなくなる。
見えているとおりの縁起(暗在系)・・・太陽が輪廻しないのは、太陽だからとなる。また太陽に魂があるのなら輪廻もしようもの。魂がないという概念における太陽が輪廻しないので、魂のある世界でも輪廻などないのではないかなどと結論を唯一に限定しようとすれば、色不異空から離れる。テクストコードが読めなければ衝突する。

45 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/07 20:51
水子の解釈もまちまちで、@受精した時点で、人となるとか、A妊娠数ヶ月で、魂が胎児の中に入るとか、B出産した時に、魂が赤子の中に入るとか、いろいろ説がある。@なら中絶したら水子になるし、Aなら中絶した時期により水子ができたり、できなかったり、Bなら中絶しても水子は発生しないことになる。
そこで色不異空なら、暗在系においてその反応があれば、いるなぁ、ということになり、因は生来の霊か、あとから霊化したものか、憑依霊か、御霊の主張から判断することになる。
聖典は霊性で読み解くことが肝要であるが、空即是色なら神話作用も神話作用としてちゃんと理解できる。よくある霊的な解釈は空乖離色で、そこに暗在させられているものが現実とかけ離れている。初めからビジネス的意味づけやサービス精神的解釈なのかもしれないが、因や結論を一つに限定したがると自然からは離れる。宗教の場合、自然精神から離れるからノープロブレムじゃ済まされない。
目に見えるものと暗在系はかけ離れてはいない。虫やミジンコには前世があるのか。人間だけが特別なのか。…単細胞生物にはやはりミクロなものしかないと思う。でも虫にも三分の魂というから、カルトにむかついても過激な虚無論へ向かうではなく、大切にすることは大切。

46 名前:月に疲れたピエロ 2006/11/16 23:59
闇というと光も何もない暗闇みたいだけど、心の闇には手が生えている。触手が相手を求めている。闇のサーベルが切り裂こうとしている。闇の縄が心臟を止めようとしている。
後の世で、己の愚かさに恥じいるがそれが最も大切なことだ。ジャンクDNAは記憶している…「嫌な予感」は過去に過ぎたあの闇の連想でもある。

47 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/09 00:31
夏は炎熱に苦しまず、冬は寒くないために髮はある
出家してあたまを剃るということは、覚悟のあらわれになるのかな
あたまに何かがぶつかることを考えると、たいへんにこわいよ

48 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/09 00:56
今の巨人が弱いのは中日のように巧みでないから。福留とかはフライを余裕で取れるふりして、実はそれはフェンスに当たる打球で二塁ランナーを三塁までしか進ませないとか、おとついの試合でも荒木が盜塁するに見せかけてストレートを誘い、井端にホームラン打たれた。打撃でも二人の連係プレーにやられてる。おととしにも、8回同点満塁のチャンス、落合監督は左打者の井上に替えて右投手相手に高橋光信を代打に送った。あの場面で死球を撰べるのは渡邊か高橋だけという選球眼の起用。相手投手の定まらない投球につけ込み、押し出し勝ち越し。
パワーゲームがケースバイケースな小賢しさにやられてる。
宗教的行いでも、懺悔の心持で反省すればジンテーゼされていくが、もちろん見ざる言わざる聞かざるもいい。こういうのはケースバイケースなのである。頭の固い人は原罪意識などにも凝り固まるからちょっとアレなことも多い。アルカイック・スマイルからは却って離れていく。子どもにあるのは好き嫌いで、大人にあるのは偏見だ。やったことのないことも試みてみる。
神を信仰するとか、阿弥陀に帰依するとか、遊歩道を散歩するとか、無酸素運動とか、坐禪とか、靈驗を集めるとか、無念の念に帰するとか、読経とか(調心)、祈りでも祝詞を選ぶかお経を選ぶか、ストレッチとか(調身)、深呼吸とか(調息)、瞑想やヨーガは指導が必要なのでやめたほうがいいけど、メソッドの選択は豊富にあったほうがいいと思う。且つ臨機応變で。

49 名前:ナナシンクロニシティ 2006/12/02 01:07 [URL]
宗教に懐疑的な人に言わせると
あの弘道おにいさんにも裏の素顔があって政治と絡んでる
てかクスリやってる

50 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/09 00:55
70年代のラックスをニアフィールドで聴いたら手放せなくなった。今のアンプは温故知新でもっと生命感を高めてほしい。ローテルなんかはそのへんずっと守ってる。中身みるとスカスカでこれで**万か!とか素人ながら思うけど基盤がソノリティを濁していることは確かで、いかにノイズ対策素子とか使わずに設計されているか… 玄人の人はその努力をスカスカの中に垣間見るわけだ。人との接点は大切にしたいけど、機械的な接点はなるべく少なくしたい、というのがローテルの有名な理念。
人間の本質も機械の本質も変わらない。
十年前にONKYOがA-927/A-929という無帰還の回路で設計されたアンプを出したけどそれはそれはモダンアンティークなアンプでデザインにはある種の完璧さがあった。古い良く感じられるものと新しく斬新なものとの融合、とはいうけどこの世界はあれを取ればこっちが損なわれるという感じで、A-917の音に比べたらA-927は生々しくもなんか素っ氣無い感じ。ぬくもりとか空気感なら今のデノンやマランツのが上。でも原始楽音の持つソノリティや鮮度や生命感 このへんは昔のアンプのが上。今のアンプでそれを出そうとしたらパワードライブして出す感じになる。だから少々うんちくくさいんだな。

51 名前:自由と平等について 2006/07/29 01:41
自由であれば人は平等ではない
平等であれば人は自由ではない

52 名前:ナナシンクロニシティ 2011/07/14 21:00
色=五蘊で知覚する世界など
空=空気?。プラーナ的な世界と思う
人はただ色不異空でありさえすれば落ち着くのである
逆に自分の存在と外界からの評価とかも

53 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/29 01:57
容姿、運動神經、知能指数、音感、霊感、倫理的判断能力、各種才能 etc. さまざまな差異がある。おなじものはない。
その自分にとっての色が、努力したさいに(思い上がりや無自覚はなかったという前提で)それ相応の評価・権力・給料・信頼という空を得られていれば、人(≒人々)は落ち着いている。(この場合は立場が逆になれば、色空は反対になる。)(受想行識は空なので、固体化こそが諍いの元になるのだけど。)

54 名前:ナナシンクロニシティ 2006/07/29 01:57
反対に努力しなかった場合も、傑出したある側面を見て宝の持ち腐れだとか、劣ったある側面を見てだめなやつはなにやってもだめだと、不増不減に評価されるのであればその人は納得しているもの。
世の中は慣性任せに自然のバランスは保たれている。
実際より低い立塲に追いやればその人(か神)に落とされる(因果応報)。実際より高く評価すれば外の人には馬鹿にされるか文句言われる。
しかしスーパーツイーターを使えばなぜか低域がまろやかになるように(SACD発売時のTANNOYの出展でやっていた)、自然に回歸して来る現象は、じっさいのところ想像力を超えている。(たとえNASAに比べてはるかに限定された世界であっても)。
料簡通りに一筋縄にはいかないから、現象を説明することは宗教なのだ。(輸入代理店のTEACがインチキしていたということも、なきにしもあらずではあるけど)。

55 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/04 01:03
相手を実際より外れて大きくではなく
実際の一部としてしか表現してないのは
僕ぐらいかな

56 名前:観音経・心経 2006/08/23 02:48
色不異空なら唱えればいいという問題でもなくなる。唱えるのが口先だけなら口先だけにしか作用してこない。祈りにおける空の濃度が濃厚なほど作用は長く続く。心がこもってないとだめだ。観音経も般若心経も、唱えることにより辺りが「氣」に充満するのは、心と心が干渉するからだよ。お亙いが干渉して意識を読み合う。それがもっと仏の心に近づければ、仏のほうが光を発するようになる。燃えるかと思うのに。
霊性の高いものほど先がある。僕はまだまだ中途だけど。

57 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:38
また『ダキニ、仏教名「茶枳尼天」。シヴァ神の妃パールヴァティーの化身のひとつカーリー女神(黒き女神)の従者であったが、仏教に取り入れられた神のひとり。その願望達成力はすざまじいものがあり、密教の秘伝の呪法で祈ると少々無茶な願いも叶えてくれるという。そのかわり見返りもキッチリ求めてくる神様なので、ある意味すごく怖い神様です。まっ、触らぬ神に祟りなしですよ・・・。』とのこと。
回向する対象によって影響も反応も違う。

58 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:40
心も空なので、一番暗いのは実はあの人なのよみたいなあるいは占い番組的な鼓舞みたいなのは、実体とかけ離れている。一時のたしなみによって普遍性からは遠のく。一度普通から離れると、なかなか元にはもってこれない。よくあるカルトは、意表をついたような、それはものすごいことなのよ的な判断にむしばまれているので祈りも過激になる。祈りの方が思想より退屈では心が安定しない。どんどん過激に呑まれてゆく。もっとも普通の祈りとはなかなか難しいものだ。

59 名前:ナナシンクロニシティ 2011/09/16 19:09
本来土地は平面ではなく、土壌として深度も活かされるものであるけど(草は地表に根を張り、木は深くに根を伸ばし、共存している。自然の方が土地活用が賢い)、コンクリに塗り固められて自然の気に満たされていないから、人々は霊の躍動しない世界で意思氣を形成されている。都会のど真ん中で信仰を持っても田舎より効力が薄いのかもしれませんね。かといって機根最劣に広大な大地にバックパッカーをしても少女を売春して日本に帰ってくるだけである。宗教的ななにかに「目覚める」(なんて言葉は使いたくないが)のはその人自身の問題になる。

60 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/12 07:33
すべての神仏は宇宙根源神につながる。基音には必ず倍音が含まれているのに天地の中間をなくしている議論がほとんど。哲学/宗教どちらかしかない。共産馬鹿は虚構論理を信仰している。

61 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:20
キリスト教では宇宙は創造された
神道では宇宙から生まれてきた
文学においても同じで捏慥でなければよい
音樂においても同じで模倣でなければよい
心は、自然に生まれた素性に拠るところであるならばよい

62 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:28
超越願望から魔境に陥る者多し
靜けさを保つのがよい
自然についてくる

63 名前:百体清浄 2006/08/23 02:28
目(め)に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を見(み)て心(こころ)に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を見(み)ず、耳(みみ)に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を聞(きい)て心(こころ)に諸(もろもろ)の不淨(けがれ)を聞(きか)ず…
http://boo.arinecoinco.com/hyakutaishoujoh.htm
百体清淨は、武士の靜けさに通じる
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89&lr=

64 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:29
武道で得られるものは武術
神道で得られるものは神霊
靜寂のうちにこそ最高のものが宿る

65 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:34
もちろんドミノ倒しで悪い部分がぜんぶなくなるわけじゃない。あれを取ればこれを失うというものはある。攻撃性が縮小し、竒矯態度がなくなるのはいいけど、世間一般から見て竸争力や魅力も消えているかもしれない。自我は安定しても創造性は失っているかもしれないし、霊性の機微は増しても危機感は減っているかもしれない。結局はどの絶対量を取るかになる。大学受験のときも青舂を犠牲にするか将来の安心感を取るかで、だいたいの人は受験を取ってきている。勉強のその内容が当時から好きだった人は、高学歴層にもそんなにもいるものではない。もちろん好きこそものの上手なれであり、偏差値は勉強にどれだけ没頭できたかに比例していると思われるけど。
祝詞においてはなにより神気に満たされるのが大きい。それを疑われて病人扱いされるという不快量より神気のすがすがしさが勝っている場合は神に向かうだろう。見ざる聞かざる言わざるで世界が喜ばしくなれば自己矛盾・思考停止・原罪意識な循環論法が100倍に煽る微細な要素のことは気にしなくなるだろうし、人々の平和と幸福を守る・拡大させる希求が強ければ強いほど時間を犠牲にしても祝詞の奏上に励むだろう。入学後に初めて純粋に励めた人はそれが将来の糧になっている。

66 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:34
百体清淨が成立するのは日本人は空気が読めるから。日本人ほど空気を読める民族はいない。だから表面的にもろもろの穢れを言いても、文字通り捉えられたりしないし表面的な穢れを穢れとして見て喧嘩になったりしない。

67 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:34
身にも心にも素朴さを保つべし
弦樂のような竝の波紋で

68 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/23 02:53
コジコジを読むとよい

69 名前:3のつがい 2006/10/19 00:19 [URL]
「仏陀はこの断見を常見とともに二つの極端な見解(辺見)として斥けて、中道のあり方としての縁起を説いた。」-『岩波仏教辞典』-
核力には中間子の働きがあるが、仏教でいう縁はそれに似ている。神話でも多くの場合、三つになっている。ボッティチェリのLa Primaveraの真ん中にいる三美神はなぜか三人であるし、古事記の始まりにおいても高御産巣日神、神産巣日神と天之御中主神という神様がいる。こちらはどれも独り神であるが、性別的な位置付けもできる。男性的な高御産巣日神と女性的な神産巣日神の一対の神格のほかに、天之御中主神という神がいる。原子の構成に於いても、陽子だけでは存在できない。中性子が必要。さらに、その間をとりもつ力が必要になる。中間子を発見したのは湯川秀樹。π中間子以外にもη中間子、ω中間子などが見つかっている。

70 名前:色不異空 2006/10/19 00:24
普通の目に見える粒子で考えてみると、原子核の大きさは原子の10万分の1(約10兆分の1センチメートル)。原子を甲子園だとするとその中のボールよりも小さい。それほどまでに原子はスカスカなのだけど、太陽を見ればわかるとおり光が強いと実際の面積より大きく見えてしまう。実際はスカスカな構慥でも光を反射した物体はスカスカには思えない。暗闇ではそうでもないのに。網膜は目に見えるもの(色)緻密な物体だと認識する。光を反射するのは原子全体からみてほんのわずかな素粒子なのに。その意味で、この世の一切は空なのだとする解釈も正しい。

71 名前:ナナシンクロニシティ 2006/08/25 23:46
「いとしい夫であるいざなぎよ、こんなことをするのなら、あなたの国の人たちを毎日千人しめ殺してやる!」
「愛しい妻よ、おまえがそうするなら、わたしは毎日千五百人の子どもが産まれるように産屋を立てよう!」
そう黄泉の国の帰りにいざなぎ・いざなみのお二方は話されました。
神代には濃密であっても今は希薄かもしれない魂。ひとつがふたつになりみつがよっつに。輪廻のたびに薄まる一方…? 大昔はふとした病気で死ぬのは当たり前、食物は随分まずしく冬に寒いは当たり前だった。その現代人から見て生きるだけでも修行になっているという人生の輪廻で最終的な高みに至っているのが現在の氏神の霊性かもしれない。霊性を退行させる働きをする苦労を誇り実績を掲げるという感覚はいにしえの世界には生じえない。
古代より現代へ進むにつれ、どんどん悟りから遠くなっていく。平均寿命が高くなるのはいいが生きることに苦労しなくなるので、平均霊性は伸びにくくなる。ウナギが神の使いとして保護されていたとしてもおいしいから喰う。それを批判するのはまた馬鹿げたことになるけど、自然の秩序、神性の秩序を亂せば自然災害に見舞われ、自然災害なら見えるからよいが手厚い守護まで減らし拡大した黄泉からの影響力も増して心は寂寞となり行いも亂されるそんな風水的諸現象はそのうち物理学世界でも検証されるたしかなことなので、考えにいれておく必要はあると思う。
今や霊性を向上させようなどという意識はほとんど思いもつかないことだが、秩序を亂してしまい石戸を開けられ浮遊するようになったものどもを(それは都市化の必然で致し方ないことなので)われわれはそれらを癒すとか光明にもっていくぐらいのモチベーションで祝詞やお経を唱えるなり禪なりヨガなりよりよく反省する生き方をするなどの必要があるんじゃなからうか。

72 名前:ナナシンクロニシティ 2006/09/01 00:06
祝詞で変えられるものはありとぞ大風呂敷ひろげてあまりに多くを変えようと望まないこと。泣く子が一たび泣くたびになだめる一唱の子守唄のような一巻の祝詞。そのようにして地道に緻密に形成されていくこころとからだ。

73 名前:ナナシンクロニシティ 2006/09/07 02:31
キリストと釈迦の共通するところは共に虚無ではないブラフマン格の実体のないものを知っているところ。
共通してないのはキリストは初めから神として生まれてきたと定義されているので釈迦のようには凡夫の思考がわからないところ。

昨日、秋篠宮妃紀子さまが男のお子さまを出産された。
男の子が産まれてほんとよかった〜。
心底よかったのだけど問題はこの精神(これは絶對精神ではないが)を冒涜されたときの対策になる。キリストなら初めから神なので地獄に堕ちることを教える。釈迦ならその次元の低いしがらみから早く脱することを教える。

74 名前:林浩司 2006/09/08 00:13
お寺の修行とはどんなものなのでしょうか ?
そして、それにどんな意味があるのか教えてください。

一休さんとかでみるお寺の修行というのは、座禅を組んだり、巻き割をしたり、掃除をしたり、お経を唱えたりみたいですが、どんな意味ががるのでしょうか ? 何かの本では右脳教育みたいなことが書いておりました。
お寺の修行は日常では出来ません。それで、もし出来るのならば、「反復」と言っておりました。それを言った人は、みなさまもご存知と思いますが、三浦道明と言うお坊さんです。この反復は、滝で煩悩を払うような効果があるかもしれません。
比叡山の修行で千日回峰行といものがあるらしいですが、千日で4万Kmくらい歩く荒行で50年にひとりほどやり遂げる者がいるそうです。これも、煩悩を取り払う「反復」といものかもしれません。ボクは一時期毎日15Kmくらい歩いて実戦したことがありました。
ボクはお坊さんになりたいとまでは思いませんが、いつか悟りを開いてみたいと思っています。お寺の修行はどんなものがあり、その意味を教えてください。

75 名前:ナナシンクロニシティ 2006/09/09 00:57
出家したことがないから修行内容はわからないです。お寺に聞いてください。お寺それぞれです。勉強会や坐禅会や修養会というのがたいてい日曜日にはあります。写経会や読経会など。プチ修行でもやったぶんだけ価値があります。産土の神社に参詣しつづけるのも大切ですね。
目的は、霊性を浄化・成長させることに尽きます。毎日やれることは家の仏壇と神棚をちゃんと祀ることなどがあります。お経は、お寺に通うことにしてからでもいいと思います。唱える意味を求めるのであれば、そこの坊さんに聞いてください。
http://www.shinran.ne.jp/nihongo/page1.html
悟りには52の段階があるみたいです。
いつかは高いものを悟れたらいいですね。中性的な人のほうが宗教的な才能がある傾向があるようです。それは絶對精神にかかわるもの・・・すなわち音樂や哲学にも言えることだけど。

76 名前:ウダーナヴァルガ 2006/10/14 09:46
* 他人の過失は見やすいけれども、自分の過失は見がたい。人は他人の過失を籾殻のように吹き散らす。しかしこの人も自分の過失は隠してしまう。――狡猾な賭博師が不利な骰子の目をかくしてしまうように。
* 他人の過失を探し求め、つねに他人を見下して思う人は、卑しい性質が増大する。かれは実に真理を見ることから遠く隔たっている。
* 恥を知らず、烏の首魁のようにがやがや叫び、厚かましく、図々しい人は、生活し易い。この世では、心が汚れたまま生きて行く。(粘着
* 恥を知り、常に清きをもとめ、よく仕事に専念していて、つつしみ深く、真理を見て、清く暮す人は、生活し難い。(人境不倶奪
* この世の中は暗黒である。ここではっきりと(ことわり)を見分ける人は稀である。網から脱された鳥のように、天に至って楽しむ人は少ない。
* この世は虚妄の束縛を受けていて、未来に変化する可能性のあるもののごとくに見られる。愚者らは煩悩に束縛されていて、暗黒に覆われている。(かれらには)無が有であるかのごとくに見られている。真理を見る人には何ものも存在しない。
* 人々は自我観念にたより、また他人という観念にとらわれている。このことわりを或る人々は知らない。実にかれらはそれを(身に刺さった)矢であるとは見なさない。
* ところがこれを、人々が執着しこだわっている矢であるとあらかじめ見た人は、「われが為す」という観念に害されることもないし、「他人が為す」という観念に害されることもないであろう。
* この世の中の人々は慢心をもっていて、つねに慢心にへばりつかれている。惡しき見解にとりつかれていては、努力しても生死流転を超えることはできない。

77 名前:ウダーナヴァルガ 2006/10/14 09:44
* すでに得たものと、これから得られるはずのものと――この二つは塵ほこりであり、病いであると知って、心を安定統一した智者は、それを捨てよ。
* 世の中は泡沫のごとしと見よ。身体はかげろうのごとしと見よ。身体をこのように観ずる人は、死王もかれを見ることがない。
* つねにこの身体を見よ。王者の車のように美麗である。愚者たちはそこに迷うが、明らかに知る人々はそれに執着しない。
* つねにこの身体を見よ。王者の車のように美麗である。愚者たちはそこに耽溺する。――老いた牛はそれに対する執着を離れる。

78 名前:ナナシンクロニシティ 2006/10/14 16:37 [URL]

女蛇に抱きつかれているネパールの仏像。抱き合っている。解釈するに、女蛇でも愛で返してやらねばその心は満足しないから。愛情に飢えるので人を求め、枯渇しているので人を条件反射で燬損し冒涜する。はじめはそれに応戦していても、やがてはより巨大化した蛇となり、一層ダラダラした寄生虫と化す。むこうにも一理ある。悟りからは離れる論理にそれ以上埋没させるわけにはいかないので、その存在を認め、愛で応じることにしたのだ。仏陀の望みは蛇を陀にすることなので。

79 名前:ナナシンクロニシティ 2006/10/14 17:42
「釈迦弥陀は慈悲の父母 種々に善巧方便し われらが無上の信心を 発起せしめたまいけり」(親鸞聖人・高僧和讚)
自力や勘案の働きを失わせてからの仏教

80 名前:ナナシンクロニシティ 2006/10/15 12:10
「帰依」というものの本質は、盲信とか服従する意思による行爲ではなく、
盲信とか服従を含む自力の働きを徹底して消し去る態度のうちにある

* この身体は水瓶のように脆いものだと知って、この心を城のように安立させて、明らかな智慧の武器をもって、悪魔と戦え。克ち得たものを守れ。しかもそれに執着するな。
* この身体は泡沫のようにはかないものだと知って、この心を城のように安立させて、明らかな智慧の武器をもって、悪魔と戦え。克ち得たものを守れ。しかもそれに執着するな。
* この世界は水瓶のように脆いものだと知って、この心を城のように安立させて、明らかな智慧の武器をもって、悪魔と戦え。克ち得たものを守れ。しかもそれに執着するな。
* この世界は泡沫のようにはかないものだと知って、この心を城のように安立させて、明らかな智慧の武器をもって、悪魔と戦え。克ち得たものを守れ。しかもそれに執着するな。

原始仏教も浄土宗も通底している。臨済も親鸞も。

81 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/10 22:30
愛や慈悲を信じられない割りに煩悩と感情は信じていて、善性の在り處を追求する割には存在は芥であることは肯定する。それすらも無なのだから、無でいいのではないのか?。というかそれ以前に、愛や慈悲の在り處を求めるわりに、芥であることは在り處があるというのは既に自己矛盾。
神を否定し宗教を否定することは肯定になる。科学を宗教とするのは、言葉に在り處がないから。イデアは形而上にしかない。少年合唱団の声質がどれほど美しく、少年自体はいらずともその声だけが欲しいと思ってみても、それを手に入れることはできない。空気振動を止めることができれば手の中には入るかもしれないが。

82 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/10 22:56
低振幅なレスならいらない。

83 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/18 20:44
世の中には霰見される甘さがある。
たとえば神道はぜんぜん煩悩を肯定していない。物語(ミュートス)だからそういう解釈も生まれるんだろうが要するに、そのまんまというもの(理想でない現実)(肯定も否定もない)。言葉で考える、理論を面白がる、ってものでもない。

84 名前:そのまんま縄文杉 2006/11/14 22:20
理想のない現実とは、人間臭くないということ。
縄文杉をみて人は教訓や理想を描いたり感動を述べるかもしれない。でも縄文杉は縄文杉。神は神。
縄文杉というのは樹齢7200年(推定)で相当でかいが、案外形状はほかのやつに比べたら普通で、(エヴァンゲリオンみたいなのは生えているが) 長生きするには、普通に成長するのがよいのだとか、大木も年輪の積み重ねとか、島の主は最も晉遍的なものだったとか、いろいろ思うけど、見たことのない人に表現するのは不可能だから、縄文杉は縄文杉
語りえぬものについては沈黙しているのが神道の姿勢。これは仏教でもキリスト教でももちろんそうだが、人間学になっている分だけ、語る傾向と布教する傾向はある。

85 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/14 22:55
仏教は人間の善でキリスト教は万軍の主で神道は自然の美。日本のカミは日本で発生して日本に住むことにしたから日本のカミなのかな。あるいはもっと起源を辿ると四季のあるこの理想的な孤島を天津神は日本として選んでここに素朴で清澄なカミが集まっていたのかもしれない。ε=ε=ε=ε=ε=(o・゚∀゚・)o ブーン

86 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/14 23:07
古神道に日本雛形の文書がある

87 名前:林浩司♂ 2006/11/18 18:10
俺の悟りとは
精神を統一し、心身ともにきれいに、おだやかにすることだ。
そうすることで、客観的に自分が見ることが出来、足元がしっかりしてくる。


その修行法とは!?

一、瞑想する

一、ポジティブに心を持っていく

一、自分の懺悔をする

一、きれいにした心で、おだやかに掃除、洗濯をする

一、願望を唱える(5分くらい)

一、ゆったりとお風呂に入る。
体をよく洗う
お風呂によくつかる
お風呂に使ってる時に、自分の願望を唱える。

俺は自己流のこの修行法は、懺悔する事で、自分を客観的に見ることができる。ポジティブの心も大切だが、ネガティブな心も、自分の足元を見定めるためには必要なのだ。
天上天下唯我独尊
つまり、この世に自分は一人しかいず、その自分を限りなく愛してやる事。そして、自分の欠点も限りなく愛してやる事。欠点は人と比較して出るものだ。そう、煩悩を全て打ち消すことが出来たとき、悟りが開かれる。

88 名前:ナナシンクロニシティ 2006/11/20 01:06
今日の煩悩を明日に持ち越さないためにも
懺悔するのはたいせつだね

89 名前:ナナシンクロニシティ 2007/01/26 20:21
とくに眠くない変な時間に寢ると、その間にはかなりの確率で金縛りにあう。でも今回は霊的だった。般若心経を唱える少しこわい僧侶の二人か三人に助けられた。彼らも唱えていた。その般若心経はアテンポで、僕自身はあんまり仏閣の般若心経は聴いたことないはずだけど、普遍的にある唱え方だった。助けに来てくれているということはわかった。次に警察が現行犯を捕まえるときのように頭を抱えられて、僕は体内にいるものを捕まえていることをわかっているのだけど、その僧侶は本当に大丈夫なのかは疑っていた。不浄行者の類いもいるし。でも手からくる氣が、仏閣独特の清々しいやつだったので信頼して、どこで覚わったのか知らないが、思い切って顔から憑き物を放出した。すごいすっきりした。同化しているものだったのですごい苦しかったけど。離れる間顔は厭に熱かったし。でも僕自身は幽体離脱せずに、そのまま肉体のままの自我であった。それだけが連れられていった。成長してから戻っておいでと言っておいた。起きるとテレビで世界遺産がやっていたので観に行った。

90 名前:ナナシンクロニシティ 2006/12/10 02:28
どれほど有無の議論をしてみても、魂は半永久的だと思える。
その魂が集まる磁場に縁があるから。
だからこそ、神の前に人は平等なのだね。
自分だけ出し抜けようとしても引っ張られる。
まるでコップの水に飴玉を入れて一日置いておけば、完全に平均化するみたいに。

91 名前:ナナシンクロニシティ 2006/12/10 02:55
ただし上のほうが透明で下のほうは濁っている

92 名前:肉体精神力の即効性⌒ 2007/01/25 22:09
たとえばある寺があって、宗主から三代目までは最高のレベルを保っていた。ちゃんとした浄土真宗の寺である。でも四代目の人が自殺し、それから末代17代まで忌まわしいものに憑かれていた。檀家の人は霊障を被る。でもそこでわいてくる疑問は、なぜ三代目までの人は力があるのに後代を救わないのだろう。夢と現実ぐらいの時間差のうちに、普通に待ったままでいて「他力本願で上がってこい」と教唆したまままだ這い上がってなかったとか。または自分まで一緒にそこに堕ちては寺がもう成り立たないというのもあったのかもしれない。でも合理的にはたぶん人が病氣やノイローゼに陥り、そこから復歸する力が威力になるからだろう。それもまた人自身の成長にもなる。
なんであれ、人は地獄に不淨と共に堕ちてもすぐに這い上がれる。下痢になってもすぐに元通りになる。その繰り返しの慣性、筋トレの超回復のようなものに乗じて快癒してゆくのは、思っているよりすばらしいことである。それを阿弥陀の力といって尊ばれているかもしれない。(その寺は、能力のある人が一代一代供養したので万事解決。3か月たらずで救われることになった方の視点で見れば、それを縁というのかもしれない。)

93 名前:ナナシンクロニシティ 2007/04/24 09:54
霊は起きているわけでも眠っているわけでもない状態でいられると思う。殺氣立った御霊を鎮魂で眠っている状態にすれば快癒すると思うけど、普段寢ているものをいきなり呼び起こすと人間の生体と同じく、あまり気分はよくないと思う。だから般若心経や六根清淨の前半のような、状態を詠むのだと思う。

94 名前:ナナシンクロニシティ⌒ 2007/01/25 22:09
もずくスープとかみそ汁を飲んで「おいしい」という感覚は、
幸せな御霊の供養にもなってるだろうな。
ささいな幸せも、思っているよりはすばらしいこと。

95 名前:ナナシンクロニシティ 2007/02/06 00:19


96 名前:ナナシンクロニシティ 2007/04/17 22:59
ストア派ではヌースはロゴスに含まれるらしい
その考えはわかった。じっさいにあるイデアは
真理、論理、言葉であるから。ロゴスはヌース
の役割もあるという発見がちょっといいかんじ

97 名前:ナナシンクロニシティ 2007/04/18 21:54
泣いたぶんだけ成長できる
最近の子はあまり泣かない
進化している証拠だろうか
基準が低まったのだろうか

98 名前:ナナシンクロニシティ 2007/05/16 00:46
山は噴火するのに

99 名前:ナナシンクロニシティ 2007/05/29 00:16
愛により固成し
憎しみにより霰亂す
偉大なシステムを爲すには
合理点が優れていなければならない
反發状態であれば素直にシステムを作り替える
その繰り返しが成長といえる

100 名前:ナナシンクロニシティ 2007/06/09 00:31
勝負亊の世界では
憎んだほうが負ける
負けるほうが勝つ

101 名前:ナナシンクロニシティ 2011/08/19 20:32
陰徳をする人は
名前を名乗らないが
中傷をする人もまた
名前を名乗らない

102 名前:ナナシンクロニシティ 2011/08/19 20:33
神社のお札はパワースポットだが
市民にまんじゅう配るみたいに渡しても
なにかよいことあっても棚からぼた餅

103 名前:ナナシンクロニシティ 2009/01/22 00:58


104 名前:無功徳の徳 2009/01/21 20:03
徳を積むに徳積みするという意識、修行をするに霊性を上げようとする目的があってはならない理由それは…たとへば見とれて誰かを好きになるときたいていその人はその姿しぐさの特定の者に放つ美しさには気付いていない。自己の美質に気付いていない人の美質のほうが自然に溢れかえるし気付いてしまえば醜い美質に成り下がるからである…また人のためにと思うてやっても、根本的にズレていれば効果は薄い。たいがいズレている。

105 名前:ナナシンクロニシティ 2009/01/24 17:36
仕事も恋愛も自分の思うとおりには事は運ばれない。
ただ一心に余念なく事に励めば想定外に良い運びになるもの。
それを大切にする。

106 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/08 16:15
維摩一黙

107 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/21 19:15
自然界の中に霊界がある・・・
自然界そのものが自然であれば
霊界そのものは神であり自然である

108 名前:ナナシンクロニシティ 2009/02/22 15:05
僕が寂しがっていたら
猫が雀をつかまえてきて
しばらくそれで遊んだあと
ふとんの横に置いてくれた
僕はそれをどうすることもできないけど
絵になるから素敵である
やっぱり失恋したかな

109 名前:ナナシンクロニシティ 2009/03/27 23:11
精子はあれだけ小さくても動いている
卵子と合わさると母の胎内で大きくなる
魂は育まれる
魂は受精した瞬間に宿るものでも
へその緒が切れた瞬間に宿るものでもない

110 名前:ナナシンクロニシティ 2009/04/03 13:47
食糧に満たされケミカルの医療は浸透し
最近は人が簡単には死ななくなってきているから
― 死んでもいい奴まで生き残り
― 生きるべき人間が生きにくい世の中になってきている
犯罪も低級化し昔の人には考えられないような精神構造になっている
命が尊ばれない
理不尽かもしれないが、劣性遺伝子は本来残すべきではないのだよ
ヒルコと同じく舟に乗せて、海のむこう遥か彼方へ流すほうがよいのだよ
この地上を護るために

111 名前:ナナシンクロニシティ 2009/04/11 08:10
実のところ誰もその人に 遵ってはいないだろうな と思える偉い人がいる
部下はみな従うが、それは聞かざるを得ないからである  しぶしぶと
自分で思っているほど 自分は尊敬されていない ― 肝に銘じるべき
ブッダには数多くの賢者が遵うのに、錯覚した人は歳老いるごとに離れる

112 名前:ナナシンクロニシティ 2009/08/16 19:48
人は卑怯であることを恥じる
卑怯は、恥という有益な作用を生む

113 名前:ナナシンクロニシティ 2009/08/16 19:54
何かを教えてもらうという事は
自分のDNA(霊性)がその様に変化するということ
その人のように成りたくないなら宗派を変えるべし
むしろ教えたがりの人は人生に成してない事が多く、自分のDNAを育みたい状況にある
教える側は有限性のうちにある自己の一部を共有していただいた事に感謝すべし

114 名前:ナナシンクロニシティ 2009/09/03 21:45
暗いのにしゃべる人よりかは、たとえ無口でも、心に愛のある人の方がよい。

115 名前:ナナシンクロニシティ 2009/09/06 19:18
世の中を見て厭わしがるよりは厭わしがらないほうがいい。
でも悦に入るよりはグレているほうがいい。

116 名前:ナナシンクロニシティ 2009/10/06 21:32
幼稚な考えほど客観しにくく客観されやすい。
高尚な考えほど客観しやすく客観されにくい。

117 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 21:35
電波っぱが理解できない人間が
いるもんだなぁ。世の中には。
やっぱり義務教育時にIQ計測は必要だわ。

118 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 22:26
文体【エクリチュール】に美意識があると
音楽がどんな風にでも解釈できるように
その文意は解釈できてしまう

119 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 22:30
しかし人がそのエクリチュールが意味不明と投げ出す時は
たいてい美意識か集中力を欠いている
読解以前で止まっている

120 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/26 23:18
でもそのエクリチュールはエクリチュール自体が構造なんだよなぁ
論理的に正確に再解釈する必要はない
右脳で読め

121 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 17:40
ブリジストンのクロスバイクが盗まれた
不偸盗戒が破られている人間に盗まれた
やっぱ縁が悪かったんだなぁ
階層の低い人は我慢できない

122 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 17:45
たとえば すぐに犯罪をしてキレる人間が健康的な姿で居られるとしてもその臨界点は低い。
キレる事が許されなくなればすぐさま顔面精神は歪んでくるだろう。
仏様は気が長い。だからいつまでも仏様としての美しさと慈悲を保っている。
一時的に仏様になったとしても臨界点の低い仏様は下仏である。
進化をするなら臨界を広げられなくてはならない。どうせすぐに限界が来て元の姿に戻るので。
どんな境涯でその健全な姿を保てるか。空気の薄なるような高い場所で中庸や美意識を保つことが難しい。高ければ高いほど。

123 名前:ナナシンクロニシティ 2016/03/25 22:09
恋愛すると、天才じゃなくてもよいように思える。
天才の子相手に恋愛をしたためしがない。
逆に、自分が天才でなくてもいい。
素朴が一番なのである。

124 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/30 21:21
今は交通事故より自殺する人の方が多いらしい。お金はいくらでも遺されているらしい。
近所には退職金もいいときにやめて、何千万も残して、子供や人にあげてエバってる人がいるようだ。
その人の話を聞いて親父は、「そういう人って、働いてる時、どこにも遊びに行かなかったんだろうなぁ」と言った。
この言い訳が解るかな。臨界点が。
魔のささやきとはそういうものだ。自分だけが昇ろうとすれば、そういう悪魔のささやきが襲ってくる。
魔…。相手に言いたくて仕方がないのだろう。だから言い訳なのだ。思うだけに留まってない。

125 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 13:07
札を刷れば景気が回復するというのは一理あるよと主張する人も居るそうだが
誰も根本的な解決には結びついていない
パラダイムの転換(変化)を受け入れられない頑固な脳では発想も狭く偏り
カンフル剤を投与しているうちに寿命が来る

126 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 13:17
世界の終わりには火災風災水害が来る
その前の段階では刀兵災と疾病災と飢餓災が来るが
今はそれより一つ前の段階だろう
悟りを衒う者すら神仏の霊性を宗教とか言ってる
今の社会にはマトモな霊性をしている奴はいない

127 名前:ナナシンクロニシティ 2009/12/31 14:01
造花か本物か
本物の植物には人工では作れない繊細さがある
花びらにはヒューミッドな感触がある
雄しべと雌しべが分かれる過程にはL'elan vitalがある
勝手に分かれてたまたま合理的で生き残っているわけではない
どういう意志でどうやって分かれたのか?を考えなくては
その人の哲学は神などには到達しないだろう
Yahoo!質問箱には浅薄な回答人間が溢れている
L'elan vitalが欠けているから知性を諷意するも容姿はそれに伴っていない

128 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/01 00:29
目にもろもろの穢れを見て
心にもろもろの穢れを見ず
心にもろもろの穢れを触れず
心にもろもろの穢れを思わず
あけましておめでとうございます

129 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/02 21:24
ゴルバチョフは核戦争には勝者がいないと言っていた。
最も憎むべき相手と中距離核戦力全廃条約を結んだことは、
キリスト教の「左の頬を叩かれたら右の頬を向けよ」という努力の体現だろう。

自己表現が出来ない環境にある人はプラーナが滞り歪むので人を信用できず、自分だけが生き残ろうとする。生き残るために環境に悪いものを省みず生産し、使う人間のみでなく周りも間接的な中毒にさせる。
床にワックスを散布する事は自己満でしかない。小中学校で休み前に塗っていたものはいい匂いでまだ健康的で良いと思うけど、今の住宅用の使い易い化学薬品のスプレーのワックスって意味があるのか。使うほうも馬鹿である。
見た目イカニモ何かを散布しましたという趣味の悪いテカリ具合、シンナーが入ってるし、よくわからない匂いする化学薬品を吸引し、気持ち悪いし気管支が妙な感覚だし、この真冬にそれらが完全に気化するまで換気しなければアトピー(弱い癌)になる。寒すぎる。
お寺で供養をする事は、マイナスよりプラスのほうが大きい。修羅の戦いでも霊性が人を促し物質的に何かケミカル等を大量生産でもしない限りプラマイほぼゼロである。資本主義からパラダイムが転換するには「人間なんか信じてるから騙され」という悦の常識から変えるという苦痛が伴う。一種の恥が。自分だけが生きて性交をするという狩猟民族の非我との関わりを体現するほどに、恥にも気付かなくてはならなくなる。供養はしたほうもされたほうも嬉しく、供養力や質量を競って負けても勝ち組である。相手の方が供養力がありその質量が勝っていればそれは霊性的に自分より優れており進化しているわけだが進化するほど自我も普遍的なものになり勝ち負けで負けても良い価値体系や行為の枠組みにいるわけだが僕に多少未熟さが残っていて負けて悔しいと思っても負けるほうがありがたいという行為の枠組みに居る。


130 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/02 21:58
エコーには長さがある
長いエコーがエコーとして聞き取れない場合
こじづけに聴こえる

131 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/11 20:59
人生経験の深さと浅さは、肯定か否定かで成り立つ

132 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/14 07:36
世の中、たいしたことない奴がえばってる

133 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/26 22:31
容姿とか財力とか知能とか…人はそんな無常なものにかまけていられるほど幸福とも云える

134 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/26 22:32
空なる人にはプロファイルは必要なく、保証がなくてもやっていける

135 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/31 07:56
結婚は固定的な制度ではなく移ろいゆく感情からするものである。
恋愛結婚が最高で、恋愛結婚をした人は「結婚」を人生で最も幸せな3つの事の1つに数える。
お見合い結婚ではそれなりの人生にしかならない。相手を見つけたのが産土の神様とか神仏のネットワークならともかく、またはその後に恋愛に発展したのならともかく、偽装結婚とかやっつけ仕事な結婚では「結婚」は人前で恥ずかしい段取りをこなすだけの行事になる。どちらかというと思い出したがらないだろう。
その後どうなってゆくかが問題だけど、人間としてピュアであれば恋愛も温存されるし二人の絆も深まる。この世のはじまりや生命の誕生と同じく、はじめに愛情ありきで、それが欠落していたら子供も可愛くないし温存するものもない。

136 名前:ナナシンクロニシティ 2010/01/31 11:19
御守り大好き
胸に抱いて寝るとぐっすり
僕は生涯独り身だから映し身を持たなくなってから原初的な神に近いものになれる

137 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/04 00:05
恋愛と子どもへの愛と霊性(先祖や神)の愛
この3つが人間が原初より持つ根本的な幸福である
この愛の前には学問も経済も色褪せるほどの根源的な生きる意味である
結婚と子どもが出来ない運命なら
普通の人の三倍神を信仰すれば普通の人並には幸せになれる
でも神と仏の霊性が消えてくると途端に生きる意味を失い気分を損ねている
僕が何故ここまで神に近付いたか それはもう必然のパターン
たとえば仏の霊性には自身が仏でないとそれに感応しない(音楽に於ける粗密波と耳と知能の関係でも同じことが言える)けれど、それは誰にでも可能なことだけど、
死に迫る病にならないと命の尊さも身を以て解らないように
たとえその現象が物理学で証明されようとも そこまで信仰と精神修養は継続しないものであるからである
一瞬でもこの運命は、晴れることがないのだから 抑圧が解放されることはなかったのだから
僕が神に仏に近付いて感応していてもジェラシーを抱かないでね

138 名前:ナナシンクロニシティ 2011/09/16 18:07
男は分析が好きだがなにか現象や物事を「分析」するとき
知能を駆使して分析しているのだから
現象や物事はその知能よりも次元の落とされたものになる
知能は知能以上の物事を知れないからである
分析を繰り返すと現象や物事を軽く捉えられた世界観になる
反対に女は元来のものしか好まない
だから噂話ばかりだ

139 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/05 21:12
存在は進化をするほど中性的になる
神にも仏にも性別はない〔100回書いた〕
あぁドグマチールでも飲んでるの?
草食系男子と肉食系女子を見下ろすその優越感
あまりに鼻息の荒い男性性や
あまりに化粧をされた女性性は
劣っている

140 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/09 20:27
漢意(からごころ)
仏教や儒教など中国の学問により感化された心。
本居宣長は、漢意を形式ばって理屈ばかり説く堅苦しい精神的態度とし、このために
日本人は生き生きとした感情が抑圧され、真心を失ってしまっていると説き、日本古来
の「惟神の道」に返ることを主張した。(山川出版『倫理用語集』)

141 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/16 00:21
神話の中に美しさを見いだせぬ者は
FFの幻獣図書館とかに行った方がいい
− 強さとは正しい心 −
それを持つ者にしか強さは与えられぬ

142 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 00:17
音楽も人の心も複雑の限りを尽くされてる
ほうがいい

143 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 14:49
僕の所有物など供養〔祓清め〕する段取りを勘案するのは楽しいけど忘れる
考えるより常に働き回るほうが結果的にはこなす量が多いし
縁があり次第に褒めたり愛を深めたり美しさを見いだしてゆく方が早い

144 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/12 23:42
能あるバラは棘を隠す

145 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/14 12:24
さとりというは究極には芸術の根源ともいえる主観的な意思であるが、阿弥陀やさとりは仮想であるという客観の〔自意識過剰な〕想定を乗り越えるにメンタル的な強さが必要なので、さとりという繊細で最も美しい内在は外で鍛え抜かれる事や修行が必要である。
さとりは「仮想」であるという俗民の賤民思想〔その論理を形成する性は幼児的なもの〕に阿諛追従するような合意をすれば〔血筋の高い神からの信頼を失うし〕自分自身に乗り越えられない客観〔という防壁〕を作ることになる。そうして二乗の輩はさとりから遠ざかってゆき、生ざとりの世界が開ける。

146 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/23 23:31
http://blogs.yahoo.co.jp/hanshirou/folder/983723.html
「ルソーは、子どもにはいかなる種類の懲罰も加えてはならぬと云う。」
「ルソーの唱える消極教育とは子どもがのびのび出来る環境を与えておいて、理性や道徳心が自然に備わるのを待つということである。」
「子どもを悪徳や誤った精神から守るための消極教育は、特に無知で無慈悲な親から子どもを保護する為でもある。」
J.J.ルソーの思想は、ワンマン経営の工場とか零細企業などにおける、部下の教育等にも言えることである。失敗を許すことができず、すぐに替えが利くミスでも30分でも1時間でも怒りの形相が収まらない抑制の効かない上司に社員は抑圧的になっていても、仕事ができるようにはならない。むしろスポイルされる側面のほうが大きいだろう。もっと世の中の下の方にも浸透してほしい思想である。

147 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/25 00:12
技能的云々は良かれ悪しかれ、存在的に未熟といえる存在は、神と宗教を批判する割に悪魔ばかりは信じて共に口撃している輩の霊性と階層的にも似ているので、般若心経を10貫も20貫も唱えても、自己の素直な素性を見つめ発露させるために光明真言を100遍も200遍も唱えても、ほとんど清まり美しくなることはない。
神棚や仏壇なら数日なにもしていなくても般若心経なら5巻で清らかで日本的な霊性が強まってくる。それはJ.J.Rousseauはエミールに書かれている良くできた子の素性にも似ている。すなわち良くできた子というのは、たとえば誰かに裏切られたり虐げられたりしても、一度でも謝られれば、すぐに相手を赦すことが出来るという素性をしているものである。存在的に未熟なものは、少しでも批判すればそのセリフを永遠と覚えている。存在的に高度な者とは反対の素性をしている。

148 名前:ナナシンクロニシティ 2010/02/25 19:23
神とか仏を批判する人は、たいてい悪魔には従っている。
ヤクザとかチーマーには逆らえない。ルソーは理解できない。
悪魔系なんて始めは強くても、ある一定のレベルを境にアビリティの伸びに限界が見えてくるのに。
たとえ使える自滅系魔法は強烈であっても、白魔法が使えないパーティーなんて雑魚いのに。

149 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/04 23:26
時間をかければやがてフラットになる
角砂糖をコップの水に入れておけば
攪拌しなくても一日で透明な砂糖水になる。
 ∵ 宇宙全体を孤立系、いつか因果応報
でもなんで角砂糖は平均的に拡散するのだろう。
どこに拡散する力ってあるんだろう。…。
~(゚゚∀゚゚)~ あ!
そうかきっと、砂糖は水に溶けたいのだ。
そして、水は砂糖を溶かし込みたいoοo

150 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/16 00:03
仕事は ささっと処理して一回調べて終わらないかん。
人間はこだわりをもつ動物なのでどうしても細かなところにこだわりはじめるけど
仕事は芸術作品を創っているわけではないのでそれくらいドライでいい。客観的に考えるとそらそうだ。
宗教でも学問でも 上のほうに行く人はどうでもよい部分に足を引っ張られていない。
それも志すものが高ければ高いほど 囚われが無くなってなくてはならない。

151 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/16 22:11
情けは人のためならず。情けとは慈悲のことで、本来は情けをかければその功徳は巡り巡って自分に返ってくるという意味である。人のみでなく自分も生かされる。情けは良いことで慈悲深いものであるほどよい。違うというなら"情け深い"とは否定的な言葉なのだろうか。たしかに、慈悲を見下す輩においては否定的な意味合いであろうが。
しかし『情けは人のためならず』… この間違えた解釈の宗教がどれだけ社会に害毒をもたらしてきたことか。いまに殺し合いの時代になるだろう。その宗教配下では人は育たないし その無慈悲な在り方を"そうだそうだ"言って都合いいのはワンマンぐらいだろう。

152 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:40
なぜ神を信じる人のほうが、信じない連中に比べてイケメンとかかわいい子が多いのか。
また、なぜ最後は天満宮や受験の神様に願掛けした人の方が、志望校に受かるのか。
馬鹿ほどかわいいから?
単純な人の方が迷わないので?
それは前提を間違えていないからだよ。
顔に性格・素性は現れてくるというが、無反省の無神論より平均すると、有神論の方が性格が良い。
それは反省をするからナチュラルキラーが活躍するし、また根本的な部分で嘘をついていないから、
レゾンデートルが素直な(神のままの)姿で息吹を(゜(゜゜oすのだろう。
その姿が~にも好まれるのでそれが変わりさえしなければ~に護られるのだろう。

153 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:25
ストレスを溜めると体に悪いと言うけど、ストレスを発散する方法を間違えると他人の体を悪くする。
ストレスを溜めると体に悪いから、というのは喫煙者の言い訳のように、抑制できない人の言い訳である。
ストレスを溜め込んでない人は、周りの人にストレスを溜め込ませていないか、すこし省みてみるべし。

154 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/25 22:31
世間に合わせていても世間のレベルにまみれる。それより自分より遙かに高級な力を持った存在に従っているほうがいいだろう。
このまえ大祭で聴いた法話によると、一心頂礼とは、仏様の足下に跪くことである。自分が自分が、と仏様の力になろうとするより、仏様に力を頂こうとするほうがよさそうだ。実際霊性は高揚してこない。素直に頂礼するほうが神秘的な功徳が得られてすがすがしいのは、そうするほうが滞ってないからかな。エランヴィタールか相互に慣性任せ(自然のバランス)に循環するからかな。しかも仏さまだけでなく、どんな相手にも(心では)頭を下げて頂礼しているほうがうまく回る。

155 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/28 13:47
体育会系でも武士道でも 二流とか下級武士はたとえば怒りを威勢と取り違えている
本物は他人にたいしてではなく自分にたいして厳しい
自性体育会系の酒飲みは「甘え」を通り超えて依存している
他人にたいしては虚勢を張り、自分には甘い

156 名前:ナナシンクロニシティ 2010/03/30 00:30
武士道でも体育会系でも茶道でも精神論はあるけど、精神自体を問題にするのは宗教、仏道、神道等。
だから至る末には神とか仏があるわけだけど、それがない宗教系もある。商いだろうか。
人間は正直に生きていれば有神論、どこかで不正直なテーゼを前提に設けたところから不正直な日々が始まる。
宗教で王道に美しい作法や精神を身につけたものは、それのない人・精神には感じ取れないものがあるけれど、
もしそこで王道・素直なものが持つエンテオスに対してコンプレックスでも得られたら、それは自分にそれが感じ取れているということでもあるけれど、
対抗心から黒い感情が沸いて、それがどうにか処理できない場合は、あのゴールデンの輝きも大層立派なメッキだとしておけば気が済むだろうて。
戒律のない人・志の低い輩は だから縁が変わろうと常に五十歩百歩なのだろう。

157 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/14 14:34
神様に訴えるなら
契約関係で唱えなくてはならない

158 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/18 17:52
IQが高ければ懐疑的だという考えに固定化されたままの人が多いけど
懐疑的であれば感受性を損ねて脳が退廃してゆく側面があるので
はじめは高くともそのIQはやがては落ちてゆく。
まぁそういうサイクルのうちにいるのが人生だけど。
考えてることや書いてることは客観的論理的でも
自分自身のことはそんなに客観的ではない人が多い。
医者の不養生というか自分に信じやすいだけの科学というか。
進化とは全く志向もせずの結果論とか言ってる。
滅んでから気づく人が多い。

159 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/18 18:58
知識のある人はいつかその知識で人を助けることができるが
知識のない人の智恵に助けられていることについては
無知な事が多い

160 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/19 00:00
宗教の本質は、人を救うことにあるのでは?
神は(存在するとすればだけど)見守るだけ。

契約したいんならそうすればいいけど、
この世に生まれてきていること自体がひとつの契約だから、
いまさらたいした意味はない。

だから知識のあるなしで、人にそれほどの差があるとは思えない。
人を批判しても、自己の霊性を高めることにはならないよ。

161 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/21 22:54
まったくそのとおり健全な考え方だと思います。
宗教は人を救うものであるよりは結果的に救うものになっています。
科学が客観だとすれば宗教は主観で
科学が形状だとすれば宗教は性質で
科学が観測だとすれば宗教は本能です。
その本能の中に人を助ける意思があるので人は素直であれば人を助けます。
また宗教は癒やしになります。
それは正直であれば脳の循環が楽になるし不具合を無くせば心身がおのずからにて生き生きするものだからです。
だから宗教を逃避だというのはたいてい神にたいして正直素直に生きていないか
逃避する宗教ばかりが目に付くめんたまをしているからでしょう。
愚痴はいけません。お寺でも愚痴は吐くなと言われてます。僕にとって一番難しいことだけど頑張ってみます。

162 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/23 20:02
こんばんは

まともな伝統宗教は、逃避などする余地がないほど厳しいと思います。
ズバズバ問題に直面という感じ。。柔な私は、とても付き合えません。

愚痴は心のウンコのようなものでしょうか?
出し方(少なくするとか、問題解決につながるようにするとか)、出す場所(カウンセリングや懺悔みたいな)が問題かもしれません。
とは言いつつ、あちこちで漏らしてます。不法投棄や垂れ流しはいけませんね。でも、否定してはいけないような気がする。
解決できない問題を抱えてしまうことも、弱い立場に置かれてしまうこともあるし、愚痴が出ても責められない。

私は、その人の人生の一歩だと思って喜んで聴かせてもらいます。
お互い様だし、誰かが受け取れば、次のステップが始まるような気がするんです。まあ、限界はあるけどね。

163 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/23 22:14
調子こいて偉そうなこと書いちゃいました。
目ざわりだったら削除してください。

とりあえず
愚痴、吐いてもいいんじゃないか?
ということで。。

明日から東北出張(周りは遊びだと思ってるけど)
飛行機落ちなかったらまた来ます。

164 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/24 07:25
いいなー 東北出張

165 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/04/27 00:55
無事、帰ってきました。

一日目は吹雪だった。。
偉い先生方に気に入られて、普段飲まない酒をたらふく飲まされた。
背後に酒メーカーが絡んでいたとは、、

2日目は、二日酔いの頭でマニアックな秘密の見学会
レポートの提出を仰せつかった。ひょえー

飛行機はかなり怪しかった。
貨物室からは破裂音が聞こえるし、アテンダントは床に転がした紙コップを捨てずにストッカーに戻していた。
その直後に勧められた不味いコーヒー。もう二度と飛行機では飲み物を頼まないだろう。

まあ、格安温泉旅行だと思えば、じゅぶん元は取れてる。
もし関心分野だったら誰でも参加できますよ。つきピエさんも、よかったらどうぞ。

166 名前:ナナシンクロニシティ 2010/04/29 22:39
関心分野でなくても参加したいけどそんな時間がないです。
いいなぁ。出張なんて一生経験でき無いからなぁ。
人並みの人生を送りたいですよ。
ふつうの会社にいけば新入社員とか居てうれしいんだろうな。

167 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/01 02:56
ふつうの会社じゃないんですか?
まあ、うちもかなり特殊だけど。。

168 名前:ナナシンクロニシティ 2010/05/03 11:55
社長がタイプAだから普通ではないですね
土曜祝日も仕事だけど年金と交通費を引いたら十万いかない

169 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/03 21:04
給料あるんだ!

うちは給料ないから社会保険料も交通費も全部自腹。
そのかわり一日2、3時間で休みも自由だけどね。
だから自腹で遠慮なく出張もしちゃう。

170 名前:ナナシンクロニシティ 2010/05/05 00:28
そんな天職があるんだ。
僕の好きな子は電車で会う子で 今 高校三年生なので
その子が卒業するまではつづけようかなと思ってる。
通勤する日の半分も会えないんだけど。

171 名前:通りすがりの暗譜児ら 2010/05/05 22:17
素敵な煩悩だね。しかも苦悩とのセット!
次のステップがやってくるまで、しっかり味わえるうちに味わっておいたら?

172 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/11 08:19
人間 死にかけないと駄目である
死にかけもせずに 自分は分かっていることはない
死にかける度合いの著しいほど神様仏様のことがわかるものである
死にかけもせずに 神様仏様のことがわかっている人を わたしは1人も見たことがない

173 名前:ナナシンクロニシティ 2016/06/06 22:07
批評的に見れば生物は, 進化をすれば退化もしている
悠久の時間をかけて創造される
自分は自分だけのオリジナルではないが
自身も理想を追わなければそうは進化していかない

174 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/12 16:26
無神論者や不可知論者がはびこって世の中が滅んできてしまいましたが
神様、神様を信じる者のみはこの先救われますように
神様を中途半端に信じる者も中途半端には救われますように

175 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/12 18:56
熱田神宮に行ったら、夏休みだからか可愛い子がたくさん来ていた
妹を○○ぢゃーんと悪戯に追いかけまわしていた男の子
かわいかったな
その追いかけ回し方が本能的なのに品良くて荒さがなくて もう どこの良い子かという…
日に焼けた横顔が可愛いし

176 名前:ナナシンクロニシティ 2010/08/28 17:10
どうか護られてほしいけど、ご利益信心の割合が多く、神的な志をもった人がいないので○●。
生物は楽なほうへ希望的観測をして流れ行くもので、ここまで世の中が劣悪化して形相のおかしいものに満ちると、
罪のない可愛いものたちの側が被害に遭うことになる。
それが嫌なので神側仏側は少しでも不浄を減らすことを目指すのである。またそこまでの忠誠を求める。
罪のないものたちは常に罪を着せてくるものたちの重荷をしょって生きている。

因果応報は、何を喚いてみてもそのまんまにしかならない。
鏡の中にありのままに映えていることでしょう。

177 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/01 23:01
神は自ら助くるものを、助く。というのは、
たとえば拝殿で祝詞を唱えれば神様の力がくる。
それも霊性の高い唱え方をするほうが、霊性の高い力に満ちてくる。
という意味です。実践の伴わない者は教科書的にしか答えられない意外と難しい概念です。
口唱えで10回参詣するよりも、丁重なつもりで1回参詣するほうがいい。
口唱えの時はほとんど"やってちょうだい的"になってるが、
丁重に美しく気持ちよく唱えようと思うと、かなり自力が必要になってくる。
そこに自分の霊性と神様の霊性の相互作用が生まれてくる。

178 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/10 19:45
音楽には緩急がある。
一定の音頭では飽きてしまう。
有機的な繋がりでいろんなものを見せないと。

179 名前:ナナシンクロニシティ 2010/09/12 23:29
人が死ぬたびにお墓を作っていたら
世界中お墓だらけになってしまう。
だから霊魂などは存在しない。
という無霊魂説は、とても
論理性が高いですね〃
 (・ ∀・ )
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
 ▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓ ⁅⁆

180 名前:ナナシンクロニシティ 2011/03/27 10:21
人間の時間感覚で死後の時間は理解できない
人間の時間の速度に照らすと希薄すぎるが
その人の魂に応じた世界が形成されてて
死後の時間密度は魂のもつ集中力等に応じて変化しつつも
その魂なりの時間感覚に成っているはず。
一神教の神に融合すればひとつの偉大な躍動体として
縦横無礙に敷衍している。
その船体では一億年も光陰矢のごとしだけど[ニュートン時間]
一億年が長いというのは我々の時間感覚である[ベルクソン時間]。

181 名前:ナナシンクロニシティ 2011/03/29 19:35
たぶん次にあの子に会えるのは
三億万年後ぐらいなんだろうな

182 名前:ナナシンクロニシティ 2011/04/03 23:01
 ,、__,、
( oοo )うぱあ
⌒,,,,,ノ⌒

183 名前:ナナシンクロニシティ 2012/02/26 22:05
http://www.nurs.or.jp/~academy/veda/gita17.htm
ヴェーダ。むちゃくちゃいいこと書いてある
http://ayurvedasociety.com/mizuki06.html
三グナ(サットヴァ、タマス、ラジャス)の意味
こちらを先に読んだ方がいいかな

184 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/10 01:17
物理現象をアナログに表記すれば音樂とか宗教になり
物理現象をデジタルに表記すれば物理学とか数学になる

185 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/10 01:21
愛をうまく告白しようとか、自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。
きみの体全体が愛の告白なのだ。
by 岡本太郎

親にはちやほやされ周りには興味を持たれ、思うところ何でも理解されて育ってきた人はコミュニケーション能力が発達しないらしい。
親にほったらかされていて、言葉で主張しなくては生き延びることのできない環境で育った人はコミュニケーション能力が発達する。
「自信」「コミュニケーション能力」「投資」 ショートカットして成功するには、これらが不可欠だ。(堀江貴文)…とかいうように、世で成功するのは後者である。
が、一般的に言うところのコミュニケーション能力に差が出る一方で、以心伝心で通じ合うというような不可思議な体現や読み取り能力、芸術的感性、協調性・自然との共生感にも差が出ている。
これは前者の方が発達しやすい。恋愛も深まりやすい。霊感の発達するのも前者である。何でもかんでも言語で証明できると考えてしまえば全身全霊の言語はなくなる。
結句、どちらに転んでも良い。悪く言うと、あちらを立てればこちらが立たず。どうしても秤にかけるのならばトータルで。

186 名前:ナナシンクロニシティ 2012/03/11 23:22
嘲笑や非難を恐れて、自分の計算を狂わせたりしたら※、それこそもっとも卑怯者になってしまう。
ファビウス

※自分の趣味や思想を書き換えたりしたら

187 名前:ナナシンクロニシティ 2012/04/01 13:01
二流の人は能力はあってもどこかで高慢を放ってる
三流の人は能力が凡庸
四流以下の人はネットで一流にたいして文句を言ってる
子どもにたいしても暴言を吐く
一流の人は下を見て停滞していてはならない

188 名前:ナナシンクロニシティ 2012/04/01 13:04
一流の中の一流の人は一人で孤独の中を歩かねばならない
たくさんの不浄が押し寄せてきても

189 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/04 01:38
相手が答えられない質問、答えのない質問を投げかける人は その深層心理に
・相手を自分の身近に縛り付けておきたい心理
(例:「どうして私と別れるの?わたしのどこがイヤなの?」とか)
・相手にたいする権威的な立場を保持したい心理
(例:「神の実在を証明せよ」等)があるらしい。
そのようにして社会は成り立っている。
サイコパスは権威に結びつきやすいらしいし、人間界の権威は半分疑った方がよいのかもしれない。

190 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/04 01:41
議論は収拾のつかないものである。
相手が引っ込みさえすれば気分爽快で眠れるのなら
粘着以外のなにものでもない。

191 名前:ナナシンクロニシティ 2012/10/03 00:34
心理学の実験で、全身に電流を流されて呻く人間の映像を学生に見せて反応を調査したところ、
「この人は悪いことをしたから罰を受けている」と回答する人が最も多かったらしい。

― 「この人は悪いことをしたから」。

こういった心理は口に出さずとも無意識ではよく行われている。
十字架に架けられたキリストにたいしても同じですね。
宗教は現実を見させるけど大衆はそれを拒む。国家的に宗教を弾圧する国もある。
(軍国主義や経済発展にとって邪魔だから排斥してるのかもしれないが)
修行や奉仕や三聚浄戒をする人にたいしても同じですね。
節電とか節食とか環境保護のために不便を選ぶという行為そのものにたいしてもね。
なにかと都合のよい理由を無意識のうちにつけて生きているのが人間である。
悪い意味の「自我」を滅する修養がなされていないと無意識から来る反発が強くなる。

192 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/13 02:43
隣人とか他者の思想とか趣味を生理的に受け付けない人の多くは
おそらく幼少期の共存経験が不足している。
その人格の原型を基にして負の衝動が起ると道徳や宗教を毀損する。
非我への無条件の帰伏への拒絶や怒りを生み出す。近所の吠えまくる犬のように。
人間の場合は事情が複雑なのでそのあらわれは複雑怪奇な曲折を辿るが
インターネットは社会の縛りがほとんどないに等しいので比較的素直にその動向はあらわれる。
核家族化が進みニワトリ症候群となると猜疑心や頑固さや邪見に囚われやすくなる。
神仏の守護があればそのような負の感情には満たされにくいが「人よりモノ」である。
なかなかロールシャッハテストでも綾波レイのような世界観しか描けないであろう。
今の世は末法なので性質の悪い人間に汚染されるのが普通になっている。
~社仏閣は朽ちるかわりに虐待件数は軒並み増加。←通報件数ではないですよ。
実際街中でも子供の扱いが「おかしいなぁ」と感じるケースは増えてきた。
夜道を歩けばやたらと懐中電灯をすれ違いの人に当てる。懐中電灯は必須アイテムらしい。
それだけ疑心暗鬼な世の中になってきたということである。
そのような現代人はインドに旅するか隣人を愛するような訓練をすること。
隣人を愛せない人は、異質な思想をもつ他者に粘着をしているが、人生がもったいない事である。

193 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/18 02:27
本当に強い者は弱者とかマイノリティを蔑まない
平等にレゾンデートルを認めてる

194 名前:ナナシンクロニシティ 2012/07/26 06:58
苦しみがなくてはならない。
ほとんどの人が慢心とか思い上がりを起こすところで現実見ることのできる人が次の段階へ進む事ができる。

195 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:13
戦争が起きない限り(命の危険に晒されない限り)若い信仰者は増えない。
残っている信者さんの中には不治の病とか原因不明の苦しみから救って頂いた人が多い。
苦しんできたからこそ普通である事のありがたみもわかる。

196 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:14
悪貨は良貨を駆逐する
悪化したものは自然の自浄作用で戻すしか無い
環境が滅ぼされた国は腐敗する一方である

197 名前:ナナシンクロニシティ 2012/09/30 00:14
事故の損失や自殺で亡くなる人を減らさないと国力が落ちる
無駄を減らさないといけない。もったいない精神が必要。

198 名前:ナナシンクロニシティ 2012/10/30 12:52
カルト宗教や科学カルトを無くす事は出来ない。
人間がそのようになってしまっているのだから。
人間を元に戻さなければ根本的な解決にはならない。
でも堕落した人類はもう元には戻れないだろう。

199 名前:ナナシンクロニシティ 2012/11/15 09:31
仕事や奉仕にぼわれて忙しくなると愚痴と成果主義が出てくる
ネガティブなマイナスの反応が愚痴,ポジティブなマイナスの所作が成果主義
ブラックの企業とカルト宗教は成果主義と反動形成のマッチポンプ。
作為心からくる成果主義は心にはマイナスの効果を生み出すが宗教団体や企業にとってはプラスの効果を生み出すので愚痴を問題視して成果主義は問題視しない。
でも成果主義(他に適切な言葉があるかもしれないが)も同様にマイナスを生み出している。
お寺でも山門から一歩外へ出ると態度の変わる人がいるが、それは捏造された信仰を持っているからだろう。
お寺の中は仏の霊性が保たれているから保ちやすいが,作った信仰では保てなくなる。自然にそうなる状態でなくてはモノになってない。
離反者をたくさん生み出してしまう。

200 名前:ナナシンクロニシティ 2012/11/16 10:16
自然に培われた信仰でなければ戻りも早いと思う。
寺社の中ではいい人でも山門や鳥居から一歩外に出たら豹変してしまうのは霊性が霊性のままに染み付いていないからだと思う。
自然体でないと戻りが早い。頭で追いついても身体の位置に舞い戻る。
神社仏閣の霊性の高さは気持ちいいものなのだけど気持ち良さを感じる力の抜き具合も必要。吸気と呼気のように。

201 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 21:35
車を運転するときにその人の本性が出てくる
隣に乗せてもらうと本性がにじみ出てくる

202 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/15 09:07
火の用心と交通安全と八正道で自然環境と国体はかなり護られる

203 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/20 00:57
八正道は当たり前か
仕事のミスを減らす事でに変更

204 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/30 16:50
来るものを拒まず去るものを追わず
去るものを追い続ける宗教の信者は身代わりを求めるようになる

205 名前:ナナシンクロニシティ 2012/12/30 16:51
嫌いなもの…悪い意味での信者
好きなもの…良い意味での信仰者

206 名前:ナナシンクロニシティ 2013/01/18 20:54
神社仏閣も拡大路線に走ると政治家みたいな奴が増えてくる。
霊性の高さをとるか信者の質をとるか。

207 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 12:47
必要もないのに救う必要はない

208 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 17:17
レッテル貼りも呪いの一種である。たとえ聞こえずともそれにむかついて苦しむ。
レッテル貼りの内容は往々にして的を射ていない。
生き霊の強い人は自身の生き霊の想いの内容を疑う事はない。
生き霊を飛ばして気が済んでいるからそれ以上の想念の世界に進む機会に恵まれない。

209 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/01 17:18
口達者な人は自己完結しやすい
言いたい事を言ってせいせいしてる
その考えに疑問をもつことがない

210 名前:ナナシンクロニシティ 2013/02/15 21:27
先日おみくじコーナーで奉仕をした
その間、4人の人がおみくじを引きなおした
3人が「凶」だから引きなおした
うち1人がまた凶を出した(凶は4%:累乗で0.16%)
1人は末吉だった(末吉は14%)
1人は吉を引いた(吉は44%)
また、1人は「末吉」だから引きなおした
その人は同じ番号の末吉のおみくじを引いた(2%)

4人のうち3人が同じような吉凶を引いた

おみくじの筒の中に、中の人がいるにちがいない

211 名前:ナナシンクロニシティ 2013/03/03 18:03
どうしてもお経を唱えていると顎が痛くなるので
上顎で唱えてみたら、脳の辺が気持ちよかった

212 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/01 22:43
人間を主体に考える人の慈悲はすべて嘘に見える

213 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/03 14:26
あのうどん屋のカレーうどんが旨いと言えば「私はカレーうどんは食べないんです」。
おみくじを引いている人を見ては信じないよりはいいけど信仰としては初歩のものだと思っている。
一体誰がカレーうどんは幼稚なものだと決めたのだろうか。一体誰がおみくじはエンターテインメント的なものだと決めたのだろうか。

214 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:00
神仏に従い信仰に固持する反面、環境を破壊していて平気な人がいる
方位を神経質に守っても動植物に想いを馳せていなければプラマイゼロである

215 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 21:32
信仰に神経質な輩が一人いると信者が十人離れる

216 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:38
人は自分が守っているルールを人が守っていないと見下したり難癖をつけるのに
自分が守っていないルールを人が守っていると見下したり難癖をつける

217 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/23 20:38
健康のために野菜を食べるのにドレッシングをかけまくって塩分過多

218 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/25 16:15
拡大路線に傾倒した宗教団体の信者は
結婚以外に幸せになる道はないと説く
結婚をして幸せになってほしいと言うが
それが自分たちが生き延びるための
政治的な意志に基づいた願望である人もいる
要するに二世を求めている
こちらの人生は?
仏様は「『どんな人にも意味があって産まれてきている』と言う」と言うが
そのような信者は自分のことしか考えてないので
性指向障害者は生きる価値がないと帰結する事だろう

219 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/25 16:15
大乗と小乗の優劣は多数決で決まっている

220 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/27 10:40
聖人の妻帯率は低い
世慣れして結婚して優越に浸っている人は
特別な才能には恵まれていない

221 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/28 07:36
肩書き重視の決めつけ脳で人間地味た発想で生きている者は神仏には呼応感応しない

222 名前:ナナシンクロニシティ 2013/04/30 03:06
オーディオはあちらを立てればこちらが立たずな側面が多いけれど
人間はなおさらである。人は何かを得れば何かを失う。
社会性を高めれば音楽性を失う。
コミュニケーション能力を得れば音楽や詩の才能を失う。
人間の脳は発達や老いや記憶量の問題があるので
それまでとは違う新しいパラダイムか何かに刷新されれば
人は本当の自分探しを始める。本当に大切なものは何だったか気づく。
人は原始的な記憶のほうを大切にするのである。ふるさとを失いたくない。
それを失えば白痴である。

223 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/02 11:35
芸術は苦悩からしか生まれない。(創造には出産の苦しみが伴う)
でも芸術家はその苦しみを味わわせてはならないという宿業を持ち合わせている。
神仏も同じように苦しまれているのだろうか。

224 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/04 23:08
雀は1960年代に比べると現在は10分の1にまで減少してしまっている
子どもの出生数も40年前に比べて半減
その原因は通底している

225 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/06 12:42
人に認められたいという煩悩は誰にでもある。そのほとんどはリビドーに基づいている。
僕の場合はリビドーに基づいていない。まず人として認めていただかねば、人として生きているだけで霊障を背負う事になる。
エタヒニンとしてバカにされていると人の悪種の因縁をそのまま背負い込み寝込むことになるのである。自己実現とかリビドー以前の防衛反応である。
僕は女性に興味はないので他者をマウンティングをしてより多数の子孫を残そうという種の行動形態ではない。
自分は原則として幸せにはなれないが不幸にはなるべくなりたくない。という行動形態になる。
霊媒体質であり他者からの想念をそのまま背負う自分としては悪種の因縁をなるべく背負いたくないのである。
お寺に行って仏様の力を頂いても、信者の因縁によって元気を無くす。それくらいに人間は罪の深い障りの多い存在である。
自分は人との関わりのない神社仏閣の方が向いている。七年経っても変わらない。他者の障りに囚われず二河白道で神仏に向かう事が出来れば修行にはなるが。

226 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/06 13:06
同性愛者である事をカミングアウトすれば人は見下ろして助言を始める。なぜなら同性愛者は社会の底辺である事は無条件に社会的事実だから。
また、人が人を見下ろすのは動物本能である。人は神よりは猿に近いのだから。人は肉体を持っている以上、種を保存しなくてはならない。より良い種を求める。神とは存在形態が違う。
しかし同性愛者を見下ろす事により動物本能が満たされるのはよしとして、無条件の条件になっているものは具体的には何なのか。
同性愛者に比べて知能が高いと言えるのだろうか。運動能力や芸術の才能が優れていると言えるのだろうか。人生経験が豊富だと言えるのだろうか。それはしっかりした機関で測定された事実なのだろうか。
異性愛者はある時点で成長が止まっている。なぜなら無意識のうちに自分を優秀なものとして疑いもなしにレッテルを貼っているから。

227 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 02:01
人の悪種の因縁は目に見えるぐらいに強烈である。口から飛んでくる。
アベノミクスで一部上場の企業は救われたけど底辺には巡ってこない。
文学に描かれている正義の者が救われなくてはならない。
ほとんどの人間は自分が生きるために他人を巣喰って生きている。
因縁を喰らってみればわかる。こちらは寝込んでいる。
エリートにもそういう奴が多い。そういう風に這い上がってきたのだろう。

228 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:03
どこの会合に行っても役員は自分のことしか考えていない輩が多い。自分たちが生き延びることしか考えていない。だからその地位にのし上がってきたのだろう。だからといってその種の政治家の全員が嫌いなわけではないが、お寺の最も偉い役員の方は青年会総会で、ドラゴンズは現在最下位だが、その原因をレギュラーの高年齢化に見いだして適切な時期に若手の育成をしなければならないとか後進を育てて受け継がないとならない等と発破をかけていた。(…高木監督の采配と人望が一番の理由ではないのだろうか。ブランコ、ソト、ソーサの3外国人がDeNAに移籍したが、外国人選手は日本の球団にはこだわりがないし代理人が交渉するので年俸で行き先を決めるという事情もあるが、キレまくる監督のもとでやるよりは環境を選んだ方がいいという理由もあったと思う。3人ともこぞって出ていくのにはわけがある)(人は自分の立場から物事を批評する。もしかして落合監督のやってきたことをまったく解せずに否定しているのではないかという猜疑が湧いてくる。『その年に活躍してブームがきた選手はマスコミに出まくるが、次の年活躍できない、常に練習{修業}に打ち込んでいなければ。』というのが禅宗的な考えで、落合監督はその道に邁進した。また、巨人に勝つには東京のマスコミを敵に回さないといけない。落合監督はその覚悟ができていた。世慣れした役員は、落合のマスコミにたいするあの憮然とした態度に自分の自我の大きさから反発して彼の野球への取り組み方まで否定しているのではないか。と思った。2004年の日本シリーズ後、憲伸とか山本昌という人気の選手がマスコミに引っ張りだこになることを想定して落合監督は彼らを練習場に来させていた。ヤクルトに戻ってきた岩村は絶対に大リーグで通用すると思ったけど、大リーグに飛び立つ前にテレビに出まくっていたから活躍できなかったのかもしれない。その時間に英語を勉強しておけば向こうでの負担が減った)(井端がWBC疲れする事も想定できていたのに岩崎達を4月に楽天に金銭トレードで放出した。それは、勝負をかけたい年齢にさしかかっている岩崎達自身の事を思っての苦渋の決断ではあったが、ベテランの成績不振にはベンチの計算の甘さも理由にあるのではないか。井端の疲れが癒えるまでの2ヶ月、岩崎達を一軍で使えばよかったのではないのだろうか。ショートの守備は簡単ではない。井端のかわりに守れる人は荒木しかいない。久本の放出も痛い。高木監督は脇役の重要性がわかっていない。フロントはスター選手ばかりを求めている)。会合で役員は『青年会の後は行く手あまたで各部が待っている』と言って話を締めたがこちらは迷惑である。お寺の会の存続などどうでもよい事である。ブッダのことばのうちのバラモンに向けられたことばに共感する。

229 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:14
人集めや人望に目が眩んでいる者がいる。お寺の大祭で本堂で祈ってたら「知ってる?大祭に特別の祈願があるってこと。それに申し込むと名前を読み上げられて一層の功徳が得られるから申し込みした方がいいよ」とお寺で面識のある女に誘われて、受付に行き大祭の申込書に名前と祈願書いて、提出しようとしたら、その女は「ちょといい」と申込書を奪って『お世話役』(誰の紹介かを書く欄)に自分の名前をそそくさと書いて門弟に渡した。瞬間芸であつた。彼女は悪い人ではないが、自分が受け取る大祭のオーラが穢れた。

230 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/07 23:14
どこの宗教団体も勧誘する側は頭数しか考えていない。それが見え透いてる。青年会に新しい人が来ようものなら絶対に離さない勢いでいきんで逃がす。逃げられる。
囲い込みをすればするほどに人は離れる。

231 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/08 01:35
人からの悪因縁を被るとそれが癒えるまで3日。
自然治癒能力が弱いからだろうか、人の因縁はそれほどに強いものだからだろうか。
でも喉元過ぎれば熱さを忘れる。その時に言えないといけない。

232 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/09 20:19
自分が元気を無くすと敵は喜び勢い盛んになる。
自分が元気になると敵は不服として停滞する。
自分が不幸になると同時に陰鬱になっている者が味方で
自分が幸せになると攻撃の準備をする者は敵である。
でも自分は幸せにならないといけない。仲間を生かすために

233 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/10 16:34
分析は簡単なことである。難しいのは創造である。
我々はほとんど被造物を分析して応用しているに過ぎない。

234 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/10 16:38
自分の今の精神の形成を分析することは簡単である。
産まれてから今日までの記憶があれば分析照合できる。
自分は今は不幸である。その原因は十代後半の発達過程にある。
自分の精神を分析できても幸せにはなれない。

235 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/11 13:38
医者や心理学徒に霊的な能力を身につけクライアントを霊的に分析している人がいる。
霊的な能力は縁があればすぐに身につく。また、霊的な分析は霊的な能力があれば簡単なことである。知能相応の分析が出来る。
しかし分析により他者の霊性自体は救うことができない。格調の低い霊性をしていると相手を穢す事にもなる。
霊性の格調を高めるには自分に厳しくなくてはならない。格調の高い人の分析なら教えにはなるかもしれない。
人を救う事が最も難しい。神様仏様の力は命を創造する力である。

236 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/18 22:13
人はなぜオナニーに罪を感じるのか。
特に少年に多いと思うが、それは恐らく、射精時に脳がアディクトされて組織が一時的に劣化し、せっかくの若い清い生体(特に神経の組織)が快楽の分穢され、そう自覚することにより罪を感じるのだろう。

237 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:17
可愛い男の子はいい匂いらしい。

238 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:21
子供は無臭らしい。中学に入り体臭を帯びてきたらしい。

239 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/19 19:22
性行為をした後に眠くなるのは脳を休めて修復するため。
メラトニンが分泌される。

240 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 12:36
男女(あるいは男×男、女×女)の間には免疫系の相性がある。特ににおいが正直で、好きな体臭と、嫌いな体臭がある。免疫系が合っていれば流産をしにくい。
しかし免疫系は合っていても近親交配が避けられているのはなぜか。
恐らく悪い部分も正直に感知しやすく受け付けないからだろう。
お互いに自分にない良い部分とはシナジー効果でイノベーション()でも、悪性の劣勢遺伝子のホモ接合の顕在化は生体にとって致命的なので受け付けない。
そのことを認知しているのは頭による判断ではなく霊性の交わりにおいてだろう。

241 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 17:04
人からモノを奪いながら、自分が人にモノを奪われると激高してしまう人間が社会的に高い地位に就きやすい。

242 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 17:27
橋本知事に共感するか朝日新聞に共感するかでその人のスタンスがわかる。主体的に生きているか、人をあげつらい揚げ足取りをして金魚の糞のように依存して生きるか。主体的に生きればそれが気に入らない者に囲まれる。

243 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/20 18:12
総ての人間動植物は地球に依存して生きている。
地球の重力に寄せられているから安定してその場に居られる。
その地球は太陽に依存して公転している。
自立と依存は程度問題である。

244 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/21 14:42
模切り型な事を言っても仕方ないかな。
たとえば岩村はアメリカに飛び立つ前に変な人の邪気をもらっていたのかもしれない。
野球は繊細だからそれでバットに当たらなくなることもある。

245 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/21 15:51
偉大なものを求めているときには偉人に巡り合う
愛に枯渇しているときには可愛い子と惹かれ合う

246 名前:ナナシンクロニシティ 2013/05/29 18:43
方位とか風水の話を聴くと意識を汚された心地がする。

247 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
祈りは純粋で無私だから誰の祈りかはわからないけど呪いはその反対。

248 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
人を呪えば家宅侵入罪になる。生き霊が来てる。

249 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 01:33
人を呪った過去は痕跡を残す。その半減期は呪いの想念の非人間的な度合いに比する。

250 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/03 18:21
「常にユーモアを」とか言われた。

251 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/04 12:16
自己犠牲をせずに大御所ぶるのは最悪のパターン

252 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/05 09:04
日曜日に因縁を被るとおさまるのに水曜日までかかる。

253 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/05 09:45
悪貨は良貨を駆逐する。企業でも神社仏閣でも同じである。
中日がなぜ強かったかというと、自身がギフテッドである落合監督にギフテッドチャイルドが護られていたからである。
名人に定石なしというか、ギフテッドの思考パターンは独特である。自分で編み出してきたパターンがある。
凡人はそのパターンが凡庸である。人生訓もまた凡人そのものである。
凡人はそれを自覚しなければ、感受性の高いギフテッドはやがてそれに衝突するだろう。
社会はギフテッドに沿うように出来ていないので、ギフテッドはストレスを溜めている。圧倒的大多数の意見に馴染めない。
やがて敵視され追い込まれ退職する。万年Bクラスの平凡な集団の出来上がり。
今の日本がそんな感じなのかもしれない。

254 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/06 14:44
『常にユーモアを』発言にむかついていたから『ギフテッド』という言葉に導かれた。ギフテッドと正反対なのが頭の悪いピエロの特質なのだろう。特にOEの項目と正反対。大学時代に友達のKがやたらと面白かったけどその時期の彼はかなり対人不安が強かった。気心の知れた間柄でだけその異常な観察眼による異常な物まねをやっていた。気心の知れない人間が一人いたら駄目だった。
『ギフテッド』と自称する事は痛いが日本の村社会が逸脱者を村八分にするからギフテッド本人がその怒りからギフテッドを自称するようになるのである。村八分にする者の方が罪深い。頭の悪い奴は自分の頭の悪さを自覚してくれないと困る。ストレスで心臓付近が痛むようになった。新陳代謝がどんどん悪くなる。

255 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/07 09:50
歳取ると神経薄まり、目を開けるとなぜそこに腕があるのかわからない時がある。

256 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/07 14:35
その人がどれほど無償の愛をもっているかは自然環境にたいする想いで測れる。
自然環境を保護しても見返りはない。見返りはあるとしたら次世代に廻される。

257 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/10 12:32
安物商品、サイコパス、放射能汚染など、世の中が劣化すると悩むのは常に優良品種。
劣悪な者にそこまでの感受性はない。

258 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/12 23:10
やたらと自分中心で自分が気分良くないと駄目で自分の政治的権利を気にかける奴がいるが、高い地位に就くという事は十字架を背負う事、それだけ大きな責任を負うという事である。上に立てばあることないこと言われるしお舅お姑が駄目出しをしにくる。行事も常にお手伝いを強いられる。お客様ではいられない。霊感のない人間は目に見えるものしか見えていないから、参加する人の駄目出しをする。なにか理由を付けて参加しない者の事は糾弾しない。しばし行事に参加しなければサボってる烙印を押される。普段来ていない人はどうなるのか。
ご奉仕や自己犠牲な行いをたまにやったら凄く善いことをした気になり満足、その後一年間何もせず、たまに都合良く参加するだけなのにその界隈で偉く居られるような都合の良い話はないのである。
お役を頂くことは有り難いことですよ、と引き受ければ頼りにされる。「昨日はありがとうございました」と多数の方にお辞儀されるが、それが羨ましいのか「なんでこんな奴が持て囃されているのか」という感じ。どこの神社仏閣に行っても後継者不足で「後釜を作らないと辞めてはいけない」ルールがあるから仕方なしにやっているこちらとは意識の差がありすぎる。人間である信者の構造が見え透いていて面倒でも神様仏様のために自己犠牲をする。その結果が今の嬉しくもなんともない立場であるのに自己犠牲のない奴にはそれがわからない。自己犠牲が出来るのならいつでも変わってやるのに、そういう奴に限って朝早い総会には参加しない。

259 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/09 14:38
そういえばあの勘違いピエロはお寺の婚活パーティーのご奉仕には来てくれていたなぁ。
彼女がいなくなったから前回は奉仕に来なかったのだろうか。見え透いている。
お寺に来る目的が「気分よくなるため」だから「そんなだから俺が寺から遠ざかるんだぞ」となる。
競争をして高い集団に入らないと周りが程度の低い勘違い系ばかりになってくる。まるで見えてない。

260 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/11 13:42
忍び難き事を耐え忍ぶ法を忍法というらしい。
言いたい事を抑えて愛語をかける。
でも言った方がよいのだろう。以前、勘違いピエロと同じく無駄に自尊心の高い男がいて、自分のおすすめは次から次に上から勧めてくださる。バイクに乗っていろんなところに出かけるらしい。でも誰かに何かを勧められると拒む。金山においしいつけ麺があるよと言えば「自分は志那そば派だから」。僕は年上なので君にはこういうところがあると教えればよかった。彼はそういった習性が修正されず、会社で袋叩きにあって今療養中。「世知辛い世の中」らしい。

261 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/12 14:25
ギフテッドチャイルドか否かを判断する最適な材料は「性嗜好」。
性的不能でもない限り一般論では表現しがたい性的嗜好を持っている。
自分は子供の頃はギフテッドな子を探し出していた。それに近い人はすぐわかった。こちらと意識で通じ合うのは優秀な子ばかりだった。
ギフテッド自体は義務教育期には一人いたけど、好きにはなれなかったので今も一人で生きている。大学時代は偏差値的に中途半端だったからかギフテッドが多くなく、「なんでそれがわからないの」と思い続けた。可愛い男の子もあまり多くなかった。

262 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 10:36
力があるという事は裏で十字架を背負っているという事である。

263 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 10:41
自転車で直線で行ける場所に、動く事をとにかく嫌う現代人は車でS字に迂回して行く。

264 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 11:53
自転車ではなく車に乗るのは自分が動くではなく他人を動かそうとする動物の本性か。
エネルギー源は古代に生きたものの苦労の証なのに。

265 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/14 12:03
霊感のある人間は限られていて異質だが
霊感のない人間は圧倒的多数の価値観と結びつく。
たとえば霊感のない人ほど政治的立場とか学歴職歴を重視する。
人間の本性を窺い知ることに乏しく、肩書きから人を測る事に長けている。
ギフテッドや霊感のある者や性嗜好逸脱者がそういう一般的な価値に迎合するのは生きるために仕方ない時だけである。

266 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:16
ベキラゴンはつけたらいけない。
べきべき五月蠅いから。

267 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/30 18:46
お経は肩の力を抜いて全身で唱えないといけない。
そうしないと顔面にばかり力が入るし顎が凝る。
全身で唱えようと意識して唱えると全身に気が降りた。

268 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:16
人間は目を閉じることはできるが耳を閉じることはできない。それができれば呪詛の九割を防ぐことができる。娑婆では修行が必要だという事である。

269 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:17
いわしの頭も信心からと言うが、ずっとやってればそうなってくる。ベンジャミンのアウラやライプニッツのモナドの作用によって。
それに引き続いて因果応報もある。ニュートリノも時間をまたぐ。

270 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:17
神は、神に基づいて思考をする人と一緒にいる。

271 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:21
第二次世界大戦、なぜ日本に神風が吹かなかったか…
日本軍はルーズベルトとかチャーチルを呪っていたらしい。
どっちもどっちだったのだ。

272 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:24
素粒子を一度見てみたい。死ぬ前に。
形状というものはあるのだろうか。
どんな不可解な運動をしているのか。
映像化もできないらしいし。

273 名前:ナナシンクロニシティ 2013/06/19 21:25
「現実」は共有できるものではない。
生の素粒子など誰の網膜でも見ることが出来ない。
定義は共通してると仮定しても、100人いれば100とおりの素粒子像が脳内にある。

274 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/06 18:06
苦しみに耐えることの出来る人と
苦しみに耐えることの出来ない人との間に
意識の格差がありすぎる

275 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/09 21:44
苦しみに耐えられない人は大変な仕事は他人に入らせる。しかし自分が大変な仕事に回されて長時間作業をした場合はキレて陰険な態度になっている。
苦しみに耐えられない人は口先だけ真面目ぶって大変な仕事に向かわせるよう人に指図をしているが、同様に苦しみに耐えられない人は同族嫌悪でそのメンタリティを嫌う。
苦しみに耐える事ができて自己犠牲をする人も嫌うが、苦しみに耐える事のできる人は目の前の辛苦に囚われずもう一歩先に進むのでそこから客観し、自我に埋没し苦しみに耐えない彼らの精神構造を嫌う。
恐らく苦しみに耐えられない人は多く、志が低い。苦しみを糧にする事が出来ない。知能が低く優しさや複雑系から遠い。非我界が存在していない。
苦しみに耐えられず卑怯な言動の身についた大人に育てられた子供はまた同様に志が低く、なにかを乗り越えることもない。学校の先生の言葉を下から見下してしまう。

276 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/09 21:49
外的な要素で人を判断する習慣の身に付いている人は霊感のない事を証明しているが、
噂に影響を受けやすい人もまた洞察力(ろじん通)の弱さやブレの大きさを証明している。

277 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/10 08:39
頭の良い人ほど嫌な事も思い出す。内向的な傾向がある。我慢強い。

278 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/14 20:24
底辺に行くほど美意識も低くなる。
派遣のバイト先のメンバーはピンきりでいろんな人がいるが、きりの方はイケメンの学生を見てイケメンと言わない。
それはゲイだと疑われるといけないからではない。本当にそんな美意識が欠落しているのだ。
ある既婚の女の人は、学生時代に付き合っていた男とセックスするとき、その男の性が即物的なのでその男とのセックスは嫌いだったと言っていた。女はセックスに乗り気でない時があるけど、そんなときは自分の裸体をおかずにオナニーしていたらしい。一体になる事の喜びではなく視覚的で感覚的な性欲である。
美意識も性も高度に成長したものになると即物的ではなくなる。低い意味で感覚的で快楽的なレベルの意識が多くを占めている美意識では同性をイケメンだとか可愛いだとは言わない。快楽を生まないから。
音感と同じく幼少のうちに高度に成長していれば、感性を嗅覚としてつがいを見つけ、ソクラティックやプラトニックに相手を好きになり深い愛情で包み込む。
恐らく日本も核家族化してから即物的になっていると思う。性に最も素直に素性があらわれる。

279 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 13:53
底辺ほど愚痴くさい
政治に怒りをぶつけている
天辺に行くほど努力するか苦しんでいる

280 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 14:14
うなぎの養殖技術は確立されておりやがてうなぎは低価格化するだろうと言っているが、なぜうなぎが日本に来なくなったのかの原点を考える人がいない。
大地自然に感謝もしない今の薄汚い日本人に食べられたくないのではないか。あるいは海の神が「とても可哀想で食べさせたくない」と思って東南アジアに向かわせたのか。昔は人間が飢餓に陥るときには熊が自分を犠牲にしていたという言い伝えもあるが、今の日本人にたいしてそこまでする熊はいない。

281 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/17 13:51
食べる方はおいしい
食べられる方は死ぬほど苦しい

282 名前:ナナシンクロニシティ 2013/07/28 20:20
夜寝れないと言ったら「そうは見えない」と言われた。蚊が飛んでいると寝れないと言ったら「そんな風には見えない」と言われどんなに不眠症だと言っても信じなかった。僕が一番よく寝てるイメージがあると言われた。眠れないことはないと否定された。彼にとっては眠っている事が事実である。しかし眠れないことは僕にしかわからない事実である。世の中はパラドクシカルである。夜に眠れないから昼に眠たそうなだけである。
自分にはわからない自分がある。それはビデオで見ればわかる。でも他人にはわからない自分は永久に他人にはわからない。
現象の事実から乖離した認識が、別の人と共通の認識となると宗教になる。だよねーだよねーとなり強固な事実となり固められる。

283 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/03 10:40
苦しんでいない限りはお寺の大祭もパワースポット巡りも習慣化しない。
今は前ほど苦しんでいないし諦めているからその日お寺に用事があるから大祭に行くという感覚になる。
人数集めに奔走しても神様仏様のおかげを感じる人はいないので
屋号の名称の仲の良いグループとして活動する事になる。

284 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 03:19
私にはオーラが見えるのと言う人に限ってなぜか
神社仏閣の神仏のオーラが見えない。

285 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 13:16
仏教では死んだら地獄の裁判にて閻魔大王ほかに生前の殺生を問われるがそこに植物の殺生も普通に含まれている事が現代人の感覚にない。虫ならともかく、植物を殺したらいけないのか?
植物も苦しみながら生きている。脳みそは無いが植物なりに生きている。高分子の階層に意識があれば素粒子の階層にも意識がある。意識があるからこそ新しい環境にも適応するし耐性が出てきたりする。雄蕊と雌蕊の関係も不思議である。なぜ異なる品種同士の受精でしか実がならない植物があるのか。なぜ自分以外の者を求めるのか。脳みそもないのに。
植物がもし意識をもって生きているのだとしたら除草剤は絶対悪である。雑草が光合成をしている方がありがたいのになぜ工場の跡地に雑草がちょっと生えてきただけで市役所に通達するのか。除草剤を散布する方が遥かに人体に有害であろうに。

286 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/07 13:17
なぜ人は綺麗好きになりながら環境を汚すのだろう。自分さえ綺麗であればよいのか?
水洗いで済むものをなぜ洗剤で洗うのか。なぜ大量に洗剤を使わないと気が済まないのか。

顔に出来たシミやシワは環境汚染やオゾン層の破壊による処が大きい。あれほどケアしたのに。

287 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/09 13:08
音感・音楽感性のない者は自分が音楽に興味をない事を誇り、
音感・音楽感性のある者は音楽を理解できない事を馬鹿にする。
人は自分の知っている事を人が知らないと馬鹿にするが、
自分が知らないことに関しては知らない方が居心地よいものである。

288 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/13 00:43
自分の師匠はメールでいろいろ質問すると「大いに哲学をしてください」と勧めてきた。
他人がスノッブにも哲学なんてすることは、普通、気にくわないものであるが、愛情があればそれを大いに勧めることが出来る。

289 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/14 14:41
宗教信者には何十年と自己正当に論理系を象っている者がいる。
いかにもな正義面をするが人間レベルである。
自己批判の程度が低いから自分のレベルを超えられない。

290 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/14 18:02
子ども(他人の子ども)が嫌いな人がいるが、子どもの方がまだ脳細胞や肉体の汚れが少なく純粋で水の流れも早い。各瞬間に次の事に向かっている。子どもの動作は音楽的である。そんな子どもをただ単に「無秩序」な存在としてしか見れないのは、音楽を聴いても単なる音響としてしか聴く事のできない音楽感性に近い。ヒグラシの鳴く声をノイズと見做すか音楽と見做すかぐらいの感性の隔たりがある。音楽的知能が低ければ葉脈のように複雑で高度な美しさをもつ絶対音楽(交響楽等)も単なるノイズになるだろう。
僕は何事に於いても単純さを求める事に関しては疑問である。原理は単純であっても現象(自然)は複雑怪奇。それが無秩序に見えるのは単に自分の知能が及んでいないからである。何でもかんでも自分の主管に置かねば赦されないのは魔の支配衝動である。この複雑な自然と共生する度量をもつことが、かむながらの道だと思う。

291 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/15 12:11
欲や願望によるレッテル貼りをした事の因果応報は
現実に裏切られる事である。
そのレッテルの通りでなくてはならないのに
現実はそうではないから苦しむ。

292 名前:無条件不戦勝利 2013/08/22 01:11
村社会的地位を気にする人は、都合のよいドグマを固定化する。
たとえば学歴の高い人は学歴による序列関係を絶対的なものにする。
誰かが頭が良いと言われていれば「でも○○大学卒なんだよな」と安心する。
結婚して子供を作った者は「結婚の出来ない人には深い因縁がある」とし、
子供を作れなかった者を「いくら高い学歴があってもね」と未熟者扱いとする。
それらのドグマは永久に彼らが自分を超えられないようにするための防波堤である。

293 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/22 00:56
仏様は対機説法であるのに、猿は教義を固定化する。
宗教団体は拡大路線に走ると教義を固定化してカルト化する。

294 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/21 22:35
犬の純血種と雑種を比べると、血統書つきの純血種は一律よい。賢く教育をされている。
でも雑種の中には人の表情を読むほど共感能力の高いものがいる。
家の子どもが虐められて帰ってきたら首を傾げて見ている。
雑種の方が遺伝的に優位で、躾や教育はなってなくとも本質的に頭がよく優しいものが産まれる可能性が高い。

295 名前:ナナシンクロニシティ 2013/08/28 23:17
「自分の事は自分ではわからないから」という教理問答は、相手の事柄を批評したその内容を、その人自身が自分自身知っている事柄を彼から追いやって、お前はこうであるとその人に自分の批評をストレスフリーに呑ませる事を正当化するために為される事が多い。
普通、自分の事は自分が一番わかっている。これは紛れもない事実である。でも「自分のことは自分に一番わからない」とするのはその人の井の中の蛙や驕慢や能力不足の指摘、又はレントゲンや各種検査などを使っての医師の診断などでは的を得ていても、その者にたいする自分の不満をその者に言い逃れできないよう包囲網を囲い一方的に呑ませるために使われる場合、その批評内容は全くの見当違いである事が多い。ほとんど願望であろうし、その人は自分への不遜を我慢できない人格である事が多いし、「人間」のことなどわからないからレッテル貼りを繰り返しているのであろうから。そのほとんどは相手が呑むはずもない内容である。それを無理矢理呑ませる。「自分のことは自分にはわからないんだよ」。それこそが驕慢である。自分で思っているほど尊敬を受けていない人間にそういうやりくりが多い。相手が自分の難癖を呑もうとしないから。

296 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/01 14:03
教祖が結婚して子供を設けた宗教団体は偏愛が生じる。評価が偏っている。迷信も多いだろう。

297 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 15:05
もの静かな三歳児を落ち着いていて賢いと判断する人がいる。
雑種は健康で知能も活発で賢いが、それは血統書つきの設えられた純血種類とは種類の違う賢さだろうな。
大人になれば自分がしつけられた事の歪みは反動形成され子どもをしつける。それにより自由意思や生命力を失っている場合もある。
万物は自然のままなら美しいが人間の手に落ちると悪くなる。

298 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 21:42
神におうかがいを立てて返ってきた反応や本当に真理を射ている判断は、それが自分がわかっていないことでも即座に合点がいく事が多い。すっきりする。
でも真理を射ていない批評は腑に落ちない。師匠は厳しい事を言うが僕は気折れながらもそれを受け入れる事ができる。でも拡大路線に走る宗教の信者はマニュアルで人を判断するし、内向的ではなく且つ感情的な指導者は主観的な人生経験で他者の事を批評する(個々の本質を見れていない)。見当違い・的外れ・その正当化。『自分のことはわからないものなのよ』。合点がいかない。場合によっては怒りがおさまらない。

299 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/10 00:30
読書とは修業である。

300 名前:ナナシンクロニシティ 2013/09/22 14:52
詩編は神への歓喜から作られた
箴言は人への怒りから生まれた

301 名前:ナナシンクロニシティ 2013/10/04 23:34
いくら肉体的・精~的或いは境遇的に悩んでいても、いわゆる宗教信者の言う「先祖の因縁」ではない場合がある。
僕は少年愛者だが師匠が神様にお伺いを立てて聞いてみたところ「いわゆるそういった先祖の因縁とかではない」。
「なにか目的があってそうなっている」。「それは産まれる前から決まっていた事らしい」。
水の流れに逆らった因果応報でも、生後の罪がそうさせたわけでもない。これが自然の自分である。
自然の自分になれないから「家が金持ちで苦労をしていないからハングリー精神に欠ける」と判断される。
宗教団体は結婚できないことは一大事と言うが、「先祖はもうわかっているらしい。応援してくれているらしい」。
~に従えば幸せになるが、人の願望に沿えば不幸になる。

302 名前:ナナシンクロニシティ 2013/11/16 12:53 [URL]
その人のペルソナを「形状化」したものからつがいを見つけようとする結婚相談役がいる。
しっかりしていない人にはしっかりした人がいいようだ。
人は外的な「形状」しか見れないものだろうか。
「性質」で合致するか否かを問題にしないといけない。「匂い」が重要である。

303 名前:ナナシンクロニシティ 2013/11/27 12:18
あのようになりたい
このようになりたい
と考えても自分は一種類の人間にしかなれない。

304 名前:ナナシンクロニシティ 2013/12/02 20:20
親が食べる事が旺盛で消化器官の吸収力が弱く太らず食べ物にたいしての慈しみが無い場合、子は幼少からよく腹を下すようになる。胃腸が発育しにくい。肉体的にそういう才能に恵まれていない。先祖の徳のある人は楽できる。でも慈しまないと廃れる。

305 名前:ナナシンクロニシティ 2014/01/01 22:57
お寺の信者の宗教談義で「神と仏はどこかでつながっている。神仏は陰陽である。仏様は陰だから慈悲で優しい。仏教をやっている人は優しくなる。神様は陽だから(もちろん神様だから優しいけど)荒っぽい。」とか言ってる人がいた。よくある「○○と言われる」といった口調。権威者の発言は疑えないのだろうか。
まず整合性に問題がある。
陰陽の陰が慈悲なら陽は愛だろう。神道系は禊ぎなどの荒行が多いと連想をしていたが前提に誤りはないのか。
また神様仏様は陰陽であるというわかりやすい構図がそもそも根本的におかしい。神様は神様であり、仏様は仏様だろう。
言葉遊びが多い。それが遊びならともかく肯定否定でファンダメンタルに捉えている。他人の会話に横入りして水を差すと水神様のご不浄になるとか。英語でも「水」を差すと言うのか?教えとしては良いが方便ではないのか。

306 名前:ナナシンクロニシティ 2014/01/01 22:35
霊感のない人は霊性に関しての理論や存在性を全肯定するか全否定する。
霊性での判断力がないから。
霊感があってもそれ以上の領域に関しては判断の余地がない。
信者の思い込み発言と同種の反復学習による構造概念なのか、実在するものなのか。

307 名前:ナナシンクロニシティ 2014/01/05 14:27
宗教信者にはそれが伝統宗教ならまともな人は多いが屈折した人が多く、それほど頭のいい人もいない。
屈折した人が多いのは教えがあるから。
頭のいい人がいないのは素直でなくては続かないから。(素直でない人が続ければ屈折する)
目立った才能はないが社会的で賢い人はたくさんいる。でもギフテッドが一人も見当たらないのはなんなのか。
ギフテッドは制度を疑問視するし創造力があって自分なりの信条を持っているから、何段階も後ろから彼らの自慢の教えを囁かれることを拒む。ギフテッドは相手が考えていることよりも先にいる。したり顔で宗教を語る奴がいるともうだめである。宗教団体に入るとつまらない想いをすることを霊感とか直感あるいはパブロフの犬的なものでわかるのだろう。ギフテッドが理解出来るのはギフテッドだけである。指導者がギフテッドでない限りギフテッドはストレスを感じてついて行けない。社会はお互いにお互いを理解出来るもの同士で集うようになっている。それを縁だとか呼んでいる。理解の範疇を超えたら縁ではなくなる。その縁は脳内にしかない。脳内にしかないものを信仰している。なぜ宗教信者の言葉は心に響かないのか。それは他者にとって意味がないものを布教しているからだろう。相手のことがまるで見えていない。

308 名前:ナナシンクロニシティ 2014/01/05 14:14
人は一般的なコミュニケーションにおいては常識的に外れなくやり取りができる。
しかし、形而上の問題になると途端にバランスを欠く。
形而上の難しい問題になるとその人の知能が露わになる。
芸術系のギフテッドの場合、理数系の知能が低いことはないらしい。
いくら論理的で理知的であっても芸術系とか宗教系の知能が低いのなら、願望のとおりに天才であるわけではない。

309 名前:ナナシンクロニシティ 2014/01/07 18:00
自分は心の底から笑う事がない。
ピグ以外で雑談が出来ないから自分にわかることは率先して応答をしていたけどそういうことは止めよう。
心の底から笑えないから悪感情を隠すための仮面の笑いになるが、もう笑うことすら止めよう。今年の抱負。

310 名前:ナナシンクロニシティ 2014/02/06 16:26
自分が鬱屈して不幸になっていれば味方は青白く健康状態に支障を来している。敵はうれしくて免疫力が高まったためか肌艶がよく活き活きとしている。お寺などでは霊性がすみやかに影響しやすいからか、そういうことが顕著である。
人の悪口を言っている人は長生きである。

311 名前:ナナシンクロニシティ 2014/02/06 16:21
自己犠牲と自覚して自己犠牲を実行して生きている人は、他人が自己犠牲で生きているのを見て不愉快がるが、それはなぜだろう。
生殖的な理由からかもしれない。
利己的な願望を達成せずに他者にその機会を与える。
自分の時間を他人のために使う。
自分の遺伝子は残されないし、自分の愛人や子供を養うわけではないが、自分は成長し、霊性では何かが残されているとどこかで思っている。
同じように無理している人がほかに存在しているのを見ると、自分のアイデンティティやテリトリーが冒される気がするからだろう。
特に宗教団体ともなると、いてはならない者が多すぎる。
自己犠牲は親が子にそうするのは自然発生的な行為だが、宗教的な作為心となると破綻している。

312 名前:ナナシンクロニシティ 2014/02/11 14:11
作られて明るい人はエゲツナイ事をしているものである。
作られて明るい女をよく観察していればわかる。
作られて明るい女は誰か好きな人を屈託なく褒めると同時に誰か嫌いな人を当て擦っている。
政治的な大義名分男も同じである。その行動形態はここに細密に書いてある。
そうして本能的に愉快で明るい状況を獲得してきているのである。
作られて明るい人は平均的に無慈悲である。
他人から慈悲を得られない事を怒るだろう。自分はこんなに慈悲が深いのにと。
暗い人はエゲツナイ事をできないためなかなか愉快にはなれないが、慈悲が深い事は多い。

313 名前:ナナシンクロニシティ 2014/02/18 14:28
織田信長は本当に世界征服を望んでいた悪魔に魂を売ったような悪人だったのかな。
織田信成を見ているととてもそうは思えない。もちろん御子息の中には悪い部分を濃く受け継いでいる人もいるだろうけど。
武士は基本ツンデレだから内には人間的、外には鉄仮面で歴史書は実際よりかなり強面寄りに描かれているのかもしれない。

314 名前:ナナシンクロニシティ 2014/04/23 17:39
水を買って飲むことに抵抗がある。
その水自体は清いがペットボトルを製造し水を充填させて店に運送する過程で環境に負荷を与えている(水を提供する会社で人が働く分の食糧やエネルギーも必要)。採水地保全のために企業が活動してくれるのはよいけど、地球全体から見ると飲料水の文化はマイナスである。自分の体はきれいになっても地球は汚されている。そもそも水が最も清くおいしく生命力が高いのは採れたての湧き水の生水の状態のものなので、わざわざ人工的に濾過し殺菌してペットボトルに詰めたものを飲むというのはそれほど価値のある行為ではない(日本の場合)。浄水器の水で充分。

315 名前:ナナシンクロニシティ 2014/05/20 23:54
人間の精神性の高さは育った環境の自然の豊かさに比例している

316 名前:ナナシンクロニシティ 2014/05/25 17:53
あらゆる個々の精神論、メソッドにはメリットとデメリットがある

317 名前:ナナシンクロニシティ 2014/05/25 17:55
地球は常に自転をしているのに方位は存在する。
不思議なことである。
もしそういうのがあるのなら、地軸との関係性だろうか。

318 名前:ナナシンクロニシティ 2014/05/26 04:15
ほとんどすべての異性愛者は自分をノーマルだと思っている。

319 名前:ナナシンクロニシティ 2014/06/21 07:19
自己愛性人格障害の信者は、
自分の納得しやすいように事実を歪めて認識し、そう念じる
それが非我にとっては呪いになっている

320 名前:ナナシンクロニシティ 2014/07/03 23:31
「万物は人間の手にかかると悪くなる」J.J.ルソー
犬は頭がいいほど育てるのが難しいらしい。ハスキー犬は子供の頃の自分とよくかくれんぼをしていた。悪戯好きで悪知恵も働き、ハスキーは一度逃げたら3日は捕まらない。一時期人気があったけど人間に支配できないそのような性質によって「ハスキー犬は頭が悪い」と言われ人気がなくなった。ハスキーは本当に賢かった。子供といるときはやんちゃで、手から散歩の紐が離れた事を発見したらぴゅーっと走り去る。頭が良い上自立心があるから捕まりたくないし捕まらない。3日経つとやっと寂しくなって帰ってくる。でもおばあさんが紐を持つときは引っ張らない。ちゃんと歩いていた。おばあさんが逃げたハスキーを捕まえてきた事もある。
犬の教育もやはりゆとり気味が良いようだ。厳しく育てると性格が歪む。人間と同じである。教育と反動形成は表裏一体だ。教育をしないと育たないというのは人を支配したい人の発想である。そういう人は従順なお利口さんを賢いと言う。天才の事は認めたがらない。
人気のある品種は乱雑な交配によって程度が低くなるもの。循環器系や関節系に障害が出やすいらしい。

321 名前:ナナシンクロニシティ 2014/07/23 22:58
現実を認識したくない信者の信仰体系が気になる。たとえば「人を呪わば穴ふたつ。ではその穴はどこにあるのか?」という問いかけに、そのような信者は「それはね、比喩表現なんだよ」としたり顔で諭している。君は比喩が理解出来ないアスペルガーなのだよ、と実際に思っているわけではない。し た り 顔 で 振 る 舞 う のは、内面に無神論の反駁にたいする無力さがある。無神論者は信者じゃないので現実を指摘したがる。現実を認めてしまえば成り立たない教義の部分が出てくる。
「その穴は墓穴を掘るなどと同じで比喩である。」・・・。では極楽浄土も無間地獄も「比喩」なのか?神様とか仏様とかの存在は「比喩」なのか?信者は比喩を信仰して拝んでいるのだろうか。
そうなってしまうので、「比喩表現なんだよ」と手前で議論を止めておくのだろう。なぜそこまで追求したらいけない。

322 名前:ナナシンクロニシティ 2014/07/15 17:33
オタクを嫌う人がいるけどその人はクリエーターのことは見えていないと思う。作品のことは見えていない。御祭神や神主・管長様のことではなく、普段から信者のことしか頭にないと思う。
クリエーターは創造力があるので知的能力が高い。その創造力に比して作品を創ることができる。
ひとりの作家にも霊性の高い作品や低い作品、ひとつの作品のなかにも高い部分と低い部分があるけれど、どうせなら作品のほうを見ていたほうがよいと思う。信者を見ても得はない。全能感と怒りに満ちるのみである。

323 名前:ナナシンクロニシティ 2014/08/02 14:09
自己愛性の人は人の不幸を喜ぶ。人が苦労をしているのを見聞きして心を落ち着かせている。
しかし、苦労による成長は喜ばない。苦労に比した進化と肉体的頽廃があるのは事実なのに、頽廃だけを求めている。
不幸は苦労をもたらすが、不幸のみであってほしいと願っている。自分を超えたらいけない。
幸福であれば進化はなく肉体的頽廃もないが、幸福であることは納得いかない。結婚を勧める自己愛性は、幸福を望んでの勧めではない。未婚は劣ったものであるという前提と、幾種類かの疚しい想いがある。

324 名前:ナナシンクロニシティ 2014/08/02 14:21
誰にでも不健全な自己愛はあるけど、指導者はそのどこまでの度量があるかによって、チームの強さが決まる。他者にたいする愛が育ってないと歪んだ自己愛で選手を潰すだろう。中日ドラゴンズが強かったのは、森繁の『参謀』を読むとよくわかる。
一方で不健全な自己愛に満たされた信者は、若者がある程度のところまで成長した段階でそれ以上は引き上げようとしない。自分を超えてはならないから。彼らのレッテル張り(たとえば「未婚者」であるとか「学歴・職歴」というもの)は自分の地位を守る砦のようなものである。

325 名前:ナナシンクロニシティ 2014/08/02 16:35
「その人自身がそうであるから、そう見えるのである」という判断方法があるけど「では医者は?」とか言いたくなる。特に精神科の医者は?

326 名前:ナナシンクロニシティ 2014/08/08 21:05
青年会の女どもに「青年会に男がいないのは僕が面倒をみないから」とレッテルを貼られて優位に立たれているけど根本的なところで間違えている。
「いつこの寺の信者になったのか」と言いたくなる。もう10年もいるからいつの間にか信者にカウントされているがこちらは一度も信者になりたいと思ったことがない。名簿に登録したら信者なのか??
なぜ根本的な次元で間違えているかもっと分かりやすく言うと来たことを後悔しているから。そんな場所になぜ知人・友人や家族を連れてこないといけないのか。参加するように必死に促さないといけないのか。道連れにすればいいのだろうか。生け贄でも良いのだろうか。
本堂の霊性の力はすごいが毎回信者に勧誘を受けるし明日もキャンプの手伝いをやることになっている。一年の休日の半分を奪われる。やらせていただいているってなにそれ。そう自発的に思えるようになるには勧誘を無くさないといけない。あり得ない話である。それが拡大路線を狙う宗教団体のパラドックス。無理してやる人がかなり多くいる。

327 名前:ナナシンクロニシティ 2014/08/09 22:32
キャンプの手伝いたのしかった。小中学生の素の感じがたまらなく好き。
万物は人間の手によって悪くなる。その素の感じは子供時代にしかない。
子供達は穴と雪の女王のDVDを観て合唱していた。
肝試しは中高生のサポーターに手伝ってもらったけどその時に素の姿が見える。
今夜は台風が来る。明日は台風が去るまでの間プログラム無しの自由時間らしい。
今日も自己愛性の信者が最後こちらの駄目出しして(子供と一緒にスマホをやっている等)、貶めて気が済んでその他の話題で口から不浄な霊性を残して夕方に去っていったけど、それを忘れられるほど良かった。でも今思い出したからトータルではマイナスになるな。目に諸々の穢れを見て心に諸々の穢れを見ずが出来ないから。でもキャンプの手伝いは来年もやりたいと思えたのは初めてだった。

328 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/06 21:36
やたらと「自分には霊感はないけど」と声高に主張する信者がいるのでケゲンニ思っていたら管長様が「霊感のすべては魔である」と教えているからだった。

329 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/06 22:22
ではそうなるとパワースポットに行ってパワーを感じる人は皆「魔」なんだろうか。本堂に入って力を戴くのは魔になるのだろうか。○○天満宮の神主様は魔に憑かれていたのだろうか。崇敬者大祭で「この神社も神の気というのかパワーというのかみいずというのかわかりませんが、そういうものが非常に強いと感じられるので、ぜひ皆様御参詣をしていただきたく思います」と挨拶されていたから。
たしかに声が聞こえたり何かが見えたりするのは超越願望があってのものだと思う。しかし力を感じるとか気を感じるのは日常茶飯事である。これを魔だとされると何を楽しみにお寺に行くのかと思う。人と語らうためだろうか。ならばお寺である必要性はない。好きな人と語らうほうが充実しているし成長する。好きでもない人との会話は思い出にならない。思い出さない。お寺に集う人が好きならよいが。
中世の魔女狩りは、自分が認める者以外が聖人であってはならないという心理や唯一の勝ち組根拠が崩れる恐れから発生した。イスラム教はキリスト教を認めない。ムハンマド以外に聖人がいてはならないから。エホバの会は全ての霊感を無化している。(一方で統一協会は霊的な体験をさせることによって、それに教団ナイズされた理由をつけて信者に仕立てあげるが。だから原理主義を嫌う)。霊性を感じるものがいようものなら、一生懸命に排斥しようとするのはそのような執着であろう。

330 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/06 22:26
それとその信者は僕に向かって「○○君はパソコンでなんでも調べられるからよく知っているだろうけど」と誉めるように言い続けていた時期があった。それは管長様に「最近の人はインターネットでなんでも知ることができるから自分は知っている自分は知っているとわーわーとなってしまう」と言っているからだった。

331 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/13 14:16
霊性が高いことと正しいことを言うことは異質な次元である。
霊性が高いからと言って正しいことを言うわけではない。
正しいことを言うのは知能の次元だから、霊性が高くても狭い世界しか知らない人は他者にたいして正しいことを言えない。

332 名前:double-faced 2014/09/13 23:43
昭和では、かげひなたのある人になったら駄目と、教えられていた(裏表がある人のことを「陰日向がある」人と表現していた。昔は文学的な知能が高かったのかもしれない。パワースポットのパワーを感じる事を「お徳を感じられる」と表現するし)。
でもさておき、かげひなたのある(表向きには明るく人にごまをすり、陰で薄暗い噂話をしているような)人が駄目(劣悪)だと定義されるなら、反対に、ひなたかげのある(表向きには暗く人に接して、ネットでは友達が多く人気があるような)人は、かげひなたのない人よりも優秀だと言えるのではないか。陰徳と言うし。

333 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/19 23:44
宗教の人間は、神仏が宗教の世界にしかいないと考えだす。
芸術の世界にもいる。どこの世界にもいる。
もちろん宗教が最も霊性と深く関わるが
宗教によってしか霊性が伸びないというのは自己愛性人格障害の発想だろう。

334 名前:ナナシンクロニシティ 2014/10/05 15:29
霊感はすべて魔である、と管長様がおっしゃられて見えるようだ。信者に「よくいるでしょ?そういう人」と言われた。
霊感という言葉はうさんくさいが、霊感とは一体なんなのか。五感以外の総称ではないのか。「第六感」もうさんくさい現在、「五感以外感」と呼べばうさんくさくなくなるだろうか。
霊勘は脳の所作であるが、霊感は感じるものである。感じている事はたしかなことである。現象に忠実である、という事は熱いものに触れて熱い!と言ったり可愛いものを見て可愛いと思うような、感覚を伴ったものであるはずである。感覚は正直だから。たしかに「体感異常」という医学的な用語がある。
「霊感」といえば、見えたり聞こえたりする事だと思っている人が大多数で、霊感があると標榜する人の中にそう表現する人もいるが、そのなにかが見えたり聞こえたりするとの書き込みを見ると、はたしてその人は「感じている」のだろうかと疑問に思えてくる。音楽的にそれを解釈されていない。フランスの音楽、民族風の音楽、哀しい音楽、アグレッシブな音楽。そこにあるものを洞察する力が働いている風でない。僕には願望の投影に思える。霊感を持ちたいと思っているか、脳内で自分が納得しやすいよう無意識に変換した内容に思える。なにかが見える、なにかが聞こえる、ではなく脳がそう言っているのだ。脳内の妄想ではなく、それが現象に忠実なものなら、レッテルを貼られた対象は不具合の念を抱かない。霊感が本当に霊感なら相手はおもしろがる。当たっているから。
霊感のすべてが魔である、というのではなく、願望の投影を魔と言うのなら納得がいく。パワースポットで「感じる」ものが魔であるというのなら人間の感覚そのものも魔に変換されるものになってしまう。その人の価値観が徐々に魔に汚染されてゆくことはあっても、感覚そのものが魔に常に捏造されることはあるのだろうか。感覚そのものが正直ではないものとしたら、体感異常になってしまうが、それは既に病気である。パワースポットのパワーを感じる人はすべて(或いは過半数が)病人で体感異常なのだろうか。精神科の医者によれば1%もいないようだ。介護職の人によると、熱いものに触れて冷たいと感じたり、寒いはずなのに暑いと感じたりする軽い体感異常なら、ボーダーラインによるがお年寄りの3人〜8人に1人程度らしい。自分は毎回一定の仏様の力を感じているが(物故者供養の時などきつい時はある。きっとまだ成仏されていないから)、それはすべてが魔の作用だったという事になる。また、本堂に入って祈っても大祭でもご祈祷受けても魔が払われないことになってしまう。矛盾しているのだ。また、霊感は魔であると指摘するのなら、そのパワーを感じた人が後になって驕慢をかました時になら適切だと思う。
(しかし驕慢は驕慢であって魔ではない。驕慢という感情は驕慢という感情である。魔ではない。現象をそのままに捉えず脳で納得しやすいように解釈して「驕慢」⇒「魔」といった具合にスライドさせるからレッテル貼りになる。驕慢は驕慢である。それ以上その人は成長しないっていうことで良いのではないか。恥をかかないと成長しない。なぜ魔としなくてはならないか。疑問点が多い)

335 名前:ナナシンクロニシティ 2014/09/28 17:29
結婚しないと我を張って結婚しないと言われる。
我を張らずに結婚したから今の幸せがあると思っている人はそう判断する。

336 名前:ナナシンクロニシティ 2014/10/05 14:49
無口な人は「何を考えているかわからない」と言われる
僕は「君にはわかりませんよね」と言いたい
YG検査を受けてみたらE型だった

337 名前:cuccinimoromoro 2017/02/23 12:25
百体清浄の祝詞の中に「口にもろもろの穢れを言ひて心にもろもろの穢れを言はず」という句があるけど、それは仲間を揶揄したりオチにしたりちょっかいし合ってるような事を言うのだと思う。自虐ネタも含まれるだろう。
仏教には不悪口(人を悪く言わない)と、不綺語(慇懃無礼などをしない)という戒律がある。もしも不悪口戒だけならば、その宗教団体にはモラハラが横行する。関西人は「罪人」だらけにされている。神様仏様から見れば冗談を言わない者の方が罪になるだろう。人を訝しがらせ、心許せない者とされる。
心にもろもろの穢れを言わずに口にもろもろの穢れを言うという高度なことが出来ないと友達は作れない。冗談は高度な事である。誤った宗教者は仕事場で休憩中お互いにあげつらっている関係を否定する。自分は仏の教えを受けているから相手の存在を認めて褒めた言葉(愛語)を与えているらしい。その高邁な境涯によって人間を超越した特別の存在となっている。脳内で。

338 名前:ナナシンクロニシティ 2014/10/05 23:25
宗教者特に仏教者は知識の多い者を嫌う。
「自分は知っている」という主張や分析能力を誇っている事が鼻につくようだ。
彼らが言うように知識・能力のひけらかしであるとしても、実際に知識・能力があるから仕方ないだろう。
なぜそれが許せないか。
子供は全能感に満たされている。しかしそれを見て癒やされるではなく、むかついてスポイルして育てるとそのような卑屈な人格の大人になるからである。
仏教的宗教的にも、知恵より修慧が重要とされ、知恵が優先している人を下と見なすからだろう。そのように知識を誇る者を馬鹿にしているから余計にむかつくのだ。
はじめから馬鹿にしなければ良い。でも卑屈だから循環・輪廻する。卑屈になる運命と言える。

339 名前:ナナシンクロニシティ 2014/10/12 17:56

     。。
   ゚●゜

  。。
 ゚●゜

340 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/06 21:07
今日整体に行ったら僕は左手が使われていないようで全体的に骨が右に傾いているようだった。左利きの人は右手も使うけど、右利きの人は左手を使いませう。

341 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/12 20:00
一眼レフから測るに5倍は悪く言われてる。
お寺にカメラマンを頼まれて一眼レフを持っていくと、そのカメラを褒める振りしてこき下ろす人や、一眼レフを使っていると本格派ぶっていると思い我慢できずに何か笑顔で嫌味を言ってくる人がいる。
それらは60歳前後の人で、一眼レフというものの価格が初任給の1〜2ヶ月強だった時代を生きているからそれだけの大きさの虚栄心があると無意識に判断されているわけであるが、今の時代一眼レフは1週間分の給料で買える。価格的には貴重品というより家電製品である。一眼レフはコンデジの延長線上にあるもの。既に男性の5人に1人の人が持っているし、コンデジ(コンパクトカメラ)は90%の人が持っている。
一眼を使う動機も違う。一眼レフを使えることを誇らしげに思うというのは、自分には有り得ない。まず価値観の前提が違う。カメラマンでカメラを使っても何も楽しくはない。カメラマンを任されたとき、新しいカメラを使えることは楽しいが、新しいカメラがないときは完全に仕事。僕にとってデジカメはどこかに写真を応募するためのものではない。どれだけシャッター切っても無料のもので、日記代わりのものである。実際、日記の文量が減った。2000年当初デジタルカメラが世の中に出てから使ってる日用品だから、カメラが使える事はパソコンが使える事と同等の価値しか見いだしていない。カメラは想い出を残すためにある。だから画質の違いも楽しめるしカメラの機種にも詳しくなる。現代は物にあふれて便利になった(自然への畏敬を抱きにくい)が、その反面、それと反比例して物にたいする虚栄心はなくなると判断しないとフェアじゃない。
カメラは日用品である。カメラを使う動機は想い出を残すため。想い出が大切で10代からそうして生きている。たとえ他人のレッテル貼りの通りカメラに関しての虚栄心が出て来たとしても、なにかに憑依でもされない限り、それが想い出を大切にする情熱に取って代わることはない。

342 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/09 23:08
他人に厳しくできる人は、そのほとんどが他人を物としか見ていない。
慈悲深さの中にある厳しさは稀有。

343 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/09 23:22
ロッカーから盗みを働いた人は、ロッカーから盗まれた子をディスっていた。
やめさせることにより自己保身を図ろうとする。
また、盗む人はその相手をマウンティングする。
なぜかそのような心理になりやすい。

344 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/10 22:55
モー娘。はその後みんな不幸になっているし、
羽生結弦も頭部挫傷等で顎を7はり縫うし
有名になると必ずといっていいほど不幸になる。
人の念に打ち克つにはお釈迦様にならないといけない。

345 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/11 20:50
本当に悪いことをしていない人は、悪さを演じることができる。
心に疚しさのある者は猫なで声で話す。

346 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/13 21:59
盗みを働く人、人の評判を貶めようとする人は共通して二枚舌を使う。
そのままの言葉を吐かない。よく誤魔化すし、必ず打算的である。慇懃無礼で褒めるか、部下を一切褒めない。
健全である他人を自分の後ろめたい行為・疚しい目論見と同列に並べることから始まっている。
あと、字が下手なのも共通しているかもしれない。その手合いに字の上手い人が一人もいない。
文字にはその人の知的なサガが出る。

347 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/13 22:17
その社員の本性は、その人の部下にならないとわからない。
上司にはわからない。わかると思っている人がいる。
視線は常に気にしていても見られていないふりをすることも可能。

348 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/16 05:46
みんなと笑顔で打ち解けあい、
また、悪いやつに騙されながら生きることが
性的志向障害者の自分にはできない。
僕はテレパシーですべてわかってもらえると思っていた。
でもそうではなかった。
言葉で伝えなければ伝わらない。
僕は他人の思惑がわかるが人は言葉で伝えあっている。

349 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/21 21:15
お金を盗まれたのは仕事でよくトチる仔で、仕事の失敗を気にしていたけれど
仕事でミスをする事と、法を犯す事と、どちらの方がしてはいけない事か。

350 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/22 06:24
全ての一切が因果応報のとおりになりますように。

351 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/22 06:36
転嫁された罪は元の所に還元し、すべてが白日の下に晒されますように。

352 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/29 23:39
情に流されれば冤罪が生じる。事実を伝えても事実は情に流される。その人と話せば話すほど情に流されて事実も一緒に流される。いつの世も宗教が流行ることから、人はあまり現実を知りたくない。人間は、本当に疑うべき存在を疑えない。その目の前の人間はこのようにうまくいくと思っている。人間が馬鹿だと犯人は味をしめて欲望は拡大し、犯罪はエスカレートする。詐欺が高度化し、老後に騙されるのは犯人を見逃した事の因果応報でもある。してやったりの満面の笑みで健康的な人は好ましいとされ、してやられて不健全な挙動を醸している人は犯罪者とされる。そんなに馬鹿だからサイコパシーのやりたい放題なのである。
また、下神は人の多数の想いに影響を受ける。神すらも…‥と思った経験をした。これは貴重。これから使う。説明の都度。

353 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/29 23:40
多くの人は物事の皮相で判断してそれを『洞察力』とか言ってる。
たとえば挙動不審で人間不信な奥さんがいたとしたら、彼女は悪い噂を呼ぶ。その全ては憶測であっても、多数の人がそう考えるとやがて事実となる。
その挙動不審や人間不信は、彼女生来のものではなく、家庭内で夫から暴言や暴力や自分語りをされている事が原因かもしれないのに。(もっというと生来のものであっても彼女自身が原因ではないかもしれない)(あるいは挙動不審との判断は誤りかもしれない。ヘルニアとか…)(そもそも挙動不審とか人間不信自体、悪いことではないはずである)
人は見た目から人柄を読んでレッテルを貼る。しかし過程は読めない(←その読みが正しければ洞察力と言ってもよいだろう)。
人間は歳を取ると自分の洞察力に自信を持ち始める。お寺(普通の臨済宗です)の信者の中に「上司は全てを見抜いているものだよ」としたり顔の60代がいるが老害である。「自分にはわかるんですよ」。
人の事などわかりはしない。僕は師匠と教授を除き、見当外れのことしか言われたためしがない。あなたの事がわかるなど、おこがましい話である。

354 名前:ナナシンクロニシティ 2014/11/29 23:40
冤罪で犯罪者に仕立て上げられている人は犯罪者然としてくるのが不思議である。
身分は人を作るというが、本人の望まない身分でもそうなる。

355 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/07 09:31
予測を誘導する者もいる。

356 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/12 00:23
この前日曜日の修養会に、近所の若い子が来る事になったが、
「あのお寺は新興宗教だからやめておいた方がいいよ」
「一度行ったら取り込まれるよ」と周りにがーっと言われたらしく欠席になった。
「○○君の近所の子です」と、予測を誘導されていた。

職場では塗装の山下君が予測を誘導されている。
「見た目がすごく幼いですよね」
「トイレで煙草吸っている中学のヤンキーみたい(笑)」
「マグネットを付けたまま塗装に廻さないで下さいね」
「塗装の人間にパくられるから」
「今年に入ってから多いから一応注意している」

357 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/20 20:03
このまえ犬山成田山に行ったら拝殿にて幼少の子どもが賽銭箱を蹴り飛ばしてしまったのか、父親歯子どもにこれは仏様の大切なものだから「謝りなさい」を連呼していた。子どもは理解出来ずに泣いていたけどそれでも父親は謝りなさい!を連呼していた。その子は生涯無神論者として生きるのだろう。
そのような終わってる親は論外にしても、なにか最近変な親が多い。子どもが店員さんに変なこと喋りかけて母親は笑いながらごめんなさいと言い、子どもには「変なこと言わないで」と真顔になる。幼少のうちに世間体を気にする様に発育が促されている。浮世離れしたところにしか天才はいないのに、子どもの天才は幼少のうちから世間の常識に合わせる風にしてスポイルされてゆく。

358 名前:間主観性 2014/12/24 07:59
他人に評価を下す際に夫婦で結託している者は死ぬまでその認識が改められない。

359 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/27 12:23
導かれるがままにお店に入ると最高だ。
でもお腹が空いてるときはそこじゃないよというときでも入っちゃう。

360 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/28 22:09
猪瀬元都知事はいい人だった。
たけしと爆笑問題の3時間スペシャルの対談がおもしろかった。

361 名前:ナナシンクロニシティ 2014/12/28 23:24
(¨)unnun

362 名前:ナナシンクロニシティ 2015/01/02 20:43
カピバラ見てると笑えてくる

363 名前:ナナシンクロニシティ 2015/03/23 08:12
最近モラハラという言葉が流行ってるから調べてみたらお寺の信者の最悪な人間は典型的なモラハラだった。でもお寺の信者は純粋なのか頭がよくないのかほとんど誰も気づいてない。その構造に。
自己愛性人格障害との関連が深いのだとしたら世間の4%の人が日常的にモラルハラスメントをしている事になる。自己愛性人格障害を説明する必要がなくなるからモラハラという言葉さえ流行してくれるといい。

364 名前:ナナシンクロニシティ 2015/01/13 22:57
盗みをする人は共通の霊性がある。

365 名前:ナナシンクロニシティ 2015/01/13 22:59
モラハラをする人が標的を物色するとき、霊気がオカシイ

366 名前:ナナシンクロニシティ 2015/01/25 18:28
特別扱いを求める人は、ありのままの自分を受け入れられていない(自己愛性人格障害)可能性がある。

367 名前:ナナシンクロニシティ 2015/02/02 11:50
脳は高次とか低次とか人間的とか動物的とか論理的とか情緒的といった具合に働きを単純に二分化できるものではなく異階層(ヘテラルキー)の構造をもつ。(ゲーリーバーントソン)

368 名前:ナナシンクロニシティ 2015/03/23 08:07
苦しみがなくては信仰することはない。
病気にも死別にも遭っていないのに宗教団体に居座る人の中には自己愛性人格障害からの信仰が目立つ。ボランティア精神や自分磨きが動機でなければ自己愛性人格障害者の可能性が高い。そしてボランティア精神や自分磨きはふつう長続きしない。宗教団体や慈善団体にはモラハラは憑き物。

369 名前:ナナシンクロニシティ 2015/03/25 08:15
学者が論文の中に文学とか詩を引用する時、どこか読みがズレている事が多い。
あるいはポエジーが感じ取れていないか無視されている。

370 名前:ナナシンクロニシティ 2015/03/29 10:24
コーヒーは発ガン性物質が含まれていたりガンの抑止効果が高かったりする。
それは人間の人体に入った場合のコーヒーの作用である。
すべての食べ物は人間のために生きてきたわけではない。

371 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/01 08:17
水道から綺麗な水が出るようにすれば
河川の水は汚れる
人はシェルターの中でしか生きられなくなる
環境をそのように変えてしまった

372 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/01 13:17
バッシング系女子、モラハラ男、老害、政治家

373 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/17 22:58
書く事いっぱいあったけど忘れた

374 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/21 13:07
今まで人に気を使って自分の時間を奪われて無駄な時間を過ごしてしまった。これが成長になるからと宗教信者に言われ、それをやっても成長度の薄いこと。成長しないのは前向きにやってないかららしい。前向きに共感のできない他者に滅私奉公しても反動形成が生じる。宗教団体にはバッシング癖のある人間が多い。
でも無駄になった経験は貴重な経験だった。前向きにそう思える。いかに無駄に過ごさないよう立ち振る舞えるかの修養になっている。モラハラを受けた人は自分の時間を取り戻すための段取りを考案できる。モラハラスメンターの精神構造は被害者にしかわからない。他人に話しても伝わらない。自分を取り戻す修行が積める。

375 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/24 23:56
宗教信者には人間に自由意志を認める事の出来ない人が多い。
神様仏様にたいし、人それぞれ自由な想いを抱くことは禁じられている。
自分と同じように信仰しないといけない。カルト宗教はみな同じ言語を話す。
それは教祖や開祖の人間を支配したいという欲望の強さに比例する。

376 名前:ナナシンクロニシティ 2015/04/25 01:01
馬鹿は罪である。モラハラ傾向のある宗教信者は教祖につけいろうと周りに好かれようと謙虚に自分は馬鹿であることを正当化するが、たとえばヨハネパウロは恐らく知能の高くない聖人様であったからその後多くの差別を生み出した。

- ─-─-- ファリサイ人たちがやって来て、彼(イエス)を試そうとして言った。「どんな理由でも、男が自分の妻を離縁することは許されているのですか」。
彼は答えた。「あなた方は読んだことがないのか。人を造られた方は、はじめから彼らを男性と女性に造られ、そして、『このために、男は自分の父と母を離れて、自分の妻と結び付く。こうして二人は一体となる』と言われたのを。それで、彼らはもはや二つではなく、一体なのだ。だから、神が結び合わされたものを、人が引き離してはいけない」。
彼らは彼に尋ねた。「それでは、なぜモーセは、離縁状を与えて妻を離縁することをわたしたちに命じたのですか」。
彼は彼らに言った。「モーセは、あなた方の心のかたくなさのゆえに、あなた方が自分の妻を離縁することを容認したのであって、はじめからそうだったわけではない。あなた方に告げるが、淫行以外の理由で自分の妻を離縁して別の女と結婚する者は、姦淫を犯すのであり、離縁された女と結婚する者は、姦淫を犯すのだ」。
弟子たちは彼に言った。「妻についての男の実情がそのようなものであれば、結婚するのはうまいことではありません」。
しかし彼は彼らに言った。「すべての人がこの言葉を受け入れることができるわけではなく、授けられている人たちだけがそうできる。母の胎からそのように生まれついた去勢者がおり、人に去勢させられた去勢者がおり、天の王国のために自分を去勢した去勢者がいるからだ。それを受け入れることができる者は、受け入れなさい」。
マタイによる福音書19章3節

パウロは一般人と同じく、母の胎からそのように生まれついた去勢者とソドマイズの区別がつかないので、同性愛は自然に反する行為で神に背信する行為であるとした。それを受け、何千年にもわたり多くの同性愛者が自殺をしたり処刑される事となった。この悲劇はパウロの罪か、後世の信者の人格がもたらした罪か。どのみち馬鹿は罪を為しているのである。

377 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/03 22:31
宗教団体は結婚を勧めるのは本来なぜか。結婚をした人は結婚の過程で苦労をして成長し、喜びを得ているから、そうでない人が稀薄な人生を送っているように映る。だから未婚者を差別する風土も出やすい(自己愛性人格障害が差別をするのはどんな自己肯定キーワードからでもだが、無自覚に悪意なしに差別となっている。差別する意志があるのは人格障害のモラハラ、差別する意志がないのは結果論として)。宗教団体の教えの中には結婚を推奨する文面が多く見られるが、それは原点に立ち返れば現世利益をもたらすからである(拡大路線の二世目的であればカルトである)。同性愛者の自分はそのような現世利益を求めていない。現世利益を得た彼ら既婚者は現世で苦労をしていない事になる。だから彼らが独身者を下に見る事は本末転倒である。自分は独身者としてこの現世では苦労をして、その後は彼らが乗り越えられなかったような世界を生きている。

378 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/03 22:34
良い事を言葉に出して言う人と、良い事は恥ずかしくて言葉に出せずツンデレとなる人がいる。
宗教の信者は事の善悪に思考が囚われているから前者のみを肯定する。後者は遅れているものとする。
だがどうだろう。
良い事を言っている人は神仏に感応するのか。「口にもろもろの穢れを言ひて心にもろもろの穢れを言わず」の人が感応していると思う。良い事を言う者は、口ほどでもない。感応してない。

379 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/03 22:34
「口にもろもろの穢れを言わず、心にもろもろの穢れを言っている」のはモラルハラスメンターである。

380 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/06 09:21
庭が広くて土や緑の多い家で代々育つと
美男美女や人間味溢れる人が生まれやすい

381 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/06 11:28
新今宮駅の南側の街のプラカードの標語は
俺達の街は、俺達で守る
とかにすれば共感や一体感を得られるのに
日雇い労働者の人たちにとって、あの街は故郷だろう

382 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/09 22:54
人間には形象があり見た目の良し悪しがあるから、
すぐに何かが良い何かが悪いの観念に囚われる

383 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/09 22:55
明日は欠席裁判の日になる。

384 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/22 12:45
和音でしか音楽が聴けてない人はシベリウスの第六番を「暗い曲」と判断する

385 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/26 22:39
先日も寺の修養会で、ノコギリでうまく木を切っていたらモラハラ男に「有馬君のノコギリよく切れるね」と褒められた。「ノコギリの力なのか?」と言ったら別の人が有馬君の力よね、とフォローしてくれたが、やはり自分の力を誇っているという事で不自讃毀他戒に抵触するだろうか。近くで作業しているとわざとらしい会話が聞こえてくる。枝が「宙ぶらりん」になっちゃうらしい。なにか当てこすりを出来そうなキーワードがあれば聴こえる風に言ってくる。そのキーワードが聴こえる。妙に耳に残る。会話相手と感情を込めた相づちをして話しているが心は打算ばかりで上の空。僕が中央大学だからか「名古屋大学」のコンサートに○○さんは行ってるらしい。僕の家が資産を持っているから上前津には「高層マンション」がたくさんできているらしい。その辺りの人は資産が有り余っているようだ。常に人を比較して序列を付けることに興じる癖があるからそれ以上の階層のものがすぐに頭に浮かぶ。その点で天才である。30年前に名古屋の「お庫裏様と一緒」になにかをしていたようだが、このお寺の発展の歴史には自分がいるという意味だろうか。
モラハラ男を気にかけていても時間の無駄になるが、本堂での霊気が霊障になっていたから無視できない。その前日の熱田神宮では清浄な気をいただいた。産土の神社に行っても清浄だ。どこにいっても障りに感じるのなら自分に問題があるのだろう。だが一畑山の本堂でのみそういった感じになった。本当に迷惑である。彼から学ぶことは、モラハラに我慢する事、モラハラを受けた事を反省し、自分がこの先新たにモラハラを受けないようにするにはどうしたらよいかその方法を学ぶ事とか、今現在モラハラを受けている人を癒やす精神とか、そんな感じになる。人生の無駄に思えて仕方ないが、魔がいるからこそ進化するというのはある。そのモラハラ男は最後反省会の折に管長様に、今日の修養会の良い天気に恵まれて良かったことや外でオニギリを3つ御馳走になり皆んな本当に充実したご様子でした(このような場を設けていただきありがたいことです)ことを伝えて、もう班長ではないんだから反省会に来なくても良いのになにかつけ入ろうとしていた彼の本意を見抜けないだろう。ゴマすっている事までは見抜ける人もあるが。

386 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/24 23:14
遠くからすごい変な顔で見てくるけど異常な人格をしているんだろうな。

387 名前:ナナシンクロニシティ 2015/05/30 08:39
宗教信者は
「あなたにはそう見えるのね」

「私にはこう映るの」

強度が違う

388 名前:ナナシンクロニシティ 2015/06/01 01:23
平均的な人は伊勢神宮に行きそこで清浄な気を感じて拝殿で拝んでも
家に帰ると近所の神社や寺に清浄な気が存在する事を疑う。
人の常識はあやつりにんげょうのやうなものである。

389 名前:ナナシンクロニシティ 2015/06/08 12:33
本堂の瘴気が元に戻らない
行く意味がない
本堂の仏様が魔を受け入れたのか、僕の脳の問題か、こんど先生に聞いておこう

390 名前:つきピエ 2015/06/09 12:29
仕事場に柴犬みたいな若いかわいい男の子がいる。動きも柴犬みたい。
2次元は横から見ると平面だが、本物のイケメンは、どの角度から見てもイケメン。
時計軸に45度回転してもイケメン。
それはせいぜい15年間ぐらいの無常の姿だがどんな仏像よりかっこいい。創ることはできない。
偶像崇拝は神仏より劣った姿のものを崇めている。人間でも同じかもしれないが。魂より劣った姿をしていると。

391 名前:つきピエ 2015/06/18 22:11
その子は結構乱暴だしわざとやってるし賢い。
美人は3日で飽きるというけど、たしかに初めほどの衝撃はなくなってきたけど、中身には飽きないと思う。
18歳と16歳のフィリピンの女の子に何歳か聞かれて 24歳 と答えがくると「同い年ぐらいだと思ってたー」と騒がれていた。
僕は平均27-8歳に見られる35歳だけど、16歳だと言い直せる24歳には素直に負けたと思った。
あの子はたくさんの独身女や育ての親のいる既婚女をはらませるべきだ。…え、、? なぜこれがタブーになるの? タブーだと言う奴は次世代のことをベンサムの考え方で考えなさい。

392 名前:ナナシンクロニシティ 2015/07/09 14:12
本当にかわいい子は、帽子をかぶってもかわいいし目が赤くなってもかわいい。
上位比較をしないとそれに近づけない。

393 名前:ナナシンクロニシティ 2015/06/20 13:26
ブラックペッパーの精油がすこくよい香りがする。
「ブラックペッパー」は名前で避けられるのか高価なオイルではない。
あとニアウリも好き。甘く深い香り。ライムもたまらない。
みんなに嗅がせると、だいたい自分と同じ反応をする。

394 名前:ナナシンクロニシティ 2015/06/29 14:54
人は追い詰められると変な行動をとる。
それはなぜか一言では言い表せない。
でもそれが解らない人が多い。
追い詰められて変になっている人に話しかけると
こちらが変な目で見られる。
その人が変な人である事がわからない人、と。

395 名前:ナナシンクロニシティ 2015/06/29 19:50
「○○さんのことは三日目で俺はこの人ちょっと変だな、なにか曲者だな、と思っていたよ」という人は多い。
知能指数の高い僕は、なぜその人がこのように成るのかを既に分析していて、どのようにしていったらいいかを編み出していた。
あまり知能指数の高くない層に落合監督の印象について聞いてみたら「オレ竜の人」だとか武骨で不遜なイメージを持っていた。そのまんま見たまんまの。
世間の人は、星野仙一とかバレンタイン監督のように人の中身が見えているわけではないのだ。
また知能指数が110以上の層でも、ほとんどの人に、「剛毅木訥仁に近し」はわからない。

396 名前:ナナシンクロニシティ 2015/07/09 14:14
『かわってる』を侮蔑用語に使う知能の低い者がいる(知能指数標準偏差で85ぐらい)。
『かわってない』とは何か。知能指数80-120の範疇(人口の90%以上)の平均的な創造性・想像力・価値観を持つ者らが無意識のうちに取り決めた、常識の範疇にある事である。
そうなると120以上80未満の者は変わり者である。天才と馬鹿は変わり者である。
『かわってる』をステータスと捉えるか駄目なことと捉えるかは環境によるところが大きい。大学生は『かわってる』に憧れる。なぜなら彼らは天才はかわってる事を理解しているから。それが大二病(大学二年生病)につながる。一方で派遣社員の世界では『かわってる』は侮蔑用語になる。
天才と馬鹿の違いは、『かわってる』を自覚しているか自覚できないかの違いである。往々にして天才はワザとやってる。世間に合わせることがバカらしくなってしまっている場合もある。
『かわってる』を侮蔑用語に使う者は知能指数120以上の者の精神は理解出来ない。また、自分自身が変わっていたとしてもその側面を理解できない。平均の範疇にある者は、長いものに巻かれて反省しない。『かわってる』に翻弄される。知能の高いものが確信していることを確信できない。

397 名前:ナナシンクロニシティ 2015/07/09 14:15
知能指数が高いものがなぜそう進化したのか、それは彼らの祖先が義を貫いてきたからかもしれない。

398 名前:ナナシンクロニシティ 2015/07/31 08:49
キャバクラに通う人と
カルトにハマる人には共通項がある。
「俺キャバクラの女にはよくモテるんだよね」
「私は神に選ばれし運命の人」

399 名前:ナナシンクロニシティ 2015/08/05 21:08
自分は○○会社の人と多くの繋がりがあるのだとか老人の派遣組はよく言っているが、彼らにどう思われているのかが重要だろう。多くは「どうでもいい人」。

400 名前:ナナシンクロニシティ 2015/08/22 19:09
新しい人と遊ぶ時などは参加費を明確にしておこう。
急にキャバクラに連れて行かれる。

401 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/08 23:20
才能のない人は技能を身につける。また新たに、次は簿記、楽器、英会話。
才能のない人はそれでいい。悪くない。
才能のある人にそれを押し付けないでいるのなら。

402 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/13 09:04
教えを正当化するような講話を聞いた時に大袈裟に拍手を手向ける信者がいる。
その信者は「素直さ」を訴える。
その人間はモラハラをする奴だが、異様なさまであった。
講師の話は純粋に不可思議な出来事であったと思う。
しかし自己愛の強い信者が(宗教を信じない者に)素直さを訴えるのは、
指導者が暴力を振るうときのように己の力量を超えてしまっているからである。
思考力不足の信者、指導力不足の指導者。
現象が、相手が、思い通りにならない、自分の人間性に従わない。

403 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/14 21:54
財産がなくてもいいから知能相応の人生を送りたかった。
同性愛者として生きるなら、片足がない方がマシである。
片足がない事ぐらいは苦労のうちに入らない。片足がなくても自殺率は上がらない。etc.
と訴えて、財産を失ったり片足を失ったりするとしたら、その縁や信仰対象は魔である。
財産を失う代わりに知能相応の人生を送れるのなら、その収用は公正な取引である。
片足を失った分だけ同性愛の苦しみが消えるのなら、その剥奪は公正な取引である。
魔は都合の良い部分しか見えていない。相応のものを与える事の出来る素地はない。

404 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/22 14:07
去年畑に植えたまま抜かれてなかったニンニクが生えていた。
身長5センチほど。先週ぐらいが植え時だったのだな。
今日は朝から昼まで牛糞や有機石灰を混ぜて土を均していた。
先週畑のニンニクのことを思い出した。
その時に行動する事ができれば一番理想的な宇宙の運行に乗っかることができる。

405 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/24 19:26
「慈善活動をしているのに、豊かな生活をしているのが許せなかった」
という怨恨を抱く人がいるが、
「豊かな生活をしているのに、慈善活動をしないのが許せなかった」という感情の論理も成立する。
慈善活動をしない豊かな人間よりもアグネスチャンは悪く映るんだろうな。

406 名前:ナナシンクロニシティ 2015/09/26 09:34
支配欲の強い人間は教祖には向かない。
支配欲は管理主義とは違った形で現れてくる。
身辺の調査がやめられないとか。

407 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/01 23:04
またそういう人が国勢調査の調査員をしている。
開封することが出来る。
表向き真摯な態度で世話を焼き、真摯に封筒の中身を確認する。
ちゃんと書いてあるね、と。
インターネットで登録する期間のうちに配布をしない。
郵送用の封筒が入ってない。あとで集荷に来る事になっている。

408 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/02 13:42
子供のうちはみんな天才か秀才だが
天才は自由にゆとりで育て、
秀才は厳しく管理して育てるのがTheory。
そこの判断を間違えると馬鹿になる。

409 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/03 10:23
宗教の信者はすぐに「それは魔である」としたがるが
それが神であった場合は罪になる。
魔にたいしてそれは魔であると指摘するのなら問題はないが
その場合、勇気が必要になると思う。
ヤクザにたいしてヤクザですよ、と指摘するようなものだから。
それは魔であるとしたがるほとんどの場合、
相手を貶めたい感情や自分は知っているという優越感からそうしてる。

410 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/04 13:18
平均的な人は偽善者のことは見抜くけど、偽悪者に関してはその行為のままありのままに受け入れている傾向がある。 「ああいうところがあるのです、あの人は」
世慣れしやすく不正直な人は人を褒める。よく出来た社交辞令であったりサイコパス衝動の隠蔽であったり。 
一方でシャイで正直な人は横柄に振る舞う事がある。それが高度化すれば偽悪に至るが、偽悪を為し偽悪を見抜けるようになると本当に良い人とはどんな人かが分かるようになる。

411 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/07 22:58
それは魔であると指摘したものが魔でなかった場合はヴィカルマになる。
魔であると言ってやって気分がよくなった分、埋め合わせが生じる。
魔であった場合、そのヤクザみたいな存在から悪因縁を背負うことになる。
それを覚悟した上で指摘するのだが、
魔であると指摘してやったりの場合、なにも背負ってない。

412 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/11 00:42
親への感謝の気持ちが形を変えて究極の形になったものが信仰だとお寺の禅師様が言っていた。
それだけではない。神仏や宗教団体と自己を同一視している信者もいる。それが問題だ。
そういう人は自分の信仰を否定されたあと、少し目つきの違った感じになる。

413 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/11 18:28
昨日そのモラハラ信者のお宅にお邪魔したら、夜中鬱になった。
その人の魑魅魍魎がケラケラとこちらをこき下ろしていた。
その場ではいつもより良い感じのその人になっていたが、何が本質なのだろう。
お寺の禅師様のお話を聞く会で全体的には良かったが気になった点がある。
どこの宗教もその教えを「知らないから」そのような事をしてしまうという感覚がある。
たとえば「四つ足を飼ってはいけない」教えを知らないから犬を飼っている。
宗教団体の中ではその教えは無条件に正しい事になっている。
それを疑うのは自分はこうしたいのにという「我」があるからである。
そう教えを受けているから疑いようもなく犬を飼っている人にレッテルを貼る。
また、倫理的な考えを聞いても同様に差別の構造が生じる。
今の日本では結婚式は披露宴に何十人も呼んで見せびらかすためのものになっている。
意識の構造に問題があるようだ。著名人は「日本は滅ぶよ」と言うらしい。
ドイツの結婚式は十人ぐらいで、本当に祝ってくれる人だけで行う。
そう言われれば披露宴に何十人も何百人も集まる友好関係の広い人を差別する事ができる。
みんなにお披露目するような結婚式は悪である。意識の構造に問題がある。
ケラケラとして無条件に優位に立っているその意識には問題はないのか。

414 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/11 18:30
お寺の法話を聞いているとき、難しい言葉を聞くとみんなメモを取り始める。
人に伝えるときかっこよく伝えたいゆえ。
でも「循環論法」とか「論点先取」とか使ってはならないとなると3秒で終わるところが30分かかる。
そういった思考構造をもう考えたくないのに、いちいち解体しなくてはならない。次の段階に進まない。
しかしその「かっこつけてる」というお話を聞いた時、隣の信者さんは会社の誰か気に入らない奴を思い浮かべたのかその人にたいしてそれを教えたそうだった。その人はそのような教えを「したり顔」で教えている。

415 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/11 13:42
何かを肯定すれば何かを否定するようになる。
宗教にはやはりエタヒニンが必要になる。
自分単独では自己肯定しにくい。

416 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/11 23:17
ラオス ビエンチャンのお寺は猿を飼っていた。
伊勢神宮には白馬がいた。
四足を飼ってはならない事を知らないからなのだろうか。
四足が穢れた動物であるのなら、神社の狛犬はどうなるのか。
稲荷の眷属や普賢菩薩や文殊菩薩が乗っているのは何なのか。

417 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/12 23:28
ゆーくんさんによるとカップルアカウントは必ずしも見せびらかすためのものではないらしい事がわかる。
見せびらかすためのカップルアカウントも多数存在すると思うがそうではない筋の通ったカップルアカウントもある。
結婚式に何十人も呼ばなくてはならないのは、結婚式に呼ばれているからという理由もある。
それは風習でしかない。
差別に都合の良い一つの理由に限定すれば自分は優位に立てる。

418 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/15 08:50
どのようなあり方が正しいとか間違えているという考えはその人の中でしか通用しない。
言葉は独り歩きしてまったく違った解釈や方法に移り変わる。
宗教信者が宗教以外の価値観を受け入れないこととなると生じた差別に気づけない。
まったく新しい観点は出てこなくなる。

419 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/16 20:08
興味のあるジャンルで聞いたことのない言葉を聞くと脳の活性化につながる。

420 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/21 20:08
強迫性障害の人がよく感じる「侵入思考」は霊障だろうか。

421 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/22 13:05
僕はご飯粒とか残さずに食べるけどそれはお寺に教わったからではない。
環境を破壊しないように車に乗らず歩いていたらお寺の管長様の妹さんにお薬師様の教えを守っていると判断されてそう褒められた。
まるで嬉しくなかった。誰にも教わってない。親はご飯を平気で残す。
それが事実なのに、「おかげさまで」とか言える人間はどうかしてると思う。
「我があるからおかげさまでと言えない」とか言われる。都合が良すぎる。
そうなると一心帰依の人間が疑わしくなってくる。何に依っているのか。
教える人間がいるということは、言い出しっぺ(発祥の人間)もいるということだろう。
信者はそれが都合によっては受け入れられない。教祖様以外に神が証せる人間がいてはならない。
僕は、教えられなくてもそれが出来るような人ばかりだったらストレスが溜まらない。

422 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/22 21:44
エモリー大学によると、恨みの感情は高血圧や心疾患につながる事が明らかになっているらしい

423 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/27 13:14
お寺の出入り口で転んで足を折ったとき、これも火のこうじん様の障りがあると考え、御無礼を詫びて清掃をしているような、自分を悪いものとする信者の言動をやたらと喜ぶモラハラ信者がいる。
それはなぜが。自分の悪徳に起因しているのではないかという不安・悪い直感が匿われるからである。僕は彼が原因だと判断していた。彼が恨みを買いすぎている。

424 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/27 15:07
LGBTの話をしているとき「自分にはわからないけど」と言う人ほど差別意識が濃厚。
自己愛を自己肯定ではなく他者否定で満たす人格形成をしている。
(疑われないようにしているなどは別)

425 名前:ナナシンクロニシティ 2015/10/27 20:22
ネットでは顔が見えないが、その人が使ってる言葉からその人はどんなものか見えてくる

426 名前:ナナシンクロニシティ 2015/11/08 16:58
メントスを一本食べたら口内炎ができてニキビができた。

427 名前:ナナシンクロニシティ 2015/11/22 20:21
ある種の「(私も)びっくりしましたよ」には注意が必要である。
お寺のモラハラ信者と会社のロッカーの盗難者がよく使う。
この両者は非常によく似ている。

428 名前:ナナシンクロニシティ 2015/11/25 08:55
噂を信じる人は心眼で見えていない

429 名前:ナナシンクロニシティ 2015/11/28 22:59
論理では仮象しか捉えられない

430 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/01 17:20
素粒子レベルの集合無意識は自分の中にも外にもあるもの。木漏れ日のゆらぐf値が春先そよそよとクオリア照らす。神の計らい。

431 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/06 16:30
パチンコで500万負けてる友達がいるけど、
その間の興奮をお金に換算すると何割かは差し引いて考えて方が良いと思う。
映画館は2時間で2500円(交通費込み)、最後は良い終わり方をするが前半はだいたい苦痛。
カラオケは2時間で1000円(交通費別)。
パチンコはバッドエンドになるけどお金がかかっている分興奮はカラオケより大きい。
5時間で5000円の興奮は得ているだろう。

432 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/07 23:23
派遣の社員にアスペルガーを原因とする自己愛性パーソナリティ障害の奴がいてほぼ全ての人に嫌われているが、彼のことをそう精~医学の名称でレッテル貼ると障りが強かった。それが神棚からきた。僕は臨床心理も医師免許も持ってない。だからそういう事を言ったらいけないんだろうな。また、僕にたいする評判も悪くなる。僕がそんな事を言っているなんてと思われて僕のことが少し嫌いになる。その人はみんなに嫌われていていざこざもあり、僕がその人のことを社員に言って解雇に追い込んだけど、それについてはみんな有馬君の成果だと思って喜んでくれていた、でもアスペルガーだとか自己愛性パーソナリティ障害だとか言って、そういう病気・症状を持つ人の位を下げるような事をしたらいけないと思った。アスペルガー自体はなにも悪いことじゃない、自己愛性パーソナリティ障害も性質の良いものもあると思う。彼を面倒見ていたスナックのママは器の大きな人で、彼にもいいところがあると言っていたようだ。ママの説教にキレて自分のTシャツを破くような人格破綻者で、仕事では他人が褒められると「有馬君はリーダーだわ」とか「近藤さんはパートで雇ってもらったらどうだ、俺はお偉いさんに通じてるから言っといてやるよ」とか言う人でも、まぁいいところはある。酔っても人格が変わらない(表と裏がない)(動物並に知能が低いからというのもある)、キャバクラの帰りに電車のチラシを見て中1の少年少女を殺した寝屋川市の犯人を「こういう奴は死刑だ」とか言っていた事など。僕は相手を殺すようなことを言っているな。かなり攻めた内容のメールを送りつけていた。

433 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/16 12:39
アスペルガーの人はごはんの食べ方が汚いかもしれない。
アスペルガーは自己を客観視出来ないかわりに目に見えるものを追求しやすく(視覚優位)、食事中仲間を呼ぶために周りをキョロキョロしているから。周りをそんなに見ていない時はそんなにもこぼれていなかった。

434 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/27 18:21
頭がとろくて、可愛い女の子がいる。
その子の顔は、見るたびに変わる。
澤選手に似ている顔だが、朝は福留孝介に見える事がある…。髪型のせいだろうか。
可愛いときはマイスウィートピアノに見える。
いつも一人で、一人笑いをしていて、みんなは気持ち悪がっている。
話しかけると結構普通に話せる。でもすぐに(1分程度で)携帯の中の世界に没入する。
引っ込み思案だと思ったら、仕事中ビスが無くなったりすると大声で社員の人を呼ぶ。
よくわからない。LDでもADHDでもないと思う。
僕が可愛いと言っていたらかなりみんなから下に見られるようになった。
お昼に一緒の席に座ってもらい、なにを携帯で見ているのか追求できた。
テニプリのファンらしい。僕はテニプリの王子様には敵わないと思った。
声と喋り方が可愛く、28歳なのに頬が赤くてまだ子供に見える。
声は免疫力の高さを表してると思う。そういう娘はいい子を産めるだろう。
でもテニプリの王子様らに勝てるイケメンはあまりいない。
だからアニメはよくない。

435 名前:ナナシンクロニシティ 2015/12/31 12:16
不悪口、不綺語、口にもろもろの穢れを言ひて、心にもろもろの穢れを言はず。
心になにを言っているかが問題で、
親からの嫌味はなんとも思わないけど
信者にかけられる言葉にはひっかかるものがある

436 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/02 14:54
他人の事を祈ると、祈るのをやめた時、その人はドカーンと落ちる。
それまでなんにもなかったのに、それまでのペースで行くとドカる。
他人の事を祈り、祈るのをやめて、ほら見たことないと言う宗教もあるだろう。

437 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/13 23:20
宗教信者は思い込みを疑えない。
それはたとえば下手な英語を話した時、ネイティブの人には通じないのによく似てる。ネイティブではない人同士では通じ合う英語でも。
ネイティブの人は、ネイティブではない人が発するその言葉のその発音が、忠実でないとその意味に聞こえない。変な発音にたいして違和感を覚える。それは幼い頃からそのことばを使っていて、認識の奥底でそうなっているから。でもネイティブではない人はそうではないから、固定観念に囚われずに推察がつく。
これはこうでなくてはならない、そこから逸脱すれば差別につながるのは宗教だから仕方のないことである。陥れたい人間がいる場合、モラハラ信者は『最近、男は男らしく、女は女らしく、ではなくなってきているけど、やはり自分は男は男らしく、でないとならないと思いますよ』と権威的に話す。宗教信者は馬鹿だから「さすがに筋が通っている」と考える。思い込みを疑えない。自分たちが正しいと思うことは絶対的なものである。男が女を好きになるのは当然じゃないか?。そのように教義に照合し、奥底にある薄汚れた願望が肯定される。

438 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/13 23:16
モラハラのターゲットは一人である。
宗教を疑えば『みんなはこう言っている』となる。

439 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/17 00:06
本人に勘づかれたら次は印象操作・遠隔操作を始める

440 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/24 18:27
苦労をしていない風に生きている人の苦労は見抜けない。
偽悪を見抜けないのと同じ原理で。

441 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/30 09:25
あいつの次はあいつで、
あいつの次はこいつだった。
こいつの次もいるのだろう。

442 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/30 09:22
御礼参りをすると次の日には怒りに包まれやすい。
守護がなくなったからかもしれない。

443 名前:ナナシンクロニシティ 2016/01/30 13:30
赤ちゃんが泣いた時、神棚に祝詞を唱えると泣き止む。
それが毎回、ここ一週間毎日だ。
赤ちゃんを抱いて立ち上がっても泣き止む。座ると目がパチッとして泣き始める。
赤ちゃんは高い場所が好きなのかもしれない。
神棚は高い位置に祀ってある。赤ちゃんは霊感が強いのかなぁ。

444 名前:ナナシンクロニシティ 2016/02/20 20:12
畑に行くと顔面が良くなる。
顔は正直で体調が出やすい。
土にはLPSがたくさん含まれているらしい。
免疫力を高める夢の物質。
加熱をしても大丈夫。
農薬や肥料があると自然に近い状態では摂取できない。
キレイ好き過ぎると免疫力は落ちるようだ。

445 名前:ナナシンクロニシティ 2016/02/21 10:48
ドラクエ7の勇者の一つ星の職業は「おひとよし」。
堀井雄二はよくわかってると思った。
狩野英孝のことを、気の利いたことが言えない何も面白くない
出演者に馬鹿にされている、でもそういうポジションが必要なんだろうね
政治家と芸能界は怖いわ、そういうところにスッと入って行く人がいる
と批判する女がいたけど、頭が良いだけでは人間駄目だ。
宗教的なことが理解できるか否かはその人の素性とか天性による。

446 名前:ナナシンクロニシティ 2016/02/26 20:47
仕事場が来月から変わる。今日で最後なので與○さんに「もうこれで一生会えない」と言った。
帰るときにヤナセさんにそう言ったら隣から與○さんに「またどこかであえるよ」と言われた。
駐車場近くの喫茶店で最後会計したとき、「知立は遠いけど、またどこかで会えるとは思うよ、そう思わないとダメだよ」と言われた。
不思議なことに。
会社でみんなに「これで最後」「もうこの休憩所で休憩する事はない」「この場でこれをやるのはもう一生ない」とか言ってることは、その人には言ってないのに。

また会える確率を考えると現実的には会えないだろう。
だから一期一会と思っているけど、また会えると思っているほうがよいのかな。
どちらが良い悪いではないか。双方メリット・デメリット両方ともある。
両方思っておこう。もう一生絶対に会えないけどまた会えるのです。そう。またきっとどこかで会えるけどこれが本当の最後。たぶん死んでる。でもまた逢えるよ。

447 名前:ナナシンクロニシティ 2016/03/01 15:07
宗教団体は自分のとこの教祖様を本物だとして
ほかを「偽者」だとするが、なぜ他にも本物がいると考えられないのだろうか。
自己愛との密接な関わりがある。

448 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/04 14:03
どうぶつは、威嚇する時しか目を見ないらしい。
モラルハラスメンターは目を見てくる。
だがモラハラをする人は自分に自信がないので目を見られる事を拒む。

449 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/04 14:06
向社会的共鳴は我々が思っているよりも先天的なものらしい。
宗教の教えは向社会的共鳴的なものである。
でもそれは先天的なものだとすると、宗教の教えは向社会的共鳴を具えていない人に反動形成を生む。
それを具えていない人は、「環境問題」とか「動物愛護」とか「世界平和」という価値観を持っている軟弱でタゲりやすい人間が話しているのを見るとイラついている。

450 名前:ナナシンクロニシティ 2016/03/30 02:33
外向型で才気煥発な人はよく"出来ない人"を馬鹿にしている。気の強い人や、闊達に話して人の上に立てる人は、人が才気に劣った存在にしか見えなくなる。それが常態化する。なぜ被差別階級の人はいつも卑屈で笑顔が少なく才気に劣るのか。そういったハラスメントの繰り返しによるものでもある。そういう罪を作った人は来世はマイノリティに産まれて勉強してほしい。

451 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/03 11:52
「あの人は○○なのですよ」
その判断が誤りであっても、みんなが同じ評価を下していると是正されない。「みんなそう言ってる」。有り体なところに落ち着いていてしまう。
本当は複雑で難解な原因がある事がほとんど。他人にはわかるまい。

452 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/10 08:45
統計的事実かコントロールイリュージョンか。鬱病患者は統計的事実で判断するらしい。幸せな人はコントロールイリュージョンで判断する。でもそのコントロールイリュージョンを引き起こしているのは「エゴ(我)」のようだ。我を押し付ける人は幸せに生きられる。押し付けられる特性を持つ人はその思考を分析しながら生きる羽目になる。心理学部は結構病んでいる人が多いらしい。でもコントロールイリュージョン(事実を都合の良い幻想で支配する事)(またそれが可能である内的状態)で宗教を信仰していても神様仏様に感応はしないと思う。神仏は妄想ではなく、現象そのものだから。感応をしないから「霊感持ちはすべて魔みたいです。よくいるでしょ?そういう人」というコントロールイリュージョンを働かせているのである。事実、パワースポットに行ってパワーを感じてる人はすべて魔であるなのだろうか?。やっぱり因果応報のとおりにしかならない。コントロールイリュージョンで都合よく生きていてもあぁいう風にしかならない。

453 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/13 23:08
「しない善よりする偽善」なのか本当に?
偽善は、それが本質的な偽善者が行為する場合、その場限りの体のいいもの。最大多数の最大幸福など願ってはいない。偽善者は余所で別の人を常に不幸にしている。善い行為をされた人間も、付き合いを重ねるうちに「タダより高いものは無い」と泣き寝入る結末に。偽善者は向社会的共鳴;ミラーリング衝動を遺伝的に持ち合わせていない。自己愛性パーソナリティ障害の人は自己愛性の欲望を満たすためにそれをやる。
「しない善よりする偽善」は調べると2ちゃんねるが発祥の新しい諺だった。そういう事するのは偽善ではないかと煽られたことにたいする偽悪的な返しだから良い印象があるけど、偽善者がこの諺を使うと全く意味合いは異なってくる。まぁ偽善者は自己愛性の問題にひっかかって、なかなかこの諺をスムーズには使えないとは思うけど。

454 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/13 22:34
148000円の洗濯機を六年弱使った。年間27000円。あと1年長持ちさせれば22000円得したことになる。あと2年使えば38600円。

455 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/19 23:21
仏縁は本堂の中が最も強く、外の拝殿はそれよりは弱く、境内は護られているが、山門から外に出るとほとんどなくなる。本堂は大祭の時が最も強い。だからそこに入れないと仏性には染まりにくい。

456 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/19 23:30
演歌のこぶしを効かせたようなお経を唱える人がいるけれど神や仏と一体になれるんだろうか。そのトーンが下品でなければよいが。お経を唱えることとなった当初の動機に問題があるように思える。本気で唱えてるならともかく、妙に声が聴こえてくる人のお経には自己主張が感じられることがある。仏様と一体になることをせず自分を主張している。

457 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/20 01:37
自分は仏様のことや信仰のことが解っていると思い他人に教えたがる人がいるけど本堂で仏様に感応しないのなら何も解っていないと思う。解っているのならなんで本堂にお参りしないのだろう。

458 名前:ナナシンクロニシティ 2016/04/29 21:21
人間の欲望が自然を破壊したのだから
自然のない土地が美しくないのは当然だね

工場は物欲なしには成り立たない

459 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 15:57
「伊勢神宮の本殿では『願掛け』をしてはいけない」

という教えがあるが、愛知学院大学国文科の教授の本(名前忘れた)によると、伊勢神宮の神主さんはその教えが流行している事を存じてはいるけれど、迷信・俗信の類いのようだ。願掛けしてもいいですよ、との事。この教授がなぜそのような教えが流行っているか追跡してみると熱心な信仰者のブロガーがそのように書いているからのようだ。迷惑な話である。そういう人らに限ってその信仰を自己中心的なものだと自覚する事がない。器が足りてない。もちろん御利益信仰に留まっていてはだめなんだろうが、禁じられているわけではない。批判される筋合いもない。そもそもそれはお前ではなく、天照大御神様が決めることだろうと。
この前伊勢神宮に行った時、車酔いをして気持ち悪く、本殿では苦しみから逃れるような願掛けになってしまっていたようで、お腹辺りが癒された。無意識が通じてしまう。せっかくの御稜威をそんなところに使ってしまった。まぁ、神社仏閣には歩いて行ったほうがよいということだな。スマホは身体に悪いと。伊勢神宮には車酔いを治すために行ったようなものだけど天照大御神様のご加護が本当にありがたかった。それだけでいい。
「神社仏閣に行くと、知らず知らずのうちに願をかけている」と教唆する人の中には蛇に憑かれているような人もいる。お前は知らず知らずのうちに願をかけているのだよ、と。念を押してくる。願をかけてお礼参りしなかった時の因縁はすごいようだ。そうして他の神社仏閣に行かないようにさせ、自分の宗教に囲い込んで支配する。相手を追い詰める事は興奮する事である。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=876862105759134&id=100003060589362

460 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 16:31
宗教の熱烈な信者に有馬君は「自由業」だからと笑われた。自由業=無宗教で教養なくタブーも束縛もなく自由に身勝手に生きている身分、といった感覚か。その人は他人に自由意志がある事が気に入らない。自己愛性パーソナリティ障害というのもあるが、宗教を信じている事を何度も人生経験で否定されるとそうなる。世界の宗教を統一する協会でもそうだった。拡大路線を狙っている宗教団体には特にそういうのが多い。僕もよく弟が旅行に行く際にお守りを持つを勧めるなどしてやんわりと断られる経験をする。お守りぐらい持っていけばいいのに、と思うが、そういうものに囚われたくないから持っていかないのだろう。相手にとってはマイナスな事が多い。お守りのプラス以上に、マイナスになっている。そう思えば諦めがつくけど、自分の宗教や価値観は絶対的だと固定化していると人の自由意志が気に入らない風になる。

補足; 人に自由意志はあるらしい。リベットという学者によると準備電位と意識的決定のはざまにある。決定論的な意味でなくとも人に権利の自由がある。サイコパスが宗教の信者になると決定論をゴリ押しする。

461 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 17:03
なぜ旅にお守りなんて持っていこうとするか、というと、導かれるから。僕はAmazonや価格コムで買い物をする際にも「抑止」が入る。でも物欲に負けて強行突破すると後で後悔する事が多い。高級家電では数週間迷ったりする事が多いけど、キタこれ!という時、その選択は正しい。物欲に負けて衝動買いでも良い。元来ご縁になってるから決定論的にキタコレなのだ。(抑止が入るときは他の人のご縁を奪ってしまうとか保管状況が悪いとかなにかしらあるんだろう)。
旅行でも同じだ。ご守護があれば変なものに引っ張られる強度が減ると思う。また、ご縁のところに心が引っぱられる頻度も増えると思う。

462 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 17:06
「しない善よりする偽善」なのか本当に?
偽善は、それが本質的な偽善者が行為する場合、その場限りの体のいいもの。最大多数の最大幸福など願ってはいない。偽善者は余所で別の人を常に不幸にしている。善い行為をされた人間も、付き合いを重ねるうちに「タダより高いものは無い」と泣き寝入る結末に。カラパイアによると偽善者は向社会的共鳴;ミラーリング衝動を器質的に持ち合わせていないようだ。自己愛性パーソナリティ障害の人は自己愛性の欲望を満たすためにそれをやる。
「しない善よりする偽善」は調べると2ちゃんねるが発祥の新しい諺だった。そういう事するのは偽善ではないかと煽られたことにたいする偽悪的な返しだから良い印象があるけど、偽善者がこの諺を使うと全く意味合いは異なってくる。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=864325777012767&id=100003060589362

463 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 17:08
事実か願望か。
統一教会の霊の母(面倒見の人)は僕が少年愛者だと言うと、自我を保てなくなったり、教義が成り立たなくなるから『サタンに誑かされている』と判断した。統一協会では、自分に騙されている人に騙される経験が出来た。
事実ならすんなりと心に入ってくる。その後に縁が出来た神道の先生の場合、神様におうかがいを立てた内容はすごくすんなりと入ってくる。(自己愛性パーソナリティ障害のアスペルガーの人は障害の表れ方が素直で、都合の悪い事を指摘すると、事実がすんなりと入ってくる前に別の話題に移行する。でもそれが 事 実 じ ゃ な い 場 合 は 移 行 し な い)。
一方、宗教の信者の『霊的な真理』は入ってこない。それは願望だから。その人の現実とか相手の心に沿っていないから入ってこないんだろう。
「有馬くんの家系図を見てすごく重大な霊的真理がわかったの」と言われた。その後すぐに辞めたからどんなすごい重大な霊的真理か聞きそびれたけど、いつものように宗教の信者には都合の良い内容だったと思う。都合の悪い内容はすぐさま脳外に押しやられて伝えられない構造を宿してる。(彼女の心にとっては正直な有様だと思う。正直に素直に都合の悪いサタンを脳外に押しやっている)。
神道の先生は神様におうかがいを立てて聞いた内容を、その人にとって有益に働くか無益に働くかで伝えるかどうかを取捨している。 宗教の信者は自分にとって有益(統一教会を信じてくれるか、取り込む事が出来るか)か否かで伝える内容を取捨していた。(もちろん『あなたのため』を想ってやっている)。

噂話は楽しい。事実ではないから。
現実は本当につまらないものである。
噂話の相手はみんなで結託してエタヒニンだったのに。
知能指数に大差がない。平均的な範囲におさまってしまう。

464 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 16:02
宗教団体は、自分達の宗教以外に救われる道はないと思い始めると話が変わってくる。自分達に都合の良い人が「素直」になる。リーダーからお願いされたことにたいして「はい!」と答えないとその人は我を持っている事にされる。従わなければ自ら道を閉ざす事になるとしたら、やがて世界中の人が信者にならなくては成り立たなくなってしまう。「うちの宗教は全宗教を統一するの、全宗教を統一し終えたらうちの宗教団体は無くなるのよ、だからよくある『宗教団体のための宗教団体』ではないの」。その支配欲と排他性はどこから来てるのだろう。
自分が良いことを勧めて相手が聞かないと信仰の強度に比例してどんどんフラストレーションが吹き溜まってゆくのは誰でも同じだが (そもそもなにかを勧められてストレスにならない人はいない)(また逆に他人をコントロールする願望の強い人ほど怒りやすいらしい)、宗教団体はそこで完結した世界が出来上がっているから、素直に従わない人物は裏切り者のユダになりやすい。教えが絶対的に正しい。人の自由意志に我慢ならない (そういった側面に付け込む信者もいる)。普通、相手にとってお節介とかマイナスになっているのなら考え直すべきところ、循環論形式で完結した世界が幸福のすべてになっていると、それ以外の選択肢はなくなる。離れていった人は皆、中途半端な奉仕になった事を後悔しているのである。仕事が続かない。離婚をしている。そのような願望については、教えや同じ方向を向いている仲間によって正当化されているから修正が効かない。宗教をやる人は人間に興味がある。面白くて笑いの止まらない噂話やそれらしい人物批評、予測の誘導を疑えるような洞見や精神力を持つ人は信者の中にはいないだろう。根回しされていても気づく気配がない。急に態度が変わる。噂の当事者には「あぁそういう風に持っていかれてるんだ」と間接的にわかってくるものだが。… 奉仕が絶対量の問題ではないのなら、初めから関わらないほうが良かったことになる。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=876819475763397&id=100003060589362

環境問題と同じで、奉仕は絶対量の問題。その物理原則を壊すのは人間の観念。「ある一つの事が出来ないと、すべての事はパーになってしまうの」。どこの宗教団体でもそう言う。ある一つの事が出来なくてもそれ以外のことが出来たのなら、それに応じた果報がある、と考えるのが普通だけど、そう言ってしまうとその人は留まってくれない不安がある。環境問題で考えるのなら、ある一つの事が出来なくて地球が滅んでしまったら、たしかに地球を守るという大局的な目的はパーになっている。でもやった分だけの果報はある。たとえば少しでも農薬を撒かなかったのなら、その土壌の細菌類や虫などは、その分苦しまないで済んでいる。

宗教団体を離れると不幸になる。神様仏様が罰を与えないのなら、信者の生き霊が原因だろう。「メシアをお証しされた人は、ルシファーにずっと狙われる事になるの」。いやいや、あなたがたにずっと狙われる事になるんですよ。なにか怪我したり身の上に不幸が起きたとき「火の神様にご無礼があったから」とお話する講師様は、本当に純粋だなと思うけど、それに向かって感動的な振る舞いでスタンドアップして大きな拍手を延々と手向ける人は怪しい。多数論証で事実にしたいのだろう。そのような講師様のような考え方をしていない人が奉仕を欠席すると、ご本尊に向かって「あの方は○○様のご意思とは関わりのない、自・分・の・世・界・を! 生きているみたいです」などと念じられる。身の修養を為されていないと物事を正しく見ることが出来ないと教祖様も言ってみえる。あの方は、奉 仕 を し て い な い か ら そのような見え方になるのである。

三班の班長の○○様は総合責任者になりました。お願い申し上げます。とモラハラの信者からは毎回遠回しの誘いが来る。僕が班長にならなければ会が成り立たないようだ。モラハラはパワハラと違い、隠蔽により成り立つので、常に間接的な陥穽が設けられる(相手の被害妄想により成り立つように出来ている)。その習慣・習性により、そのような誘い方になるのだろう。また何故かその人と同じ班になっている。「有馬君のことは私が面倒を見ます」。宗教団体やボランティア団体はモラルハラスメントの温床になりやすい。作為的に班を決めたらいけない。常に身近にいる。その会に出れば毎回いやらしい事を言われる。僕が作業している近辺で大きな事件が起こる。

前回参加した時は、僕が掃除をした側溝の蓋に躓いて佐藤様が「大怪我を」しそうになった。モラハラがなにか騒いでいるので「誰か怪我をしそうになったのですか?」と佐藤様に聞いたら「いや?」と答えていたが。側溝の蓋は老朽化でグラついている。その側溝の蓋の方に「僕はもう歩けないんです((笑))」と人を誘導してゴミ袋を運ばせていたから違和感を感じていたのだが、そういう事だった。その「おおごとになる所だった」事件は後で管長様に反省会の時に伝えられている。

誘いを断ると豹変する。舞踊部総会の司会を断れば裏で勝手に「地区の幹事」に登録されている。そういう事をさせたい。本人に許可なく勝手に名前があがる事例にたいし「え!?私もですよ」。職場のロッカーから財布のお金を引き抜いている人も同じ盗難被害に遭っていた。「びっくりしましたよ」。自己保存の欲求が入ると策の練り方も高度化する。「マグネットを付けたまま塗装に廻さないで下さいね」「塗装の人間にパクられるから」「今年に入ってから多いから一応注意している」。冤罪で犯罪者に仕立て上げられている人が犯罪者然としてくるのが不思議であった。かといって誘いを社交辞令でやんわりと断れば「はい、そういう事に興味があると言ってみえました」。

465 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 15:56
主に人は、目に映るものをバッシングしている。バントを失敗した人、継投ミス、決勝点を与えるエラーをした人 etc..。また、糾弾癖の強い人はそれらしい噂に流されてバッシングする。本人には確認していない。そこを通り抜けている。異分子を排他すれば昔から自我が心地よいからそういう対象を無意識に求めているのかもしれない。社会性が高く、コミュニケーション能力が高いがそれ以外にはなんら本質的な才能 (数学、音楽、哲学、恋愛、慈悲、霊感、運動能力等) を持ち合わせていない人に多い。糾弾する事で満足した豚になってる事の因果だろう(その悪習は麻薬と同じで抜け出せない)。
結託する人の『真理』はいつも間違えている。本人が否定していても、裏が取れなくても、集団心理で出来上がった初めての真理はインプリントイメージと同じで覆らない。―(つまらないのかもしれない。たとえば6年前、鶴舞のメンタルクリニックの医師に自分はアスペルガーかどうか聞いてみたけど「可能性はほぼゼロ」と回答。そう言われている気がしたから聞いてみたんだが。「もちろん完全な脳みそというのは存在しておらず、脳の僅かの一部分にそういう要素がある場合はあるけど」。アスペルガーの人にはオウム返しが目立つらしい。話を理解できず、分かっているふりをするため。僕は三段跳びで答えている。カウンセラーの女の人も「知能測定の結果を見る限りではアスペルガーではないですよ」と言っていた。アスペルガーは各測定項目に凹凸が目立つらしい。しかしこの僕がアスペルガーじゃなかったなんて。噂話は楽しく義憤に満ち溢れているのに、現実は本当につまらないものなのかもしれない)―。世の中にはパラドクシカルなことが多い。結託するほど実在するもの(現実)には感応しなくなる。目に見えない素粒子の有り様に合致していない。
そのように仕事でもボランティアでも目に見える人の段取りの悪さや落ち度を糾弾し、非現実的でどうでもいいような人工的な決まり事が増やされてゆく(修行とか好意なら別だが)。また、そういうモラハラの段取りもある。その場では善い人も、対象を見つけた瞬間から発想が変わってくるのがわかる。
世の中の常識とかルールは一部の人のメンタルに都合の良いものが多い。部品メーカーも一つの不良が流出したとき、原因がわかり「ここからここまでロットを調べればいい」と言っても取引先によっては「だめです、全部廃棄してください」と言われる事があるらしい。どうせ「廃棄してください(キリッ」なんだろう。 環 境 問 題 は ? そういう体質になる人は厳しい世界を生きてきたのかもしれない。始末書を書かせることで何かを埋め合わせているんだなと感じることがある。ドタバタして恭しく申し訳なさそうに応対すれば相手は興奮冷めやらない事だろう (女性がリーダーの職場だとそういう状況に陥りやすい。朝の朝礼で「みんな聞いてください。昨日…、連絡がありました。…。また不良が流出しました。前回始末書を書かされて、今回こそはノーミスで…、と思ったのに…、最後の最後で……ガックリ…」とかやってる。ヤンキーとか外人しかいない工場だと締め上げなくてはならないのかもしれないが。ラインでミスをした人がいたら注目させる。「みなさん一旦手を止めてくださーい!今ここでビス浮きが発生しました!!」とかやっている。そういう風にして輪廻してゆく。同じように派遣で入っても大企業の工場ではそういうのが一切ないのはナンデダロ。この世に本当に必要な始末書なんてほんの僅かなんだと思う。取引先の従業員のメンタルさえ健全であれば健全な品物が出来上がるとは発想に無い)。
世の中は自分だけのものではない。70億人いれば70億とおりの生きている世界がある。今この瞬間でも同じ。仮にアカシックレコードとか何処かの領域で全ては繋がっているとしても、本当に他人は生きている。脳髄を入れ替えても感覚的には自分の身体が別の人の物に変わるだけである。そんな現実を理解するのは苦痛なことかもしれない。他人が自分とは関わりのない独立した世界を生きているとなると、自我が成り立たなくなってしまう場合もある。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=892212377557440&id=100003060589362

466 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 16:25
世界中を旅してきた人によると、一番危ないのはカタコトの日本語で向こうから接近してくる人で、困ったときに一番頼りになるのはおばさんらしい。それは万国共通なんだな。
大義名分を設えて向こうから接近してくる人には、それが貨幣信仰であれ神仏の信仰であれ、こちらをタゲる意図しかない。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=869744489804229&id=100003060589362

モラハラは相手を追い込みたい衝動がある時や言いたい事がある時は強引に食事の席に割り込んでくる。先週日曜日は「お寺はこれから夏に向けて薬師音頭大会一色になってゆくけど」と音響の奉仕の確認と、一つ仕事を決まっているかの様に強制的に加えられ、五万石の参加を求められた。本当にどうでも良いような特典を大仰に翳される。でもそれについて「本当にどうでもよい」と言えば信者の方々に流布される。言えない事がわかってゴリ押しして追い込む。2013年の夏のキャンプのお昼時もそうだったがその時の霊気がおかしい。「キャンプは二日目の手伝いは来る?」と訊かれ「来ない」と答えたら「今日で帰るの?」と笑って、「ほんとどうなっとるだ」と言っていた。そしてまた、断る事が選択肢のない誘いを受ける。隣の蛯原君に向って「ねぇ有馬君に仕事させてよ。名古屋別院にぜんぜん来てないよ」「9月12日は名古屋別院には来れるかな?有馬君は舞踊部の総会の司会だから。これはもう決定してる事。お庫裏様の推薦だよ」。参加しないと言えば「司会じゃ嫌か?じゃどの役割がいい?」「いや参加しません」「なんで参加しないの?」「気が乗らないから」「じゃ気を乗らせてよ(笑)」「10月の○○日は家で修養会だけど来られる?」「秋になったら文化祭ね」と延々と続く。その勧誘が悪意に満ちていてしつこい。執念深い。「参加しない」と言えば徐々に陰険な目つきになってくる。そして断った相手に対する否定論が始まる。鼻息が一層荒くなる。

467 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 17:07
子ども(他人の子ども)が嫌いな人がいるが、子どもはまだ脳細胞や肉体の汚れが少なく純粋で水の流れも早い。各瞬間に次の事に向かっている。子どもの動作は音楽的である。そんな子どもをただ単に「無秩序」な存在としてしか見れないのは、不協和音が入った複雑で高度な美しさをもつ絶対音楽が単なるノイズに成り下がる音楽感性に似ている。子供を好きか嫌いかはヒグラシの声を「ノイズ」と見做すか「音楽」と見做すかぐらいの民族的な隔たりがある。
何事に於いても「単純さ」を求める事に関しては疑問だ。原理は単純であっても現象は複雑怪奇。それが無秩序に見えるのは単に知能が及んでいないからだろう。何でもかんでも自分の主管に置かねば赦されないのは魔の支配衝動でもある。自然と共生する度量をもつことがかむながらの道だと思う
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=867256320053046&id=100003060589362

468 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/08 16:34
珈琲には発ガン性物質が含まれていたり癌の抑止効果があったりする。
珈琲の木は人間のために生きてきたわけではないから。

469 名前:ナナシンクロニシティ 2016/07/10 12:12
よく苦労自慢をする人がいるが、他人に苦労を与えた分を差し引いて考えてない。たとえば仕事でたいそうな苦労をしてきて家の中ではDVをしているとか。それで夜はぐっすりと眠っているのならその苦労度は平均的だろう。
社会の荒波にもまれて労働賛美をして他人をハラスメント(追い立てる行為)をしまくっている人間を学生時代からよく見る。その苦労を他の人が代わりに背負っている事を知らない。背負っている人自身、霊感でもない限り気づかない。なぜ苦しむかわからない。鬱になる人は自ら進んで鬱になってるのだろうか。きっと気づかない何かを背負わされているのだろう(気づかぬように差し向けられている場合も)。社会の上層は自己愛性パーソナリティ障害の比率が高いらしいがその度合いに比して努力ではなく搾取で成り立っている部分があると思う。自己愛性パーソナリティ障害それ自体は悪い事ではないが都合よく搾取したり自分が背負うべきところの労苦を背負わなかった分の埋め合わせはくるだろう。
秋葉原の無差別殺人の犯人は、犯行前には掲示板で繰り返し煽られたり叩かれたりしていた。事件の後、犯人の弟は自殺している。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39034
(僕はその弟に共感する。でもほとんどの人は世間の立場だろう。知恵袋で「これ読んでもほとんどの人は世間に共感しますよね」と質問しても返事がない)。加藤智大被告は今は死刑を求めているようだが、彼を追い込んで笑いの止まらなくなった人達も、その罪を相応しい比率で分割して背負わなくてはならない事だろう (そのような人格を生み出すこととなった風土、環境破壊の加担者、霊性、etc.も)。

仕事の苦労はそれによる対価がある。ステイタスも得られる。でも病気で苦しんでも賃金は得られない。差別もされる。自己肯定感や劣等感の強い者ほど病人を見つけ出してくる。何かを背負って言動のおかしくなった人を指差して『あの人変だよね、やっぱりそうだよね、そう見えるよね』と結託している。憐憫かました分だけ自分のマトモさを差し引いて考えなくてはならない。稼いだお金を使えば環境は破壊される。買い物をしても髪の毛を染めても環境は汚染される。社会のお役に立ちながら地球のことは破壊している。その分も差し引いて考えなくてはならない。

だいたい苦労自慢をする人はFACEBOOKにはリアルの充実した投稿をしている。貧乏自慢をしている人は「娘が住んでる大同町は30年前の昔はここが栄えるとは思わなかったのに今は一等地で」とその土地が高いことを何度も聞こえるように話す。そこに基準がある。最近SNS鬱というのが流行ってるらしい。他人を鬱にした分だけ自分が背負わないといけない。お経を唱えるなどして消す必要がある。自分もそのようなカルマを消し切る日は到底来そうもないが、やらないよりはマシだろう。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=903571053088239&id=100003060589362

自慢が戒律に触れる場合は、他人の存在価値を否定する方向にその衝動はシフトする。他人に苦労をさせ、他人の時間を搾取する。
昨日はお寺に行ったらモラハラの信者に「有馬君のご家族は働く必要がないから、誰も働いていないよね」と笑われた。よく調べ上げている。「有馬君はお仕事は車で通ってるの?」と聞かれた。さすがになぜその様な事を聞くのかその目的を悟られたと感じて開き直り「毎日家の前を通るのだけど。有馬君の事が気になって」と余裕かましてきた。毎日家にいるかチェックしているらしい。それはストーカー行為※だろう。でも信者は誰も疑問に思わない。宗教信者の思考回路では彼は御仏縁を結ばせるために「人に嫌がられる役割」を買って出ているのだと尊敬されている。
※何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しくか害される不安を覚えさせてはならない。

電話口だと1対1なので直接的な表現になる。以前、お寺の仕事を受け継ぐよう電話があったとき、「有馬君のお父様は退職後は家で煎餅食べてテレビ見て、ゴルフばかりしてるけど、僕は舞踊部の部長やら奉賛会の理事やら○○やら○○やら(中略)で忙しいんです!ワハハ」と言われた。2回言われた。電話口では相手はせっかくのお話を聞き取れていないかもしれない。大切な用件なんだろう。でもなぜ僕の父親が定年退職して家に居ることを知っているんだろう。小学校のソフトボール大会ぐらいでしか面識がない人のことまで。本当によく知っている。
「有馬君のお父さんのように遊んでいないから(笑)。自分は定年を迎えても仕事を辞められないんです!。奉賛会の推進委員会もあるし、舞踊部もあるし、忙しすぎて手が回らないの。どこかが手抜きになってはいけないし、自分ばかり管長様にお会いして、実際文句言われてるんです(笑)。助けていただけないでしょうか。」
「しんちゃんは?」と聞いたら「しんちゃんは仕事人間ですから。日曜日も仕事がある日もあるし、なかなか来れないと思う(有馬君とちがって)」。
自己愛性パーソナリティ障害の人は定年を迎えても会社に居座る傾向が強いらしい。モラハラの被害に遭うとその動機がよくわかる。

昨日は奉仕の作業から戻る時、使った道具を年配の方々が持って歩いているのを見てモラハラは咄嗟に「わたくしが持ちます!」と買って出た。すぐさま「有馬君にも持たせてよ」と言っていた。僕が掃除道具を持っていないのを見てそういう行動に出る。「お殿様も持たないと駄目なんだよ」と笑いながら。奉仕中、僕はずっとグレーチングを取り外す作業をやっていたが、それで疲れて、一瞬手を抜いた隙にそうもっていかれる。新しく来たおばさんは「若い人はこき使われるよ」と屈託なく言うと、モラハラはそれを遮ろうとしていた。不立文字とは正反対に他人の評価が現実の思考回路。その人が「若い人がいるといいねぇ」と褒めたらその瞬間、「若いってだけでいいねぇ」と相槌を打つ。

470 名前:ナナシンクロニシティ 2016/08/28 04:03
日本に帰ると日本の事を思い出してしまう。
そこで「現実に戻ってきた」
と言うけどではあちらは仮想の世界なのだろうか?
反意語が成立していない。

471 名前:ナナシンクロニシティ 2016/09/20 12:57
どんな人が地獄に墜ちるのだろう。
人を殺せばたとえ殺意はなくても罪を償うために地獄に墜ちるだろうが、外的・法的な要素を材料に閻魔様に判断されているわけではないと思う。障害者だからといって地獄に墜ちるわけではない。見た目が悪いからといって地獄に堕ちるわけではない事は、よく宗教かぶれに御高説されているとおりである。見た目によって区別できるほどになるのは、DV、虐待、パワハラ等々、長年にわたり隠すことなく行為してきた者だけだろう。
また、窃盗者の見た目が、見た目の通り窃盗者だとわかるほどの事もあるが、その人にというよりは社会に原因があるのかもしれない。霊性に関しても同じで、僕は障気を被った際、元を辿ってみる。その人自身のものなのか環境に原因があるのか。無為自然ではない妙な使命感に燃えている人は一週間程度では抜けない障気を放っている事がある。その障気が宗教(ご祭神)によってもたらされたものなのか、その人自身のものなのかで、まったく意味合いは異なってくる。外的要因ならば離れればよい(それには普通気付けないが)。だが、自身に由来するものなら死んでも直らない。障害者の気は障気に満ちているけど死ねば直るだろう。生きている間に苦しんだ分だけ、死んでから楽が出来るだろう。
障害者だからといって地獄に堕ちるわけではない、という説を反転させると、ふつうに見える人が地獄に墜ちることにもなる。そのことがあまりに省みられていない。子供だましの霊感持ちは、「○○さんは、魔に憑かれているかのように曇りがかって見えたの。」などと言う。そして子供だましの霊感持ち同士で「やはり、そうよねそうよね」と確認しあったら、もうその定説は覆らない。誰かにそう陥れられているのかもしれないのに。またその定説が自己の内から快楽を生み出しているとなると、死んでも離れられない。もっとも、その定説を齎したモラハラの行為者が最も笑いが止まらない事だろうが。地獄に行くほとんどの人は、世間では普通に見えている人たちだろう。

472 名前:ナナシンクロニシティ 2016/11/24 21:27
いままでいろんなサプリメントを喰ってきたけど一番よかったのはスピルリナの錠剤かな。
ふつう、効いても数回で、多くは初回だけとかなんだけど、スピルリナだけはいまだに効き目がある。
青汁も効き目が持続するけど多くは粉だから飲むのがなかなか苦痛だ。
美味しい青汁は液体のもので自宅では冷凍保存になる。新宿駅でよく飲んでたファンケルの青汁はほんとに美味しかったな。
スピルリナ錠剤は金魚の餌にも出来る。ただ金魚の場合は中性〜弱酸性の水質が理想なのでクロレラの方が良い。
スピルリナとクロレラは共に藻で、同じ味がするけど、人間はアルカリ性の生き物だからスピルリナの方が向いているようだ。

473 名前:ナナシンクロニシティ 2016/12/21 12:28
メンサ測定で「あなたの知能指数は上位何%ですか?」と質問項目に入れたら
平均すると上位25%ぐらいになった。
人は自分のことを25%高く(また他人を25%低く)見積もっているということになる。
(1番から100番までを平均したら50%に落ち着かないといけない)
知能指数なんて知能測定でデータが出てきてしまうのにその値。
自分の出生とか人格とか才能とか経験とか霊格とか測定できないものを聞いたら
平均35%、40%、45%とかけ離れてゆくのだろう。
一方で健康とかは笑いネタにもするから5%か10%だろう。
譲れない価値と譲ってもいい価値がある。
譲れない価値の場合、どう人は自己評価しているのかの問題。

474 名前:ナナシンクロニシティ 2017/01/06 12:12
若い人は食費をなるべくケチらないように。
中年からは食費をケチるように。

475 名前:ナナシンクロニシティ 2017/01/11 15:05
化粧品による肌荒れに、こんなお薬があります。
風邪をひいて風邪薬を飲んで、血液の質が悪くなったらこんなお薬があります。

476 名前:ナナシンクロニシティ 2017/01/29 22:34
今日は寺に行き節分豆まきのあと席に座っているときモラハラは常にだれかと話をしており「だれかさんは」という言葉が聞こえてきた。
宗教は密室だから(そこに信者しかいないから)やりたい放題。秋江様はいいことを言ってみえる。

477 名前:ナナシンクロニシティ 2017/02/12 09:47
「〇〇さんの話、知ってます?」と大変な様子の信者。
〇〇さんの息子が亡くなったようだ。
それを聞いて「その息子さんはお寺に来る人?」と咄嗟にひそひそ手うちわで話し始める信者。
自分の知っている人かどうかを確認しているわけではない。
来ていない人と聞き、あぁ、とお寺に来ていないから亡くなられたと解釈していた。それが手に取るようにわかる。
お寺に来ていないからそういう不幸があるという論点先取。
お寺に来ている最中にそういう不幸があることはないだろうに。
不幸があればなにかしらその人に問題がある。信者の悪因縁が原因の場合はないのだろうか。また、自分自身が。
自分とか自分の信仰対象は絶対に悪くないという固定観念と論点先取があるから正しい事が見えない。一方的に人が離れる。

478 名前:ナナシンクロニシティ 2017/02/17 22:16
大勢の人の意識は乱数発生機の数値に影響を与えるらしい。
ランダムに出る筈の数値が偏ったりする。

479 名前:ナナシンクロニシティ 2017/04/30 01:25
人の素直さを褒める時、健全ではない事がよくある。
人が自分たちの基準に乗っかってきてくれるか否かで素直か我が強いかを判断している。
特に宗教信者はそうである。
どうせ、素直なのは初めのうちだけだ。
その器の小さなところが見えたら素直には迎合してくれなくなる。

480 名前:Facebook 自己紹介欄 2017/05/21 22:11
この頃はまだこんな悲惨な人生になるとは思ってなかった。

僕は今はノイローゼ等の影響でオワッテル知能をしてるけど昔は純粋に高知能だった。中一の親子面談では担任に「知能測定の結果を見る限り、学校の勉強と宿題だけやってれば東大に入れます (塾に通わせなくても)。そういう知能指数です」と言われた。先生は僕の方を見て「本当にちゃんとやればね」。逆に塾に通わせるとストレスになるとも。「それより有馬君を見ていて気になるのは個性が無さすぎる事です。ね、アリちゃん」。僕は周りに合わせすぎているようだ。実力があっても隠してる。
でも仕方がないのです。そういう生徒ほど「カメレオン型」なのだから。 ─―――

今となってはその周りに同化した生き方をしてストレスしか残らなかった。人間のことはわかったが、僕は自分の人生を生きられた事はほとんどない。この人格形成の反動から様々な振る舞いをなしてきたが、大体失敗に終わっている (黒歴史) 。邪推に満ちてしまう。また、人生に疲れているからあえて周りの人を意識しないよう白痴になっている事もあるし、しんどいからわざと言語学的なコードをはぐらかしたりすることもある (空気が読めない・全体が見えてないとか評されている気がするが実際はその逆だから夜露死苦)。また、ある明確な理由からコミュニケーションを避けて生きてきた経緯(かなり長期にわたる)もあり言ってる事を理解されない事がよくある。それによりモラハラに目を付けられやすく被害に遭う。最も性質の悪い魔は善人の姿をしている─ー─。今までも宗教団体等で根回しをされていたりもっともらしい噂を広められていたり宗教的な意味付けでレッテルを貼られたり保守的な視点で評価されたり欠席裁判をされてきた。自分以外にも同様の被害に遭ってる人もいる。それがむかつくのでここには僕が一体どんな人物なのか、僕の目にはどう映るのか、何を考えているのか、何に怒ったり苦しんだりしてきたのか等ゞ、 本 当 の こ と を書き遺そうと思う。(スレッド形式でコメント欄は>>1へのレスみたいな使い方してます)

その他
インスタグラム。人生のうちで良かった側面。
ピグライフ(アメーバ)。赤ちゃん言葉でえげつない事を話してる場所。
Google+、Twitter、

481 名前:ナナシンクロニシティ 2017/05/08 17:48
SNSは見せびらかすためにやっていると言ってかなり差別的な言動をする人がいる。
いいね!をいただくためにわざわざ見栄えの良い料理を食べに行くのだとか。
そういう卑屈な事を言う人の方が自己愛性人格障害の可能性が高いと思う。

植物は見せびらかすために花を咲かせるのだろうか?
Flowers blooming to flaunt itself ?

482 名前:ナナシンクロニシティ 2017/05/08 17:50
目的とか報酬とは無縁に無意識のうちに行っている。(不染汚心 ふぜんなしん)
何故そうするのか、という問いには答えられない。
やましいから、なにかあるから、答えられないと判断する人もいると思う。

483 名前:許光俊 2017/06/02 01:04
,r'`"´:::::::::::::::::::::::::::`'ヽ,、
  ,r'゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 /::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::}
 {:::::::::r'"´         `ヽ:::::::{
 {:::::::::{            ';::::::}
 .';:::::/ _,,_      _,,,  ';:::/
  ハ::j "´ ̄``    '´ ̄`` !::h
  {ムリ  ィT::ァ‐、  ィァ::Tヽ ソ}}
 {ゝ{     ̄ ,イ  :.ヽ  ̄´  ヒ1
 ヾ_{     ´ .:  :{.     }リ 人目を避けて道端に脱糞するのは至高の快感だぜwイヒヒヒ
    !     ( ,、 ,、 )      !´
   ',            
        rrrrrrri > .           
         , ̄  ̄、ヽ._ノ              
      ヽ---一---一´
  /               ̄ ̄ \
  | |                  | |
  | |                  | |
|⌒\|                  |/⌒|
|   |        |          |   |
| \ (                 ) / |
|  |\____________人_________________/ |   |   
|  |     ブリブリ!💩ピゥー プッ!    |  |
           💩💩
          💩💩💩💩
          💩💩💩💩💩

229/555k

■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50 新着レス
名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -