たとえば学生の差別意識は学祭で顕在化する。
オールラウンド系のサークルには「なんだこいつら!顔面偏差値で大学分けろよ」という思想の持ち主が多く文化系のサークルをどこまでも毛嫌いしている。文化系には文化系同士で優劣がある。別の大学に対する以上に同じ大学内で差別しあうというところに島国である日本の差別意識の様態を垣間見る。差別意識は感情以外のなにものでもなく、恒常的なものなんだなぁと思った。

・・・


なんてのは人に言わせて自分は関係ないみたいな新聞風の記述法である。「顔面偏差値で大学分けろ」は批判的に書いているけれど本当は自分の差別意識を煥発させた言葉だ。でも僕は文化系の地味な顔はパーツさえ調和していればかわいいと思えるので(綿矢りさ)顔面偏差値などというのは主観に過ぎないと思う。
大学は知能指数で分けてほしい。でもIQテストなんて練習すれば点数が上がるのでそれでは大学受験と同じようになる。知能なんてものはロゴスや形而上の記号などではなく、年齢、運動神経、容姿(美しいとか醜いではない)、振る舞いや動作など、外形にも顕れる。外形は人の網膜に映るものだが内層はもっと疑いようがないもので、倫理観、審美眼、趣味(良い悪いではない)、笑いのつぼや魂の指向性など、その人そのものになってしまう。相関しているというより全体は一つで、人間は複合的なたんぱく質なのである。知能「指数」ではなく、知能の質、トーン。趣味の近いものが集まれば、出会いの内容が厚くなる。
ということで、肉の質を計測する機械ができてほしい。遺伝子の質だ。
それによる計測が今のセンター試験に替わる(ただし遺伝子が傷ついていた場合それは「傷ついたもの」として扱われる)。国立の入試はその計測値と従来どおりのペーパーテスト。計測に反発する家系や計測値の低かった人間は私立狙いだ。私立は従来どおり個性的な校風を維持する。
この計測器が出来れば低学歴低知能のスノッブはこの世界から消える。何が優れていて何が劣っているという問題ではないが、劣った人間はもともと劣っているからとすれば楽だ。100人中3番の人すら謙虚になってしまう。
有無も言わさぬその数値が、ヒエラルキーに於ける宗教的な議論を終了させる。優れた人間は生まれつき優れており、劣った人間の「権力へ抗うのだ」なんていう大義名分じみた叫びはその本質のとおり、犬の遠吠えとなる。人を見返したいという欲も消えて、素直に人に従うようになるだろう。あの世では霊性によってヒエラルキーは明確になっているのだが、現世での無駄なテロルに終止符を打つには遺伝子の質による位置関係は合理的だ。優れた人間がわざわざそれを証明するかのようなイミフな行動に出ることもなくなるし、行動はより実質的になる。
高校のありかたも変わるだろう。よき方面に発達するように、健康的な身体と健全な精神を築けるよう工夫を凝らすことになる。専門を目ざすのでもなければ、どれだけ勉強させても意味がないものだ。
外面的な思考よりも内在的な思考が発達する。
校則でタバコやアルコールを禁止する理由は、法律で禁じられているからとかスーパーエゴにかかるからというものから、知能が劣化するから人性が落ちるからという内容に落ち着くだろう。
芸術や宗教の地位も復興する。予備校は精神を磨き遺伝子へと連鎖させる機関としても機能する。センター相応の大学に行きたかった浪人生や私立狙いの子のためには従来どおり。
センターの計測値は証明書として発行される。これで底辺の国立大に人が集まらないということもなくなる。優れた人材は安心して地元の国立大に進学できるだろう。国立大は従来以上に地方色が強くなる。より優れた群集に交わりたい人やDQNを嫌うか細い子が一流大に集まり、地元を好む人は地元の大学に行く傾向になる。センターの計測値は履歴書に書けるので高卒で働きたい人は就職に適用さすこともできる(センター試験は9月に実施される、沖縄と九州は10月)。高校卒業までの半年はクラス内で差別感情が蟠ることがあるが汚い類のものほど概して遺伝的に質の低いものなので相殺的に考えて、仕方ないとする。(証明書は1年間有効。大学四年で就活する際にも企業に応じて受けることになる。差別感情を持って生きてきたものは因果が嵩じてその頃には無様な結果になることだろう。)(DNAのみでなく、SQの計測器も必要だという潮流が生まれる)。
学歴社会のような宗教的差別は緩和する。しかしIQ104が平均値である白人がIQ80の黒人を差別するように、差別は具体的になる。(IQ104程度しかないから黒人の優れた特質が理解できないのだろうが。) また、日本人やかつてのユダヤなど優秀な民族にこの価値様式が浸透すると世界からバッシングを喰らうこともある。侮蔑の眼差しを光らせても言い逃れができないからだ。自給自足で国民が生活を維持することのできる土壌が必要になる。田舎は風土を活かして経済力を取り戻し、伝統は蘇る。大地自然は口先のみならず、必要から大切にされる。