■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 最新50
ドラゴンズ関連
80 名前:ナナシンクロニシティ 2007/11/01 23:23
 ◆日本シリーズ(7試合制)第5戦 中日1―0日本ハム(1日・ナゴヤドーム) 「山井コール」がどよめきに変わった。9回、1人の走者も許していなかった山井大介投手がマウンドを降りた。場内アナウンスが抑えの岩瀬仁紀投手の登板を告げると、完全試合の快挙を目前にした継投策に、しばらくざわつきが収まらなかった。

 山井投手は9回を前に、森繁和投手コーチから「体と握力はどうだ」と尋ねられ、自ら「代わります」と降板を願い出た。「この試合に関しては個人記録はどうでもいいと思っていた。最後は岩瀬さんに投げてもらいたかった」。ペナントレースから大車輪の活躍を見せてきた先輩左腕を立てたことも、その理由に挙げた。

 後を託された岩瀬投手も完ぺきに抑え、2人で完全試合を達成した。落合博満監督は「二人でパーフェクトをやったのは記憶にない」と声を上ずらせたが、岩瀬投手は「今まで味わったことがないプレッシャーを味わった。こんなのは人生初めて。覚悟を決めてマウンドに上がった」と振り返った。

 一方、関係者やファンからは戸惑いの声が上がった。同意の上の交代だったとはいえ「第三者の心境としては放らせても良かったと思うけど」と中日OBの杉下茂氏。名古屋市の男性会社員は「交代にスタンドは“何”という感じになった。伝説のパーフェクトピッチングを見たかった」。少年野球でプレーする小学6年の男の子は「山井がかわいそう。代わらない方が良かった」と話した。

これはバランス感覚のよい記事だけど、
場内にはいなかったのか?非情な采配とか書いている記者もいる
プロになる人の精神がわかってない人が多すぎる

158/1000k

名前: 〔空欄〕:
メッセージ:


投稿する前に
Ctrl+A→
Ctrl+Cしておく
〔空欄〕:
 sagestay等幅画像投稿パスワード:

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -