■掲示板に戻る■
検索条件
オプション
検索対象

検索範囲(板・スレッド)
(空白で区切る)
すべてのキーワードを含む
いずれかのキーワードを含む

and検索
or検索
本文を表示する。
on
+○+○+ 質問はこちら +○+○+ (ヒット数:1)
428 名前:つきピエa 2008/12/02 22:10

いいですね。僕もスピーカーケーブルとか作ってみたいです。
ハンダ処理されたSPケーブルは持ってます。でもごめんなさい、ハンダ処理してないのはただ億劫なだけです。
僕はギリギリのケーブル長とギリギリの切り口を極めて、みみっちいことをしてます。30cmならともかく1mでも余分があると気になりだします。セッティングを変えると以前のケーブルが使えなくなったりしてケーブルがたくさん増えました。余ったケーブルの在庫は豊富です。
太いケーブルだけでなく単線のケーブルも持ってますよ。これはなにより挿入が楽です。笑。
機械内部は確かにハンダだらけですが機材はオーディオの音のソースを作るもので、その先もソースは伝送されてるから意味あるのだと思ってます。そのソースを100パーセントの状態で伝送されることはないから個性が出てくるのだと思います。LANケーブルにも対応表があります。
ケーブルの音の違いは微少ですが変わることは変わります。スピーカーユニットに耳を接近させて較べればわかります。
導線はもとより被膜の構造や材質によっても音は変わります。僕はこっちのほうが気になります。アンプ内部の導線にfo.Q PA-01を塗ったときは泣き寝入りしました(しかも一度塗ったら完全には取り除けないし)。アコースティックの音は特に繊細です。簡単に死んでしまいます。PA-01はメーカーのHPから消えました。クレームが来たのか余程使い方を誤る人が多かったのか。振動吸収が強力過ぎました。僕は今やケーブルのシースに使われてる振動吸収素材にも抵抗があります。
あとは触感や叩いた音でもだいたいの音は想像つきます。硬質な導線を使ってるBELDENのケーブル(CLASSIC 18)は高域がキーンと抜けていました。C/P高いです。SAECの輸入しているSUPRAのスピーカーケーブル(CLASSIC 6.0)はもんやりしたところがあります。SUPRAは錫のコーティングがしてあり触感は異様に悪いです。ただ音色に病院っぽさは乗るものの、それは表面的な薬品の味わいでもあり全体的にはなかなかのスウェーデンな美音でした。まぁ蓼食う虫も好きずきですね。

ゴールドムントとアキュフェーズのアンプ(ヒット数:1)
4 名前:つきピエ 2008/02/24 22:24

CROWNのアンプにfo.Q(フォック)を塗ったのだけど、音が国産になってしまった。
ぼやけた高域方面は透明になり、バランス感覚もさらに増したけど。
ゴールドムンドはCelloのプリアンプでNautilus802を鳴らされていたのを先週聴いたのだけど
本当によい音ですね。音楽性が非常に高い。じゅわーっと消えてゆく余韻は… Celloかな。
パーツの微細振動(素材音)まで計算に入れて作られているのだろうか、と思う。
とすると [素材を活かす] とはオーディオに於いては西欧のほうが進んでいることになるな。
(回路の読みは日本のほうが進んでいると思うけど。)
箱庭の教義に縛られてしまうと、箱庭にある素材を世界に生かすことを忘れる。
素材を生かすには霊感が降りて霊性によって綜合されるまで待つ余裕が必要かな。

LUXMANパワーアンプの音質(ヒット数:1)
27 名前:つきピエ 2008/04/19 11:24

DIATONEのドライブですが、SOULNOTE sa1.0で充分にできました
出力数はほんと関係ないですね
エーテル性の成分はSOULNOTEが一番よく乗ってました
鏡面のオーラでもDS-1000ZXは鳴らせるかもしれません
sa1.0はCROWNのD-45なんかとは比較にならないくらい良い音がしますね
音楽の生命が生きてます。もう狂喜乱舞でした
早速基盤に丁寧にfo.QのPA-01を塗ってしまい、案の定音が死んでしまいましたが…
論理的には絶対僕の行為は正しいはずなのだけど…意味がわからない。
音が整うなどのよい側面がある反面、音楽のもつアウラは埋没してしまいました。
神の回路基盤に余計な手を加えてはいけません… もうma1.0が欲しいです

フォックはゴム以上に振動吸収する能力がある物質だけど相性問題もかなりありそうで。
むしろ国産企業向けなのか?懲りずにラックスにも塗ってしまいそうでこわいです

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -