■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50
男子高校生のほうを ( ◐∀◐)ジーー ( ◑∀◑)
レス数が1000を超えているので、これ以上投稿できません。
942 名前:名前欄空白 2011/09/13 23:44
働かない「働きアリ」も…北大チーム研究
>役に立たないように見えるが、研究チームは今後、働かない働きアリを取り出したコロニーで、
幼虫の成長率やコロニーの拡大などに変化があるかどうか調べる。長谷川さんは「優秀な個体だ
けでは、集団の生産性は最大にならないことがわかってきている。仕事をしないアリにも何らかの
役割があるかもしれない」と話している。(読売新聞)

2割の働かないアリを見て働く者は優秀だと決定づけるのは早計かもしれない。パレートの法則、
2-8の法則、2-6-2の法則から考えるとそれは社会を成り立たせている中間層になる。自分は2割
を生かし、2割に生かされている。自己犠牲もあり、他も犠牲にしている。
最も特異な能力に恵まれている者がその能力を発揮させたときに初めて創造と呼べる領域に入る。
最も神に近いものは苦しみ抜いて創造し、自分の性の中に育まれる歓びすら利他する。近所の馬
頭観音の神殿には馬並にデカい二個の睾丸が神前に置いてある。これは君にあげると言うかのご
とく、そして巨大さはその愛の大きさを表しているかのごとく。(←愛が膨らめば玉袋もふくらみ最終
的には夢精するので。普通はその途中で愛を自分で消化しているから平均的なサイズに保たれて
いる)。
そのような高次で普遍的な視野から見ると世の中には愛でる対象が必要だという事なのではない
のだろうかと思えてくる。見繕いばかりしていて自分の霊性と同時に集団の霊性を整えていたり、
タイプAの運動を中和させてタイプBにする働きなど、様々な複雑な要因がある事を想像できる。
身体の美しい・可愛い事にだけ特化した存在があれば戦争も起こらないとか。

453/555k

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -