S S  D


TOSHIBA X-gale SSD 64GB/128GB
TOSHIBAのX-gale SSD
みんなよく知ってるのかネット上ではどこも売り切れてた
SATAはSATAUの3GbpsとSATAVの6Gbpsがある
PCI-Expressと同様、ソケット形状が同じなら下位互換はあるけれど
店員さんに聞くとSATAUで接続する場合はSATAUのSSDが無難なようだ
SATAVにはSATAUにはない特殊な機能が内蔵されているとのこと
でも最近よくSATAV(6Gbps)インターフェース(SATAII/3Gbps互換)
との表記を見かけるようになった(2016年現在)



SSDの寿命について…
可動部のないSSDは書き込み耐性さえ改善されれば長寿命化する。
SanDisk G3やTDK SDG3BシリーズのSSDは長寿命らしい。
ただSSDはデータを記録してから通電しなかったらすぐにデータが蒸発する。
アナログ電圧分解能が高いと書かれていた。
Eneterprise向けのSSDのデータ寿命(保持期間)は40℃で3ヶ月(JEDEC)。
5℃下がれば2倍持つらしいので、一年平均20℃なら3年持つ計算?
ただ蒸発は気になる。音楽プレーヤー用にSSDを使うと音が薄まりそうだ。
SSDにはMLCTLCというタイプがあり、TLCは情報が蒸発する期間が短い。
SDカード初期はデータ寿命は数十年と言われていたけど
USBメモリ等のフラッシュメモリはTLC化が進んでいるから注意とのこと。

後記
TLCでも3D TLCというのが出てきてTLCも長寿命になった。




経験談… VISTAインストール時に「システム ボリュームが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合、その画面上で「フォーマット」しても変わりのない場合、別のSSD/HDDを接続するとインストールできることがある。でもその場合、システムボリュームがそのSSD/HDDに書き込まれてしまう。そのディスクを取り外したりすると起動しなくなる。BOOTMGR MISSING等の文字が表示される。システムファイルがそのディスクに入っている。※1
(自分のSSDは一度電源投入後、消すのが面倒でSATAケーブルを取り外したら静電気でバチッとなって起動しなくなり、リカバリディスクを入れたら認識したけど、SSDからMBR?が消失しているようだったのでMicrosoftのサイトにある対策法ではだめだった。何をやってもだめで、ためしにその「システム ボリュームが見つかりません」というSSDにXPをインストールしてみたら、自動的にNTFSでフォーマットが始まり、MBR?も書き込まれて、VISTAもインストールできるようになった。でも「システムで予約済み」の100MBの領域は存在しない。BitLockerの機能は使えなくなった。)
※1 コントロールパネルの「ディスクの管理」の「状態」を見て、システム、ブート等がデータ用のドライブに存在することが都合悪い場合、データ用のドライブをすべて外してから、最初からOSをクリーンインストールしなおす方がよいようだ。また、データ保管用のHDDはアクティブとしてマークしてはならない。
「コンピューター」に認識されていないHDDは、コントロールパネルの「ディスクの管理」
Windows VISTAはUpdateが失敗しまくる。どうしてもインストールできない更新プログラムがあった。ある日また、HDDのファイルにアクセスできなくなり、再起動すると二度と起動しなくなった。セーフモードでも起動しないし、VISTAのDVDの修復プログラムを使っても直らなかった。Updateには神経質になる必要がある。更新プログラムを自動で一気に60個更新すると30個失敗したりするので、今回はVISTAのインストール直後やSP1とSP2がインストールされた直後は再起動を頻繁に行って、「利用可能な更新プログラム」を発行日の古い順に並び替えて、ちまちまとインストールした。その時間、ピグライフをすることもなく、『シュナの旅』(アニメージュ文庫)を手にとって読んでいた。読み終えた。ワイド判の『風の谷のナウシカ』も読み始めて、ずいぶんと進んだ。





SK hynix SSD
SL300 HFS250G32TND-3112A




メモリー方面で有名なハイニックス製品
外装がアルミ?のヘアライン仕上げで美しかった
シールが貼ってあるだけじゃなくメタルの素材の持ち味を出してる
Made in Korea








PLEXTOR M6e Black Edition PCIe SSD





PLEXTORのPCIeオンボードSSD MLC128GB
PCIeオンボードSSDは低速だと言われるけど
自分の体感ではSATAUのSSDと大差はない
Core i7などの高速CPUの人は差を感じられるかもしれない
それよりこのdesignですけどね







PLEXTORのPCIeオンボードSSD TLC
M9Pe(Y) PX-256M9PeY

PLEXTOR M6e同様、外観が非常に高品位
もうそれ以外の目的がないぐらい
あとヒートシンクの体積がある分、耐久性も高いと思う
ただMLCじゃなくなった。




M9Pe(Y) PX-256M9PeY
NVMeのSSD

NVMeとACHIの違いをネットで読むと
NVMe=Non Volatile Memory expressはゲームには向かないようだった。
Plextorのオフィシャルサイトにはゲームに対策をされている風に書かれているけど、
NVMeはシーケンシャルアクセスが速いけどランダムアクセスはメリットがなく、
SSDをこれにして、もし4KのFF15のフレームレートが10上がったら、
グラフィックボードで10上げるよりもかなり安く済むのでは、、、
という野望は潰えた。
購入後NVMeについて知って、まぁそうだわなと結論。

本機の最大のメリットはSATAポートが埋まってしまっている際に、
外付けを置かずにストレージが増設できる点。






Apacer(アペイサー)
Apacer(アペイサー)Panther(パンサー)
AS330 TLC 240GB

凹凸のあるプリント。箔押し加工。
色もいいし、とてもかっこいい。
パンサーの文字はカタカナだけど。




彫刻ではなくシール貼ってあるだけだけど、このデザインはかっこいい

Apacerはacerの親ブランドらしい。
SSDは昔から作っていたようだがコンシューマ向けには新参となる。
2016年モデルのPANTHERはパッケージがマトモになっている。
Thunderbirdは「箱がダサくてどん引きした」とか書かれているレベル。






前作のThunderbird
サンダーバードなのになぜ火の鳥になっているのか。
箱のデザイン[URL]






AFOX MLC SSD 256GB
外装は金属製 (ステンレス合金?) で美しい
SSDが品薄ななか、最高なものを手に入れた

実験に256GBx3でソフトウェアRAIDを組んで
SONYの音楽再生アプリのストレージに使用してみた
600GB分のCDデータが一覧でサクサクに表示されることに感動!
だからといわれてもこわりますけど








AGIという無名のメーカーのSSD
廉価のTLCが普及し、プラスチックボディのSSDが増えてきた中、金属製のSSD。
動物のデザインのSSDは売れないといわれているけど
僕は大好きである。そのうち安くなって購入してラッキー。


と思ったら、



ここにOS入れるのは不安だと言えよう。
2019年1月1日にOS入れてしまったけど、
使用して2週間、毎日やるゲームが長時間プレイでバグる。
BGMがぎぎぎっぎと言い出して動作がぶつぶつになる。
何が原因かはわからないので冤罪を生み出さないためこれ以上は言わない。











INTELのm.2接続のSSD
SSD 760p SSDPEKKW256G8XTとOptane 32GB
パッケージかっこよいけど基盤と半導体・・・。

マザーボードにはOptane Readyと書いてあったけど
うまく動かなかったため、ドラゴンクエスト10のストレージに…。
32GBでちょうどいい。

このOptaneのメモリはSLCクラスなのか、
インストールから1000時間はプレイしたけど
まったくソフトウェア的な崩れが生じていない。

本当に、買ってよかった。ドラクエ用に。





2年経過のOptane




SONY Playstation4Ready
SAMSUNG V-NAND SSD
860EVO
SONY Playstation4Ready


V-NAND SSD 860EVO
かこいい




裏面も品の良い金属製。
ビスを止めるタップ穴の部分も厚みのある金属製。
外観としてはHDDの時代からSAMSUNGは最高だ。
日本での評価は高くて寝落ちしないけど実際の性能はおそらく
TOSHIBA>Sandisk>intel>Crucial>Kingston>Transcendの次ぐらいらしい。
TOSHIBAは現在KIOXIAという名前になった






KingstonのSSD A400シリーズ
廉価版だけど凹凸のある鋳型ケース
デザイン的にはこれが一番すこ
Steam用のストレージになった






Western Digital
PC SA530 3D NAND SATA SDASB8Y-1T00+EXT

業務用??
黒地のプラスチックに白いステッカー(表面)が貼ってあるだけで、すごい地味なデザイン。
手に持つと、昔のSSDに比較してかなり重量が軽くなっていた。
心もとない印象だけど、SLCキャッシュ採用で速度と耐久性はあるかと思う。
中身はWDが買収したSundisk。

ただ相性問題か初期不良かSupermicroのマザーボード2機種で
認識しなかったり、認識したらHDDが認識しなくなったり
写真を閲覧中、Deleteしても、Deleteされているけど次の写真にいかなかったり。






CFD Gaming PG4NZL
CSSD-M2M1TPG4NZL
SSDコントローラにハイエンドのPHISON PS5018-E18を搭載。
Micron 3D TLCフラシュのB47Rの高速フラッシュメモリを搭載。
PCIE4.0x4接続のSSD。Gen.4
ランダムリードとランダムライトがSATAのSSDの85%程度の能力があって高速。





M.2-2280というサイズのSSD。ちょうどチューインガムみたい。