感覚の絶対量


あらゆる感覚的絶頂によって削られる感受性。
夢中に掻き毟るそのオルガスムス、
怒りに耽るそのオルガスムス、
カリスマった妄想に鼓舞されたオルガスムス、
あらゆる喜怒哀楽の頂点によって実感の深さは割引される。

裏を返せば一生に感じられる世界の絶対量は一定。
昨日飲み屋でばか騒ぎをした、今日は完全な白痴だ。
昨日は思い出に耽ってずっと泣いていた。
昨日は何度も性行為した、でも今日は完全な無感症だ。

最近刺激がない、と嘆くのは喜ばしいことだ。
刺激のなさは刺激を蓄えることになっているから。
久しぶりの感激に愕きふためくことがあるかもしれない。
だから公園へ行こう。映画館へ行こう。~社仏閣へ行こう。
きっとちょっとしたきらめきが待っている。