408932
絵日記
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント 【現在投稿できません】
URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

ルイ 投稿者:tukipie 投稿日:2003/05/25(Sun) 20:18 No.98  

黒猫を追ううちの猫



そして tukipie - 2005/01/10(Mon) 01:08 No.384  

そして僕は旅に出たくなったのだった


旅へ tukipie - 2005/01/10(Mon) 01:19 No.388  

喜多方という街にいった



喜多方ラーメン tukipie - 2005/01/10(Mon) 01:22 No.389  

あぁなつかしい気分〜
昼にたべたラーメンもおいしかった〜。なんの変哲もないしょーゆラーメンなのに〜 ほのかに〜 薫る〜 喜多方〜♪



酒樽 tukipie - 2005/01/10(Mon) 01:26 No.390  

たしかこの街だったろう、酒樽も有名なところがあり、いい音楽を聴かせるとイーストやら酒の妖精たちが喜んでおいしい酒ができるってんでモーツアルトを聴かせていたのだ、それまではいい、、植物でも同じだ、わかる、、、。しかしこの店では酒樽たちにむけてDIATONEの DS-A3をずらりと並べていたのだ!!!なんという贅沢!!なんという理論!!ここのオーナーはダイアトーンのCOTYモデルを使いだけなんじゃないのか!!そう問い詰めたい気分になると同時に自分にも一台恵んでください、、喜んで発酵します、、と思うのでした。



酒樽 tukipie - 2005/01/10(Mon) 01:29 No.391  

これがその写真



有馬旅館 tukipie - 2005/01/13(Thu) 04:16 No.425  

部屋からの眺め。
いい旅館でいい日だった。料理がすごい心こもってた。一年にほんの一握りぐらいしか採れないという野生のアスパラが採れたとのことで、食べさせてもらった。自分たちで食べるのではなく客におもてなしするなんてすごい悪くてありがたみがあった。その野生のアスパラ、ぜんぜん印象違ってて、やわらかいしふんわりしてた。採れないからおいしいってもんでもないのになぜか、絶品。不思議なもんだなぁ。まるで努力しないと昇れないってかんじだなぁ。マヨネーズ風味に和えてあって、絶妙な味付けだった。これ一生忘れたらいけない。



 tukipie - 2005/01/13(Thu) 04:21 No.426  

はぁげんきだぁ



ちょんまげで歩きたい tukipie - 2005/01/13(Thu) 04:26 No.427  

こういうところに寄って



ドラクエの島にきた tukipie - 2005/01/13(Thu) 04:28 No.428  

すごい幻想的だ
夜明けとかに来てみたい



雄国沼湿原 tukipie - 2005/01/13(Thu) 04:32 No.429  

この道を降りてゆけば沼湿原の中へゆける…
僕は帰るべきなんだろうか・・・
そこで生息すべきだと思い始めている。
中に入り、中の人となるに至るのだった

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

「END」キー押せば一番下までワープできるYO

- Joyful Note -
Modified by isso