新しいお家

新築に引っ越した。
部屋の片方の壁はコンクリートでおしゃれなデザイン。
marantz PM-14SA + B&W CDM1SE きっつい音
最近はコンクリートの色も乾いてきた。
以前はコンクリートのある面に接して蒲団を敷いていたが
寝ているときにコンクリートに爪が当たると不快な感触なので模様替えをした。

オーディオの位置テレビの位置、パソコン、蛍光灯の色、いろいろこだわってきた。
こだわればキリがないので、もう完璧で満足だと思っている。
そんな完全を求めたテリトリーにもある発見により亀裂が入るものだ。
それはホルムアルデヒドなどがシックハウス症候群を引き起こすということ。

なんで新しい部屋が無気力の原因だと気が付いたのかというと
田舎と都会の行き来の繰り返していたから。
実家で暮らしている間は精神が充実していた。
田舎の築80年の屋敷だけれどすごく快適に感じた。

はじめは都会の科学物質に汚染された水のせいだと思っていた。
料理をするときはナチュラルミネラルウォーターを使っていた。
たばこもやめた。
気分は透明になったけれど、なにかしこりが残っていた。

引越し一ヶ月未満の時点で「アトピーが出てきた」と日記に書いてある。
まだコンクリートの色が湿っていた頃だ。
たぶんそこから出る物質がダイレクトに肌に付着していたからかな。

今日はいつもよりも空気の刺激が弱いのはおとつい部屋をごしごし水拭きしたからかな。




---------------------------------------------------------

あれから一年経つ。もう普通。