拝啓:肺胞

〜オカルト的理由から禁煙してみる試み〜



煙草の煙にて、首にとぐろを巻かれているぞ。



人間は霊性の影響を受けている。
肉体と霊、互いは一体でカタワでは生きられません。停止します。
タバコによって肉が蝕まれると、同時に魂も蝕まれていきます。
既に蝕まれていても「感受性」程度なら壊疽ってゆくことを認識できるでしょう。
タバコをやめれば感性羽ばたきます。
肉体労働では当然だけど知能的な仕事でも喫煙してたらC/P低いです。
※C/P=コストパフォーマンス。厳密にはE/P(エネルギーパフォーマンス)だね。

どうせ死ぬならというならば、むしろ煙草をやめて密度の高い人生を送ろう。


  †    †   絶煙パイプ


           http://tukipie.net/bbs/test/read.cgi/sentimental/1030231306/


雑念棒 
    †      †


禁煙していると寂しさを感じた霊が寄ってきて「(´・д・)y─┛~~タボコおいちいのにぃおいちいのにぃ」と吹き込んでくる。と仮定しよう現実的にも仲間を求めるのは落ちぶれた人。見放されていると、仲間がいなければ不安になるのです。良かれ悪しかれ共感こそが最高の喜びや慰みになるものだ。しかし無理解はブルー。その共感になんとか抗い滅却すればこんどは「我慢は体に毒だ。」と言う。現実には我慢より煙に含まれる物質のほうが遥かに有害である。それを悟られたらこんどは実際病魔を連れてきて「禁煙した途端に病気になるなんて体まで本末転倒な馬鹿なんだね。(゚∀°)」と仕向ける。自分から離れて前へ進もうとする者がいたら引き戻したくなるものだ。この気持ちは今現在地獄にいる存在(生死問わず)に共通しており自身が悪霊だとしたら同じようにして誑かしていることだろう。ということで結局、自分の向上したい想いとはうらはらに禁煙を断念するのが世の常である。一瞬の魔によって ・・・・あの日、一人旅に出て一年ぶりに吸った。糞まずかった。それから一年以上吸って、VirginiaSLIM ONEがすごくおいちくなってきて手から離せなかったけれど優しいおばさんにやめさせられて、また吸い始めている。

(補:まぁ悪霊だと挑発するからついてくるのだけど。かわいそうだけどこちらにしてみれば悪なのである。たとえば自殺すると不浄霊になるが、彼・彼女は不浄霊だという自覚はない。自殺した霊は最期が最も苦しかった。死後もその苦しみが続くから肉体に憑いて一時的に癒しを求める。憑かれた人間にとっては傍迷惑である。その苦しみの芸術的極致(自殺の瞬間)をフラッシュバックしてしまう。金縛り、雑霊現象等でえもいわれぬ恐怖感を感じた経験は誰しもあるだろう。地獄絵 地獄詩


脳内がカオスだとああ言えば上祐に陥る。問答するのにもかかわらず、人格者の前ではなぜタバコを隠そうとするのだろう・・・堕落した自意識があるからだね。ぜったいそうだ。まぁ自分がそうなんだけど。隠そうとしながらも吸っていることを見せしめる奴はロックかな。
タバコを吸う人は母親の愛が足りなかったとも言われる。理由は「口が寂しいから求める」・・・らしいがこれは喫煙者がその解釈を後付けしたものである。喫煙者の心には単純に欲求不満があった。なぜ酒が必要だろう。なぜ淫欲に駆られるか。ニコチンに負けようとするのはなぜだろう。結論を言うと
オ ナ ニ ー は 激 し い ほ ど に 愛 の 不 足 に 悩 ん で い る か ら だ。気づいたら中毒になっていたわけではなく、まずはじめにそれを求めていた。

子供は純粋だ。純真な子供は愛くるしい。まるでその心と体は神霊的存在によって満たされているかのようだ。見ているとこちらの細胞まで活性化してくる。我々は万物に生かされている。と思って随分と日が流れた。何千年と。穢れたままでおらず子供のようにいれば聖霊に満たされる。とりあえず産土を巡ろう。神威に満たされるようになればタバコや酒は昔ほどは必要でなくなる。そして阿弥陀如来の光に触れれば、有/無への極端な囚われから離れる。禁煙それ自体から離れるが理想。禁煙と戦わない。



けろけろけろ ニコニコリンク


肺がんの写真

壊死性歯肉炎
慢性閉塞性動脈硬化症

禁煙ノウハウ
ニコレットの噛み方

禁欲の仕方
tukipie:禁欲の勧め

禁煙マラソンカウンター
禁煙マラソンカウンター