過去のおみくじの記録




2009年05月
友達と善光寺に行ってきた。すごい並んだ。

長野の善光寺 ご開帳のとき
この賑わい。本堂に入るまで2時間半だった。
内陣はさらに1時間半待ちなのでやめた。ご開帳の阿弥陀如来像は近くで拝めず御徳はマックス授受ではなかったな。でもあれだけ人がいても本堂内は深い落ち着きの残された霊性していた。出口の隣には閻魔様がいて、閻魔様なんて祀られてることがあるのかと思った。冥界の主。くわばらくわばら。そこで引いたおみくじは二人とも[大吉]だった。ここで買った伽藍の線香はすごくいい香りだし、触れた巨大な回向柱は深い味わいしてたし、善光寺で並ぶ前に昼飯に入った店の「岩茸」が珍味でものすごい深い味わいをしてたし、行ってよかったな。
あと2002年11月に加藤と熱田神宮に行った時も二人とも大吉だった。ほんと不思議。大西とも加藤とも、それ以外おみくじなんて引いた記憶はない。おみくじなんて引かない。
2009年07月
妙ちゃんと田縣神社と大縣神社に行き、田縣神社の別宮で急に土砂降りになった時のことは忘れてはならない。タイミングが合わせられてる。なんか面白かった。妙ちゃんが誕生日占いとか読んでるし時期に素直に従えるからかな。田縣神社でも大縣神社でも大吉だった
2010年01月
一畑山薬師寺のおみくじの恋愛の項目では『妨害が多し
熱田神宮のおみくじでは『障害があって遅れる
この2ヶ月は最も苦しんだ。両方末吉あたり。健全な子を好きになるとこの人生がつらくなる。高校生より妥協して大学生、さらに妥協して社会人、さらに妥協して恋の苦しみのないお見合い結婚となってゆくが、その道筋は自殺よりはマシなだけである。要らない。



あたしはもう

すすむ。