子供をかわいそうなあなたのようにしたくない。
自意識過剰を作り上げない教育。



子供はなるべく幼いうちから共存経験を持たせたい。
血統書つきの犬を見ればわかるけれど、
他の犬をみてもキチガイみたいにわめいたりしない。
家の前を通っただけでバウバウ吠えるような被害妄想狂を作り上げないために
大切なのは幼少期の共存経験である。
それが吠える犬と吠えない犬の違いでもある。
テリトリーの認識が硬くなると非我の進入が許せなくなる。

よく2歳くらいの子供にキーキーわめいている親がいるけれど
それは子供を神経質に恐がりに育て上げることになる。
厭世哲学の起源を植え付ける結果になる。
元来無秩序な子供の行動は
常識に凝り固まった大人には不快に映ることもあるだろう。
でもせめて三歳くらいまでは下手に怒らないようにしたいところ。
三つ子の魂百まで。
例えばその子が一生を浮世離れして飄々と生きることができるか
世間体に許される許されないの価値観で生きるかはその三年間で決まる。
子供のしつけはもうすこし大きくなってから。
息子や娘がいたずらしたり食べ方が汚かったりして
それを見ていたおせっかいばばあがなにを言おうが
子供のために無視する根性が大切。
バービ・ヤールには「出生しないことが出生だ」というフレーズがある。
子供の幸福を考えるなら自慢の子供に仕立て上げないことが大切。

例えば子供が家事を手伝いしてくれたときに投げかける言葉は
「えらいね」ではなくて「ありがとう」にしたほうがいい。
誉められ欲求を助長するよりも与える心・おもいやりを助長したい。
無償の愛はそういうふうにして生まれる。
子供が学校での成績を喜んでいたら
「すごいね」と安易に反応せず「がんばったね」と言ったほうがい。
無償の愛を客観的にしか理解できていないと
「(無償の愛は)まず見返りありきじゃないってこと。
結果、無償かもしれんというだけの話でさ。」とかいう。
ε=( ̄。 ̄;) ヤレヤレ

勉強はやらせるのではなく興味を掻き立てるように差し向ける。
いやいややっても防衛機制が働くのだから。

工夫をしてあげましょう。
あとは愛を与えるのみ。




HOMEへ